Friday, February 5, 2016

step4final

ルアーフィッシングをしていると「フックが飲まれる」ってことがちょこちょこと起きまして、これがリリースを視野に入れている釣りとなると「やっちまった感」に苛まれます。
思いの外に魚たちが高活性だったり、ベイトがぴったりとマッチしていたり、合わせが遅れたりすると起きてしまう事でして、ある意味回避するのが難しい事故のようなものでもあります。
釣った魚を持って帰って美味しく戴くときは別として、純粋に釣ることだけを楽しんでるときやキープサイズに満たない魚がガッツリとフックを丸呑みしていると非常に申し訳なくなります。
使っているルアーやリグ、フックによりますが、そのままラインを切って逃がしても大丈夫な場合もあるようですが、与えるダメージを極力少なくしてフックを外すことが可能であるのなら、その方が良いはず。
とゆーワケで今回は、魚にフックが飲まれてしまった際にフックを外す方法を紹介しているhebinumaさんとこのエントリーをご案内。
魚のサイズやヒットしたルアーの種類によっては難しい場合もありますが、ある程度大型の魚をジグヘッドやテキサスリグなどで釣った場合に有効と思われるので覚えておいて損はないはず。
ただし気をつけたいのはこの方法を試みる場合、絶対にエラを傷つけないこと。
もし傷つけてしまったら、諦めてキープすることをオススメします。

そして、もうひとつは誤って釣る側である自分にフッキングしてしまった場合の対処法です。
こちらもたまに耳にする(目にする)事故でして、なるべくなら経験したくない痛々しい出来事。
釣られる魚の立場を経験するには持って来いですが、やっぱり避けたいアクシデントです。
ちょっと生々しくて閲覧注意な画像や動画が含まれていますが、動画の中の人が体を張って実演していますんで、もしものときに覚えといた方が良いかと思います。
かなり気合と根性が必用だと思いますが、自信がないときは素直に医者に診てもらいましょう。

◆PX752A◆針外しプライヤー・70mmロングノーズ◆PROX・プロックス・大阪漁具
by カエレバ

【メール便可】ダイトウブク フォーセップロング180
by カエレバ

関連記事
針を飲んだ魚でも生存率が高い可能性がある件
フィッシュグリップを扱う際の注意点について




28boonx23eonxvc8g9ed-c7a6c04d

村岡さんのブログに、非常に興味深いお話がアップされているのでご紹介。
僕たちが釣りをしていてどうしても避けられないのが、フックをガッツリ飲まれるという状況。
持ち帰って食べる場合は置いといて、キープするつもりのない魚に飲まれた時ってのは非常に悩ましい。
こんな状況の時、僕はどうしているかというとまずリリースを視野に入れている場合はバーブを潰してバーブレスにしています。
そしてバーブレスではない場合やジグヘッドが飲まれて回収が難しい時、回収時に回復の見込みの無いダメージを与えてしまった場合はサイズに関わらず持ち帰って食べることにしています。
流血させてしまった時やフックを外すのに手間取った場合、リリース時に泳いで海に戻ったとしてもその後、生存している可能性は低いと思うからです。
もちろん100%それができているワケではありませんが、そう心掛けています。

このあたりの考え方に関しては、人それぞれなんで「そうしようよ!」って言うつもりはありません。
しかし、今回紹介するブログはトリプルフックは無理にしてもシングルフックを飲まれた場合、ラインを切ってリリースすればその魚は生存している可能性が意外と高いかもしれないということを教えてくれています。
この研究の対象魚が「イワナ」なので、果たして海水魚に当てはまるかどうかは分かりませんが、魚のことを思うのであればラインを切ってリリースしてあげるべきかなと思いました。
ただジグヘッドの場合はヘッド部分がネックになるので、上手いことヘッドを切断できればその魚の生存率は上がると思います。
リリースを視野に入れて釣りをするアングラーさんは、是非ご覧ください。
そしてリリースを視野に入れている場合は、メゴチバサミ系の魚を挟んで掴むようなアイテムは使わないようにしてあげてください。
有名な方が平然とやっていますが、あの行為だけでも魚にダメージは与えているので。

【 ゴールデンミーン 】GMフックアウト 02P11Apr15
by カエレバ

関連記事
基本的に食べきれる分だけキープするって考え方
フィッシュグリップを扱う際の注意点について
山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に




