Monday, June 25, 2018


ポッキンさんとこのブログに、シマノの夢屋が発売を予定しているベイトリール用のパーツの話題がアップされているのでご紹介。
なんでもこのアイテムは、アルデバランMg7とスコ-ピオンXT1000に対応したベイトフィネス用のスプールで、とにかく軽くてリグがぶっ飛びらしんですな。
まだ発売予定の段階なので、今後はどうなるかは不明ですがフィッシングショーも控えているので、これからの展開が気になる一品ですな。


関連記事
前アタリを感知する異次元感度のリールパーツ
ポッキンさんがエクスセンスDCをちょいと紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


いまたろうさんとこのブログでシマノの「NEW スコーピオン(14スコーピオン)」がリリースされるってことを知ったので、ご紹介。
最近のクルマ同様リールの世界にも近未来的なデザインが多くなってきましたが、とくにベイトリールに関してはそんな印象を受けますね。
クルマに関してはSFチックな風貌というのは好きじゃありませんが、ベイトリールはカッコイイなって思っちゃいます。
どーでも良い感想ですが、要するにベイトリールがよく分かってないだけです。
でも、海水対応だからとりあえずOK!


関連記事
黒原流ベイトアジングの楽しみ方を動画で紹介
ミニマル専用ケースとベイトフィネスタックル
13メタニウムXGの動画付きインプレを紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アルカジックジャパンのブランドビルダーである黒原さんによる、ベイトアジングの紹介動画をご案内です。
一級の腕前を持つアジンガーの黒原さんがなぜベイトタックルでアジングをするのか、 またそのメリットとは何なのかを実釣を交えて解説。
初心者には難しいとされるベイトのキャスティングのコツも伝授してくれているので、ベイトタックルの釣りに興味のある方は要チェックですよん。




関連記事
黒原祐一が伝授する重量級ジグヘッドの使い方
黒原祐一 直伝! アジング ステップフォール
アルカジック 黒原祐一&木下彰のFSセミナー






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログに、ミニマル専用のルアーケースとソルトベイトフィネスのリールについての話題がアップされています。
実はこのミニマル&メタルマル専用ケース、僕も気になっていた アイテムでして、その作り方が知りたいなぁって思っていた逸品。
作り方の解説はありませんが、アップされている画像を見れば自作派ならば一目瞭然。
ミニマルだけでなく他のルアーの収納なんかにも使えそうなんで、参考にどうぞ。
また、もうひとつの気になるアイテム、ベイトフィネスのリールに関しては、レオンさんが使用している2機種を紹介。
それぞれそのリールを選んだ理由や、ソルトアングラーの視点でのインプレが書かれているので、ベイトフィネスタックルに迷っている方は読んでみてくださいな。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


最新リールのインプレッションでお馴染みのいまたろうさんとこのブログに、ベイトタックルファンお待ちかねのシマノ NEWメタニウムの動画付きインプレがアップされているのでご紹介。コスト面でも性能面でも前モデルを凌ぎ、さらなる進化を遂げたメタニウム。バスフィッシングだけでなく、ソルトでの使用もOKなんで、ベイトリールの購入を考えている方は是非、参考にされてくださいませ。
いまたろうさん曰く「最もとコスパの良いベイトリール」らしいですよ~。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前コチラで紹介したCOLTさんとこのブログで、またまたベイトリールのメンテ記事がアップされているのでご紹介。
本日のお題目はシマノのアルデバランMg7 でして、今回もまた画像成分多めのエントリーで分かりやすく解説されています。分解編と組み立て編の2本立で、メンテナンスのポイントをしっかりと説明されているので、メンテビギナーさんでも分かりやすいかと。自分で整備してみたいオーナーさんは、是非ご覧になってくださいませ。

シマノ アルデバランMg7 オーバーホール 分解編

シマノ アルデバランMg7 オーバーホール 組立編



スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前コチラの「12 アルテグラ」のオーバーホールで紹介したCOLTさんとこのブログに、ソルトにも対応しているベイトリール「ダイワ アルファス R-edition 103L」の分解から組立てまでが紹介されているのでピックアップ。僕はベイトリールをオーバーホールしたことがないので詳しくは分かりませんが、画像の点数が多く、順序良く解説されているので、作業時には大変参考になるかと思います。ソルト専用ではなく、あくまでも「対応」リールなので、こまめにメンテナンスした方が良いかもしれませんね。アルファス愛用者の方は是非。

