Thursday, February 4, 2016

toy_fishig


釣りって本来シンプルなもので、「魚が居る所で、魚に合わせた釣りをすれば、魚がそれに答えてくれる」って単純明快な遊び。
なんだか最近、小難しくなってるライトゲームシーンにモヤモヤしてた時にこの動画を観て「そうそう! 釣りって本来、こーなんだよね!」って改めて思ったんでピックアップ。
ある意味で固定観念をぶっ壊してくれる、気持ちのよい動画です。
たまにはオモチャみたいなタックルで、本気で釣りするのも面白いですね!
っていうか動画の男の子のテクニックにびっくり(笑)

【あす楽】最新1・3mペン型ロッドスピニングリール3号ライン付◆
by カエレバ


関連記事
チョイ投げファン必見 楽しげな虫ヘッドを紹介
SUPER STRIKE Vol.45 ショアゲー(キス編)
ショアゲーで秋の風物詩を釣る ~ハゼ編~




6f09aece


以前コチラで紹介したブリーデンの13SWAY(ビースウェイ)の発売が、レオンさんKAKKYさんのブログで紹介されているのでご案内。
見た目はよくある鉄板系バイブですが、そこで終わらないのがブリーデン製品の素晴らしいところ。
一般的なメタルバイブのようなアクションではなく、このルアーだけの独特なアクションで魚を魅了するそうなんで、その秘密が知りたい方はリンク先をどんぞ。
すでに釣れ筋ルアーの殿堂入りの予感がするこの「13SWAY(ビースウェイ)」、早いところでは既に店頭に並んでいるようなんでGW中にウハウハしたい人は、今すぐ釣具屋へGO!

ブリーデン(BREADEN) ビースウェイ 10g 【メール便90円可】
by カエレバ

関連記事
ブリーデンのビースウェイが釣れそな雰囲気満点
メタルマル&シュラッグミノーでデイを楽しむ
レオンさんが教えるメタルマル基本メソッド
レオンさんがメタルマルについて補足説明




mushih001
カルティバの注目アイテム「虫ヘッド」と「STX-58/STX-68」がギアステーションの動画で取り上げられているのでご紹介。
虫ヘッドに関しては以前コチラの方でお伝えしていますが、ゆるい釣りが大好きな僕としては個人的にイチオシなアイテムなんでもう一度ピックアップ。
ルアーマンとしてルアーに拘るのも分かりますし、ワームやプラグを駆使した釣りってのも非常に魅力的で飽きることのない素晴らしい道楽だと思っています。
「偽物を使って生き物を騙す」という行為に純粋にワクワクし、そしていつも興奮します。
しかし、これだけタックルが進化していても、未だにルアーでは狙って釣れないターゲットが存在するのも事実。
それらを攻略するためには、やはり現状は「エサ」を使うしかありません。
そしてそのポテンシャルは悲しいけれど、時にはルアーの比ではなかったりします。
「ルアーがどーした、エサ釣りがどーの」ってのは置いといて、たまには純粋に「釣る」というシンプルな行為を楽しむのも一興。
カルティバの「虫ヘッド」には、「ルアーテイストなエサ釣り」ならではの楽しみ方がギュッと凝縮されていると思うんです。
ルアーフィッシングという拘りやプライドを忘れ、ライトタックルで純粋に「釣る」ということに没頭するのも、釣りの世界観を再確認し、また視野や興味の範囲を広げる手助けになると思います。
もともと釣りって、そんな小難しい遊びじゃないんですから。

あっ「STX-58/STX-68」も貫通力と耐久力や強度面を強化して、口切れの軽減を実現している素晴らしいトリプルフックなんで、そっちも注目です!

【オーナー】カルティバ 虫ヘッド JH-89[ネコポス:2]
by カエレバ

関連記事
ワームでカワハギ「カワハギング」が熱い!
手軽で熱い夏のショアゲー&チヌゲー動画
使用済みワームで楽しむリサイクルフィッシング




0ed2e2c0

オフィスユーカリさんといえば管釣りアイテムやトラウト系アイテムを展開しており、ソルトの方ではインターセプト海鷹という個性的なロッドもリリースしているメーカーさんですね。
そしてこの度、新たにソルト用カラーを纏った「STRINA Large SALT(ストライナ ラージ ソルト)」のリリースがブログで紹介されているのでご案内。
ラインナップされている各カラーについての説明や使い方なども書かれてますんで、ソルト用のスプーンに興味がある方は是非。
まだまだソルトの世界では影の薄いスプーンですが、メタルジグとは違った釣り方も楽しめるようなんで、アジング&メバリング、メッキやカマスなんかに使うのも一興かと。

