Saturday, February 6, 2016


アングリングソルト連動動画に、河口でのアジの攻略動画がアップされているのでご案内。
当サイトの立ち上げ当初から見てくれているアングラーさんならば既にご存知とは思いますが、実は河口部ってのは美味しいポイントで、アジやメバルなどが良く釣れてライバルが少ない穴場的スポット。
今回はそんな穴場でのアジングを、ブリーデンのフィールドスタッフであるKAKKYさんが解説にしてくれちゃう、ありがたい動画の紹介でやんす。
人口密度の高いメジャースポットに疲れた方は是非。



関連記事
防波堤や地磯、サーフでもない河口という選択肢
実は美味しい「小場所ランガン」という選択肢








※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングやメバリングで避けて通ることができないもののひとつに、カラーってのがあります。
ホントこのカラーってやつは良くも悪くもアングラーを悩ませる存在でして、いったいどんな色を選べば良いのか迷ってしまいますよね?
僕も一時期は大きめなワームケースを2つも持ち歩き、カラフルなケースを眺めつつ、付けては投げを繰り返し、いったい何が良いのかが分からなくなって途方にくれるというような釣りをしていました(笑)
今ではカラーにこだわるのをやめて自分なりのメインカラーを決め、あとはその日のフィーリングでカラーチェンジをしていくというスタイルに落ち着きました。
それでもやはり迷う時もあるので、今回紹介する松浦さんとこのブログ記事みたいなのは、正直助かるんであります。
ローテーションに悩んでいる方は、参考にされてくださいな。


関連記事
カラー選択でシルエットを調節するという考え方
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


今回紹介するテクニックはレバーブレーキ付きのリールを使ったこのなんで、はじめにご了承くださいませ。
基本的に僕もレバーブレーキ付きのリールってのはいじったことがなくて、馴染みがないリールなんですが、メバルタックル&ワームでスズキを狙うことに至上の喜びを感じている釣友はレバーブレーキで楽しんでいました。
んで、このレバーブレーキにしかできない美味しい技を紹介しているのが今回の動画。
U字ターンの美味しい部分を繰り返し行えるというこの技は、レバーブレーキ愛用者なら知っておくべきテクニックだと思うんですな。
もちろん、ライトゲームに応用できるテクなのです。




関連記事
流れに同調&ステイさせるレベルワインドを解説
最終テストとレバーブレーキで狙うキジハタ
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


フィッシングショー大阪2014のラパラブースで行われたセミナーの模様を、じょーじさんがアップしてくれているのでご案内です。
メバリングの中でもついつい声が出てしまう釣りといえばトップゲーム。
トップに出るけどなかなか乗らないのがもどかしく、時間を忘れて熱くなっちゃう、そんな魅力がトップメバルにはありますよね?
今回は小さな水面炸裂ゲームの楽しみ方を伝授してくれる、じょーじさんのセミナー動画をどんぞ。




関連記事
フックチューンでペンシルの浮き姿勢を調節する
五目ポッパー&ペンシルの違いと使い分けを伝授
ラパラの新製品紹介動画の第二弾を紹介




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー
 







 


ソルトベイトフィネスって言葉を目にするようになって、まだそれほど月日は経っていないような気がします。
それでも新しい釣りを日々開拓&追求しているアングラーさんによって、ソルトシーンでもジワジワと浸透してきているという印象を受けます。
海のルアーフィッシングの世界ではまだまだ歴史の浅いスタイルで、聞いたことがあるけど実際はどんなものか詳しく知らないって方もいらっしゃるかと思います。
とりあえず、「そもそもベイトフィネスって何よ?」って方に見てもらいたいレオンさんのエントリーをご紹介。
ソルトではまだまだ認知度の低い、ベイトフィネスの基本を知りたいアングラーさんは参考にされてくださいませ。


関連記事
ミニマル専用ケースとベイトフィネスタックル
黒原流ベイトアジングの楽しみ方を動画で紹介
34がソルト用ベイトロッドを開発中
アジング&メバリングをベイトフィネスで楽しむ



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ピュアフィッシングジャパンのフィールドスタッフを務める藤田元樹さんが、流れのあるエリアで効果的な釣法「レベルワインド」をアンソル動画で伝授。
一般的なワインド釣法は勢い良くワームをダートさせリアクションを狙う釣りですが、今回のレベルワインドはそれとはちょいと趣向が違うテクニカルな釣り方。
リグを流れに乗せつつ魚の居るレンジを探り出し、そのレンジに少しでも長くリグをキープ&ステイさせるためにツンツンと軽くダートさせるというテクニック。
緩やかにフォールさせるような釣りには、やはりシュラッグミノーがピッタリのようですな。



