Friday, October 19, 2018

ダイワさんとこのSWチームのブログに、リアルで艶かしいワーム「鮃狂 ダックフィンシャッドR」の新サイズ追加の話題がアップされているので、全国のワーム大好きっ子にご案内。
この度新たに追加されるサイズは、アジングやメバリングに嬉しい2.5インチで、カラーはリアル系のものから定番カラー、ロックフィッシュ向けカラーの全11色をラインナップ。見るからに釣れそうなワームの新サイズは、一口サイズの小魚を捕食する全フィッシュイーターを魅了すること請け合いです。
ちなみに発売は、10月予定なんだそうでございます。
これのイワシカラーは観賞用に欲しいなw

関連記事
マグバイト ちょいと良さげな点発光ワーム登場



マグバイトさんとこのオフィシャルブログに、ちょいと良さげなグロー系ワームがアップされていたのでご報告。
今回紹介するのは同社のワーム「サンバ」の新色でして、これが普通のグローカラーと違い怪しげな光り方をして、非常に興味深いんですな。
果たしてこの妖しげ光がアジやメバルたちにどのように見え、どんな効果をもたらすかは不明ですが、なんとなく釣れそうな雰囲気バツグンなんで、今から発売が楽しみです。
普通のグローに飽きた人にも、そして魚にも効果がありそうで期待大なんであります。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



プラグでの釣りなんかをやっていると、ルアーの動きや浮力を調節したい時ってのがあります。
そんな時にお世話になるのが浮力調節用のシンカーで、メバルをプラグで楽しんでいるアングラーさんには愛用者が多いことと思います。
んで、今回はパゴスさんとこにちょいと面白いチューニング用のシンカー「エスウェイト」があったので、ご案内。
地味な鉛のシンカーと違いホログラム付きなんで、フラッシング効果も追加できちゃう優れ物なんですよん!
上の画像のホログラムの他にも違うカラーもありますんで、お好みのカラーでチューニングしちゃいましょう。



スポンサードリンク

スポンサードリンク




クロダイのボトムゲームで使われるルアーってのはいろいろありまして、チヌゲーの元祖であるMリグから発展していったプラグを使用するもの、ジグヘッド、ラバージグ系などいろいろとあります。
このズル引き系のリグは自作も簡単で、コストパフォーマンスも高く良く釣れるので、ズル引き愛好家の方々はアレコレ試して楽しんでおられるようです。
んで、今回はちょっと良さげな自作リグを紹介している猫ユキさんとこのブログを紹介。
全国のどんな釣具屋さんでも入手可能なナス型オモリを使用するリグなので、材料調達から加工、作製まで簡単お手軽なんで、不器用なお友達にもオススメなんでございます。
ちなみに「さるカニ」なんてリグも紹介されてますんで、合わせてお楽しみくださいませ。
レッツ ボトムノック!



スポンサードリンク

スポンサードリンク



ルアーのロストってヤツは切ないもので、特にそれが良く釣れたり、長いこと愛用していたヤツだったりすると精神的にも経済的も深い傷を負い、なんとも言えないガッカリ感に苛まれます。
ことボトムを意識した釣りともなるとロストの確率が上昇し、いつの間にか恐怖心から底を取らなかったり、狙わなくなったりしちゃいます。
実は僕がそうでして、「ボトムを探れば良い釣果が得られるんだろうなぁ…」なんて 思いつつも、お気に入りを失うことの恐ろしさのあまり、ついつい敬遠しちゃってたんですな。
んで、以前地元の釣具屋さんのレオンさんセミナーの時に「根掛かりが怖くてミニマルをボトムで使えない。」と悩みをお話した時に頂いたアドバイスが「釣らない釣りをするんだよ。フックを取っちゃうの。それで底を取る練習をして、さらに数秒間放置したルアーに魚がバイトしてくるという事実を体験して欲しい。それを覚えるまで、ひたすらやること。釣れるようになる人と、ならない人の差はそこだよ。」という、ありがたいお言葉。
ボトム恐怖症の方は是非この機会に上記のアドバイスとリンク先のエントリーを読んで、ステップアップして頂ければと思っております。
ってなワケで前置きが長くなりましたが、レオンさんとこのエントリーをお楽しみくださいませ。



スポンサードリンク



ルアー回収器レスキューテポドン
by カエレバ

関連記事
ミニマルのムラソイゲーをレオンさんが徹底解説
レオン流 アジング&メバリング良型ゲット戦術
雨好き仙人が伝授する13VIBの操り方


スポンサードリンク


お盆休みを利用して、お子様達と一緒に釣りがしたいとなれば、やはりお手軽なチョイ投げ。
足場の良い場所さえあれば、そこがプレイフィールド。夏のファミリーフィッシングの参考にご活用ください。


