Friday, October 19, 2018

kakkyms001
以前、コチラコチラで紹介したミニマルを使った磯場のムラソイゲームですが、アンソル動画の方に新たな動画がアップされたのでお知らせです。
今回の釣りの案内役を務めるのはブリーデンのKAKKYさんでして、ミニマルでのムラソイゲームのエキスパートらしくテンポ良く探っていく姿は見ていて気持ちい良いです。
ところどころでこの釣りに関する豆知識も教えてくれるので、この釣りをどっぷり楽しみたい人は必見です。
また、動画中には開発中のアイテムに関する情報もあるので、13ファンも要チェック。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



gfsl001
アングリングソルトの動画に、以前コチラで紹介したフリーショットリグの解説動画がアップされているのでご報告。
ここ最近、ロックフィッシュ関係のリグやアイテムの進化が目覚ましく、各社、各テスターさん達の努力によって、いろんなものが出てきてなんだかロックフィッシュが熱くなっている気がします。
2年ぐらい前だったかバス釣りに「直リグ」が登場して、「これはロックな魚にも使えるよねぇ」なんて思ってたら、ソルト用なんかもやっぱり登場して今や定番になりつつある感じです。
んで、このフリーショットリグが今年初公開になりまして、これまた定番になりそうな雰囲気で、全国のロック野郎は要チェックなリグだと思うんですね。
っつーワケで今回は、そんな注目のフリーショットリグを考案者であるゲンキマンさんが動画で解説です。


映像の隅に写っているゴミがちょっと残念…。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

20140724_1020445
Go-Phishの武田さんのブログに、タックルハウスのプロトプラグの話題がアップされているのでご案内です。
各プラグの詳細な説明などはありませんが、開発中のアイテムの画像がチラリと拝見できるので、気になる方はチラッとどんぞ。
ちなみにショアーズストリーマーの姿も見られますんで、ひょっとしたらアレかも知れませんね。
良い子にして続報を待ちましょう。

【タックルハウス】ショアーズ ストリーマー1.8g[メール便:2]
by カエレバ

【タックルハウス】ショアーズ プルシャッド
by カエレバ

関連記事
ミニマムプラグSHORESストリーマーをイラストで解説
可愛いイラストで紹介するショアーズシリーズの魅力
カマッシングのシークレットウェポンにカマス専用カラー追加





mvdvvn7h2bipt9xvagzb-8aaeca83
シマノのテスターを務める丹羽さんとこのブログに、アジングにバッチリな感じの新作メタルジグ「A-jig」の話題がアップされているので、ご紹介です。
見た目は目ン玉がちょいとデカくてキュートな感じのメタルジグですが、実はかなりデキる奴なご様子で、その小さなボディにアジング向きのエッセンスが凝縮されています。
この特性を理解したうえでのメタルアジングは、かなりテクニカルで面白そうでございまして、釣った感が半端ないアジングになりそうな感じです。
ワームでの釣りも良いけれど、それだけじゃもったいないのがライトゲームの世界。
今から、ちょいと発売が待ち遠しいメタルジグの登場です。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


sst_illust
タックルハウスさんのブログに異色のミニマムプラグ「ショアーズ ストリーマー」の解説イラストがアップされています。
ワームみたいに細くて、しかもこれくらい小さいサイズのプラグってのは珍しく、さらに金属と樹脂パーツを組み合わせたという変わり種はどこを探してもコレ以外ないと思うんですね。
そんな唯一無二の「ショアーズ ストリーマー」が、一体どーゆーヤツなのか気になっている方も多いはず。
っつーワケで今回は、個人的にも大注目しているこのプラグをピックアップしてみました。
ちなみにコチラではショアーズシリーズのイラストを手掛ける、時川真一さんデザインの「ショアーズTシャツ」が見られますよん。
なかなか可愛らしいアイテムで欲しいんですが、今んとこ発売時期は決まってないそうです。