関連記事
シュラッグミノーの泳ぎっぷりを動画でチェック
レオンさんがブレーキワインドを解説&伝授
 





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


なんかジグヘッドが飛ばない時、ティップを見て思わず出ちゃう「あ…」。
ワクワクして投げる一投目に気がつく、虚しい「あ…」 。
リールを巻く手元に目を移した時、思わず溜息と共に漏れる「あ…」。
これら全ては初心者から上級者まで、全てのアングラーさんが度々経験する ありがちなライントラブル。
ティップの先端にくるりとラインがまとわりついていたり、ベールにラインを通し忘れていたり、スプールからラインが飛び出ていたり…。
とくに3番目のトラブルは厄介で、僕もこの状況に何度泣かされたかわかりません。
釣りを始めたばかりのビギナーさんがこのスプールの巻き乱れに見舞われると、戦意を喪失しヤル気をなくしてしまうのでご用心。
未然に防ぐにはラインローラーにラインをしっかりと通し、テンションが掛かった状態で巻き取ることです。
ライトリグを扱う時は常に上記を意識して、クセをつけましょう。


ってなワケで、今回は34フィールドガイドの米本さんとこのブログから
初心者へ送る『困ったときは!』①
初心者へ送る『困ったときは!』②
初心者へ送る『困ったときは!』③
の3つエントリーをご紹介です。

これを覚えておけば、釣り場でイライラすることはなくなりますよん。

関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法
知ってるとイラッとしないリールに関する小技





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

寒くなると熱くなる釣りの代表格といえばメバルでして、この時期でも防寒着のフル装備で夜な夜な出掛ける方も多いかと存じます。
んで、ボトムなんかを狙っているとたまに顔を見せてくれるのが、カサゴやソイなんかの根魚族のお友達で、今回はそんなロックなお魚をメタルジグで楽しもうってお題目なんであります。
僕らライトゲーマーは根魚を狙うとなると大抵の場合ワームがメインで、テキサスリグやジグヘッドを駆使したゲームを組み立てますよね?
今回はそこをあえて小型のメタルジグを使ってロックを楽しんでおられる、アピアフィールドスタッフの内田さんのエントリーをご紹介。
釣り方を含め、どんなメリットがあるのか興味がある方は、ご覧になってくださいませ。


関連記事
投げて巻くだけのメタルジグ「青龍mini」が登場
メバジギ名手の必殺技・ツーチョンメソッドとは
ソルトにも良さげなバス用ジグ「コライダー」
ハードに攻める「ハードロックフィッシング」





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



34スタッフブログにてインストラクターの大石さんが、アジのつき場について書かれているのでご案内です。
ターゲットの活性が高かったり、ハイシーズンを迎えている場合、最初の1匹を手にするまでそれほど長い時間は掛かりません。
しかし、最盛期も過ぎた頃になってくると群れも数も少なくなり、魚の居所を突き止めるまでが一苦労です。
もちろんそんな釣りも楽しくないワケではないですが、意外と修行のような釣りになっちゃいますよね。
今回はそんな時にまず、狙うべき場所はどこなのかを教えてくれますよん。


関連記事
移動するか?粘るか?の悩みどころの判断基準
アジングにおける「レンジとフィネス」の考え方





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

レオンさんのブログに、デイメバリングで役に立つヒントがちりばめられたエントリーがアップされているのでご紹介。
メバリングという釣りがライトゲームの定番となって久しいですが、未だにナイトゲームがメインで、寒い時期の魚というイメージがあるようで少々もったいなく思います。
もちろん地域差ってのもあり、僕のフィールドである山口県が恵まれているってのも大きいと思いますが、条件さえ揃えば8月初旬のデイゲームでも20cmそこそこのメバルが釣れるのも事実です。
んで、レオンさんのエントリーですがデイのワインドで尺モノをゲットされていて非常に羨ましいですな。
ブログの釣行記はボートゲームですが、だからと言って陸からの釣りが成立しないかと言えば答えはNO。
陸っぱりでもポイントを開拓する気持ちさえあれば、魚影の濃い場所や、スレてない個体がいる場所ってのはまだまだあります。
逆にこれからそのようなポイントを持っているか持っていなかで、幸せなフィッシングライフを 送れるかが決まってくると思うんですね。
ちょいと脱線しましたが、ワインド釣法のキモとメバルの捕食行動を良く理解して挑めば昼夜問わず楽しい釣りができるということなんですな。


