Friday, February 5, 2016


アルカジックさんとこのオフィシャル動画に、黒原祐一さんのアジング動画がアップされているのでご紹介。
今回紹介する動画は、スプリットショット使用した黒原さんのアジングテクニックのひとつである、「ステップフォール」を実際にアジを釣りつつ解説するというハウツーもの。
アクションやロッド操作、どのタイミングにバイトが集中するのかをじっくりと教えてくれているので、アジングテクを磨きたい方は必見ですよん。



関連記事
Ar.キャロ フリーシンカーを黒原祐一が解説
アルカジック 黒原祐一&木下彰のFSセミナー
黒原祐一がジグヘッド単体テクニックを解説



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ルアーフィッシングの初心者が遭遇するひとつの難関にリグの着底があります。僕も釣りを始めた頃、ルアーやリグがボトムに到達したのが全く分からず、非常に苦労した経験があります。
ルアーのボトムコンタクトが分からないと釣果に影響が出ますし、ルアーのロストというお財布をも直撃する悲劇に発展するので、着底を知るというのはルアーマンの必須事項。
今回紹介するりんたこさんとこのブログに、フォール時の着底を分かりやすくするテクニックがアップされているので、底を取るのが苦手って方は是非ご覧になってくださいませ。
ちなみに、超軽量ジグヘッドの底取りについてはコチラを。


関連記事
ビギナー必見! 動画で見るミノーのトゥイッチ
アジングで駆使される3種のフォールを解説



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


じょーじ山本さんが夏にピッタリのライトゲームを教えてくれる動画のご案内です。
夏のクロダイ&キビレゲームといえばトップウォーターですが、今回はちょいと趣向を変えてアイスジグ(ジギングラップ)を使ったリアクションゲームのご紹介。
クロダイやキビレの姿は確認できても、ポッパーにもペンシルにも反応しないってことは結構ありますよね? そんな時に試してみたいのがダートアクションを使ったリアクションの釣り。今まで見向きもしなかった魚がヒットするかもしれないので、切り札としてルアーケースに忍ばせといたら良いかも!
ちなみに動画の後半はボートシーバス&スキャッターラップの解説でやんす。




関連記事
クロダイ ワインドという新たな戦略と可能性
クロダイのフォーリングゲームのコツを伝授
ワームで狙う 初夏のキビレデイゲーム





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ポッキンさんが50UPのキジハタをゲットした新メソッド、「超スライドメソッド・AH」の解説動画がアップされています。
動画中にはリグのセッティング法やこのメソッドの説明、ロッドアクションが確認できるのでマスターしたい方は是非。
今が旬のキジハタゲーム、なかなか釣果に恵まれないって方は、関連記事も合わせて御覧くださいませ。



関連記事
ポッキンさんが教える幻ハンティングの時合い
アコウのメバルパターンに効くシャッド系ワーム
ポッキンさんアコウ必釣技「スイムキル」を紹介
辻本ナツ雄 キジハタ狙いのテキサスマニュアル
テンポ良く「幻」を引き摺り出すロックワインド!
マルチベイトを意識して狙う夏のキジハタゲーム
夏のキジハタ・シーズナル・ハイパーメソッド





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


以前、コチラコチラでお伝えした興奮度MAXのミニマルによるムラソイゲーム。今回はレオンさんがこの釣りの魅力をアンソル動画で丁寧に解説。
なぜワームではなくミニマルを使うのか? ムラソイの居場所は? 攻略する水深は? オススメのカラーは何色? などなど、ビギナーさんにも分かりやすく、バイトシーンも交えて教えてくれちゃいます。
また全国のミニマルフリークには嬉しい、現在開発中のミニマルのプロトの姿もチラッと紹介されているので、気になっちゃう感じの方はご覧くださいませ。


【ブリーデン】ミニマル50deep[メール便:3]
by カエレバ


関連記事
2013 大阪FSのレオンさんセミナーを紹介
レオンさん直伝 ミニマルのクロダイゲーム
根魚を魅了したminimaru65のユラユラアクション






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

金丸流 夏メバル攻略法を動画で解説

Posted by tomoshow On 7月 - 19 - 2013 ADD COMMENTS


アングリングソルトの動画から、金丸竜児さんの夏メバル攻略動画をご紹介。
メバルといえば晩秋あたりから春までってイメージが定着しているターゲットで、実際にその時期にしか釣りをしないという実にもったいない事をしちゃってるアングラーさんもたくさん居らっしゃると思います。
もちろん、地域差もあるとは思いますが7月くらいまでは釣れる魚で、水温が高くなく安定している場所さえ見つけられれば捕獲が可能。春先の頃とは比較にならないほどのファイターとなっていて、小さくてもパワフルな釣り味を楽しませてくれますよん。
それでは金丸流の夏のメバリングをご覧くださいませ。
っていうか梅雨時期にロケしているので、「梅雨メバル」 ですね。「夏」はちょっと言い過ぎ。



