Friday, October 19, 2018

Sabiky_CLSA

ピュアフィッシングジャパンさんとこのバークレーから、ティンセルのテールを持つワーム「サビキー 1.8インチ」が登場
パッと見た第一印象は「ピュアフィッシングジャパン製のフラッシャーワーム」だったんですが、ダートアクションを可能にするボディーデザイン、ボディーに深く入ったリブ、テール部分のフィンなどのオリジナル要素を盛り込み、ライバルである「フラッシャーワーム」との差別化を図っています。
ルアーの世界はひとつ優れた製品がリリースされれば、他メーカーが改良やアイデアを付け加えた製品をリリースするのが常。
ある意味、弱肉強食的な部分があって優れているものが残り、ただのコピーでしかないものは市場から淘汰されていきます。
そうやってルアーは進化し、使いやすく良く釣れるルアーが定番として生き残ります。
なかには良いルアーでありながら宣伝方法がまずかったり、時代を先取りしすぎて消えていく残念なモノもありますが…。
今までにない画期的なアイデアをカタチにした製品ってのは、非常にインパクトが大きいもの。
個人的にはオリジナリティで勝負しているピュアフィッシングジャパンさんには、「どっかで見たな?」って思うのはやってほしくなかった…てのが正直な感想。
ですが、ユーザーとしては釣れる個性的なワームが増えるのは嬉しいところ。
果たしてこの「サビキー」は、元祖ティンセル付きワームである「フラッシャーワーム」を越えられるでしょうか?



スポンサードリンク





関連記事
アングラーも魚も即バイトしちゃいそうな「見た目からして釣れそうなワーム」がいよいよ発売
「そりゃ釣れるやろ」というコードネームを持つ「そりゃ釣れる」ワームを紹介
脱着可能なティンセルが何かと面白そうな件


スポンサードリンク

xv9djpitt986j7pfaniv-cde7af07
古くから夏の釣りの風物詩といえばハゼ釣りでして、この粋な遊びを西洋文化で楽しんじゃおうってのが「ハゼクラ」と呼ばれているハゼのルアー釣り。
日本古来から伝わる釣りと舶来の釣り文化が現代で見事に融合しているってのが非常に興味深く、日本の釣り文化の懐深さを見事に表してる釣りと言えるんじゃないでしょうか?
んで、ここ1~2年でジワジワとファンを獲得してきている「ハゼクラ」に、新型ルアー登場のニュースが舞い込んできたのでご案内。

ひとつは上の画像のハゼ用クランクで、こちらはマリアさんとこの「ポケッツ ディープクランク F38(仮称)」でして、詳しい紹介がトゥーニオさんのブログにアップされているので詳細についてはそちらを。

スポンサードリンク



2pw7z4chkp9bmusjpdrg-3ba48064
そしてもうひとつは上の画像のやつで、「ハゼクラ」を世に知らしめたファイブコアさんから8月発売予定の「ハゼアンフェア 35BELL」
スローに誘えるタイプだそうなんで、クランクへの反応がイマイチな時に投入してみるのが良さそうです。

徐々にライトゲームの定番ターゲットとして知名度を上げてきているハゼゲー。
お気楽お手軽に楽しめる身近な釣りなんで、挑戦したいって方は下の関連記事も参考にしてみてくださいな!




関連記事
巻くだけ簡単お手軽「ハゼクラゲーム」を伝授
クランクでハゼを釣る ハゼングの楽しみ方動画
ハゼとルアーで遊ぶ「ハゼクラ」 その時水面下では何が起こっているのか?
ダイワ ハゼ用にチューンされたアジングスプーン「ハゼスプーン」を発売!?

スポンサードリンク

product1

シマノさんのライトゲームブランド「ソアレ」から、この夏アジング&メバリングに活躍するアイテムが大量放出!
みんな大好きソフトルアーの関連アイテムは、以前コチラで紹介した「モモアジ」やブラインシュリンプ(シーモンキー)をイミテートした「アルテミア」、フォール用ジグヘッド「スフェーラヘッド」の3アイテム。
そしてハードなメタルも外せないって方には、ブルブル泳ぐ鉄板バイブ「ソアレ メタルバイブ」と、タングステンのメタルジグ「ソアレ TGエース」、アシストフックの「ソアレ FFライトアシストフック」の3アイテムを。
TGエースとライトアシストフックは9月発売予定で、それ以外のアイテムは8月発売予定とのこと。
シマノさんちのアイテムで、夏アジ&夏メバルを狙ってみては如何でしょうか?


