Monday, November 19, 2018

18str001


fimo TVとTSURIKOU TVに、横浜のフィシングショー 2018に出展されている「18 ステラ」の紹介動画がアップされています。
前モデルに比べて、頑丈さと巻き心地、そして世界初の特殊金属表面処理で輝きが増した本モデルが気になって仕方ない方は今すぐチェック!

スポンサードリンク







スポンサードリンク

スポンサードリンク


2018ex001


現在開催しているフィシングショー2018 横浜に出展されている「18 イグジスト」の解説動画が、fimo TVにアップされているのでご案内。
新コンセプトとモノコックボディを搭載した新生イグジストが気になる方は是非!


スポンサードリンク





スポンサードリンク

スポンサードリンク

18ex02


ダイワさんのオフィシャルサイトに「18イグジスト(EXIST)」の紹介ページがオープンしています。
詳しいスペックなどはまだわかりませんが、フィッシングショーの開催日に向けて少しづつ情報が更新されていくようです。
ちなみにネタ元はLureNews Rさんです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

20180102-4


COLTさんのブログにシマノさんのスピニングリール「15 ストラディック 2500HGS・C3000HGM」「16 ストラディックCi4+ 2500S」の実釣インプレがアップされています。
これらのリールが気になっている方は是非!
ちなみにコチラでは、「16 ストラディックCI4+ C3000」の各部重量を。
そしてコチラでは、ちょっとややこしいシマノさんのリールの番手の違いをチラッと解説されています。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
注目の「17セオリー 2004H」の各パーツの特徴と重量、そして使用感をインプレ!
注目のリール 「ストラディック CI4+」の各部重量を徹底チェック&インプレ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

18caldanew0a


ジャパンフィッシングショーの開催まで1ヶ月を切りました。
ぼちぼちネット上では新製品の話題なんかが出始めています。
そして、いま注目を集めているのがシマノさんのフラッグシップリールである「18 ステラ」ですね。
一昨日あたりまでは雑誌に掲載されていた画像なんかが出回っていましたが、あれは著作権に関わる行為なんでアップしませんでした。
そんなワケで、fimoさんとこのブログが「18ステラ」を取り上げているので、詳しく知りたい方はそちらでどうぞ。

そして、ダイワさんからも新型リールの情報が出始めてまして、現在わかっているのが「18 フリームス」&「18 カルディア」です。
こちらはライトでタフな新コンセプトで勝負って感じで、エントリーモデルなのに恐ろしく軽いです。
このややこしい新コンセプトを詳しく知りたい方はコルトさんのブログをどうぞ。
ってなワケで、「18 フリームス」と「18 カルディア」を紹介しているソルトウォーターさんとLureNewsさんの動画を下に貼っておきますんで、ごゆるりとご観賞ください。

スポンサードリンク





スポンサードリンク

スポンサードリンク



linecheckseal


僕は複数の換えスプールを持ってまして、対象魚や釣り場の状況にお合わせるためにフロロ2LB、フロロ3LB、PE0.2号、PE0.6号、PE0.8号とすべて同じリールで使えるように揃えています。
このようにシチュエーション別にラインを変えられるというのは非常に便利なんですが、おなじカラーのラインを巻いてしまうと太さを忘れてしまうことがあるんですね。
僕と同様に複数のリールやスプールを使っているアングラーさんは、おなじような悩みを抱えているかと存じます。
ってなワケで今回は、そんなアングラーさんのために痒いところに手が届くフォレストさんの便利アイテム「ライン確認シール」をご紹介。
つい巻いてあるラインの種類を忘れてしまうって方にオススメでして、交換日なんかも記入する欄も設けてあるんでラインの状態を把握しておきたいって人にもピッタリなシールです。
テープにマジックで記入して貼っ付ければヨシ!って気もしますが、見た目とカタチが重要ってアングラーさんはどんぞ。

スポンサードリンク



エバーグリーン(EVERGREEN) マルチタックルシール
by カエレバ


関連記事
痒いところに手が届く、第一精工の「ウェイトフラグス」がちょっと良いかも
【これ何グラム?】 表記がまちまちな釣具の単位の悩みには「釣り単位変換アプリ」が便利


スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_9362-768x512


ライトゲームの世界のなかで一番進化スピードが速いジャンルはやっぱりアジングでして、「そろそろ打ち止めかな?」なんて思っていても毎年新たに魅力的なアイテムがリリースされます。
今回紹介するシマノさんのリール「ソアレ Ci4+ 500S」もまたそんなヤツでして、巷のアジンガーたちから熱い視線を浴びている今一番ホットなリール。
ってなワケで早速パーツごとの重量を載せた矢野さんのブログと、店頭で動作チェックしてきたなまこさんのブログをご案内。
購入検討中の方、とりあえず気になっちゃってる方は、参考にされてくださいませ。

