Monday, June 25, 2018

8wst4hpwv7zeoof8rm9d-160058a3

以前コチラで紹介した「FCT ビーストレート48」に使われているABS樹脂製のプロペラ「プラペラ」が発売されたようなんで、ペラ好き&自作派の皆さんにお知らせです。
このカスタム心をくすぐるアイテムは、お手持ちのペラ付きプラグの金属製ペラと変えるだけでメンテナンス性と回転性能がアップ。
また画像のようにお気に入りのジグヘッドに装着するも良し、お好みのプラグに付けるも良し、また奇想天外なオリジナルリグの制作に使用するのもOKなステキなアイテム。
アイデア次第でいろいろ楽しめそうなパーツなんで、いろいろといじるのが好きなアングラーさんは是非!
下に金属製のペラと回転具合を比較した動画を貼っておきますんで、興味ある方はどんぞ。
ちなみに画像はコチラのブログから拝借しております。

スポンサードリンク




by カエレバ

関連記事
ジグヘッドのお手軽プロペラチューニング法
自作のペラ付きJHでシーバスを釣っちゃおう!
フィッシュアロー 2タイプの新型ジグヘッドをお披露目


スポンサードリンク

hz7bgcs2komjobncdnv4-e12ab4c5

TICTさんのオフィシャルブログに、以前コチラで紹介したシンペン「FLOPPER(フロッパー) 38」の話題がアップされているのでご紹介。
ライトゲームでプラグといえば真っ先に思い浮かぶターゲットはメバルですが、このフロッパー38はアジやカサゴなども反応するアクションが凝縮されたプラグなんだそうです。
開発の方も良い感じに進んでいるようで、リリースまであと少しといった雰囲気が伝わってきますな!


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
【フィッシングショー】 tict 金針仕様の「メバスタ」をトミー敦が動画で解説
【フィッシングショー速報】TICTの新作ワーム「フィジットヌード」をトミー敦が解説

スポンサードリンク

3_thumb3

フィッシュアローマグバイトのテスターを務める伊藤さんのブログに、大きめサイズのプラグによるメバルの釣果レポートがあがっているのでご案内。
今回の釣行に使われているのは、フィッシュアローさんとレイチューンさんのコラボである65mmのバス用プラグ「スリーショット」。
このミノーはメバリングプラグにはあまり採用されない派手に泳ぐタイプらしいのですが、これがかなり効いたご様子で、大小良型含めて入れ食いになったそうなんですね。
なかにはチビサイズも混じっていたそうなんで、改めて大きめサイズでも十分メバルは釣れるということ再確認した次第です。
また、以前コチラで紹介したモコフワで可愛いリッジ35での釣果報告もありますんで、パゴスさんのオリジナルリッジ35が気になる方はあわせてご覧ください。
そして実は今回紹介するブログのメインはグルーパーゲームでして前半はメバルプラッギング、後半はロックなお魚の話題となっております。
後半のハタゲームではコチラで紹介したエクストリームなスイミングリグ「バサロ」と、フィッシュアローさんのワームを使った釣行レポートとなっております。
メバルっ子のお友達も、ハタっ子のみんなも是非ご覧になってくださいませ。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
デカプラグでメバルを楽しむための使い所とテクニックを伝授
潮のヨレにつくメバルをシーバスミノー「ブローウィン80S」で狙う
メバルが水柱を上げて出る!彼らを本気にさせる 「モヒカンジョニー」とは何者か?


