Monday, June 25, 2018

pera01

アジングやメバリングファンから支持されているreinsさんとこから、新作ワームとジグヘッドがリリースされます。
新たに発売されるワーム「ぺらリンガー」は扁平ペラペラテールを持つアジ向きワームで、絶妙なテールの動きでターゲットを魅了しバイトを誘います。
そしてジグヘッドの方は信頼の国産フックを使用した「アジリンガージグヘッド タイプ2」でして、こちらはシビアなフッキングのタイミングがより楽しめるジグヘッドだそうです。

【レイン】アジリンガージグヘッド[ネコポス:1.5]アジング/メバリング/ジグヘッド
by カエレバ

関連記事
ハヤブサ アジクルーにちょいと変わったダブルテールのワームが仲間入り
重たいジグヘッドもスローフォールさせる小粒なアミ系甲殻類ワームが登場
良い動き満載! レオンさんがワームを解説



DSC00653


フィッシュアローさんとこのオフィシャルブログにアジングやメバリング、そしてライトなソルトターゲットにぴったりなジグヘッド情報が2つアップされているのでご紹介です。
ひとつはペラ付きジグヘッドの「ウィールヘッド」で、これはヘッド部に搭載されたペラがリトリーブ中やフォール中に回転し水流をおこし、フィッシュイーターの本能に強烈アピールするという革命的ジグヘッド。
ラインナップが0.6g~2gまであるのでアジメバゲームやライトなロックフィッシュ、セイゴゲームなんかにグッドですね!
そしてもうひとつはダートが得意な「小町ヘッド」で、こちらは水をつかみやすいヘッド形状のブツでしてレンジキープもし易いとか。
いずれも発売時期は不明ですが、発売が楽しみなアイテムですね。
当サイト立ち上げ当初からペラ付きアイテムには注目してきましたが、ようやくソルトにもペラ付きが注目され始めたようですな。
自作派は関連記事をチェック!

スポンサードリンク



【フィッシュアロー】フラッシュJ1インチSW[ネコポス:3]
by カエレバ

関連記事
「そりゃ釣れるやろ」というコードネームを持つ「そりゃ釣れる」ワームを紹介
リアルなフラッシュJ の実力発揮動画を紹介
ジグヘッドのお手軽プロペラチューニング法
自作のペラ付きJHでシーバスを釣っちゃおう!


スポンサードリンク

nano001

アルカジックジャパンの公式サイトに新型ジグヘッド「Ar.ヘッド ジャックアッパーNano」の製品ページがオープン。
このジグヘッドは同社のジグヘッド「ジャックアッパー」をリファインしたもので、豆アジ向きのジグヘッドで刺さりの良さや吸込みやすさにこだわったジグヘッドのようです。
小型のアジだけでなく、アミパターンのメバルやアジにも良さそうな感じですな。

ちなみにジグヘッドやシンカーの整理に役立つ「スペックシール」も発売されるようですよん。
アルカジックジャパン (Arukazik Japan) ジャックアッパー Nano 1.0g−#12 ナノスムースコート
by カエレバ

関連記事
黒原祐一 がデイからナイトのアジングを3大リグで実釣解説
ピン狙う「黒原流 巻かないフロートゲーム」
黒原さんのスプリットアジング動画が公開




0b7ce87b

いまさら説明不要なことですがアジングやメバリングなどのウルトラライトな釣りに使用されるジグヘッドにはリトーリーブやフォールで使うタイプのジグヘッドと、ダートさせてリアクションで食わせるタイプのジグヘッドがあります。
おそらく僕のサイトをご覧のみなさんはワインドさせる場合はダート系を、リトリーブやフォールの釣りをするならばノーマルタイプで、といったような使い分けをされていると思います。
しかし、「ダートタイプのジグヘッドは、ワインド以外で活躍しないのか?」と言われれば、決してそうではないんですね。
ってなワケで今回は、その辺りのジグヘッドの使い分けを解説してくれている健太郎さんのブログをご紹介。
それぞれのジグヘッドの特徴をしっかりと理解したうえで使うと釣果アップにも繋がりますんで、ジグ単好きのアジング&メバリングファンは是非ご覧ください。