スポンサードリンク




関連記事
重たいジグヘッドもスローフォールさせる小粒なアミ系甲殻類ワームが登場
テスターが教えるA-jigの素晴らしさと使い方
ワームを真っ直ぐに収納しておく裏技を伝授


スポンサードリンク

lgf01a201303180000


夏休みシーズンに突入してお子さんを釣れて海や川、山へ遊びに出かける方も多いかと思います。
そこで気をつけたいのが天候の変化などで起きる、落雷や増水、離岸流など。
それらはちょっとした判断ミスで大事故に繋がりかねない身近な自然現象。
もし、釣りの最中や家族とのレジャーでそんな場面に遭遇したらどうするべきなのか?
また予め察知するために、どんなことに気をつけたら良いのか?
それらがまとめられた記事があったんで、フィールドに向かわれる皆さんにお知らせです。
釣りをはじめ野外での遊びには危険がつきもの。
決して過信せずに天候などに気を配り、万が一の時の対処法も考えて行動しましょう。


スポンサードリンク




関連記事
【再掲】絶対に気を付けたい夏の風物詩「雷」
【要確認】 釣行時の安全対策をもう一度しっかりと見直してみよう
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介


スポンサードリンク

ebpan001


以前コチラで紹介したジャクソンさんとこの「エビパニック」や「チヌコロリ」など紹介した動画が多数アップされているのでご案内。
バスプロの江口俊介さんのチヌ釣り動画や、テスターの山中さんがギアステーションでチヌ釣りアイテムを紹介する動画も貼っておきますんで、チヌフリークのお友達はあわせてご覧ください。


スポンサードリンク

















関連記事
nada.のチヌ&シーバスペンシル「CROW」の使用上のご注意&実釣動画
メガバスのポッピングダックの特徴とトップチヌの楽しみ方を動画で解説
東京湾「チヌゲー不毛地帯」を払拭するトップチヌ&ボトムチヌレポート


スポンサードリンク


rinmeba001


アングリングソルトの動画に、岩崎林太郎さんの暑い時期のデイメバル動画がアップされているのでご案内。
水温が上昇して暑くなってくるとメバルは磯につくんだそうで、今回は磯場でのデイメバリングを実釣解説。
注目はジグヘッドとワームを変えた途端にサイズアップするところ。
また普通のジグヘッドとタングステンのジグヘッドとの違いも解説されているので、それらの使い分けを知りたい方にもオススメです。
そして動画の後半には、今回のロケで使用したダイワのニューロッド「月下美人 AIR AGS メバルモデル」の解説もされてますんで、こちらのアイテムが気になっているアングラーさんも是非。


スポンサードリンク






関連記事
酔狂なメバル師のための夏メバル攻略の勘所をレオンさんが伝授です
激戦区を回避してアジングを楽しむ。雨後の濁った河口は絶好の竿抜けポイント!
常夜灯周辺のアミつき尺メバルの狙い方を岩崎林太郎が紹介


スポンサードリンク

10musume-mai-7

先日コチラでお伝えしたライトゲームのニューターゲット「イサキ」。
今回はイサキのルアーゲームを検証して、感じたことや思い当たることを梶本さんがブログに綴っているのでご紹介。
まだまだ未知な部分が多く、知る人ぞ知るライトゲームターゲットなだけに更なる検証やいろいろなデータが必要なことと思います。
とにかくニューターゲットってのはいろいろな地域、いろんなシチュエーション、様々なアングラーさんの釣果報告やデータの蓄積があってメソッドが確立されていくもの。
今回梶本さんが提供してくれている情報をもとに各地のアングイラーさんがイサキに挑戦し、ブログやSNSなどにその釣行をアップしてくれれば、それを見たアングラーさんも釣りに出かけ、その模様をアップしていきます。
そうなっていけば、徐々にこの釣りがより身近なモノになっていくはず。
ショアから40アップのとっても美味しく、しかもナイスファイトなお魚がライトタックルで釣れる幸せ。
僕もそんな幸せを噛み締めたくってパソコンに向かいつつ、今まさにウズウズしているところです。
「こんなパターンで、こんなシチュエーションでイサキが釣れたよ!」って釣果報告のブログを書かれたら、是非ご一報くださいませ。

