Monday, June 25, 2018

アングリングソルト動画より、レオンさんのボトムワインド実釣動画の紹介です。
ボトムワインドと言えば去年あたりから注目されいるメバリングメソッド。実際試してみて、その威力に目をむいた方も居らっしゃるかと思います。もちろん全ての条件下において有効なメソッドではないんですが、ボトムに潜むメバルに効く技のひとつであることは間違いなし。今回は5gというヘビーなジグヘッドを使ってのディープゾーン攻略の模様をバッチリと収録。PEとフロロのラインの違い等、いくつかのキモを抑えつつ、この釣りの魅力と釣り方を分かりやすく解説 。場所によっては梅雨明け直前までメバルが釣れる地域もあるので、まだまだ試してみる価値アリな釣り方ですよ~。



関連記事
ボトムワインド特集
ベイト研究
デイのベイトフィネス+ワインドが楽しそう




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



ルアーフィッシングのビギナーの前に立ちはだかる難問のひとつに、メインラインとリーダーを結ぶノットがあります。僕も始めたばかりの頃に、本や雑誌の記事を前に何度も何度も練習した思い出があります。対象魚が小型~中型の魚であるので、大物用のノットは今でも知りませんが、なかでも一番苦労したのがFGノットでした。多少面倒な部分もありますが覚えてしまえばなんてこと無い超実用的なノット。しかし、今だに編みこみがキレイにいかないこともしばしばあって、そんな時は自分で結んでおきながら内心ヒヤヒヤしています…(笑) そこで今回は編み込みが確実に行える方法をオーシャンルーラーの金丸さんが伝授。編み込みに自信が持てないアングラーさん&FGビギナー必見の内容となっています。ちなみにこの動画は、エギングがメインなんで編みこみ回数が多めです。 アジング&メバリングなら6回~10回未満でOKかと思いますよん。






関連記事
超簡単!超速FGノットの編み込み法を伝授!!
PEのラインシステムの回収率についての考察




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



34代表の家邊さんがアジの着き場を見つけるためのポイントを書かれているのでご紹介。
アジが最も多く捕食していると考えられる「アミ」。実はこのベイトが厄介なヤツで軽くて小さいもんだから、風に流され潮流に揉まれ、あっちこっちに流されて行くんですな。そんな事情でレンジや居場所なんかもいろいろ変わってきちゃうワケで、慣れないうちはそれに翻弄され「今日は魚が居ないね」なんて事になりかねません。そんなもったいない状況に陥らないためにも、今回ご紹介する家邊さんの記事に目を通しておきましょう。とくにアジングを始めたい&始めたばかりのビギナーさんに読んで頂きたい内容なんですな。はじめは難しくて理解できなくても、流れを感じることに意識を集中してみてください。そこから道が開けるはずです。
考えるんじゃない、感じるんだ!



スポンサードリンク

スポンサードリンク


ポッキンさんとこのブログでティーザー(音や泡を出して魚の興味をひきつける役目をするモノ)を使用するメバリングが紹介されているのでご報告。
トップ系プラグを使用して活性を上げて釣る方法は以前コチラでもお伝えしています。が、今回は新たに発見したことがあったようで、その報告が書かれています。魚を釣るためのルアーですが、活性を上げる目的のためだけに使用される場合もあるんですな。
そう言えばレオンさんのDVDでもメバルの活性を上げるために、投げては巻きを繰り返すたシーンがあった気も。またどこかのブログではメバリングではありませんが、朝マズメのタチウオ狙いにジャンケンで負けた人が、ひたすらポッパーを投げ続け活性を上げるってのを読んだ記憶があります。どうにも渋い時の秘策として覚えておいて損のないテクニックかもしれませんね!


関連サイト
ヘドン

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

ポッキンさんとこのブログに新リグ「トルネードアンダー」の紹介がアップされているのでご報告。

動画がアップされていたのは知っていたんですが、その使い方や釣り方が紹介されていなかったのでスルーしちゃってました。すいません。おそらくアングリングソルトの誌面には詳しく載っているかと思うので、釣り方等を知りたい方はソチラをご覧下さい。どうやらこの「トルネードアンダー」というリグはポッキンさん考案の「PDシステム」の進化バージョンのようで、改良が加えられたスゴイ仕掛けのようです。また動画内では藻場を攻める「スプリットパンチャー」というリグもちょこっと紹介されているので興味の有る方は是非。