【ブリーデン】キラーダート[ネコポス:2]
by カエレバ

関連記事
ブリーデンのジグヘッド&ワームがついに発売!
このルアー、このカラーだから釣れたの真実
怒涛の尺超えオンパレード釣行記をアップ




jhwarm_top_banner_002


ブリーデンのテスターブログや動画などでチラチラ登場していた待望のジグヘッド「キラーダート」と個性的なワーム「NejiNeji(ネジネジ)」&「BACHI(バチ)」が発売されたようで、オフィシャルサイトでそれらの製品ページが公開となっているのでみなさんにご案内。
個人的にはキラーダートが1.5g~3gのラインナップというのがちょっと意外。
1gが欲しいところですが、「ダート」ということにこだわってこのウェイト設定かな?なんて思います。
またフナムシっぽい扁平ワームの「13-Roach」も気になるところですが、こちらはまだテスト中のようで、発売は先のようです。
ともあれ、ライトゲームの強者テスター陣がテストを繰り返し完成させた、ブリーデンの注目アイテムがいよいよ発売です。
待ち望んでいた方、興味のある方は今すぐチェック!

【ブリーデン】NejiNeji(ネジネジ)50mm[ネコポス:3]
by カエレバ

【ブリーデン】BACHI(バチ)60mm[ネコポス:3]
by カエレバ

【ブリーデン】キラーダート[ネコポス:2]
by カエレバ

ブリーデン (キラーダート)(ネジネジ)(バチ) セット 【総合計17点セット】/ジグヘッド/ワーム/ルアー/ライトゲーム/ロックフィッシュ/アジング/メバリング
by カエレバ

関連記事
ブリーデン ビースウェイがいよいよ発売
ブリーデンが鋭意開発中のプロトルアーがチラリ
BREADENのプロトワームを使ったメバリング動画




ownmushih01


以前にも言った記憶がありますが、ルアーとエサ釣りの違いは単にラインの先に付いているものがエサかルアーかって違いだけなんですな。
もちろん、細かいことを上げれば異なる部分はありますが、概ねそんな感じで間違いありません。
たまに「餌師がー」とか「ルアーマンがー」とかいうお話も耳にしますが、スタイルが違うだけでどちらも素晴らしいです。
っていうか、お互いの素晴らしい部分を理解していてこそ、真のアングラー(釣り師)だと思います。
プライドを持つのは大切ですが、お互いの良いとこを認めずにただ貶すのは、人としてかっこ悪いのでやめましょう。
ってなワケで、今回紹介するのはオーナーばりさんちの虫ヘッドです。
たまにゆるい釣りがしたくって、イソメを付けてチョイ投げも楽しむ僕ちゃんですが、メバリング&アジングタックルなんかでもっと手軽に繊細なチョイ投げを楽しみたいなって時にぴったりじゃん!って思ったのが、この虫ヘッド。
投げ釣り系とは違った魚種が釣れ、違った楽しみ方ができるので、防波堤からのチョイ投げのお供やファミリーフィッシングにも最適ですな。
ジグヘッド単体ゲームの楽しさと、ワームではヒットしない魚も釣れるので是非。
虫ヘッドは餌釣りとジグヘッドの釣りの美味しいとこ取りで、いろんな魚が狙えるので釣りの幅を広げる素晴らしいアイテムだと思いました。

【オーナー】カルティバ 虫ヘッド JH-89[ネコポス:2]
by カエレバ


関連記事
ワームでカワハギ「カワハギング」が熱い!
手軽で熱い夏のショアゲー&チヌゲー動画




jjarusljh01

独自目線でちょいと一風変わったアイテムをリリースするジャングルジムさんから、新型ジグヘッド「カルーセル」がリリースされるそうなんでお知らせです。
開発コンセプトはズバリ単純明快に「投げて巻くだけ」だそうで、最近小難しくなってきているライトゲームの流れと逆行しているあたりがグッド。
巻きの釣りに特化したボディーデザインで、ビギナーさんでも簡単にアクションが付けられるので、安心して釣りに集中できるところが良いですな。
なんだかマニアックな方向に向かいつつあるライトゲームですが、本来お手軽で分かりやすく楽しいのがライトタックルの魅力だったはず。
マニアな楽しみもそれはそれで面白いものですが、「分かりやすい」ってのは非常に大切な性能だと思うんですな。


