Friday, October 19, 2018


メバリング&アジングのロッドで重要視される特性といえば、皆さんご存知のとおり「感度」ですね。
このカテゴリーの釣りでは、魚のバイトやリグの存在、そして潮流を感じるというのが大切で、どのメーカーのロッドもこの「感度の良さ」ってのを猛烈にアピールして、我々アングラーの狩猟本能と物欲中枢に訴えかけるワケです。
これだけ「感度、感度」という状況になってくると、どのロッドを手に取ってみても優秀なもんで、そこそこ名の通ったメーカーさんの物であれば、普通に使えるものばかりです。
裏を返せば「感度が良くて当たり前」 の時代になっているんですね。
んで、ライトゲームのロッド選びに出てくる話題ってのが「ソリッドか? チューブラーか?」っていう定番の悩み。
巷では「感度を重視するのであればチューブラーで、食い込みを重視するならソリッド」と言われていますが、道具が進化し続けている昨今、果たしてそれは本当なのかどうなのか?
感度が良いことが当たり前となった現在、なにが大切なのか非常に気になるところ。
その辺りの話題をレオンさんがブログにアップされているので、ロッドについて悩んでいる方は是非ご覧くださいませ。


by カエレバ
/table>

関連記事
もう迷わない ロッドについての基礎知識


スポンサードリンク

スポンサードリンク



三重テレビのルアー合衆国で放送されたminimaruオンリーのボートゲーム動画がyoutubeにアップされています。
最早ライトゲームの定番となった不思議な魅力溢れるミニマル。その威力はメバルだけでなく、シーバスをも虜にしてしまう程。
I字系の魅力とキレの良いダート、魅惑のフォールと揺らめきの魔力に満ちた、ミニマルの釣れっぷりを御覧ください。
動画後半ではサミーさんが、ブリーデンの新作ロッド「GRF-TX60MH」 と「GRF-TX-63M」してくれますよん。
ちなみにコチラではインチョーさんが、60MHのインプレをチラリと書かれています。
気になる方は、あわせてどんぞ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


僕の夏の海遊びと言えば、もうそのほとんどがトップチヌでして、どんなに猛暑が続いていようが短パンで海に入りひたすらキャストを続けているワケです。
んで、そんなお気に入りの釣りで使うルアーはポッパー&ペンシルで、両者に反応がない場合はミノーなんかを投げたりするんですな。
だいたい基本的にこの3つを使いながら釣りするんですが、ルアーケースの隅っこにいつも出番をじっと待ってるプロップ付きのルアーが居るんですね。
実はコレを使って未だに釣ったことがなく、投げてはみるんですがあまり反応がよろしくない。
ただでさえ、時合いが大事なトップの釣り。
んなもんだから、ついつい数投して実績ルアーに変えちゃうんです。
そしてプロップちゃんは本領を発揮する機会もなく、残念な2軍行きになっちゃうんですな。
そう、これってルアーは悪くない。典型的に釣り人が勝手に釣れないルアーの烙印を押しているってパターンです…。
ってなワケ今回はそんな反省も含めて、プロップ付きだって釣れるんだぜ!って動画を紹介。
動画に出てるのはH.A.L(ハルシオンシステム)さんちの飛豚73Prop♪ですが、同タイプのルアーでも釣り方は一緒。
僕と同じく、ペンシル&ポッパーしか使わないって方に、是非見ていただきたいんであります。


☆<ハルシオン HALCYON> 飛豚73 Prop 【メール便OK】
by カエレバ



スポンサードリンク

スポンサードリンク


基本的にロッドホルダーってやつは釣り竿を固定することさえ出来れば、どんなものでもOKだと思うんですが、やはり見た目はカッコイイ方が良いですな。
当サイトでもちょこちょこ自作のロッドホルダーを紹介していますが、今回の自作品はちょいとお値段が張りますが、機能的にも見た目もグッドなご様子で、しかも簡単に作れてしまう優れ物。
「ちゃんとしたメーカーのロッドホルダーが欲しいけど値段が…」とか「多少お金が掛かっても良いから、しっかりとしたモノが自作したい」って方は、スパイクさんとこのブログを参考にされては如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク




アルカジックさんのフォローショットと言えば、スプリットショットリグをよりスローにしたい時に役立つアイテムですね。
今回はフォローショットを使ったFシステムが、アルカジックさんとこのオフィシャルブログで紹介されていたのでご案内。
Fシステムは同社のシャロフリークを使ったリグですが、性格の違うアイテムでも応用できちゃうんですね。
これは!と思ったことは試してみるのが一番ですな。


アルカジックジャパン (Arukazik Japan) フォローショット M ブラック
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


