Monday, November 19, 2018


ykさんとこのブログに、試行錯誤の末に完成した自作ボトムリグ「ブライトリグ」が紹介されているので、ボトムゲームが大好きなみんなにお知らせです。

ひとつのリグを考案してカタチにするまでってのはメーカー関係者でも、一般アングラーでもその苦労は大変なものでして、それが世に出て認知され、さらに改良されて定番リグや製品となるワケです。
そのような情熱を持つアングラーさんが居るからこそ、僕たちは楽しい釣りができるんでありまして、そのような方々には常々感謝しなければなりません。
んで、今回紹介するykさんの「ブライトリグ」ですが、ことの始まりは自作Mキャロを「ぶった切ったらどうよ?」的な 発想だったらしく、それがいつしかご覧のようなボトムゆらゆら系に発展。
この一風変わったリグは、実釣しトライ&エラーを繰り返し、改良を重ねた末に完成した、ykさんの完全オリジナル。
ブログを読み進めていくと完成に辿り着くまでの過程や、苦労が伺えます。
材料費は比較的安いので興味のある方は是非試してみて、感じたことや思いついたことをykさんに教えてあげてくださいな。

関連記事
ボトムずる引き型チヌリグ「なすカニ」を紹介
黒鯛のボトムゲームに良さ気なフックチューン
お手軽な自作のチヌリグ:マッキーリグを紹介




基本的にロッドホルダーってやつは釣り竿を固定することさえ出来れば、どんなものでもOKだと思うんですが、やはり見た目はカッコイイ方が良いですな。
当サイトでもちょこちょこ自作のロッドホルダーを紹介していますが、今回の自作品はちょいとお値段が張りますが、機能的にも見た目もグッドなご様子で、しかも簡単に作れてしまう優れ物。
「ちゃんとしたメーカーのロッドホルダーが欲しいけど値段が…」とか「多少お金が掛かっても良いから、しっかりとしたモノが自作したい」って方は、スパイクさんとこのブログを参考にされては如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク




ナカムラさんとこのブログに、これはちょいと知っとくと便利よねぇって、小技がアップされているのでご紹介。
すでにご存知の方はスルーして頂きたいネタなんですが、僕は100円ショップで仕切り板が売られている のを知らなかったんですね。
んで、今回はそんな便利なアイテムを使って、手持ちのタックルボックスやルアーケースなんかを自分好みにアレンジしちゃおうってお話。
フィールドやターゲットによって使うルアーの大きさはまちまち。
市販のルアーケースなんかも、自分の好みにピッタリ合ったものなんてのは意外とないものですよね?
そんな時はこの仕切り版を使って切った貼ったすれば、ある程度は改善されるのでは?って思うんですな。
気になる方はレッツトライ。


関連記事
ワームを真っ直ぐに収納しておく裏技を伝授
ミニマル専用ケースとベイトフィネスタックル
魔法の粉「モエビパウダー」の使用感をレポート





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ベストやベルト、バッグなんかにちょっとした小物をぶら下げて使われている方って、結構いらっしゃると思うんですね。
とくに使用頻度の高いアイテムなんてのはサッと出せて、パッとしまいたいもの。
今回はそんな「小物ぶら下げ派 」に嬉しい、お安く簡単に作れるブツを紹介しているごんずい博士さんとこのブログをご案内。
特別な技術や道具は必要なく、100円ショップやホームセンターで手に入るモノで作れるので、気になる方は参考にされてくださいませ。


関連記事
ロッド1本を気軽に車内に吊り下げるアイデア品
ちょっとした移動に重宝する簡易ロッドホルダー
手軽にロッドバランスを調節しちゃう小技





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

本日は、先日メールを頂いたペディグリーチャムさんとこのブログのスーパーボールを使った自作ネタをご紹介。
自作ネタっていうのはそこそこ紹介させて頂いてるんですが、自作フロート系のネタっていうのは無かったような気がするんですね。
今まで自作のフロートに関しては意識していなくって、チャムさんとこの記事を読んで気がついた次第です。
ビジュアルさえ気にしなければ、コスパも高く、簡単に作れるスーパーボールフロート、コスパと実用性重視って方は下記リンクを参考にしてくださいな。


