Wednesday, February 3, 2016


海外遠征で大物を狙う「怪魚釣り師」である武石さんとこのブログに、頑丈なロッドケースの作り方がアップされているのでご紹介。
外国のみならず国内での遠征に欠かせないのがロッドケース。マイカーなんかで移動の場合はあまり気になりませんが、飛行機や電車、フェリーや渡船なんかを使う釣行では、ロッドの扱いに気を使うもの。ぶつけられたり、倒されたりする可能性もあるし、自分の手のから離れた先でどんな扱いをされているかも分かりません。せっかくスケジュールを調節し、お金を掛け楽しみにしていたのに、旅先でロッドが破損なんて目も当てられませんね。そんな事態に陥らないためにも、頑丈なロッドケースを用意しておきましょう。基本的に安価に仕上がるお手製ケースですが、見た目を気にする人はロッドカバーに拘るのも面白いかもしれません。
個人的にはビニールテープ巻いただけの方が無骨だし、ワイルドで好みです(笑)


関連記事
ロッドティップをガードする画期的な新アイテム
ライトロッドの繊細なティップをがっちりガード
あのワンピースロッドも収納可能なケースを紹介



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


僕が知る限り「ホロリウム」というカラーが世に出始めたのは約2年前で、初めてその存在を知った時にアップしたエントリーがコチラなんですね。んで、最近ではライトゲームのトレンドに敏感であるショップやメーカーがこのカラーを使用してまして、パゴスさんとこ限定のリッジ35(売切れ)とか、ミニマルのニューカラーにも使われています。このホロリウムは非常に特徴のある光り方をする特殊塗料でして、個人的にはアジングやメバリングなんかのアミパターンなんかに威力を発揮しそうで、徐々にこれから流行り始める注目のカラーだと思っています。そして今回は、そんな最新の注目カラーを好きなプラグに塗って楽しんじゃおう!って提案されているえぼさんとこのブログをご紹介です。
ちなみにコチラも注目のカラーでございます。


ヤリエ ホロリウム【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
青く妖しい光を放ち誘惑する夜光カラーが誕生
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


当サイトでも過去に何度か取り上げたことのある「ロッドのバランス」のお話。繊細なライトゲームを徹底的に味わい尽くすのならば、知っておいた方が良い事なので何度でも取り上げちゃいます。今回は34のフィールドスタッフである、0☆3★6さんとこのブログで2回に渡ってアップされた記事を紹介。1回目のエントリーはタックルバランスの重要性と、その原理を解説。2回目は実際にタックルのバランスをとるための方法を紹介しています。「釣り道具って、軽ければ良いんじゃないの?」って方は是非試してみてくださいませ。きっと世界が変わりますから。

タックルのバランス 〜手元重心の重要性1〜

タックルのバランス 〜手元重心へのアプローチ〜


関連記事
手軽にロッドバランスを調節しちゃう小技
あなたのロッドに『お手軽バランサーチューン』
もう迷わない ロッドについての基礎知識
「あなたの握力がロッドの感度を殺す」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

デジカメの性能が年々向上し、ケータイやスマートフォンまでもが進化している昨今。誰でも手軽にキレイな写真が撮れるようになり、SNSや個人のブログが釣行写真やキャッチした魚の画像で彩られるようになりました。しかし、いつでも何処でも簡単に撮影できるようになりましたが、満足のいくモノが撮れるかどうかってのは別問題。いろいろと頑張ってはいるけれど、気に入った写真が撮れないって方は意外と多いと思います。今回はそんな写真に拘りたいアングラーさんのために、デジカメのスキルアップ講座を紹介。美麗な写真を撮り続ける2人のカメラ好きアングラーが、とっておきの撮影テクを伝授してくれちゃいます。これでアナタも、今日から残念な写真とはおさらばです。
しかし、松尾さんの写真に対するスタイルってのは素敵ですな。 タバコ禁止w


