Friday, October 19, 2018

13nl01


13luepearさんのブログに、ブリーデンさんとこのLEDライトの詳しい解説がアップされているのでご案内です。
以前ブリーデンの健太郎さんに見せていただいた時、その使い勝手の良さに感激しました。
とくに首からライトを下げて使う方にピッタリ(ヘッドライトとしても使えます)で、いろいろと痒いところに手が届く工夫が凝らされており、機能的にもバッチリ。
常夜灯下や灯りの近くで釣りをする方には「BNL-03」が、暗い場所にアプローチして釣りするスタイルの方には「BNL-02」がオススメ。
素早く脱着するためのバックルや、ジェスチャーによる誤作動にも配慮した造りになっているので、イラッとすることなく快適に使うことができます。
またIPX6なので、土砂降りの雨でもへっちゃら。
自分のスタイルに合ったライトをお探しの方は、是非チェックしてみてくださいませ。

釣りに向いているライトとは!?

ブリーデンLEDライト『BNL-02』解説

ブリーデンLEDライト『BNL-03』解説


スポンサードリンク



by カエレバ


関連記事
34&HAPYSON共同開発! ライトゲーマー用の「チェストライト」を徹底解説
魚に警戒心を与えないレッドライトの有効性

スポンサードリンク

gwp8wkx5x8xj48faxz9w-e4319416


以前周防大島アジング大会のシマノブースで、テスターの丹羽さんからチラリと伝えられた新型アジングワームですが、ついにその全貌が明らかになっちゃったんで、アジンガーなみんなに早速お知らせです。
今回紹介する新型ワームは「モモアジ」という、目でベイトを追うアジに効くストレートでプルプルな微波動なヤツ。
ちょいとピーチな感じのキュートなネーミングですが、名前の由来に関してはコチラを参照のこと。
んで、この「モモアジ」ですがデイゲームにも強く、明るい時間のシビアなアジでもバイトに持ち込めちゃうデキる子でして、その模様は下の動画に収録されています。
動画中には「モモアジ」と使用タックルの解説のほか、デイアジングのコツなども直々に披露。
ちょいと注目したいのが釣りをしている際の丹羽さんの立ち位置でして、魚たちにいらぬプレッシャーを与えないために2~3歩引いた所からキャストしている点。
ほかにもスラさないための配慮などもしているので、立ち振る舞いなども気にして観ると参考になる思います。
しかし、本当に楽しそうに釣りをする方ですね!
その姿を拝見しているとこっちまで楽しくなっちゃいます。
一緒に釣りに行ったら、ムッチャ楽しいでしょうなぁ。


スポンサードリンク




by カエレバ

関連記事
アミパターン特化型ワーム「スローダイバー」が今までとは違う感じで良さそうな件
テスターが教えるA-jigの素晴らしさと使い方
ワームを真っ直ぐに収納しておく裏技を伝授

スポンサードリンク


66ecdb35

健太郎さんのブログに「釣具を自分で自作してようぜ!」って感じの記事がアップされているのでご案内。
当サイトが自作のネタを紹介するのには実は理由がありまして、ひとつは単純にお小遣い制のアングラーさんや庶民派アングラーさんの経済的負担を和らげるため。
そしてもうひとつは、個人のアングラーさんが一生懸命考えた自作アイテムやアイデアが誰かの目に止まり親しまれ、それがそのうち素晴らしいアイテムとして生まれ変わってデビューするかもしれない!ってワクワク感があるからなんですな。
ライトゲームの製品のなかには、一般のアングラーさんのアイデアから生まれたアイテムやメソッドが結構あります。
仲間内から知れ渡り、ブログやメディアで紹介され、ついには製品化されて定番となる。
釣り文化ってのは、そうやって広がり盛り上がって発展していくもんだと考えています。
ってなワケで今回は、そんな思いも込めて健太郎さんのブログを取り上げてみた次第です。
このサイトも、釣り文化の発展に少しでも役に立てたらなって思っています。
みなさんも、思いついたら自作しちゃいましょう!
そして「こんなの作ったよ!」って自慢しましょう!