実はここんとこずっと気になってるアイテムがありまして、それが国産モノならば良いんだけど困ったことに舶来の品でして、海の向こうの釣り道具に疎い僕としては悶々としてたワケです。
僕の地元の釣具屋ってのは基本的に売れるモノしか置いてないので、酔狂なアイテムやマニアックなルアーなんて置いてないんですね。
地方のわりと大型の釣具屋さんって、意外とそんな感じのお店が多いのかも知れませんが…。
なので、中古タックルを扱う店をランガンしてみても、ほとんど無いワケです。
んで、事前にこんな情報を入手しているから、さらに悶々とするワケです。
ネットで買うってのもありですが、送料も掛かるし、出来れば実物を見たいんですね。
そんなおり、レオンさんとこのブログにHeddon特集がアップされたので、おなじ境遇のお友達にご案内。
このルアーの性格がイマイチ分からないし、いったいどこで買えるのさ!って方は、チェックしてみてくださいな!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アコウやマダイについてのコアな釣り情報をアップしているみったんさんとこのブログに、ショアマダイ専用のジグヘッド「マダイヘッド」のインプレ記事がアップされているので、ご紹介。
このジグヘッドはひとつひとつ型に流し込んで作られているハンドメイド製品でして、生産が追いつかないほどの人気ぶりなんだとか。
んで、このマダイヘッドをリリースしているHJ工房さんってのは、知る人ぞ知るアジングジグヘッドの名品「STANG☆ヘッド」を販売しているショップなんですな。
注目のライトショアマダイ&アジング用ジグヘッドに興味がある方は、チェックしてみてくださいな。


関連記事
憧れのショアマダイを手にする為のヒントを紹介
ポッキンさんがマダイゲームをサラリと紹介
ライトタックルで挑むショアマダイ攻略法を紹介




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。
上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。
僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。
その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣りができるフィールドでした。
それが雑誌やメディア、ブログなどに取り上げられ始め、徐々に釣り人が多くなり、迷惑駐車やマナーの悪さが目立ち、気持良く釣りをすることができなくなりました。
結果、我慢してストレスを抱えながら釣りをすることが増え、上関で釣りをすること自体が嫌になり、現在に至ります。
もちろん、このようなことは上関だけに限ったことではなく、日本全国の釣り場で起こる可能性があることで、現実に起こっているポイントも多数あることと思います。

残念なことですが、マナーの低下というよりも、人としてのモラルの低下が招いている惨状だと言えるでしょう。
自分さえ良ければ良いという思考や、自分がやったことが周囲に与える影響などを考えることができない、そういった想像力の欠如が元凶だと思うんです。
残念ながら、やられた側の痛みが分からないダメな人間が増えているということです。

また、もうひとつの背景には、ネットなどによる情報伝達の発達が存在しています。
情報を発信する側にもいろいろな事情や思いがあることと思いますが、その情報が発信された先で起こる事態も想定して公開するべきだと僕は考えています。
一度流れた情報は消すことはできません。残り続け、流れ続け、少しづつでも広がります。
親切心で流したつもりの情報が、トラブルの発生や釣り禁止を招く原因になることだってあるんです。

今回のことで思うこと、考えること、伝えたいことはたくさんありますが、 まずは皆さんがKIYOMIさんのエントリーを読んでいろいろと考えて頂けたらと思います。
僕たちアングラーの一人ひとりが常にこのことを胸に刻んで、できる範囲内で見かけたゴミは拾う、すこし離れたところに車を停めたり、仲間と一緒におなじ車で移動したりという、釣り場の環境とマナーアップを視野に入れた行動を起こさねばならない時期が来ているように感じます。

そして、忘れてはならないのは、僕たちは「釣りをさせてもらっている」ということです。

これは上関という一部地域に限った問題ではなく、日本全国の釣り場と僕らアングラー、そしてジャンルなど関係なく、釣りに関わる全ての人の問題です。
※「アジングの聖地」という表現は好きじゃありませんが、今回あえて使っています。
関連記事
ネット時代の「釣り」という趣味のあり方


魚を掛けた瞬間に「ジッ…」って鳴るドラグ音、良型や大物が走る時に響く「ジィィィィィ~」っと出るドラグ音など、ドラグの音ってやつは胸をときめかす気持ちの良いサウンドですね。
しかし、このドラグってやつの設定値を僕は気にしたことがないし、いつも適当に「こんな感じでどうよ?」って決めています。
あとは魚が掛かってから、締めたり緩めたりとその辺は臨機応変にやってるんですね。
しかし、せっかく掛けた大物を逃すのはやっぱり悔しいし、ラインブレイクで魚にダメージを与えるようなことは極力したくありません。
今回はそんなドラグにまつわるお話を、ブリーデンのフィールドスタッフであるインチョーさんがアップしてくれているのでご案内。
ボートゲームでのお話が書かれていますが、ヒットした魚の最後の抵抗はショアからの釣りでもおなじこと。
最後の最後で「デカかったのに…」ってならないためにも、読んでおいた方が良いですよん。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

