Friday, October 19, 2018


アピアさんとこのオフィシャルブログに、新発売の「チヌパラドッヂ」の話題がアップされているのでご案内。
ボトムずる引き系のクロダイゲームといえば、心配なのが根掛かりによるルアーのロスト。
また、テンポ良く広範囲を探る際に根掛かりが多発するのも、ご勘弁願いたいものですよね?
今回紹介する「チヌパラドッヂ」は、「おきあがりこばしシステム」により障害物をスルスルかわすクールなヤツでして、安定したアクションやフッキングへのこだわりも盛り込んだオススメのチヌゲーアイテムです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



ヤリエさんとこのオフィシャルブログに、汎用ロッド「アヴェンジャー」の発売告知がアップされているのでご案内。
このアヴェンジャーについてはコチラ コチラでピックアップしていますが、簡単に紹介すると超高感度のチューブラートップを持ち、0.5gのジグヘッドから14gまでのハードルアーが扱える頼れるロッド。
ソルトシーンでは長い間「専用ロッド」ばかりが注目され、汎用性の高いロッドってのは意外と少なく、どんなものがあるのかさえ分からなかった状況でした。
しかし、最近では少しずつこのようなロッドが登場し始め、いま一般ユーザーがタックルに何を求めているのかってのに気付き始めたようです。
専用ロッドでの釣りは楽しいものですが、ごく普通の一般的なアングラーはターゲットに合わせて全てのタックルを揃えられるものではありせん。
経済的に厳しくなっていく時代の中で、これからは汎用性の高いロッドの需要が増えていくように思うのは、決して僕だけではないはず。


関連記事
1本で複数のターゲットが楽しめる汎用欲張りロッドが誕生
ソルトライト万能ロッド「海鷹73」のインプレ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


リールのインプレでお馴染みのいまたろうさんのブログに、シマノさんちのベイトリールの紹介がアップされているのでご案内。
今回取り上げれれているのは「ベイゲーム」でして 、これがエサ釣りからタイラバ、ライトジギング、そしてバス釣りまでこなせるというバーサタイルっぷり。
汎用性の高いタックルで、いろんな釣りを楽しみたいって方にオススメのベイトリールなんだそうです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



なくても平気だけど、あった方が格段に釣りが楽しくなるのが偏光グラスでして、デイゲームにおいてコレがある場合と無い場合とでは「釣りの質」そのものが変わってきます。
僕は初めて偏光グラスというアイテムを使ったときの感動ってのは今でも忘れられなくって、 今までギラギラして見えなかった海中の世界が手に取るようにわかるその威力に興奮したものです。
とくにアオリイカやトップチヌでは、偏光の有無は釣果に影響が出るほど。
んで、これがナイトゲームだと、どーなのか?ってのが今回のお題目。
「夜に偏光グラスは必要ないっしょ? 」って思われがちですが、実はこれが意外と有効らしいんですな。
その辺りのことについてちょいと知りたい方は、梶本さんとこのエントリーをどんぞ。
僕も使ったことがないのでわかりませんが、常夜灯下の防波堤際についているスズキやクロダイ、テトラ周辺にステイしてるメバルたちの姿なんかも クッキリハッキリかも!
とにかく偏光グラスを使ったことがないというビギナーさんは、はじめは安いモノでも良いので、是非日中に使ってみてください。
世界が変わりますから。


関連サイト
TALEX
グラシーズ白鳥







※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


isseiさんとこから、ちょいと面白げな虫系ワーム「bibibi蟲」が発売されるそうなんでご案内でやんす。
見るからにフナムシチックなこのワーム、実はバス用のアイテムなんですが、そのフォルムをひと目見て「これは海でも使える」と確信した次第です。
なにやらこのムシ系ワームは浮力の高いマテリアルを仕様しているようで、付属の浮力体を装備して使えばトップウォーターで使用することも可能だそうな。
んで、思いついた面白い使い方としては、常夜灯の灯る波止際にステイしているクロダイ を狙ってみるとか(夜でもペンシルに出るので)、クロダイのフォーリングゲームに使ってみるとか。
もちろんボトムゲームにも使えるだろうし、ロックなお魚に使ってみるのもOK。
思いのほかフナムシを食するお魚さんてのは多いようで、実は人気ベイトなんだそうです。
ってなワケでこの「bibibi蟲」はソルトでも通用するアイテムだと思うんですな。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