関連記事
季節外れとは言わせない 「夏メバル攻略動画」
夏のランカーメバル攻略指南の動画を紹介



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


一般にクロダイゲームと言えば、「トップウォーター」か「ボトムの釣り」を連想する場合が多く、各メディアで取り上げられるのもこの2パターンがメインってケースがほとんどのような気がします。
しかし、忘れてはいけないのがフォールが主体のフォーリングゲームでして、古くから親しまれている「落とし込み」や「ヘチ釣り」の流れをくむ王道のスタイルのルアーゲームです。
実はほんの一時期ですが僕もこの釣りを波止でやっていたことがありまして、気配を消して忍び寄り、静かにワームを落としこむ繊細でスリリングな釣りにドキドキしていたものです。
本日ピックアップしたインチョーさんとこのブログは、そんなクロダイゲームのコツが綴られていますんで、フォーリングゲームを楽しんでみたい方にオススメ。
クロダイさえそこに存在すればボートからでも、防波堤からでも楽しめ、さらに昼夜問わず釣行可能なんで、未体験の方には是非チャレンジして頂きたい釣りなんですな!


関連記事
クロダイのフォーリングゲーム専用ルアーを紹介
まんまエビな姿が反則な「YABAIシュリンプ」
バス用インセクトワームをクロダイ用にリリース

 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


幻の魚と呼ばれている割には、釣れる所ではやはり釣れているアコウ。最近ではその羨ましすぎる魚体をブログにアップされている方も、チラホラ居らっしゃいますね。
しかし、僕の地元周辺ではやはり幻のままで、日々釣場に通ってみてもなかなか出会えるチャンスの少ない魚なんだそうです。
そんなワケで今回は、アコウの時合いに関するエントリーをアップしているポッキンさんとこのブログを紹介。
皆さんのフィールドに当てはまるかは分かりませんが、ひとつの可能性として覚えておいて損のないデータだと思いますよん。


関連記事
山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に
アコウのメバルパターンに効くシャッド系ワーム
ポッキンさんアコウ必釣技「スイムキル」を紹介
辻本ナツ雄 キジハタ狙いのテキサスマニュアル



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


僕たちナイトゲーマーの心強い味方となる「常夜灯」。その灯りが点いているか否かで釣果が変わってくることもあるし、モチベーションにだって影響することだってあります。必ずしもなくてはいけないモノではありませんが、魚が集まるひとつの要素でもあるし、常夜灯がなければ釣りをしないという方もいるほど重要視される存在です。
しかし、場合によってはこの「灯り」の存在が仇になる時もあるってことも、ちょっと知っていたほうが良いかな?と思ったので、34さんとこのブログをピックアップしてみました。
間違えちゃいけないのが、沖に灯りがある状況が必ずしも不利に働くってことではなくって、大切なのはその距離。磯場なんかで近くに漁火がある場合はウハウハモードに突入することもあるので、注意が必要です。
例えばこんな状況ですな。 はたまたこんな状況もありますんで、意外と場所によりけりな部分もあるかとw
答えはフィールドにありですな。


関連記事
常夜灯と水色とデカアジの習性とは?
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

クロダイがルアーで釣れる!ってことが紹介され、業界もアングラーも舞い上がっていたのがいったい何年前の出来事かは忘れちゃいましたが、当時の興奮は今も忘れられない 良い思い出。いまでもトップチヌのシーズンになれば、最初に釣った時の記憶が鮮明に蘇り、そのシチュエーションを頼りにキャストする日もあったりします。
今やライトゲームの定番となり、「癒しのゲーム」と して親しまれているこの釣りも、一部では釣り難い状況になっているらしく、一筋縄では行かなくなってきているそうなんですな。
基本的に爆発的に流行り、定番化するとそのターゲットが釣り難くなるってのは良く聞く話で、個体数や成魚の減少、サイズダウンや場荒れ、スレによる難度の上昇なんかで釣果も得られなくなっていきます…。
ってなワケで今回は、クロダイに関するその辺のお話を絡めつつ、おすすめのタックルなんかも紹介しちゃっている「りんたこ」こと岩崎林太郎さんとこのブログをご紹介。
コレを読んでくれているお友達のフィールドも、いずれはそうなるかも知れないので、 ちょいと目を通しておいた方が良いかもよん。