Office eucalyptus (オフィス ユーカリ) INTERCEPT 海鷹 73 (インターセプト かいよう) 【アジングロッド】【メバルロッド】【ライトゲームロッド】〔分類:ルアーフィッシング〕
by カエレバ

関連記事
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム
憧れのショアマダイを手にする為のヒントを紹介
時代は魚種専用ロッドからリグ別&汎用ロッドへ





23ecd6aa


魚は居るのに反応がなかったりとか、あまり魚からのコンタクトがなかったりすると、ついルアーサイズを小さくしちゃいます。
なんとなくその方が魚にプレッシャーを与えずにすむような気がするし、「ひょっとして、もっと小さいものを食べてるのかもしれない」と思ったりもするからです。
また、パターンを掴んで連続ヒットをしている時は、ついついその当たりルアーを投げ続けてしまいます。
でもこの考え方がちょっとした盲点で、実はワンサイズ大き目なルアーを使ってみると今までとは違った反応が得られるケースってのもあるんですね。
ホラ、たとえば僕らが何か食べ物を買う時、ほぼおなじ大きさの商品がずらりと並んでる売り場で最終的に手に取るのは…?
今回は、魚たちも実はそんな理由で獲物を捕食しているって興味深いお話を梶本さんがブログにアップしているので、ご案内でございます。

ジャクソン ステープルフライ 2インチ
by カエレバ

関連記事
ジグヘッド塗装の有効性とその効果を動画で解説
激流ポイントは複数のタックルが必要な件
ジャクソンのステープルフライがいよいよ発売




TG-4

近頃は写真に少し興味が湧いてきて、たまに撮ったりはしてるんですが、釣りに夢中になったり、撮影しているあいだ「魚も苦しいんだろうなぁ…。弱っちゃうよなぁ…。」って思っちゃってなかなか釣果写真ってのが撮れないんですね。
腕を上げればアングルとか撮影方法とか覚えて、スマートに短時間でパシャリとできるんでしょうけど…。

まぁ、それは置いといて、最近ではスマホのカメラ機能やアプリなんかで手軽に良い写真が撮れる時代になっているんで、わざわざデジカメを携えて釣りに行く人ってのも少なくなっているのかな?なんて思います。
しかし、カメラや写真にこだわる人にとっては、それでは物足りないんですね。

ってなワケで今回は、新たに発売されるオリンパスのタフネスコンデジ「TG-4」をご紹介
ちょいとデジカメに興味があるアングラーさんにはお馴染みの「TG-3」の後継機でして、防水15m、防塵、耐落下衝撃2.1m、耐低温-10度、耐荷重100kgというタフな仕様や基本的な性能はそのまま。
しかしなによりも嬉しいのはRAWに対応しているって点でして、これだけでも買う価値があると個人的は思っています。
またマクロ撮影や水中撮影も強化されているので、より印象的なショットが可能となっております。
これによって「TG-3」の値下げが予想されるので、「欲しかったけど、ちょっと高くで手が出なかった…」って方はチャンスかと。
オリンパスの「TG-4」 製品ページはコチラ

オリンパス STYLUS TG-4 Tough BLK ブラック 《5月22日発売予定》
by カエレバ

関連サイト
オリンパスのタフネスデジカメ新フラッグシップ「STYLUS TG-4 Tough」
オリンパス、RAW記録に対応したタフネスデジカメ「TG-4 Tough」


関連記事
スマホ時代のアングラー向けタフネスデジカメ
松尾道洋&濱本国彦が教えるデジカメ撮影術
感動を「よりステキ」に伝える撮影テク講座




山陰のメバルは難しい。
ホント、難しい。
へなちょこアングラーの僕が言わなくたってみんな知ってると思うけど、でもあえて言う。
山陰のメバルは難しい。

山陰ではほとんどこのポイントしか行かないので、他がどうかは知らないけれど、僕が行く闇磯の時合いはマズメ時の一瞬だと言う。
日が落ちて暗くなるまでの、ほんのひと時だけだという。
その限られた時間のなかで、過去の経験から当日のパターンにマッチする方法を見つけ出し、釣らねばならない。
例外として、イカ釣り漁船の漁火が煌々と海面を照らす夜は時合いが続くらしいけれど。