関連記事

ポッキンさん関係の記事はコチラ

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

以前コチラで紹介した岩崎林太郎さんが考案したメバルリグ「タコリグ」。その実釣シーンを収録したアングリングソルト動画がアップされているのでご紹介。今回の動画は、通常のフロート系リグよりも長さのあるタコリグのキャスト法や、操作する上での注意点が解説されています。また「誰が使っても簡単に釣れる!」と言うだけあって、投げて巻くだけでソコソコのサイズが釣れてしまう様子は圧巻。ここんとこフロート系のリグで美味しい思いをしている方々をネットでちょこちょこ見かけます。ちょっとリグるのが面倒ですが、やっぱり基本的に「釣れる」仕掛けなんですなぁ。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



アングリングソルトの動画からレオンさんのメバリング動画の紹介です。
今回の動画はワインド編とプラッキング編に分かれていて、それぞれのテクニックの重要ポイントが分かりやす解説されています。ワインド編ではデイゲームとナイトゲームでの操作の違いや、ボトム付近でのワインドのキモを紹介。プラッキング編ではロケ当日の状況からサブサーフェスの釣りがメイン。いわゆるアミパターンでのプラグの釣りを解説、クリアとラメの効いたルアーの有効性がわかります。動画の後半ではメバリングの魅力についてと、撮影時のパターンを説明しています。どちらもメバリングを味わい尽くすために、覚えておいて損のないテクニックですよ~!




スポンサードリンク

スポンサードリンク



アングリングソルトの動画から、じょーじ山本さんのメバリング解説動画の紹介です。
前半はシャローエリアでのプラッキングや、魚の付き場についての説明がメインになっています。なかでも興味深かったのが、魚を釣るにはまず「明かりありきなのか、潮通しありきなのか」というお話。ここら辺にメバリングやアジングの釣果を左右するキーポイントがあるんですな。後半はテトラ帯での実釣の様子を収録。テトラポットの足元やシェード部分、またその周辺のグッドサイズを狙っています。

スポンサードリンク




スポンサードリンク

スポンサードリンク

この時期のメバリングはプラグでの釣果が抜群に良いようで、各地ではプラッキングで美味しい思いをしている方多数って感じのようですね。その理由はいろいろあるようでして、ひとつの要因としてはベイトの存在があげられます。ひとくちにベイトといっても小魚系もあれば子イカもいる、エビ系もいれば、アミだっているワケです。メバルプラッキングのキモはその辺で、捕食しているベイトの形やサイズをあわせるだけでなく、捕食しているシチュエーションまでマッチさせなきゃならない時もあるみたいなんですな。そこが面白難しく、この釣りにハマり込む原因でもあるんですね。んで、今回紹介するのはゴールデンミーンのテスターを務める加地さんとこのブログでして、バチを捕食しているメバルをシンキングペンシルで攻略しちゃおうってお話です。紹介されているテクニックはメバルのみならず、スズキにも効果的なんでバチ抜けシーズンなんかにも試してみてくださいな~。
あんまり関係ない話ですが、南国サモアの人たちにとっては年に一度のご馳走だそうですよ。
チャレンジャーは是非(笑)


●エバーグリーン EVERGREEN コルセア65 (シンキング) 【メール便配送可】 【ts05】
by カエレバ

関連記事
加地武郎が伝授する磯の尺メバルタクティクス




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

ライトゲームの発信地と言っても過言ではない広島。そんなアジングやメバリングが盛んな地域の釣りウマたちのブログに度々登場するメタルジグの達人「岩佐さん」。実はこの方コチラでオリジナルのメタルジグを製作販売しておられる方で、メタルジグオンリーでメバルをボコボコ釣ってしまうほどの腕の持ち主。僕はメタル系の釣りってヤツは大の苦手で、全く手を出すことはないんですね。しかし、今年はちょっと興味が湧いてきて手を出してみようかと思っています。んで、以前より「岩佐さんってどんな釣り方してるんだろう?」と思っていたのですが、なかなか釣り方に関する記事を見つけられなかったんですね。そこでようやく「ツーチョンメソッド」なる釣り方が載っているアングルの特集記事を発見できたので、皆さんにもご紹介です。
と、思ったらコチラの記事内でりゅうさんが紹介されていましたね(笑)
なかなか楽しい記事ですので、合わせてご覧下さいませ。
※画像は岩佐さんのブログからお借りしています。

スポンサードリンク



【ブリス】海楽疑似餌 メバジーFW 2g/4g[ネコポス:3]
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


メバルロッドなどのライトロッドで楽しめる釣りの中でも、結構なファイトで楽しませてくれるターゲットとして「ヒラセイゴ」が居ます。僕の住む瀬戸内ではお目にかかれない魚なんで、たまに日本海方面まで釣りに行きますが、コレが思うように釣れません(笑)  ガッツリと通える距離ならば攻略法を見出すことが出来るのかもしれませんが、往復で200kmです。薄給の僕ちゃんにはムリです。そんな瀬戸内アングラー憧れのヒラセイゴ。釣って良し、食べて良しの「ギンギラギンにさりげない」あんちくしょうをゲットするためのハウツーが綴られている健太郎さんとこのブログをご紹介でございます。ヒラセイゴだけでなくメバルにも効くお話も書かれているので、メバルプラッガーも必見ですぞ~!
「セイゴ」だからと言って、ナメちゃあかんターゲットなんですな。
レオンさんとこのブログでも 紹介されてますんで、合わせて読むと釣果倍増!?