関連記事
岩崎林太郎がトップチヌの遊び方を動画で解説
落とし込みメバリングを岩崎林太郎が解説
アジングで駆使される3種のフォールを解説
トップチヌに欠かせない3大要素を解説




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

雨好き仙人が伝授する13VIBの操り方

Posted by tomoshow On 6月 - 19 - 2013 ADD COMMENTS


アジング&メバリングの主力ルアーは依然としてワームですが、時としてワームよりもハマるルアーってのがありまして、そのひとつとして上げられるのがメタルバイブですね。
ライトゲームの情報通ならばその実力はご存知かと思います。が、実際使ってみると釣果の方が今ひとつって方もいらっしゃるかと。そんな悩ましい状況を打破するために、雨好き仙人サミーさんが13VIBの使い方を皆さんに伝授!
メタルバイブに苦手意識を持っている方に、是非読んで頂きたいエントリーです。


関連記事
サミーさんのアジング&神経絞め講座ムービー
レオン流 アジング&メバリング良型ゲット戦術





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングのキモと言えば「レンジサーチ」で、アジの群れる層や反応するレンジをいち早く見つけるのが好釣果の鍵。そしてリグを目的のレンジに到達させ、アタリを取るためのテクニックもまた大切な要素ですね。
今回はサミーさんとこのブログからフォールに関するエントリーをピックアップ。 1匹でも多くのアジをゲットしたいアングラーさんにオススメのテクニックですよん。もちろんメバリングにもオヌヌメ!

ファーストフォールの話し、その1。

ファーストフォールの話し、その2。

ファーストフォールの話し、その3。

関連記事
雨好き仙人サミーが教えるライトリグの極意
仙人が教えるフィネスゲームのライン選択
雨好き仙人サミーさんのアジングリグ基礎講座




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ポッキンさんとこのブログで、アコウに効果的なテクニック「スイム・キル」を紹介しているのでご報告。
なんでもこの技はシャローでランカークラスのアコウを数多くゲットしている釣り方で、リアクションを狙った パターンなんだとか。どうやらキモはビーズの後ろに付けられたフロートにあるらしく、アクション後にゆっくりとワームが落ちていく時にバイトが集中するんだそうです。
幻と言われるアコウをゲットしたい方は、是非試してみてくださいな!


関連記事
辻本ナツ雄 キジハタ狙いのテキサスマニュアル
テンポ良く「幻」を引き摺り出すロックワインド!
マルチベイトを意識して狙う夏のキジハタゲーム
夏のキジハタ・シーズナル・ハイパーメソッド



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログに、ライトロッドでシーバスゲームを楽しむためのコツが紹介されているのでご案内。
メバルやアジ狙いの際に現れるスズキってやつは何かと敬遠されがちで、ちょいと可愛そうな気もしちゃうのです。「場が荒れる」、「取り込めない」など理由は様々ですが、せっかく釣れるビッグなターゲットを釣らないってのも勿体無いお話。今回はヘビー級ライトゲームをもう少し楽しんでみても良いんじゃないかな?って思ったので、アジンガー&メバリストの皆さんにご紹介。
シーバスタックルじゃなくったってスズキは釣れるし、むしろライトタックルのほうが有利なシチュエーションってのも結構あるんです。ライトロッドならではのスリリングな釣りを楽しんでみては如何かと。


関連記事
ライトタックルで楽しむシーバスゲームのすすめ
ゲーム性の高さがハマるヒラセイゴゲームを攻略





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


手軽に遊んでくれるロックエリアのターゲットと言えば「ムラソイ」で、ワームにもプラグにも高反応な磯場のアイドル的存在ですね。
僕もルアーを始めた頃に非常にお世話になったお魚さんでして、 日中の磯場やゴロタ、敷石なんかから飛び出してくる姿を楽しみにチョイチョイとワームで誘っていたものです。たまにミノーなんかでも遊んではいたんですが、やはり根魚相手の釣りなんでロストは付き物。そんな理由で、いつしかこの釣りから遠ざかっていました。
今回はライトゲームの基本ターゲットといえる「ムラソイ」 に効果的なミニマルを話題にしている、健太郎さんとこのブログを紹介。ついついロストが気になってプラグをチョイスする勇気が無い方、このゲームにどっぷりハマりたい方にオススメのエントリーでございます。
やはりミニマルの「ノーマル」や「シャロー」ではなく、ディープを使う って所がミソなんでしょうなぁ。ボトムでの姿勢の違いかな?


