Saturday, February 6, 2016


釣り専用車をお持ちの方が、大抵付けている装備に車載ロッドホルダーがあります。車の天井にズラリと並んだタックルってのは、見た目も気分も良くしてくれるものでして、ちょっと優越感に浸れちゃう部分もあったりします。しかし、家族と共有している車となるとそうも行かず、専用のロッドホルダーなんて取り付けることも難しいかと思います。
そこで本日は、専用品ではないけれどロッドホルダーとしても使えちゃう 「シートフック」を紹介しているブログを知らせ。
コンビニとかトートバッグなどをぶら下げるフックが、簡易ロッドホルダーに早変わりしちゃうのです。


関連記事
ちょっとした移動に重宝する簡易ロッドホルダー
パーツに拘った脱着式の自作車載ロッドホルダー




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ルアーケースってのは意外と微妙なサイズや収納力のものが多く、どこかしっくりいかない部分を残しつつ、我慢して使って居る方って意外と多いんじゃないかな?って気がします。実際に僕も気に入って使っているケースってのはなくって、「まぁ、こんなもんだよね的」に使っています。
んで、今回紹介するルアーケースは以前コチラで紹介してたアイテムの浅型タイプでして、これが誠に素晴らしい逸品だったので皆さんにご紹介。
本体が薄くて仕切り板が多く、自在に収納スペースが変更可能、しかもケース丸ごと使ったルアーが洗えちゃう「水抜き穴」を装備!ってんだから買わない理由が見当たりませんね。
「全ライトリーガーが泣いた! 」ってコピーが付きそうなヤバイ代物であります。
詳細が知りたい方は今すぐミヤケマンさんとこのブログへGO!


山田化学 タフケース浅型 W210 グリーン
by カエレバ

関連記事
魔法の粉「モエビパウダー」の使用感をレポート
ちょっとの工夫でワームケースの収納性を向上!
オススメ ワーム収納:MEIHO リバーシブル85




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


メバリングやアジングに限らずルアーフィッシングってのは頻繁にルアー交換をすることが多く、結構忙しいものです。淡水魚を相手にしている場合はまだ良いですが、僕たちライトでソルトな人達の場合、使ったルアーは洗わないと後々厄介なことになるのは皆さんご存知の通り。
一度海水に浸かったモノをまたルアーケースに戻せば、使ってないルアーにまで海水の影響が出るし、使用していないモノまで洗わなくてはいけなくなるのでちょいと面倒。
使用済みルアーを入れるためのだけのケースを用意すれば、バッグの中身が増えてそれはそれでよろしくない。こんな悩みを抱えているアングラーさんは、実はたくさん居らっしゃると思うんですね。
今回は使用済みと未使用ルアーをキッチリとスマートに分けたいって人にオススメのsaku-37さんとこのエントリーをご紹介。クーラーに装着するタイプのアイテムなんで、クーラー常備のアングラーさんにピッタリだし、ちょっとしたクズ入れとしても活躍するところもナイスですな。


関連記事
釣場で出来るフックを錆びさせないお手軽メンテ
使えるルアーケースの仕切り版カスタム法を紹介



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

ラパラさんとこの新製品情報に、地味に紹介されている収納アイテム「タックルタワー」が、何気に良さそうな感じだったんでちょいとご案内。
この製品は上部にフックが付いている吊り下げ型の棚でございまして、フックが掛けられる所があれば、どこでも収納棚ができちゃう優れ物。部屋のクローゼットや愛車のなかなど、吊り下げ可能なスペースがあれば、そこもうアナタだけのタックル置き場! 日に日に増殖する釣り道具や、「いつか使うかもしれないから保管しておこう!」って、結局使わなれないタックル墓場じゃなかった、置き場に是非。
ラパラの小物類は良さげなアイテムがあるので、ルアーばかりでなくそっちの宣伝もすれば良いのにね。


関連記事
プロックスから良い感じのロッドスタンドが発売
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
スタイリッシュ&クールなタックルコンテナを紹介
オススメ ワーム収納:MEIHO リバーシブル85





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


カメラ好きの方って、意外と釣行の際にデジタル一眼を使っているケースが多いのかな?って気がします。僕の友達もコンデジは使わずにミラーレス一眼使っているし、いろいろな方のブログを見ていると、キレイな写真はだいたいデジイチで撮影されていることが多いんですね。実際、僕も室内撮影オンリーではありますが仕事でデジイチを使ってますが、その画像のキレイさはコンデジとは別物で、プライベートでも欲しくなったほどです。
しかし、大きさや重さをがある上に、防水機能もないカメラを釣りに持っていくのはちょっと勇気がいりますよね? まぁ、その辺りは、ちょっとした慣れってのもあるのかもしれませんが(笑)
今回はそんな不安や不便さを解消してくれるカメラバックが、ティムコさんとこからリリースされるので、ご紹介。防水性、クッション性、落下防止の三拍子が揃った、釣行専用カメラバッグの登場です。
一眼用のほかにミラーレス用もあるので、カメラ愛好家の皆さんはチェックしてみては如何でしょうか?