141


ライトゲームアイテムを豊富に取り揃えるパゴスさんのブログに、大阪フィッシングショーの記事がアップされていたのでご紹介。
当サイトではひとつひとつの製品を紹介するのが大変だったので、動画を中心にバババッと紹介したんですが、パゴスさんとこはショップ目線で気になるアイテムをピックアップ。
人気店がどんな製品やメーカーさんに注目しているかが分かって、いろいろ興味深いですな。
ライトゲームのトレンドが気になるアングラーさんは参考にされてみては如何かと。

【MONSOON】モンスーン ガスティー50[メール便:3]
by カエレバ

関連記事
【速報】フィッシングショー2015大阪ダイジェスト
【続報】フィッシングショー2015大阪ダイジェスト
まだ続く?FS2015大阪の注目アイテム紹介動画
【速報】フィッシングショー2015目玉ダイジェスト




s64fsnvhj9mcghwo3yhj-019818fe

まぁ、眼張鯵 メバラージさんでは何度も言っていることなんだけど、釣った魚を美味しく食べるには工夫や努力が必要でして、それをするのとしないのとでは美味しさに天と地ほどの差が出てくるワケです。
と言ってもそれほど難しいもんではなく、しっかり血を抜いて、絞めて、クーラーへ入れるだけなんですが。
おそらく今までテキトーにやってた人が、ある日釣り場でしっかりと下ごしらえした魚を食べたとしたら、今までテキトーにやっていた自分の愚かさを呪うと思うんですね。
ぶっちゃけ、それくらい違います。
釣った魚が美味しくない…って人は、十中八九この鉄則を怠ってるため。
んなわけで今回は、とっても美味しそうな「スズキの酒板蒸し」のレシピを伝授してくれている、ちゃり林さんとこのブログをご紹介。
その文章中には僕がいくら書いても伝えきれなかった、血抜きした魚の身と血抜きしなかった身の比較画像がありますんで、是非見てくださいませ。
そしてさらにナイフやハサミを忘れちゃったって方でも、血抜きをする方法も書かれているので、そちらも注目。
僕もたまにやりますが、これでもしっかり血抜きできますよん。
っつーことで、Let's 美味い魚!

うろこが飛び散らない”うろことり”なかでも優れたウロコとり ”うろこ取り”が画期的に楽になる
by カエレバ

関連記事
アジ本来の旨さを味わう為の捌き方を伝授
釣った魚を美味しく頂く補助アイテムを紹介
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる

 




eedd1a6f
ちょいとバタバタしてたりとか、フィッシングショーに気を取られていてアップしそこねちゃった話題なんかを貼っていきますんで、気が向いたらチェックしてみてくださいませ。
まぁ、耳の早いアングラーさんたちは既にご存知の話題ばかりかと思いますが…。
はい、最近覚えた手抜き更新ですw


最強PE!?


ドラググリス。


34ドラググリス


シマノ HAGANEスペシャルサイト


比重というスペック。ドラス


シマノ パワープロZ 実演 パワープロ公式ページはコチラ


ZBLゾエア49Sの秘密


X-ARMATURA 弧丞・牙突トルザイトモデルの仕様変更のお知らせ!!


BlueCurrent 72/TZ NANOのポテンシャルはこちらの動画にて!!


ラリーJr.1.4インチ 新発売♪


バックスライドでシュ-ト!


【よつあみ】ロンフォート リアルデシテックス プレミアムWX8 0.3号-210m[メール便:不可]
by カエレバ

【ジップベイツ】ザブラ ゾエア49S[メール便:不可]
by カエレバ

【オフト】スモーキー シャドーシュート6g[メール便:2]
by カエレバ



o0800045013210930947

ぼちぼちフィッシングショーの興奮も一段落して、皆さんも普段のフィッシングライフに戻りつつある頃かと思いますが、ネットの方ではポツポツと情報が出てきておりまして、情報サイトを細々とやっている僕としてはまだまだ気が抜けない状況であります。
本来であれば以前のように気になるアイテムをひとつひとつ紹介したいところですが、私とてサラリーマンアングラー。
日々の業務を終えた後の更新作業がちょっぴり堪えるお年頃になってまいりましたので、ズゴンと一気にご紹介。
ハイボール片手のうたた寝手抜き更新ですが勘弁してつかーさい。
えーと、たまに「トモショーさんは業界の方ですか?」って聞かれますが、トモショーさんはただの釣り好きのオッサンなんで、とくに凄くも偉くもないです。
そして釣りも上手ではありません(笑)





