先日の久しぶりの山陰釣行。
陽が落ちる前に釣り場に到着できるように山仕事を終わらせ、汚れた作業着のままダッシュで出発。
お気に入りの音楽を聴きつつ、適度にカーブが連続する快適なワインディング道路をしばしのあいだクルージング。
片道100km、約2時間のショートトリップ。
あーでもないこーでもないと、脳内で今日の釣りをシミュレートしつつ、釣り場に向かう。
はやる気持ちを抑えつつ道中最後の峠を登りきると、眼下に広がる愛しの日本海。
ハンドルを握りつつこのてっぺんから海を眺め、その日の状況をだいたい掴むのがいつものお約束。
さて本日は? というと……。

「凪」。
これ、あかんパターン。
最初からテンションが下がるパターン。
今まで日本海で凪の日ってのは極めて釣果がよろしくない。
少し波やうねりがあって、流れやサラシがあったほうが調子が良い。
が、来ちまったもんは仕方がない。

暗雲垂れ込める胸中を紛らわしながら、ボチボチ釣りの準備。
ほどなくして相棒も到着する。
山陽からやってくる僕をいつもガイドしてくれる反対側の海の友達。
頼れる相棒。
久しぶりだというのに、世間話もそこそこにロッドにラインを通す。
車からタックルを下ろす。
そしてお互い準備を終え、岩場を下る。
「良さそうなのはあっちとこっち、どっちでも好きな場所に入って良いよ」
彼はいつもこうなのだ、優しいのだ。
いつも釣らせようと気を使ってくれるのだ。
そして僕は【なんとなく地形を把握している気になっている】いつもの場所を選択。
マズメ時から陽が沈んで暗くなるまで別行動。
こっからは独りの釣りの時間。
勝負タイムだ。

 RIMG0467


さて、何を投げるか?
ポイント到着までの道すがら、タイドプールや波打ち際にはベイト(ナミノハナ?)の姿がチラチラ見えた。
今日はプラグ、投げるべきはミノー。
ひと通り思いつくミノーを取っ替え引っ替え投げてみる。
「アタラナイ…」

いろんなシンキングペンシルなんかも投げてみる。
「カスリモシナイ…」

潮の流れとかシモリ際、泡の下とか思いつく限りの場所に投げる、巻く、流す、ほっとく、さびく…。
ひょっとしてトップかも。
メバペン投げる。
が、不発…。

終わった、ゴールデンタイムを逃した…。
また、今日もメバルの姿は見れそうにない。

 isari


いつしか日も暮れて、目の前には漁火。
そして合流した相棒に反応を聞くも、あまり良い返事は返ってこない。
いつもなら場所を変え、アジを釣ったりヒラセイゴを釣ったりするんだけど、今日は漁火がある。
この漁火が最後の頼み。
いっちょ、ねばってみる。

近頃はずっと反応がないとワームに逃げていた。
っていうか、ずっとそんな感じだった。
そんなスタイルを変えるべく、プラグを投げ続ける。
アタラナイ、カスラナイ。

しかし、ほどなくして相棒がヒット。
デカイ、見た目からしてヘビー級のシルエット。
おそらく尺はいってるであろう立派な個体。
「流石やねぇ」と口で言いつつも、内心は(くっそぉ~、やっぱ居るんだ…)と焦り始める。

見栄を張らずに素直にヒットルアーを聞いてみると、1.2gのジグヘッドにワームでデッドスロー。
ここはちょいと意地もプライドも放り投げて、言われたとおりにやってみる。
すると「コッ」って感じて、ガッ!ってあわせる。
ズンと重みが伝わって…。
それから、ジッ、ジィィィィィィ…

なにそれ(笑)
っていうか、なんだよそれ(笑)

ちょいと慌ててドラグを締めて踏ん張る。
巻く。
潜られないように巻く。
そして、さらに巻く。

上がってきたのは、30cmあるかないかの微妙なサイズ。
だけど、これが実は超嬉しい1匹で、超価値ある1匹。

実は相棒と出会って約5年。
釣り場でのぎこちない挨拶とやりとりから始まり仲良くなり、ここに通い続け、ガイドを続けてもらいながら、ただの一度もメバルを釣ったことがなかった。
実に不甲斐ない。
いっちょ前に情報サイトなんかやってるけど、実釣の方はからっきしで…。

しかし、ようやく念願の魚に出会えた。
目の前にその証である魚がゴロリと横たわっている。
僕も彼も既に大きさへのこだわりや価値観ってのがあまりなくって、メジャーは持ってないから実際のサイズは分からない。
けど、そんなことは別に「どーでもいー」ことで、彼のガイドで山陰サイズと呼べる魚を釣ったことに価値があるのだ。
過去に一度かなりデカイのを彼の目の前でバラした経験があるので、この嬉しさはひとしお。

ありがとう!