アルファス Rエディション 103L オーバーホール 分解編

アルファス Rエディション 103L オーバーホール 組立編

ダイワ アルファス 150HL オーバーホール 分解編

ダイワ アルファス 150HL オーバーホール 組立編

関連記事
リールのメンテナンス関係はコチラ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


フィッシングショーの前から既に話題となり、注目を集めていた「NEWメタニウム」。早速その紹介動画がLureNewsさんとこの動画にアップされているのでご報告。
今回紹介する動画は、滑らかな巻き心地とハイスピードギアがどのようなシチュエーションで威力を発揮し、どう体感できるのかってところを非常に分かりやすく解説してくれています。シマノのオフィシャルサイトにも「NEWメタニウム」の製品ページがオープンしているので、気になる方は是非。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


ピュアフィッシング ジャパンさんとこのブログに、ベイトフィネスでアジングやメバリングを楽しむためのコツが紹介されているのでピックアップしてみました。僕は未だに未経験の釣りなんで、詳しいこともツッコミもできないんですが、ちょっとびっくりしたのがフィネスのわりにずいぶんと太いライン使うところ。さらにびっくりなのが、そんなラインを使っても普通に釣れるという事実。太いラインを使ったら見破られるってのは、迷信だったんでしょうかねぇ? ともあれ、最近はソルトベイトフィネス対応のタックルもリリースされ始め、リーズナブルなリールも登場してきています。新たな釣りにチャレンジしたい方は、当サイトの過去記事も含めて読んでみてくださいな。
ちなみにシーバス編はコチラ


関連記事
もっと気軽にSWベイトゲームを楽しむ為のリール
レオン流ワインドゲームを各種濃縮詰合せ解説
ポッキン流 ベイトフィネスメバリングテク
ベイトで行く!! ~アジング編~


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



いやぁ、びっくりした。っていうか、5000円でお釣りがくる程の価格で、ソルト対応のベイトリールが買えるなんて全く知りませんでした! しかも、出所不明の三流メーカーのモノではなく、一流メーカーのDNAがしっかりと受け継がれているリールがです。ここで詳細を漏らしてしまうと、リンク先を見に行く楽しみがなくなってしまうので詳しくは書きません。そして、さらに5000円でお釣りとは言わないまでも、福沢さん1名分で買えてしまうソルト対応のベイトリールも大手さんからリリースされていました。いやいや、「ベイトタックルには疎い」なんて言ってないで、色々と勉強しなきゃダメですねぇ。本日紹介するネタをアップしてくれた、ばんぱくさんに感謝です。ともあれ、これで「ソルトベイトフィネスには興味があるんだけど、資金的に…」って悩んでいる学生~子育て世代、そして家のローンを背負ってるアングラーさんにも楽しむチャンスが到来ですね! 辛抱たまらん人は、早速リンク先へGO!!
ちなみに5000円でお釣りが来るリールのブランドには、オフィシャルサイトがないようです…。残念!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


レオンさんの実釣解説動画が、youtubeのLureNewsチャンネルにアップされているのでご紹介。
今回紹介する動画はバークレイとのコラボで、レオンさんが 最近ハマっているワインドゲームを解説。実釣を交えつつ有効なアクション、効果的なワーム、その時釣れた魚やシチュエーション等を詳しく丁寧に説明してくれちゃいます。ベイトフィネスな釣りや、スピニングタックルを使い分けた10本もの動画を連続再生するので見応え充分。各ムービーごとに見所満載ですが、注目はレオンさんがプロデュースし発売も迫っているというワームの存在。セット方法によって、ダート用とリトリーブ用と使い分けることができる一石二鳥的なワームで、こだわりのボディーデザインは釣れる要素がギュッと詰まっています!
ちなみにコチラコチラでは、レオンさんがハマっているオフショアのライトゲームも紹介されていますよん!