関連記事
【速報】フィッシングショー2015大阪ダイジェスト
【速報】フィッシングショー2015目玉ダイジェスト
【続報】フィッシングショー2015大阪ダイジェスト




2015_header01-thumb-650xauto-49
さてさて、多くのアングラーさんたちが興奮の渦に巻き込まれたフィッシングショーも終わりを告げ、その余韻に浸っている方もいらっしゃるかと思います。
そしていろいろな事情で横浜&大阪に足を運べなかった方は、ネットを駆使して情報を集めていることと思います。
ってなワケで今回も先日に引き続き、フィッシングショー大阪関連動画の続報のご案内です。
個人的に注目アイテムはリップルフィッシャーさんとこのロッド「リアルクセレント74/TZ」ですな。
それではアングリングソルトさんのありがたい動画をご覧くださいませ。










関連記事
【速報】フィッシングショー2015大阪ダイジェスト
【速報】フィッシングショー2015目玉ダイジェスト




main さてさて、大阪で開催されたフィッシングショーも終了しまして、アングラーの祭典も一段落。
先日、横浜で開催されたフィッシングショーと一部内容が重なるものもありますが、とりあえず現在youtubeにアップされてるフィッシングショー大阪の各ブースの動画です。
少しですが、注目のソルト関係をピックアップ。
行きたくても行けなかった人はご覧くださいませ。
ちなみに一発目の動画は、横浜編で忘れてた動画です。
まぁ、お約束的なオマケ動画もあり(笑)
それでは、どんぞ。




















hmcstmv01

フィッシングショー2015で行われた村田基さんのキャスティング講座の模様を爆釣チャンネルさんがyoutubeにアップしてくれているんでご紹介です。
本動画の見所はスピニングリール&ベイトリールの持ち方について。
この基本的な部分ができてないと、どんなに練習してもキャスティングは上手くならないということがよく分かります。
何を隠そうこの僕もちゃんと出来てなかった人なんで、しっかりと直していこうと思います。
キャストが上手くなりたい!って方は要チェックですよん!

【3月入荷予定新製品/予約受付中】シマノ(SHIMANO) 15ツインパワー2500S
by カエレバ


関連記事
PEコートの必要性と有効性を再確認
知ってて損しない 「飛距離と角度の関係」




85585002
以前コチラで紹介した、レオンさんの楽しみ過ぎるプロジェクトの続報がアップされているのでご案内です。
今回は計画の進行状況と取り扱いアイテムについてのご説明。
準備にお忙しそうですが、着実に進んでおられるようで期待に胸が膨らみますな。
また、近況報告のほかに、ワームでの釣りに役立つ小技とそれに使われる小物も伝授。
ウェブショップのことだけでなく、しっかりと釣りネタを絡めてくるあたりが、流石レオンさんですね。
そしてさらに嬉しいことに、商品についてのご意見&ご要望も募集しているそうなので、日頃から気になっていることがある方は連絡してみては如何でしょうか?
ひょっとしたらアナタの一言が、カタチになるかもしれませんよ~。
しかし、今からオープンが楽しみでなりませんな!


コクヨ 瞬間接着剤 レッドテック ゼリー状 3g タ-K501
by カエレバ

関連記事
レオン著 待望の「ライトゲームアカデミー」発売間近!
レオンさんがマイクロクローラーの秘密に迫る
レオンさん愛用のPE&リールとその使用理由




85585002
当サイトにお越しのアングラーの皆さん、今年1年大変お世話になりました。
お陰様でアクセスも少しずつ上がって来ておりまして、ワームやプラグが買えるくらいのお小遣いがいただけるサイトになりました。
皆さん、本当にありがとうございます。

そして、暮れも押し詰まるこのタイミングに、今年を締め括るにふさわしいビッグニュースが公開されました。
なんと、あのレオンさんが新事業を立ちあげられるというんですな!
詳しいことはお楽しみがなくなるのでここでは触れませんが、アングラーの皆さんが喜ぶようなプロジェクトであることは確か。
餌釣りやバス釣りにはまり、メバリング、アジング黎明期以前からこれらの釣りにどっぷりと浸り、そして今でもライトゲームの楽しさを伝え、業界をひっぱり続けているレオンさんがやろうとしていることが面白くないワケがありませんね。
まだ準備段階ということですが、このプロジェクトの始動が今から楽しみでなりません。
皆さん、期待して待ちましょう!

