Sunday, June 24, 2018

wrapping_minnow

ノリーズのラッピングミノーSWが、ライトタックル青物ゲームとかにも使えそうなんでご紹介。
基本的にはシーバス向けに開発されたルアーみたいなんですが、やっぱりそれだけに限定して使うのはもったいない。
鉛と発泡素材のコンビネーションで、長距離をゆっくりと引いてこれるそうなんで広範囲を探る釣りなんかにもピッタリ。
アクションや使い方なんかは、下の動画でチェックしてみてくださいな。
こーゆー変わり種系アイテムは楽しいですなぁ。
バス用のラッピングミノーはソルト用よりも軽いものがラインナップされているので、使い分けてみるのも面白いかも。

NORIES(ノリーズ) ラッピングミノー SW 14g S−17H ホロマイワシ 12305
by カエレバ



関連記事
ブリーデンのビースウェイが釣れそな雰囲気満点
SHORESに重量級のヘビーミノー プラスが追加
釣れないワケない!って思ったビースレート48F





s64fsnvhj9mcghwo3yhj-019818fe


まぁ、眼張鯵 メバラージさんでは何度も言っていることなんだけど、釣った魚を美味しく食べるには工夫や努力が必要でして、それをするのとしないのとでは美味しさに天と地ほどの差が出てくるワケです。
と言ってもそれほど難しいもんではなく、しっかり血を抜いて、絞めて、クーラーへ入れるだけなんですが。
おそらく今までテキトーにやってた人が、ある日釣り場でしっかりと下ごしらえした魚を食べたとしたら、今までテキトーにやっていた自分の愚かさを呪うと思うんですね。
ぶっちゃけ、それくらい違います。
釣った魚が美味しくない…って人は、十中八九この鉄則を怠ってるため。
んなわけで今回は、とっても美味しそうな「スズキの酒板蒸し」のレシピを伝授してくれている、ちゃり林さんとこのブログをご紹介。
その文章中には僕がいくら書いても伝えきれなかった、血抜きした魚の身と血抜きしなかった身の比較画像がありますんで、是非見てくださいませ。
そしてさらにナイフやハサミを忘れちゃったって方でも、血抜きをする方法も書かれているので、そちらも注目。
僕もたまにやりますが、これでもしっかり血抜きできますよん。
っつーことで、Let's 美味い魚!


スポンサードリンク





関連記事
アジ本来の旨さを味わう為の捌き方を伝授
釣った魚を美味しく頂く補助アイテムを紹介
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる

 



スポンサードリンク

benf8azp4dhmnyg8txig-80c27e11

以前コチラでお伝えした、TICTさんのターゲット(魚種)を設定しないライトロッド「b4」を一挙にご紹介。
実は前々から記事にしたかったんですが、各モデルの解説ブログがポチポチとアップされていまして、記事が全部揃うのを待っていたらこんなタイミングになってしまいました(笑)
すでに読んじゃっている方が多いかと思いますが、一応まとめてババンとリンクを貼っておきますんで、興味を持たれている方はご覧ください。
SR500乗りの僕としては、仕舞寸40cmの「bFO-510S-5P」が単車乗りアングラーにオススメであります。