スポンサードリンク

34_bm45


34(サーティーフォー)の大石さんのブログに、現在開発中のプロトミノーの話題がアップされています。
先日、周防大島で開催されたアジングカップ会場でチラリと開発中の新型プラグに関するお話は聴いていたんですが、おそらくそのプラグってのがコレだったんじゃないかな?って思うんですね。
ブログの方ではプロトタイプの画像と「B★M45」という名称だけが紹介されているんですが、実はフィッシングショーで展示されていたんですね。
「そうは言うけど、展示されてたプラグってどんなヤツだったっけ?」って方のために下に動画を貼っておきますんで、気になる方はチェックしてみてくださいな。

スポンサードリンク





by カエレバ

関連記事
デイメバリング実釣解説&LINK50を動画で徹底解説
【フィッシングショー速報】 ライトゲーマー注目の34(サーティーフォー)製品をドビャ!っと紹介


スポンサードリンク

srmurasoi


磯やゴロタの波打ち際には、ムラソイやカサゴなどのロックなお魚が生息しているのは皆さんご存知の通り。
そんな彼らを狙うために使われるのはジグヘッド+ワームでして、潜伏していると思われる辺りにリグを落としてピロピロやるのが一般的。
物陰からサッ!と現れ、パッ!と姿を消す様は見ていて楽しいし、なんとなく愛らしささえも感じる嬉しい瞬間ですな。
しかし、ルアーを咥えられたまま岩や石の隙間に潜られることもあるので、ラインブレイクやルアーのロストの心配もあるのも事実。
そんな理由からワームメインの釣りスタイルとなるんですが、今回紹介するwackyさんのブログは、そこをあえてクランクで狙うという酔狂なもの。
ハードプラグでのロックゲームで思い出されるのはミニマルですが、それとはまた違った釣り方ができるのがこの釣りの面白いところ。
浮力の高いクランクをシングルフックに換装して、是非お試しください。
最近リリースされている、根掛かりし難いチヌ用やハゼ用のクランクなんかも良いかも知れませんね!


スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
ミニマルのムラソイゲーをレオンさんが徹底解説
バイト丸見え!磯場でミニマルのムラソイゲーム
小型メタルジグで狙うロックなお魚の楽しみ方


スポンサードリンク

item


いよいよ北海道を除く各地も梅雨に突入し、なんだかジメジメ感も増してまいりました。
しかしマイナスイメージのある梅雨ですが、この時期のメバルはもっとも美味しくファイトも強烈。
なのでメバルという魚の旬は絶対に春以降だと信じています。
産卵期頃にメバルダービーとか開催するのは間違いだと、声を大にして言いたい今日此の頃なのです。
メバルの個体数は減少傾向にあるので、せめて産卵の時期くらいはそっとしておくのが良いと思うんですな。
ってなワケで、恒例となったアイテム情報コーナーのお時間がやってまいりました。
それでは、張り切ってまいりましょう!

スポンサードリンク


まずは気になる新発売のリール「ストラディックCI4+」から。
僕は昔からずっとダイワさんのリール一筋だったんですが、以前コチラで紹介した動画を観て「シマノさんのリールも良いなぁ」なんて思い始めたんですね。
んで、今回紹介する「ストラディック CI4+」は新開発のローターなどの最新テクノロジーを搭載し、巻き性能の向上や軽量化が図られたモデルとなっている模様。
リールの重心位置を手元にするという「Gフリーボディー」によって、さらに軽く感じるといったライトゲーマーに嬉しい工夫も凝らされているそうです。


お次はソルトアングラーの皆様に愛される存在となった、スズキ目タイ科のクロダイ用ロッド「シルバーウルフ AGS」のご紹介。
僕は知らなかったんですが、オーストラリアってのは実はチヌゲーが熱い国だったらしくプロトーナメントも開催されるほどなんだそうです。
んで、このロッドはそのオーストラリアのチヌゲーガイと、日本のチヌ釣り野郎の共同開発で生まれたプロスペックロッドで、超高密度のSVFカーボンをはじめAGSガイドなどダイワの最新技術を盛り込んだ贅沢仕様。
チヌが好き過ぎてたまらないアングラーに贈る究極の1本です。
が、正直チヌゲーロッドとしては値段が超強気なんで、ユーザーに受け入れられるかどうかちょいと心配ですな。