SUPER STRIKE Vol.58  淡路島・ショアゲーのご紹介。 カツイチからリリースされている、チョイ投げ専用リグ「ショアゲー」。陸っぱりからの癒し系フィッシングを、より奥深く楽しむために開発されたこのリグを使って、大物釣り師の大久保さんが良型キスを連発。そのバイトラッシュの模様を楽しげに実況しつつ、キス釣りの要点を分かりやすく教えてくれちゃう癒し系動画です(笑) キャストしてからかなりの確率で魚からのコンタクトがあるこのゲーム、その魚信は必ずしもお目当ての魚ではなく、フグやベラと言ったエサ取りのモノってパターンが結構ありますよね? そんな時になるべくキスだけを選んで釣る方法や、キス独特の捕食方法も解説。大久保さんがはしゃぐ様は見てるだけでも楽しくなっちゃいますが、キス釣りに行きたくなること必至の動画なんであります。この釣りがまだ未経験という方は必見ですよん。
Let's Go! キスブルブル!!


関連記事
動画で学ぶ キスゲーを楽しむための基礎講座
SUPER STRIKE Vol.45 ショアゲー(キス編)
ショアゲーで秋の風物詩を釣る ~ハゼ編~



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

今年の夏は全国的に酷暑のようで、それに加えて豪雨や落雷の被害が多いようです。
僕たちアングラーがこの時期に気をつけたいのが「雷」の存在。自然相手の趣味だからこそ、過信は禁物。
ってなワケで大切なことなんで、過去記事をピックアップ。雷が鳴り始めたら撤収準備を!

夏の風物詩である雷。遠くで雷鳴が聞こえているうちはまだ良いけれど、近づいて来るにつれて不安な気持ちが徐々に増してきますよね? そんな状況下でありながら「まだ大丈夫」、「俺は平気」、「まだ釣りたい」って竿を出していませんか? 実はコレ非常に危険な行為なんです。今回紹介するベスタさんのブログには、雷の時にロッドに起きる現象が書かれています。夏場の釣行時に役に立つ知識なので皆さん、是非ご一読を。

ちなみに僕は雷が間近に来ている時にリールが共鳴し、青白い火花を散らすのを経験したことがあります。
ロッドの帯電&放電現象が起きてからでは遅いので、雷が近くなってきたから必ず撤収しましょう!



スポンサードリンク



関連記事
海、山、川でフィールドの危険から身を守るために知っておきたいこと
【要確認】 釣行時の安全対策をもう一度しっかりと見直してみよう
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介

 



スポンサードリンク


お盆休みで帰省して普段は釣ることが出来ないクロダイをトッでを楽しみたいって方も居るんじゃないかな~?って思ったので、トップチヌを楽しむためのエントリーをピックアップしてみました。
炎天下の短パンフィッシングのお役に立てれば幸せます。

ジリジリと日差しが強くなり、暑さが増してくると開幕するのがトップチヌでして、個人的に毎年すごく楽しみにしている釣りのひとつです。偏光グラス越しに映る魚影と、揺らぐ海面。響く吸い込み系の捕食音、派手に飛ぶ飛沫、直後のトルクフルなファイトは一度経験すると病み付きになってしまいます。
しかし、意外と良く聞くのが「釣れない…」、「釣れる気がしない」 などのネガティブな言葉。実はこの釣り、ちょっとした釣れる条件がありまして、その条件から外れると極端に釣れなくなります。僕もこの釣りを始めた頃はボウズ率が異常に高く、何度も挫折しそうになりましたが、その条件に気づいた時から、高確率で魚に出会えるようになりました。
本日紹介する松浦さんとこのエントリーは、まさにその釣れるエッセンスが綴られている ので、トップチヌを心行くまで堪能したい全ての方にオススメの内容なんであります。
記事中には「一定の距離を保っていれば逃げない」、「思っていたよりも短い距離まで接近しても逃げない」とありますが、あくまでも「ゆっくりした動作」または静かにしていなければ、魚は警戒し逃げていきます。クリアな水質ではストーキングは重要。僕はここ一番ではしゃがんでキャストしたりします。いきなり水際には立たないで、離れた位置からキャストするのも大切。
ちなみに画像は僕が釣ったおっチヌさんでございます。
あっ、そうそうベイトの存在もお忘れなく!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


お盆休みということもあり、帰省してアジングを楽しみたいって方も居らっしゃるかと思ったので、過去記事をピックアップしてみました。
夕涼みアジングのお役に立てればと思います。

fish with a lureのりゅうさんが、ちょっと手強いこの時期のアジに関する話題をアップされています。
夏のアジと言えば僕の地元あたりではサイズも伸びず釣果もまばらで、いまひとつ盛り上がりに欠ける 釣りといった印象を受けます。一般的にアジングは漁港などの常夜灯付近での釣りがスタンダートスタイルとして広まっていて、そんなメジャーポイントはいつも釣り人で賑わっているものです。さて今回のりゅうさんのブログですが、そんなアジングとはちょっとだけ視線変えてのサーフアジング。どこでも通用するアプローチではないかも知れませんが、ひとつの考え方として、また新たな釣りを模索するヒントして読まれてみては如何でしょうか?
目線を変えての釣りで思わぬ爆釣劇って展開もありえるので、バンバン挑戦しちゃいましょう!