TICT(ティクト) b4(ビーフォー) bFO−510S−5P
by カエレバ

b4な話

bFO-62Sな話

bFO-68Sな話

bFO-74Sな話

bFO-74Tな話

bFO-510S-5Pな話

bFO-80Tな話



関連記事
TICT キャロ用ロッドがリファインされて新発売
TICTの新作ロッドをトミーさんが解説したり実釣したり動画
お初な釣り場で釣果を得るためのコツを伝授




13way001

のっけからいきなり、釣れそうなビジュアルにやられちゃったんでライトタックルゲームを愛する全ての人にご案内。
ブリーデンの新製品「13SWAY(ビースウェイ)」の登場であります。
もう勘の良い方は「うおっ!」って感じかと思います。
ブリーデンさんにはすでに、魚種限定解除アイテムである「メタルマル」という素晴らしいルアーがありますが、このビースウェイも負けず劣らず凄そうなオーラが出ています。
ブリーデンが今年のフィッシングショーには出展しなかったのは残念に思っていたのですが、この隠し玉の公開で確信しちゃいました。
このメーカーさんは「ライトゲーム」というカテゴリーを、本当の意味での「ライトタックルゲーム」に変えていきたいと願っているんだなぁと。
このメタルバイブはおそらくメタルマル同様に、今後のライトゲームやソルトシーンを変えていくキーアイテムのひとつで、青物ゲームまでをも変えていく存在になるんじゃないかと思うんですね。
まぁ、ちょっと僕も興奮気味でまとまらないんですが、「とりあえず、オマエ、何言ってるかわかんねーよ」って方は健太郎さんとこのブログを見て下さいませ!
正直今年のフィッシングショーはイマイチで、ライトゲーム関係は面白みに欠けるなぁって思ってたんですが、そんな思いもぶっ飛びました!
個人的にブリーデンタックルのファンですが、それを差し引いても、素晴らしいルアーだと思っております。

ブリーデン(BREADEN) ビースウェイ 10g 【メール便90円可】
by カエレバ

関連記事
ネジネジなブリーデンのプロトワームがお披露目
ブリーデンが鋭意開発中のプロトルアーがチラリ
KAKKYがお届けするプロトずくしのアジング動画




hanebijittyou01

以前コチラでご案内したisseiさんとこの海太郎シリーズですが、この度新たな動画がアップされているので、皆さんにご紹介であります。
今回お届けする動画の主役はダーティングワームの「ハネエビ」でして、相変わらず楽しそうに釣りををする村上晴彦さんがその楽しみ方を伝授
日中でもばんばか釣れちゃうワインド&ダートの釣りってのは、やっぱり魅力的。
しかもいろんな魚種が釣れちゃうから、ルアーケースのなかに常備しておきたいアイテムですな。
下に海太郎シリーズのアクション動画も合わせて張っておきますんで、興味のある方は御覧くださいまし。


【メール便可】一誠[issei] 海太郎 ハネエビ 1.5インチ【10P13Dec14】
by カエレバ



関連記事
海太郎のJH&ワームをボートアジングで紹介
レオンさんがマイクロクローラーの秘密に迫る
バブルサーディン2インチの泳ぎっぷり動画公開
ジャッカルのワームを紹介するアジング実釣動画




sgmfx01

先日コチラでお伝えしたクレハさんとこの「シーガー グランドマックス」の製品紹介動画が、ギアステーションにアップされているのでご案内。
このグランドマックスについては今更説明不要かと思うので、僕からの細かい説明は省きますが、リニューアルして更に使い勝手が向上しているのは間違いなし。
前モデルはラインがスプールに巻き込まれちゃったりとか、逆に出ちゃったりとかしてたんですが、新製品版はそんな煩わしさは皆無。
便利な糸止と付属のスプールバンドで快適に使えます。
個人的に嬉しいのがスプールバンドでして、使い終わったらロッドティップを固定したり、ラインストッパーのないカスタムスプールなんかにも使えるんじゃないかなぁって、思ってます。
ラインの素晴らしさについては、とにかく動画を観ておくんなまし!
やっぱりフロロはクレハだわ!


【メール便発送可能!50%OFF!】 クレハ シーガー グランドマックスFX 0.8号-60m フロロカーボンハリス リニューアルパッケージ
by カエレバ

関連記事
おすすめのライン「フロロリミテッド」を紹介
ラインメーカーおすすめの強いノットはこれだ!
ライトゲームにオススメの強度確実簡単ノット


ufjyvbo8m6anyy48xwdp-1a09ae36

目の前に広がる海に目立ったストラクチャーがない場合、ルアーを投げるポイントは潮目であったり、泡の帯や流れ、そしてサラシやヨレだったりします。
ビギナーさんにはちょいと難しいかも知れませんが、だだっ広い平坦な海で魚信を求めるには、変化を見つけてそこを叩くのが常套手段。
潮の動きや風の影響、海水温の違いなどで海面に現れる変化はすべて立派なストラクチャーです。
そして、今回は海面に現れるモヤモヤポイントである「ヨレ」に注目。
このヨレの正体はもう皆さんご存かと思うので、ここで説明しませんが、目標物が乏しい場所でヨレが発生していれば積極的に狙うべきポイントですね。
しかし、いくらこの場所をダイレクトに狙っても思ったほど魚が釣れず、残念な思いをしたことがありませんか?
実はこれ、狙い方にちょっとしたコツと考え方が必要でして、馬鹿正直にモヤモヤ部を直撃すれば良いってもんじゃないんですね。
ってなワケで、その辺りの詳しいことを知りたい方は、ツボを分かりやすい図で解説している増井さんとこのブログをご一読ください。
シーバスアングラーさんですが、これはライトゲームにも共通することなんで、海で釣りをする初心者~中級者さんは必見ですよん。