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
自分だけのオリカラワームを簡単かつリーズナブルに増産しちゃう荒業をこっそり伝授
「その手があった!」と感激した お手軽な自作チヌリグのネタを紹介
ラインアイが存在しない自作ジグヘッド「アイ無しジグヘッド」の作り方を紹介


スポンサードリンク

8wst4hpwv7zeoof8rm9d-160058a3

以前コチラで紹介した「FCT ビーストレート48」に使われているABS樹脂製のプロペラ「プラペラ」が発売されたようなんで、ペラ好き&自作派の皆さんにお知らせです。
このカスタム心をくすぐるアイテムは、お手持ちのペラ付きプラグの金属製ペラと変えるだけでメンテナンス性と回転性能がアップ。
また画像のようにお気に入りのジグヘッドに装着するも良し、お好みのプラグに付けるも良し、また奇想天外なオリジナルリグの制作に使用するのもOKなステキなアイテム。
アイデア次第でいろいろ楽しめそうなパーツなんで、いろいろといじるのが好きなアングラーさんは是非!
下に金属製のペラと回転具合を比較した動画を貼っておきますんで、興味ある方はどんぞ。
ちなみに画像はコチラのブログから拝借しております。

スポンサードリンク




by カエレバ

関連記事
ジグヘッドのお手軽プロペラチューニング法
自作のペラ付きJHでシーバスを釣っちゃおう!
フィッシュアロー 2タイプの新型ジグヘッドをお披露目


スポンサードリンク

hz7bgcs2komjobncdnv4-e12ab4c5

TICTさんのオフィシャルブログに、以前コチラで紹介したシンペン「FLOPPER(フロッパー) 38」の話題がアップされているのでご紹介。
ライトゲームでプラグといえば真っ先に思い浮かぶターゲットはメバルですが、このフロッパー38はアジやカサゴなども反応するアクションが凝縮されたプラグなんだそうです。
開発の方も良い感じに進んでいるようで、リリースまであと少しといった雰囲気が伝わってきますな!


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
【フィッシングショー】 tict 金針仕様の「メバスタ」をトミー敦が動画で解説
【フィッシングショー速報】TICTの新作ワーム「フィジットヌード」をトミー敦が解説

スポンサードリンク

metal_madai

ポッキンさんがベイトタックルを使用したマダイのメタルゲームを紹介する動画がアップされているのでご案内です。
前半は潮の流れが把握できる日中で、この釣りの基本的なパターンを紹介。
潮上にキャストし流れに任せながらメタルジグを送り込んでいく、ベイトタックルならではの釣り方をチェックしておきましょう。
動画の後半は暗くなってからの実釣解説で、この釣り独特の「聞きアワセ」や探るような釣り方に注目。
メタルジグの釣りというとテンポの早いイメージがありますが、スローにじっくりと誘うこの釣りはアジングに通じるものがあるので、繊細な探るようなスタイルが好きな方にオススメかも。
関連記事にも過去に紹介したポッキンさんのマダイゲームのリンクを貼っておきますんで、興味のる方はあわせてご覧ください。


スポンサードリンク




by カエレバ
 

オフト(OFT) シャドーシュート 6g #06 ピンクバックゴールド

関連記事
ポッキンさんのマダイゲームを一部始終公開
激流の紅いヤツを攻略!ポッキンさんの実釣動画
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!
新ジグ シャドーシュートをポッキンさんが紹介


スポンサードリンク


IMG_4733-768x481


先日コチラでオリムピックのアジングロッド「ヌーボコルト プロトタイプ 612L-T」をサラリとインプレしてくれた矢野さんが、さらに突っ込んだ使用感などが書かれたインプレをアップされたのでご案内。
使用しているリールやライン、ロッドの持ち方はなどは人それぞれなんで実際の使用感などは人により変わってきますが、ロッドの特徴や使用感などがわかりやすく書かれていますんで、この気になっている方は参考にされてください。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
やっちゃダメ!ロッドの扱いをイラストで紹介
どんなラインを使うべき? 推奨ウェイト以上のリグはOK?等 ロッドにまつわる疑問を解消
「軽さ」だけで選んでない? ライトゲームでのリール選びをもうちょっと深く考えてみよう!