スポンサードリンク



by カエレバ


関連記事
これは美味そう! 根魚用のビフテキ出来ました
ビフテキのクロダイチューンが結構良さ気な感じ
ジャングルジムの新製品を実釣を交えて紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

wksjh01

数あるジグヘッドのなかからマイフェイバレットなヤツを見つけるってのは結構難儀なことでして、それらひとつひとつを購入して試すなんてのは大変ですね。
んで、僕なんかは検証能力に乏しいので、どれがどうだったかってのをすぐに忘れちゃうので、色々買うのは止めちゃったんですね。
ぶっちゃけ、大抵のジグヘッドは普通に釣れますし、迷うのがもう面倒臭いワケです(笑)
しかし、やはり釣りが上手な方はしっかりとした選び方をしているようで、今回紹介するワッキーさんもそのなかのひとり。
それでは釣りウマがオススメするジグヘッド達を見てみましょう。

【オフト】スモーキー・スパッシュヘッド[メール便:2]
by カエレバ

関連記事
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム
スプーンでマダイを狙う!その釣法を伝授
憧れのショアマダイを手にする為のヒントを紹介



hanebijittyou01

以前コチラでご案内したisseiさんとこの海太郎シリーズですが、この度新たな動画がアップされているので、皆さんにご紹介であります。
今回お届けする動画の主役はダーティングワームの「ハネエビ」でして、相変わらず楽しそうに釣りををする村上晴彦さんがその楽しみ方を伝授
日中でもばんばか釣れちゃうワインド&ダートの釣りってのは、やっぱり魅力的。
しかもいろんな魚種が釣れちゃうから、ルアーケースのなかに常備しておきたいアイテムですな。
下に海太郎シリーズのアクション動画も合わせて張っておきますんで、興味のある方は御覧くださいまし。


【メール便可】一誠[issei] 海太郎 ハネエビ 1.5インチ【10P13Dec14】
by カエレバ



関連記事
海太郎のJH&ワームをボートアジングで紹介
レオンさんがマイクロクローラーの秘密に迫る
バブルサーディン2インチの泳ぎっぷり動画公開
ジャッカルのワームを紹介するアジング実釣動画




rux9bd348rpfxi8ak2rt-d19c0277
アジングにしてもメバリングにしてもバラさずキャッチするためには、くわえた瞬間にフッキングして、フックを硬い上顎に貫通させるのが確実かつスマートで美しいスタイル。
それを実現させるには感度も必要ですが、今回はそれよりももっと重要なフックポイントのお話です。
いくら電光石火の鬼合わせをお見舞いしても、肝心な針先が鋭くないとダメ。そしてムダ。
基本的に市販されているジグヘッドは大抵刺さりが良い印象を受けますが、メーカーによって刺さりの良さ、フックポイントの鋭さに違いがあるのかどうかってのは、正直使う側として知りたいところ。
ってなワケで今回は、その気になる部分を露わにしちゃったもっつぁんさんのブログをご紹介。
メーカーさんも出荷時に検品してると思いますが、たまに爪の上に針先を当てると滑る製品もあったりするので、購入時や釣行時に確認するクセをつけた方が良いですよん。
過去に超有名メーカーのパッケージに収められたトレブルフック全てが、爪に引っかからずに滑りまくったってことを経験してますんで。
しかし、近頃は顕微鏡モードの付いたデジカメが手頃な値段で手に入るので、メーカーさんも油断できませんな。


オーナー針 フックシャープナー NO.81104【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察
随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場
なぜフックが伸されバレるのか?その理由を解説

 

 


umitaro001

以前コチラで紹介した、ISSEIさんとこのソルトブランド「海太郎」のプロモーションムービーが公開されているのでお知らせです。
動画中にはワームやジグヘッド、メタルジグの水中映像がチラリと紹介されており、各アイテムのアクションが確認できます。
また、それとは別に、「スーパーマイクロダーティングベイト ハネエビ」+「ハネエビヘッド」を紹介する動画もアップされていますので、下の動画リンクで合わせてご覧くださいませ。
プロモムービーには、リリースされる各アイテムの映像が収録されているので、他の製品も個別に動画が公開になるかもしれませんね。
そんと時はまた紹介しますんで、ご期待ください。


一誠 (イッセイ)issei (村上晴彦) 海太郎 シルキーシャッド 2インチISSEI UMITAROU Silky shad 2inchフィッシング 釣り具 ワーム ソルト シャッドテール 村上晴彦 アジング メバリング ロックフィッシュ 【メール便OK】
by カエレバ