冷静さを装いつつも、頭に思い浮かぶのはそればっかり。
でも本当は魚を釣ったことよりも、自分以上に相棒が喜んでくれていることが一番嬉しかったり。

RIMG0440


僕が釣れないのをいつも気に掛けてくれていて、状況や情報をさりげなく連絡してくれる。
僕が釣れないと常に「申し訳ないオーラ」が彼を包んでいた。
釣りだから釣れない日もあるし、この釣りに対する経験も浅いので彼の所為ではない。
お互いそれは分かってる。
でも、やっぱり彼からしてみれば遥々車を走らせて、瀬戸内海から反対側の海へ、自分のフィールドにやってくる僕に存分に楽しんでもらいたいって気持ちがあるんだと思う。
もし僕が彼と逆の立場なら、きっとおなじ事をする。
だからいつも感謝している。
それに答えられないのが、ずっともどかしかった。
しかし、今夜はそんな心意気にようやく答えられた気がして、嬉しかった。

釣り上げてしばらく年甲斐もなく、夜の磯場ではしゃぐオッサン2名。
声を出したり、ライトを点けたりではしゃぎ過ぎた代償か、以後このポイントは沈黙。
場所を変え、ヤリイカに浮気してみたり、ベイトを追っかけるスズキを釣ったりして場を休ませる。
しかし、スズキにしたって今までここで釣ったこともなかったから、なんだかこの日は出来過ぎなような気がしていた。
が、話はまだここでは終わらない。

RIMG0449


約1時間ほど寝かしておいた先ほどの場所に戻る。
幸い漁火は未だに海面を照らし続けている。
漁師の無線が磯場に響くなか、思い思いの場所に散って、第二ラウンド開始だ。

釣りをしているときは側に居ない。
お互い好き勝手に釣る。
必要な時、必要な事以外、ほとんど会話をしない。
この距離感を理解してくてる存在ってのは、本当に有り難い。

そして自身の課題であるプラグの釣りに戻る。
先程はベイトと想定した小魚のことで頭がいっぱいだったけど、ジグヘッドの釣りで結果を出しているのでアプローチを変えてみる。

とりあえず探るために遠投がきくシンペンを投げる。
なにかが触れる感覚。
さらに2投。
もう一度、微かな生命反応。

「これね、たぶんコレだよ」って独り言を言いながら、お目当のプラグに結び変えて投げる。
水面直下を超デッドスローで巻けるルアー。
そいつを投げる。
着水と同時に巻く。
ゆっくり、ゆっくり巻く。
ラインに導かれながら水面直下を進みつつ、時折バランスを崩してフワリと揺れるさまを脳裏に描きながらミニマル シャローを巻く。

ルアーの釣りってのは、読みが確信に変わる瞬間が一番気持ち良い。
バイトを得る前のほんの一瞬に味わえる「確信」を得たような前アタリ。
それを感じた時の心地良さってあるでしょ?
「来る!」って感じのあの感覚。
まさにあれ、あの感じ。
それを感じた瞬間に「コッ…」で合わせて、「ズン!」と来た。
サイズはさっき釣ったヤツよりかは小さい。 けど、もうこれで十分。

11093404_747889325329982_1532706724_o


すかさずもう一投。
バイトがある。
投げる。
反応がある。
そしてもう1匹キャッチ。
まだ続く、まだイケる。
今夜は何かが掴めるかも!
そう思った矢先に、漁火が消え、エンジン音が響く。
無情にも船は速度を上げて漁場を離れていく。
「アァ…イカナイデ、イカナイデ…イカナイデクレヨ…」
まだ試したいことはあるのに。
もうちょっと、釣ってたいのに。
それから、ほどなくして海は黙り込み、反応がなくなった。

「終わりやね」
「上がろっか」
そして雨が降り始める。
なんだか終わり方も出来過ぎな夜だった。

今でも、何かに触れた拍子にスズキのハンドランディングで擦れた親指がヒリヒリし、メバルの棘にやらた指の付け根が鈍く疼く。
その痛みを感じるとあの時の記憶が蘇り、ちょっとニヤケた気分になる。
昨夜は自分のメバル釣行史のなかでも、記憶に残る釣りだった。

帰宅後、捌いたメバルの胃袋には小魚の姿ほとんどはなく、極小の甲殻類とアミがぎっしりと詰まっていた。
次回の漁火パターンは「カブラの出番かな?」などと考えながら、またニヤリとする眼張鯵 メバラージのなかのひとなのでした。

