Sunday, June 24, 2018

P3120657
いったいアジングやメバリングに使われるライトゲーム用のジグヘッドの種類ってのはどんだけ存在しているのか不明ですが、今もなお新製品がリリースされ増え続けている状態なワケです。
その数があまりにも多いので、どれを使おうか悩んでしまうのが正直なところ。
実際僕もあれこれと色々と買っては試しをしているのですが、どのメーカーさんのモノも大抵釣れるし、使えないなぁって思ったヤツってのもあんまりありません。もちろん好き嫌ってのはありますが。
しかし、やっぱり「使いやすいモノを選びたい」、「いろいろ比較して試してみたい」ってのが人情でして、ジグヘッドコーナーの前で思案しちゃうんですな。
ってワケで今回は、そんな貴方のジグヘッド選びの助けになる『【35種類】アジング・メバリング用ジグヘッドまとめ【釣り】』っていう「NAVERまとめ」をご紹介。
店頭でもなかなか35種のジグヘッドを比較するってことはできないので、こちらのサイトは便利かと。
最新のジグヘッドはありませんが主要なアイテムは載っているので、好みのジグヘッド探している人は参考にされてくださいませ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


アジにしてもメバルにしても確実にキャッチするためには、繊細なバイトを感知して、確実に合わせ、上顎にフッキングさせるということが重要になってきます。
掛けた魚のサイズが大きければ大きいほど、口の横の弱い部分に掛けた時のバラシ率は上がり、最悪は魚の口を裂いてフックアウトし、魚体にダメージを与えてしまうことだってあるんですね。
できるアングラーとしては魚に与えるダメージを最小限にとどめ、キープ&リリースに限らずスマートかつジェントルに取り込みたいもの。
ってなワケで今回は、硬い上顎にフッキングさせることなく、確実にキャッチできるジグヘッドのフック形状についての話題が書かれている梶本さんとこのエントリーをご紹介。
尺モノのメバルやデカメバルを専門に狙っている方に、ちょいとオススメな内容でございます。
そうそう、リリースを視野にいれている釣行の場合は、バーブレスにしておきましょうね!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



フッキングの良し悪しってのは実は意外とフック形状によることが大きくって、いくらアングラーの腕が良くっても、どーにもならんことだってあるんだと思うのです。
フックはお魚さんとのファーストコンタクトを担う超大事な役割を果たす責任重大なパートでして、ここがいかんともし難い状態だと釣果の方は想像に難くないワケです。
んで、ライトなワインドのジグヘッドの元祖である尺ヘッドDタイプは、ことダートに関しては素晴らしいジグヘッドなんですが、フッキングともなるとちょいと不満が残る惜しい存在だったんですね。
んで、ようやくメーカーさんがフッキング率向上をはかるべく、フック形状見直して新型投入に踏み切ったようです。
今回はそんな「尺ヘッドDX」を 紹介しているレオンさんエントリーをご案内。
詳細な画像と共に気になるアイテムの特徴を御覧ください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アコウやマダイについてのコアな釣り情報をアップしているみったんさんとこのブログに、ショアマダイ専用のジグヘッド「マダイヘッド」のインプレ記事がアップされているので、ご紹介。
このジグヘッドはひとつひとつ型に流し込んで作られているハンドメイド製品でして、生産が追いつかないほどの人気ぶりなんだとか。
んで、このマダイヘッドをリリースしているHJ工房さんってのは、知る人ぞ知るアジングジグヘッドの名品「STANG☆ヘッド」を販売しているショップなんですな。
注目のライトショアマダイ&アジング用ジグヘッドに興味がある方は、チェックしてみてくださいな。