そして皆さんお待ちかねのプラグっ子ニュースのコーナーです。
以前コチラでチラリと紹介したnadaさんのトッププラグの第一弾「CROW(クロウ)」がいよいよ発売だそうです。
このペンシルは90mm/13gで「トップチヌにはちょっとデカイかな?」と思ったんですが、シーバス&クロダイ両対応だそうで納得。
しかし、ペンシルってのも各メーカーさんからリリースされているので、ほかと違う「ウリ」があるかどうかがユーザーとしては気になるところ。
その辺りもしっかりと考えられてまして、この「CROW(クロウ)」は魚をやる気にさせるサウンドに拘ってるそうですよん。

by カエレバ

さて、「癒やしのチヌゲー」よりもさらにユルく楽しめる釣りといえば、最近注目されている「ハゼクラ」ですね。
「ハゼをクランクで狙って釣る」ってのを知った時は軽い衝撃を受けたものですが、少しずつ浸透してきているようで各メーカーさんもそれぞれルアーをリリースしてきています。
そして今回、信頼の老舗メーカーであるスミスさんから、満を持してハゼゲー用クランク「カミオン DR はぜ」が発売されるという情報をキャッチ
詳しいスペックなどはオフィシャルの製品ページをご覧くださいませ。

プラグ繋がりってことで、ちょっと変わりダネのアイテムも紹介しておこうかと。
先日コチラで衝撃を緩和吸収するアイテムをご案内したんですが、今回紹介するブツもそれとおなじようなモノ。
その名も「バレンクッション」と申しまして、プラグとラインの間にかます襲撃吸収アイテムです。
メーカーさん曰く「PEとの直結もOK」だそうなんで、「ラインシステム('A`)マンドクセ」って感じのものぐさサングラーでも大丈夫。
こちらはブラックバスからアオリイカ、シーバスそしてアジ&メバル用なんかもラインナップされてますんで、気になる方はチェックしてみてくださいませ。

そして本日最後はライトネタ。
釣りに使われるヘッドライトは兎にも角にも「明るさ命」ってところがありまして、無駄に明るくて価格も高いライトもチラホラ。
まぁライトに求める性能は人それぞれなんで、超明るいのが欲しい人もいるとは思いますが、ラインナップされているのは一点にライトを照射する集光タイプばかり。
そこに目をつけてリリースされたのが、34(サーティーフォー)さんとハピソンさんとのコラボライト「インティレイ」ですね。
僕は灯りのない釣り場を徘徊するんで、インティレイのように灯りが拡散する散光タイプのライトってのは有り難いなぁと思うワケです。
そして「ほかにもそんなタイプのライトがないのかなぁ?」なんて思ったりもしてたんですが、ひろぽんさんのブログに散光タイプのヘッドライとが紹介されているのでご案内。
こちらはチェストライトではなくヘッドライトなので、照射範囲が広いヘッドライトを探しているって方は是非ご覧になってくださいませ。

by カエレバ

以上、梅雨時期に琴線に触れた新製品情報でした。
それでは皆さん、

「May The "釣果" Be With You.」

(釣果と共にあらんことを)

関連記事
ネタセンサーに反応したちょいと気になるライトゲームの新製品情報をピックアップ
ゴールデンウィーク期間中にチェックしていた話題をピックアップしてお届け


スポンサードリンク

jhonny


先日Facebookでチラリと見掛けたメバルの釣果写真に、見慣れないルアーと共に「モヒカンジョニー」というタグが付けられてたんですね。
なにやらイカしたネーミングが気になって検索してみたんですが、実はこれジークラックさんがリリースしているシーバスのバチ抜けルアーだったんですね。
そしてさらに検索を進めていくと「メバルが水柱とともに出る」とか、「水面を割って出る」みたいな刺激的な言葉が目に飛び込んでくるじゃないですか!
「こりゃあ、ちょいと一大事だ」ってぇんで、こうして記事を書いてるワケです。
んで、その楽しげな模様が大阪湾のチャーターボート「シーマジカル」のキャプテン 彩さんのブログや、はっしさんのブログなんかにアップされているワケでして、このプラグに出るメバルってのが結構良いサイズってのも見逃せない事実なんですな。
当サイトでも以前から「大きめなプラグでメバルが釣れるよ」とか、「大きめなトッププラグでも釣れるよ」ってことをお伝えしてきましたが、やはり条件が揃えばメバルといえどもバッコンバッコン出ちゃうワケですな。
バチやイカナゴなどを捕食している時に効果的みたいなんで、そんなシチュエーションに遭遇したら投げてみたいプラグです。
ジークラックさんといえば、バス釣りのイメージが強くってあまりチェックしていなかったんですが、ソルトアイテムもリリースしていたんですね。
プラグ大好きっ子のみんなは、ぜひ試してみてね!