関連記事
シュラッグミノーの泳ぎっぷりを動画でチェック
メタルマル&シュラッグミノーでデイを楽しむ
レオンさんがブレーキワインドを解説&伝授





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

アジングやメバリングのジグヘッド単体での釣りで大切な要素にレンジキープがあるのは皆さんご存知の通り。
しかし、本当に一定のレンジをキープしつつ足元まで引けてますか? ってゆうのが今回話題でして、僕もこちらの34スタッフブログを読むまでスッポリと忘れていたワケでございます(笑)
それとコチラのエントリーも、「そう言われてみればそんなこともあるかも…」って思ったのでピックアップでございます。
ちょっとしたことですが、これらの積み重ねが釣果アップにつながっていくんですな。
ビギナーさんから中級者な方はご覧くださいませ。

関連記事
移動するか?粘るか?の悩みどころの判断基準
「L字釣法? なにそれ?」って方はコチラ
アジングにおけるナイロンリーダーの利点とは
レンジキープ力に優れたジグヘッドを動画で紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


僕はまったくこの釣りをやったことがないうえに、やっている人も知らないので、なんともコメントし難いんですが、ライトタックルで楽しめる釣りのようなんでピックアップしてみました。
動画では基本的な操作法のほかに、フォールやトゥイッチなどを織り交ぜた ロッドワークを紹介。
ターゲットが小型のイカと言えど、思いのほかテクニカルな 釣りだということに、気付かされた次第です。
このイカが釣れるエリアの方で、まだ釣ったことがない方はチャレンジしてみては如何でしょうか?




関連記事
圧巻!伸され上等の超絶巨イカゲームに興奮!
アジ&メバルタックルで楽しむデイのスルメ
ライト的 スルメイカ プラッキングのすすめ





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アルカジックジャパンのオフィシャル動画に、同社のブランドビルダーである黒原さん木下さんが出演するアジングムービーがアップされています。
この動画は前編と後編に分かれていて、前編がパターンを見つけるまでの過程を紹介した「パターン探求編」で、後編がパターンを見つけ出し重量級ジグヘッドで入れ食いモードに突入する、「パターン確立編」となっています。
アジングでジグヘッド単体の釣りとなると1g以下が主流となっていますが、2g以上のジグヘッドでもボコボコに釣れるシチュエーションもあるので、是非この動画を観て実釣に役立ててくださいな。




関連記事
黒原祐一 直伝! アジング ステップフォール
アルカジック 黒原祐一&木下彰のFSセミナー




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングしてもメバリングにしても、意外と苦戦するのが水面直下でアミ系を捕食しているシチュエーション。
極軽量のリグを使わなければならないし、少しでもレンジが外れると反応しなくなるので非常に厄介ですな。
でも、そこを攻略するのがこの表層ゲームの面白いところでもあり、醍醐味なんであります。
ってなワケで今回は、水面直下の攻略法とドシャローポイントでの注意点を綴った家邊さんブログをご案内です。

関連記事
家邊さんが表層アジングと新作ロッドを紹介
家邊さんがプロトロッドと表層アジングを紹介
家邊克己の表層テク&デイアジング攻略
意外と反応しない表層ライズの仕組みと攻略





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ポッキンさんとこのブログに新技が公開されているので、ワーム大好きっ子のみんなにご案内です。
今回アップされているのは、以前コチラで紹介した ワームの刺し方によるチューニング方法「リップス」のバルキースクリューバージョン。
スクリューテールグラブを使ったものよりも波動が大きくなり、そのアクションはエビや小魚チックになるんだとか。
リトリーブだけでなくダートさせてもOKということなんで、流行りのワインド釣法にも使えますな。
ツンツンとダートさせて、フォールでプルプルってのが良いかも。
ほかのワームでも、いろいろと試してみるのも楽しいかと。


関連記事
「メバリング・ジグヘッド・ワッキ-」Java釣法

この発想はなかった! ワームのダブル装備リグ
34 ワームのスイム動画とセッティング法を紹介
コジレイ流ワームセッティングに注目
簡刺しワームの可変レングスシステムとアミーゴ



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


34なアングラーさんたちのブログや動画でよく使われるのが、「L字で~」とか「L字釣法で~」という解説。
そもそもこの「L字釣法」 を知らない人にとっては、せっかく説明しても「何それ?」ってことになります。
それはそれで、なんとなくもったいなく思うし、実は僕自身「どんなんだっけ?」 って思ってたんですな(笑)
んで、日本で15番目位に使えるかもしれない釣り情報サイト「眼張鯵 メバラージ」ってとこで調べたら 、過去にコチラが紹介されていました。
ってなわけで今回は、「L字釣法」の勘所を教えてくれている34スタッフのりゅうさんのエントリーをご紹介。
「L字やってけど、釣れないんですけど…」 って方も是非ご覧くださいませ。