関連サイト
Gulp! SW ミノー 1インチ
Gulp! SWパルスワーム4インチ
Gulp! ALIVE! クリケット1インチ
Power Bait パワーミノー
Jazz 尺ヘッド
D-type

関連記事
独創的なGulp!とミニマルによるライトゲーム
レオンさんが「Gulping!動画」を解説
レオンさんがボトムワインド メバリングを紹介
レオン流 ワインド&プラグテクを動画で伝授
デイのベイトフィネス+ワインドが楽しそう



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



ソルトウォーターの世界でも注目されている「ベイトフィネス」。各メーカーもボチボチ本腰を入れてきているようで、専用アイテムのリリースや記事が目に付くようになりました。そんななか先日シマノもベイトフィネス専用の「アルデバラン BFS XG」発売し、ベイト使いな方々の間では話題になっていたようです。今回は以前からベイトタックルを使ったソルトゲームの楽しさを発信している「ゆーすけさんとこのブログ」のエントリーをご紹介。ベイトフィネス対応リールを物色中の方、ベイトタックルでの海釣りを始めたい方は、最新ベイトリールをゲットした ゆーすけさんのインプレを参考にしてくださいませ。


関連記事
ベイトフィネスにオススメのタックルを紹介
ポッキンさんがエクスセンスDCをちょいと紹介
ベイトフィネスの入門機「レボLT」をインプレ
1.5gがキャスト可能なベイトリール「Revo LT」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー




アジングやメバリング用のロッドよろしく、繊細で高感度なアンテナを持っているアングラーさん達は既にご存知かと思いますが、恥ずかしながらベイトリールに疎い僕は「エクスセンスDC」の文字を目にした時、正直「???」って感じでした(笑)  そして慌てて検索して初めてシマノがこの秋にリリースするシーバス用のベイトリールだってことを知ったワケです。「ライトゲームの情報サイトです」って謳ってる割には、超へなちょこで申し訳ございません。閑話休題。ってなことで、そんな発売間近の最先端なベイトリールのインプレッションを、ポッキンさんがアップしているのでご紹介。一応シーバスゲーム向けのアイテムらしいんですが、その辺はさすが幻ハンターらしく、デカロックフィッシャー視点でインプレされています。今後を見据えてちょっと良いベイトリールを物色中の方はチェックされてみては如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


以前コチラで紹介したソルト用のベイトフィネスロッド「LM-732KML-B “Blast”」が発売になっているのでご報告。
前回紹介した際はチラッとしか見られなかったこのロッド、今回はサラリとですが本品に関する画像やコメントが書かれているので気になっていた方は是非。KRコンセプトのガイドや軽量&感度重視のスケルトンシートを装備、これからのフィッシングシーンを見据えたパーツのチョイスはカスタムロッドパーツのメーカーならでは。感度にこだわるアングラーさんにオススメの1本ですな!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ポッキンさんがメバルに効果的なベイトフィネスのテクニックを紹介しているのでピックアップです。
バス釣りを嗜んでいるアングラーさんにはお馴染みのテクニックである「ミドスト」。これがメバリングにも効果的で、さらにベイトタックルならば操作性も向上してオススメだよん!ってのが今回の記事。もちろんスピニングタックルでも可能なテクニック。イカナゴを捕食している際に有効なメソッドなので、イカナゴを発見したらこのテクの出番です。メバルもいよいよ終盤を迎えますね。今時期にも通用するテクニックらしいので、興味のある方はチェックしてみてくださいな~。
ちなみに「ミドスト」ってなに?って思った方はコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ピュアフィッシングジャパンのオフィシャルサイトに、レオンさん出演の実釣動画がアップされています。
こちらの動画はベイトフィネス用のタックルを使ってのボートゲームを収録したムービーで、レオンさんがデカメバルをボコボコと釣りつつ、この釣りの魅力を解説しています。 後半ではターゲットをシーバスにチェンジ、ライトリガーらしくジグヘッド+ワームで挑む姿は流石です! 何気にシーバスをゴボウ抜きしているところに、このロッドの凄さを感じちゃいました。しかしレオンさん、なんかスゲー楽しそうなんですけど!(笑)