スポンサードリンク


by カエレバ
 

関連記事
デカプラグでメバルを楽しむための使い所とテクニックを伝授
飛距離約50m!小型プラグやライトリグでは攻略不可能なポイントを大型プラグで狙い撃ち
メバルのバチパターンに効果的な細長プラグ「フィール75・100」をチラリと紹介


スポンサードリンク

leonplug01


アングリングソルトの動画に、メバリングアングラー必見のハウツー動画がアップされているのでご案内。
メバルをプラグで釣る場合「タダ巻きで釣れる」とか「ほっとけで釣れる」、「水面直下が良い」とか「トゥイッチを入れる」などいろいろと操作や食わせ方について言われますが、実際どれくらいのアクションやレンジ、スピートが良いのかが文章や写真でははっきりと分かりません。
僕もこの辺りが良く分からなくって、悶々とすることがあったんですが、この動画を観て一気に腹落ち。
自分の釣りを振り返って「あ~、動かし過ぎだったんやね…」って思い当たることもあったんで、プラグでメバルを狙っている方は必見。
なかなか釣果に恵まれないって人は「ルアーは動かすもの」ってイメージが強すぎて、それが裏目に出てるんだと思うんですね。
この動画をじっくりと観て、リーリングスピードやルアーのアクションをしっかりと覚えてくださいませ。

余談ですが最近ちょいと気になってる事柄を。
一般のアングラーさんや業界関係者さんまでもが結構「プラッキング」って言葉を使いますが、正式には「プラッギング(plugging)」が正しいと思うんですね。
ちょいと引っ掛かってたので、念のため。

スポンサードリンク



by カエレバ
 

by カエレバ

関連記事
アミパターンのメバルプラッギングで重要なトゥイッチの質とキモを解説
レオンさんが教えるメバルプラッキングの極意
釣れるメバリングプラグのリトリーブ速度を伝授


スポンサードリンク

RIMG0198


ルアーの価格ってのは正直申し上げて「高いよね」って思うんですが、これはいろいろ材料費やら宣伝費、開発費や大人の事情なんかが複雑に絡み合っているのである程度は仕方ありません。
パッケージを簡素化して、フックやスプリットリングも外して、宣伝も雑誌などは一切使わずネットだけにすれば、もうちょっと安くできるんじゃないかな?って思うんですね。
ただお金が掛からないからといって手当たり次第にモニターを募集して宣伝させるような、品のないことはしてもらいたくないですけどね。
まぁこれは、思いつきの素人考えなんで読み流してもらっちゃって結構なんですが、世の中には1000円でお釣りが来ちゃううえに良く釣れるプラグってのが確実に存在するんで、「高い=良い」って思っているアングラーさんは注意が必要です。
ってなワケで今回は、「テリフ」の使いやすさと優秀さが書かれている壱号さんのブログをご紹介。
小粒だけどよく飛んでタダ巻きでOKなプラグらしいっすよ!