スポンサードリンク




関連記事
【朗報】イサキは狙って釣れる!? 解明された釣り場の条件と生態の一部を紹介!
物陰に貴方のワームをお届けできる極秘スライドアクションリグ「BBS」が初公開
なのブログ オススメ テスター
ロッド特性をしっかり理解して、奥深いウルトラライトな世界を堪能しよう



スポンサードリンク

natsumeba001

さて日本各地で梅雨明けが発表されましたが、メバルのネタです。
ちょいと更新が遅れましたが、暑い時期でもメバルを狙いたい酔狂なメバル釣り師と自分へのメモ的な意味合いを兼ねての投稿です。
基本的にオフシーズンではありますが、条件さえ整えばまだメバル釣行が可能なエリアは存在します。
今回は水温が上がっている状態の時に、どこを狙ってどのようにすればメバルが釣れるのかを教えてくれているレオンさんの動画をご案内です。


スポンサードリンク







関連記事
季節外れとは言わせない 「夏メバル攻略動画」
金丸流 夏メバル攻略法を動画で解説


スポンサードリンク

fyn001


PEラインで厄介なのが何かの拍子に絡まって、さらに結び目ができちゃう非常にめんどくさいトラブル。
ゆるく絡まってる場合は上手くやれば解消できますが、きつい結びコブができちゃった時は道具を使わないと復旧はほぼ不可能。
そこでご登場願うのが、今回紹介するファンキー山岡さんがオススメする非常に身近な素敵アイテム。
ジャケットやタックルバッグにちょこんと着けておけば、不意のライントラブルでも安心。
切らずにPEのトラブルを解消できる可能性が格段に上がるんで、皆さんもマネされてみては如何でしょうか?


スポンサードリンク







関連記事
PEコート剤を使った絡んだPEラインのトラブル解消法を伝授
イラッとするプチトラブルを解消する小技紹介
PEのお悩みをお得にシュッと解消するスプレー

スポンサードリンク

781af0a2


以前からルアーで釣れるという話は聞いていて、機会があったら釣ってみたいなぁと思っていた憧れの魚「イサキ」。
その釣果はだいたい船からかもしくは沖磯なんかでのお話で、たまに「陸っぱりで釣れた」なんて話も目にすることもあったんですが、なんとなく手が届きそうで届かない魚というイメージが強かったんですね。
しかし、今回ご紹介する梶本さんのブログでは、なんとライトタックル陸っぱりスタイル(←超重要)でイサキを釣るという驚愕の超絶嬉しい報告が!
そして釣れるサイズも衝撃的で近年まれに見る好ターゲットの予感!
釣れるポイントには条件があるものの、ある程度釣り方は確立されているようなんで、ニューターゲットとなるのも時間問題かも。
その昔、アジやチヌ、マダイの「釣れる」という噂をたくさんのアングラーが検証し、徐々にパターンが解明され定番となったように、イサキも狙って釣れる日が近いうちにやってくるかもしれません。
この釣りを長いこと検証されてきたアングラーさんに「ありがとう!」と声を大にして言いたい。
新たな釣りを確立するということは苦労と努力の連続。
それができるアングラーさんっての素晴らしいと思うんですな。
ライトゲーマーなお友達のみんなも是非イサキを狙ってパターンを共有し、狙って釣れるターゲットとして確立させましょう!
ちなみにボートからのデイゲームに関しては湾奥遊園地Ⅲさんとこがオススメです。

っていうか、イサキ、釣りてぇぇぇぇぇぇぇっ!