関連記事
ワーミングでジグの動きを~NEWメソッドの発見~


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


基本的にライトゲームと言われて連想するものは、やはりメバルやアジ、クロダイ、カサゴあたりだと思うんですね。
他にもセイゴやムラソイ、メッキやカマスあたりもそうですが、なんとなくアジングやメバリングと比べると、親しまれていない様子。地域的に釣れない魚もいるでしょうが、せっかく楽しめるのに釣らないのはもったいないと思うんです。
今回はちょっと視点を変えて、メジャーなターゲット以外も狙ってみるのも楽しいんじゃない?ってエントリー。
海の中にはまだまだルアーに反応するけど、釣り方が確立されていないお魚さんが居ますんで、釣り方を研究してみるのも一興。また、限られた時期や場所で成立するような釣りを見つけるのも、ライトゲームの楽しみだと思うんです。
なんてことを本日以下で紹介するをブログ読んで思っちゃったんで、ピックアップしてみました。
アジング、メバリング用のタックルだから、それしかやらないなんてもったいないですよん!


ライトタックルルアーワールド BLOGS :イッテンフエダイ


関連サイト
ライトタックルルアーワールド 


関連記事
ミニマルのムラソイゲーをレオンさんが徹底解説
ライトタックルで楽しむシーバスゲームのすすめ
ゲーム性の高さがハマるヒラセイゴゲームを攻略
スモールプラッキングのすすめ



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


デュエルさんとこのヨーヅリから、ちょいと面白そうなアイテムが発売されるんで、ライトゲーマーなお友達にご報告。
今回ご紹介するのは、最近注目されているタコ釣りアイテムなかでもひときわ異彩を放つ「イイやん ラトル鉛付6号」
一般的なタコゲーは、ごっついロッドと力強いリールを必要とするゴリ巻きスタイルのパワーゲームですが、この「イイやん」は僕たちが得意とするライトゲームスタイルでイイダコを釣っちゃおうぜっていう、お気軽系アイテム。
通常のスッテよりも ルアーチックなギミックが随所に散りばめられているので、地味なイメージがあるイイダコ釣りでもアクティブに攻めることができて、釣った感も倍増。ビジュアル的にもルアー要素が満載なので、ライトタックルとの相性もバッチリです。
ライトゲームの世界にまた新たなターゲットが誕生ですな! これはちょっと面白そう!


関連記事
C.C.ベイツ 対タコ用の新型ルアーを開発中
ヌルッとした感覚を楽しむ夏のタコゲー
ニュルッとした感触を楽しむ夏のタコゲー





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


年々夏の暑さが増してきているようで、炎天下での釣りに身の危険を感じるほど。しかし、それでもうだるような暑さのなか、釣りに行きたくなるのがアングラーの性でして、旬のターゲットと涼を求め海に出掛けてしまうものです。
んで、夏の釣りモノで近頃注目されているのがタコでして、最近個性的な専用のルアーをリリースするメーカーさんが増えてきています。
ってなわけで今回は、去年に続いてタコゲー関連の動画を紹介です。
今年からオクトパッシングデビューされるビギナーちゃんは、関連記事の動画も合わせてどんぞ。
ついでに、タコの絞め方が分からんばいって方はコチラ



スポンサードリンク









スポンサードリンク

スポンサードリンク

ソルトの方でも注目されてきているベイトタックルを使用したライトゲーム。今まではロックフィッシュやクロダイなどのターゲットを取り上げる機会が多かったのですが、今回は僕たちライトリガーにはお馴染みのアジと、釣って楽しく食べて美味しいスルメイカの釣り方を伝授。
アジをベイトタックルで狙うというスタイルも新鮮で刺激的ですが、ガルプを使ったスルメイカゲームも斬新。
おなじターゲットでも道具と釣り方を変えることで、新たな楽しさが発見できるので、一味違った釣りにチャレンジしてみたい方は是非、ご覧くださいませ。



関連記事
ライト的 スルメイカ プラッキングのすすめ
アジ&メバルタックルで楽しむデイのスルメ
アジング&メバリングをベイトフィネスで楽しむ
レオン流ワインドゲームを各種濃縮詰合せ解説
ポッキン流 ベイトフィネスメバリングテク





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]