Thursday, July 19, 2018

ecabd941


釣りをしていると「バラすと場が荒れて釣れなくなる」とか「掛けた魚が暴れると、釣れなくなるから早めのランディングを」とか、「魚が散るので沖からではなく手前から釣っていく」なんてことを耳にしたりすることがあります。
しかし、魚をバラしたポイントでもアジやメバルが釣れ続けることもあるし、何度も魚をヒットさせ暴れさせているにも関わらず、やはり釣れ続けることもあります。
バラした魚やヒットした魚が釣り場に与える影響については、検証したことがないので僕には分かりませんが、今回紹介する健太郎さんのブログにはそれらに関係する興味深いお話が綴られているのでご案内。
ヒットした際に魚がとる行動がその魚を見ている周辺の魚たちにどんな影響を与えているかってのは非常に面白いし、何かのヒントになるんじゃないかな?って思うんですね。
健太郎さんのブログに書かれている事って意外とデイゲームで観察できるので、ナイトゲームオンリーなアングラーさんは日中の釣りをオススメします。
夜には確認できない意外な魚たちの一面が見れたりして、実に楽しいですよん!


スポンサードリンク





関連記事
魚に近づきたければテクニックやタックルよりもまず観察力と洞察力を鍛えよう
釣れる魚の見つけ方を体験談を絡めつつ分かりやすく解説
「透けているのになぜ釣れる?」 クリアカラーの正体とリブの秘密を解き明かす


スポンサードリンク

hysdk001


アングリングソルトの動画に広川さんのお土産捕獲のゲームがアップされているのでご案内。
一般的に小型青物や小型回遊魚の釣りってやつはハードルアーで攻めるのが常套手段ですが、ジャコ系の小型ベイトについてる場合はちょいと釣り難いワケです。
んで、そんな場合はハードルアーは置いといてワームなんかを使ってみると意外と効果的。
僕も過去にメタルジグでハードな釣りをしている釣り仲間を尻目に、ワームで小型青物を連発させたことがあるのでその威力は確認済み。
ワームの釣りはアジ以外の青物でもベイトによってはかなり効き目があるんで、試してみるのも一興かと。
ルアーフィッシングはベイトに合わせるのが基本。
「この釣り(ターゲット)にはコレ」って凝り固まった考え方は捨てましょう。
ちなみにチラッと出てきたキャロ用のシンカーですが、これは第一精工さんとこの中通しオモリでして、これに東邦産業さんとこのFIXPIPE(0.6mm)を適当に切って使っています。
僕もアジングやメバリング、キス釣りなどでキャロやスプリットを使う際はこれを愛用しています。
いわゆる貧乏リグで見た目はアレですが、コスパに優れているうえに普通に釣れるので見た目を気にしない方にオススメですよん。

第一精工(DAIICHISEIKO) 中通しオモリ1.2号
by カエレバ


【東邦産業】FIXPIPE(フィックスパイプ)0.6mm[ネコポス:1]
by カエレバ

関連記事
小沼正弥が釣る 夏の陸っぱりソウダガツオ
広川嘉孝が伝授するライトショアジギのツボ
小型青物ゲームでのシュラッグミノーの使い方




00161b83bd


以前コチラで紹介した、タックルハウスのライトゲーム用プラグ「SHORES ティロミノー」の特徴を紹介している記事がアップされているのでご案内。
【タックルハウスが長年培ってきたソルトウォーターミノー、トラウトミノーの技術をフィードバックし、スモールミノーに求められる、高運動性を最大限に突き詰めた「SHORESティロミノー」の特徴をご紹介】
あまりにも纏まっていたので本文から抜粋しちゃいましたが、メッキやカマス、セイゴに小型の青物なんかのソルトライトゲームを徹底的に遊びつくしたいアングラーさんは必見のミノーですよん。

【タックルハウス】ショアーズ プルシャッド41[メール便:3](アジング/メバリング)
by カエレバ

関連記事
武田さんが教えるSHORESストリーマーの使い方
武田さんがSHORES ストリーマーでアジング
SHORESに重量級のヘビーミノー プラスが追加





20150727_1419458


武田さんのブログに、タックルハウスの新作プラグの話題がアップされているのでご紹介。
この度発表されたプラグはライトゲーム向きブランド「SHORES」のティロミノーでして、メッキやカマス、小型の青物に効果的なミニプラグ。
詳しいことはまだ不明ですが、サイズは44mmでウェイトが4.8gの高速トゥイッチに対応したシンキングタイプだそうです。
発売は8月中旬頃ということなので、小型回遊魚ファンはお楽しみに!

タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ ヘビーミノー 65 PLUS 65mm NO.P9 HGイワシ・レッドベリー
by カエレバ

関連記事
武田さんが教えるSHORESストリーマーの使い方
武田さんオススメのカマスゲームを動画でお届け
ミニマムプラグSHORESストリーマーをイラストで解説




hrkwsj01


ベイトが豊富で魚が群れで入ってきてて、アッチコッチでボイルしている状況であれば連続ヒットも夢でないジギングですが、いつでもどこでもそんな美味しい状況に出会えるワケではありません。
メタルジグを投げてみて反応が薄い場合、さて次はどうするか?
そんな時にご登場願うのがブレードベイトでして、メタルジグでは探りきれない部分をお任せしちゃおうって作戦。
今回はそんなブレード系アイテムを広川さんが伝授してくれちゃいますよ~。


コアマン PB-20 パワーブレード
by カエレバ

関連記事
広川嘉孝が伝授するライトショアジギのツボ
沖の獲物を狙い撃ち!ライトショアジギ操作法
レオンさんが教えるメタルマル基本メソッド




P6100021


壱号さんとこのブログに、ヤリエさんからリリースされるライトゲーム向きのポッパー「マーブルボム」の話題がアップされているのでご案内です。
メバルやメッキにちょうど良いサイズのポッパーってのは各メーカーさんから出されていますが、この度ヤリエさんちから発売されるヤツってのがこれまた小さくってちょっとビックリなんです。
なんと全長が26mmって大きさで、これくらいのポッパーってーのはそうそうないと思うんですね。
元は管釣り用のポッパーだったそうなんですが、これまた海で使ってみたら良い感じだったんで商品化されたようです。
ウェイトが1.5gとちと軽いんで扱いに慣れが必要かもしれませんが、使いようによってはなかなか面白いかもしれません。
メバルやメッキ、その他ライトなターゲットにいろいり試してくださいませ。

Bassday(バスデイ) クリスタルポッパー 30S UM SOUL UM−156(UMイワシCP)
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

flying-x_main01

メガバスさんとこの新作ルアー「フライングX」がソルトのトップゲームにも使えそうなんでご紹介。
まぁ、詳しいことは動画のほうを観てもらえば「なるほど! 面白そうじゃん!」って思っていただけるかと存じます。
ロッドをチョイチョイやりながら巻くだけの簡単操作で、水面をピョンピョン跳ねて泳ぐってんだからビギナーさんでも難しくないかも。
実際に使ってみないと分からないんでテキトーなことは言えませんが、例えばトップチヌやメッキゲーム、サーフでの小型青物やボートからの青物ゲームなんかに使ったら楽しいんじゃないかなと思います。


【5月末頃入荷予定:ご予約受付中】【メール便OK】FLYING-X/フライングエックスmegabass/メガバス☆
by カエレバ

関連記事
メガバスさんのボトムクランクがなんだか凄そう
メガバス 本気のクロダイロッドをテスト中!




13way001

ライトアングラーやシーバスアングラー、サーフの釣り師や青物師など、ライトゲームも楽しんじゃうあらゆるジャンルのアングラーから今最も熱い視線を浴びているルアーといえば「13SWAY(ビースウェイ)」だと思うんですね。
魚種限定解除ルアーのメタルマルのDNAを受け継ぐフォルムと、他社のメタルバイブにはないアクション。
緻密に計算されたバランスとターゲットを設定しない自由なスタイル。
まさにブリーデンという個性的なメーカーにしか作れない唯一無二なルアーです。
今回はこれからのシーズンをビースウェイで遊び倒すために、背中の3つのアイによるアクションの違いを解説してくれている13luepearさんのブログをご紹介。
アイのポジションによるスイミングの違いや、使い方が良くわからないって方は必見ですよん!

【ブリーデン】ビースウェイ
by カエレバ

関連記事
ブリーデンのビースウェイが釣れそな雰囲気満点
開発担当がサラリと教えるビースウェイの特徴




wrapping_minnow

ノリーズのラッピングミノーSWが、ライトタックル青物ゲームとかにも使えそうなんでご紹介。
基本的にはシーバス向けに開発されたルアーみたいなんですが、やっぱりそれだけに限定して使うのはもったいない。
鉛と発泡素材のコンビネーションで、長距離をゆっくりと引いてこれるそうなんで広範囲を探る釣りなんかにもピッタリ。
アクションや使い方なんかは、下の動画でチェックしてみてくださいな。
こーゆー変わり種系アイテムは楽しいですなぁ。
バス用のラッピングミノーはソルト用よりも軽いものがラインナップされているので、使い分けてみるのも面白いかも。

