Friday, October 19, 2018


ポッキンさんとこのブログに、シマノの夢屋が発売を予定しているベイトリール用のパーツの話題がアップされているのでご紹介。
なんでもこのアイテムは、アルデバランMg7とスコ-ピオンXT1000に対応したベイトフィネス用のスプールで、とにかく軽くてリグがぶっ飛びらしんですな。
まだ発売予定の段階なので、今後はどうなるかは不明ですがフィッシングショーも控えているので、これからの展開が気になる一品ですな。


関連記事
前アタリを感知する異次元感度のリールパーツ
ポッキンさんがエクスセンスDCをちょいと紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


いまたろうさんとこのブログでシマノの「NEW スコーピオン(14スコーピオン)」がリリースされるってことを知ったので、ご紹介。
最近のクルマ同様リールの世界にも近未来的なデザインが多くなってきましたが、とくにベイトリールに関してはそんな印象を受けますね。
クルマに関してはSFチックな風貌というのは好きじゃありませんが、ベイトリールはカッコイイなって思っちゃいます。
どーでも良い感想ですが、要するにベイトリールがよく分かってないだけです。
でも、海水対応だからとりあえずOK!


関連記事
黒原流ベイトアジングの楽しみ方を動画で紹介
ミニマル専用ケースとベイトフィネスタックル
13メタニウムXGの動画付きインプレを紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



注目のショックリーダー「ラピノヴァ フロロカーボンショックリーダー」の紹介動画がアップされているのでご紹介。
優れた耐摩耗性、水馴染みの良さとステルス性、コストパフォーマンスの高さがウリのこのリーダーを、使用感を交えつつ解説。
ラインナップが2lbから30lbまでの全14種類もあるので、ライトな釣りから、ちょっとした大物ゲームにまで対応。
オールラウンドに釣りを楽しんでいる方にオススメのショックリーダーなのです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前コチラで紹介した、新進気鋭のソルトブランド「ジャングルジム」の製品紹介動画がアップされているのでピックアップです。
ボトムの釣りに特化したジグヘッド「スリーパー」や、ダウンショットの根魚ゲームと相性ピッタリな「ミクロ」と「イースター」を使ってのカサゴ狙いの模様を紹介。
それぞれの製品の特徴を説明しつつ、釣り方までも教えてくれるので、興味のある方はどんぞ。
メバリングやアジングで良く使われるサイズのワームが、そのまま使えるフックサイズってのがポイント高いですな!






スポンサードリンク

スポンサードリンク

ジグヘッド+ワームの釣りをしているとイラッとくるのが「ワームのズレ」でして、バイトがある度にワームを戻し、キャスト毎にまた戻しをやっていると、とっても効率悪くってイヤンな感じです。
製品によってはワームキーパーが付いたものがありますが、ワームが裂けたり、あるにはあるけど結局ズレちゃうの的なモノもありまして、まぁイマイチなワケです。
自作好きでマメな方は、自分でスレッドを巻くって選択肢もありますね。
しかし今回は、もっと簡単にズレを解消するレオンさん一押しのズレ防止アイテムをご紹介。
接着剤も凄そうですが、プライマーもなかなか使えそうで、なかなか良さ気!


関連記事
釣りの楽しみをスポイルする固定観念は捨てよう
ハードルアーの根掛かり回避をレオンさんが伝授



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ピュアフィッシングジャパンのフィールドスタッフを務める藤田元樹さんが、流れのあるエリアで効果的な釣法「レベルワインド」をアンソル動画で伝授。
一般的なワインド釣法は勢い良くワームをダートさせリアクションを狙う釣りですが、今回のレベルワインドはそれとはちょいと趣向が違うテクニカルな釣り方。
リグを流れに乗せつつ魚の居るレンジを探り出し、そのレンジに少しでも長くリグをキープ&ステイさせるためにツンツンと軽くダートさせるというテクニック。
緩やかにフォールさせるような釣りには、やはりシュラッグミノーがピッタリのようですな。



