Friday, October 19, 2018

2buy8hm82mkgnztvs9wn-8fa8750f
海に到着して投げたい気持ちを抑えつつ準備をして、いざ投げてみると「ロッドにラインが絡んでた」とか、「リールにラインが通ってねぇぇぇぇ!」とか、「マジで?バックラシュ…」とか、たまにあるワケです。
んで、ラインを切ってリグを作り直しとか考えると、イラッとくるワケです。
今回は、そんなときに覚えておけばイライラせずに鼻歌交じりで解消できる小技たちを紹介。
すでにご存知のものもあるかと思いますが、そーすれば良かったんだ!って思うものもあるかと思いますんで、ちょいとご覧になってくださいませ。
とくにライトゲームを始めたばかりのビギナーさんは必見です。
それでは34のフィールドガイドを務める米本さんが伝授する小技集をどんぞ。


するするタケちゃん S PI(ピンク)【釣具のポイント】
by カエレバ

初心者へ送る『困ったときは!』①

初心者へ送る『困ったときは!』②

初心者へ送る『困ったときは!』③

初心者送る困った時は!(続)

初心者送る困った時は!(続)

初心者送る困った時は!(続)

 

関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法

sp-098024300s1398128402_1
近頃気になっているロッドメーカーさんがいくつかありまして、そのひとつにヤマガブランクスさんがあるんですね。
釣りが上手な仲間が使っているっていうのも理由のひとつなんですが、なんというかモノ作りのこだわりが伝わってくるようなそんな気がするんですね。
派手さはないものの玄人好みで、一本筋の通ったイメージがあるんですな。
んで、今回はそんなヤマガさんのロッドを2本インプレしてくれちゃっている、スパイクさんとこのブログを紹介。
ブルーカレント 66/TZ LTDのインプレと、ブルーカレント 77M/Tiのインプレをそれぞれ御覧ください。


YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent(ブルーカレント)BLC-77M/Ti【アジングロッド】
by カエレバ
YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent(ブルーカレント)66/TZ Limited(66/TZ リミテッド)【アジングロッド】
by カエレバ



関連記事
ちょっとリッチな自作車載ロッドホルダーを紹介
当たり前すぎて気付かなかったジグヘッドの盲点とは?
デカメバルを確実に獲るためのフック考察を紹介




hkkkrx001
ピュアフィッシングジャパンの動画に、林健太郎さんが新たに追加された「KR-X 黒鯛」を実釣解説する動画がアップされているのでご案内。
ご存知のようにKR-X 黒鯛シリーズはクロダイのルアーゲーム専用に開発されたロッドでして、先に発売されている3モデル「SKS-702」、「SKS-712」、「SKS-782」は武田栄さんが監修したロッドですね。
んで、今回取り上げられている「SKS-772PMH-KR」と「SKS-832PL-AR-KR」は、けんぼうさんこと林健太郎さんが手掛けたロッドで、水深のあるポイントや流れのある場所で活躍する味付けがなされているんだそうです。
その辺りのことは下の動画を観て頂ければ分かるかと思いますんで、詳しくはそっちで。
んで、ついでと言ってはなんですが、林さんオススメのワーム「バブルスピア」の動画も貼っつけておきますんで、合わせてご覧になりやがってくださいませ。





スポンサードリンク

スポンサードリンク

P3120657
いったいアジングやメバリングに使われるライトゲーム用のジグヘッドの種類ってのはどんだけ存在しているのか不明ですが、今もなお新製品がリリースされ増え続けている状態なワケです。
その数があまりにも多いので、どれを使おうか悩んでしまうのが正直なところ。
実際僕もあれこれと色々と買っては試しをしているのですが、どのメーカーさんのモノも大抵釣れるし、使えないなぁって思ったヤツってのもあんまりありません。もちろん好き嫌ってのはありますが。
しかし、やっぱり「使いやすいモノを選びたい」、「いろいろ比較して試してみたい」ってのが人情でして、ジグヘッドコーナーの前で思案しちゃうんですな。
ってワケで今回は、そんな貴方のジグヘッド選びの助けになる『【35種類】アジング・メバリング用ジグヘッドまとめ【釣り】』っていう「NAVERまとめ」をご紹介。
店頭でもなかなか35種のジグヘッドを比較するってことはできないので、こちらのサイトは便利かと。
最新のジグヘッドはありませんが主要なアイテムは載っているので、好みのジグヘッド探している人は参考にされてくださいませ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

o0480036013035468463
まぁ、なんというか焦らしちゃイヤンって感じのチラ見せショットで辛抱たまらん感じではございますが、これが現時点で精一杯のサービスショットのようなんで仕方ありませんね。
マグバイトさんとこで開発中の新型ワームだそうです。
アジの口からはみ出た足がなんともセクシーではございますが、その詳細はもちろん不明。
なんとなくチューーブ系のワームを連想しますが、コイカっぽいデザインなのかも知れません。
詳しいことは後日ということなんで、ここはひとつ続報を待つとしましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