スポンサードリンク



シマノ(SHIMANO) 17ソアレ CI4+ 500S 03715
by カエレバ

関連記事
シマノ 「17ソアレ Ci4+」の製品ページを公開! 新番手「500S」も仲間入り!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

50843_lineup1

シマノさんのHPにNEWソアレCi4p+の製品ページがオープン!
数々の最新テクノロジーが搭載されているのも魅力的ですが、注目すべきは新たに「500S 」という番手がラインナップされているという点。
この軽量コンパクトなリールがソルトライトゲームシーンにどのような影響を与えるのか、ちょいと楽しみですな。

スポンサードリンク



シマノ(SHIMANO) 17ソアレ CI4+ 500S 03715
by カエレバ

関連記事
【フィッシングショー 大阪 2017 速報】シマノ「ソアレ エクスチューン アジング」を開発担当が解説
「Soare XTUNE Ajing S508L-S」を開発担当が直々にインプレッション
フィールドテスターによるシマノの新型ワーム「モモアジ」を使ったデイアジング&製品解説

スポンサードリンク

スポンサードリンク

smndg18


シマノさんとこのオフィシャルブログに、ラインローラーの防水性を高めるメンテナンスグリスの話題がアップされているのでご案内。
今回紹介するのはシマノの最先端リールテクノロジー「Xプロテクト」に採用されている「特殊撥水グリス DG-18」。
なんとこのアイテムはラインローラーのベアリング部に塗布&注入すれば水分だけでなく防塵効果も得られちゃう優れモノらしいんですな。
定期的にメンテすれば、新品リールの気持ち良い巻取り感を持続させることができるのです。
メンテナンスの手順は下に貼った動画で詳しく解説されているので、自分でやってみたい方は確認してくださいませ。
釣具屋さんで購入できちゃうらしいので、メンテ派アングラーさんは是非、チェックしてみてくださいな。

スポンサードリンク





【シマノ純正】 特殊撥水グリス - DG18 - ※送料無料※
by カエレバ

関連記事
シマノのスピニングリール&ベイトリールのグリスアップをわかりやすく動画を紹介
えっ! シマノのリールも逆回転?って思ったけどメンテ法があったのでホッとした件


スポンサードリンク

スポンサードリンク

inxram001


以前コチラで紹介した、INX.labelの「TB340純チタンリールスティック【REEL ARMOR】」が遂に発売!
テストにテストを重ね辿り着いた鋭いフォルムは、まさに「機能美」というに相応しい洗練されたカタチ。
リールを保護するといった基本機能だけでなく、プラグやワームのフックを掛けて使うという快適さも追求。
さらに見た目の美しさもしっかりと考えられているので、リールスタンドに機能とデザイン、そして快適さを求めるアングラーさんは必見!
早速、Fish-inの方でも取り扱いが開始されてますよん。
そして、現在レオンさんはこんなモノあんなモノの開発も進めているそうなんで、今から発売が楽しみですね!

スポンサードリンク



インクスレーベル リールアーマー TB340 陽極酸化チタン
by カエレバ

関連記事
Inx.Labelオリジナルプロダクト「リールアーマー」&「73Bテスラー」をプロスタッフが紹介
【祝全国発売】 「ジェイド INXサスペンドカスタム」の動作説明&マイナーチューンを動画で解説
ジャストサスペンド!「ジェイド INX.カスタム」に秘められたプラグの楽しさに迫る


スポンサードリンク

スポンサードリンク

20170218-8


最近、「新しくリールを購入しようかどうしようか、買うなら何が良いか?」などと仕事そっちのけで新型リールたちに思いを馳せています。
そんななか、早速ソルトなライトアングラー注目の「17 セオリー 2004H」のインプレをCOLTさんがアップしてくれているのでご案内です。
ブログには重量にこだわるアングラーさんが気になる各パーツの重量や特徴を紹介。
また、管理釣り場での使用感や感想も書かれているので、購入を検討中の方は参考にされてくださいませ。
僕的にはちょっと前まで「ストラディックCI4」にするか、「REVO MGX」にしようか迷ってたんですが、「17セオリー&17イージス」の登場でさらに混迷しております(笑)

スポンサードリンク



ダイワ(Daiwa) 17セオリー 2004H 00055996【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
注目のリール 「ストラディック CI4+」の各部重量を徹底チェック&インプレ
え? イグジスト&セオリー、月下美人AIRよりも軽い「17 イージス」2000番ハイギアモデル
【フィッシングショー2017速報】 ダイワブースから注目の高コスパリール「セオリー」を紹介