スポンサードリンク


20160618-0

先日、シマノさんの「ストラディックCI4+」のインプレをしてくれたCOLTさんが、引き続きストラディック関係の話題をアップしているのでご案内です。
今回の記事は気になる「15’ストラディック」と「ストラディックCI4+」の違いにクローズアップした比較記事。
写真入りで各パーツの違いが見比べられるので、両機の異なる部分が気になっている方にオススメ。
また、ほぼおなじ機構を持つ2つのリールが、お互いどんな釣りに向いているかということにも触れられているので、購入を検討中のアングラーさんは参考にされてくださいませ。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
注目のリール 「ストラディック CI4+」の各部重量を徹底チェック&インプレ
実はダイワ派だけどこれは欲しいと思った! シマノのストラディックを動画で解説
インテリアにもなりそうなリールスタンドを紹介

スポンサードリンク

3_thumb3

フィッシュアローマグバイトのテスターを務める伊藤さんのブログに、大きめサイズのプラグによるメバルの釣果レポートがあがっているのでご案内。
今回の釣行に使われているのは、フィッシュアローさんとレイチューンさんのコラボである65mmのバス用プラグ「スリーショット」。
このミノーはメバリングプラグにはあまり採用されない派手に泳ぐタイプらしいのですが、これがかなり効いたご様子で、大小良型含めて入れ食いになったそうなんですね。
なかにはチビサイズも混じっていたそうなんで、改めて大きめサイズでも十分メバルは釣れるということ再確認した次第です。
また、以前コチラで紹介したモコフワで可愛いリッジ35での釣果報告もありますんで、パゴスさんのオリジナルリッジ35が気になる方はあわせてご覧ください。
そして実は今回紹介するブログのメインはグルーパーゲームでして前半はメバルプラッギング、後半はロックなお魚の話題となっております。
後半のハタゲームではコチラで紹介したエクストリームなスイミングリグ「バサロ」と、フィッシュアローさんのワームを使った釣行レポートとなっております。
メバルっ子のお友達も、ハタっ子のみんなも是非ご覧になってくださいませ。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
デカプラグでメバルを楽しむための使い所とテクニックを伝授
潮のヨレにつくメバルをシーバスミノー「ブローウィン80S」で狙う
メバルが水柱を上げて出る!彼らを本気にさせる 「モヒカンジョニー」とは何者か?


スポンサードリンク

fgh001


なんだか最近Lure News Rさんのネタがなかなか面白く、「そろそろウチのサイトも潮時なのか?」なんて思ったり(笑)
微妙に嫉妬してしまうんですが、やはり良い情報は共有したいのでご案内です。
まずは画像のグリップホルダーですが、こちらは藤原真一郎さん考案のものだそうで「歯磨きセット」の容器をカスタマイズした逸品。
こんなアイデアを思いつく人ってのは、普段からどこでも「釣りに使えるものがないか?」って探しているんでしょうね。
既製品も意外と単純なものや流用可能なものがあるので、釣りに直結するアイテムじゃなくても、身の回りのモノには気を配るのが自作アイテム発想の秘訣。

そしてお次は岩崎林太郎さんのナイトゲームを快適にするアイデアです。
これは最近の電気製品事情を見事に利用したアイデアでして、まさに今の時代ならでは。
USB接続の電球とモバイルバッテリーで、釣り場を明るくしちゃおうって作戦です。
闇磯なんかにあると便利だし、撮影の際の補助ライトとしても使えるのも良いですね。
これも思いつきそうで思いつかなかった、なかなか素晴らしい発想だと思いました。

下に続きます


スポンサードリンク


by カエレバ

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 A1271021

さらにこちらもまたデジタル化が進んだ現代ならではのネタでして、海洋情報研究センターさんが提供しているサービス「潮流予測」です。
これは日本各地の湾状エリアや海峡部、内海などの潮流の向きと強さの予測が確認できるスグレモノで、釣行プランを計画するのに良さげ。
このサイトは初めて知ったので、ちょっと使ってみようかなと思います。
しかしスマホ対応ではないみたいなので、モバイル環境ではちょいと見難いです。

最後はクルマなどで移動する際にお世話になるロッドバンドの話題
釣り道具の小物って意外と「こんなモノでこんな値段かよ!」ってのがありまして、「ロッドバンド」とか「スプールバンド」などの結束系がそれ該当するアイテムのひとつ。
それなりの値段がするものは確かによく考えられて作られており使用感も快適だったりしますが、ただメーカーロゴがプリントされてるだけってのもあります。
ピンオンリールなどは、100均で売ってるものにメーカーロゴがプリントしてあるだけってのもありますからね!
そんなテキトーなモノにはなるべくお金は払いたくないのでロッドを束ねるだけならば、今回紹介するアイテムを使用するのが良いかな?って思った次第です。

ってなワケで今回は、勝手にライバル視しているLure News Rさんの気になる記事を紹介してみました(笑)
みなさん、「眼張鯵 メバラージ」もよろしくね!