関連サイト
アブガルシア レボLT
ソルティーステージ KR-X ベイトフィネスカスタム
バークレイ パワーベイト ホローベリースプリットテイル
アブガルシアTV 「SW ベイトフィネス編」


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

カスタムロッドのパーツブランドであるジャストエースが、ソルト用ベイトフィネスロッドを制作しているようなんで皆さんにお知らせ。
今回紹介する「LM-732KML-B “Blast”」は製作中のため詳しいスペックはわかりませんが、クロダイやロックフィッシュ等に幅広く使えるライトゲームロッドという事で、オールチタンKガイドのマイクロガイドを使用し、長さは7.3フィートのようです。先日発売になったレボLTもソルト対応ですし、業界も少しづつソルトベイトフィネスに注目し始めているようですね! 各メーカーの今後の動向が気になるところですな。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


動画付きインプレでお馴染み「いまたろうさんブログ」に、アブガルシア レボLTのインプレがアップされたのでご紹介。
ロックフィッシュとボート以外でベイトリールを使用した釣りってのに最初は物珍しさを感じたものですが、ちょこちょこその記事を目にする機会が増えてくると徐々に認知されているんだなぁと思っちゃう今日この頃。とは言え実際にタックルを揃えて楽しんでいる人は、まだまだ少数派。その理由にソルト対応のリールが少ないことや、どれを使って良いのか分からない等のお悩みがあると思うんですね。そこで今回紹介するこのリールなんかは、そこそこお手頃な値段で性能も悪くない、しかもソルト対応ってんだから入門機としては成績優秀。これから海でベイトフィネスな釣りを楽しんでみたいって方にピッタリな1台と思うんですが、皆さん如何でしょうか?


関連記事
いまたろうさんのインプレ関係記事はコチラ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



メーカーサイドでは「淡水専用」とあるので、正直僕んとこで扱うのはどうかなぁ?って思ってたんですが、村田基さんが「海水での仕様も問題ありません」と言ってたらしいので思い切って取り上げてみました。ソルト業界でも徐々にベイトタックルに注目集まってきているので、気になっている方も多いはずですし、たとえ「淡水専用」でも使っちゃう人は使っちゃいますからね(笑)
てなワケで異彩を放つ銀ピカボディが印象的なこのリール、実に14年ぶりのフルモデルチェンジということで 最新機構を引っ下げて堂々のカムバックです。この近未来デザインは好みがハッキリと分かれるとは思いますが、大切なのはその性能。村田さん曰く「世界一飛んで、世界一滑らかで、世界一パワーがある。そんな世界一のリール」ということなんで、その性能たるやスゴイんだと思います。ベイトタックルファンは「日本一分かりやすく、日本一見やすく、日本一まとまっているインプレ」が得意ないまたろうさんとこのブログでチェック!
ちなみにコチラでインプレにアップされていないアンタレス内部の動画が見られますよん。


関連サイト
シマノ NEWアンタレス
潮来釣具センター 村田基オフィシャルサイト カフェフィッシング
LureNews動画 ロボ奥田がNEWアンタレスを語る
LureNews動画 NEWアンタレス-村田基ナマ解説
大阪FS村田基Newアンタレス説明1/2
大阪FS村田基Newアンタレス説明2/2

関連記事
いまたろうさんのインプレ関係記事はコチラ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

当サイトでもたまにベイトフィネスの話題を取り上げていますが、現場での生の情報を発信してくれているのが「ゆーすけさん」でありまして、またまた新たなベイトフィネスなお話をアップされているのでちょこっと紹介。
なにやら新しくロッドを作ってもらっている様子で、ベイトフィネスジャンキー度の高さが伺えるようになってきた「ゆーすけさん」。今回はそんな彼がチョイスしたリールやPEラインの使用感、選んだ理由等が綴られています。ご本人も書かれていますが、これからベイトフィネスを始められる方、興味のある方の参考になればと思います。
まだまだタックルも情報も限られていて敷居が高いイメージがありますが、 マンネリ化しつつあるライトゲームの世界に新風を起こす存在になる可能性を秘めている釣りだと思うんですね、個人的に。

関連記事
ベイトタックルの楽しみ方♪
ベイトで行く!! ~アジング編~



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]