ローカルな話題で申し訳ないんですが、「居りんさった!」の名台詞でお馴染みのマリンアイテムショップ松田さんが、オリジナル「居りんさった!!」Tシャツを限定で発売するそうです。
探りに探ってなかなかバイトが得られない時、かすかに手元に感じるアタリがあった時は嬉しいもの。
そんな時に出てくる言葉が「居りんさった!」なんですね。
そんな安堵と期待感に満ちた言葉を、大きく背中にプリントしたのが今回ご案内するTシャツ
受注発注の初回限定なんで、欲しい方早めにどんぞ。


関連記事
フィッシンギアブランド「NUTS & VOLTZ」がスタート!




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


僕たちアングラーの使うリールってのは大抵の場合、シマノさんとこやダイワさんち、舶来の品ではアブガルシアさんのあたりでしょうか?
でも個人的にちょいと気になるのが、それ以外のメーカーやブランドの低価格リールでして、釣具屋さんのリールコーナーにずらりと並んだ彼らを「ひょっとしたら…」って気持ちで眺めているのは僕だけじゃないはず。
正直なところそれらのリールの情報ってのはあんまり入ってこないし、どーやって調べればよいのか分からなっかたんですが、ばんぱくさんとこのブログで取り上げられていたのでご案内。
やはり低価格リールのなかでも意外と使えるアイテムもあるらしく、お金と気持ちに余裕があるのなら、あえてこの辺りのリールを使って比べてみるのも面白いかもしれませんね。
ちなみに僕がソルトルアーを始めた時に買ったのはリョービのエクシマで、思いのほかトラブルものなく長い間使ってました。
そうそう、ばんぱくさんのコチラの記事もオススメです。
ところで、上の画像はプロックスさんとこのリールでございます。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シマノさんのクロダイゲームブランド「ブレニアス」に属するルアー達のアクション動画が公開にになっていたので、チヌゲーファンにご案内。
現在オフィシャルページで公開になっている動画は「bms.55s」「ネガカリノタテ」「ブリームキャッチャー」でして、普段僕らアングラーからは見ることが出来ない水面下でのアクションがご覧頂けます。
実際に動いている様子を確認することで、実釣時にイメージしやすくなると思いますので、チヌゲーファンは是非。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


タックルハウスさんとこのキーパプースといえば通好みの隠れた名品でして、長いことライトゲームをやっている方は、このプラグの持つ集魚能力の高さをご存知のはず。
僕が初めてこのルアーの存在を知ったのは、健太郎さんの「mebaring@」でして、メバルやヒラセイゴに効果的ってことを知り釣具屋を何件もハシゴしたもんです。
んで、ライトゲームのお魚にオールラウンドに効くこの名品を「カマス専用にしちゃえ!」って出来上がってきたのが、今回紹介する武田さんのブログに登場するキーパプースなんですな。
もちろんカマス専用だからって他の魚が釣れないワケじゃないので、このルアーを初めて知った方は発売のおりには使ってみてくださいな。


☆<タックルハウス TACKLE HOUSE> キーパプース50 #F8クリアHGイワシ 【メール便OK】
by カエレバ

関連記事
ベイトフィネスでアジング&カマッシング動画
ライトワンドでカマスを狙う実釣動画を紹介
メジャーターゲットだけなんてもったいない!