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
ヤリエネイビーからミニマムポッパーが誕生
トップに出きらない魚のやる気スイッチを入れるルアー操作を伝授
【フィッシングショー速報】 nadaのチヌ用スピンテール「VIZLA」をテンション高めに紹介


スポンサードリンク

plughosyu001


プラグを使った釣りをしていると、お気に入りのプラグやメモリアルなプラグができるものです。
ここ一番で活躍してくれるヤツや、ランカーを連れて来てくれたヤツ。
安定した釣果を見せてくれるモノや、もう手に入らないモノ。
もし、それらのプラグがバッキリと逝ってしまった場合の精神的ダメージはかなりのもの。
とくに入手困難なレアアイテムや廃盤ルアーとなれば、悔やんでも悔やみきれません。
今回はそんなフェイバレットなプラグが破損してしまった時の修理方法を、Facebookで公開している知久さんの投稿をご紹介。
画像のように真っ二つに折れたシンペンを、ピッタリとくっつけてしまう職人技をご覧くださいませ。

スポンサードリンク


アルテコ スプレープライマー/瞬間接着剤用効果促進剤 420ml 1本 アルテコ 特殊接着剤 特殊接着剤 接着剤 【あす楽】
by カエレバ
 

関連記事
プラグにヒビや穴が開いた時のリペアの方法を紹介
テールが欠けたプラグは「瞬着&重曹」でお安く補修できるって知ってた?
フックの付け根やプラグのアイが錆びる原因を解明!そしてその対処法をご紹介


スポンサードリンク

hookichi01

みなさんはプラグにフックを付ける際、「正しい付け方」があるのってご存知でしたか?
僕も今回紹介するアムズデザインさんとこのブログを見るまでは、そんな事があったってことを記憶の彼方にすっ飛ばしてました。
今まで長いことただスプリットリングにフックを通して、「はい、出来上がり!」ってしてたんですが、これを目にしてしまった以上はしっかりと装着しないワケにはいきませんね。
ルアーアングラーとしては少しでもフッキングの確率を上げたいもの。
気がついてないだけかもしれないけれど、これを怠っていたためにキャッチできなかった魚だっていたかも知れません。
釣る人ってのは、こんなちょっとのことを積み重ねているからこそ良い魚に出会えるのかも。
フックを付ける時は必ず向きをチェックして、フッキング率を上げましょうね!

スポンサードリンク


アムズデザイン(ima) sasuke SF−50(サスケSF−50) 50mm #SKF50−008 ピンクオキアミ 1077008
by カエレバ
 

関連記事
プラグのチューンに活用したいスプリットリング&トレブルフックの重量表
フックの付け根やプラグのアイが錆びる原因を解明!そしてその対処法をご紹介
プラッガー必見!フックポイントに纏わる話題とライトプラッギングにおすすめのフック


スポンサードリンク

khamsin_tiny_sr

先日ネタ探しにネットをウロウロしていたら、ジップベイツさんとこのバス用ルアーが目に止まりました。
「カムシン Tiny SP-SR」っていうプラグで、40mm/2.8gのちっこいヤツです。
オンラインストアの更新情報で「NEW」の文字がついてたんで、おそらく新作だと思うんですが違ってたらごめんなさい。
まぁ新作でも発売中のモノでも楽しくて使えれば無問題なんですけどね。
んで、これがちょいと名品「リッジ35」と被るかなぁと思ったんですが、サスペンドタイプなんですね。
淡水ルアーなんで海で使えばその性格も変わってくるんでしょうけど、「ちょっと面白いかな?」って思うワケです。
しかし、これが残念なことに、海で使うにはカラーラインナップがパッとしないんですな。
「もったいないなぁ」なんて思ってググッてみたら、なんとまぁあるじゃないですか!
海外向けには良さげなカラーがわんさかと!
これはなんとかジップベイツさんに頑張ってもらって、海外のカラーを国内でリリースして欲しいところ。
発売の暁にはバスファンだけでなく、ライトソルトアングラーも喜ぶはず。
期間限定で試験的に販売されてみては如何でしょうか?
ちなみに兄貴分のちょっと大きい「カムシン Jr. SP-SR」も良さげですな。

