Friday, October 19, 2018


寒い季節に各地で猛威を振るう「アミパターン」。寒さに耐えながら鼻を啜りつつ、シビアな釣りに勤しんでいる方もおられるかと思います。アミを捕食しているメバルには超軽量のジグヘッド+ワーム、またはカブラが一般的ですが、目先を変えてプラグを使うと思いの外ハマっちゃうって事もあったりします。今回はそんなアミパターンに効くオススメのプラグを、ゆーすけさんとこのブログからご紹介。アミパターンに翻弄されちゃってる方は、是非試してみてくださいな。
ソルト用もあるんだけど、ソルト用じゃないってのがなんともマニアックです(笑)


関連記事
ホロリウムで脱マンネリ 魅惑のカラーチューン
釣り上手が伝授するアミパターンおすすめプラグ
釣り上手が教えるアミパターンのおすすめワーム





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


エギング野郎が目標とするアオリイカのサイズは3kgオーバーあたりでしょうか? 場所によっては4kg超えなんてスーパーサイズも出ちゃうところもあるそうで、羨ましい限りです。しかし、それを遥かに凌駕するイカがおりまして、そいつの捕獲例なんかが極希に釣りブロガーの日記にアップされることがあります。すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、先日のダイオウイカの番組に「エサ」として登場した「ソデイカ」がソレなんですな。大きくなると1m程になり、10~20kgになるとも言われているデカイカです。エギングではあまり馴染みのないこのイカ、実は僕達の食卓には欠かせない存在で日々お世話になっているんであります。今回は釣り関係のブログではありませんが、ちょっと面白い企画がありましたんでピックアップしてみました。
あの小塚さんもちょろっと出ているところが流石!(笑)


スポンサードリンク

スポンサードリンク


海外遠征で大物を狙う「怪魚釣り師」である武石さんとこのブログに、頑丈なロッドケースの作り方がアップされているのでご紹介。
外国のみならず国内での遠征に欠かせないのがロッドケース。マイカーなんかで移動の場合はあまり気になりませんが、飛行機や電車、フェリーや渡船なんかを使う釣行では、ロッドの扱いに気を使うもの。ぶつけられたり、倒されたりする可能性もあるし、自分の手のから離れた先でどんな扱いをされているかも分かりません。せっかくスケジュールを調節し、お金を掛け楽しみにしていたのに、旅先でロッドが破損なんて目も当てられませんね。そんな事態に陥らないためにも、頑丈なロッドケースを用意しておきましょう。基本的に安価に仕上がるお手製ケースですが、見た目を気にする人はロッドカバーに拘るのも面白いかもしれません。
個人的にはビニールテープ巻いただけの方が無骨だし、ワイルドで好みです(笑)



スポンサードリンク

スポンサードリンク

フィッシングショーで行われたアルカジックジャパンのセミナー動画がyoutubeにアップされているのでご案内。
こちらの動画は伊豆のゴロタ攻略という地域限定のお話なんで、季節的なパターンはちょいと他のエリアには通用しないかもしれません。しかし、釣り方やリグ等の共通部分もありますので、興味のある方はチェックしてみてくださいな。

スポンサードリンク




関連記事
尺オーバーを狙って捕る7つのキーワード
夏のランカーメバル攻略指南の動画を紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ゴールデンミーンのテスターを務める加地さんとこのブログに、ちょっと気になる記述があったのでご紹介。
サラリと書かれている友人との釣行記ですが、その釣りの濃さは濃厚過ぎて羨ましくなっちゃうほど。さり気な~く、ベテランのメバリストもびっくりしちゃうほどのサイズを釣っているあたりが流石です。が、注目して頂きたいのは他にもありまして、後半の3枚のメバルの画像が本日のメインディッシュ。 魚の反応は良いのになかなか乗らなかったり、針掛かりしてもすぐにバレちゃうってことありますね。その原因は様々なんですが、そのうちのひとつが今回取り上げているケース。ちょっと工夫するだけで、ヒット率もキャッチ率も変わってきてしまうあたりが、釣りの面白いところ。もどかしいけれど、答えを合わせをしていく釣りってのも、やっぱり楽しいんですな!


