Monday, June 25, 2018


アジングやメバリングで避けて通ることができないもののひとつに、カラーってのがあります。
ホントこのカラーってやつは良くも悪くもアングラーを悩ませる存在でして、いったいどんな色を選べば良いのか迷ってしまいますよね?
僕も一時期は大きめなワームケースを2つも持ち歩き、カラフルなケースを眺めつつ、付けては投げを繰り返し、いったい何が良いのかが分からなくなって途方にくれるというような釣りをしていました(笑)
今ではカラーにこだわるのをやめて自分なりのメインカラーを決め、あとはその日のフィーリングでカラーチェンジをしていくというスタイルに落ち着きました。
それでもやはり迷う時もあるので、今回紹介する松浦さんとこのブログ記事みたいなのは、正直助かるんであります。
ローテーションに悩んでいる方は、参考にされてくださいな。


関連記事
カラー選択でシルエットを調節するという考え方
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


先日行われたフィッシングショー大阪のアクティブさんのブースで、収録された新作アイテムの解説動画です。
今回ピックアップしたのは現在開発中のワームと、直リグ系のアイテムの2種類。
ワームの方はライトゲームにピッタリな小粒なヤツでして、フッキングにこだわったダートタイプ。
直リグ系アイテムの方は、ワイヤーにシンカーとフックをセットして使う、新しい発想のリグです。
ちなみにボートケンサキ用のスッテなんかもあります。




関連記事
これは美味そう! 根魚用のビフテキ出来ました
ロック野郎注目のゼロダンロックを動画で紹介
マグバイトの対根魚リグ バサロを動画で解説




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログに、ライトゲームで大活躍しちゃいそうな小魚系ワームの話題がアップされているのでご案内。
今回紹介されているのはバークレイから発売される「ホローベイビー3インチ」 でして、これが水面でボフボフやってるスズキさんに大人気だったらしいんですね。
ってことは、同様に小魚系を捕食しているフィッシュイーターな方々にも 効くはずでして、いろんな釣りに試してみたいアイテムなワケです。
ヒラセイゴなんかにも効きそうですし、マダイやらフラットなお魚にも良さそうですね。


関連記事
ワームのズレ防止にオススメの瞬間接着剤
見切られる前に食わすのがデイワインドのキモ
シュラッグミノーの泳ぎっぷりを動画でチェック





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


以前コチラで紹介した、ポッキンさんのニューメソッド「リップス2014バ-ジョン」の紹介動画が、アングリングソルトの動画にアップされているのでご案内。
今回はバルキースクリューを使ったこのリグの作り方を詳しく解説。
後半は実際にこのテクニックを使った実釣編となっていますんで、気になっちゃう感じの方はご覧くださいませ。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前紹介したアクアウェーブの「簡刺し虫」の紹介動画がyoutubeにアップされていたのでご案内。
実は超軽量ジグヘッド&極小ワームによる繊細な釣りってのが大好きでして 、たとえ釣れるサイズが小さくてもあの手この手で釣り上げるのに歓びを感じてしまう性分です。
んで、今回紹介する「簡刺し虫」もそんな釣りに活躍してくれそうなイキフンで、個人的に大注目なアイテムなんであります。
そんな期待のワームの動画なんで、僕とおなじような釣りに楽しみを見出しているお友達に観てもらいたいと思っている次第であります。


【アクアウェーブ】簡刺し虫 1インチ[メール便:3]
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク



アジングやメバリングで使うワームの収納は、僕らライトゲーマーのちょっとした永遠のテーマのような気がします。
当サイトでもいろいろ紹介して来ましたが、今回もなかなか良さげな収納術が紹介されてましたんで、ご案内です。
使ったワームまでも綺麗に真っ直ぐしまう方法を伝授してくれているのは、丹羽さんとこブログでして実にシンプルで「こんな方法があったか!」っていうナイスなもの。
釣行前&釣行後の一手間で、グチャグチャに入っていたワームがビシッと揃いますんで、とくにA型気質の方はご覧くださいませ。


スポンサードリンク


関連記事
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
オススメ ワーム収納:MEIHO リバーシブル85
ケースに張り付くワームのイライラ解消テク
魔法の粉「モエビパウダー」の使用感をレポート



スポンサードリンク


Fimoの動画「ルアー研究所」に、レオンさんが開発に携わった「シュラッグミノー」のスイミング動画がアップされているのでご紹介。
このシュラッグミノーはワインドの釣りも、リトリーブもこなせる一石二鳥なワームなんで、実は僕のお気に入り。
以前はダート用のワームとシャッドテールのワームを別に買っていたんですが、シャッドテールに関しては、もうシュラッグミノーだけで良いかなって思ってます。
んで、動画の方ですが、普段なかなか見ることが出来ない水中での動きがチェックできるので、「シュラッグミノーってどうなのよ?」って方は、ストレート系のワームでは演出できない独自のアクションをご覧くださいませ。
テンションフォールでのヒレを広げて泳ぐ姿は、なんとも可愛らしいです(笑)
ついでに、僕のもうひとつの愛用ワームである「ダートスクイッド」のアクション動画も貼っつけておきますので、アクションの違いを見比べるのも面白いかと。
こちらは派手にシュパシュパやりたいとき用。