スポンサードリンク


【ジップベイツ】リッジ35F/SS ロックフィッシュシリーズ[ネコポス:3]
by カエレバ
 

関連記事
バスルアー「アイ・ウェーバー」で狙うデカメバル
生まれ変わったケイテック「カスタムリーチ」がソルトライトゲームにも良さげな件
ノリーズから一風変わった極小トッププラグ「SPISH 25」が登場


スポンサードリンク

2016-04-18-13.30.42

プラグの釣りをしていると、たまにフックがラインを拾って絡まっちゃう、イラッと事案が発生しますよね?
闇磯や暗い場所で釣りをしていると、いつの間にやらそんな事になってて、「ただ無駄なキャストをしていた…」なんてこと、僕はたまにやっちゃうんです。
巻き抵抗の変化で気がつけよって話ですが、夢中になっちゃうとね(笑)
そんな時は「チッ」とか「あぁ~もぉ~」とか言いながら手を使って解いていたんですが、旬のバス釣り情報がてんこ盛りな人気サイトのhebinumaさんに、とってもナイスな解消法が紹介されていたんでご案内。
この方法を使えば手元でゴニョゴニョしなくても、トントントンで解消されるみたいなんでプラグっ子のお友達は、各自チェックしておくように!
こりゃあ、えーこと聞いたわい。


ヤマトヨテグス(YAMATOYO) 結節強化ストロングノット【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
飲まれたフックと刺さったフックの外し方を伝授
思わず「あ…」ってなるライントラブル解消法
PEコート剤を使った絡んだPEラインのトラブル解消法を伝授


20160418_1654349


ルアーの釣りってヤツはどうしても「泳がせて釣る」、「動かして釣る」ってイメージが頭から離れないものです。
かく言う僕も以前まではワームもプラグもすべて「巻きの釣り」。
「動かしてナンボ」でやってたんですが、「巻かない釣り」、「動かし過ぎない釣り」を覚えてから釣果も上がりました。
そして今回ご案内する武田さんのブログにも、タックルハウスさんの「オルガリップレス」や「ピットスティック47」を使ったスローな釣りが紹介されています。
「オルガリップレス」を巻いて使っている方は、是非「タケダ式スーパーロングドリフト釣法」をお試しください。
ポーズの時間は魚の状況に合わせて、もうちょい長めにとっても良いと思いますよ~。
しかし、オルガリップレス&ピットスティック47のGo-Phishオリジナルカラー、とっても可愛いですな!


タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ オルガリップレス 43(アミボール)
by カエレバ
 
タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ ピットスティック 47 15(アミ/ラメ)

関連記事
注目のメバリングプラグ「 SHORES オルガリップレス」の特徴を解説
タックルハウスの新型小型プラグ「オルガリップレス」の水中映像をドドンと紹介
ショアーズ ピットスティックの水中アクションを動画で観察しちゃおう


2016_04100019 (1)

ジップベイツさんとこのフィールドスタッフを務める早田さんのブログに、メバルのトッププラグのフッキング率をアップさせる裏技が公開されているのでご紹介です。
メバルのトップゲームではアタックしてくるけれど、イマイチ乗りが良くないってことが結構あります。
勢い余ってプラグが水面から吹っ飛ぶこともあったりして、それはそれで微笑ましく楽しい光景ですが、やっぱりトップに反応してくるヤツはキャッチしたいってのがアングラー。
あのもどかしさを克服するためにプラグサイズを変えてみたり、フックサイズを変更したり、なかにはウェイトチューンを施してみたって人もいらっしゃると思うんですな。
しかし今回ご案内する方法は、それらとちょいと違った発想のオリジナルチューン。
「いろいろやってみたけれど、結局あんまり変わらんのよね」って方はチャレンジしてみてくださいな。
記事中に紹介されているのはフェイキードッグCB用のチューンなので、ほかのプラグで試す際はそれらに合わせたチューニングが必要かと思うので、各自でいろいろ調整してみてくださいませ。
この方法を採用したら、なかなか乗らないメバルたちのアタックに、焦らされることが少なくなるかもしれませんよ~。