関連記事
シュラッグミノーの泳ぎっぷりを動画でチェック
レオンさんがブレーキワインドを解説&伝授
 





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アルカジックジャパンのブランドビルダーである黒原さんによる、ベイトアジングの紹介動画をご案内です。
一級の腕前を持つアジンガーの黒原さんがなぜベイトタックルでアジングをするのか、 またそのメリットとは何なのかを実釣を交えて解説。
初心者には難しいとされるベイトのキャスティングのコツも伝授してくれているので、ベイトタックルの釣りに興味のある方は要チェックですよん。




関連記事
黒原祐一が伝授する重量級ジグヘッドの使い方
黒原祐一 直伝! アジング ステップフォール
アルカジック 黒原祐一&木下彰のFSセミナー






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


以前コチラで紹介した、ポッキンさんのニューメソッド「リップス2014バ-ジョン」の紹介動画が、アングリングソルトの動画にアップされているのでご案内。
今回はバルキースクリューを使ったこのリグの作り方を詳しく解説。
後半は実際にこのテクニックを使った実釣編となっていますんで、気になっちゃう感じの方はご覧くださいませ。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前紹介したアクアウェーブの「簡刺し虫」の紹介動画がyoutubeにアップされていたのでご案内。
実は超軽量ジグヘッド&極小ワームによる繊細な釣りってのが大好きでして 、たとえ釣れるサイズが小さくてもあの手この手で釣り上げるのに歓びを感じてしまう性分です。
んで、今回紹介する「簡刺し虫」もそんな釣りに活躍してくれそうなイキフンで、個人的に大注目なアイテムなんであります。
そんな期待のワームの動画なんで、僕とおなじような釣りに楽しみを見出しているお友達に観てもらいたいと思っている次第であります。


【アクアウェーブ】簡刺し虫 1インチ[メール便:3]
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク



アジングがソルトライトゲームの定番になってからというものライトリグの進化が加速度的に進み、現在ではそれらのリグに使われるいろいろなアイテムがリリースされています。
リグが進化し様々なシチュエーションでの釣りが容易にそして楽しくなる反面、システムが複雑化してそれがトラブルの原因になるというデメリットも生まれてきています。
ってなワケで今回は、複雑なシステムを持つシャローフリークを使った「Fシステム」のQ&Aを紹介。
メーカーさんに寄せられる質問のなかで、問い合わせ数が多いものについて回答しているので、これを読んでいるお友達の悩みも載っているかも知れませんよ~。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



アジングやメバリングで使うワームの収納は、僕らライトゲーマーのちょっとした永遠のテーマのような気がします。
当サイトでもいろいろ紹介して来ましたが、今回もなかなか良さげな収納術が紹介されてましたんで、ご案内です。
使ったワームまでも綺麗に真っ直ぐしまう方法を伝授してくれているのは、丹羽さんとこブログでして実にシンプルで「こんな方法があったか!」っていうナイスなもの。
釣行前&釣行後の一手間で、グチャグチャに入っていたワームがビシッと揃いますんで、とくにA型気質の方はご覧くださいませ。


関連記事
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
オススメ ワーム収納:MEIHO リバーシブル85
魔法の粉「モエビパウダー」の使用感をレポート



スポンサードリンク

スポンサードリンク


なんかジグヘッドが飛ばない時、ティップを見て思わず出ちゃう「あ…」。
ワクワクして投げる一投目に気がつく、虚しい「あ…」 。
リールを巻く手元に目を移した時、思わず溜息と共に漏れる「あ…」。
これら全ては初心者から上級者まで、全てのアングラーさんが度々経験する ありがちなライントラブル。
ティップの先端にくるりとラインがまとわりついていたり、ベールにラインを通し忘れていたり、スプールからラインが飛び出ていたり…。
とくに3番目のトラブルは厄介で、僕もこの状況に何度泣かされたかわかりません。
釣りを始めたばかりのビギナーさんがこのスプールの巻き乱れに見舞われると、戦意を喪失しヤル気をなくしてしまうのでご用心。
未然に防ぐにはラインローラーにラインをしっかりと通し、テンションが掛かった状態で巻き取ることです。
ライトリグを扱う時は常に上記を意識して、クセをつけましょう。