ってなワケで釣りが上手い人っぽく、当日のタックルなどを書いてみます。

使用タックル
ロッド:BREADEN GRF-TE74 fortunateNB
リール:DAIWA セルテート フィネスカスタム RCSダブルハンドル仕様 (替えスプールはカルディアKIX)
ライン:RAPARA ラピノヴァX マルチゲーム 0.3
リーダー:RAPARA ラピノヴァ フロロカーボンショックリーダー 2号
ジグヘッド:スミス ジグヘッドタケちゃん1.2g(メバル)
ワーム:DAIWA ビームスティック 1.5インチ 氷河(メバル)
プラグ:BREADEN ミニマルシャロー(メバル)
         アクアウェーブ シャローマジック45(スズキ)

これ、一度やってみたかったんだ(笑)

BREADEN(ブリーデン) TE division GRF-TE74fortunateNB / アジング・メバリング
by カエレバ
【ブリーデン】ミニマル50シャロー[メール便:3]
by カエレバ

関連記事
海面で無数に蠢く浮遊性微生物群の正体とは
釣れるのに使われないカブラという逸品ルアー
「めばるingかぶら」の使い手養成講座




AJBM01

アルカジックジャパンさんとこのブログに最新アイテムの「BMキール&BMキューブ」の紹介記事がアップされているのでご案内。
ホント、ここ数年の「ボトムを探る釣りのアイテム」の進化ってやつは目覚ましくって、クロダイのルアーゲーム黎明期を目の当たりにしてきた僕にとっては感慨深いものがあります。
ボトムの釣りは魚よりも根掛かりとの戦い。
この戦いを前に戦意を喪失した僕は、最近までこの釣りの最前線に立つことを考えていませんでした。
が、最近ではボトムを探るアイテムの進化とクロダイゲームのお手軽さ、そして根魚の美味しさに心が揺らいでおります。
あの頃の僕よりちょっとは腕が上がっているし、タックルも進化している。
「ひょっとしたら、今ならば純粋にボトムの釣りを楽しめるかもしれない」
近頃は本当にそう思うようになりました。
ってなワケでこのアルカジックさんの製品は根掛かり恐怖症の人も、底を探るのが大好きな人も注目のアイテムなんでございます。
なんかテンヤっぽいアイテムなので、そんな使い方もありかもね!

Bait Breath(ベイトブレス) 藻蝦(モシャ) 2インチ #808 シャコ
by カエレバ

関連記事
ボトムで立つチヌリグ「ボトムアーム」が新登場
黒鯛のボトムゲームに良さ気なフックチューン
ボトムずる引き型チヌリグ「なすカニ」を紹介




28boonx23eonxvc8g9ed-c7a6c04d

村岡さんのブログに、非常に興味深いお話がアップされているのでご紹介。
僕たちが釣りをしていてどうしても避けられないのが、フックをガッツリ飲まれるという状況。
持ち帰って食べる場合は置いといて、キープするつもりのない魚に飲まれた時ってのは非常に悩ましい。
こんな状況の時、僕はどうしているかというとまずリリースを視野に入れている場合はバーブを潰してバーブレスにしています。
そしてバーブレスではない場合やジグヘッドが飲まれて回収が難しい時、回収時に回復の見込みの無いダメージを与えてしまった場合はサイズに関わらず持ち帰って食べることにしています。
流血させてしまった時やフックを外すのに手間取った場合、リリース時に泳いで海に戻ったとしてもその後、生存している可能性は低いと思うからです。
もちろん100%それができているワケではありませんが、そう心掛けています。

このあたりの考え方に関しては、人それぞれなんで「そうしようよ!」って言うつもりはありません。
しかし、今回紹介するブログはトリプルフックは無理にしてもシングルフックを飲まれた場合、ラインを切ってリリースすればその魚は生存している可能性が意外と高いかもしれないということを教えてくれています。
この研究の対象魚が「イワナ」なので、果たして海水魚に当てはまるかどうかは分かりませんが、魚のことを思うのであればラインを切ってリリースしてあげるべきかなと思いました。
ただジグヘッドの場合はヘッド部分がネックになるので、上手いことヘッドを切断できればその魚の生存率は上がると思います。
リリースを視野に入れて釣りをするアングラーさんは、是非ご覧ください。
そしてリリースを視野に入れている場合は、メゴチバサミ系の魚を挟んで掴むようなアイテムは使わないようにしてあげてください。
有名な方が平然とやっていますが、あの行為だけでも魚にダメージは与えているので。