関連記事
スナップやアクセサリー類をスマートに収納するプロアングラーの技を紹介
痒いところに手が届く、第一精工の「ウェイトフラグス」がちょっと良いかも
お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

スポンサードリンク



corto001


先日コチラでエバーグリーンさんの「ソルティーセンセーション PSSS-73T ワイドレシーバー」のインプレしてくれた矢野さんが、今回はオリムピックさんの「ヌーボコルト プロトタイプ 612L-T」をサラリとインプレしているのでご紹介。
「ナノアロイ」や「トルザイトリングガイド」、「スーパークワトログラファイトクロス」など最先端技術を盛り込んだアジングロッドの感度が、一体どんな感じなのか気になる方は是非チェックしてみてくださいませ。
ちなみに製品ページはコチラでやんす。

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
ソルティーセンセーション PSSS-73T ワイドレシーバーをインプレ
【要チェック】ショートバイトが取れないのは実はテクニック以前の問題なのかも
ベイト変化でチェンジ! レンジクロスヘッド&フロードライブヘッドの使い分け動画

スポンサードリンク

34_bm45


34(サーティーフォー)の大石さんのブログに、現在開発中のプロトミノーの話題がアップされています。
先日、周防大島で開催されたアジングカップ会場でチラリと開発中の新型プラグに関するお話は聴いていたんですが、おそらくそのプラグってのがコレだったんじゃないかな?って思うんですね。
ブログの方ではプロトタイプの画像と「B★M45」という名称だけが紹介されているんですが、実はフィッシングショーで展示されていたんですね。
「そうは言うけど、展示されてたプラグってどんなヤツだったっけ?」って方のために下に動画を貼っておきますんで、気になる方はチェックしてみてくださいな。

スポンサードリンク





by カエレバ

関連記事
デイメバリング実釣解説&LINK50を動画で徹底解説
【フィッシングショー速報】 ライトゲーマー注目の34(サーティーフォー)製品をドビャ!っと紹介


スポンサードリンク

basaromv01


当サイトではあまりハタ系ゲームは扱わないんですが、この夏発売予定のマグバイトさんの「バサロ HD」がなかなか画期的な機構を搭載しているので、バサロ3兄弟を解説している出来立てホヤホヤのPVをご紹介。
一般的にハタ系の仲間を釣るのに使用されるリグといえばテキサスリグだと思うんですが、このバサロはスイミングさせて釣ることに特化させたリグ。
個人的にバサロは根魚アイテムというイメージが強かったんですが、実はそれ意外にもヒラメやマゴチというフラットなお魚や、シーバスや青物にも効果なんだそうです。
言われてみれば納得で、バサロは日本古来の万能漁具「インチク」を今風にルアーアレンジした製品。
そんなもんだから逆に、それらが釣れちゃって当たり前なのかも知れません。
そして「バサロ HD」ですが、これは船からの縦の釣りにも対応できる特殊な機構を搭載したとってもエクストリームなリグでして、独自のレールアイでフックが自由に移動するというユニークなもの。
僕の拙い言葉で語るよりも動画で開発に携わった伊藤さんの解説を観たり、コチラを読まれたほうがその素晴らしさが伝わると思います。
ショアからは「バサロ」、サーフは「艷バサロ」そして沖やディープを狙うならば「バサロ HD」がオススメ。
ロックなお魚からサーフな扁平系、そしてブルーなランナーまでもをターゲットとしてしまうバサロブラザーズは、とっても欲張りな現代版インチクなんですな!