関連記事
シンペンを駆使してバチメバルを攻略しちゃおう
加地武郎が伝授する磯の尺メバルタクティクス





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


以前コチラの「12 アルテグラ」のオーバーホールで紹介したCOLTさんとこのブログに、ソルトにも対応しているベイトリール「ダイワ アルファス R-edition 103L」の分解から組立てまでが紹介されているのでピックアップ。僕はベイトリールをオーバーホールしたことがないので詳しくは分かりませんが、画像の点数が多く、順序良く解説されているので、作業時には大変参考になるかと思います。ソルト専用ではなく、あくまでも「対応」リールなので、こまめにメンテナンスした方が良いかもしれませんね。アルファス愛用者の方は是非。

アルファス Rエディション 103L オーバーホール 分解編

アルファス Rエディション 103L オーバーホール 組立編

ダイワ アルファス 150HL オーバーホール 分解編

ダイワ アルファス 150HL オーバーホール 組立編

関連記事
リールのメンテナンス関係はコチラ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


水面のあっちこっちでパシャパシャやっているのに「バイトがない」、「なかなか乗らない」なんて経験は誰にでもあるはず。
そんな状況が起きている時に、水面下で一体何が起きているのかを知っているのと知らないのとでは、釣果に雲泥の差ができちゃうし、楽しさだって違うワケです。
今回はライズの仕組みと、その対処法を紹介している家邊さんとこのブログを紹介。
これで眼の前に広がる波紋にイライラしたり、焦ることが減ると思いますよ~。



スポンサードリンク




関連記事
2つのお約束を守ってアミパターンに強くなる
釣り上手が教えるアミパターンのおすすめワーム
釣り上手が伝授するアミパターンおすすめプラグ



スポンサードリンク


当サイトでも過去に何度か取り上げたことのある「ロッドのバランス」のお話。繊細なライトゲームを徹底的に味わい尽くすのならば、知っておいた方が良い事なので何度でも取り上げちゃいます。今回は34のフィールドスタッフである、0☆3★6さんとこのブログで2回に渡ってアップされた記事を紹介。1回目のエントリーはタックルバランスの重要性と、その原理を解説。2回目は実際にタックルのバランスをとるための方法を紹介しています。「釣り道具って、軽ければ良いんじゃないの?」って方は是非試してみてくださいませ。きっと世界が変わりますから。

タックルのバランス 〜手元重心の重要性1〜

タックルのバランス 〜手元重心へのアプローチ〜

関連記事
手軽にロッドバランスを調節しちゃう小技
あなたのロッドに『お手軽バランサーチューン』
もう迷わない ロッドについての基礎知識

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ピュアフィッシングジャパンのオフィシャル動画に「アジングのデイゲーム」が追加されています。
本動画は「エラディケーター アジングカスタム」の生みの親である林健太郎さんが 、日中のアジングについてのツボの部分を解説。基本であるジグヘッド単体での釣り方から、スプリットショットリグやキャロライナリグの特徴や操作法、注意点などを初心者でも分かるように実釣を交えて説明しています。明るい時間帯のロケなので、ロッドの動かし方が非常に分かりやすくなっています。ビギナーさんはそのあたりをバッチリと確認してみてくださいな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



「つり環境ビジョン」って言葉を初めて目にしたのは、ブリーデンの社長さんとこのブログでありまして、一体何だろう?って思っていたワケですが、いつの間にやら忘却の彼方へ…。んで、本日その記憶が蘇ってきましたので、ちょいと調べてみました。
「つり環境ビジョン」の詳しい説明は下記のリンクで読んで頂ければわかると思いますが、ここで超簡単に説明すると、今年の4月から「僕たちアングラーと釣り業界とで少しずつお金を出し合って、釣り場周辺の清掃や稚魚放流、閉鎖されている防波堤の開放なんかをしていこうよ」ってプロジェクト。
基本的にユーザーである僕たちが負担するお金は微々たるモノで、2円~20円ほど。じゃあそれは一体、いつどこで払うの?っていうと、そのお金は釣り道具代に含まれていますよってお話。実はこの取り組みは既に一部で実施されていて、上の画像のマークが貼られている釣具には適用されています。
そして今回、来年の2014年からは「すべての釣り関連用品」にコレを対象とするという話し合いが行われたようです。
普段から「釣り業界は道具を売るだけ売って、なんもしないのか? あぁ?」って態度だったんですが、反省します。
すいません。
しかしながら、こんなに素晴らしくも重要なことをひっそりと決めるのではなく、もっと広く多くのユーザーに知らせる努力や工夫をするべきではないかと思うんですね。
業界の方々は、そこんとこをビシッ!とお願いします。