関連記事
憧れのショアマダイを手にする為のヒントを紹介
ポッキンさんがマダイゲームをサラリと紹介
ライトタックルで挑むショアマダイ攻略法を紹介




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


家邊さんとこのブログに、ジグヘッドの重さとアジの釣り方についてのエントリーがアップされています。
アジングとジグヘッドのウェイトってのは切っても切れない関係なのは皆さんご存知の通り。
しかし、ビギナーさんにはそこんとこがちょいと難しく、どんな時にジグヘッドの重さを変更したら良いのか分からないって方も多いかと思います。
そこで今回は、「活性が低く食わない状況」と「アジの数が少ない状況」という2パターンでの釣り方を伝授。
海中の様子は実際に見ることは出来ませんが、それをイメージし考えながら釣るってことは結構大事ですよん。


 関連記事
アジングマイスターが伝授する追い風のアジング
家邊克己の表層テク&デイアジング攻略
意外と反応しない表層ライズの仕組みと攻略





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


お手軽だけど熱くなる「ちょい投げ」を、もっとルアー的に楽しんじゃおうって感じで生まれたデコイのショアゲー。本日はそんな、ゆるゆるスタイルで楽しむライトタックルゲームの新製品を大久保幸三さんが動画で紹介。動画中にはショアゲー以外にもリニューアルした同社定番のジグヘッド「ラウンドマジック」やダート用ジグヘッドの「デルタマジック」、ジグヘッド用アシストフック「トレイラージャック」も紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。
ちなみに「デルタマジック」は、パゴスさんとこが詳しく解説してますよん。





スポンサードリンク

スポンサードリンク


独自の商品展開で他メーカーにはない製品を世に送り出しているオーシャンルーラー。そんなメーカーからリリースされているジグヘッドもやはり個性的で、クレイジグ波動クレイジグ波動DEEPあたりは結構面白そうなアイテムでして、ライトリガーとしてちょっとソソられるアイテムなんであります。そしてこの度発売される新型ジグヘッドはレンジキープ力に優れていそうなジグヘッドでして、単体でもキャロでも使えるオーソドックスなモノ。しかし、そこはオーシャンルーラーらしく、機能的な面もしっかりと盛り込まれているジグヘッドなのであります。
名前に「レンジキープ」ってあるからには、商品説明にそのことをしっかりと明記した方が良いと思うんだけどなぁ。


関連記事
岩崎林太郎 必殺リグ「タコリグ」を紹介
岩崎林太郎:ミニチクの秘密
金丸流「フォール中に確実にバイトをとるコツ」



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ポッキンさんが開発に携わったアイテムが、近く発売になるそうなんでピックアップです。
キラーシャッド
といえばロックフィッシュフリークの間では有名なワームでして、今でも愛用している方も多いと思われる定番ワームのひとつ。ボリュームのあるボディと、深く切れ込みの入ったテールが生み出す波動のアピール力は絶大です。そんなカサゴをはじめクロソイやベッコウゾイ、アイナメ等の魚を魅了してきた逸品をスリム化し、小型ベイトに似せたのが今回紹介する「キラーシャッド・スリム」。実は今年のフィッシングショーにも出展されていたアイテムで、その姿を直接見た方もいるかと思います。そしてさらにその「キラーシャッド・スリム」にマッチするジグヘッド「キラー ヘッド」も発売。スイミングを意識したモデルでフックも頑丈にできているそうです。
小型ベイトをイミテートした汎用性の高いフォルムは、フラット系の魚やシーバス等にも使えるのが嬉しいですな!


関連記事
ポッキンさん関連の記事はコチラ 




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

バス釣りの世界では定番であるスクリュー系のアイテムも、ソルトの世界に来てみればイマイチ使っている人も居らず、その知名度の低さはちょっと残念な気もします。最近ようやく「シンゴスクリュー」や「ペラッコ」なんかでメバルやシーバスを狙う人がボチボチ現れてきている感じです。もちろんバス釣りなんかを経験済みの方は抵抗なく使っているようで、美味しい思いをしている方もチラホラ。んで、そんなスクリュー系のアイテムを自作して、シーバスを楽しんでらっしゃるvioさんとこのブログをご紹介。バス釣りでウィールヘッドの釣果に感動し、シーバスへの流用を考え、1年掛けて探し出したベストセッティングを惜しみなく公開されています。ワームでシーバスを狙う酔狂な方々に、是非読んで頂きたいエントリーです。ちょっといつもと違った釣りを楽しみたい方もどんぞ。


