Monday, September 24, 2018

a78bfa02


以前コチラでお伝えした、激流ポイントで役に立つベイトタックルのテクニック「ゼログラビティーフォール」の詳しい解説を考案者の梶本さんがブログにアップされているのでご案内。
ベイトリール特有の機構を駆使する技なのでベイトタックル前提ですが、これを知っているのと知らないのでは釣果に雲泥の差が。
上級テクですがベイト使いのライトゲーマーには、ぜひ体得して頂きたい技なんですな。
スピニングリールでは真似出来ないので、「激流攻略にチャレンジしたい!」ってアングラーさんはベイトタックル持って海へGO!

スポンサードリンク



by カエレバ


関連記事
SWベイトフィネスの可能性と問題点を考察
ベイトタックルの誤解や先入観を解消しちゃう話
流れのあるエリアで実力を発揮するベイトタックル使い方講座


スポンサードリンク

スポンサードリンク

THEORY_topimage_2


最近、「超軽量タックルでの釣りの世界も体験してみたいなぁ」なんて考えているんですが、なにせ先立つものがないのでそれも夢のまた夢。
日々妄想に耽る今日このごろですが、ニュースです。
ダイワさんちのセオリーちゃんに1000番の「セオリー 1003」が登場です。
自重が155gと軽量で超繊細なライトゲームにピッタリな感じ。
ちなみに発売は11月だそうです。
今回の情報の入手先はCOLTさんのブログでした~。

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
注目の「17セオリー 2004H」の各パーツの特徴と重量、そして使用感をインプレ!
シマノ 「17ソアレ Ci4+」の製品ページを公開! 新番手「500S」も仲間入り!
シマノの4フィートクラスのショートな アジングロッド「ソアレ S408ULS」が良さげな件


スポンサードリンク

スポンサードリンク






syuns001


そろそろ朝晩はグッと冷え込み本格的に秋らしくなってましりました。
そして秋といえば海の幸と山の幸が美味しくなる時期ですね!
ってなワケで今回は、「美味しい魚の見分け方」を教えてくれている津本さんの動画をご紹介。
普段僕らが耳にしている「旬」という言葉に隠された意味、見た目が立派な抱卵個体は美味いのか?といったお話、そして美味い魚は何が違うのかを動画で解説。
ちなみに僕たちが大好きなアジの見分け方は、究極血抜き用工具の実演動画であるコチラの動画で解説されてますよん。
抱卵している魚やイカは優しく、そしてなるべくそっとしてあげましょう。


スポンサードリンク




by カエレバ

関連記事
ハサミなどの身近な道具を使った「釣り場で出来る究極の血抜き」を動画で解説
神経絞めの本当の目的&釣った魚を美味しく持ち帰る方法など詳しく解説
最高に美味い魚を食べるための究極血抜きからの「究極の保存法」を解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

mgbndrl001

発売されたばかりのマグバイトさんとこの新作プラグ「バロンドール」。
このデビューしたてのほかほかプラグを、アングラースタッフである伊藤さんがブログで紹介しているのでご案内です。
実はこの新型シンペンは以前コチラでチラリと紹介しておりまして、そのアクションや実釣力なんかが動画で紹介されていたんですな。
パッと見た感じは普通のシンキングペンシルなんですが、フック周辺にマグバイトさんらしいこだわりが秘められておりまして、他メーカーさんと同じものは作らないというクラフトマンシップが込められた逸品に仕上がっています。
先シーズンあたりからメバルプラッギングが盛り上がってきているので、プラグっ子の皆さんは是非チェックしてみてください。
ちなみに伊藤さんのブログでは、チヌっ子&メバルっ子が喜びそうな「ジップベイツ ザブラ クロストリガー」バスデイ&ジップベイツのメバルプラグの話題もアップされているので、メバルプラッガーなお友達はあわせてどんぞ。

スポンサードリンク



by カエレバ
 

関連記事
【動画あり】マグバイト 開発中の新型シンキングペンシルのテスト状況をチラリと報告
楽しげなメイキング映像と共に観る、マグバイト主要ルアーの水中アクション
マグバイトの「フローティング スカリ」がクールでナイスでエクセレント過ぎる件



スポンサードリンク

スポンサードリンク

9f132c66
シビアな視点と観察眼で目からウロコの記事をアップしてくれている梶本さんが、アジとメバルについての考察と当て潮(向かい潮)時の攻略法を書かれているのでご紹介。

アジとメバルの考察では、それぞれの口の形状や捕食スタイル、魚の生態など紹介しつつ、それがルアーフィッシングにどのように影響するのかを解説。
アジング&メバリングの幅を広げるをヒントになると思いますんで、研究熱心なアングラーさんは是非。