ジップベイツ(Zip Baits) ザブラ フェイキードッグ CB 496(シャンパンチャート)
by カエレバ
 

関連記事
トッププラグのチューンと釣りに大切な要素
トップウォーターメバリング新時代の幕開け
黒原流トップ&水面直下のメバルプラッギング


DSC07002

ヤマガブランクスさんのスタッフブログに、メバルのアミパターンにおけるプラグ操作のキモが書かれてるのでご紹介。
ここんとこ集中的にメバルプラッギングのアミパターンネタを扱っていますが、本日はそのキモの部分であるアクションの質についてです。
プラグ操作でよく使われる「トゥイッチ」ってのがありますね。
ロッドをチョンチョンってやって、プラグにアクションを与えるアレです。
アミパターン攻略でも「リトリーブ後にトゥイッチを2、3回入れてポーズ」ってのが良く出てきます。
しかしこの「トゥイッチ」ですが、実はその強さで釣果が変わってくるらしいんですね。
もしそれがホントであれば、これはちょいと無視できない事実。
「じゃあ具体的にどんな操作をすれば良いのか?」ってのが、プラグっ子としては知りたいところ。
その辺の力加減から釣れるアクション、そしてオススメのプラグや「なぜアミパターンにはプラグが有効なのか?」ってことまでも書かれてますんで、ジグ単で釣り悩んでいる方、「自分、プラグ使ってもちっとも釣れないんすけど…」って方に是非読んで頂きたいエントリーなのです。


スミス(SMITH LTD) ガンシップ 36F 04(クリアーグリッター)
by カエレバ
 
タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ オルガリップレス 14(クリアグローバック)

関連記事
「アミ、バチ、コイカ」のメバルゲームで使用するプラグ達をご紹介
常夜灯周辺のアミつき尺メバルの狙い方を岩崎林太郎が紹介
思い込みは排除してベイトの切り替わりを見極めパターンを見つけるプラグ術


link50_bn


以前コチラで紹介した34(サーティーフォー)さんとこ待望の小型プラグ「LNK 50」の製品ページがオープン
対メバル用として開発されたこのプラグは、リトリーブスピードによってアクションが変化するシンキングペンシル。
空気抵抗が少ない細身のボディーの採用で、2.7gというウェイトでも飛距離もバッチリなんだそうです。
詳しい解説は下に開発担当の大石さんの動画を貼っておきますんで、そちらでどんぞ。
また、「LINK 50」使った実釣動画を紹介したエントリーも関連記事に貼っておきますんで、興味ある方はご覧になってくださいませ。


【4月入荷予定/予約受付中】 (株)34 ゼログラ2 ダブルハンドル シマノS2用 ブラック/ゴールド
by カエレバ
【4月入荷予定/予約受付中】 (株)34 ゼログラ2 ダブルハンドル ダイワ用 ブラック/ゴールド

関連記事
デイメバリング実釣解説&LINK50を動画で徹底解説
【フィッシングショー速報】 ライトゲーマー注目の34(サーティーフォー)製品をドビャ!っと紹介
【フィッシングショー速報】横浜&大阪で開催された34のアジングセミナーを公開




aa916ad0


随分と前に「メバルにも良いかもよ」って感じで紹介したシマノさんのぶっ飛びプラグ「トライデント60S」ですが、海の声さんのブログにこのルアーを使ったメバリングの記事がアップされているのでご案内。
このようなルアーってのは手を出し難いもんですが、魚は状況さえマッチすれば口を使ってくれるもの。
とりあえず「使えそうかな?」と思ったらとにかく実戦投入してみて、少しでも手応えを感じたらウェイトチューンやフックチューンを施して使ってみましょう。
カスタムやチューニングもプラグの釣りの楽しみ。
自分なりのチューンで魚が釣れるようになったら気持ちが良いし、なによりも嬉しいもんです。
とにかく「面白そうだ!」って思ったら、自分の感覚を信じてチャレンジしてみてくださいな。
ハードルアーの釣りってやつは釣るだけでなく、「工夫することを楽しむ」って要素もあるんですな。
ちなみに海の声さんはコチラコチラのように日々工夫をこらしながら釣りを楽しんで居られるようですよん。