そしてここで、最近注目されているグルーパーな釣りで非常に大切なことのお知らせです。
ハタ科の魚はファイトも強烈でしかも高級で美味しいため人気急上昇中の魚ですが、個体数が少なく成長も遅い希少な魚です。
僕はこの釣りを否定するワケではないのですが、ここ最近ちょっと怖さを感じています。
メバルやアオリイカ、そして最近ではアジまでもサイズ、数とも減ってきていること考えると、ハタ科の魚たちも過剰に持ち帰るとおなじ運命を辿るんじゃないかと懸念しております。
ひょっとしたら個体数が少ないために、もっと深刻な状態になるんじゃないかと感じています。
そんなワケで今回は伊藤さんがリリースとそれに関するアイテムを紹介するブログも書かれているので、あわせてご案内させて頂きます。
釣りを楽しめるのは魚が居てからこそ。
どんな釣りもそうですが過剰な捕獲は避け、食べる分だけ持ち帰り、魚たちと釣り場の回復に努めましょう。
そして、繁殖力があり大きくなる遺伝子を持つ、大きな個体。
さらに産卵前の個体や抱卵個体もリリースする気遣いも必要だと考えています。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


khchinu01

林健太郎さんがチヌのボトムドリフト釣法を解説する動画がLureNewsさんにアップされているのでご紹介。
一般的にチヌ&キビレのボトムゲームと言えば「ズル引き」ですが、今回は流れを利用したドリフトの釣りをご案内。
アブガルシアさんのベイトロッド「エラディケーター ベイトフィネスカスタムエアー EBFC-75MLS-TZ 」とスピニングロッド「ソルティースタイル STKS-782L-KR」を使い分けて、河川に入ってくるチヌやキビレを狙います。
それぞれのタックルを活かした釣り方と、使用リグである「チェックメイト」「バブルスピア」の解説も収録されていますんで、ボトムゲームを楽しみたいって方は、是非ご覧ください。

スポンサードリンク



by カエレバ


by カエレバ

関連記事
チェックメイトを使ったチヌのボトムゲームを林健太郎が分かりやすく解説
追加された2本のKR-X黒鯛を実釣インプレ

スポンサードリンク

strci4

COLTさんのブログに、発売されたばかりのシマノさんの新型リール「ストラディック CI4+」のインプレがアップされているのでご紹介。
実釣での使用感は書かれていませんが、ハンドルやスプール、ローターなど、リールを構成するパーツの各部の重量を計測し、その数値が掲載されています。
また触ってみた印象とライバル機との比較にも触れられているので、リールの購入を考えている方は参考にされてください。
コチラには早速ベアリングを追加しカスタムした記事もありますんで、興味のある方はあわせてご覧ください。

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
インテリアにもなりそうなリールスタンドを紹介
その手があった!100均商品でウェーダーを干す
07ルビアスの分解から組み立てまでの一部始終を解説


スポンサードリンク

srmurasoi


磯やゴロタの波打ち際には、ムラソイやカサゴなどのロックなお魚が生息しているのは皆さんご存知の通り。
そんな彼らを狙うために使われるのはジグヘッド+ワームでして、潜伏していると思われる辺りにリグを落としてピロピロやるのが一般的。
物陰からサッ!と現れ、パッ!と姿を消す様は見ていて楽しいし、なんとなく愛らしささえも感じる嬉しい瞬間ですな。
しかし、ルアーを咥えられたまま岩や石の隙間に潜られることもあるので、ラインブレイクやルアーのロストの心配もあるのも事実。
そんな理由からワームメインの釣りスタイルとなるんですが、今回紹介するwackyさんのブログは、そこをあえてクランクで狙うという酔狂なもの。
ハードプラグでのロックゲームで思い出されるのはミニマルですが、それとはまた違った釣り方ができるのがこの釣りの面白いところ。
浮力の高いクランクをシングルフックに換装して、是非お試しください。
最近リリースされている、根掛かりし難いチヌ用やハゼ用のクランクなんかも良いかも知れませんね!


スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
ミニマルのムラソイゲーをレオンさんが徹底解説
バイト丸見え!磯場でミニマルのムラソイゲーム
小型メタルジグで狙うロックなお魚の楽しみ方


スポンサードリンク

item


いよいよ北海道を除く各地も梅雨に突入し、なんだかジメジメ感も増してまいりました。
しかしマイナスイメージのある梅雨ですが、この時期のメバルはもっとも美味しくファイトも強烈。
なのでメバルという魚の旬は絶対に春以降だと信じています。
産卵期頃にメバルダービーとか開催するのは間違いだと、声を大にして言いたい今日此の頃なのです。
メバルの個体数は減少傾向にあるので、せめて産卵の時期くらいはそっとしておくのが良いと思うんですな。
ってなワケで、恒例となったアイテム情報コーナーのお時間がやってまいりました。
それでは、張り切ってまいりましょう!