関連記事
松尾道洋&濱本国彦が教えるデジカメ撮影術
アングラーのためのデジカメ撮影術
アングラーのためのデジカメ選び 2012
デジカメの防水



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


基本的に釣りの足と言えばクルマでして、その積載量を武器にあちこちの釣り場へタックル満載で行けると言うのが最大の強味であります。しかし、クルマゆえに気軽に駐車が出来ない、小回りも利かない、狭い道に入れない、燃費が気になるなどのデメリットもありまして、その辺りに強いのがバイクなんであります。
一度でも二輪に乗ったことがある人ならば、そのフットワークの軽さと、走る楽しさは忘れがたいものがあり、その利点を活かした釣りスタイルってのも魅力と冒険心に溢れたバイクならではの世界なんですな。
ってなワケで、今回は排気量こそ小さいものの、世界に誇る日本の名車の血統を受け継ぐ「クロスカブ」のコンセプトモデルを紹介。基本的に僕は単車乗りなんで語り始めると止まらないので、この辺りで止めておきますが正直これは欲しい1台であります。
しかし、この旧モデルであるハンターカブと呼ばれるCT-110というオートバイは、これまた……(ry



関連記事
釣りライダー必見! バイク用ロッドホルダー
携帯に優れた5ピースのパックロッドをリリース
携帯に便利な5pcsメバル用パックロッドが登場
仕舞寸36.5cmのモバイルテレスコロッド登場
テレスコピックのロッド「Gulp! Stick」登場



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


リーズナブルで良い感じの商品をリリースしているプロックスから、これまた良い感じのアルミロッドスタンドが発売されるのでちょいとお知らせ。今回発売されるのは、上の画像の12本用と、より多くのロッドが立てられる24本用の二種類。よく見かける木製のスタンドに比べデザインが良く、機能的に優れているのでピックアップしてみました。12本用は持ち運びに便利なハンドル付きなので、多人数でワイワイ楽しむスタイルの釣りや、ちょっとしたイベントなんかにも活躍しそうですな。個人的にはイエロー&ブラックなんかが欲しいところ。もう少しカラーがあると、嬉しいんだけどなぁ。
って思ったけど、自分で塗ればいーのか。


プロックス(PROX) アルミロッドスタンドミニ8(組立式) ブルー
by カエレバ

関連記事
ちょっとした移動に重宝する簡易ロッドホルダー
ロッドポストSPの使い勝手を向上させちゃおう
プロックス 便利系ギア等の新製品を発売



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


プロックスの「フィッシュキャッチャー」が生まれ変わって新発売です。
旧モデルはなかなかスタイリッシュでコストパフォーマンスに優れていることから、アクセスも多く注目されたランディングツールでした。今回のモデルチェンジは旧モデルのデザインを踏襲しつつ利便性を向上。グリップの形状を変更しフィンガーホールを追加するなど、握りやすさを追求しています。またこのモデルチェンジした「フィッシュキャッチャー2」に加え、アジやメバルなどの小型魚用に「フィッシュキャッチャー ミニ」もラインナップ。こちらもフィンガーホールを設け、使いやすさに拘っています。
ランディングツールを物色中の方は、是非チェックしてみてくださいな。


関連記事
ありそうで無かったフィッシュクリップが登場
キーホルダー感覚のフィッシュグリップが誕生
フィッシュグリップの小型化&軽量化カスタム術
フィッシュグリップを扱う際の注意点について





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


海外遠征で大物を狙う「怪魚釣り師」である武石さんとこのブログに、頑丈なロッドケースの作り方がアップされているのでご紹介。
外国のみならず国内での遠征に欠かせないのがロッドケース。マイカーなんかで移動の場合はあまり気になりませんが、飛行機や電車、フェリーや渡船なんかを使う釣行では、ロッドの扱いに気を使うもの。ぶつけられたり、倒されたりする可能性もあるし、自分の手のから離れた先でどんな扱いをされているかも分かりません。せっかくスケジュールを調節し、お金を掛け楽しみにしていたのに、旅先でロッドが破損なんて目も当てられませんね。そんな事態に陥らないためにも、頑丈なロッドケースを用意しておきましょう。基本的に安価に仕上がるお手製ケースですが、見た目を気にする人はロッドカバーに拘るのも面白いかもしれません。
個人的にはビニールテープ巻いただけの方が無骨だし、ワイルドで好みです(笑)