スポンサードリンク

スポンサードリンク


theory-aegis

ここんところフィッシングショーのネタを扱っていたので、最新リールなんてもんが気になっちゃってます。
僕がメインで使っているリールのなかで1番最新のモノは「11カルディア」でして、現在もなお元気にフル稼働中なんで「新しいリールが必要か?」と言えばそうでもないんですね。
しかし、最新のテクノロジーの恩恵にちょいと与りたくってライトゲームメインで使うリールを調べてみたんですな。
そしたら、アナタ! 「イグジストよりも軽量ですよん」なんて謳ってるセオリーよりも、「スプールのラインストッパーまでも取っ払って軽量化しました!」なんて得意げに言ってる月下美人AIRよりも、2000番のハイギアモデルに関しては17イージスの方が軽いって事実が判明。
たまたま電脳空間をサーフィン中に見つけた某ブログの記事を元にダイワさんの製品ページを調べてみたのですが、上記3台の2000番クラスよりも「17イージス」の方が5g軽いんですね。
この「5g」の差をどうとるかは人それぞれですが、軽さにこだわるアングラーさんにしてみれば気になるところ。
しかしこの「17イージス」、ソルト対応なんですがフロロ専用のバスモデル。
僕みたいにメインラインはフロロってソルトアングラーさんには良いかもしれませんが、ちょいと人を選ぶリールであることは否めません。
フロロ愛好家のライトアングラーさんで、「2000番クラスのハイギアが欲しい」って方にはなかなか良いリールかもしれないですな。
ただカラーリングは好みが分かれるところではありますが…。
各リールのリンクを下に貼っておきますんで、興味のある方はチェックしてみてくださいませ。

17 イージス
セオリー
イグジスト
月下美人 AIR

スポンサードリンク



【3月入荷予定/予約受付中】ダイワ(Daiwa) イージス 2003F−H ※入荷次第、順次発送
by カエレバ

関連記事
【フィッシングショー2017速報】 ダイワブースから注目の高コスパリール「セオリー」を紹介
グジストより軽くルビアスよりもお買い得! ダイワの新型リール「セオリー」や「月下美人AIR」を紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

inxram001


Inx.Labelのプロスタッフを務める古賀さんのブログに、オリジナルリールスタンド「リールアーマー」とプラッギングロッドである「73Bテスラー」の話題がアップされているのでご案内。
ロッドの方はまだプロトの段階で完成までは時間が掛かるようですが、その出来栄えはかなり良い感じらしく遊び心と実釣性能、そして「粋なオトナの道具」がブレンドされた渾身の1本になりそう。
今からリリースが楽しみなライトプラッガー注目のロッドです。

一方「リールアーマー」の方は度重なるテストの末に完成したそうで、近いうちにFish-Inの方で製品ページがオープンするそうです。
尖った感じのこの「リールアーマー」、その洗練されたカタチは実用性を追求して辿り着いた形状でして、まさに「機能美」という言葉がバッチリ当てはまる唯一無二のリールスタンド。
無垢のチタンカラーもシブくて良いですが、陽極酸化カラーの美しさは別格。
「本物の釣り道具」に出会いたい方は是非チェックしてみてくださいな。


スポンサードリンク



インクスレーベル(INX.label) タックルエリクサー 100ml
by カエレバ
【3】インクスレーベル 食魚保存用ロー引き紙袋 [Sサイズ/徳用20枚入り] /INX.label/蝋引き紙袋/ロウ引き紙袋/レオンさん/加来匠氏
by カエレバ

関連記事
【祝全国発売】 「ジェイド INXサスペンドカスタム」の動作説明&マイナーチューンを動画で解説
Fish-inにメバルプラッギングファン待望の「CB70 DRIFT SW 超色」ほか注目アイテムが入荷!
タックルメンテの新定番! アングラーの強い味方「タックルエリクサー」の使い方を紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

prxdpc001

お値打ち価格で僕等の釣りをバックアップしてくれるプロックスさんから、ラインの巻き替えに便利そうなアイテムがリリースされているのでご案内。
今回紹介するブツは「デプスチェッカー」でして、船釣りなどでラインの放出量を測定するというサポートアイテム。
本来の使い方としてはタナや深さ知るために使用するものみたいなんですが、逆にラインがどれだけ巻かれたかを知ることもできる優れモノ。
例えば150m巻きのラインを買ってきて「リールに100mだけ巻きたい」なんて時に非常に便利。
「糸巻き量を自分で決めてしっかりと巻きたい」って方には結構使えるんじゃないかと思った次第です。
ただこの「デプスチェッカー」はベイトリールにしか対応してないって話をネットで見かけたんで、直接プロックスさんにメールにて問い合わせしてみました。
そしたらご丁寧に参考画像まで添付して、しっかりと質問に答えて頂けました。
問い合わせに対する回答は以下。

『お問い合わせありがとうございます。
PX846デプスチェッカーはベイトリール用です。下向き(スピニングリール用)に取り付けるとカウンター面が見えなくなります。PX846KIC ICデプスチェッカー(画像)はモニター面の角度調整が可能ですのでスピニングリールにもお使いいただけます。』