ライトゲームアカデミー [ 加来匠 ]
by カエレバ

関連記事
ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう
「サラシ」のお話
河口の釣りに欠かせない「塩水くさび」って何?



toimty9fjuezeuomz7u6-04345244

いやいや、この発想はありませんでした!(笑)
世の中には意表をついた釣りをして、楽しみ、そして結果を出しちゃう人が居らっしゃるもんですね!
鮎竿の先にルアー結んでシャローのシーバスを仕留めちゃうんだから、こりゃあもう爽快です。
そもそもこちらのエントリーを紹介していたのが舟橋さんのブログでして、タイトルを見て「ん?」って思ったワケです。
そして興味を惹かれるままに検索して辿り着いたのが、件の工藤さんの記事なんですな。
お二方のエントリーを読んで、改めて延べ竿の釣りってやつの楽しさと可能性だとか、固定観念の邪魔臭さなんての考えさせられました。
普段僕たちはルアー用のタックルで投げては巻く釣りをしていますが、原点回帰で延べ竿にワームとかプラグってスタイルの釣りをしてみるのも、なかなかエキサイティングかもしれません。
個人的にマンネリを感じているライトゲーム業界ですが、延べ竿+ルアーって新感覚の釣りもありなんじゃないでしょうか?
釣りを楽しむってのは、釣りをする人の頭の柔らかさも時として必要なワケですな。
アングラー諸君、固定観念をぶっ壊せ!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


t97th84hf7rxgn38cpp2-9eb76fae
「ヒットしたのにフックが伸されてバラしちゃった…」って経験は誰でもあると思います。
そんな時ついつい言葉に出るのが「このフック弱いなぁ」とか「太軸にすれば良かった」ってセリフですね。
なんともまぁ悔しくってついつい道具の所為にしてしまいがちなんですが、実はこれアングラーサイドに問題があるようなんですね。
今回紹介する村岡さんのエントリー舟橋さんの記事は、どちらもシーバスメインのお話なんですが、ライトタックルにも共通する話題。
フックが伸びるメカニズムから、フッキング方法とその大切さを詳しく紹介してくれているので、よくフックが伸される方やバラシが多い方は是非。
っていうか全アングラー必見のエントリーですんで、必ず目を通しておくこと!


BLUEBLUEのフック

たかがフック、されどフックの深い話


スポンサードリンク




オーナー針 フックシャープナー NO.81104【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
メタルマルの大物対策とタックルバランス重要性
ポリエステルラインの特性をおさらいしてみよう



スポンサードリンク


14.10.23.SC-p

オンスタックルデザインさんとこのブログに、新型ワーム発売の話題がアップされているのでご紹介。
実は今回紹介するこのワーム「ソルティークローラー2.7インチ」は、今から2年半前にはもう開発が始まりテストにテストを重ねてようやく発売となった苦労の結晶。
この2.7インチ(約6.8cm)という微妙なサイズはメバリングやアジング、さらにカサゴやスズキなんかにもマッチする絶妙サイズ。
所謂、ライトゲーム全般に使える大きさでして、なかなか良さ気です。
近頃まかり通っている「◯◯専用」って表記をしないあたりが、ルアー釣りってもんを分かってらっしゃいますね。
はっきり言って「専用」なんてーのはウリ文句なんで、あんまりあてになりません。
ビギナーの皆さんも参考程度にしといたほうが、ムダな出費をしなくて済みますよん。


