Friday, October 19, 2018


LureNews.TVの動画から馬上憲太朗さんの実釣解説動画のご紹介です。
今回のお題目はズバリ激流メバリングでして、メバリングの基本中の基本であるジグヘッドリグや、アジングでお馴染みのキャロライナリグ、最近改めて注目されているフロートリグでの釣り方を解説。流れの激しい海峡部や島嶼部での釣りは慣れていないと難しいもの。しかし、その難しさを克服すれば激流部に潜むナイスサイズを引きずり出すことも夢ではありません。 流れに乗った魚とのファイトは、港湾部とは比較にならないほどパワフルでスリリング。さらに複雑な潮流で鍛えられているメバルやアジの美味さは別格なので、未経験の方や苦手な方はこれを観て是非チャレンジしてみてくださいな!





関連記事
春~初夏の瀬戸内メバルのベイトパターンを解説
「マイクロワインド」を馬上憲太郎が動画で解説



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


先日紹介した、ぶっ飛びロッカーを使用した新たなフロート系リグ「Fシステム」。そのリグの詳しい解説が、アルカジックジャパンのオフィシャルページにアップされていたのでご紹介。(現在ではぶっ飛びロッカーではなく、専用品のシャローフリークを使ったシステムになっています)
この「Fシステム」と、これまでのフロートリグとの違いは画像を見て頂ければ一目瞭然。その組み方は極めてユニークで、ラインシステムを組む際に今までカットしていたリーダーの余りにフロートを付けるというもの。この独特なシステムのお陰で通常のフロートリグよりも、飛距離と感度をアップさせることに成功させています。
中通しのフロートリグの欠点である感度の低下を克服したこのシステムは、遠距離でもアジングやメバリングのキモである繊細なバイトを取る喜びを体感できる「次世代フロートリグ」と言っても過言ではない、おすすめリグなのです!
ちなみにテスターを務める山城さんの「ゴロタ浜でのフロートリグ」も読むことができますよん。



by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



旅先や出張先、ツーリングやキャンプでも釣りが楽しみたい!って方は結構多いと思うんですな。基本的に地方在住のアングラーさんってのは車が基本な生活をしているので、コンパクトロッドってのはあまり縁のない存在かもしれません。しかし、車の維持費が異常に高い都会のアングラーさん達は、電車やバイクなんかで出掛ける方も居らっしゃいます。そんな方に支持されているのがコンパクトロッドなワケなんですが、これが以外と選択肢が少ない上に、本格的なモノがないんですな。んで、今回紹介するテイルウォーク「OUTBACK」は、ありそうで無かった”超マジメなスペック”を盛り込んだマルチスライダーロッド。バスやトラウト、シーバスやエギング用がラインナップされているので、選択の幅が広がるのも嬉しいですね!
っていうか、振出とかテレスコって言っちゃイヤみたいなんで、マルチスライダーってカッコ良く表記してますw


スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日紹介したTICTの新しいフロートリグ「Mフロート」。
飛距離50m超えをマークするその新兵器を、アドバイザリースタッフである松浦さんが実釣解説。
通常のフロートよりも高浮力でなので、ちょっと使い方にコツがいるようで、その辺りのリグり方のポイントや具体的な釣り方を丁寧に教えてくれちゃっています。
また動画の後半では新しくラインナップに追加された2つの新型ワームも紹介しているので、遠投系アジングや新しいワームが気になる方はチェックしてみてくださいませ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日紹介した、「モエビパウダー」のインプレが、ひろぽんさんとこのブログにアップされているのでご紹介。気になるその使用感はひろぽんさんの記事をじっくりと読んで頂くとして、「じゃあ一体このアイテムは、そもそもどんなブツなのさ?」って疑問に思う方もたくさん居らっしゃるかと思います。ってなワケでそんな方々はコチラコチラのエントリーをお読み頂いたら疑問がスッキリ晴れるかと。個人的にはワーム同士がくっつくのを防止できるってだけでゲットする価値があるアイテムなんですが、それ以外にも優れた効果を発揮する粉のようなんで、気になっちゃう感じのアングラーさんは使ってみては如何かと。

ルアーでポン!
モエビパウダー 
モエビパウダーその後
モエビパウダーその後のその後


関連記事
使えるルアーケースの仕切り版カスタム法を紹介
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
ちょっとの工夫でワームケースの収納性を向上!
 