関連記事
ドリフト&追従フォールで流れにつくアジを攻略
「疑わしきは、全て合わせる」という極意
疑わしきを全て合わせてから分かるもの






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログのエントリーにハッとさせられちゃったので、ピックアップさせて頂きました。
慣れってのは恐ろしいもんで、ずっとおなじことをしているとそれが当たり前になり、いつしかそれを疑ったり疑問に思うことすらなくなって、それが正しい方法であると思うようになってしまうんですね。
釣りの世界でもそのような傾向がありまして、「この釣りには、このルアーとこの道具」とか、「あの魚はあんな場所に居るから、この場所では釣れない」、「魚影が濃い場所だから成立する釣りなんじゃないの?」等々。
やってみる前から結論を出してしまうのはすごくもったいないことで、実はその先にあるかも知れない楽しみを、自ら放棄してしまっている 非常に残念な思考なんですな。
実は僕がバス用やトラウト用のルアーなんかを紹介するのも、そー言った理由からなんですね。ワクワクすることがないと面白くないんです。

んで、話を元に戻して、レオンさんブログの「虫餌ワーム!?」に登場する「Gulp! ムシエサワーム」
実はこれ、リリースされる前に知っていたんですが、そのネーミングだけ見て確認せずにスルーしてしまったワームなんです。そして本日、レオンさんの記事を読んで激しく後悔するとともに、自分の凝り固まった頭に少々嫌気がさしちゃった次第です。決めつけるってのは良くないことです…。
そして、もうひとつの 「カサゴプラッキング」では、カサゴ=ワームという固定観念が、いかにロックフィッシュゲームの可能性と楽しみをなくしているかってのが理解できるエントリーです。
まず、思いついたらアレコレ考えずにとりあえずやってみること 。
そーやって新たなターゲットや釣り方が生まれるんですな。


【ワーム】 バークレー ガルプ SW ムシエサワーム 37mm BY レッド 【ソルトウォーター・アジ用】
by カエレバ

関連記事
独創的なGulp!とミニマルによるライトゲーム
遊び心満載な小型ルアーのプラッキング動画




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アングリングソルトの動画で家邊さんが、表層アジングと34の新作ロッドの紹介をしています。
動画タイトル「でかアジは表層を釣れ!」ってのは、あくまでもアジが表層を意識している、または表層付近に居るってシチュエーション限定でのことでありまして、「大型のアジは表層に居るので、表層を狙えばいつも大型が釣れる!」って事ではないので、ビギナーさんは勘違いなさらぬように。
動画中で紹介されているロッドは、以前コチラコチラでピックアップした「アドバンスメント FPR-57」「アドバンスメント PSR-66」の2本でございます。
新作ロッドが気になっている方は、チェックしてみてくださいませ。



関連記事
家邊さんがプロトロッドと表層アジングを紹介
家邊克己の表層テク&デイアジング攻略
意外と反応しない表層ライズの仕組みと攻略





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アングリングソルト連動動画にポッキンさんのアコウ攻略メソッドがアップされているので、ご紹介。
今回の攻略法はアジ等の魚を意識しているアコウに的を絞ったもので、シンプルにジグヘッドとワームだけで棲家を直撃するというもの。
なぜテキサスリグではなく、ジグヘッド単体なのかを知りたい方は是非。
ちなみに動画の後半は、ポッキンさんがアジングに愛用しているリールのお話でやんす。



関連記事
ポッキンさんが伝授するキジハタ新メソッド・AH
ポッキンさんが教える幻ハンティングの時合い
アコウのメバルパターンに効くシャッド系ワーム






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログに、Beバイブを使ったアジングの話題がアップされているのご案内。
アジングと言えば、ついワームオンリーの釣りをしてしまいがちですが、ハードルアーを使った釣りも成立するもの。
今回はメタルバイブを使ったアジングをレオンさん主演の動画で紹介。
ワームの効果が感じられない時に投入すると意外とハマる ようで、入れ食いモードに突入したメタルバイブアジングの威力をご覧ください。
実釣映像だけでなく、釣りに関する解説も収録されてますんで、ビギナーさんもどんぞ。
しかし、レオンさんは楽しそうに釣りをしますなぁ。







関連記事
お子様も楽しめるメタルバイブアジングのすすめ
サミーさんのアジング&神経絞め講座ムービー
ポッキンさんプロデュースのメタルバイブが発売
「セイゴ最強」を名乗るインスタビーター55H





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]