【タックルハウス】ショアーズ ストリーマー1.8g[メール便:2]
by カエレバ

関連記事
可愛いイラストで紹介するショアーズシリーズの魅力
カマッシングのシークレットウェポンにカマス専用カラー追加



spk02
大久保幸三さんが出演するショアゲー&チヌゲー動画が、アピスTVにアップされているのでご案内。
やはり暑い時こそ細かいことを考えず、簡単にできるお手軽な釣りが一番。
とくにビーサンで防波堤やサーフから楽しめるチョイ投げは、ついつい夢中になるほどの面白さです。
ってなワケで今回は、その面白さを全身で表現する大久保さんの釣りの模様をお楽しみください。


カツイチ(KATSUICHI) DECOY ショア天スマート SG−26 14g イエロー
by カエレバ

関連記事
大久保幸三がショアゲー等デコイ新製品を紹介
ゼロダン・ロックで楽しむアコウ&カサゴゲーム
動画で学ぶ キスゲーを楽しむための基礎講座





hrmlsj01 アングリングソルトの動画に「ヒロセマン流・簡単お手軽ライトショアジギ講座」がアップされています。
アジもメバルもちょいとひと休み的なサマーシーズンですが、皆さんいかがお過しでしょうか?
夏のデイゲームとなると、暑くてとても出かける気にならないって方もいらしゃると思いますが、そこはマズメ限定で出掛ければ少しは涼しいはず。
とくにこの時期の朝マズメなんかは、短時間の釣りには持ってこい。
ってなワケで今回は、夏でも楽しめるライトショアジギ講座。
難しくないので、ビギナーさんでも楽しめるはず。

メジャークラフト ジグパラ SHORT 20g #1 イワシ
by カエレバ


関連記事
沖の獲物を狙い撃ち!ライトショアジギ操作法
芥河晋の「お手軽ショアジギング」(ワインド篇)
動画で見る メタルマルの魚種限定解除っぷり



ganpeki001
基本的なクロダイの釣りってのはトッププラグやボトムリグを使って広範囲を探っていくのが定番ですが、今回紹介するのはちょいと趣向が違う壁際の釣り。
古くから防波堤際のクロダイは「落とし込み」で楽しまれていて、これはこれでかなり奥が深そうで面白そうな釣法。
それをルアー的に楽しんじゃおうってのが今回の動画「岸壁SLK」
この釣り方は波止際の貝類や甲殻類を補食しに来ているクロダイさんがターゲットでして、岸壁ギリギリに落とし込み壁面をトレースするのがキモ。
「落とし込み」とは違い、フォールさせては巻くを繰り返すこの釣りは、今までにない新たなチヌゲー中毒者を生み出すことでしょう。
さぁ今年はみんなで、Let's 「岸チヌ」!



スポンサードリンク

スポンサードリンク


kwmblo01
アングリングソルト動画に、レオン流夏の五目ゲームの動画がアップされています。
アジやメバルの釣果がちょいと聞かれなくなる夏本番の日本列島。
そんなクソ暑い日々が続く中でも、実はライトゲームも熱くって目先や釣り方、フィールドを変えれば楽しめるターゲットは多数存在します。
食べて美味しい魚から、釣れて嬉しいターゲット、外道扱いされている魚でも目線を変えれば立派なゲームフィッシュに早変わり。
本来、ルアーフィッシングってヤツは、純粋に「釣ること」を楽しむもの。
釣る側が楽しむ&魚を慈しむ姿勢さえあれば、それがたとえどんな魚でもそこには素晴らしいゲームフィッシングが成立するんであります。
サイズがどーとか、魚種がどーとかってお話じゃないんですね。
過程なんです。そしてストーリーなんです。
ってなワケでこの夏は、ナウなヤングもヤレたミドルも、そして渋いシニアも釣れる魚を釣る「限定解除」な五目ゲームを楽しんでみたら如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