ってなワケで、モニタの向こうのお友達みんなが良い年を迎えられますように!
それでは、良いお年を~!


ライトゲームアカデミー [ 加来匠 ]
by カエレバ




釣り業界のひとつの終焉

Posted by tomoshow On 11月 - 26 - 2014 ADD COMMENTS

200508-18-88-e005208820130805184924 老舗ロッドメーカーであるダイコーさんが、フィッシング事業から撤退されるそうです。

ウエダの廃業やコータックの倒産を知った時とおなじ衝撃と寂しさ、やるせなさを感じます。
良い製品を作る良心的なメーカーさんが、製品を作らなくなるってのは寂しいものです。
いまの釣り業界を表している、非常に残念な出来事です。

ダイコー関係者の皆さん、長い間、ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。


この出来事を当サイトで扱うかどうか悩みましたが、長い間「釣り」という趣味と業界を支えてきた老舗のロッドメーカーであることと、ダイコーさんのロッドを今も愛用しているアングラーさんのアフターサービスに対する不安を解消するために掲載することにしました。
なお現在、メーカーサイトは非常に繋がりにくくなっています。

edit-8884
秋も終わりに近づいて、朝晩しっかりと冷え込んでくると気になり始めるのが防寒対策。
最近ではウェアの進化も目覚ましく、機能的に優れた多種多様な素材のものがリリースされていて、外遊びが大好きなアウトドア派には嬉しい限りですね。
真冬の防寒対策と言えば、冷たい外気をシャットアウトして、体温で温められた空気を溜め込んで逃がさず、積極的に湿気は外に出すというのが基本。
そのなかで重要な役目を担うのがアンダーウェアでして、この選択をミスっちゃうと、どんなに高価で暖かなアウターやインナーを着ていても意味がなくなっちゃうんですな。
ってなワケで今回は、ウェアのなかでも重要なアンダーウェアに注目。
その選び方やオススメの素材、有名どころのアイテムの即乾性などを比較検証しているFJTさんとこのブログを紹介。
釣りではなく自転車が趣味の方のエントリーですが、しっかりとしたデータなどもあり、納得できる良記事なのでウェア選びに悩んでいる方にオススメ。
ちなみに僕はミズノのブレスサーモ愛用者ですが、コイツは高いけど丈夫で長持ちするし、イチオシですよん。
あっ、上の凍えそうな画像はイメージです。

ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由

ヒートテック極暖の速乾性は「綿以下」

暖かいインナーの見分け方


【一枚までメール便対応】【メンズ】  ミズノ ブレスサーモ ヘビーウエイト(厚手) クルーネック長袖シャツ MIZUNO あったかインナー【RCP】【02P25Oct14】
by カエレバ

関連記事
ちゃんと押さえておきたい防寒対策のキモ
スタイリッシュなダウンJKT風の救命着が登場!
GORE-TEXを凌駕する驚きのレインウェアを紹介



hira01


たまに九州のライトゲーマーさんのブログなんかに登場する魚で、そのファイトスタイルから別名「有明ターポン」なんてかっちょいい渾名で呼ばれているローカルなターゲットがいます。
このイカした愛称で呼ばれる魚の標準和名は「ヒラ」と言いまして、ニシン科の魚だそうです。
サッパやコノシロなんかにも似ていますが、それらよりも大きくなりWEB上の魚図鑑系サイトでは最大で50cmという記述があります。
が! 下に貼り付けた動画では、なんと70とか80とかって言うちょっと信じられないサイズのお話が飛び出てきます。
そんなサイズのヤツは見たことありませんが、そんなんが水面で跳ねたりしたらマジでターポンっすねw
しかもトップでも釣れるってんだから、これは立派なゲームフィッシュですな。
しかし、バレやすい魚だそうなんで、デカいサイズはキャッチするのが難しそう…。
そしてこの魚、穫れる場所も食べる地域も、限定的であまり流通することもないので、意外と知られていない珍魚でもあるようです。
また、ウロコが剥げやすく小骨が多いので敬遠する方も多いので、釣りのターゲットとしてもマイナーな存在となっています。
しかし、基本的に釣った魚は美味しく戴くというアングラーさんは、是非リンク先の記事を読んで、「ヒラ料理」を食べてみてください。
「骨がなければ殿様に献上されてもおかしくない」ほどの味だそうですよ!
この釣って楽しい、食べて美味しいヒラが釣れる地域の方が非常にうらやまですな!
そしてこれから「有明ターポンを釣ったる」って方に、ひとつルアーマンとしてご注意したいことがありますんで、ひろぽんさんとこのブログをご覧くださいませ。


からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)
by カエレバ


からだにおいしい魚の便利帳 全国お魚マップ&万能レシピ (便利帳シリーズ)
by カエレバ

関連記事
モンスタースクイッド「ソデイカ」を豪快に食す
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる
釣った魚を美味しく頂く補助アイテムを紹介




1935afe9

雑誌やブログ、動画なんかでも非常に分かりやすい解説をしてくれるレオンさんですが、ご自身の釣りの集大成」を凝縮した渾身の1冊「ライトゲームアカデミー」がいよいよ発売となります。
釣りに関する知識やテクニック、思いの丈を可能な限り詰め込んだ本書。
しかし、悲しいかな書籍というモノにはページ数という制限がつきもの。
そのなかで伝えたいことを全て伝えるというのは、非常に難しいことです。
そこでレオンさんが採用したのが、おそらく紙媒体史上初の試みとなる驚きの方法。
このあたりはリンク先を読んで頂いたら、「おお! その手があったか!」って思うはず。
釣りの世界でも常に1歩も2歩も先を行ってる方ですが、書き手としても時代の流れを読み、それを取り込んで形にしてしまうところがレオンさんの凄いところ。
その釣りに対する情熱と、その素晴らしさを多くの人に伝えようとする熱意は、きっと多くのアングラーさんに届くことと思います。
発売前からすでに名著な予感がすると共に、バイブルが増える喜びでワクワクしている僕なのでした。
ちなみにアマゾンでは現在、釣りカテゴリーのなかでベストセラー1位ですよん!
レオンさん、発売前ですが、おめでとうございます!

「アジング・メバリングがある日突然上手くなる」も名著ですんで、未読の方はこちらも是非。


ライトゲームアカデミー
by カエレバ

アジング・メバリングがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)
by カエレバ

関連記事
アジ&メバルのバイブル ある日突然…発売!!
ライトゲームのバイブルの続編発売が決定!?
【祝】メバリングのバイブル「めばるing」復活





r ndkz01
インターネットが全世界の一個人の手元にまで張り巡らされ、スマホやタブレットがごく普通の生活必需品となっているこのご時世。
SNSやブログってのもまた、今や普通に「世間」でして、リアルな生活とネットライフってやつのボーダーラインってのが最早なくなりつつあるって感じです。
んで、僕たち釣りを楽しむアングラーも例外ではなく、日々の釣果をネットに投稿し、釣り仲間やモニタの向こうの見知らぬお友達に「こんなん釣れました!」ってやるワケです。
しかし、どんなに美しく素晴らしく心が躍り、リズム感と臨場感溢れる文体でも、それに添えられた写真がイマイチだと悲しいかなその感動は半分も伝わらないんですな。
ドラマチックなシーンにはそれ相応なビジュアルが必要なワケです。
とか言っても、やっぱり僕らはプロのカメラマンじゃないので、全てを物語るほどの写真を撮るはムリなお話。
それでもやっぱり心に残ったお魚は胃袋に収めるより、心に残る写真として記録に残しておきたいもの。
っと言うわけで今回は、レッド中村さんが講師を務めるデジカメ撮影術の動画をご案内です。
釣り上げて間もない魚が放つ、艶かしくも美しい色彩を記憶とともに残したいというアングラーさん必見の動画です。


オリンパス STYLUS TG-4 Tough BLK ブラック 《5月22日発売予定》
by カエレバ



【送料無料】RICOH・リコー 14M防水耐衝撃2M耐荷重100KGのGPSタフカメラ防水デジカメGPS内蔵 WG-4 GPSブラック 工事現場など
by カエレバ

関連記事
スマホ時代のアングラー向けタフネスデジカメ
松尾道洋&濱本国彦が教えるデジカメ撮影術
アングラーのためのデジカメ撮影術
これは便利! スマホで魚が測れる無料アプリ