スポンサードリンク


まずは気になる新発売のリール「ストラディックCI4+」から。
僕は昔からずっとダイワさんのリール一筋だったんですが、以前コチラで紹介した動画を観て「シマノさんのリールも良いなぁ」なんて思い始めたんですね。
んで、今回紹介する「ストラディック CI4+」は新開発のローターなどの最新テクノロジーを搭載し、巻き性能の向上や軽量化が図られたモデルとなっている模様。
リールの重心位置を手元にするという「Gフリーボディー」によって、さらに軽く感じるといったライトゲーマーに嬉しい工夫も凝らされているそうです。


お次はソルトアングラーの皆様に愛される存在となった、スズキ目タイ科のクロダイ用ロッド「シルバーウルフ AGS」のご紹介。
僕は知らなかったんですが、オーストラリアってのは実はチヌゲーが熱い国だったらしくプロトーナメントも開催されるほどなんだそうです。
んで、このロッドはそのオーストラリアのチヌゲーガイと、日本のチヌ釣り野郎の共同開発で生まれたプロスペックロッドで、超高密度のSVFカーボンをはじめAGSガイドなどダイワの最新技術を盛り込んだ贅沢仕様。
チヌが好き過ぎてたまらないアングラーに贈る究極の1本です。
が、正直チヌゲーロッドとしては値段が超強気なんで、ユーザーに受け入れられるかどうかちょいと心配ですな。


そして皆さんお待ちかねのプラグっ子ニュースのコーナーです。
以前コチラでチラリと紹介したnadaさんのトッププラグの第一弾「CROW(クロウ)」がいよいよ発売だそうです。
このペンシルは90mm/13gで「トップチヌにはちょっとデカイかな?」と思ったんですが、シーバス&クロダイ両対応だそうで納得。
しかし、ペンシルってのも各メーカーさんからリリースされているので、ほかと違う「ウリ」があるかどうかがユーザーとしては気になるところ。
その辺りもしっかりと考えられてまして、この「CROW(クロウ)」は魚をやる気にさせるサウンドに拘ってるそうですよん。

by カエレバ

さて、「癒やしのチヌゲー」よりもさらにユルく楽しめる釣りといえば、最近注目されている「ハゼクラ」ですね。
「ハゼをクランクで狙って釣る」ってのを知った時は軽い衝撃を受けたものですが、少しずつ浸透してきているようで各メーカーさんもそれぞれルアーをリリースしてきています。
そして今回、信頼の老舗メーカーであるスミスさんから、満を持してハゼゲー用クランク「カミオン DR はぜ」が発売されるという情報をキャッチ
詳しいスペックなどはオフィシャルの製品ページをご覧くださいませ。

プラグ繋がりってことで、ちょっと変わりダネのアイテムも紹介しておこうかと。
先日コチラで衝撃を緩和吸収するアイテムをご案内したんですが、今回紹介するブツもそれとおなじようなモノ。
その名も「バレンクッション」と申しまして、プラグとラインの間にかます襲撃吸収アイテムです。
メーカーさん曰く「PEとの直結もOK」だそうなんで、「ラインシステム('A`)マンドクセ」って感じのものぐさサングラーでも大丈夫。
こちらはブラックバスからアオリイカ、シーバスそしてアジ&メバル用なんかもラインナップされてますんで、気になる方はチェックしてみてくださいませ。

そして本日最後はライトネタ。
釣りに使われるヘッドライトは兎にも角にも「明るさ命」ってところがありまして、無駄に明るくて価格も高いライトもチラホラ。
まぁライトに求める性能は人それぞれなんで、超明るいのが欲しい人もいるとは思いますが、ラインナップされているのは一点にライトを照射する集光タイプばかり。
そこに目をつけてリリースされたのが、34(サーティーフォー)さんとハピソンさんとのコラボライト「インティレイ」ですね。
僕は灯りのない釣り場を徘徊するんで、インティレイのように灯りが拡散する散光タイプのライトってのは有り難いなぁと思うワケです。
そして「ほかにもそんなタイプのライトがないのかなぁ?」なんて思ったりもしてたんですが、ひろぽんさんのブログに散光タイプのヘッドライとが紹介されているのでご案内。
こちらはチェストライトではなくヘッドライトなので、照射範囲が広いヘッドライトを探しているって方は是非ご覧になってくださいませ。

by カエレバ

以上、梅雨時期に琴線に触れた新製品情報でした。
それでは皆さん、

「May The "釣果" Be With You.」

(釣果と共にあらんことを)