メバル属(学名:Sebastes)とアジ科(学名:Caranginae)の体質の違いとルアーの関係。

また、当て潮攻略では、非常に釣り難い「キャスト位置に向かってくる潮」や「二枚潮」でのジグヘッド操作法を解説。
ビギナーさんには意外と気が付きにくい状況でもあるので、シブいときなんかに試してみたらハマって連続ヒットっなんてことがあるかも。
逆に「こーゆー釣りのほうが燃える!」って変態さんも世の中にはいらっしゃるので、繊細な釣りが大好物なアングラーさんは今すぐチェック。

スピニングタックルで向かい潮でも釣果を伸ばすバックドリフトという釣り方のお話。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
ジャクソンのこだわりを凝縮したライトゲームアイテムを動画で紹介
アジはひと飲みできるツルンとした喉越しを求めて、ジグヘッドとワームを吟味しているのかもしれない
メバルプラッギングで重要なフッキングを成功させるためのロッドワーク


スポンサードリンク

スポンサードリンク

icu0001


新発売となったTICTさんの新型メバルロッド「IC-74FS-Sis Finesse Solid」と「IC-74PT-Sis Power Tubular」。
この2本の「アイスキューブ」の特徴を詳しく解説したブログがアップされているんで、皆さんにお知らせです。
メバルロッドのなかでも一番汎用性の高い7’4"というレングスで、シチュエーションやスタイルにあわせてチョイス可能なソリッドとチューブラーというラインナップ。
メバルシーズンに向けて新しい相棒を物色中って方は是非ご覧くださいませ。


スポンサードリンク



7フィート4インチ!

★NEW★IC-74FS-Sis

★NEW★IC-74PT-Sis

また、携行性に優れたライトゲームロッド「★NEW★bFO-74S-5P」や、足場の高い場所でのアジング&メバリングにピッタリな「レコードキャッチャー」の記事もあわせてご覧ください。


by カエレバ
by カエレバ

関連記事
大分のショップ「ing」で行われたTICTの富永敦さんのトークショー動画を紹介
TICTスタッフブログで「SRAM EXR-66T-Sis」を詳しく解説
トミー敦がTICTのリールカスタムパーツ「CBS SPOOL-D」&「SSH30-D」を詳しく解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

81328829


ブリーデンのフィールドスタッフを務めるインチョーさんのブログに、鋭意開発中のアジングロッドの話題が続けてアップされているのでご案内です。
現在公開されている情報は「チタンソリッド」、「ソリッド」、「チューブラー」と3種のティップのロッドの存在と、用途に合わせたロッドが選べるようラインナップが複数存在しているということ。
以下にティップ別に解説している記事へのリンクを貼っておきますんで、ブリーデンのアジングロッドが気になる方はチェックしてみてくださいな。
アジングロッド関連の話題をアップしている13luepearさんの記事もあわせてどんぞ。
個人的には「チタンソリッド」のロッドを非常に楽しみにしております。

スポンサードリンク


新しいアジングロッド
新しいアジングロッド その2
新しいアジングロッド その3
アジングロッド チューブラーティップ の話


by カエレバ

関連記事
ライトゲームの大物ヒット時におけるドラグ設定
「もう迷わない!」カラーセレクトに悩まないために覚えておくと役に立つ考え方
どんなラインを使うべき? 推奨ウェイト以上のリグはOK?等 ロッドにまつわる疑問を解消


スポンサードリンク

スポンサードリンク

mutu001


アジングやメバリングのスタンダードリグと言えば「ジグヘッドリグ」ですね。
そしてそれらの釣りのタックルを流用するムツゲームもまた、ワームメインで楽しまれている方が多いと思います。
しかし、実はこのムツというお魚もご多分に漏れずプラグで釣れるターゲットでして、今回はその楽しみ方をサクッと紹介しているゆーすけさんのブログをご案内。
美味しく楽しい釣りが大好物なライトプラッガーの諸君は今すぐチェック!
ボトムノックスイマーで釣ってるのが、非常に興味深いですな。

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
メバル&アジに続け! 手持ちのライトタックルで楽しめる超美味なムツゲー再入門


スポンサードリンク

スポンサードリンク

qtk002

ルアーフィッシングの歓びといえば、あの手この手でパターンを探りヒットさせたあの瞬間ですね。
僕たちアングラーはドキドキするあの瞬間を味わいたくって、ついつい釣り場に足を運んでしまいます。
そしてもうひとつの楽しみは産地直送の新鮮な海の幸を存分に堪能できるってことでして、これまた釣り上げた時は別の幸せに包まれるひとときです。
自然と戯れ、釣って楽しみ、食べて楽しむ。
釣りという趣味はなんとも贅沢なものですな!
ってなワケで今回は、おなじみの津本さんの動画から魚を美味しく食べるためのネタをピックアップ。
「神経絞めを行う本当の理由」や「釣った魚を美味しく持ち帰る方法」、また「2~3日経過した魚の血抜き」や「美味しい魚の見分け方」などを紹介。
とびきり美味い魚を食べたいアングラーさんは必見です!