hpph3bo82zugzjms3tbk-b0794ec4
最近なんとなく汎用性の高いロッドってのにアンテナが働いて、そんな匂いのするモノについつい反応しちゃうんですが、今回ピックアップするロッドも幅広く使えそうな有り難いヤツ。
画像のようにライトロッドでありながら、ヒラスズキともやりあえるのはアピアさんとこのレガシールブルーライン 71MTなんでありますな。
んで、1g~15gまでのルアーがキャストできる魅力的なこのロッドの汎用っぷりが、アピアスタッフブログで紹介されていますんで、「ライトゲームをロッド1本で幅広く楽しんでみたい!」って思っている方はご覧くださいませ。
価格もそれほど高くなく、お小遣い制アングラーでも頑張ればゲットできそうな価格帯なんで、汎用ロッドを探している方は是非。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


archinu01

一般的にクロダイのボトムゲームっていうと、底をズルズル引きながら絶えずボトムの感触感じつつ、その中から生命感溢れるバイトを感知してフッキングするのが楽しい釣りですね。
しかし、いくらボトムをトレースする釣りといっても、場所によっては根掛かりが激しく厳しいポイントもあるはず。
そんな時は引きずるって選択は早々に諦めて、今回紹介するアルカジックさんとこのブログを参考にしてみましょう。
僕たちライトリガーが得意とするリグなので、迷うことなく使えると思いますよん。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


pktb001
アンソル動画に、ポッキンさんがまたまた新たなキジハタリグを紹介しているので、幻ファンのみんなにご案内。
今回の新型リグは、テキサスリグにクルクル&キラキラなブレードをプラスしちゃう、ちょっと欲張りな感じのもの。
ブレードを追加するに特殊なパーツが必要なようなので、ちょっと敷居が高い気もしますが、それさえクリアできちゃえば意外とお手軽。
あの手この手でキジハタを釣っちゃるって方は、お試しくださいませ。
そしてさらに動画の後半では、シマノさんとこの新型ベイトリール「ブレニアス」のインプレも収録。
2g程度のジグヘッドからキャスト可能っていう、ライトなお友達にピッタリな両軸リールなんだな。
ちなみにブレニアスのベイトロッドも追加になるので、こちらもチェック。



関連記事
基本的に食べきれる分だけキープするって考え方
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム
対キジハタリグ「フリーショットリグ」が公開
ポッキンさんが伝授するキジハタ新メソッド・AH


34chimera

キメラといえば、ギリシャ神話に登場するライオンとヤギの頭を持つ、尻尾が毒ヘビで翼がコウモリで火を噴くバケモノですね。
ロールプレイングゲームで育った世代には、お馴染みのモンスターだと思います。
んで、生物学では同一個体内に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっているモノを指しまして、いずれにしても自然界には存在しない異質な存在です。
そんなちょいと不気味だけどワクワクしちゃう名前が付けられたのが、先日紹介した34の新型ワーム「キメラ」でして、そのスイミング動画が公開になったのでお知らせです。
個人的にはもっと二股テールが禍々しくグネグネと動くのを期待していたんですが、予想に反してマイルドな感じ。
まぁ、見た目よりも波動が大事でして、実は水中では物凄い波動が発せられているのかも知れません。
僕的には片方がシャッドテールだったり、扁平なテールだったほうがキメラっぽく、イレギュラーな感じで面白かったかもと思うんですが、バランスとかもあるんでしょうから勝手な意見です。
次回は「フィッシュライク」のスイミング動画に期待しましょう。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

akkj01
僕らソルトアングラーにとってキジハタって存在は、数年前に比べてかなり身近になってきました。
タックルやリグの進化、釣り方や生態などの解明により、現在ではひとつのジャンルとして十分に釣りが成立するターゲットして認められているように思います。
見た目も美しく、ファイトも強烈で、食べて美味しいキジハタは、シーズンになると好んで狙われる人気者となったワケですが、ここで心配なのが個体数の減少。
そこで今回は、そんなキジハタがいつまでも釣れるようにというSevenStar'sさんの提案をピックアップです。
もちろんこの提案はキジハタだけじゃなくって、どんな魚にも言えることなんで、海からの恵みをご馳走になる方はちょっと心掛けて頂けたらなと思うわけです。
基本的に食べる分だけ持ち帰るってスタイルが、魚釣りを長く楽しむための秘訣だと思うんですね。