オリンパス STYLUS TG-4 Tough BLK ブラック 《5月22日発売予定》
by カエレバ



関連記事
アングラーのためのデジカメ撮影術
アングラーのためのデジカメ選び 2012
デジカメの防水





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


一カ所に腰を落ち着けて粘りの釣りを展開するってのも、なかなか厳しくも楽しかったりするワケですが、釣り場をテンポ良くハシゴするランガンの釣りもまた刺激に満ち溢れていてワクワクしますよね? 今回はそんなランガンの釣りに便利なお手軽アイテムをひろぽんさんとこのブログから紹介。これを装備することにより、スピーディーに車からロッドが下ろせ、しかもティップの破損も避けられちゃいます。また取り付けも簡単でジャマにならないアイテムなんで、ロッドホルダーの無い方や、いつも複数のポイントを回られる方なんかにオススメです。

関連記事
パーツに拘った脱着式の自作車載ロッドホルダー
ロッドポストSPの使い勝手を向上させちゃおう
アイデアの勝利? 100均で作るロッドホルダー
釣りライダー必見! バイク用ロッドホルダー
車載ロッドホルダー


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



アジングやメバリングという超軽量なルアーやリグを扱う釣り専用に開発されたロッドっていうのは、基本的に感度が良く繊細で軽量に作られているモノがほとんです。このカテゴリーに限らず最近のフィッシングシーンでは「軽量至上主義」的な風潮もあり、軽い=良い道具ってイメージが定着しつつあります。もちろん軽い道具ってのは素晴らしい面もたくさんありますが、実はそれよりも大切なのがロッドバランス。この辺の話題に関しては下の関連記事を見て頂くとして、今回はお手軽簡単、そして財布に優しいにロッドバランスに関する小技をほーちんさんとこのブログからご紹介でございます。「なんか、しっくりこないから買い換える」って方は一度試してはみては如何かと。


関連記事
あなたのロッドに『お手軽バランサーチューン』
もう迷わない ロッドについての基礎知識



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



ポッキンさんの新しいテクニック「ウィンチング」と、ワームの刺し方についての動画です。
「ウィンチング」についての詳しい解説はここではされておらず、アングリングソルト本誌の方で解説されていると思いますので、メソッドについてはそちらを御覧ください。と言っても、基本的な操作方法は収録してあるので、勘の良い方ならば語らずとも分かるかもしれませんね。
動画の後半は、ポッキンさんプロデュースの「バルキースクリュー」の刺し方についての解説。他社のワームでも、他のジグヘッドでも方法はあまり変わらないので、ワームを真っ直ぐ刺すのが苦手って方に見て頂きたい内容です。
つーか、OFTさんとこはもうじきフィッシングショーなんだから、製品ページくらいちゃんとやっといた方が良い気も…。



関連記事
フロートリグを越えろ!メバル超遠投釣法を伝授
開発者が語る「ティーワンブレード」の勘所
デカメバキラー「スリックジグ」に新サイズ追加



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ルアーが真っ直ぐ泳がなくなった時に、それを修正する方法として使われるのが「トゥルーチューン」ですね。ラインアイをプライヤーでエイヤッって曲げて調節するアレです。この方法で、ルアー自体の泳ぎの質を変えちゃおうぜ!ってのが今回紹介するマリアさんとこのスタッフブログのエントリー。手持ちのプラグで「もうちょっとレンジが浅かったらなぁ」とか、「泳ぎにもっとブリブリ感が欲しんだよ!」って時があると思うんです。そんな時に試してみたら良いかなぁと。リップを削ったり、シンカーを貼ってチューニングする方法もありますが、このやり方も覚えておいて損はないかもね!