ってことなので、スピニングリールで使いたいって方は、「PX846KIC ICデプスチェッカー」をどんぞ。
ライン交換は自分でやるってアングラーさんはチェックしてみなはれ。
「どんなアイテムかイメージできん」って人はウィッコーさんのブログをどんぞ。


スポンサードリンク



プロックス(PROX) デプスチェッカー ホワイト PX846W
by カエレバ
 
プロックス(PROX) ICデプスチェッカー ブラック PX846KIC
by カエレバ
 

関連記事
イラッとするPEラインのトラブルに活躍する身近なアイテムとは?
【その手があった】ティップに絡んだラインをササッ!とスマートに外す方法をご紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

fs2017shmn001


釣報さんが『フィッシングショー 2017 横浜』のシマノブースから新型ベイトリール4機種を紹介。
動画で紹介されているのは「スコーピオンDC」、「スコーピオンBFS」、「カルカッタコンクエストBFS」、「クロナークMGL」です。

スポンサードリンク







スポンサードリンク

スポンサードリンク

fs2017dwgex01


釣報さんの動画に『フィッシングショー 2017 横浜』のダイワブースで収録された、岩崎林太郎さんのイチ押しアイテムを紹介するムービーがアップされています。
ライトタックルの最高峰リールである「月下美人 EX」と岩崎さんが監修したワーム「ソードビーム」を解説。

スポンサードリンク




関連記事
【フィッシングショー 2017速報】 ダイワブースより新型リール月下美人EX&AIRを紹介
イグジストより軽くルビアスよりもお買い得! ダイワの新型リール「セオリー」や「月下美人AIR」を紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

pfjrr001


fimoさんのフィッシングショー動画にアブガルシアの新型リール「Revo ROCKET(レボ ロケット)」の紹介動画がアップされています。
このリールの特徴は従来のアブガルシアのリールに比べ巻取りスピードが12%アップしている点。
最近のライトゲームシーンでは超極細ラインでの遠投スタイルなどが登場してきているので、このようなハイギアモデルの需要もあるのではないかと思います。
ロングディスタンスゲームをお楽しみの方や、気になっている方はご覧くださいませ。


スポンサードリンク




スポンサードリンク

スポンサードリンク



fs2017dwgb001

アングリングソルト動画に『フィッシングショー 2017 横浜』のダイワブース注目リールの紹介動画アップされています。
紹介されているのは「月下美人 EX」と「月下美人 AIR」でして、ダイワびいきのアングラーは要チェック。
今季の月下美人リールは性能面に関しては申し分のないですが、いろいろ賛否が分かれそうな感じですな。
正直、アイアンマン的なカラーが似合う他社ロッドって考えるとハードルがかなり高くなりますな…。
ともあれ、ダイワのライトゲームに対する思いが凝縮された2台となっております。


スポンサードリンク





【ダイワ】17 月下美人EX 2004C【2017年4月末発売予定】【予約商品/入荷次第ご連絡】【20%OFF】【リール】【通常スピニング】
by カエレバ


関連記事
イグジストより軽くルビアスよりもお買い得! ダイワの新型リール「セオリー」や「月下美人AIR」を紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク


theory01


いよいよメーカーさんもアングラーも熱くなる『フィッシングショー2017』が開幕しました。
今年も例年通り当サイトをご覧の皆様に出来る限り速報仕立てでライトゲーム視点の情報をお届けしたいと考えております。
ってなワケで一発目は、fimoさんがいち早くお届けしてしているダイワさんの目玉リール「セオリー」の紹介動画をご案内です。
とにかくミドルクラスのリールで「軽さを追求したい」ってアングラーさんはコイツがオススメですよん。


スポンサードリンク





(予約品) ダイワ 17 セオリー 2004 (2月発売予定)
by カエレバ

関連記事
イグジストより軽くルビアスよりもお買い得! ダイワの新型リール「セオリー」や「月下美人AIR」を紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク


2017newshimanor01

いよいよ今年も残すところあと僅かとなってまいりました。
そんな年の瀬がせまるこのタイミングに、シマノさんとこからホットな話題が!
「17'アルテグラ」「17'サハラ」「17'セドナ」「17'コンプレックスCI4+」の新型スピニングリール4種。
そして、「17'カルカッタコンクエスト」「17'クロナーク MGL」「17'スコーピオンDC」「17'スコーピオン BFS」「17’バスワン XT」等、ベイトリールの新機種の発表がありました。
それぞれのリールの詳細などについては解説などされていませんが、スペック表や搭載されているテクノロジーなどは各ページで確認できるので、気になるリールがありました是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク


関連記事
イグジストより軽くルビアスよりもお買い得! ダイワの新型リール「セオリー」や「月下美人AIR」を紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]