関連記事
山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

 




ブリーデンさんとこのオフィシャル動画チャンネルに、ルアー合衆国で放送されたレオンさんのボートロックゲームの動画がアップされています。
一般的に根魚相手のロックゲームはワームを使ったリグがメインですが、本動画ではブリーデンのハードルアーを使った硬いものオンリーな釣りを紹介。
発売されたばかりの「GRF-TX60MH」や開発中の「ミニマル65DEEP」、メタルマルやBeeバイブを使って、ロックなお魚を釣りまくりです。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本的に釣り場のマナーってやつは常識的な考えを持っている方ならば、気をつける以前の問題でごく普通にできている自然な振る舞い。
「ゴミを捨てない」とか、「夜は大声を出さない」とか、「迷惑な駐車をしない」とか、自分の行動が人にどんな影響を与えるか、自分がされたらどう思うかって想像力があれば、釣り場のトラブルってのはそう起きるもんじゃありません。
「己の欲せざる所は人に施す勿れ」です。
今回はそのあたりの「人として当たり前」のマナーについてではなく、釣りを楽しむ人同士がお互いに気持ち良く釣りをするためのマナーのお話。

ルアーフィッシングは、キャストしては巻くを繰り返し広範囲を探るというその性質上、「先行者優先 」という暗黙に近いルールが存在します。
それが暗黙であるがゆえに初心者には伝わり難く、「これくらい離れてやれば問題ないし、海はみんなのもの。仲良く釣りをしよう」って一般的な考えを持つ始めたばかりのビギナーさんには気付き難いことだと思うんですね。
んで、なぜ「先行者優先」というものが存在するのかを、しっかりと教えてくれる先輩アングラーや師匠が居てくれれば良いのですが、実はこれがなかなか難しく、意外とこのような話題を扱っている本や雑誌ってのも無いように思います。(僕が知らないだけかもしれませんが)
なので、アングラーとしてのマナーやルールってのは伝わっていかないんだと考えるワケです。

そしてさらに厄介なのが、先行者を気遣って距離をおいて釣りをしているにも関わらず、実はまだ迷惑をかけているっていうケースも存在するということ。
実はコレ、僕もそこまで考えたことがなかったんですが、今回紹介するぽりけんさんのエントリーで図入りで解説して頂いて「なるほどね!」って思ったんですな。
僕もメジャーポイントなどで先行者がいる場合は、ある程度間隔をとって釣りをするんですが、ここまでまわりの事を考え、そして状況を読んで釣りをしていませんでした。
なので、「今更そんなこと言われなくたって…」って思っているアングラーさんにも是非読んで頂きたいと思います。

釣りを続け経験を積んでいくと「当然」と思っていることが、初心者や釣りをしたことがない人から見れば「知らない」 だったってこともあるワケです。
釣り場でビギナーさんらしき人に出会った時は、釣りを始めたばかりの頃を思い出してみてください。
そして目くじら立てて怒るより、やんわりと教えてあげる方が伝わると思うんです。
それによってまた、教えられた人がまた次に伝えていく。
長い目で考えれば「釣り」という文化を次世代にしっかり伝えていくには、こーゆーことが大切だなって思うんですね。

釣りは武道のように、師から弟子へ思いや技術が受け継がれていくものだと思っています。
そしてフィールドを大切にし、紳士的に楽しむあたりは、まさにスポーツ。
ってなワケで前振りが異様に長くなりましたが、今回のことに気付かせて頂いたぽりけんさんとこのエントリーを是非、御覧くださいませ!