hzcr01
以前コチラで紹介したハゼをミニクランクで釣るハゼゲーですが、LureNewsさんとこの動画にも実釣動画が上がっているのでお知らせ。
ハゼっていうと基本的にエサで釣るものってイメージが濃い魚だったので、プラグで釣れるってのが衝撃的だったんですが、やっぱりこの魚釣りはゆるくて楽しそうですね。
見た目が可愛いトラウト用のルアーに、とぼけた感じのハゼって組み合わせってのも、なんとなくほんわかさせられますな。
その辺の河口で日中に釣れちゃうっていうのも、お手軽な感じでなかなかよろしいです。


FCT HAZE ディープクラピーSFT BELL ゴールドクラウン【釣具のポイント】
by カエレバ



関連記事
ちょっと楽しげなハゼのクランキングを紹介
ハゼのクランキングに最適なタックルを紹介




140716103034_1
ハヤブサさんからちょいと変わったボトムリグが発売されるんで、ボトムねちねち好きなネチッコイあなたにご案内。
流行りのチョイ投げ天秤をボトム専用にカスタムしたようなこの「ボトムアーム」は、フック部分が底に触れることがないため根掛かりし難い構造がウリ。
またフックもラバーも交換しやすいつくりになっているので、針先が鈍った時やラバーのカラーを交換したい時も手間が掛からず便利です。
ってことは、フックもラバーも取っちゃえばチョイ投げに使えるじゃんって、いま気が付いた(笑)


【メール便可】ハヤブサ ボトムアーム 5g FS240
by カエレバ

関連記事
五目ボトムでのチヌゲーをじょーじさんが解説
トップでもボトムでもない黒鯛の岸壁ゲーム
クロダイのワーミングはズル引きだけじゃない




22396b82
いきなりリミットブレーカーなんて言うと「なにその極限超え?」っていわれちゃうので、怪訝そうな表情を浮かべている方はコチャラを。
んで、常にアンテナを張巡している僕ちゃんですが、実はザルのようなアンテナなもんで、結構見逃してるモノって多いワケです。
そして今回、その大き過ぎるザルの目をヌルッとすり抜けた情報をご案内。
エバーグリーンさんとこの最新アジングロッド、「PSSS-77S  リミットブレーカー」に関する話題です。
なにやらもうすぐ発売だそうで興味津々なんですが、そんなホットなロッドに纏わるお話をがプロスタッフである木下さんがブログに書かれているのでピックアップしてみました。
しかし、相変わらずのセレブなお値段にちょいと…。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


o0640048013022967070
先日チラリと触れたアブガルシアの新型アジングロッド「エラディケーター Dominant」。
その解説がけんぼうさんとこのブログにアップされているのでご案内。
幾度となくトライ&エラーを繰り返してようやく仕上がったロッドだそうで、スローな展開のアジングと相性の良いモノとなっているそうです。
5フィート代というショートレングスで、よりダイレクトなアジングングが楽しめそうですな。
ちなみに発売は秋頃だそうですよん。


アブガルシア エラディケーター アジングカスタム EAS-611MLS-TKR Eradicator Ajing Custom アジングロッド
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ae4c6696
中国地方で尺メバルを狙うとなるとメインとなるのは日本海側でして、僕の数少ない尺メバル捕獲実績もやっぱり日本海なワケです。
それでは「瀬戸内では釣れないのか?」っていうとそうではなくって、やっぱり釣る人は釣ってるんですね。
しかし、なぜだか理由はわからないんですが、やっぱり日本海に比べるとそキャッチした話はあまり聞かないし、泣き尺が多いんですな。
まぁ、僕もない知恵と経験をフル動員して年に1回位は出そうな場所で「デカいのを釣る日チャレンジ」をしてみるんですが、自己記録は28cmで止まっています。
28でもサイズ的は贅沢っちゃあ、贅沢なんですが、そこはホラ、やっぱりメバル好きとすれば超えたいワケですよ。
そんじゃあエキスパートな方々は一体全体どんなシチュエーションを狙って、デカイのに出会ってるかってのが気になるところ。
そんなこんなで今回は、自己記録更新となる尺超え瀬戸内ブルーバックを見事キャッチしたレオンさんのエントリーをご紹介。
興奮と達成感、そして臨場感溢れる釣行記はこの後すぐ!
記憶に残るメバルとの出会い、レオンさん、おめでとうございます!


アジング・メバリングがある日突然上手くなる [ 加来匠 ]
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]