スポンサードリンク




スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_4814-768x478


各メーカーさんがリリースしているアジングやメバリングのワームって、すべて集めるといったいどれくらいの種類が存在するんでしょうか?
その全てを集めてカウントするのは無理ですが、それこそ凄い数になると思うんですね。
そのなかからワームを選べってのは非常に難しく、酷ってもんです(笑)
とくにビギナーさんともなれば釣具屋さんのワームコーナーに行っただけで、その種類の多さとカラーの多さに圧倒されちゃうワケです。
ってなワケ今回は、そんな迷えるビギナーさんに夏アジにオススメのワームを教えてくれちゃっている、矢野さんのブログをご紹介。
よっぽど粗悪なモノでない限り、釣具屋さん売られているワームに外れはないんですが、とにかく「外したくない!」と思う方は参考にされてくださいませ。
ちなみに僕の愛用しているアジングワームはモリックスさんとこのサターワーム2.5であります。


スポンサードリンク



【モリックス】Molix サターワーム2.5インチ[ネコポス:5](メバリング/アジング)

関連記事
釣り上手が教えるアミパターンのおすすめワーム
【再掲】夏アジへ近づくためのヒントとアプローチ
季節ごとにアジを攻略するシーズナブルアジング

スポンサードリンク

g5pbuf8299d3dhtzysjz-13fbb6fe


以前からちょこちょこと当サイトではお伝えしているのですが、河口ってポイントは実は絶好のライトゲームポイント。
河口での釣りというとシーバスやチヌのイメージがありますが、アジやメバルだって普通に釣れてしまうんです。
川から流れてきた小魚や植物性のプランクトンがいろいろな魚たちのベイトとなるので、意外と魚影が濃いんですね。
信じられないかも知れませんが、海に面している場所であればエギングだって可能なんですな。
ただ淡水と海水が混じりあう場所での釣りではおさえておきたい事柄がありまして、今回はそれについて書かれている岩崎さんの記事をご案内。
アジングにしてもメバリングしても「どこへ行っても人が多い…!」ってお嘆きの方は、一度河口へ足を運んでみはいかがでしょうか?
ただ、いつでも釣れるってワケではないので、タイドグラフと相談して潮位が高いタイミングで出掛けてくださいな。
川が濁った状態では釣れないと思ってましたが、実は釣れるんですね!
これは良いこと聞きました!
ただ浸透圧の関係か、河口で釣ったアジってのは味の方がイマイチだったりします(笑)


スポンサードリンク





関連記事
河口の釣りに欠かせない「塩水くさび」って何?
穴場スポット「河口」でのアジ攻略を動画で紹介
防波堤や地磯、サーフでもない河口という選択肢

スポンサードリンク

691089dd


梶本さんのブログに、以前コチラで紹介したリグのサイズアップバージョンの話題がアップされているのでご案内。
前回紹介したものはアジングやメバリングに「こんな楽しげで釣れるリグはどう?」っていう感じのエントリーでしたが、今回はもう少し突っ込んだ解説がなされ、このリグの魅力が紹介されています。
メタルジグはメタルジグなりの釣りを、ワームはワームとして使うという固定観念を捨てて、異なる2つのルアーを融合させてひとつのリグとして楽しむ方法もアリなんじゃないかって思いました。
魚種はどうあれ、いつもメタルジグしか使ってない人はワームを付けて、ワームしか使わない人はメタルジグのトレイラーとして使ってみれば新たな楽しみ方、違った魚種に出会えるかもしれません。
とにかく試してみなければどんなお楽しみが待ち受けているか分からないので、興味を持ったらチャレンジです!

スポンサードリンク



関連記事
ちょいとワームをプラスして、いつものメタルジグをインチク化しちゃおう
物陰に貴方のワームをお届けできる極秘スライドアクションリグ「BBS」が初公開
アジング&メバリングのライトなナイトジギングはグロー系がおすすめ


スポンサードリンク

item

近頃セミの鳴き声が聞こえるようになってまいりました。
ニイニイゼミから鳴き始め、ぼちぼちクマゼミ&アブラゼミが、そして山ではヒグラシの涼しくも物悲しい鳴き声も。
梅雨の晴れ間の空には積乱雲がモクモクと湧き上がり、夏はすぐそこって感じですな。
ってなワケで今回も、ジメジメとした暑さに負けないホットな釣り関連の情報をどんぞ。

スポンサードリンク



まずはマグバイトさんのデキる短パン「ちょい釣りパンツ」が今年も数量限定でリリース。
そしてソルトなロック野郎にぴったりな、とってもロックなTシャツ「Good Rock! TEE」も発売です。
釣り釣りしてないデザインがとってもグッドなんだけど、釣りにピッタリな機能も充実しているところがサイコーですな。