関連記事
ひと手間でルアーの輝きを長持ちさせちゃおう
小型プラグのウェイトチューンのツボを紹介
名店が教えるミニマルのブレードチューン



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


僕達ライトリガーの主な釣行時間は夜間が多く、ヘッドライトや常夜灯などの「明かり」にお世話になることが多いかと思います。常夜灯に照らされている漁港や波止なんかは比較的明るくて、ライトなどを使わなくてもリグ交換やルアーチェンジができます。しかし、それが照明の一切ない闇磯やサーフ、河口域になると、このありがたい明かりの存在がちょっと厄介になってきます。暗闇での突然のライト点灯は釣り場を潰し、魚に警戒心を与えます。魚の姿やベイトを確認するために水面に照射するなんてもってのほか。その辺を心得ているアングラー諸氏は魚に警戒されないように、リグやルアーチェンジの際の点灯時間をなるべく短くし、水面に光があたらないよう、周囲に光が漏れないように気を使っています。できることならライトなど使わずに交換したいし、使わない人もいるほどです。んで、今回紹介する自作ライトさんとこのブログの記事は、暗闇で釣りをするアングラーさん達にとって非常に興味深い内容で、今後の釣りのスタイルが変わっちゃう可能性だってあり得るほどのお話。ライトリガーだけでなく、シーバスアングラーさん達にも読んでもらいたい、ちょっとありがたいネタなのです。
薄暗い場所で水面を照らしたり、海に向かって堂々とライトをつけてリグ交換する等の行為は、釣り場で嫌われます。心当たりのあるビギナーさんは、気をつけましょうね。これもひとつのマナーですよん。

関連記事
メバルには見えない!? レッドライトを紹介



レオンさんとこのブログに、メタルマルのチューニングについてのエントリーがアップされているのでご紹介。
魚種限定解除アイテムとして知られるメタルマルですが、元々はライトゲーム用のルアーですね。しかし、蓋を開けてみるとその威力は開発者やメーカーの予想をはるかに上回り、思わぬビッグターゲットがヒットする脅威のメタル系ルアーだったワケです。そこで今回はそんなメタルマルの強度アップのお話です。デッカイ魚にやられちゃってる人は、是非参考にしましょう!
とくに注目して欲しいのが、レオンさんの記事中に紹介されている動画。僕らライトゲーマーがデカイ魚と対峙する際に陥りがちな「落とし穴」についての大事なお話が収録されています。本来はメタルマルの大物対策についての動画ですが、全編を通してタックルバランスの重要性について教えてくれているので、小物から大物までをも相手にする海のアングラー必見の内容になっております。一見単純なパーツで構成されているルアーや、魚のパワーに合わせただけのようなロッドでも実は繊細で緻密な計算やバランスで成り立っているもんなんですな。ついつい大きな獲物を相手にする際、魚種や魚の大きさだけに注目してタックルの強さを選んでしまいがちですが、実は使うルアーやリグにタックルを合わせる方が重要なんですね。一度頭をリセットして、使うリグ前提でタックルバランスやセッティングについて考え直してみましょう!

関連サイト
加来匠・メタルマルゲーム最強マニュアル
レオン メタルマル VS サワラ
レオン メタルマル VS ハマチ.mov

関連記事
メタルマルの魚種限定解除の秘密にせまる
根魚にも効く! メタルマルの使い方講座



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー




Gulp! というワームがメバリングやアジングに与えた影響は非常に大きく、今では「汁物ワーム」の定番アイテムとして不動の地位を築いています。現在Gulp! の他にこの汁物カテゴリーには、ラパラのTRIGGER-Xマルキューのエコギア アクアそしてパワーイソメがありまして、その王座をめぐってしのぎを削っている状態です。しかし、やはり元祖「味とニオイ」のGulp! 支持者は多く、皆さん「くっさい、くっさい」と騒ぎつつも嬉しそうに使っているのを良く目撃します。んで、そんな汁物中毒なアングラーさんは、他メーカーのワームまでをも専用液に漬け込むという荒業を使ってみたり、重度の患者になると上記3メーカーのエキスをブレンドして漬け込むという奇行に走ったりします。しかし、ここで困ってくるのがクリア系ワームの存在。Gulp! ジュースに浸しているとその透明感が失われ、次第に変色していくらしいんですな。今回はそんな悩みを解消してくれるアイテムをのりすけさんが教えてくれちゃっているので、汁物フリークな方はチェックしてみてくださいな。どーしても「くっさいのが好き!」って方はスルーの方向で(笑)
他社のワームを漬け込むとこんなことこんなことになるそうなんで、ちょいと注意が必要。 Gulp! 以外の専用液でもおなじかも知れませんし、高温の場所での保管や長期の保存は変色、変形する可能性があるかもしれません。