関連記事
ロッドティップをガードする画期的な新アイテム
ライトロッドの繊細なティップをがっちりガード
あのワンピースロッドも収納可能なケースを紹介



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ティムコからちょっと変わった便利グッズがリリースされるので、ライトリガーな方々にご紹介です。
今回ピックアップしたアイテムはタックルバッグとビク(魚籠)が合体した、ありそうでなかった「アジングバッグ」。 画像を見て頂いたら分かると思いますが、前面にはルアーケースの収納ポケット、サイドにはフィッシュグリップホルダーを装備。画像にはありませんが反対側には、デジカメなどが収納できるポケットがあり、バッグ上面を開ければそのまま魚が収納できるという優れモノ。バッグのにはプラスチックケースが入っているので、内部がキレイに保てるほか、取り出しも簡単なので帰宅後の処理もラクチンです。保冷用のシートなどを入れて工夫すれば、真夏はムリでも3シーズンは使えそうです。車から離れて地磯なんかを歩きまわるアングラーさんに、強烈にオススメのバッグなのです。
が、ちょいとセレブな価格が気になるところ…。


ティムコ(TIEMCO) ボイル アジングバッグ グレー【釣具のポイント】
by カエレバ

関連記事
ありそうでなかったライトゲームの針外しが登場
安価なクーラーでも保冷力がアップする裏技とは
手っ取り早く魚を絞める万能アイテム「ハサミ」






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ブリーデンの社長さんブログに、ちょいとお洒落なアイテムの情報がアップされていたので、ご報告。
今回の取り上げたアイテムはブリーデンファンが喜びそうなリール用のドレスアップパーツでして、 「13ロゴ」がビシッと決まったクールなデザインの製品たち。画像にあるハンドルキャップの他にも、ハンドルノブやノブ用キャップもラインナップされているので、気になる方はチェックしてみてください。
釣具メーカーでありながら、「釣る」という機能とは別の部分でも勝負できるってメーカーさんってのが、今後の釣り業界を引っ張って行くんじゃないかと思います。このような楽しみ方を提案してくれるメーカーがもっと増えれば、きっと業界も盛り上がると思うんですな。
遊び心とか、センスってすごく大事。


関連記事
フェイクラバーブーツにカスタムパーツが登場!?
ジグヘッド自作派にイチオシなプライヤーが登場
ロッドティップをガードする画期的な新アイテム
ERのPull Boyはルアーケースの救世主か!?


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ゴールデンミーンから、痒いところに手が届くユニークなアイテム「GM FOOK OUT」がリリースされるのでご紹介。
アジングやメバリングなんかを楽しんでいる時に、ちょっと厄介なのがガッツリ飲まれたジグヘッド。慣れた人は人差し指を突っ込んで簡単に外していますが、僕なんかは指にフックが刺さりはしないかと思い怖くてできません(笑) そんな場合はフォーセップなんかを使って外していますが、意外と手間がかかったりして面倒なんですよね。「モタモタしてると時合が!」なんて考えていると、余計に上手く取れなかったり…。そんな状況下で威力を発揮しそうなアイテムを紹介しているのが、今回紹介する高木さんとこのブログ。パッと見は普通の針外しのようですが、実はちょっとしたアイデアが仕込まれている優れモノ。価格もリーズナブルだし、ちょっと欲しくなっちゃいましたよ~。


関連記事
お手頃価格なエア抜き&神経絞めワイヤー
ティムコ セラミッククリッパー
「手返し上手は釣り上手」 スレッダー活用術
メバリングプラグのフックを簡単快適楽々交換!



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


当サイトにやって来る方の検索キーワードの中に「iPhone  防水ケース」 ってのをたまに見掛けます。スマホは今や欠かせないフィッシングツールのひとつとなって、皆さんの釣りをバックアップしているんだなぁと、ガラケー使いの僕はしみじみ思うのです。そして今回、たまたま濱本さんとこのブログに防水ケースのネタが取り上げられていたのでピックアップしてみました。
個人的に外で使う電化製品ってやつは基本的に防水機能があって当然だと思うんですね。腕時計にだって生活防水がついてるんだから、スマホやケータイにもあって然るべきだと思うんです。んで、釣りという水辺で楽しむ遊びを趣味としながらも、防水機能なしのモノを使う方も結構多くてビックリなんですな。おそらくは機能面やデザインの問題が、主な理由かと思いますが。ことスマホに関してはやはりiPhoneがピカイチらしく、防水性と天秤にかけても機能面をとるって方も多いようです。本日紹介するアイテムは、なかなか良さ気な感じなんで、防水ケースを探してるアングラーさんはチェックしてみてくださいな。
「防水だけでなく、もっとタフなヤツを!」ってコチラを御覧ください。カッチョイイのがありますよん。
また水没対策として、特殊コーティングで浸水を防ぐって 方法もあるんで、興味ある方はどんぞ。