【 ゴールデンミーン 】GMフックアウト 02P11Apr15
by カエレバ

関連記事
基本的に食べきれる分だけキープするって考え方
フィッシュグリップを扱う際の注意点について
山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に




umikemushi01


以前コチラでお伝えした「海毛虫」を発売しているクレイジーオーシャンさんの注目アイテムが、ギアステーションで紹介されているのでご案内。
動画中にはもちろん海毛虫もオススメとして取り上げられているんですが、個人的に面白そうだなと思ったのがボートアジング用のロッド「オーシャンジャッカー」
ラインナップに6.6ftと7.2ftがあり、それぞれMAXのルアーウェイトが20gと30gという仕様。
一応「ボートアジング用」となっていますが、しなやかで曲がりパワーもあるということからショアからのライトゲームにも十分使えるんじゃないかと思っています。
余談ですが、これからは「専用」よりも「汎用」や「シチュエーション別」に移行していくと思うので、メーカーさんもその辺りをアピールした方が良いのになって思います。
そのほかにも同社のジグヘッド「キールヘッド」、回転しながらフォールするメタルジグ「オーシャンフラッシュTG」もなかなか良さげです。

【クレイジーオーシャン】海毛虫 2.5インチ[ネコポス:3]
by カエレバ

関連記事
海太郎のJH&ワームをボートアジングで紹介
リアルなフラッシュJ の実力発揮動画を紹介
大久保さんがボートで4大ターゲット釣りまくり



200 (1)new0


ライトなロックゲーム系のアイテムをリリースしているジャングルジムさんから、この夏新たに2種のアイテムが投入されるようなんでお知らせです。
ひとつはカサゴやソイなどの釣りにピッタリのスリーパーのフック強化版である「スリーパー マッチョ」
こちらはライトなロックフィッシュだけでなく大型根魚や、ヒラメやマゴチなどのフラットゲームにも対応しています。
そしてもうひとつは、「ビフテキ」でお馴染みのシンカーのタングステンバージョン「ビーンズTG」
タングステンの利点を活かしたテンポの良い釣りが可能になります。
いずれも7月発売予定だそうなんで、ロック野郎は乞うご期待ですな。

ジャングルジム スリーパー ジグヘッド (1.5g〜6g) /ショアライトゲーム/根魚/カサゴ/ガシラ/メバル/アコウ/
by カエレバ

【あす楽対応】ジャングルジム ビーンズシンカーJUNGLEGYM Beans Sinker釣り具 フィッシング シンカー オモリ 重り ビーフリーテキサス ビフテキ テキサスリグ 根魚 カサゴ ロックフィッシュ ハタ アコウ
by カエレバ

関連記事
ジャングルジムの注目根魚アイテムを一挙に紹介
ジャングルジムの新作は投げて巻くだけのJH
ジャングルジムの新製品を実釣を交えて紹介





asf001

いつもマニアックなタックルを紹介しているばんぱくさんとこのブログに、ちょいと便利なアンドロイドアプリが紹介されているのでご案内です。
以前コチラで似たようなアプリを紹介しましたが、今回紹介する「魚計測」はなんと複数の魚のサイズが同時に測れちゃうという優れモノ。
釣りブログにはズラッと魚を並べた釣果報告が当たり前のようにアップされているので、そのような投稿をされる方にも頼もしいアプリなんじゃないかな?って思った次第です。
魚を並べた場合、それぞれの大きさって分かり難いっすからね。
アンドロイド使ってる方はどんぞ。
無料でございます。

第一精工 ノギスケール 65 ホワイト【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
スマホで魚拓が作れる無料アプリを紹介
大物が釣れる時間を予測する「大漁時刻表」公開
日本気象協会製作の気象情報サービス「潮さん」




picus_main01


メガバスさんからリリースされるクロダイ用のクランクベイト「PICUS(ピークス)」の泳ぎっぷりが、なんだか凄くって脳裏に焼き付いちゃったのでピックアップです。
クロダイのボトムゲームで一番気になるのが根掛かりで、その恐怖から逃れるためにワームメインでやってみたり、安上がりな自作リグなんかで釣りしている方もいらっしゃると思います。
僕もこの根掛かりによるリグやプラグのロストが嫌で嫌でたまらなくなり、現在ではクロダイはトップでしか釣らなくなっちゃったんですね。
そうしている間に時代は変わり今や根掛かり回避に優れたアイテムも続々と登場、ボトムゲームも快適に楽しめるジャンルのひとつになったようです。
このようなサイトをやっていると、いろいろとウェブ上でルアーを見る機会があるんですが、とくに今まで見てきたアイテムのなかでも根がかり回避っぷりがハンパないのが今回紹介するこの「PICUS」。
それはとても言葉では表せないので、是非製品ページのアクション動画をご覧ください。
脅威のスナッグレススイミングに「おおっ!」ってなること必至です!
そうそう、実釣動画もありますんで、そちらの方もお見逃しなく。
これってハゼのクランクゲームにも良いかもですな。