ピュア・フィッシング・ジャパンさんのオフィシャル動画に、林健太郎さんのアジング動画がアップされています。
本動画はガルプ!の「エッグチェーン」「ミノー1インチ」などを使ってアジを攻略する動画ですが、キャロライナリグとスプリットショットリグの違いと、リグ操作の注意点などが解説されているのでビギナーさんにおすすめ。
「似たようなリグで、イマイチ違いや使い方がピンとこないんだけど?」って方は必見ですよん。





スポンサードリンク

スポンサードリンク


PEラインとリーダーを結ぶ際に避けて通れないノット。
多くのビギナーさんが悩み、苦労するのがこのライン同士の結束ですね。
まぁ僕も実はこれがイヤでイヤで、長いことPEっての使わなかったんですが、いつしか自分なりにいろいろなノットを試して覚え、なんとか結べるようになりました。
今ではFGノットはあまり使わず、強風下でも簡単で素早く結べる コチラのノットを多様しており、ライトゲームからクロダイ、エギング、ライトシーバスを楽しんでおります。
っとまぁそんなワケなんですが、youtubeでちょいと良さ気な「ヒゲなしノット」なるものを見つけたんでご紹介。
いったいどれほどの強度があるノットなのか不明ですが、コメントを見る限り、そこそこ信頼できそうな感じです。
FGノットより簡単でライトゲームで使えるノットを覚えてみたい方は試してみては如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



「マダイを陸から狙って釣ろう」ってのがちょいと盛り上がってきているようで、マダイのシーズンになると羨ましい釣果がブログなんかにアップされ、釣ったことない僕なんかはワクワクソワソワしちゃうワケです。
んで、毎年のように釣りたいなぁなんて思っているんですが、このサイトの更新なんかしてっといつの間にやらシーズンが終わっていて、しばし遠くを見つめては、またモニタに向かうワケです。
まぁそんなこんなで、僕にとっても憧れの赤いあんちくしょうなんですが、その攻略のヒントとなるブログがみったんさんとこのブログに紹介されているんでご案内。
そのリンク先であるワッキーさんのブログポッキンさんとこのエントリーを読んでフィールドに通えば、マダイに一歩近づけることと思います。
ってなワケで、なかなか釣りに行けない僕の代わりに、皆さんで釣ってこの釣りをもっと開拓してくださいませ。


関連記事
ポッキンさんがマダイゲームをサラリと紹介
スプリットで狙うワーミングマダイを紹介
ライトタックルで挑むショアマダイ攻略法を紹介
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


一般的にマダイと言えば人気の魚で、僕たちソルトアングラーにとってもそれは変わることなく、釣れたら嬉しいターゲットですな。
船からは専用アイテムも有り、攻略法も確立されていますが、陸っぱりルアーマンにとってはまだまだ憧れの存在。
一部の方が少しづつその攻略法を見つけ出し、釣果に結びつけている状況でして、今後の展開が期待される注目の釣りでもあります。
今回はそんなキングオブめでたいお魚の釣り方を、サラッと流して紹介しているポッキンさんブログを紹介
下の関連記事と合わせて見て貰えれば、マダイ攻略のヒントが掴めるかも!


関連記事
スプリットで狙うワーミングマダイを紹介
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!
ライトタックルで挑むショアマダイ攻略法を紹介
ライトなマダイゲームの要点をサラリと紹介




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


下の関連記事にあるように、ここんとこメバルのトップゲームについてを連日お伝えしてるんですが、新たなメバリング新時代を目の当たりにしているようで、俄かに興奮しているワケです。
最早「メバル=小さめの専用プラグ」って考え方は過去の物であり、その時のシチュエーションに合わせたルアーセレクトが重要で、作られたイメージのなかで釣りをするってのは非常にもったいなく思うんですね。
「◯◯専用」とか、「この釣りはコレ」っていうような、当たり前に思われていることを一度忘れて、何事も試してみるという姿勢がさらに釣りを楽しくすると思うんですね。
ってなワケで今回は、メバルのトップゲームの新たな魅力が書かれているレオンさんとこブログをご紹介です。

ちなみに僕は最近デイメバリングでトッププラグを試してみています。
確実にトップに出るんですが、 なかなかフッキングしません(笑)
これが釣れるようになったら、さらにデイメバルの楽しみも広がるんですが…。
デイのプラッキングなどちょいと、いろいろやってみようかと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