ヒラセイゴ その1
ヒラセイゴ その2



スポンサードリンク

スポンサードリンク

実釣に役立つテクニックをマメに発信してくれる34スタッフブログ。今回もまたアジングに効くテクニックを、分かりやすい解説図付きで説明されているのでご紹介。
基本的にアジはフォールに反応するケースが多いのは皆さん御存知の通り。本日紹介するテクニックもその性質を利用したモノで、アクション後のどの部分でアジがバイトしてくるのかが書かれています。アジングを始めたばかりの方は、どこでどんなアクション入れ、どのようなロッド操作をしたら良いのかが理解できることと思います。もちろんココに書かれている方法はほんの一例に過ぎないので、この方法に慣れてきたら自分なりのアレンジを加え、パターンを見つけていくのも楽しみのひとつ。あとはフィールドに繰り出して、自分なりの引き出しを増やしていってくださいませ。
以下の関連記事と合わせて読めばキャッチ率アップですよん。


関連記事
金丸流「フォール中に確実にバイトをとるコツ」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

アジングをやっているとテンションを掛けたフォールには反応せずに、フリーフォールにのみ反応する場面に出くわすことがあります。そんなパターンってのはビギナーでなくとも苦戦を強いられることが多く、わかっていてもなかなかバイトが取れないものですよね? それはそれで、もどかしくも楽しい釣りなんですが、釣り師としては感じたバイトは掛けたいもの。そんな状況下でヒット率を格段に上昇させるロッドワークを、オーシャルンルーラーインストラクターの金丸竜児さんが動画で伝授。似たような状況下でのアタリの取り方にコチラの方法もありますが、ジグヘッドの沈下スピードを心得ていないと難しいちょっと上級編。なのでビギナーさんには金丸流がオススメなんです。
1:15あたりからが本題なので、せっかちなお友達はそこからどうぞ。





関連サイト
アジングで流行中「キャロライナリグの基本操作方法」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



山口&広島あたりの瀬戸内エリアはメバルを釣るのにはすごく恵まれている場所でして、シーズンになれば昼夜問わず釣れてしまうというパラダイスのようなところ。実は夏でも釣行が可能で、本当に暑い真夏以外ならば時と場所さえ選べば結果が出せるポイントも存在するんです。んで、その条件のひとつってのが「流れ」の存在。コレが極めて重要な要素でして、あるとないとじゃ釣果に雲泥の差がついてしまいます。いまだにナイトゲームや寒い時期のターゲットってイメージが強い魚ですが、その時期、その時間帯だけ釣ってるだけじゃもったいないと思うんですな。そんなワケで今回は34スタッフブログから「デイめばゲーム」をピックアップです。
ちなみに僕はジグヘッド単体で、潮上にキャストして流れに乗せて釣るのが大好物です。 ワインドも効果的!

関連記事
SHIMANO TV サイズに興奮 ! 東西メバルゲーム

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

あくまでも個人的な考えですが、釣りというものは剣道や柔道など「道」がつくものに通じる部分が多々あると思うんです。
師から弟子に先輩から後輩に、ベテランからビギナーへと受け継がれるべきもの、技術と共に心のあり方を学び、大きな自然のサイクルから教えをこうものだと思っています。
いわば「釣道」ですね。
釣りは「釣ること」だけが釣りじゃないって考えてるんです。
あくまでも僕は。
しっかりとマナーを学び、技術を磨き、魚の生態から自然界のサイクルや環境を学ぶ。そんな素敵な文化だと思うんですね。
海外では立派なスポーツとしてひとつのジャンルを確立していることからも、その辺がうかがえるかと。
常々そんなことを考えていると「リリースについて」のデリケートで非常に難しい話に発展しちゃったりもします。
そこで本題、以上のことについての考えのヒントが綴られた素晴らしいエントリーをオガケンこと小川健太郎さんが書かれているのでご紹介。
万人が納得する正解を求めるからややこしくなるんだな~って、正解は考えてる人の数だけ存在するし、それで良いじゃん!って僕は感じました。
今回は釣るという技術的な話題ではなく、「釣りをすること」という話題をチョイスしてみました。