当サイトを立ち上げた頃に紹介して好評だった、神奈川県水産技術センターのコンテンツ「マアジのあれこれ」
しばらくリンク切れの状態で表示されず、もったいないと思いつつ記事を削除していたんですが、いつの間にか復活していたのでお知らせです。
今やライトゲームのメインとなったアジングですが、意外とそのターゲットに関する情報というのは少なく、習性や生態についてなんとなく知っているって感じの方も多いかと思うんですね。
ここに書かれていることはすべてのエリアに共通するというワケではないと思いますが、マアジという魚の基本的な生態などが綴られているので、もう少し詳しく知ってみたいと思っている方は是非ご覧になってください。
きっと、日々の釣行に役立つ情報があると思います。
また、スズキカマスサバなどのお話もありますんで、これらも合わせてどんぞ。
ちなみに神奈川県水産技術センターさんとこでは、神奈川県近海の海況なども見れますんで釣行にお役立てくださいませ。


魚の行動習性を利用する釣り入門 [ 川村軍蔵 ]
by カエレバ

関連記事
常夜灯と水色とデカアジの習性とは?
釣果を左右する「沖の灯り」を意識しよう
効率良くアジを釣るために狙うべき場所とは








※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アングラーズチャンスさんとこの動画に、釣った魚を美味しく食べるためのアイテムが紹介されているのでご案内。
この動画はフィッシングショー2014のオサムズファクトリーさんのブースで収録されたもので、 マイナーチェンジした神経締めアイテム「神経スティック」と、冷蔵庫で一夜干しが作れちゃう優れもの「ピチット」を紹介。
締めた魚と何もしないまま放置して絶命した魚とでは、その味の差は一目瞭然。
美味しく食べる為の一手間を惜しむと、魚本来の美味さってものに気付かない非常に残念な釣り人生を送ることに…。
アジング、メバリングを嗜む皆様には、是非血抜きをすること、締めることを覚えて、一夜干しの美味しさに目覚めて欲しいものですな。
っていうか、オサムズファクトリーの三倉さんオモロイねw


オサムズファクトリー 神経スティック
by カエレバ



【レビューでおまけ】「ピチット レギュラー 32枚入」調理用脱水シート(ピチットシート)ロールタイプ【RCP】
by カエレバ

関連記事
手っ取り早く魚を絞める万能アイテム「ハサミ」
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる
プロが勧める魚の最高の絞め方と保存法




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ルアーフィッシング専門のSNS「ルアーライフ」がオープンしたので、全国のルアーマンにお知らせです。
情報網が発達した昨今、ターゲットごとにタックルやメソッドの進化が進み、僕達が楽しんでいるルアーフィッシングの情報はブログやSNS等でバラバラに発信され極めて利用しにくい状況にあるそうです。
そこで手軽にアングラー同士でコミュニケーションを取りつつ、釣りに関する情報をまとめ、役立つ情報のデータベースを構築していくためのサービスとしてこのSNSを立ち上げたんだそうです。
サイトの概要としては釣果の投稿、ハウツーの投稿などができ、またそれらの情報をもとにメーカーの新製品開発にフィードバックするサービスを行うようです。
このSNSが軌道に乗れば、僕のサイトはいよいよお払い箱のようですな。
みなさん、今までありがとうございました&お世話になりましたw


関連記事
アングラー専用SNS「AnglEX」がサービス開始
釣り人専用のWEBフリマ「セルバイ」を紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


勝手知ったるいつもの釣り場ってのは、時合いや魚の居場所、季節ごとのベイトなんかが把握できていて安心感もあり、釣果も見込める癒やしのポイントです。
そんな場所をいくつか持っているだけでも幸せってなもんですが、時にはポイント開拓の旅に出るのも楽しいもの。
あれこれ考え、いつもと違う風景や素晴らしいロケーションのなかでロッド振り、自分だけの穴場を見つけた時の嬉しさと快感は、獲物をヒットさせた時とはまた別の充実感を得られます。
ってなワケで今回は、そんなマイポイントを見つけるためのコツが綴られた、家邊さんとこのブログをご紹介。
いつもの釣り場を飛び出して、ポイント開拓のワンデイトリップってのも、たまには良いもんですぜ、旦那。


関連記事
新規アジングポイント その開拓の秘訣を伝授
実は美味しい「小場所ランガン」という選択肢
地味ながらも凄い! 国土地理院の「ウォッちず」
Google Mapで『釣り場を探す&調べる方法』



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]