関連記事
開発から2年半 オンスタックル新ワームが発売
ジャッカルのワームを紹介するアジング実釣動画
随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場
サブマリンヘッドのフックの秘密を大公開


6pnn745oex3kcbdj3zjb-450d52e3
明治25年創業の老舗釣り針メーカーである土肥富さんとこのルアーブランドであるODZから、新型ジグヘッド「レンジクロスヘッド」が発売されます。
日々いろいろとネタ収集をしておりますが、このジグヘッドの存在には全く気が付いていませんでした。
んで、当サイトを見てくださっている方から「素晴らしいジグヘッドが出ますんで、是非紹介してください」ってメールを頂いたんですね。
それで検索して辿り着いたのが、今回紹介するジグヘッドの開発を担当したあおむしさんとこのブログなんですな。
このレンジクロスヘッドですがかなり拘って作られたようで、完成度が非常に高そうな感じ。
とくに注目したいのがフックポイントでして、その鋭さは業界随一ではないかと思われるほどギンギンに研ぎ澄ませれている様子。
たしかに画像を見た感じ、その切っ先は鋭く細くなんの抵抗もなく刺さっていきそうな雰囲気を醸し出しています。
さすが釣り針を120年に渡って作ってきたメーカーだけあって、その職人魂と技術の高さを感じずにいられない、そんな製品に仕上がっているようです。
ジグヘッドのこだわり部分についての詳細はコチラの方に綴られていますんで、じっくりとその作り込みの良さを噛み締めてくださいませ。
ブログ中で製品名が変わっていますが、メーカーさんの事情で名前が変わっただけでおなじ製品なのでご安心を。
土肥富さんって良い製品作ってるのに、あんまり宣伝しないんですねぇ…。
ホント、もったいないですよ!
せめて自社のサイトには掲載するべきかと。

メールをくださったタナカさん、ありがとうございました!


odz レンジクロスヘッド ZH−38−N 1.0g M(4号) NS【釣具のポイント】
by カエレバ

関連記事
ダイヤモンドヘッドから学ぶアジのバイト違い
なぜフックが伸されバレるのか?その理由を解説
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察




spjdzd6vm38seip87jo3-a40ec776

以前コチラでお伝えしたバーブレスフックの貫通性能のお話ですが、この度マリアさんとこのブログにしっかりとした測定方法での数値が紹介されているのでご案内。
今までは感覚的に「刺さりが良い」って感じがしてたように思えるんですが、実際に機械で計測してみると結果は歴然。
できればもう少しアジとかメバルとかの上顎の硬さに近そうなモノで検証して欲しかったんですが、こうして検証してくれるだけでもありがたいですな。
個人的には、もう少し世の中にバーブレスフックが浸透してくれればと思う今日この頃であります。
くれぐれもフィッシュグリップでムギュッと掴んだ魚をリリースするなんて無粋なマネはしないように。
あんなもんで掴まれたらおそらく、魚体や内臓へのダメージは相当なものだと思われますんで。
バーブレスならジグヘッド持ってクルッとやれば、魚体に触れずにリリースできますよん。

マリア サブマリンヘッド(アジング専用ジグヘッド)
by カエレバ

関連記事
サブマリンヘッドのフックの秘密を大公開
注目のアジスタの魅力をブログ&動画で解説
ジグヘッド35種をドーンとまとめた便利なページ




da16aeb9hs

以前コチラで紹介した梶本さんの目からウロコなエントリーが、なんと動画で観られるようになってますよん!って記事がスパイクさんとこブログで紹介されているのでお知らせでがんす。
動画で解説されている内容は基本的な部分は一緒なんですが、非常に分かりやすくお話されています。
これは梶本さんのトークに寄るところも大きいとは思うんですが、とにかく長い文章が読むのがイヤって人に是非観てもらいたい1本。
さらに突っ込んだ話も収録されているんで、前回の記事を読んだ人にもオススメですよん。
ジグヘッドに塗装する楽しみも増えるし、釣りに対するモチベーションアップにも繋がるので、試してみてくださいな!
ちなみに東邦産業さんとこのダイアカラーはコチラ