【メール便可】オンスタックルデザイン ソルティークローラー 2.7インチ
by カエレバ

関連記事
ダウンショットアジングを動画で優しく解説
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果




hpph3bo82zugzjms3tbk-b0794ec4
最近なんとなく汎用性の高いロッドってのにアンテナが働いて、そんな匂いのするモノについつい反応しちゃうんですが、今回ピックアップするロッドも幅広く使えそうな有り難いヤツ。
画像のようにライトロッドでありながら、ヒラスズキともやりあえるのはアピアさんとこのレガシールブルーライン 71MTなんでありますな。
んで、1g~15gまでのルアーがキャストできる魅力的なこのロッドの汎用っぷりが、アピアスタッフブログで紹介されていますんで、「ライトゲームをロッド1本で幅広く楽しんでみたい!」って思っている方はご覧くださいませ。
価格もそれほど高くなく、お小遣い制アングラーでも頑張ればゲットできそうな価格帯なんで、汎用ロッドを探している方は是非。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前コチラで紹介したバークレイの小魚系ワーム「ホローベイビー3インチ」
リンク先でレオンさんが書いている様に、これが小魚を捕食しているスズキに激効きでして、その模様を収録した動画アップされているのでご紹介。
基本的にスズキをメバルロッドで釣ってやろうなんて酔狂な方ってのは、あまりいらっしゃらないと思いますが、 実はこれが楽しくって一時期は結構はまってやっていました。
そんな釣りを本気でやっているアングラーさんは少数派でしょうが、そんな方にオススメなのが今回ピックアップした「ホローベイビー3インチ」。
もちろんスズキに限らず、3インチ程度の小魚を食べているお魚たちには効果がありますんで、ワームの釣りをされる人はチェックしてみてくださいませ。
ちなみに動画中にチラッと紹介されるフック外しの小技は、何気に必見ですよん。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

魚を釣るということに関して実はエサもルアーも境界線ってのほとんどなくって、ラインの先に付いているものが本物か偽物かって違いしかないと思うワケです。
また海にしても川にしても魚の捕食本能を刺激して釣果を得るワケですから、基本はあんまし変わらんワケです。
んで、「突然何を言い出すの、この人?」って思われるかもしれませんが、今回紹介するゆん吉さんのエントリーを読んで、「やっぱりそうなんね~」って思ったので日々感じていたことを綴ってみたワケです。
なにを隠そうこの僕もルアーフィッシングってのは巻いてナンボ、動かしてナンボって思い込んでた人でして、「巻かない釣り」ってのは正直なところ信じてなかったんですね。
それが、友達のbatimasaki君のスタイルやレオンさんの著書の影響もあり、今ではすっかり「巻かない釣り」の信者になっちゃった次第でございますw
とにかくルアーだからといって、リトリーブしなきゃいけないってことはありません。
もちろん、動かさなきゃダメってシチュエーションもありますが。
ただただ、流れにまかせて口を使わせる「ドリフト」ってメソッドもあることを心の隅にでも置いておいてくださいな。

そう言えば、ほっとくだけで勝手に水流を掴んで、いい感じに流れてくるベイトを演出できるドリフト専用プラグとかジグヘッドとかってあんのかな?
もしなかったら釣具メーカーさんにお願いです。是非作ってください。
ホニャララのひとつ覚えみたいに「ダートするモノ」ばっかとか、「とりあえずブレードつけてみよう」とか二番煎じ三番煎じを作ってる場合じゃないですよ。
あっ、今、毒吐いたw

ちなみに画像はドリフトにかけた、完全に僕の趣味です。


アジング・メバリングがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)
by カエレバ
関連記事
TICT 松浦宏紀のライトリグドリフト講座
「動かない」ミノーの使い方をちょこっと紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


メガバスさんとこのワーム「ジャミラ」が、ちょいと素敵なアクションで気になっちゃったのご紹介。
この名前からして、水に弱い元宇宙飛行士の怪獣を連想する 人も多いかと存じますが、それはそれ。
こちらは、水の中で死にそうになりながら泳ぐ魚を演じるのが達者なワームでして、その動きはまにデッドリーベイト。
個人的には、ストラクチャーなんかにピッタリとついているスズキなんかを釣るのに使ったりしたら面白いんじゃないかと思ってるんですが、 そんな酔狂な釣りをする人はあんまり見たことないので、ひっそりと使うことにします。
これ、ストーキングして波止際の明暗部に落とせば、バッコーンって出ると思うので、そんな物好きな釣りを愛する方は是非。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



三重テレビのルアー合衆国で放送されたminimaruオンリーのボートゲーム動画がyoutubeにアップされています。
最早ライトゲームの定番となった不思議な魅力溢れるミニマル。その威力はメバルだけでなく、シーバスをも虜にしてしまう程。
I字系の魅力とキレの良いダート、魅惑のフォールと揺らめきの魔力に満ちた、ミニマルの釣れっぷりを御覧ください。
動画後半ではサミーさんが、ブリーデンの新作ロッド「GRF-TX60MH」 と「GRF-TX-63M」してくれますよん。
ちなみにコチラではインチョーさんが、60MHのインプレをチラリと書かれています。
気になる方は、あわせてどんぞ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