お次は玄人好みなライトゲーム用ロッド「Intercept 海鷹」の新型プロトの話題をwackyさんがブログにアップ。
最近ではアジング用やメバリング用といったカテゴリー分けしないロッドがチラチラとリリースされていますが、「Intercept 海鷹」はそれ以前からカテゴリーを限定せずライトゲーム全般を楽しめるロッドという粋なコンセプトで開発されたロッドなのです。

ライトゲームの代表的なリグといえば「ジグヘッドリグ」でほぼ間違いないと思うんですが、そんな僕らにとって一番身近なジグヘッドの新型プロトの話題がTICTさんとこのオフィシャルブログに掲載されていますんで、気になる方はコチラコチラをご覧くださいまし。

なんだか最近はハタ系ゲームが注目されているようですが、そんな釣りにご活躍して頂けるような「フリリグシンカー タングステン」なるアイテムが目に付いたのでご紹介。
メーカーさんの製品カテゴリー的にはバス用アイテムですが、タングステンはボトム感知能力が高いので、底を探る釣り全般にオススメです。

ボトムを探ると言えばタックルハウスさんちの名品「ローリングベイト」をボトムチューンしたアイテムに55mmが追加されますよって話題です。
ズル引きに対応してるそうなんでチヌにも良いですし、ボトム付近が生活圏な甲殻類や魚を捕食しているターゲットにもグッドです。

by カエレバ

そしてボトムの釣りといえばチヌですが、アルカジックジャパンさんがジグヘッド+ワームスタイルのチヌゲーに特化したページを公開してますんで、チヌゲー初心者の方はぜひご覧ください。

チヌといえば僕の中ではトップでして、本格的に夏がやって来るとワクワクが止まらなくなるんですが、バス用ですがちょいと面白そうなペンシル「G.C.ワカペン」なるペンシルが登場したのでこちらもお知らせしときます。

夏の風物詩的な釣りのひとつに「タコ釣り」がありまして、近頃ソルトなメーカーさんもこの釣りに対応したアイテムをポチポチとリリースされていますね。
そんなワケでラパラさんからは百海サーフをタコチューンしたような「タコエギ30」が発売されるようでして、じょーじさんの実釣動画もアップされています。
またC.C.ベイツさんもタコ用ルアーをテスト中でして、こちらは従来のタコジグやエギ型とは違うなんとも個性的で楽しげなルアーとなっています。

んで、夏を楽しむ涼の釣りにピッタリなのが、短パンスタイルで浸かりながら遊ぶハゼゲー。
しかしながら夕飯のおかず調達の使命をおびた任務と重なった場合、その緊張感は増し失敗は許されません。
そんな時に心強い裏技がファイブコアさんのブログにアップされてるんで、おかず調達ミッションが課せられた場合は是非ご覧になって出撃してくださいませ!

by カエレバ

繊細なライトゲームをしていると、たまにはスカッと思いっきりキャストしたい衝動にかられる時がありませんか?
そんな時にピッタリなキャスティング鯛ラバ「ビンビンロケット」がジャッカルさんから登場。
「キャストを中心とした“斜め引きの誘い”に特化したインチク型ヘッド」だということなんで、エギングやショアジギのお供にどんぞ。
っていうか、「インチク」なのか「鯛ラバ」なのか一体どっちなんでしょう?(笑)

近頃アジやメバル用の小さなランディングネットがリリースされていますが、そんなランディングツールの携行に便利なアイテム「GMマルチランディングホルダー」がゴールデンミーンさんから発売されます。
痒いところに手が届く小物を出しているメーカーさんなんで、あなたの釣りを快適にしてくれること間違いなし。

武田さんのブログで紹介されているマグネット式のルアーケースが「なかなか良いじゃん」って思って調べたら、実は以前ウチのサイトで紹介していたのにたった今気がついたところです(笑)

以上、個人的に気になった釣り関連の情報でした。

それでは皆さん、

「May The "釣果" Be With You.」

(釣果と共にあらんことを)