NORIES(ノリーズ) ラッピングミノー SW 14g S−17H ホロマイワシ 12305
by カエレバ



関連記事
ブリーデンのビースウェイが釣れそな雰囲気満点
SHORESに重量級のヘビーミノー プラスが追加
釣れないワケない!って思ったビースレート48F





benf8azp4dhmnyg8txig-80c27e11

以前コチラでお伝えした、TICTさんのターゲット(魚種)を設定しないライトロッド「b4」を一挙にご紹介。
実は前々から記事にしたかったんですが、各モデルの解説ブログがポチポチとアップされていまして、記事が全部揃うのを待っていたらこんなタイミングになってしまいました(笑)
すでに読んじゃっている方が多いかと思いますが、一応まとめてババンとリンクを貼っておきますんで、興味を持たれている方はご覧ください。
SR500乗りの僕としては、仕舞寸40cmの「bFO-510S-5P」が単車乗りアングラーにオススメであります。

TICT(ティクト) b4(ビーフォー) bFO−510S−5P
by カエレバ

b4な話

bFO-62Sな話

bFO-68Sな話

bFO-74Sな話

bFO-74Tな話

bFO-510S-5Pな話

bFO-80Tな話



関連記事
TICT キャロ用ロッドがリファインされて新発売
TICTの新作ロッドをトミーさんが解説したり実釣したり動画
お初な釣り場で釣果を得るためのコツを伝授




13way001

のっけからいきなり、釣れそうなビジュアルにやられちゃったんでライトタックルゲームを愛する全ての人にご案内。
ブリーデンの新製品「13SWAY(ビースウェイ)」の登場であります。
もう勘の良い方は「うおっ!」って感じかと思います。
ブリーデンさんにはすでに、魚種限定解除アイテムである「メタルマル」という素晴らしいルアーがありますが、このビースウェイも負けず劣らず凄そうなオーラが出ています。
ブリーデンが今年のフィッシングショーには出展しなかったのは残念に思っていたのですが、この隠し玉の公開で確信しちゃいました。
このメーカーさんは「ライトゲーム」というカテゴリーを、本当の意味での「ライトタックルゲーム」に変えていきたいと願っているんだなぁと。
このメタルバイブはおそらくメタルマル同様に、今後のライトゲームやソルトシーンを変えていくキーアイテムのひとつで、青物ゲームまでをも変えていく存在になるんじゃないかと思うんですね。
まぁ、ちょっと僕も興奮気味でまとまらないんですが、「とりあえず、オマエ、何言ってるかわかんねーよ」って方は健太郎さんとこのブログを見て下さいませ!
正直今年のフィッシングショーはイマイチで、ライトゲーム関係は面白みに欠けるなぁって思ってたんですが、そんな思いもぶっ飛びました!
個人的にブリーデンタックルのファンですが、それを差し引いても、素晴らしいルアーだと思っております。

ブリーデン(BREADEN) ビースウェイ 10g 【メール便90円可】
by カエレバ

関連記事
ネジネジなブリーデンのプロトワームがお披露目
ブリーデンが鋭意開発中のプロトルアーがチラリ
KAKKYがお届けするプロトずくしのアジング動画




458b0ddc
レオンさんとこのブログに、これぞヘビー級ライトゲームって動画が紹介されているのでご案内。
スズキにしても青物にしても専用タックルで挑めば普通にやり合えるんですが、例えばそれらのタックルで扱い難い小さなルアーを使う場合はやはり、ライトタックルが良いワケです。
いくらごっついタックルやルアーでゴッツイ魚を狙っていたとしても、魚の捕食対象が数センチのベイトだったらやっぱり数センチのルアーが最強なワケですな。
意外と青物とかスズキをやってる人って小さいのって使わないですが、それはもったいないと思うんです。
僕の先輩はPE0.3号を使ってヤマガさんとこのブルーカレントでヒラスズキとか狙ってキャッチしちゃうんで、ヘンにこだわるのはもったいないです。
もちろん穫れる確信があってやるべきですけどね。
まぁ、今回紹介するレオンさんの動画はライトタックルアングラーとしてのある意味究極スタイルとも言えるので、万人にオススメできる釣りではありませんが、こーゆー釣りもあるんだぜってことでご紹介。
全てのメバルロッドでこんなファイトができるわけじゃありませんが、しっかりとしたタックルバランスで挑めばこんな大物でもキャッチできるんですな。
ボートならでは酔狂な釣りですが、個人的にこーゆー釣りは大好きです。
これからの季節、海も日に日に賑やかになってくるので、どんな魚でも連れてきちゃうメタルマルを持ってのライトタックルゲームがオススメ。
ちなみに動画で使われてるのはプロトロッドだそうです。 楽しみにですな!