スポンサードリンク

スポンサードリンク


最新リールのインプレッションでお馴染みのいまたろうさんとこのブログに、ベイトタックルファンお待ちかねのシマノ NEWメタニウムの動画付きインプレがアップされているのでご紹介。コスト面でも性能面でも前モデルを凌ぎ、さらなる進化を遂げたメタニウム。バスフィッシングだけでなく、ソルトでの使用もOKなんで、ベイトリールの購入を考えている方は是非、参考にされてくださいませ。
いまたろうさん曰く「最もとコスパの良いベイトリール」らしいですよ~。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



DUOのテトラワークスと言えば財布に優しい純国産プラグ。値段の割に丁寧に作られており、そのクオリティーは高額なルアーと比較しても引けをとらないほどです。そんなテトラワークスのなかでも、シンプルだけど異彩を放っているプラグが今回紹介する「エビッコ」。通常のシンキングペンシルとは一味違った味付けがなされていて、アングラー側が使い方を工夫して遊べるプラグなんだそうです。ってなワケで、なんだかエビッコが面白そうなので、DUOさんとこのフィールドレポートを紹介でやんす。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


電撃的な発表から一躍注目を浴びた新型セルテート。桜の開花とともに店頭に並びはじめ、既に手に入れた方も居るかと思います。今回は、既に名機との呼び声が高いセルテートのインプレをいまたろうさんとこのブログから紹介。アジング&メバリングのハイシーズンに向けて、購入を検討中の方は是非ご覧になってくださいませ。また、店頭で見られないなんて方には動画もアップされているので、そちらをご覧になるとさらにイメージが湧くかと思います。
カルディアKIXとセルテートのフィネスカスタムで頑張ってるけど、そろそろ新しいのが欲しくなっちまったなぁ…。


関連記事
いまたろうさんのインプレ関係記事はコチラ



スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワインドといえばダートしやすい形状のジグヘッドやワームを使って、鋭く左右にスライドさせてリアクションバイトを狙うって釣り方ですね。最近では色々な魚種に応用され、それぞれになかなかの釣果を上げている効果的なテクニックです。しかし、今回紹介する新たなワインド釣法「ブレーキワインド」は、通常のワインドとはちょいと異なるテクニックでして、鋭く幅の広い動きに対応しきれないメバルに効果的な必釣奥義です。このレオンさんが提案する最新のワザを動画で解説。ロッドアクションや注意すべきポイントを分かりやすく説明してくれているので、メバリストの皆さんはバッチリとお勉強してくださいませ!
また、メタルマルを使用したナブラ撃ち動画もありますんで、青物ファンの方は合わせてどんぞ。






スポンサードリンク

スポンサードリンク



34の家邊さんが自社ロッドの「Advancement PSR-60」と新型ジグヘッドの「ストリームヘッド」を使いつつ、デイのアジングをメインにテクニックを紹介。アミを捕食しているような状況の表層レンジのアジってやつはなかなか手強いですよね。そんな時に有効なリグの操作方法を実際に釣りながら教えてくれちゃっているので、表層付近の上ずったアジが苦手って方は必見ですよん。



関連記事
意外と反応しない表層ライズの仕組みと攻略
家邊さん流ライトゲームの勘所を動画で紹介
釣れないアジを釣るための家邊流メソッド



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


以前コチラで紹介した、ポッキンさんが開発したメタルバイブ「T-1ブレイド」。今回はその商品説明から使い方までを解説した動画をご紹介。メタルバイブでランカーメバルを仕留めるための操作法なんかも伝授しているので、マスターしたい方は是非。また、ベイトタックルのキャスティングテクも披露しちゃってるので、ベイト使いのお友達は参考にされてくださいな。


【OFT】T−ONE BLADE(ティーワンブレード)3.5g
by カエレバ






スポンサードリンク

スポンサードリンク


現在のアジングシーンで最も熱いのがジグヘッド単体ゲームでして、その釣りに特化した専用ロッドなどもリリースされているので、繊細で奥の深い世界を楽しんでおられる方も多いかと思います。しかし、元祖アジングリグと言っても過言ではない、スプリットショットやキャロなんかも負けず劣らず活躍中でして、メインとして好んで使われる方もまだまだ居らっしゃいます。んなワケで今回は、スプリットに使用されるシンカーについての、ちょいと通好みなお話をひとつ。「遠くに飛ばしたいけど、ゆっくり沈めたい」、なんて我侭なライトゲーマーにオススメの豆知識的エントリーをえぼさんとこのブログからご紹介でやんす。


関連記事
超軽量スプリットで挑むアジングの可能性
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


以前紹介したTICTさんの新しいフロートリグ「Mフロート」、今回は気になるこのアイテムの詳細が新たにアップされているので、フロートリグ愛好家の皆さんにご報告です。
リンク先のブログでは実際にリグを操作している動画に加え、ちょっとした使い方も紹介。まだまだプロトの段階ですが、これが実戦投入された暁には、沖で発生するライズにジグヘッドを投入することも夢ではなくなるはず。もちろんアジやメバルだけでなく、小魚を捕食しているちょっとした青物だってジグヘッド+ワームで狙えちゃうんですな。このアイテムの登場で、ライトゲームの楽しみの幅がさらに広がりますな!