関連記事
ネタセンサーに反応したちょいと気になるライトゲームの新製品情報をピックアップ
ゴールデンウィーク期間中にチェックしていた話題をピックアップしてお届け


スポンサードリンク

jmjh13l

ブリーデンさんの「ビーローチ」といえばフナムシや甲殻類をイミテートした、カサゴやソイ、キジハタなんかのライトロックゲームに激効きの扁平ワームですね。
その効果はストレート系ワームとは比べものにならないほど違うんだそうで、ガッツリ丸呑みで本気で食ってくるんだそうです。
そしてそのビーローチですが、「どんなジグヘッドを使えばしっくりくるのかな?」なんて思ってたんですが、今回紹介するうおさんのブログに、おあつらえ向きのジグヘッドであるジャングルジムさんの「スリーパー」が紹介されていたのでご案内。
このジグヘッドに装着すればズレることなく快適に使えるそうで、ビーローチの特徴であるスライドフォールにもピッタリなんだとか。
ブリーデンさんのキラーダートを使うのも良いですが、面白い使い方がしたいって方は試してみては如何かと。
ちなみに紹介されている釣り方で壁についたチヌを狙うってのも面白いかも。

スポンサードリンク


by カエレバ

【ブリーデン】13-Roach(ビーローチ)30mm[ネコポス:3]

関連記事
扁平ムシ型ワーム「ビーローチ(13-Roach)」の特徴とその魅力に迫る
ジャングルジムの新製品を実釣を交えて紹介
トップでもボトムでもない黒鯛の岸壁ゲーム




スポンサードリンク

f413cd7b


近頃、チヌゲーアイテムの進化具合ってのがすごくって、「またやってみようかなぁ…」って思い始めているのです。
しかし、どうしても根掛かりに対する恐怖心やストレスが先行してしまって、なかなか踏ん切りが付かないのも事実。
とくにプラグを使ったボトムゲームなんてやってみたいと思いつつも、ロストした時のお財布と精神へのダメージを考えると尻込みしちゃうんですな。
んで、そんな時にチラリと目にしたゆーすけさんのブログ
以前コチラでチラッ紹介したアイテムに、ちょいとひと手間加えて完成させたリグに「その手があった!」と感激。
またとーさくさんとこのブログにも自作ネタがアップされてまして、そこで初めて知った「Oリグ」という非常に簡単お手軽でしかもお安く作れちゃうリグにも感激したワケです。
そしてさらに「これは効くかもね!」って思ったのが、ワームにラトル音をプラスするってネタをアップしている吉永さんのブログ
ラトルってのは逆効果になる場合もあるので、状況に合わせて使ってみるのが吉。
なかなか面白いアイデアですな。

いずれのブログも比較的に安価で釣れるアイテムを紹介しているので、財布のHPを気にしながらの釣りを強いられている同志たちオススメ。
今回紹介したリグを使って、「またチヌを釣りに行こうかな?」って思い始めた次第です。

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
昼でも夜でもOK!ボトムをズル引かないチヌゲーの楽しみ方をご案内
チェックメイトを使ったチヌのボトムゲームを林健太郎が分かりやすく解説
ボトムのチヌゲーの楽しみ方と根掛かり解説動画


スポンサードリンク


20160508100319_IMG_4527-768x512


odzのテスターの矢野さんのブログに、エバーグリーンさんのライトロッド「ソルティーセンセーション PSSS-73T ワイドレシーバー」のインプレがアップされているのでご案内。
ライトゲーム用のロッドとしては定価がセレブでなかなか手が出しづらい高級品ですが、さすがに値段に見合ったものがあるらしく使用感も良いそうです。
簡潔に知りたい部分が紹介されているので、このロッドが気になっている方は是非チェックしてみてくださいな。

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
【要チェック】ショートバイトが取れないのは実はテクニック以前の問題なのかも
ベイト変化でチェンジ! レンジクロスヘッド&フロードライブヘッドの使い分け動画


スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]