スポンサードリンク






神経絞めセットショート A20246 エア抜き&ワイヤー カラビナ付 小型魚用 ルミカ
by カエレバ




関連記事
釣った魚を本当に美味しく食べるための「究極の絞め方と保存法」を動画で丁寧に解説!
釣った魚を美味しく食べるための技術「究極血抜き」のアンサー編
ハサミなどの身近な道具を使った「釣り場で出来る究極の血抜き」を動画で解説
最高に美味い魚を食べるための究極血抜きからの「究極の保存法」を解説



スポンサードリンク

スポンサードリンク

dangerAngler001


非常に残念なことに、最近立て続けにアングラーの落水事故の話題を目にしました。
釣りは自然相手の趣味であって、絶対に安全とは言い切れません。
常夜灯の灯った足場の良い漁港などでの釣りはついつい油断してしまいがちですが、そんな場所でも死亡事故は起きます。
磯場やテトラ帯であればより危険度は増し、さらにあえて時化気味の海で釣るスタイルならばなおのこと。
釣りたい一心で「もう少し…」、「ちょっとだけ前へ」、「自分は大丈夫」などと思ってしまいがちですが、そんな時はすでに冷静な判断力が働いていません。
また逆にライフジャケットやスパイク等の安全装備を身に付けているから「大丈夫だろう」という過信も生まれます。
釣りたい気持ちも分かりますし、人がいない釣り場というのは魅力的です。
しかし、ここはちょっと冷静になって、いつもの自分の釣り場で落水した時のことを考えてみて欲しいのです。
単独で落ちて岸に上がれるのか?
落ちた際は緊急の連絡が取れるのか?
膨張式のライジャケのボンベを交換したのはいつか?
など、最悪の状況を連想しつつ、装備品の再チェックをしてみてください。

ここで白状しますが、僕は過去に2回落水しています。
一度は河口だったので溺れるほどの水深ではありませんでした。
もう一方は2月の夜の地磯で岩に躓き足を取られて転倒し落水しました。
両方ともスパイクを履き、ライフベストを着ていましたが、落水直後は軽いパニックに陥っていました。
そして体は浮いているにも関わらず、意外と身動きが取れませんでした。
2箇所とも単独釣行でしたが運が良く、落ちた場所の直ぐ側が岸だったので自力で上がれましたが、2月の海に落ちた時の恐怖は今も忘れられません。
慌てて岩にしがみつき這い上がったので、フィンガーレスグローブから出ていた指はアチコチ切れていました。

事故はいつ起きるか予想もつかないし、身の安全は自分でしか守れないもの。
落水して誰かに助けてもらって助かったにしても、周囲には多大な迷惑をかけるものです。
というワケで今回は、事故を未然に防ぐためにみなさんに再度チェックしてもらうために動画を貼っておきました。
関連記事にも過去のエントリーを貼っておきますので、見て頂けたらと思います。
また今回の記事を書くきっかけとなった、The fast oneさんのエントリーもあわせてご覧ください。

絶対に過信せず、海を甘く見ないで日々の釣行を楽しんでください。
そして海のもしもは118です。
釣りを楽しむ仲間としてお願い致します。

そして「10月1日はライフジャケットの日」です。





関連記事
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介
高級タックルより 先に手に入れるべき釣り道具
家に帰る意志 ~釣場の安全と安全対策~


スポンサードリンク

スポンサードリンク


事故ってヤツは突然起きるものでして、何時いかなるときでもその対策はとっておくべきです。
「俺は大丈夫」、「ここは安全」、「みんな居るから平気」などの過信が一番危険。
足場の低い場所でも、転んで頭を強打し気を失った状態で海に落ちればアウト…。
さらに時化ていれば、浮いてこれない可能性もあります。
また、事故にあった場合は身内や釣り仲間、たまたま釣り場に居合わせた見ず知らずの人にも迷惑をかけ、海上保安庁のお世話になることだってあるワケです。
なので、ライジャケ着用ってのは命を守るだけでなく、釣りを嗜む者のマナーでもあるんですな。
ということで今回は高階救命器具さんとこのタイプ別に見る救命具の膨らみ方の動画を紹介。
このエントリーが皆さんのライジャケ選びと着用の参考になれば幸いです。
そうそう、海のもしもは118番ですよ!

そして「10月1日はライフジャケットの日」です。


スポンサードリンク





by カエレバ

関連記事
高級タックルより 先に手に入れるべき釣り道具
家に帰る意志 ~釣場の安全と安全対策~

スポンサードリンク

スポンサードリンク



【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]