スーパーボールフロート作ったよ

ペテボールまた増産

今回は当サイト見て頂いているチャムさんから、わざわざメールにてネタを紹介して頂きました。
ってなワケで眼張鯵 メバラージさんちでは「こんなリグを作ったよ!」、「インプレ書いてみたよ!」、「こんな面白い釣り方あるんだぜ!」、「諸君、実はルアーでこんな魚が釣れるのだよ!」ってな記事がありましたら教えてくださいませ。
自薦他薦でも構いませんので、できるだけ分かりやすく、詳しい説明で画像付きのブログ記事がありましたら、当サイト上部のContact Meまでお知らせ頂けたら幸いです。
少しでも皆さんの釣りとネットサーフィンの楽しみのお手伝いができたら考えておりますので、よろしくお願い致します。

眼張鯵 メバラージ
なかのひと:トモショー


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


プラグでの釣りなんかをやっていると、ルアーの動きや浮力を調節したい時ってのがあります。
そんな時にお世話になるのが浮力調節用のシンカーで、メバルをプラグで楽しんでいるアングラーさんには愛用者が多いことと思います。
んで、今回はパゴスさんとこにちょいと面白いチューニング用のシンカー「エスウェイト」があったので、ご案内。
地味な鉛のシンカーと違いホログラム付きなんで、フラッシング効果も追加できちゃう優れ物なんですよん!
上の画像のホログラムの他にも違うカラーもありますんで、お好みのカラーでチューニングしちゃいましょう。



スポンサードリンク

スポンサードリンク




クロダイのボトムゲームで使われるルアーってのはいろいろありまして、チヌゲーの元祖であるMリグから発展していったプラグを使用するもの、ジグヘッド、ラバージグ系などいろいろとあります。
このズル引き系のリグは自作も簡単で、コストパフォーマンスも高く良く釣れるので、ズル引き愛好家の方々はアレコレ試して楽しんでおられるようです。
んで、今回はちょっと良さげな自作リグを紹介している猫ユキさんとこのブログを紹介。
全国のどんな釣具屋さんでも入手可能なナス型オモリを使用するリグなので、材料調達から加工、作製まで簡単お手軽なんで、不器用なお友達にもオススメなんでございます。
ちなみに「さるカニ」なんてリグも紹介されてますんで、合わせてお楽しみくださいませ。
レッツ ボトムノック!



スポンサードリンク

スポンサードリンク



釣り専用車をお持ちの方が、大抵付けている装備に車載ロッドホルダーがあります。車の天井にズラリと並んだタックルってのは、見た目も気分も良くしてくれるものでして、ちょっと優越感に浸れちゃう部分もあったりします。しかし、家族と共有している車となるとそうも行かず、専用のロッドホルダーなんて取り付けることも難しいかと思います。
そこで本日は、専用品ではないけれどロッドホルダーとしても使えちゃう 「シートフック」を紹介しているブログを知らせ。
コンビニとかトートバッグなどをぶら下げるフックが、簡易ロッドホルダーに早変わりしちゃうのです。


関連記事
ちょっとした移動に重宝する簡易ロッドホルダー
パーツに拘った脱着式の自作車載ロッドホルダー



スポンサードリンク

スポンサードリンク



なくても釣れるんだけれども、ないと寂しいしなんとなくマヌケな感じ。でも、やっぱりバイトマーカーとしての役割もあるし、付いてないと気持ち悪いので、やっぱ付けとく!ってのがプラグにおける目ン玉、「アイ」であります。これがホントに厄介な存在でして、片方だけが残っていたりするとA型気質の僕ちゃんなんかは気になって仕方ないんですね。
今回は僕とおなじような悩みを持つ、繊細な心のアングラーさんに捧げる目ん玉製作方法であります。
もちろんメーカーから売られているものもありますが、自作の方が安価だし、少女マンガ的なキラキラお目も作れちゃうのでオススメです。アイデア次第でいろいろとオリジナルの目ン玉が作れちゃうのがポイント高しです。