スポンサードリンク



シマノ(SHIMANO) エクスセンス トライデント 60S AR−C XL−260M 01T(ハデイワシ)
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

86i8wjmxs8xursug6f7p-06e8ae8a
先日コチラでアミパターンのメバルプラッギングを教えてくれた岩崎さんですが、今回はアミパターンから小魚へとベイトが変わる際の釣り方と、それを見極めるヒントを紹介してくれているのでプラグっ子のみんなにご案内。
世の中なんでも思い込みが強かったりするとよろしくないもので、そうと決めてしまったらその思考パターンからなかなか抜け出せないものです。
とくにお馴染みの釣り場で、毎年おなじシーズンのおなじパターンで何度も美味しい思いを繰り返していると、ついついそれに固執してしまいがち。
そのパターンが通用しないと感じた時点で頭を切り替えることができれば良いのですが、「この釣り方で間違ってないはず」という固定観念からおなじ釣り方で通してしまい「今日は魚がいなかった」という思い込みで納竿といったケースも考えられるワケです。
せっかく釣りに来たのだから、そんな残念な結果で楽しい時間を終わらせちゃうのはもったいない。
そうならないためにも今回のエントリーをしっかり読んで、春から初夏のメバリングを楽しんで頂きたいものです。
ボウズで帰りたくないアングラーさんは、是非チェックしてみてくださいな!

ダイワ(Daiwa) 月下美人 夜霧Z 42S−DR ネオンナイト
by カエレバ
 

関連記事
常夜灯周辺のアミつき尺メバルの狙い方を岩崎林太郎が紹介
りんたこさんのデカ眼張プラッキング動画
ちょいデカペンシルがやはりメバルに有効な件




SPM75inx001


以前コチラで紹介した動画に登場するぶっ飛びプラグ「S.P.M.75」。
今回はこのロングレンジメバルプラッギングを可能にする「S.P.M.75」と、お手頃なサイズ感の「S.P.M.55」にINX.Labelのプロダクトカラー【超色】が施されたスペシャルモデルの紹介です。
このスペシャルなS.P.M.の最大の特徴はメバルを釣り続けてきたレオンさんの経験と拘りを釣れ筋カラーにブレンドした特別なカラー。
どれも美しく艶やかで魅力的ですが決して見た目だけで終わることはなく、表現したいことや狙い、使い所がしっかりと秘められているんですな。
それぞれのカラーについての詳しい説明は、リンク先のページに動画がありますんでそちらを是非。
また実釣動画も掲載されてますんで、その実力をチェックしたい方は合わせてご覧ください。

そしてもうひとつのお知らせは、あなたのプラグを触れたら刺さる「鬼掛け仕様」に変身させる「鬼掛けフックキット」
こちらは鋭いフックポイントと細軸のがまかつさんの渓流フック「トレブル17」を、お得なボーナスパックにしちゃった素晴らしいアイテム。
僕も現在メバル用のプラグはデフォルトフックが使い物にならなくなった際、随時渓流フックに変えてバーブレスにして使ってますが、その刺さり具合はピカイチです。
INX.Labelでは今後トレブルフックのラインナップを増やしていくそうなので、プラグファンは注目。
ちなみにこのフックも実釣動画で紹介されています。
さらにおなじカテゴリーで紹介されているデコイさんのスプリットリングも、プラグマニアも納得の逸品なんで、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

ライトゲームアカデミー [ 加来匠 ]
by カエレバ
 

関連記事
一部のコアアングラーにシークレットとされてきた最終兵器がオリカラを纏って登場
メバリングプラグは小さい方が良いって思い込みは捨てちゃおう
デカメバルはデカプラグで釣ってみようぜってお話



【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]