関連記事
防水規格最上レベルのiPhone防水ケース
デジカメの防水
アングラーのためのデジカメ選び 2012



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



僕達ライトリガーの主な釣行時間は夜間が多く、ヘッドライトや常夜灯などの「明かり」にお世話になることが多いかと思います。常夜灯に照らされている漁港や波止なんかは比較的明るくて、ライトなどを使わなくてもリグ交換やルアーチェンジができます。しかし、それが照明の一切ない闇磯やサーフ、河口域になると、このありがたい明かりの存在がちょっと厄介になってきます。暗闇での突然のライト点灯は釣り場を潰し、魚に警戒心を与えます。魚の姿やベイトを確認するために水面に照射するなんてもってのほか。その辺を心得ているアングラー諸氏は魚に警戒されないように、リグやルアーチェンジの際の点灯時間をなるべく短くし、水面に光があたらないよう、周囲に光が漏れないように気を使っています。できることならライトなど使わずに交換したいし、使わない人もいるほどです。んで、今回紹介する自作ライトさんとこのブログの記事は、暗闇で釣りをするアングラーさん達にとって非常に興味深い内容で、今後の釣りのスタイルが変わっちゃう可能性だってあり得るほどのお話。ライトリガーだけでなく、シーバスアングラーさん達にも読んでもらいたい、ちょっとありがたいネタなのです。
薄暗い場所で水面を照らしたり、海に向かって堂々とライトをつけてリグ交換する等の行為は、釣り場で嫌われます。心当たりのあるビギナーさんは、気をつけましょうね。これもひとつのマナーですよん。

関連記事
メバルには見えない!? レッドライトを紹介



今回のネタはアジやメバルに使うにはちょっとサイズがデカいかなぁと思ったんですが、プラグやメタルジグを使うその他のライトゲームに便利だし、小物入れにも良さげな感じなんでご紹介。
現在発売されているルアーケースってやつは大小様々なものがあって、使うルアーによってケースのサイズを選ぶのが普通。しかし持って行くルアーが全て同サイズってことはあんまりないし釣りのスタイルによっては、デカいのも小さいのも、ワーム、プラスチック、メタル素材なんかもまとめて持って行く人もいますよね? そこで問題になってくるのがケース内の間仕切りの問題。ざっくりとした性格の人なんかは気にしないのかも知れませんが、キッチリと収めたい性分の人も居らっしゃるワケです。そこでひろぽんさんとこのブログから、間仕切りを好みにカスタマイズできるルアーケースとその方法をピックアップ。ルアーケースに不満を持っているアングラーさんに見て頂きたい内容であります。
是非、ライトリガーサイズも出して欲しいですよね!

使えるルアーケース
使えるルアーケース その2
タフケース W210の改造


山田化学 タフケース W210
by カエレバ

関連記事
ERのPull Boyはルアーケースの救世主か!?
ケースに張り付くワームのイライラ解消テク
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
ちょっとの工夫でワームケースの収納性を向上!





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

キャッチしたお魚さんに手を触れず、与えるダメージを最小限に抑えスマートにリリースするためのランディングツールと言えばフィッシュグリップですね。もちろんキャッチ&イート派のみんなも愛用している小道具で、僕達ライトゲーマーのためのアイテムもリリースされるようになりました。各メーカーから発売されているモノもそれぞれ形や素材が異なり、プラ製品から金属製といろいろありまして、ひと頃に比べればスタイルに合わせたチョイスができるようなったのも嬉しい限りでございます。そんななか元祖フィッシュグリップであるボガグリップ型の存在は見受けられず、あのヘビーデューティーなフォルムのライトゲームバージョンは欲しかったら作るしかったんですな。しかし、この度フィッシングマックスさんとこのブランドであるアズーロから発売されてまして、皆さんにご紹介する運びと相成りましてございます。このアイテムを知るきっかけとなったしまじろうさんとこのブログによりますと、サイズは16cmと小さく、小型の青物位まではいけそうな感じです。60cmクラスのちょっとゴッツイ奴がお相手のアングラーさんにぴったりな商品かと思いますが、如何でしょうか?