バスデイ 3Dアイシール 4mm ゴールド
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



海外遠征で大物を狙う「怪魚釣り師」である武石さんとこのブログに、頑丈なロッドケースの作り方がアップされているのでご紹介。
外国のみならず国内での遠征に欠かせないのがロッドケース。マイカーなんかで移動の場合はあまり気になりませんが、飛行機や電車、フェリーや渡船なんかを使う釣行では、ロッドの扱いに気を使うもの。ぶつけられたり、倒されたりする可能性もあるし、自分の手のから離れた先でどんな扱いをされているかも分かりません。せっかくスケジュールを調節し、お金を掛け楽しみにしていたのに、旅先でロッドが破損なんて目も当てられませんね。そんな事態に陥らないためにも、頑丈なロッドケースを用意しておきましょう。基本的に安価に仕上がるお手製ケースですが、見た目を気にする人はロッドカバーに拘るのも面白いかもしれません。
個人的にはビニールテープ巻いただけの方が無骨だし、ワイルドで好みです(笑)



スポンサードリンク

スポンサードリンク


一カ所に腰を落ち着けて粘りの釣りを展開するってのも、なかなか厳しくも楽しかったりするワケですが、釣り場をテンポ良くハシゴするランガンの釣りもまた刺激に満ち溢れていてワクワクしますよね? 今回はそんなランガンの釣りに便利なお手軽アイテムをひろぽんさんとこのブログから紹介。これを装備することにより、スピーディーに車からロッドが下ろせ、しかもティップの破損も避けられちゃいます。また取り付けも簡単でジャマにならないアイテムなんで、ロッドホルダーの無い方や、いつも複数のポイントを回られる方なんかにオススメです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アジングやメバリングという超軽量なルアーやリグを扱う釣り専用に開発されたロッドっていうのは、基本的に感度が良く繊細で軽量に作られているモノがほとんです。このカテゴリーに限らず最近のフィッシングシーンでは「軽量至上主義」的な風潮もあり、軽い=良い道具ってイメージが定着しつつあります。もちろん軽い道具ってのは素晴らしい面もたくさんありますが、実はそれよりも大切なのがロッドバランス。この辺の話題に関しては下の関連記事を見て頂くとして、今回はお手軽簡単、そして財布に優しいにロッドバランスに関する小技をほーちんさんとこのブログからご紹介でございます。「なんか、しっくりこないから買い換える」って方は一度試してはみては如何かと。


関連記事
あなたのロッドに『お手軽バランサーチューン』
もう迷わない ロッドについての基礎知識



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ネタ探しのサーフィン中にちょっと面白いなって思ったエントリーを見つけたんで、自作好きのお友達にご案内です。
昔からある和製漁具系ルアーの代表格であるタコベイトを使った自作モノなんですが、簡単に作れ完成度も高く、根掛かりし難い特性を持った優れものです。しかもメバルやカサゴも実際釣れているようなんで、その効果も実証済み。メバリングには好んで使われることのないタコベイトですが、その威力は色々な漁具に使われていること見れば納得できるはず。トレイラーとしても抜群の素材なんで、メタルジグにつけても良いし、いろんな釣りに試してみると面白いかもしれませんね! 詳しい作り方などは以下のたろさんとこのブログでどんぞ。