小川日記(完全版) 皆様へ:釣りで伝えたかったこと

小川日記(完全版) 皆様へ:釣りで伝えたかったこと 最終話


それともうひとつ。
以下はテスターやモニターを目指す人、目指そうとしている人は必読です。

1★テスターに求められるもの、のコツ その1

2★テスターに求められるもの、のコツ その2

3★テスターに求められるもの、のコツ その3

4★テスターに求められるもの、のコツ その4

5★テスターに求められるもの、のコツ その5

関連記事
全てのアングラーが心に刻むべきこと

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

本当に厳しい寒さが続いた今年の冬。ようやく春らしい雨が降り、気温も若干上がって来ましたね! こうなってくると気になってくるのがメバルの動向。個人的に産卵シーズンと厳冬期はメバルのオフシーズンと決めているので、ウズウズとしているところです。そんな折、これまた刺激的なプラグのお話がレオンさんとこのブログで紹介されているから堪りませんね(笑) たくさんのアイテム達が登場しますが、チューニングが施されているものがあったり、こんな使い方もアリなんだ!ってのもあったりと、見ているだけで楽しくなっちゃいます。たくさんのヒントが散りばめられた記事ですので、どっぷりメバリングにハマりたい方は必読ですよ~!
そうそう、「アジングアカデミー2」も発売なんですね~♪


関連記事
レオンさん関連の記事はコチラ





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

当サイトに来て頂いてる方のなかでも、スズキやクロダイ、フラット系や青物系を楽しんでいる人も多いかと思います。
最近ではライトゲーム専用のフィッシュグリップなんかも発売されていて、活用されているアングラーさんも居らっしゃることでしょう。今回はそんなフィッシングシーンに欠かすことができなくなってきた「フィッシュグリップ」のお話。実は以前からフィッシュグリップにぶら下げられた魚へのダメージが気になっていたんです。全体重がグリップに掴まれている1点に集中し、しかもバタバタと暴れるワケですから…。その辺の疑問点から魚へ与えるダメージ、グリップを扱う上での注意点をタックルハウス二宮さんが解説されています。
是非、リリースする際の参考にしてくださいね!
あと、最近ライトゲームで流行りの「メゴチばさみ系アイテム」で掴んだ魚へのダメージって、一体どうなんだろう?って疑問もあるんですが…。
どなたかご存知の方が居らっしゃったら、教えてください。


関連サイト
リクエスト…続リリース方法の確立を願って



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

34スタッフブログに同社のインストラクターを務める矢野徹さんが興味深い記事を書かれているのでご紹介。
記事中には「吸い込みやすく吐き出し難い」ダイヤモンドヘッドがメインに書かれていますが、アジのバイトの出方についての解説はなかなか面白く参考になります。「コンッ」っというバイトと、「モワ~」っとしたバイトの違いなんかを知っていると現場でも対処できて、キャッチ数もアップするかも知れませんね!
ビギナーさん~中級者の方は読んでおいて損はない内容かと思いますよ~。


スポンサードリンク


関連記事
偏食アジの悩ましいバイトとフック考察
アジの捕食の瞬間を集めてみました


スポンサードリンク

スポンサードリンク




大阪フィッシングショーで行われたブリーデンのセミナー動画がオフィシャルサイトに アップされているのは、すでに皆さんご存知かと思います。先日当サイトでお伝えしたのはメバリングやアジング、エギング界を代表するフィールドスタッフである「レオンさん」「サミーさん」「イカ先生」 のセミナーの動画情報。現在では新たに「ショア侍ジョーさん」、そして「アクターさん」「健太郎さん」の動画が追加アップされています。個人的に嬉しいのが健太郎さんのお話が聞けるというところ。右も左もわからない時からずっと、「めばるing」にはさんざんお世話になってきましたからね~! もちろん、今でも読ませて頂いておりますですよ!


関連記事
ブリーデン 2012 大阪FSセミナーが続々とアップ
2013 大阪FSのレオンさんセミナーを紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク



元祖メバリングワームと言っても過言ではない「スクリューテールグラブ」。メバルのルアーゲームを語るうえでは絶対外せない存在ですよね。そんなベーシックなワームも、ポッキンさんの手にかかれば最先端メソッドのアイテムに早変わり! 今回はちょっと風変わりなセッティングが特徴的なスクリューテール改造釣法「リップス」の紹介です。現場で即できる簡単お手軽チューンなんで、オススメですよん。
他にもちょっとしたテクも披露しているので、是非ご覧になられてくださいな。


関連記事
ポッキンさん関係はコチラ





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]