スポンサードリンク



関連記事
ジグヘッドのお手軽プロペラチューニング法


スポンサードリンク

34スタッフブログに同社のインストラクターを務める矢野徹さんが興味深い記事を書かれているのでご紹介。
記事中には「吸い込みやすく吐き出し難い」ダイヤモンドヘッドがメインに書かれていますが、アジのバイトの出方についての解説はなかなか面白く参考になります。「コンッ」っというバイトと、「モワ~」っとしたバイトの違いなんかを知っていると現場でも対処できて、キャッチ数もアップするかも知れませんね!
ビギナーさん~中級者の方は読んでおいて損はない内容かと思いますよ~。


スポンサードリンク


関連記事
偏食アジの悩ましいバイトとフック考察
アジの捕食の瞬間を集めてみました


スポンサードリンク

スポンサードリンク




早いところではすでに店頭に並んでいるようですが、いよいよ34のダイヤモンドヘッドが発売されました。
異彩を放つそのフォルムは、すべてアジを釣ることを追求した究極のカタチ。集魚効果を得る、きらめきを重視したヘッド形状と「吸い込みやすく、吐き出しにくい」計算されたフック形状は、格段にフッキング率を高めるようです。開発者の家邊さん曰く、従来のジグヘッドと比べると格段にアタリを多く感じることができるそうです!
ちょっと、釣具屋行ってくる!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


先日の「鯵HEAD 電撃 D-Type」に引き続き「尺HEAD」のアクション動画がアップされています。
最早、説明不要な定番ジグヘッドとなっていますが、使ったことがない方、購入予定の方は参考にされては如何でしょうか? 通常のジグヘッドとは異なる脅威のダートアクションをご堪能ください。


【JAZZ】尺ヘッド D(ダート)タイプ ヘビーウエイト 7g/10g[メール便:4](アジング/メバリング/ジグヘッド)
by カエレバ


関連サイト
Jazz
Jazz公式ブログ



新規ブランド「34」を立ち上げる家邊さんがfimoの方でもブログを始められたのでご紹介。
以前から書かれているブログよりもコアな話題を 発信していくようなので、「アジング命」なコアアングラーさんは必見です。始めたばかりでまだ投稿数は少ないものの新作ジグヘッドの話題や、アジングのキモであるフォールスピードのお話などライトリガーのツボをついたネタを公開しておられます。
今後の展開が楽しみなブログが始まりましたね!

関連サイト
家邊克己のアジングプレゼンテーション

関連記事
アジングマイスターが開発中のロッドを紹介
水面下で進行する期待の「34」商品開発状況!?

鯵HEAD 電撃 D-Typeのアクション動画公開

Posted by tomoshow On 8月 - 24 - 2011 ADD COMMENTS


先日お知らせしたJazzの「鯵HEAD 電撃 D Type」のアクション動画がyoutubeにアップさされています。
Jazzさんのオフィシャルブログ に書かれた情報によりますと、本来はメーカーHPにアップするための動画のようです。しかし、ファンの多いのJazz製のジグヘッドの話題となれば気になる方も多いはず。辛抱たまらんJazzファンの方は、ひと足お先にキレの良いダート映像を御覧ください。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


アングリングソルトの過去動画より、黒原祐一さんによるジグヘッド単体のアジング解説動画です。
スーパーフィネスな極細フロロを使ってのアジングやメバリングで、最も威力を発揮するのが1g程度のジグヘッド単体での釣り。その繊細かつテクニカルな面に惹かれ、あえて単体の釣りオンリーに徹する方もチラホラ見掛けます。
僕も今までは基本的に「巻き」の釣りばかりをしていたんですが、実は「巻かない」のが基本という罠(笑)  いやぁ~、知らない、気がつかないってのは恐ろしいモンですねぇ…!
ジグヘッド単体のエッセンスが、さりげない山口弁で語られている この動画はオススメですよ~。