関連記事
クロダイ ワインドという新たな戦略と可能性
サンドワームか!? パワーイソメか!?
KEEP ON KEEPING ON ~いつもいっしょ~

 


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


根掛かりってイヤですよねぇ。簡単に外れる場合は気にならないんですが、高価なプラグなんかをガッツリやっちゃった時の精神的ダメージの大きさは計り知れませんね。とくに釣りを始めたばかりのビギナーさんにとっては恐怖以外の何者でもありません。実は僕も根掛かり恐怖症のひとりでして、プラグをロストするのが怖くなり、いつしかワームの釣りばかりするようになっちゃったんですね。これではせっかくの楽しいルアーフィッシングを100%楽しむことはできないし、上達もできません。そんなワケで、オモリ1個で根掛かりしたルアーを回収する小技の動画を見つけたのでご紹介。動画中ではワームのみでプラグを回収している映像がないので、トリプルフックが掛かった場合の回収率は不明ですが、簡単にできるので試してみる価値はあると思います。このアイテムの導入でリグやルアーが引っ掛かる度に「あぁ、もう、ちょっと本当にロストってイヤよね…。」、「はぁ? 根掛かり? マジウザいんですけど?」って思わずにすむようになるかも知れませんよ~。


ルアー回収器レスキューテポドン
by カエレバ



関連サイト
根がかりの外し方とゴミの問題
根がかりを外そう! 


関連記事
ちょっとした工夫でロックゲームの根掛かり回避

 



今回のネタはアジやメバルに使うにはちょっとサイズがデカいかなぁと思ったんですが、プラグやメタルジグを使うその他のライトゲームに便利だし、小物入れにも良さげな感じなんでご紹介。
現在発売されているルアーケースってやつは大小様々なものがあって、使うルアーによってケースのサイズを選ぶのが普通。しかし持って行くルアーが全て同サイズってことはあんまりないし釣りのスタイルによっては、デカいのも小さいのも、ワーム、プラスチック、メタル素材なんかもまとめて持って行く人もいますよね? そこで問題になってくるのがケース内の間仕切りの問題。ざっくりとした性格の人なんかは気にしないのかも知れませんが、キッチリと収めたい性分の人も居らっしゃるワケです。そこでひろぽんさんとこのブログから、間仕切りを好みにカスタマイズできるルアーケースとその方法をピックアップ。ルアーケースに不満を持っているアングラーさんに見て頂きたい内容であります。
是非、ライトリガーサイズも出して欲しいですよね!

使えるルアーケース
使えるルアーケース その2
タフケース W210の改造


山田化学 タフケース W210
by カエレバ

関連記事
ERのPull Boyはルアーケースの救世主か!?
ケースに張り付くワームのイライラ解消テク
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
ちょっとの工夫でワームケースの収納性を向上!





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


PEラインを愛してやまないユーザーさんに支持されているライン保護用スプレー。
ラインの滑りが良くなり飛距離アップに繋がるし、ガイドへの絡みによるトラブルも減ります。
またラインをフッ素コーティングするので、品質を保ち寿命もアップ。
まさに至れり尽くせりのケミカルなんですが、難点はそのコスト。
景気良くブシュブシュとやるワケにもいかず、釣行毎にスプレーなんて経済的に厳しいですよね?
庶民派アングラーにとって、これはちょいと悩ましい問題です。
そんなワケで本日はフッ素コートとまではいかないまでも、ラインの滑りを良くして飛距離をアップさせ、絡みによるトラブルも軽減する「シリコンスプレー」をご紹介。
ホームセンターなんかで格安で売られているアイテムなんで財布へのダメージはかなり減ります。
このスプレーについての性質やフッ素系との違い、また衣類などに使う撥水スプレーについても書かれている山猫 玉三郎さんとこのブログは必見。
すでにこのスプレーを使っている方も居らっしゃるかと思いますが、もう一度フッ素系との違いを確認してみては如何でしょうか?
巷では「気分的に効果ある説」や「ラインが痛む説」等ありますが、個人的には体感的な効果アリと使っています。
ただしPE以外に使用するとこんな現象が起きることもあるので要注意。
あとは「無溶剤」って表示の製品を選ぶことが重要ですよん。
DRESSさんとこからもシリコンスプレーが発売されているので、ホムセンで買うのが怖いって方はコチラをどんぞ。
※画像はDRESSさんからお借りしております。