東邦産業(TOHO,inc.) ダイアカラー 10ml シルバーラメ【釣具のポイント】
by カエレバ

関連記事
ブルーカレント 66/TZ LTDと77M/Tiをインプレ
ブルーカレントのトルザイトモデルを2本まとめてインプレ
「もしも」の時に活躍する便利アイテムを紹介
意外と大切な機動性と利便性という要素




umitaro
村上晴彦さんがルアーデザイナーを務めるISSEIから、ソルトアイテムを展開するブランド「海太郎」が誕生。
実は夏ぐらいにこの話をチラッとどっかで見たんですが、今まで忘れてました(笑)
そしてこの秋にワーム、ジグヘッド、メタルジグなんかが発売されるようで、ライトゲーム野郎には嬉しいニュース。
開発段階の頃のブログへのリンクを下に貼っておきますんで、気になる方はどんぞ。


自給自足

自給自足、その後。

一誠(issei) 海太郎 スパテラ [2.5インチ] /ロックフィッシュ/メバル/アジング/ライトゲーム/ワーム/ルアー/
by カエレバ

関連記事
何これ! 常識を覆すマグバイトのワームに驚愕
バブルサーディン2インチの泳ぎっぷり動画公開
サブマリンヘッドのフックの秘密を大公開
注目のアジスタの魅力をブログ&動画で解説




gjuckwscu79fed6gzg6y-408f1ca8
バーブレスは「刺さりが良い」とか、「貫通力があるんだぜ!」ってことは良く聞くんだけど、「じゃあそれって、カエシのあるフックとどんくらい違うのさ?」って聞かれると、正直ちょいと困るワケです。
基本的に「手感度」が悪い僕なんかは「刺さり良いんじゃないの?」って感じで使っていて、バーブレスを使う主な目的は手返しの良さ、とリリースする際に魚体に触れなくて済む(ジグヘッドを持ってクルッとリリースする)&魚に対するダメージの軽減です。
まぁ、僕のスタイルのことは置いといて、純粋に刺さり具合はどーなのか?ってことに疑問を感じている方は、マリアさんとこのオフィシャルブログをご覧くださいませ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


hmast001
アングリングソルトの動画から、TICTの松浦さんのアジング動画をご紹介。
本動画では新発売のジグヘッド「アジスタ」を使って、沖に走る潮目に潜むアジを攻略。
ウェイトやフックサイズの使い分けをはじめ、当日の状況を説明しつつ、そのシチュエーションにマッチした釣り方を解説しています。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

ajista002
TICTさんとこのアジスタが発売になったそうで、オフィシャルブログの方ではこのジグヘッドの魅力を紹介しています。
また、youtubeに動画もアップされておりまして、こちらの方では看板テスターである松浦さん富永さんがアジスタについて語っています。
個人的に近頃はショートシャンクの「ジグヘッドタケちゃん」をメインに使っておりまして、改めてショートシャンクの良さを再確認していたところ。
そんなタイミングで現れたこのアジスタ、ちょいと気になる存在なんですな。
しかし、なぜにSサイズにも1g以上をラインナップしないのか、やや疑問であります。


TICT(ティクト) アジスタ! S−1.0g
by カエレバ


関連記事
金バリジグヘッドのアジスタを松浦宏紀が紹介
ジグヘッド35種をドーンとまとめた便利なページ





z2vstge6xs749ieuvhk5-e50c10aa
連日お伝えしているサブマリンヘッド情報ですが、今回はジグヘッドの性能を左右する重要な要素である「フック」部分のお話
バーブレスであることは以前お伝えしたとおりですが、その他にも「バレ難い」というとっても大切な機能が備わっておりまして、そこんとこを分かりやすく図入りで解説されているので、興味ある方は動画とあわせてご覧くださいませ。
しかし、バーブレスフックとバーブありを「釣ったアジで刺して確かめてください」ってのはちょっとねぇ…。
一応こんな研究結果もあるんで、その辺のモノを刺しても確かめられるかと。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


kinnbari 01
TICTさんとこのテスターを務める松浦さんのブログに、新型ジグヘッド「アジスタ」の紹介記事がアップされているのでご案内。
ラウンドヘッドの正面部分を斜めにスパッとカットしたフォルムが印象的なアジスタですが、このヘッド部分がキモでして金バリとおなじくこのジグヘッドの特徴を現す重要な要素となっているそうです。
ショートシャンクで外向きのフックを装備したこのアジスタ、ちょいと刺さりが良さげで使いやすそうですな。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]