ブリーデン(BREADEN) GlamourRockFish TR85 「PE Special」 2295
by カエレバ

関連記事
レオンさんが教えるメタルマル基本メソッド
レオンさんがメタルマルについて補足説明
動画で見る メタルマルの魚種限定解除っぷり




hhlsj01
イカ係長こと広川嘉孝さんが防波堤からの青物ゲームを伝授
ウチのサイトで扱うにはちょいとヘビーな釣りですが、一応ライトなショアジギっつーことでピックアップしてみました。
50cmとか60cmオーバーの、「ややデカ魚」なんかも楽しみたいって方はご覧くださいまし。
タイトルにショアジギとありますが、ブレードベイトでの釣りも紹介されてますよん。


コアマン(COREMAN) PB−24 パワーブレード レアメタル 24g #023 コットンキャンディー
by カエレバ


関連記事
イカにカサゴに尺メバ、尺アジな欲張りゲーム
沖の獲物を狙い撃ち!ライトショアジギ操作法






hrmlsj01 アングリングソルトの動画に「ヒロセマン流・簡単お手軽ライトショアジギ講座」がアップされています。
アジもメバルもちょいとひと休み的なサマーシーズンですが、皆さんいかがお過しでしょうか?
夏のデイゲームとなると、暑くてとても出かける気にならないって方もいらしゃると思いますが、そこはマズメ限定で出掛ければ少しは涼しいはず。
とくにこの時期の朝マズメなんかは、短時間の釣りには持ってこい。
ってなワケで今回は、夏でも楽しめるライトショアジギ講座。
難しくないので、ビギナーさんでも楽しめるはず。

メジャークラフト ジグパラ SHORT 20g #1 イワシ
by カエレバ


関連記事
沖の獲物を狙い撃ち!ライトショアジギ操作法
芥河晋の「お手軽ショアジギング」(ワインド篇)
動画で見る メタルマルの魚種限定解除っぷり



kwmblo01
アングリングソルト動画に、レオン流夏の五目ゲームの動画がアップされています。
アジやメバルの釣果がちょいと聞かれなくなる夏本番の日本列島。
そんなクソ暑い日々が続く中でも、実はライトゲームも熱くって目先や釣り方、フィールドを変えれば楽しめるターゲットは多数存在します。
食べて美味しい魚から、釣れて嬉しいターゲット、外道扱いされている魚でも目線を変えれば立派なゲームフィッシュに早変わり。
本来、ルアーフィッシングってヤツは、純粋に「釣ること」を楽しむもの。
釣る側が楽しむ&魚を慈しむ姿勢さえあれば、それがたとえどんな魚でもそこには素晴らしいゲームフィッシングが成立するんであります。
サイズがどーとか、魚種がどーとかってお話じゃないんですね。
過程なんです。そしてストーリーなんです。
ってなワケでこの夏は、ナウなヤングもヤレたミドルも、そして渋いシニアも釣れる魚を釣る「限定解除」な五目ゲームを楽しんでみたら如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


ピュア・フィッシング・ジャパンさんとこの動画に、シュラッグミノーを使ったレオンさんのサバゲーの模様がアップされているのでご紹介。
シュラッグミノーといえばメバリングでのワインドワームというイメージが強いですが、 ところがどっこい巻きの釣りでも大活躍でして、こと小魚を捕食しているターゲットには効果テキメンなんですな。
んで、今回紹介する動画もそんなリトリーブメインの釣りでして、そのスタイルにあった使い方をレオンさんが伝授。
釣って美味しい、おかず確保の小型回遊魚ファンは必見です。
ちなみにレオン流のシメ鯖レシピはコチラ
そうそう、忘れちゃいけないのが、巻きの釣りでのシュラッグミノーのセット方法 。
そちらに関してはコッチをご覧くださいませ。

あっ、ちなみに試しにどんなもんか良くわからないんだけど、フェイスブックでページ作ってみたので、気が向いたら「いいね!」してみてくださいな。


バークレイ Shrug Minnow(シュラッグミノー) 1.5インチ オレンジグロー【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
シュラッグミノーの泳ぎっぷりを動画でチェック
レオンさんがブレーキワインドを解説&伝授
メタルマル&シュラッグミノーでデイを楽しむ
流れに同調&ステイさせるレベルワインドを解説