「つり環境ビジョン」関連記事は以下から

釣りG(爺)メン千釣万魚:
FJC日本釣りジャーナリスト協議会2013初定例会~ ~釣り界にも“アベノミクス”が起こる!
“ツリノミクス”動き出す! FJC日本釣りジャーナリスト協議会2月定例会で環境・美化マークなど発表

フライの雑誌社
「つり環境ビジョン2012」は本物か。

関連サイト
社団法人 日本釣用品工業会
公益財団 日本釣振興会




デジカメの性能が年々向上し、ケータイやスマートフォンまでもが進化している昨今。誰でも手軽にキレイな写真が撮れるようになり、SNSや個人のブログが釣行写真やキャッチした魚の画像で彩られるようになりました。しかし、いつでも何処でも簡単に撮影できるようになりましたが、満足のいくモノが撮れるかどうかってのは別問題。いろいろと頑張ってはいるけれど、気に入った写真が撮れないって方は意外と多いと思います。今回はそんな写真に拘りたいアングラーさんのために、デジカメのスキルアップ講座を紹介。美麗な写真を撮り続ける2人のカメラ好きアングラーが、とっておきの撮影テクを伝授してくれちゃいます。これでアナタも、今日から残念な写真とはおさらばです。
しかし、松尾さんの写真に対するスタイルってのは素敵ですな。 タバコ禁止w


オリンパス STYLUS TG-4 Tough BLK ブラック 《5月22日発売予定》
by カエレバ



スポンサードリンク

スポンサードリンク




キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食味で僕達を楽しませてくれるターゲットとなりました。今回は山口県限定のローカルな話題ではありますが、そんなキジハタに捕獲の規制が掛けられるという話題です。

とかく海の魚ってのは禁漁期間などが設定されておらず獲り放題、持ち帰り放題なワケで、メバルやアオリイカなんかはその辺の影響をモロに受け、数もサイズも年々減ってきています。そんなことを繰り返していると、せっかく稚魚放流をしているキジハタも個体数は減るばかり。今回のこの動きに関しては漁業関係者だけの問題でなく、僕達アングラーにも関わってくる大事なことですので、堅苦しいお話かもしれませんが、しばしお付き合いください。

実は僕たちが釣っている魚たちは性転換する魚が多く、メバルやカサゴ、クロダイそしてスズキにしても性転換して繁殖している魚たち。キジハタもそのひとつで成長に伴いメスがオスに性転換する魚で、40cm未満は大部分がメス。約30cmになると産卵が可能になるそうで、卵が産める大きさに成長するまで捕獲禁止にして、水産資源として保護するというのが今回の規制の考え方です。
ちなみにキジハタの成長スピードは遅く、40cmになるまで10年近く掛かるそうです。同様にメバルも似たようなもので20cmになるのに5年、尺になるには10年ほど掛かるそうです。

今回の規制は漁業関係者メインのお話に聞こえるかもしれませんが、「県民全体での取組(効果的に資源管理に取り組む):キジハタは、レジャー(釣り)でも採捕されることから、漁業者だけでなく遊漁者も含めた資源管理に取り組むことにより、一層の資源管理効果の発揮を目指します」と明記されています。この採捕制限は平成25年10月1日から実施されることとなります。

個人的にはこの考え方には概ね賛成で、他の海の魚も渓流の魚同様に、禁漁期や今回のような捕獲の規制が必要だと感じています。


山口県水産振興課 :キジハタ・採捕制限について 




関連記事
フィッシュグリップを扱う際の注意点について

 


基本的にアミを捕食しているターゲットには、ワーム+ジグヘッドで挑むってのがスタンダードでありまして、流れに任せたドリフト釣法やフォールの釣りなんかで釣果をあげている方が多いと思います。近頃ではジグヘッド単体の釣りが注目され、なんとなくアミ=ワーム的なイメージがありますが、実はプラグが有効なシーンってのがあるんですな。有名どころではトップウォータープラグを使った「ほっとけメソッド」ですが、今回はコチラで紹介したアミパターンの第二弾「プラグ編」をけんぼうさんとこからご紹介であります。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