関連記事
梅雨のジメジメ感を吹き飛ばす スカッと爽やかな製品情報をアナタにお届け
梅雨の合間にお届けするちょいと気になる新製品情報など

スポンサードリンク

nada_crow01

nada.さんのオフィシャル動画に以前コチラチラリと紹介したトップ用ペンシル「CROW」の紹介動画がアップされているのでご案内。
今回の動画はスケボースタイルでお馴染みの荒牧さんが実際にチヌを狙いつつ、「CROW」の特徴や使い方を紹介。
またトップチヌを楽しむために気をつけたい注意事項の説明もありますので、この釣りをやってみたいって方にもオススメ。
とにかくトップでチヌを釣りたいならば早アワセ&びっくりアワセは厳禁。
しっかりとバイトシーンを楽しんで、重みが乗ったところでフッキングしてくださいませ。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
メガバスのポッピングダックの特徴とトップチヌの楽しみ方を動画で解説
タフコンディションで年無しを引きずり出す そのテクニックを伝授
シマノさんちのクロダイポッパー「ライズポップ」が良さげな感じ

スポンサードリンク

kardnp6o7o9o3rdnfmce-b42b40dc


夏が近づくにつれて増えてくるのが水辺の事故。
このところ釣りに限らず悲しい知らせを目にすることが多くなってきたので、今回は安全に関するお話を。
ルアーフィッシングにハマってくると、段々と興味が湧いてくるのがウェーディング。
陸っぱりオンリーの釣りと比べると数メートル先、場合によっては十数メートルの距離が稼げるのが魅力でして、陸からでは狙えないポイントが射程圏内に入るってのはたまらないものがあります。
しかし、ウェーダーというアイテムはメリットだけでなく、デメリットも当然持ち合わせておりまして、その部分をしっかりと把握してないと最悪は帰らぬ人となる可能性も。
ウェーダーは良い面のイメージが先行しがちですが、実は結構危険なウェア。
絶対に過信せず、最悪の事態を想定しながら使用してください。
ってなワケで今回は、ウェーダーの危険な部分を紹介しているもっつぁんさんのブログをご案内。
タイトルに「磯ヒラ」とありますが、ウェーディングでもその危険性は変わらないので、ウェーダー愛用者は是非ご覧ください。
自然相手の遊びでは根拠のない「自分は大丈夫」は存在しないので、過信なさらぬよう。
万が一の時にナイフを携行しておくのがベストですね。
また、ウェーディングの際はヘドロ地帯、エイには十分気をつけてください。
単独釣行でヘドロにハマり身動きがとれなくり、満潮によって亡くなられた方も実際に居らっしゃるので。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
【要確認】 釣行時の安全対策をもう一度しっかりと見直してみよう
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介
高級タックルより 先に手に入れるべき釣り道具

スポンサードリンク

b6babac3


釣りをしていると誰しも経験する「根掛かり」という、とってもイヤなトラブル。
上手いこと根掛かりが解消されれば良いですが、ラインが切れてしまえばルアーはロスト。
環境に良くないばかりか、経済的なダメージと精神的なダメージも相まってなんとも惨めで悔しい思いを強いられます。
なるべくなら根掛かりはさせたくないし、した場合は絶対回収したいと思うのはアングラーとしては当然のこと。
僕も出来る限りの努力をしてスタックしたルアーやリグを回収したいと現場で粘りますが、あまり回収できた記憶がありません。
では、「いったいどうすれば根掛かりを感知し、外すことができるのか?」
今回はその方法が書かれたレオンさんの有り難いブログをご案内。
今まで自分がやっていたことが、実はあまりよろしくない方法だったってことが良く理解できました。
根掛かりは釣りとは切っても切れない関係あるトラブルなんで、全アングラー必見のテクニックなんであります。
下の関連記事にも根掛かり回収関係の記事を貼っておきますんで、あわせてご覧ください。

スポンサードリンク



by カエレバ


関連記事
ハードルアーの根掛かり回避をレオンさんが伝授
これは使える!? 鉛1個の簡単根掛かり回収術
気になるルアー回収機を4つまとめてインプレ

スポンサードリンク

ksgwd001


オンスタックルデザインさんのオフィシャル動画に、ライトワインドでのカサゴの釣り方を分かりやすく解説した動画がアップされているのでご案内。
カサゴの楽しみ方といえばテキサスリグやジグヘッドでボトムをじっくり探るというイメージですが、今回はワインドで「チャッチャッチャッ!」とやって捕食スイッチ入れ、カサゴ先輩にワームをガッツリと頬張って頂く釣り方。
使用タックルから操作法、アタリの取り方を手取り足取り教えてくれるので、ビギナーさんでも大丈夫。
アクティブでテンポの早いカサゴワインドを、是非お楽しみください。