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

スミスさんとこからソルト用のスプーン「へブン ソルトウォーター」がリリースされます。
もともと渓流用のスプーンですが、その沈みが早く、浮き上がり難い特性が海にもピッタリだったようで、ソルトカラーを纏って新発売。
ソルトシーンではまだまだメタルジグの独壇場ですが、スプーンが効果的な時だってあるはず。
ラインナップされているウェイトが9gと16gということで、やや大物系の魚を視野にいれているようですが、ライトゲームに十分使えるサイズですので、気になる方は是非。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



ルアーニュースさんちの動画に、TICTのトミーさんが新作ロッドの「UTR-75Tcaro-TOR」と「UTR-55one-TOR CQC」を解説する動画や、キャロを使ったアジングの実釣風景を収録したモノがアップされています。
まぁ、詳しいことは見たほうが早いので、動画をご覧くださいませ。
実釣ムービーの方はキャロの釣りを中心に解説されているので、キャロの釣りがイマイチしっくりこないって方は参考にどんぞ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


ルアーニュースさんとこの動画に、ヒロセマン&カワテツさんのデイアジングがアップされているのでご案内。
前半は思惑どおりに事が運ばず、まさかのカサゴフェスタ。これはこれで面白いのですが、一応デイアジング動画。
苦戦するなか徐々にアジが釣れ始め、ロッドや釣り方の解説を交えつつ、 テンポ良く釣り上げていきます。
動画中でちょいと注目したいのが、メジャクラさんちのプロトのメタルジグの存在。
まだまだテスト中のようですが、発売に向けて開発が進んでいるようです。





スポンサードリンク

スポンサードリンク



当サイトで紹介している動画に度々登場しているイカ係長の広川嘉孝さんと、ヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが立ち上げたフィッシングブランド「NUTS & VOLZ」のWEBサイトがオープンしています。
現在はTシャツやパーカーなのどウェアが多くラインナップされていますが、徐々にいろいろと増えていくと思いますので、今後の展開に期待しましょう。
ちなみにウェア類のデザインはお二人がされているそうですよ~。


関連記事
アジ&メバルタックルで楽しむデイのスルメ
イカにカサゴに尺メバ、尺アジな欲張りゲーム
沖の獲物を狙い撃ち!ライトショアジギ操作法





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


以前、コチラコチラで紹介した、TICTさんとこの「ICECUBE  IC-69D-TOR ロッキンドリフト」のPVがアップされているのでご紹介。
今回も実釣シーンはなく少々残念ですが、フィールドスタッフの松浦さんがロッドの解説をされているので、興味のある方はどんぞ。
ちなみにコチラでは「SRAM UTR-75Tcaro-TOR」をチラリと紹介していますよん。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



アピアさんとこのスタッフブログにレガシーブルーラインの71MTを使った、クロダイゲームの模様が綴られています。
通常クロダイのデイゲームと言えば、トップウォーターもしくは最近注目されているデイのズル引きですが、ブログにアップさているのはバイブレーションによるボトムゲーム。
今回紹介されている釣りでは45~50アップの年無しサイズが複数キャッチされているので、このロッドの性能と素性の良さを知ることが出来ます。
また、バイブレーションでクロダイを狙う際のちょっとしたコツもチラリと紹介されているので、釣行の参考にしてみてくださいな。
あ、え~とブログエントリーで使用しているのはプロトだそうなんで、製品版とはちょいと違うかもです。


【アピア】レガシー ブルーライン LLX−77MLT
by カエレバ

関連記事
Legacy'BLUE LINEがリニューアル?そのプロトを紹介。
APIAのメバルロッドとその使い所をサラリと紹介
APIAアドバイザーがレガシーシリーズをインプレ