関連記事
レオンさん直伝 ミニマルのクロダイゲーム
根魚を魅了したminimaru65のユラユラアクション




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

スプリットショットリグで攻めるマダイゲームのメソッドを、ポッキンさんがアンソル動画で解説しているので、赤いあんちくしょうを狙っている皆様にご案内。近頃マダイ攻略に関する話題を目にすることが多くなって来ました。ぼちぼち釣り方やポイントが開拓されてきたようで、今後の展開が非常に楽しみな釣りですね!
実は以前、コチラでメタルジグによるマダイ攻略の動画も紹介しているので、合わせてご覧くださいませ。
っていうか、音声がー。



関連記事
ライトなマダイゲームの要点をサラリと紹介
ライトタックルで挑むショアマダイ攻略法を紹介



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

アングリングソルトの動画に、レオンさんがメタルマルのテクニックを教えてくれちゃうムービーがアップされているのでご紹介。
なんでも釣れちゃうメタルマルですが、今回はアジにターゲットを絞った内容で、とにかくデイのデカアジに効くアクションとその操作法を伝授。メタルアジングを極めたい方や超遠投ゲームを楽しみたい方は是非、参考にされてください。


minimaru & Metalmaru公式ガイドブック+DVD [ 加来匠 ]
by カエレバ


関連記事
アジングのイメージを覆すギガ&テラアジの世界
メタルマルの大物対策とタックルバランス重要性
2013 大阪FSのレオンさんセミナーを紹介
ブリーデン 2013 横浜FSトークライブ動画アップ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ライトゲームに使われるラインにはPEにナイロン、フロロにエステルがあります。これらのラインにはそれぞれに特徴があり、それを理解していないと「釣れる魚も釣れない」という非常にもったいないことが起きるんですね。たかがラインと思う方も居らっしゃるかと思いますが、アジングやメバリングなどの繊細な釣りには、かなり重要な要素なんでキッチリと理解した方が良い事柄なんですな。もちろん、好みもあるしスタイルもあるでしょうから、これが絶対ではありません。しかし、ラインの特性を知っているのと知らないのとでは、今後の釣りライフに影響が出てきますんで、しっかりとここでお勉強しておきましょう。


雨好き仙人サミーの日記
ラインのお話、その1。
ラインのお話、その2。
ラインのお話、追加です(^ ^)

関連記事
ラインの特性を知る 「フロロとポリエステル」
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
アジングにおけるナイロンリーダーの可能性
ラインの太さのメリットとデメリットを応用する
ポリエステルライン「ピンキー」の特性を紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


メバリングやアジングって釣りは今でこそ「巻かない釣り」や「ドリフト」なんてメソッドがメジャーになっていますが、数年前までは「巻きの釣り」が王道でリトリーブすることが常識とされていました。もちろん今でもリトリーブの釣りが有効的なシーンもあるし、ライトゲームの基本的な釣り方であるのは事実です。しかし、ナチュラルに魚にアピールし、自然に口を使わせやすいのが「巻かない釣り」。
本日は流れを利用した巻かない釣り、「ドリフト釣法」について分かりやすく解説している松浦さんとこのブログを紹介。
「ドリフトがいまいち分からない」、「巻かない釣りは釣れる気がしない」なんてビギナーさんに是非読んで頂きたいエントリーであります。
フライを教えてくれた師匠が「ナチョラルに流せ!」ってしきりに言ってたの思い出したw


Enjoy Lurefishing HIROstyle
私のドリフトメソッド。
ドリフトを考えるの巻その①
ドリフトを考えるの巻その②
ドリフトを考えるの巻その③


関連記事
テトラに潜むメバルを狙うちょっとしたコツを伝授
二枚潮を攻略するための工夫とアプローチ法
エステル系ラインの太さによる使い分けを解説




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


この時期釣りブロガーの釣果報告に鮮やかな彩りを添えるマダイ。ひと昔前はルアーで狙って釣るなんてことは、まだまだメジャーではなく、ちょいとレアなターゲットでした。最近では産卵のために接岸してきた個体を釣るというスタイルが注目されはじめ、条件が揃えば狙って釣れるターゲットとなってきているようです。本日はそんな釣って嬉しい、食べて美味しいマダイのポイントから釣り方までを要点を抑えつつもサラリと書かれている、GLADさんとこのスタッフブログを紹介。とりあえず最初の1匹をゲットしてみたい方は、参考にされてくださいな。


関連記事
ライトタックルで挑むショアマダイ攻略法を紹介
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!
陸からでも80cmは夢じゃない! 旬の真鯛ゲーム
真鯛のカニパターンを攻略するエアーオルグ





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]