スポンサードリンク

スポンサードリンク




ブリーデンのオフィシャルページに、期待のロッド「TEシリーズ」のページがオープンしています。
今回は現在鋭意開発中の 「TE 74fortunate」の使用感をお伝えしている、同社のフィールドスタッフKAKKYさんとこのブログをご紹介。ライトゲーマーとしては74electroの2ピースバージョンが、一体どんなロッドに仕上がるのか非常に気になるところ。まだプロトの状態ではあると思いますが、その辺りのインプレをじっくりとご覧くださいませ。
74electroが欲しいなぁなんて思ってましたが、山越えとかする僕には2ピースの74fortunateがピッタリかも!


スポンサードリンク

スポンサードリンク




ビギナーさんが悩む事柄のひとつに、ルアーのリトリーブスピードってのがありまして「いったい、どれくらいの速さでリールを巻けば良いの?」って思われている方が多いかと存じます。僕もルアーを始めた頃はその速度が分からず、色々と悩んだ記憶があります。結局、こればかりは正解ってのはなくて、ルアーの性格やその時の状況に合わせるもので、経験を積んで覚えるしかありません。しかし、確実ではないにしても「食わせやすい」スピードってのがありまして、本日はその辺りのキモが書かれている13luepearさんとこのブログをご紹介。全てにおいて通用するってワケではありませんが、「引き出し」として覚えておいて損のないテクニックですよん!
※画像はMebaring@さんとこからお借りしています。


スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
プラグの泳ぎを変える 簡単ラインアイチューン
釣り上手が伝授するアミパターンおすすめプラグ
この時期活躍する対アミパターンプラグを紹介
定番のメバルプラグ「シラスミノー」をインプレ



スポンサードリンク

シラスミノーと言えば、メバリングがライトゲームの定番として認知され始めた頃に登場した息の長いプラグですね。今もなお売れ続けていることからも分かるようにその性能は折り紙付きで、釣りウマのルアーケースの中には大抵その姿が確認できます。最近のメバリングプラグと比べると飛距離で劣りますが、魚を魅了する能力は最新鋭プラグを凌駕する事も少なくなく、「困った時のシラスミノー」的に切り札ルアーとして使う方も多いようです。本日はそんなシラスミノーのインプレをみったんさんとこのブログでどうぞ。



by カエレバ

関連記事
釣れ筋アイテム「シャローマジック」をインプレ
魅惑のメバリングプラグvol.1
魅惑のメバリングプラグvol.2
藻からぶち抜く! カバーメバリングのすすめ



スポンサードリンク

スポンサードリンク


アジングのひとつの目標として尺アジってのがありまして、このサイズを手にした時の満足感と充実感は格別ですね。そして上手いことパターンにハメることが出来れば、連続ヒットも夢ではないのがアジングの魅力。以前はアジの30cmオーバーと言えばちょっとした憧れでしたが、最近では僕たちの馴染みのフィールド、お馴染みのリグで条件さえ合えば誰でも手にすることができるグッドサイズとなりました。そして近頃ではもうワンランク上のサイズである40cmクラスや夢の50cm超えを狙うアングラーも増えてきており、各フィールドで日夜いろいろなパターンが検証されています。本日はそんな胸躍るビッグアジングゲームの話題をレオンさんとこのブログからお届けです。
アジングのスタンダートとされる釣り方と一線を画すコアな世界をお楽しみください。


関連記事
メタルマルの大物対策とタックルバランス重要性
2013 大阪FSのレオンさんセミナーを紹介
50UPを捕獲したメタルアジングテクニック公開




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


以前コチラで紹介したCOLTさんとこのブログで、またまたベイトリールのメンテ記事がアップされているのでご紹介。
本日のお題目はシマノのアルデバランMg7 でして、今回もまた画像成分多めのエントリーで分かりやすく解説されています。分解編と組み立て編の2本立で、メンテナンスのポイントをしっかりと説明されているので、メンテビギナーさんでも分かりやすいかと。自分で整備してみたいオーナーさんは、是非ご覧になってくださいませ。

シマノ アルデバランMg7 オーバーホール 分解編

シマノ アルデバランMg7 オーバーホール 組立編



スポンサードリンク

スポンサードリンク


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]