海の今を知るための海洋状況表示システム「海しる」爆誕!

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

Webサイト オススメ

海の今を知るための海洋状況表示システム「海しる」爆誕!

投稿日:


スマホ全盛の世の中、釣りの情報はネットで集めて出発するのが息をするくらい当たり前の時代となりました。
その昔、当サイトがまだ使える釣り情報サイトだった頃、それはそれは皆さんに重宝がられておりました。
今やアングラーの常識となった「GPV気象予報」をはじめ「Windyty」をいち早く紹介したのも当サイトだったと自負しております。
そして今回は更新再開第一弾として、海の釣りに役立つこと間違いなしの濃いめのWebサービスをお友達のみんなにご紹介です。

スポンサードリンク

なんと最近、日本近海の平和と秩序と人命を守る海上保安庁さんが、あらゆる海の情報を網羅した海洋状況表示システム「海しる」を公開しちゃったんですね!
その情報の濃さと多さはビックリもので、アングラーが喜ぶ気象海象から素人さんには理解できないデータ、そして学者さんからその道のプロたちもウハウハな情報までギュッと凝縮してあるんですな。

 

瀬戸内海の海流がチェックできるは嬉しい限り!

まぁ詳しい内容は直接リンクから「海しる」に飛んでいじってもらうとして、僕が個人的に感動した情報を下でちょろっとご案内。
まず、入口から入ると左側にずらりと見られる情報が並びます。

『海象』では「水温」、「海流」、「潮流」、「潮汐」、「波」などが見られ、「潮流」では瀬戸内海、東京湾、伊勢湾アングラーに嬉しい湾内の潮流が見られます。(相模湾は海流で確認できます)
他の海域は「海流」でチェックできるので、潮が当たっているエリアを見つけるのに便利かと。

『海洋生物・生態系』では藻場や干潟の場所が確認できるのでポイント選定に役立つし、動物好きには「ウミガメ産卵地」や「海獣・哺乳類生息地」なんかも見られます。

『地形・地質』の「底質」では、海底が砂なのか岩なのか泥なのかが表示され、「等深線」では海域のおおまかな深さがわかるので、これも釣りの作戦を練るのに重宝しそう。

『気象』に関してはちょいと残念で、正直ほかの気象情報サイトで確認した方が分かりやすいです。

また『防災』や『安全』も海で遊ぶ際には目を通しておきたいところ。
ほかに海水浴場や潮干狩り、名所旧跡や文化財なんかも見られちゃうので、釣行ついでの観光なんかにも良いかも。

 

「藻場」と底質の「石・岩」&「礫」を表示。もちろん更に拡大も可能

ただ注意したいのは一度に多くの情報を開いてしまうと異常に読み込みに時間が掛かるので、必ず各項目の「+」をクリックして確認したい情報だけを選んで表示させること。
各情報は地図上に重ねて表示させることもできるので、欲張りな方はたくさん選んでしまうかもしれませんが気を付けましょう。
まだオープンしたばかりで使い勝手がイマイチで粗削りな部分もありますが、それはおいおい改善されていくと思います。
たぶん…。


今回は速足で紹介しましたが更新をお休みしていた間、他にも使えるサイトをチェックしていたので、また次の機会にでもお知らせしたいと思っております。
お楽しみに~!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

-Webサイト, オススメ
-

執筆者:

関連記事

鮃狂 ダックフィンシャッドRに2.5インチが追加

ダイワさんとこのSWチームのブログに、リアルで艶かしいワーム「鮃狂 ダックフィンシャッドR」の新サイズ追加の話題がアップされているので、全国のワーム大好きっ子にご案内。 この度新たに追加されるサイズは ...

マグバイトのバサロの使い方&チューンを紹介 

パゴスさんとこで、マグバイトの新製品「バサロ」に関する話題がアップされているので、ロックなみんなにご案内。 紹介されているのは、このルアーのコンセプトから使い方、各パーツの説明などで、動画を交えつつバ ...

リッジ35Fはなぜ釣れる? その秘密を解説

ジップベイツさんとこのリッジ35Fといえば、賢明なメバルアングラーなら誰でも知っている定番釣れ筋プラグですね。 その実力は素晴らしく、有名ショップ等がオリジナルカラーを作って販売したり、ライトゲーム関 ...

ロックな波打ち際に潜む根魚たちをあえてプラグで狙う酔狂なゲームを紹介

磯やゴロタの波打ち際には、ムラソイやカサゴなどのロックなお魚が生息しているのは皆さんご存知の通り。 そんな彼らを狙うために使われるのはジグヘッド+ワームでして、潜伏していると思われる辺りにリグを落とし ...

ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム

最近ではちょこちょこと目新しいリグが出て来ていますが、キジハタゲームって言うとテキサスリグを使うのが一般的で王道ですね。 しかし、ちょいと目先を変えてみると新鮮で面白い釣りがまだまだありまして、今回は ...

follow us in feedly