スポンサードリンク




by カエレバ


関連記事
ダウンショットアジングを動画で優しく解説
ライトワインドでカマスを狙う実釣動画を紹介
ボトムワインドで狙う サーフのマゴチ&ヒラメ


スポンサードリンク

c8ea9f4b0427a0589e68186c9611efa27edc1686.15.2.9.2


「トルザイトリング」が登場した時ってのは衝撃的で、次世代ガイドなんて言われてましたね。
SiCガイドに比べて、「薄くて軽くて高強度なんで、飛距離や感度がアップ! そしてラインに優しい」なんて夢のようなスペックで話題になったものです。
最近ではそんなトルザイトリングを標準装備したロッドが普通に流通し、アジングやメバリングの高性能ロッドにも搭載されるようになりました。
その性質上、まさに繊細な釣りに向いているガイドなんですが、ちょいと「良いことでだけではない」ってお話を目にしたんでご案内。
今回紹介するのは月下釣人さんのブログでして、トルザイトリングはSiCガイドに比べて「糸鳴りがひどい」というお話。
僕はトルザイトリングを採用したロッドを使ったことがないので、実際にどうなのかは分かりません。
しかし、その疑惑の質問をGoogle先輩に問い合わせしてみると、やはりおなじように感じている方ってのは結構いらっしゃるみたいなんですね。
ヘタすれば「実釣に差し支えが出るレベル」って方も居るので、これは無視できません。
反面、「そこまで気にするレベルではない」ってコメントもあるので、個人的な感覚の問題って部分もあるようです。
「糸鳴り」の原因がラインとの相性だったり、ガイドセッティングやバランスにも問題があるみたいなので一方的に「トルザイトリングが悪い」ということではないようですが、僕らユーザーは、トルザイトにはこのような一面があるということを理解したうえで、慎重にロッドを選ぶ必要があるかなと。
購入の際は、直接メーカーさんに問い合わせてみたり、実際に使ってる人の話を聞いたり、可能であれば使わせてもらって自分で確認するのが1番。
僕もトルザイト仕様のロッドってのに憧れてたんですが、購入の際はちょいと慎重にならないと残念な結果になるなので、注意が必要だと感じた次第です。
大抵の場合、製品のデメリットな部分は広告や宣伝には出てきませんからねぇ…。
あっ、トルザイトリングやトルザイト搭載モデルを否定しているワケではないので、そこは勘違いしないでくださいな。


スポンサードリンク



関連記事
【総復習】トルザイトの一番濃い解説動画を紹介
ガイドの進化が止まらない! 新トルザイト「TORZITE-F」が登場
進化し続ける富士工業のガイドを詳しく紹介


スポンサードリンク

mkhh001


LureNews Rの動画で、村上晴彦さんが一風変わったリグでアジ&メバルを釣りまくってるのでご案内。
このリグはメインラインの先にエダスの付いた仕掛けをセットしラインの先端にジグヘッドを2つ付けたリグでして、シャクリを入れると2つのジグヘッドがダブルでダートするという超ハイアピールなもの。
「ジグ単」が持て囃されているなか、ちょいと歌舞いたリグでいつもと違った釣りを楽しむのもなかなか粋なもんですな。
村上さんはソルトオンリーのアングラーと違い、時折見せるバスアングラーっぽいアプローチや解説が新鮮で、とっても参考になります。
釣りを楽しみながらもしっかりとリグやヒットした状況の説明もしてくれるので、非常にわかりやすい内容となってますんで是非。
またコチラでは現在開発中のロックなアイテムが見られますんで、ライトロックなアングラーさんはチェックですぞ!

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
issei 海太郎からライトゲームロッド「碧」~あおい~がリリース
村上さんが海太郎でボートメバリングを楽しむ
海太郎のJH&ワームをボートアジングで紹介


スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]