アミパターンってのはお魚さんが小さな浮遊性プランクトンなどを捕食している時に用いられる釣り方でして、基本的に使われるルアーは小さなクリア系のワームとか、クリアカラーの浮き物プラグだったりします。
んで、その小さめルアーたちの射程距離内にアミ類が発生し、パッシャ!パッシャ!とお食事中の魚たちが居るのであれば、僕たちアングラーはあまり苦労することはありませんね。
しかし、それが射程距離外の出来事だったりしたら、遠投系のリグを引っ張りだしての遠距離射撃になるワケです。
でも、フロート系のリグにチェンジするのも面倒だし、水面または水面直下のレンジを攻略するのは、やはりワームよりはプラグが有利。
じゃあいったい、このロングレンジで展開されるアミフェスタを、フローティングまたはサブサーフェスのプラグで攻略するにはどうすれば良いのか?

ってなワケで今回は、シーバスのアミパターン攻略から、そのヒントとなる考え方が書かれた矢七さんとこのブログを紹介。
ちなみにコチラでも同様のアミパターン攻略が紹介されているので、興味ある方は合わせてどんぞ。
この際、「アミ=小さい」&「メバル=小さいルアー」ってのは、一度リセットしてみましょう。
結局は「アミの塊」ってイメージってことですな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


今回紹介するテクニックはレバーブレーキ付きのリールを使ったこのなんで、はじめにご了承くださいませ。
基本的に僕もレバーブレーキ付きのリールってのはいじったことがなくて、馴染みがないリールなんですが、メバルタックル&ワームでスズキを狙うことに至上の喜びを感じている釣友はレバーブレーキで楽しんでいました。
んで、このレバーブレーキにしかできない美味しい技を紹介しているのが今回の動画。
U字ターンの美味しい部分を繰り返し行えるというこの技は、レバーブレーキ愛用者なら知っておくべきテクニックだと思うんですな。
もちろん、ライトゲームに応用できるテクなのです。




関連記事
流れに同調&ステイさせるレベルワインドを解説
最終テストとレバーブレーキで狙うキジハタ
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


アイマのSasuke SF-50のスイミング動画がアップされていたのでご紹介。
発売して間もない注目のルアーの泳ぎっぷりをアップしてくれているのは、ガチさんとこのブログ
水中のなかをボディーをフラッシングさせながら、ウォブンロールで泳ぐ姿がご覧になれます。
画像は少々粗いですが、動画は普通に観れますんで、気になってる方は是非チェックしてみてくださいな。


アムズデザイン(ima) sasuke SF−50(サスケSF−50) 50mm #SKF50−003 イワシっ子
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



トップウォータープラグを使った釣りってヤツは一度その魅力に取り憑かれると、やめられなくなるほどエキサイティングでして、他のルアーでも釣れる魚をあえてトップでのみで勝負するっていう拘りが出てきたりするのも、この釣りの面白いところ。
今回は中毒者を多く出しているトップゲームのコツを紹介しているDUELさんとこのオフィシャルブログ をピックアップ。
クロダイに限らず、おそらくシーバスや青物等にも共通すると思うので、トップの釣りを愛してやまない 方々は参考にされてくださいな。


スポンサードリンク


by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


レオンさんとこのブログに、ライトロッドでシーバスゲームを楽しむためのコツが紹介されているのでご案内。
メバルやアジ狙いの際に現れるスズキってやつは何かと敬遠されがちで、ちょいと可愛そうな気もしちゃうのです。「場が荒れる」、「取り込めない」など理由は様々ですが、せっかく釣れるビッグなターゲットを釣らないってのも勿体無いお話。今回はヘビー級ライトゲームをもう少し楽しんでみても良いんじゃないかな?って思ったので、アジンガー&メバリストの皆さんにご紹介。
シーバスタックルじゃなくったってスズキは釣れるし、むしろライトタックルのほうが有利なシチュエーションってのも結構あるんです。ライトロッドならではのスリリングな釣りを楽しんでみては如何かと。


関連記事
ライトタックルで楽しむシーバスゲームのすすめ
ゲーム性の高さがハマるヒラセイゴゲームを攻略





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]