スポンサードリンク

スポンサードリンク



ノリーズさんとこから、ワームに振りかけて味と匂いをつけるアイテム「バイトパウダー エビ」が発売されます。
まぁ、基本的に以前紹介したコチラのブツとおなじ感じのモノなんですが、この「バイトパウダー エビ」の方が容量もお値段もお得な感じ。
水に入るとパウダーが皮膜をつくり、ワームをコーティング。すぐに溶けてなくなるワケじゃないので、効果が長続きするそうです。
使い方は簡単でパッケージやケースなどに直接パウダーを入れ、ワーム達にまんべんなく まぶすだけ。
しかし、この粉物系アイテムって、一度使ったワームは水分をちゃんと拭いてケースに戻さないといけないのかなぁ?


関連記事
ケースに張り付くワームのイライラ解消テク
使えるルアーケースの仕切り版カスタム法を紹介
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
ちょっとの工夫でワームケースの収納性を向上!




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ポッキンさんとこのブログに新技が公開されているので、ワーム大好きっ子のみんなにご案内です。
今回アップされているのは、以前コチラで紹介した ワームの刺し方によるチューニング方法「リップス」のバルキースクリューバージョン。
スクリューテールグラブを使ったものよりも波動が大きくなり、そのアクションはエビや小魚チックになるんだとか。
リトリーブだけでなくダートさせてもOKということなんで、流行りのワインド釣法にも使えますな。
ツンツンとダートさせて、フォールでプルプルってのが良いかも。
ほかのワームでも、いろいろと試してみるのも楽しいかと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



笑激的なワームがあったので、ワームマニアの皆さんにちょいとご案内。
このなんともシュールな「リアワーム」をリリースしているのは、株式会社ナカジマさんとこ
まぁ、普通に使えそうなエビ型から「???」 ってものまで存在するので、是非その眼で確かめてみてください。
しかし、あくまでも人間から見たイメージで「ありえんw」って思っているだけで、実は魚たちからすれば何か別の食べられそうなモノに見えるかもしれないので、普通に釣れちゃったりする可能性も否めません。
なので、ワーム大好きっ子なみんなは、是非使ってみてくださいね!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


ダイワさんとこのSWチームのブログに、リアルで艶かしいワーム「鮃狂 ダックフィンシャッドR」の新サイズ追加の話題がアップされているので、全国のワーム大好きっ子にご案内。
この度新たに追加されるサイズは、アジングやメバリングに嬉しい2.5インチで、カラーはリアル系のものから定番カラー、ロックフィッシュ向けカラーの全11色をラインナップ。見るからに釣れそうなワームの新サイズは、一口サイズの小魚を捕食する全フィッシュイーターを魅了すること請け合いです。
ちなみに発売は、10月予定なんだそうでございます。
これのイワシカラーは観賞用に欲しいなw

関連記事
マグバイト ちょいと良さげな点発光ワーム登場



マグバイトさんとこのオフィシャルブログに、ちょいと良さげなグロー系ワームがアップされていたのでご報告。
今回紹介するのは同社のワーム「サンバ」の新色でして、これが普通のグローカラーと違い怪しげな光り方をして、非常に興味深いんですな。
果たしてこの妖しげ光がアジやメバルたちにどのように見え、どんな効果をもたらすかは不明ですが、なんとなく釣れそうな雰囲気バツグンなんで、今から発売が楽しみです。
普通のグローに飽きた人にも、そして魚にも効果がありそうで期待大なんであります。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前コチラコチラでご紹介したTICTの新型ワーム「メタボブリリアント」と「スパイラルクロー」が発売開始となったようなんで、全国のワーミングファンにお知らせです。メタボブリリアントはブリリアントをファットにしたタイプで、コイカパターンなんかに使うと面白そうなワーム。
もう一方のスパイラルクローはテールの先端部分に細工が施され、スローフォールを実現。また、ワームのテールがフックに引っかかる ことなく集中して釣り続けることができるのも売りのひとつですな。


関連記事
新兵器「Mフロート」を松浦宏紀が実釣解説
飛距離50m ぶっ飛び過ぎな「M-FLOAT」を紹介

 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


メバリングやアジングを嗜むソルトアングラーから絶大な支持を受けている汁物系ワームといえばGulp!ですね。その人気の秘密はやはりあのクッサイ汁でして、その効果は他のワームと比べるとやはり違うらしいんですな。僕はほとんど使うことがないので、その効果の程はよく分からないんですが、汁物愛好家に言わせると別格のようです。
しかし、いくら晩御飯のおかずを連れてきてくれるガルプ様でも、ひと度その汁がバッグや車の中に漏れようものなら大惨事。魚にとっては魅惑のオイニーでも人間様にとっては悪臭でしかないので最悪ですね。
今回はそんな汁物を保管・携行するためのアイテムのインプレをしているpuchitenshiさんとこのブログを紹介。ガルプの容器の他に、使用したワームの再利用法や、乾いてしまったワームの復活法なんかも紹介しているので、汁物信者や入信希望者の方は参考にされてみては如何でしょうか?
ちなみに僕は「バーサスのVS-L425」をバッグにずっと入れっぱなしにしていますが、全く漏れる気配がございません。
コレ優秀。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日コチラで紹介した、「モエビパウダー」のインプレが、ひろぽんさんとこのブログにアップされているのでご紹介。気になるその使用感はひろぽんさんの記事をじっくりと読んで頂くとして、「じゃあ一体このアイテムは、そもそもどんなブツなのさ?」って疑問に思う方もたくさん居らっしゃるかと思います。ってなワケでそんな方々はコチラコチラのエントリーをお読み頂いたら疑問がスッキリ晴れるかと。個人的にはワーム同士がくっつくのを防止できるってだけでゲットする価値があるアイテムなんですが、それ以外にも優れた効果を発揮する粉のようなんで、気になっちゃう感じのアングラーさんは使ってみては如何かと。