【送料無料】 DRESS ドレス シリコンスプレー メンテナンス 修理 釣り フィッシング 仕掛け カスタム カスタムリール
by カエレバ

関連サイト
Yahoo知恵袋 「PEライン シリコンスプレー」に関する質問


関連記事
下糸不要! ライン交換の際に役立つ裏技を伝授
ライトタックル遠投派にオススメのPEを紹介
ガイドクラック






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

Revo LTをお安くハイギヤ&軽量チューン

Posted by tomoshow On 10月 - 8 - 2012 2 COMMENTS


ソルトベイトフィネスの入門機として注目を集めているRevo LT。その主な理由としては値段を抑えた価格設定と、ソルト対応という安心感といったところでしょうか。「優れているのはコストパフォーマンスだけか?」と言うとそうでもなく性能面も充実しているので、最初の1台としてオススメできる良くできたリールです。今回はそんなお得感が高い本機を、ワンランク上の使用感へとアップさせるチューニング法を書かれているみぱぱさんとこのブログをご紹介。すでに本機をお持ちの方で「なんか重い…」や「巻きがかったるい」等のお悩みをお持ちの方は是非、試してみて下さいな!


関連記事
ベイトフィネスの入門機「レボLT」をインプレ
1.5gがキャスト可能なベイトリール「Revo LT」

「アルデバラン BFS XG」をちょいとインプレ

 




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー




アジングってヤツがライトゲームの定番となり、それに伴ってリグやロッドも進化してきました。そしてまたその釣りを快適にサポートするアイテムたちも徐々に進化を遂げ、日々の釣りを支えてくれる無くてはならない存在になっています。そんなアジングアイテムのなかでも人気が高いのがフィッシュグリップで、ヌルヌルで臭いがキッツイ魚体を生でお触りしたくない方々に圧倒的な支持を集めている逸品であります。今回のネタは、そんなフィッシュグリップに関する小技で、凄腕鮎師でアジンガーでもあるたけいさんとこのブログのエントリー。実はシマノのライトフィッシュグリップは僕も愛用しているブツでございまして、さりげなく便利な機能が盛り込まれている逸品なのであります。はい。


関連記事
フィッシュグリップの小型化&軽量化カスタム術
フィッシュグリップを扱う際の注意点について



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


釣りに行く時ってのはその準備段階から楽しいもんで、アレをしようとかコレもしようと考えてみたり、釣り場とタイドグラフ、天候なんかを頼りに作戦を練ってみたりとワクワクするもんですよね? さらに当日、練りに練ったプランをもとにポイントに到着すれば、僕らのワクワク度はMAXなワケで、1秒でも早くあの海の向こう側へキャストしたくなるってもんですな。んで、焦る気持ちを抑えつつ、準備を終え迎える期待の第一投っ!!??
ってベールにラインが通ってねぇぇし…。
って経験は誰にでもあるし、ベテラン釣り師だってやっちまいがちな初歩的なミス。その事実が発覚した時の心情ってのはかなり複雑なモンで、キャリアが長ければ長いほどいろんな意味で精神的ダメージが大きいもんですね(笑)
てなワケで今回は思わず周りを見回したくなる残念なミスをしちゃった方が、冷静を保って行動すれば逆に賞賛される起死回生の便利系裏ワザ を紹介しちゃいます。この意外と知られていない小技を伝授してくれるのは、お世話になっているとおるチッチさんとこのブログなんであります。基本的にやっちゃったミスに対して、余裕を持ってサラリと対処できるってのは、いつの時代でもデキる男の条件なんでありますな。