関連記事
フィッシュグリップを扱う際の注意点について
キーホルダー感覚のフィッシュグリップが誕生
あの「リトルフィッシュホルダー」がお洒落に!
プロックスから「フィッシュキャッチャー」が発売

 


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

アングラーのためのデジカメ選び 2012

Posted by tomoshow On 9月 - 15 - 2012 ADD COMMENTS

夏も終わりを告げ秋に突入している今日この頃、ちょっと「タイミング的に遅いだろ…」って話題なんですが、去年も、そして一昨年もやっていたネタなんで一応今年も(笑)
基本的に外で使うアイテムってのは、カメラにしても携帯やスマホ、時計なんかも防水機能が付いるのが当たり前だと思っとります。もちろん防水機能が標準装備されていないモノも多数存在しますが、それは道具として認めないのが僕の道具選び。特にアウトドアで遊ぶ人達にとってはすごく重要なことでして、不意の落下や落水なんかで簡単に壊れてもらっちゃ困るワケです。ちなみに現在、僕がお魚写真用に愛用しているのは、カシオのガラケー「G'zOne Type-X」。カメラの腕も知識を持ってない僕にはコレで十分。っていうか農作業時に田んぼに落として翌日救出したんですが、全く問題なく全ての機能が普通に使えたのには感動しました。可愛いヤツです。はい。
それではメモリアルフィッシュをバッチリ撮るための「2012年度 アングラーのためのデジカメ選び」をどんぞ。釣りブロガーのアナタも必見ですよ~!


NAVERまとめ 2012年夏、各カメラメーカー最新防水デジカメ

価格.com  防水機能付きデジタルカメラ ピックアップ

水中写真ためのデジタルカメラ比較

IT media  夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(前編)
夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(中編)
夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(後編)
夏フェスや海山 持っていきたい「アウトドアデジカメ」の選び方 




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングってヤツがライトゲームの定番となり、それに伴ってリグやロッドも進化してきました。そしてまたその釣りを快適にサポートするアイテムたちも徐々に進化を遂げ、日々の釣りを支えてくれる無くてはならない存在になっています。そんなアジングアイテムのなかでも人気が高いのがフィッシュグリップで、ヌルヌルで臭いがキッツイ魚体を生でお触りしたくない方々に圧倒的な支持を集めている逸品であります。今回のネタは、そんなフィッシュグリップに関する小技で、凄腕鮎師でアジンガーでもあるたけいさんとこのブログのエントリー。実はシマノのライトフィッシュグリップは僕も愛用しているブツでございまして、さりげなく便利な機能が盛り込まれている逸品なのであります。はい。


関連記事
フィッシュグリップの小型化&軽量化カスタム術
フィッシュグリップを扱う際の注意点について



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログに便利そうなアイテムが紹介されているのでご報告。
新品のラインを巻き替える時に活躍するのがリサイクラー で、これが一度使うと便利なモノらしく、愛用している方も結構多いとか。僕はと言えば折れたロッドにリールをセットし、新品ラインのスプールに棒を通し、両足の指で挟んで固定し一気に巻くというスタイルを今も頑なに続けています(笑)  しかし、記事中に紹介されているアイテムを使えばそんな煩わしさから開放され、鼻歌交じりでラインを巻くことが可能。リサイクラーのように巻き取りはできませんが、釣り場で簡単にラインが巻けるのは大変ありがたいかと。
コイツさえあれば、攣りそうになりながら足の指でブレーキを掛けつつテンションかけなくっても良いんだぜ!


Berkley(バークレイ) ミニラインスプーラー【釣具のポイント】
by カエレバ

関連記事
下糸不要! ライン交換の際に役立つ裏技を伝授
替えスプール派のちょっとしたお洒落術を伝授




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

釣りって趣味はハマればハマるほど道具が増え、その収納や運搬方法に頭を悩ませることになります。そんなことをアレコレと考えながら道具を選んだり、工夫したりするのもまた釣りの楽しみのひとつです。今回のネタはエビさんとこのブログで紹介されている自作の車載ロッドホルダーでして、使用する素材を吟味したうえで作られているので仕上がりも上々。また釣り以外の目的で乗る際に邪魔にならないよう、脱着できるというコンセプトのもとに製作されているので、家族と車を共用しているって方にもオススメ。車に取り付けるロッドホルダーってのは意外と高価。素材や構造などを工夫すれば、意外と簡単に作れちゃうもんなんですな。
時代に翻弄されているサラリーマンアングラーな方は是非!


関連記事
釣行前&撤収時に便利な簡易ロッドホルダー
ちょっぴり便利な気もするPROX「吸盤竿受」
釣りライダー必見! バイク用ロッドホルダー
車載ロッドホルダー




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]