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


原点回帰というか、そのシンプルさゆえの奥深さなのか、最近ではジグヘッド単体の釣りが見直されています。
そしてその主役であるジグヘッドは現在、各メーカーから釣るための性能に磨きをかけられた製品が数多くリリースされ、あらゆるシチュエーションの釣りに対応できるようになっています。
一方、ワームの進化も目覚ましくカラーや素材、フォルム、サイズ、フォーミュラーなどにこだわり、これまた魚の捕食本能を刺激する高性能なモノたちがたくさんラインナップされています。
一見、この 高性能かつ高機能な二者の組み合わせは普通に釣れるし、死角など存在しないと思われがちですが、実はそこに隠された盲点があることにお気づきの方がいったいどれほどおられるのでしょうか?
この盲点に気がついていらっしゃるのかどうかはわかりませんが、たまにこの部分を解消するチューンを施したジグヘッドを紹介されているブログを見受けますが、この度紹介する梶本さんとこのエントリーほど鋭く、そして詳細に検証している記事は見たことがありません。
基本的にものぐさアングラーの僕ですが、これからはちょいとひと手間加えたジグヘッドで釣りをするのも面白いかなぁって思っています。
とくに自作派の方には試行錯誤というお楽しみがプラスされるので、是非ご覧くださいませ。
あっ、そうそう、メーカー関係者の方もこのエントリーはチェックしといたほうが良いかも。
コチラでは動画も紹介されてますんで、気になる方は是非ご覧ください!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



APIAさんとこのオフィシャルブログで、フィールドスタッフの献上さんがリニューアルされるレガシーブルーラインのプロトロッドを紹介しているのでご案内。
ブログで紹介されているテスト中のロッドは、反響感度をアップさせたモデルや遠投&ディープに対応したモデル、またフィネスジギングとの相性の良いロッドなど。
シーバス&クロダイに効くアイテムも紹介されているので、ちょいとヘビーな釣りも嗜む方も合わせてどんぞ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



今回は全国の幻ハントファンに捧げる、対キジハタ用のリグ「フリーショットリグ」のご案内です。
このシンプルでコストパフォーマンスの高いリグは、一見どっかで見たような、そして誰でも思いつきそうな感じのモノですが、実はこのシンプル構造のなかにキジハタの食性や習性に訴えかけるエッセンスが凝縮されているんですな。
テストにテストを重ねてようやく公開となったこのリグを、考案者であるゲンキマンさんは「ジカリグ、テキサスリグ、フリーショットリグと3本柱になるくらい強烈なリグ」と仰っています。
とにかくシンプルだけど良く考えられた仕掛けなんで、幻を追い求めるロマンチストなアングラーさんは是非試してみてください。
そしてこのフリーショットリグの改良案など思いついたら、ゲンキマンさんに教えてあげてくださいね!


by カエレバ

関連記事
これは美味そう! 根魚用のビフテキ出来ました
ロック野郎注目のゼロダンロックを動画で紹介
マグバイトの対根魚リグ バサロを動画で解説



スポンサードリンク

スポンサードリンク



ギアステ動画に、マグバイトさんとこの新作アイテムを紹介した動画がアップされているのでご案内。
番組内で紹介されているのはお馴染み「バサロ」をはじめ、この夏注目の短パン「ちょい釣りパンツ」 、クールなルアーケース「マグタンク」の新作など。
ライトゲーマー目線でのこだわりのモノ作りをするメーカーならではのアイテムは、やっぱり僕らアングラーの心をグッと掴んで離さない魅力がありますな。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


アンソルさんちの動画にライトリガーなら見過ごすことが出来ない、ちょいと興味深いものがアップされたのでご紹介。
釣りをしていると、なにやら極小の生き物が海面下で音もなくうごめいているという光景に出くわすことがあります。
今回の動画もそんな場面に遭遇したレオンさんが、海に水汲みバケツを投入しその正体を確かめるというもの。
アミパターンの正体とも言える、その生き物の全貌が明かされるのはこの後すぐ!
ちなみに僕はデイでもナイトでもアミパターンの時は、FINAさんところの「じゃこまろ クリア ブラックグリッター」を使っています。




スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]