クロダイやスズキ、青物なんかに比べると、メバルのトップウォーターゲームってのはあまりにも可愛らしくって微笑ましいんですが、トッププラグによるメバリングってのは迫力には欠けるものの、やっぱり楽しいものです。
メバルのトップもいつの間にか定番となって専用プラグも発売され、あちこちで楽しまれている光景を見かけます。
そんな水面を意識したメバルでも、ちょっとの差で口を使わなかったり、あるいは釣果に差が出たりなんかします。
実はそれってプラグの微妙なレンジだったりするワケで、その辺をちょいといじってやれば、グンと釣果が良くなったりするんですな。
今回はメバルのプラグのウェイトチューンの話題と 、釣果に多大な影響を与えかねない、大事な事柄を教えてくれているシャンさんとこのエントリーを紹介。
夢中になってたり、友達と一緒だったりするとついつい忘れてしまうけれど、これは覚えていた方が良いですよん。



関連記事
アミにはミニプラグという思い込みは捨ててみる
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き
新型ややデカトッププラグとトップメバル



アミパターンってのはお魚さんが小さな浮遊性プランクトンなどを捕食している時に用いられる釣り方でして、基本的に使われるルアーは小さなクリア系のワームとか、クリアカラーの浮き物プラグだったりします。
んで、その小さめルアーたちの射程距離内にアミ類が発生し、パッシャ!パッシャ!とお食事中の魚たちが居るのであれば、僕たちアングラーはあまり苦労することはありませんね。
しかし、それが射程距離外の出来事だったりしたら、遠投系のリグを引っ張りだしての遠距離射撃になるワケです。
でも、フロート系のリグにチェンジするのも面倒だし、水面または水面直下のレンジを攻略するのは、やはりワームよりはプラグが有利。
じゃあいったい、このロングレンジで展開されるアミフェスタを、フローティングまたはサブサーフェスのプラグで攻略するにはどうすれば良いのか?

ってなワケで今回は、シーバスのアミパターン攻略から、そのヒントとなる考え方が書かれた矢七さんとこのブログを紹介。
ちなみにコチラでも同様のアミパターン攻略が紹介されているので、興味ある方は合わせてどんぞ。
この際、「アミ=小さい」&「メバル=小さいルアー」ってのは、一度リセットしてみましょう。
結局は「アミの塊」ってイメージってことですな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


魚偏に参ったと書くアジですが、一説によると「味の良さに参った」ってとこから、「鯵」って書くようになったってお話があるんですが、今回はそんなウマウマなアジを刺し身で美味しく食べるための捌き方のご紹介であります。
まぁ、捌き方なんかは文章で説明するのは難しいので、動画を見てもらうのが一番なんで説明は省きますが 、この方法で捌くと身に余計な雑味が付かないので、アジ本来の味が堪能できるそうです。
鮮度抜群の魚を食べられる贅沢な趣味を持つ僕たちだからこそ、美味いものは最高の状態で食べたいっすよね?
美味いものを食べるためには、それなりの工夫とテクニックと知識が必要。
釣ったアジは是非、血抜きをして絞めて、そしてクーラーに入れてくださいな。
釣ったやつをそのままコンビニ袋に入れ、ぶら下げてたら絶対に美味しくありませんw



関連記事
ちょっと意外なメバル料理のレシピをご紹介
手っ取り早く魚を絞める万能アイテム「ハサミ」
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


VARIVASの動画を配信している「VARIVAS TV」に、非常に強いノットの結び方がアップされているのでご案内。
今回紹介するノットは本山博之さんが考案した「ダブルユニノット」でして、これが8ポンド以下のナイロン&フロロでは最強というから放っては置けません。
僕たちライトアングラーにとって細いナイロンやフロロラインは手放せない重要アイテム。
可能な限り細くしたいけど、「アワセ切れや、結束強度が心配で…」って方も多いはず。
そんな方は是非この「ダブルユニノット」を試してみてくださいな。
簡単な強度テストも収録してあるので、興味のある方は参考にしてくださいませ。


関連記事
ラインメーカーおすすめの強いノットはこれだ!
ライトゲームにオススメの強度確実簡単ノット
超簡単!超速FGノットの編み込み法を伝授!!



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログに、非常に興味深いトッププラグのエントリーがアップされているのでご報告。
メバリングにおけるトップウォータープラグの威力ってのは、メバルアングラーの皆さんが御存知の通りで、場合によってはトップにしか反応せず、しかもイレパクってな状況だってあるワケです。
んで、このトップ系のルアー達は大抵アミパターンの時なんかに多用され、ほっとけメソッドで釣るってのがスタンダード。
しかし、動かした方が釣れるケースもあるらしく、その辺りの詳しいお話をレオンさんが解説してくれちゃいます。
今シーズン、メバルトップゲームを骨の髄まで堪能したい方は、是非ご一読を~!


スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]