DUEL/YO-ZURI (ヨーヅリ) [HP] シラス(キ) AR 1.5号 45mm 《C154-T313》
by カエレバ

HPシラス(キ)AR リグ作り
自作タコベイト Vol.1
自作タコベイト Vol.2
HPシラス(キ)ARって何よ? 方はコチラ

関連記事
流行りの鉄板ベイト「メタルバイブ」を自作!
お手軽な自作のチヌリグ:マッキーリグを紹介
自作リグ「ネジヘッド」のご紹介




今回のネタはアジやメバルに使うにはちょっとサイズがデカいかなぁと思ったんですが、プラグやメタルジグを使うその他のライトゲームに便利だし、小物入れにも良さげな感じなんでご紹介。
現在発売されているルアーケースってやつは大小様々なものがあって、使うルアーによってケースのサイズを選ぶのが普通。しかし持って行くルアーが全て同サイズってことはあんまりないし釣りのスタイルによっては、デカいのも小さいのも、ワーム、プラスチック、メタル素材なんかもまとめて持って行く人もいますよね? そこで問題になってくるのがケース内の間仕切りの問題。ざっくりとした性格の人なんかは気にしないのかも知れませんが、キッチリと収めたい性分の人も居らっしゃるワケです。そこでひろぽんさんとこのブログから、間仕切りを好みにカスタマイズできるルアーケースとその方法をピックアップ。ルアーケースに不満を持っているアングラーさんに見て頂きたい内容であります。
是非、ライトリガーサイズも出して欲しいですよね!

使えるルアーケース
使えるルアーケース その2
タフケース W210の改造


山田化学 タフケース W210
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


近頃ちょいと大きなお魚ゲームの方ではメタルバイブが流行りみたいで、各メーカーさんからいろんなモノがリリースされています。そんなアイテムがいつ頃ルアーの世界に誕生したのかは良く知らないんですが、ソルトライトゲームの世界に姿を現したのは、確か4~5年位前だったかと。そしてその有効性をいち早く世に広めたのはこの御方に他なりません。一見とてもアジやメバルが釣れそうにない雰囲気を醸し出しているルアーですが、使い方次第では火を噴くこともあるそうで、コツと使いどころさえ間違えなければ大型が連発なんてことも。しかし、どんなに釣れるメタル系ルアーでも怖いのが根掛かりによるロスト。それなりの値段がするモノなんで失った時の喪失感は大きいし、精神的ダメージを考えると敬遠してしまいます…。 そこで、決められたお小遣いの中でやりくりして、頑張っちゃってるアングラー諸氏に朗報です。作れるんです!メタルバイブが。作っちゃうんです、鉄板ベイトを!ってなワケで詳しい作り方は下記リンク先のみやぴーさんとこのブログをお読みになってくださいまし! ほかにもこんなのやこんなネタもありますよん。


自作メタルバイブ『M.BEAM』開発日記 

自作メタルバイブ『M.BEAM』開発日記2

自作メタルバイブ『M.BEAM』開発日記4

自作メタルバイブ『M.BEAM』開発日記5

※開発日記3は作成方法の記載がない為省いていおります。

関連サイト
芥河晋(デイメバ)~メタルバイブの使い方(改)
ブリーデン 13VIB30(Beeバイブ30)
スミス シーブリット
ジャズ 暴君30 ロックフィッシュモデル
タックルハウス 回遊魚捜査一課 ふるえる刑事






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

メタルジグを自作する方々のリンク集

Posted by tomoshow On 7月 - 28 - 2012 ADD COMMENTS

ツイッターのフォロワーさんのサイトに、メタルジグを自作されている方々のリンク集なるものがありましたのでご紹介。
今回紹介するのは「まとめ」でお馴染みのNAVERのリンク集でして、メタルジグの自作に関するネタを紹介することは、もうないでしょ?ってな気になってくる充実ぶり。基本的に「型を作って鉛を溶かし、流し込んで作っていきますよ的」な本気なモノがほとんどですが、なかには当サイト好みな「ワイヤーを通したナツメオモリをぶっ叩いて作る」って感じのお手軽簡単系もあるので、自作にチャレンジしたい方は是非。
ちなみにフォロワーさんは@namari_kunさんでして、メタルジグに最適な硬質鉛を販売している業者さんであります。