【5月下旬頃入荷予定:ご予約受付中】【ネコポス不可】PICUS/ピークスmegabass/メガバス☆
by カエレバ

関連記事
メガバス 本気のクロダイロッドをテスト中!
ペンシルでもポッパーでもないチヌのプラッギングを紹介
五目ボトムでのチヌゲーをじょーじさんが解説




20150415_1304016

以前コチラコチラでご案内したオリムピックさんの新作ライトロッドですが、開発に携わった馬上憲太郎がオフィシャルブログで紹介しているのでお知らせです。
取り上げれているのは「ヌーボフィネッツァプロトタイプ S.T.Limited」のGNFPS-6102L-HSGNFPS-752L-TGNFPS-7112UL-Tの3本でして、それぞれの特徴や使い分けなどが説明されています。
アジングやメバリング専用というよりも、使うリグやシチュエーションに合わせたロッドが欲しいと思っている方は是非。
≪新商品!≫ オリムピック ヌーボ フィネッツァ プロトタイプ S.T. リミテッド GNFPS-6102L-HS 【保証書付き】〔仕舞寸法 107cm〕
by カエレバ
≪新商品!≫ オリムピック ヌーボ フィネッツァ プロトタイプ S.T. リミテッド GNFPS-752L-T 【保証書付き】〔仕舞寸法 115.5cm〕
by カエレバ

関連記事
春~初夏の瀬戸内メバルのベイトパターンを解説
「マイクロワインド」を馬上憲太郎が動画で解説
釣りウマのメバリング動画を各種詰め合わせ!




molix_ajw01


Molix(モリックス)さんとこのサターワームを初めて使った時のことは、今でもはっきりと覚えています。
日本海をメインに日々釣り歩いている友達にガイドしてもらって、デカイ鯵を楽しませてもらった夜のこと。
そん時僕はスタンダードなちょい長めの「アジング用」と謳われたクリアのワームを使って釣りしてたんですね。
まぁ、ポッツラポッツラ釣れるワケですが、お友達ときたらボコボコでウハウハに釣るワケです。
ちょっと数メートル離れた場所で。
んで、優しい彼が近くにやってきて言うんです。
「トモショーさん、俺、最近コレ使ってんでどうぞ」って。
それがサターワームの2.5インチで、記憶は曖昧なんですが黄色っぽいクリアなカラーだったと思うんですね。
それで彼の好意に甘えてひとつ貰って、彼の言うとおりに釣りを始めると…。
「はじめは半信半疑でしたが、まさかの効果にビックリです」
どっかで読んだことのあるフレーズが頭をよぎるほど釣れちゃったんですね(笑)
それがサターワームの威力だったかどーかってのはしっかりと検証してないんで断言はできませんが、僕のなかではちゃんと釣れる信頼できるワームのひとつになったことは事実です。

ってな感じで今回は、当時の記憶をフラッシュバックさせたモリックスさんとこのオフィシャルブログをご紹介。
釣れ筋のサターワーム2.5インチとRAシャッド2インチの再販&待望のカラー追加のお知らせがドドンと告知されているので、ライトリガー諸氏は是非チェックしてみてくださいませ!
なかなか良いブツですぜ、旦那!

【モリックス】Molix サターワーム2.5インチ[メール便:5](メバリング/アジング)
by カエレバ

【モリックス】Molix RAシャッド 2インチ[メール便:5]
by カエレバ

関連記事
スリム&極薄テールのmolix スリゴー2インチがなかなか良さげ
Molixの「ハードシュリンプ45」をインプレ
松尾視点でサターワームをちょこっとインプレ





sbf01

ベイトタックルで海釣りを楽しむっていうのは2~3年前に比べるとかなり認知されてきていると思いますが、実際に楽しんでいる方ってのはまだまだ少ないんじゃないかな?って思うんですね。
最近ではソルト用のアイテムも充実してきましたが、この釣りが発展途上な部分もあるので、手を出し難いってのもあると思います。
その「発展途上な部分」をひっくるめて楽しむことができる人であればなんの問題もないのかもしれませんが、やはり未知のものに手を出すのは勇気がいるもの。
タックルを揃えるのだって、ある程度のまとまったお金が必要ですからね。

んで、ベイトな釣りに尻込みしちゃってる代表の僕が考える1つの要因に、ベイトリールの存在があると思うんですな。
ほとんどスピニングしか触ったことがない僕にとってベイトってやつは、バックラッシュのイメージがとてつもなく強い。
そしてさらに飛ばない、細いラインが使えないなど扱い難い印象があって、なかなか手が出せないんですね。
もちろんその半面で操作する楽しさやキャストする楽しさ、巻取りの力強さ、ダイレクト感などメリットも多いのも理解しています。