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



個人的に秋の釣りのイメージはアオリイカと青物で、この時期になるとエギと一緒にメタルジグと、ちょっとしたプラグ持参で地磯に遊びに行くのが僕のスタイル。
沖のほうでナブラなんかが湧いているのを目撃すると、メタルジグにチェンジして迎撃態勢に突入。「こっちゃ来い、こっちゃ来い」と沖に向かって念を送りつつ、ひたすらキャストを繰り返すんですな。
ってなワケで今回は、メタルジグの操作法を教えてくれちゃってる、アングリングソルトさんとこの動画を紹介。
「ワンピッチジャークとか、ショートピッチジャーク、ロングピッチジャークってどうやんの?」っていう、この秋ショアジギングに初挑戦する方は必見。さらに2本目の動画はキャスティングゲームの動画ですが、魚の血抜きに関して「へぇ~、知らんかった」って事実が発覚しましたんで、釣った魚の鮮度に拘る方は是非。





スポンサードリンク

スポンサードリンク


レオンさんとこのブログに、メタルマルのチューニングについてのエントリーがアップされているのでご紹介。
魚種限定解除アイテムとして知られるメタルマルですが、元々はライトゲーム用のルアーですね。しかし、蓋を開けてみるとその威力は開発者やメーカーの予想をはるかに上回り、思わぬビッグターゲットがヒットする脅威のメタル系ルアーだったワケです。そこで今回はそんなメタルマルの強度アップのお話です。デッカイ魚にやられちゃってる人は、是非参考にしましょう!
とくに注目して欲しいのが、レオンさんの記事中に紹介されている動画。僕らライトゲーマーがデカイ魚と対峙する際に陥りがちな「落とし穴」についての大事なお話が収録されています。本来はメタルマルの大物対策についての動画ですが、全編を通してタックルバランスの重要性について教えてくれているので、小物から大物までをも相手にする海のアングラー必見の内容になっております。一見単純なパーツで構成されているルアーや、魚のパワーに合わせただけのようなロッドでも実は繊細で緻密な計算やバランスで成り立っているもんなんですな。ついつい大きな獲物を相手にする際、魚種や魚の大きさだけに注目してタックルの強さを選んでしまいがちですが、実は使うルアーやリグにタックルを合わせる方が重要なんですね。一度頭をリセットして、使うリグ前提でタックルバランスやセッティングについて考え直してみましょう!

関連サイト
加来匠・メタルマルゲーム最強マニュアル
レオン メタルマル VS サワラ
レオン メタルマル VS ハマチ.mov

関連記事
メタルマルの魚種限定解除の秘密にせまる
根魚にも効く! メタルマルの使い方講座



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー




僕の住んでいる瀬戸内海では縁のない魚ですが、太平洋側で釣っている方ならば馴染み深いソウダガツオ。基本的に釣ったこともないし、ナマで見たこともない魚なんで、詳しいことは分からないのですが手軽で面白そうな釣りの動画だったんでご紹介です。シーバスのエキスパートと知られる小沼さんが、お手軽な回遊魚ゲームを楽しむ姿ってのも新鮮ですが、やはりこの方のスゴイところは、まわりが釣れていなくてもしっかりと攻略して魚をモノにしているところ。しかも連発で(笑) やはり釣りウマな人ってのは、些細な所ところまで気を使ってるんだなぁと思いました。
動画の撮影時期が8月中旬なんで、ちょうど今が旬なんじゃないでしょうか?






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



ライトゲームと言えばすぐに思い出すのが、メバリングやアジング等の小型の魚を相手にする釣り。しかし、この「ライト」って言葉がクセモノでして、どっからどこまでが「ライト」なのかの線引きがよく分かりません。 僕個人で言えばマックスで60cmくらいのターゲットを相手にするのが「ライトゲーム」なんかな?って考えています。んで、それくらいの魚から、もう少し大きめサイズを相手にするのに持って来いの、楽しげロッドが登場するようなのでご紹介。その楽しげロッドというのがゴールデンミーンの新製品「スローダンサーⅡ ライトキャスト(製品ページ最下段)」なのです。
ちなみに高木さんは、先日紹介したブービーバードの新色の解説をコチラでしておられるので、シーバスルアーが大好物な方は是非。


関連記事
ロッドポストSPの使い勝手を向上させちゃおう
偏食アジの悩ましいバイトとフック考察





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]