関連記事
キミにもできる! お家で簡単メタルジグ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


釣りって趣味はハマればハマるほど道具が増え、その収納や運搬方法に頭を悩ませることになります。そんなことをアレコレと考えながら道具を選んだり、工夫したりするのもまた釣りの楽しみのひとつです。今回のネタはエビさんとこのブログで紹介されている自作の車載ロッドホルダーでして、使用する素材を吟味したうえで作られているので仕上がりも上々。また釣り以外の目的で乗る際に邪魔にならないよう、脱着できるというコンセプトのもとに製作されているので、家族と車を共用しているって方にもオススメ。車に取り付けるロッドホルダーってのは意外と高価。素材や構造などを工夫すれば、意外と簡単に作れちゃうもんなんですな。
時代に翻弄されているサラリーマンアングラーな方は是非!



スポンサードリンク

スポンサードリンク


基本的に道具なんてモノは、安かろうが高かろうが本来の役割りをきちんと果たしてくれれば良いワケです。んで、高いものってのはカッコ良かったりとか、使い勝手が良かったり、所有欲を満たしてくれたりと、幸せ要素が値段に応じてプラスされます。今回紹介する2ch釣り愛好会さんのネタは、その辺の付加価値をバッサリと諦めひとつの機能だけを追求し、極限までコストを抑えて作られたロッドホルダーのお話。とかなんとか、カッコ良いこと書いておりますが、こんな感じのとってもB級自作ネタがたまらなく好きなんであります。お馴染みのダイソーネタもありますので、完全お小遣い制の庶民派アングラーは是非。


関連記事
釣りは道具ではない…? ダイソールアーの実力
安価なクーラーでも保冷力がアップする裏技とは





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

2ちゃんねるの楽しい釣りの話題をピックアップしているまとめサイト「2ch釣り愛好会」さんとこでなかなかの良スレが紹介されているのでご報告です。
暑くなってくると活躍するのがクーラーで、魚の鮮度を保つためでなく、冷たい飲み物をストックするために無くてはならない夏のマストアイテムですね。しかし、炎天下でもキンキンに冷えてるクーラーなんてのは、セレブな貴族階級アングラーのみが購入できる高嶺の花。一般的な庶民派アングラーの皆様は、中堅モデルやセール品、ファミリーレジャー向けのモデルを使っている方が多いことと存じます。今回紹介するネタは、そんなアナタだからこそ試して頂きたい「氷の持ちが倍以上伸びる クーラーボックスの改造」でございます。「イマイチ冷えが悪いんだよねぇ…」って方や、「ちょっと良いヤツに買い換えようかなぁ…」って御仁は、ご参考にどうぞ。
ちなみに僕はやってないので、やってみた方はインプレをよろしくです(爆)


関連記事
自作! アジ絞めピックホルダー
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる


 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


メタルジグを構成する主な素材はまんま鉛なワケでして、その中にワイヤーが入り、その先端部分を曲げてアイができているという単純明快な構造なんですね。しかし、こんな単純なモノでも、いざ作ってみようと思うと実際どこどうすれば作れるのか、ちょっと悩んじゃいますね。ちゃんとした製品を買おうとすればそれなりの値段はするし、ロストする確率だって結構高い。自作できるのならば作ってみたいって考える方も多いことと思います。そんな自作派&完全お小遣い制のアングラーさん達に朗報です。シミーさんとこのブログにメタルジグの製作法が2回に分けてアップされているので、お手製メタルジグにチャレンジしてみたい方は参考にされてくださいな~。
コチラのサイトにもメタルジグの作成法が出ているので、合わせて読んでみてください。
簡単そうに見えますが実は危険作業なんで、安全対策はバッチリしてくださいね!

しミーちゃんのブログ 簡単なメタルジグの制作 その1 / メタルジグ制作 その2

関連記事
完成度の高い「自作ジグヘッド」のご紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]