ってなワケで今回は、僕みたいなベイトアレルギーなお友達に観てもらいたいSALTY!さんとこの動画をご案内。
ベイトフィネスを楽しむために大切なリールのセッティングを、トモ清水さんが教えてくれちゃいます。
この動画が「ソルトのベイトはちょっとなぁ…」って思っていた方の背中を押すきっかけになれば幸いです。
「ベイトな釣りを始めてみたい!」って方にもオススメでがんす。


アブガルシア(Abu Garcia) REVO LT 6 L(レボLT 6 L) 1366286【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
もう一度確認しておきたいベイトフィネス再入門
トモ清水がソルトベイトフィネスの魅力を紹介
KR-X BFカスタム プラッギングスペシャルの動画が公開




krhyitm01

アングリングソルトの動画に、黒原さんのメバルプラッギング動画がアップされているのでピックアップです。
本動画は主に水面直下を意識しているメバルをスローシンキングの小型ミノーで攻略するという内容で、通常のトップや水面直下での食わせ技とは少し違った攻略法が紹介されています。
「こんな使い方もあるんだね~」って思ったんで、メバルのプラッギングを楽しみ尽くしたいって方はチェックしてみてくださいませ。
Let's サブサーフェス !

Aqua Wave(アクアウェーブ) シャローマジック 45mm #A42 シラウオ 042005
by カエレバ


関連記事
黒原祐一 直伝! アジング ステップフォール
黒原祐一が伝授する重量級ジグヘッドの使い方
釣れ筋アイテム「シャローマジック」をインプレ





o0400030013273009587

以前コチラで紹介したラッキークラフトさんとこのプラグ「ワンダー LITE 50」がやっぱりメバルにぴったりなルアーだったようで、今回はその釣れっぷりと釣れる理由が綴られているファイブコアさんとこのブログをご紹介。
特別なテクニックを必要とせず、投げて巻くだけで勝手にメバルが好む黄金レンジを攻略してくれるプラグらしいので、とりあえずプラグで釣ってみたいっていうビギナーさんにもオススメ。
もちろんメバルだけでなくシーバスなんかにも使えちゃうので、ルアーケースに常備しとくといろいろ楽しめちゃうかも!

【ラッキークラフト】ワンダーライト50「UM SOULオリジナルカラー」[メール便:3]
by カエレバ

関連記事
メバルに効いちゃうプラグとワームをご案内
釣れないワケない!って思ったビースレート48F
メバペンファミリーに「メバペンJr. SP」が登場




lightporgy_r_imagenew0


ゴールデンミーンさんの新作に関する話題を2つご案内です。
ひとつ目はアジングロッドの「JJ-Mack AIR」に、5フィートクラスの新機種が追加されるというニュース。
この追加モデルである「JMAS-511」に関しては、テスターである高木さんがブログにチラリと書かれているので、興味ある方はそちらもどんぞ。

ゴールデンミーン JJマックエアー JMAS-511
by カエレバ


して、もうひとつの話題はクロダイ用ロッド「Light Porgy R(ライトポージーR)」のリリースについて。
さすがに専用として作られただけあって、これまで進化してきたクロダイゲームをより深く楽しめるような味付けになっているようです。
このロッドの解説動画を以下に貼っておきますんで、気になる方は合わせてどんぞ。


ゴールデンミーン ライトポージーR LPS-70R
by カエレバ

ゴールデンミーン ライトポージーR LPS-75R

関連記事
JJマック エアーをチラリとインプレ
GMロッドポストがベイト&スピニング両対応に
ありそうでなかったライトゲームの針外しが登場




khfla01

以前コチラで紹介した黒原さんのフロートリグ使い方講座ですが、もう少し詳しく解説したアルカジックジャパン公式動画がアップされたのでご案内。
前回紹介した動画はナイトゲームでしたが、今回の動画はデイゲーム。
ロッドアクションやリグと魚の動き等が確認できるので、この釣りをマスターしたい方はこちらも合わせてご覧ください。
デイゲームの場合はサイト(見釣り)で釣りができるので、楽しさも倍増ですな。

【アルカジックジャパン】ラウンドロックジグフック AR-HK03[メール便:1]
by カエレバ


関連記事
生まれ変わったぶっ飛びロッカーⅡの詳細が公開
アルカジック 黒原祐一&木下彰のFSセミナー
黒原さんのスプリットアジング動画が公開





大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]