ってなワケで、今回は34フィールドガイドの米本さんとこのブログから
初心者へ送る『困ったときは!』①
初心者へ送る『困ったときは!』②
初心者へ送る『困ったときは!』③
の3つエントリーをご紹介です。

これを覚えておけば、釣り場でイライラすることはなくなりますよん。

関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法
知ってるとイラッとしないリールに関する小技





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


34のオフィシャル動画をアップするチャンネルがyoutubeに開設されているので、ライトリガーの皆さんにご案内です。
今回紹介する動画はSキャリーの使い方を家邊さんが解説するというもの。
フロートリグとはちょいと違ったテイストのSキャリーを詳しく知りたい方は必見。
またリーダーとメインラインの結び方の動画も上がっているので、そちらもどんぞ。
開設したばかりのようで、まだ少ししか動画がアップされていませんが、今後はアジングに関するテクニックや製品情報などが続々とアップされるかと思いますので、気になる方は要チェックですよん。





関連記事
開発者が語る ウキ系リグ Sキャリーの使い方
開発者が語る「Sキャリー」の基本的な使い方


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

寒くなると熱くなる釣りの代表格といえばメバルでして、この時期でも防寒着のフル装備で夜な夜な出掛ける方も多いかと存じます。
んで、ボトムなんかを狙っているとたまに顔を見せてくれるのが、カサゴやソイなんかの根魚族のお友達で、今回はそんなロックなお魚をメタルジグで楽しもうってお題目なんであります。
僕らライトゲーマーは根魚を狙うとなると大抵の場合ワームがメインで、テキサスリグやジグヘッドを駆使したゲームを組み立てますよね?
今回はそこをあえて小型のメタルジグを使ってロックを楽しんでおられる、アピアフィールドスタッフの内田さんのエントリーをご紹介。
釣り方を含め、どんなメリットがあるのか興味がある方は、ご覧になってくださいませ。


スポンサードリンク


by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク



34スタッフブログにてインストラクターの大石さんが、アジのつき場について書かれているのでご案内です。
ターゲットの活性が高かったり、ハイシーズンを迎えている場合、最初の1匹を手にするまでそれほど長い時間は掛かりません。
しかし、最盛期も過ぎた頃になってくると群れも数も少なくなり、魚の居所を突き止めるまでが一苦労です。
もちろんそんな釣りも楽しくないワケではないですが、意外と修行のような釣りになっちゃいますよね。
今回はそんな時にまず、狙うべき場所はどこなのかを教えてくれますよん。


関連記事
移動するか?粘るか?の悩みどころの判断基準
アジングにおける「レンジとフィネス」の考え方





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

レオンさんのブログに、デイメバリングで役に立つヒントがちりばめられたエントリーがアップされているのでご紹介。
メバリングという釣りがライトゲームの定番となって久しいですが、未だにナイトゲームがメインで、寒い時期の魚というイメージがあるようで少々もったいなく思います。
もちろん地域差ってのもあり、僕のフィールドである山口県が恵まれているってのも大きいと思いますが、条件さえ揃えば8月初旬のデイゲームでも20cmそこそこのメバルが釣れるのも事実です。
んで、レオンさんのエントリーですがデイのワインドで尺モノをゲットされていて非常に羨ましいですな。
ブログの釣行記はボートゲームですが、だからと言って陸からの釣りが成立しないかと言えば答えはNO。
陸っぱりでもポイントを開拓する気持ちさえあれば、魚影の濃い場所や、スレてない個体がいる場所ってのはまだまだあります。
逆にこれからそのようなポイントを持っているか持っていなかで、幸せなフィッシングライフを 送れるかが決まってくると思うんですね。
ちょいと脱線しましたが、ワインド釣法のキモとメバルの捕食行動を良く理解して挑めば昼夜問わず楽しい釣りができるということなんですな。


関連記事
シュラッグミノーの泳ぎっぷりを動画でチェック
メタルマル&シュラッグミノーでデイを楽しむ
レオンさんがブレーキワインドを解説&伝授





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]