ルアーでポン!
モエビパウダー 
モエビパウダーその後
モエビパウダーその後のその後


関連記事
ケースに張り付くワームのイライラ解消テク
使えるルアーケースの仕切り版カスタム法を紹介
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
ちょっとの工夫でワームケースの収納性を向上!
 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


アジングやメバリングでのアミパターンというと、非常に難しく厄介なイメージがつきまとうパターンで、苦手意識を持っている方も居らっしゃるかと思います。今回はそんなアミパターンでの釣り方を解説しているけんぼうさんとこのブログを紹介。釣りウマな方が日々愛用しているワームやジグヘッドの話などを交えつつ、アミ捕食時の攻略法を伝授。アミパターンに悩まされている方は必見でございます。
ちなみに文中で紹介されているヤリエさんとこのアジメバアーミーは、僕も使ってるお気に入りのジグヘッドであります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



fimoさんとこの動画から、フィッシングショー大阪 2013のTICTブースから新製品のご案内です。
本動画にはライトゲーム用ラインの新製品である「SHINOBI」の紹介をはじめ、コチラで紹介した新型ワームや ノーシンカーフックの「V・Rフック」が取り上げられています。やはり注目すべきは「SHINOBI」でして、ブラックカラーが珍しいエキスパート向けラインだそうで、同社のジョーカーよりもしなやかで、夜間は見えないステルス系のラインのようです。ちょっと音声が悪いので聴き取りにくいのが残念ですが、興味のある方は是非!




スポンサードリンク

スポンサードリンク


TICTの松浦さんとこのブログに、現在開発中の新型ワームについてのエントリーがアップっされています。
ブログで紹介されているのはUSB(ウルトラソフトマテリアルベイト)の2種類のワームで、ひとつはブリリアントのサイズとボリュームを変更したもの。もう一方は完全新作のアイテムで、アピール重視のカーリーテールを採用したモデルです。詳細については不明ですが、今年のフィッシングショーで発表される新商品ではないでしょうか?
本文中でオキアアミカラーが(臭い付き)になってるのは、おそらく狙っているものと思われますw


関連記事
アジングにおけるジャストなワームサイズ選択法
二枚潮を攻略するための工夫とアプローチ法
エステル系ラインの太さによる使い分けを解説



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ネタ探しのサーフィン中にちょっと面白いなって思ったエントリーを見つけたんで、自作好きのお友達にご案内です。
昔からある和製漁具系ルアーの代表格であるタコベイトを使った自作モノなんですが、簡単に作れ完成度も高く、根掛かりし難い特性を持った優れものです。しかもメバルやカサゴも実際釣れているようなんで、その効果も実証済み。メバリングには好んで使われることのないタコベイトですが、その威力は色々な漁具に使われていること見れば納得できるはず。トレイラーとしても抜群の素材なんで、メタルジグにつけても良いし、いろんな釣りに試してみると面白いかもしれませんね! 詳しい作り方などは以下のたろさんとこのブログでどんぞ。


DUEL/YO-ZURI (ヨーヅリ) [HP] シラス(キ) AR 1.5号 45mm 《C154-T313》
by カエレバ

HPシラス(キ)AR リグ作り
自作タコベイト Vol.1
自作タコベイト Vol.2
HPシラス(キ)ARって何よ? 方はコチラ

関連記事
流行りの鉄板ベイト「メタルバイブ」を自作!
お手軽な自作のチヌリグ:マッキーリグを紹介
自作リグ「ネジヘッド」のご紹介




 ワームのカラーってヤツはすごく罪作りな存在でして、各社これでもかって程のカラー展開で商品を販売しています。個人的にはこのようなやり方はユーザーを翻弄し、釣りを難しくするだけのような気がして好きじゃないんですが、業界全体がそんな流れだし、メーカーも生き残らなければならないので仕方ないことだと思います。ま、選択肢が多いと言う事は良い事なんで、そーゆーことにしておきましょう。んで、今回は色の違いやアピールで魚に口を使わせるカラーチョイスのお話ではなく、色の違いによってシルエットを見やすくさせたり、ごまかしたりするってお話。常夜灯下や月夜でのカラーの選択に迷った時の参考になるかと思いますんで、カラーローテーション地獄に陥りがちな方は是非。

関連記事
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]