関連記事
熱収縮チューブで作る簡易エコマイザー
下糸不要! ライン交換の際に役立つ裏技を伝授
ジグヘッドのお手軽プロペラチューニング法




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

2ちゃんねるの楽しい釣りの話題をピックアップしているまとめサイト「2ch釣り愛好会」さんとこでなかなかの良スレが紹介されているのでご報告です。
暑くなってくると活躍するのがクーラーで、魚の鮮度を保つためでなく、冷たい飲み物をストックするために無くてはならない夏のマストアイテムですね。しかし、炎天下でもキンキンに冷えてるクーラーなんてのは、セレブな貴族階級アングラーのみが購入できる高嶺の花。一般的な庶民派アングラーの皆様は、中堅モデルやセール品、ファミリーレジャー向けのモデルを使っている方が多いことと存じます。今回紹介するネタは、そんなアナタだからこそ試して頂きたい「氷の持ちが倍以上伸びる クーラーボックスの改造」でございます。「イマイチ冷えが悪いんだよねぇ…」って方や、「ちょっと良いヤツに買い換えようかなぁ…」って御仁は、ご参考にどうぞ。
ちなみに僕はやってないので、やってみた方はインプレをよろしくです(爆)


関連記事
自作! アジ絞めピックホルダー
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる


 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


【過去記事再掲です】
現在、梅雨の真っ只中、そんな欝陶しい時期に活躍してくれるのがレインウェア。頼もしい相棒を羽織って雨にも関わらず出撃する方も多いかと思います。雨降るなか気持よく雨水を弾いてくれるウェアは快適に釣りを楽しませてくれるアイテムですが、メンテを怠り汚れを放置しておくとその機能性は失われていきます。今回はレインウェアのメンテナンス法を紹介している「みんなのブログ」を2つ紹介させて頂きます。


まず コチラはJUNさんのブログ 「HOOKING」のエントリー。基本的なレインウェアのメンテナンス方法の紹介のほか、洗剤やメンテナンス方法が詳しく紹介されているサイトへのリンクが掲載されておりオススメです。レインウェアを「アイロンがけ」するのには、ちょっとビックリでした。



続いてjinさんの「ルアー珍遊記とゆかいな道具」のエントリー。汚れて撥水効果がダウンした愛用のレインウェアを使い、専用洗剤のインプレッションをアップされています。使用前&使用後の画像の違いから洗剤の効果は一目瞭然。基本的に洗濯機に入れて洗うだけなので、試してみる価値アリですね!

お洗濯の行程は以下から
ダイワレインマックスその後
レインウェアの汚れ
レインマックスの汚れを落とす
ニクワックスLOFTテックウォッシュ使ってみたら

関連記事
簡単かつ安価に「塩噛み」を解消する方法
驚愕のコーティング剤「あでやか美人 釣り友」





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ルアーとラインを繋ぐアイテムとして活躍するスナップ。この便利な存在の恩恵を受けているアングラーさんは、日本全国津々浦々たくさんいらっしゃると思います。近頃では、ジグヘッドなんかにも小さいスナップを使用する方も増えてきているようです。僕もそんなスナップ愛用者のひとりなんですが、これに関するちょっと気になる話題がひろぽんさんとこのブログにアップされていたのでご案内。普段何気なく使ってるアイテムですが、実はその形状って重要なんだなぁと思った次第です。ほんのちょっとの差で「釣れる 釣れない」が分かれる部分があるとすれば、小道具のチョイスにも気を配る必要がありますな。 繊細なライトゲームであればあるほど重要な要素かもしれませんね!


関連記事
「手返し上手は釣り上手」 スレッダー活用術




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]