最後に人が多い場合は、素直に諦めることも大事です。
そんな時は自分だけのポイント探しに出掛けましょう。
それはそれで、楽しいもんですよ!



スポンサードリンク

スポンサードリンク



正直な話あんまりシマノさんとこの釣り道具って使ったことなくって、どれが良いとか、どんだけ優れてるとかってのは分からんのです。
しかし、今回紹介するワーム達はシマノさんのライトゲームに対する本気度が伝わってくるラインナップでして、一体どうしちゃったのかしら?
まぁ、そんなことはさておいて、このビックリするほどの新型ワーム大量投入をお知らせしてくれているのは丹羽さんとこのブログ
ワームの使いどころから素直な感想までが書かれているので、きっと参考になることかと思います。
発売は8月予定だそうですよん。


シマノ(SHIMANO) ソアレ アジクネン SW−018K 1.8インチ 11T(ケイムラ)【釣具のポイント】
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



34代表の家邊さんのブログに、ライトゲーマーのために考え抜かれたタックルバッグの話題がアップされています。
足場が安定している釣り場での釣行ってのはそれほど気を使うことがありませんが、テトラ帯や磯、岩場での釣りとなるとかなり神経を使います。
スパイクなどで滑らないように気を配っていても、足場が狭く水平でもなく、滑りやすい場所では意外とバランスを崩しやすく、例えタックルバッグでもその重さひとつで簡単にバランスは崩れてしまうもの。
僕も最近では壁に張り付いたり、岩場を長く歩くような磯場の移動が多い釣りの時はデイパックを使用して、バランスを崩さないようにしています。
これって本当に重要な事で、足場が悪い場所で釣りをされる方は注意が必要です。
万一転倒すれば、怪我やタックルの破損、場合によっては…。その被害は計り知れないですから。
んで、今回紹介するバッグはその辺りを十分に考慮し、さらに使い勝手にまでこだわって作られた、ライトゲーマーへの愛が詰まったタックルバッグ。
発売や価格などはまだ不明ですが、ライトな釣りを愛するアングラーさん注目のバッグ であることは間違いなしです。
ちなみにコチラではジグヘッドケースの新型の話題がアップされていますよん。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



ピュア・フィッシング・ジャパンさんの公式動画に、「KR-X ベイトフィネスカスタム プラッギングスペシャル」の動画がアップされています。
本動画はトモ清水さんがプラッギングスペシャルを使用して、トップに出まくりのメッキゲームを堪能するという、ちょっぴり羨ましい内容。
その名の通りプラグの釣り向けに味付けされたロッドの解説から、ちょっとしたメッキのポッパーゲームのコツも紹介しているので、ベイトタックルでライトプラッキングを楽しみたい方は必見です。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アピアスタッフブログにチヌパラドッヂの生みの親である松尾道洋さんが、チヌパラドッヂの使い方とクロダイゲームのちょっとしたポイントを紹介しているので、チヌゲー大好きっ子にご案内。
昼夜問わず釣れるルアーターゲットであるクロダイですが、いくら手軽に楽しめるとは言え、無闇矢鱈と投げて巻くばかりじゃ釣果に結びつきません。
やはりそこはルアーゲームらしく、ベイトの存在が関係してきます。
そのあたりを頭に入れて挑んでみると、もっともっと釣りは楽しくなるはず。


アピア(APIA) チヌパラドッヂ 7g 07(レッドアワビ)【釣具のポイント】【RCP】
by カエレバ

関連記事
起き上がり小法師システム搭載! チヌパラドッヂ発売
クロダイ専用設計のクレイジグ波動チヌが発売
新たに考案されたボトム用リグ「ブライトリグ」を大公開
ビフテキのクロダイチューンが結構良さ気な感じ



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]