スポンサードリンク

スポンサードリンク


アングリングソルトの動画より、家邊克己さんによるジグヘッド単体のテクニック動画です。
ちょっと前まで一般的にアジングといえば、ライトなキャロライナリグかスプリットリグがスタンダードでした。しかし極細のフロロカーボンラインやPEラインの登場で、一部のアジングエンスーのあいだで楽しまれていたフィネスなジグヘッド単体の釣りが注目され浸透して来ました。今ではなんとなくコチラのほうが「熱い釣り」のような気もしちゃいます。
先日ジグヘッド単体縛りの釣りが楽しく好調だったので、自身のおさらいも兼ねての動画のアップです。
ロッドを縦にサビくのと、横にサビくのではジグヘッドの軌道が違うんですね~。
う~ん、勉強になった!



関連記事
黒原祐一がジグヘッド単体テクニックを解説
バーチカルジギングでビッグアジをゲット
アジング再入門 「Mキャロ」って?


飛行機をはじめ基本的にプロペラが付いているモノが大好きで、それはルアーでも例外ではありません。当サイトでもプロペラモノが登場するのはその所為で、そんなアイテムで釣れたら楽しいだろうね!って思っているのです。そして最近ツイッターのタイムラインでもコチラのアイテムの話題が出てきたので、ひょっとしてソルトでも需要があるのかな?っと思っていたりもしています。なにげにシンゴスクリューでシーバスを釣っている方も居るようですから。
というワケで、そんな楽しげなアイテムを自作しちゃおうよ!ってのが、ブログ仲間のとおるチッチさん。 実は思ったより簡単でしかも安価にデキちゃうみたいなので自作派の方はチャレンジしてみては如何でしょうか?


スポンサードリンク


関連記事
depsのプロップジグアームが面白そう


スポンサードリンク

ちょっとズルいかなぁ?と思いつつも限りある日々の釣行の中で、おかずを釣って帰らなければ家族に認められないお父さん達のためにアップしました(笑)
ちょっとした工夫でフッキング率をアップさせ、キャッチ率を高めちゃう渡邉長士さんオススメの裏技の紹介動画です。どうしても今夜は数を釣りたい! お腹を空かした食べ盛りの子供たちが…って、お父さん必見の内容となっております(笑)
冗談はさておき、こんな方法もあるんだね~って感心しちゃった次第です。



関連記事
自作リグ「ネジヘッド」のご紹介

関連サイト
ハリミツ Lリグ

オンスタックルデザインの動画より、濁りによるカラーの見え方を比較した動画の紹介です。明るい状況での撮影のため暗い状態でどのように見えるのかはわかりませんが、デイゲームでのカラー選びの参考になるかと思います。濁りの色によって見え方もフラッシング効果も違ってくるということが良くわかると思います。



スポンサードリンク




http://suspendmasa.naturum.ne.jp/e1110689.html




http://suspendmasa.naturum.ne.jp/e1115439.html


スポンサードリンク

スポンサードリンク

以前コチラ紹介した海gさんの自作ジグヘッドが、さらにバージョンアップしているのでご紹介します。
前回は割ビシ(ガン玉)で挟んだフックのアイ周辺を平らにして潮受けを良くしたり、シャンクの長さを調整したりと工夫されて作成されていました。今回はさらにボトムでの座りを良くしたり、アイの部分を削り込んでみたりと、パッと見は製品のように完成度が高いモノになっています。
手間暇かけて作ったジグヘッドで魚が釣れたら嬉しい反面、ロストするのが惜しくなりそう。
実釣意外でも「釣り」を楽しんでおられる様子が伝わってきますね!
釣りは海でロッドを出していなくても、こうやって自宅でのんびりとホビー的な楽しみ方もできるので、やっぱり良いもんですなぁ。

ダイワ(Daiwa) プライヤーV 140HG レッド 04910241
by カエレバ



【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]