メバルって魚は業界的にはロックフィシュってカテゴリーに分類されているワケですが、個人的にはそれってどうよ?って思うんであります。まぁ、岩陰やストラクチャーに身を潜めている時もあるからなんでしょうが、メバルの生態を知れば知るほど根魚の特性とはずいぶん違うもんでありますな。まぁ、それは置いといて今回は、テトラや敷石等にビタッとタイトに着いているテンション低め系や、警戒心強めな大型手だれ系、棚からボタ餅の甲殻類捕食系のメバルたちに有効とされる小技を伝授。メバルに限らず、カサゴやソイ達にも効果的なこのテクニック、覚えておいて損はないこの情報を、TICTの松浦さんがブログで公開中でございます。テトラ帯での釣行時に是非試してみたいものですな。
テトラで釣りをする時は、安全第一&油断禁物ですよ~!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



お手軽だけど熱くなる「ちょい投げ」を、もっとルアー的に楽しんじゃおうって感じで生まれたデコイのショアゲー。本日はそんな、ゆるゆるスタイルで楽しむライトタックルゲームの新製品を大久保幸三さんが動画で紹介。動画中にはショアゲー以外にもリニューアルした同社定番のジグヘッド「ラウンドマジック」やダート用ジグヘッドの「デルタマジック」、ジグヘッド用アシストフック「トレイラージャック」も紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。
ちなみに「デルタマジック」は、パゴスさんとこが詳しく解説してますよん。





スポンサードリンク

スポンサードリンク

以前コチラで紹介した「アングラーの発想次第で無限大のポテンシャルを発揮する」という、ものすごい強気なコピーを頂いていた「Ar.キャロフリーシンカー」。今回はその詳細が、いよいよお披露目となったので、ライトキャロライナ大好きっ子な皆さんにご報告。発表があるまでその自信満々な姿勢に「とか言ってるけど、それほど変わらないんだろねー」なんて思っていましたが、いざ発表されたソレを見てみると、思わず「なるほど、やるじゃんね!」って思ってしまう仕上がりっぷりでした。すいません。そのアイデアはここで紹介してしまうと、リンク先に飛ぶ楽しみがなくなるので言いませんが、無限大はちょっと大袈裟でしたがまさに変幻自在な感じです。おそらくシンカーを追加したり、減らしたりするタイプの最終形態が「Ar.キャロフリーシンカー」なんじゃないかと個人的には思っています。これは正直素晴らしいアイデアの製品なので、今度買ってみたいと思います。


関連記事
ルミカからライトゲーム用アシストリグが発売
新発想のシンカーで姿勢も重さも自由にアレンジ
新感覚! ワーム素材のキャロシンカーが発売
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

ケミホタルでお馴染みのルミカから、ナイトゲームでの視認性をアップさせるアイテムがリリースされます。
今回紹介する「トランスモーション」はフロートリグ系のアイテムでして、フロート上部にあるスリットにケミホタルを装着して視認性と集魚効果をアップさせるというモノ。薄暗い釣り場や闇磯なんかで使うと、リグのトレースコースなどが確認できて便利ですな。


ルミカ (LUMICA) トランスモーション Mサイズ [グリーン] / メバリング・アジ・カサゴ用フロート 【02P13Dec14】【RCP】
by カエレバ






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングやメバリングでのアミパターンというと、非常に難しく厄介なイメージがつきまとうパターンで、苦手意識を持っている方も居らっしゃるかと思います。今回はそんなアミパターンでの釣り方を解説しているけんぼうさんとこのブログを紹介。釣りウマな方が日々愛用しているワームやジグヘッドの話などを交えつつ、アミ捕食時の攻略法を伝授。アミパターンに悩まされている方は必見でございます。
ちなみに文中で紹介されているヤリエさんとこのアジメバアーミーは、僕も使ってるお気に入りのジグヘッドであります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



アイスジグといえば昼間のリアクションゲームというイメージが強いルアーですが、実はナイトゲームでも主力兵器として活躍するシチュエーションもあるんですな。すでにご存知の方も多いかと思いますが、そもそもアイスジグの正式名称は「ジギングラップ」です。ってことはライトジギングなんかお手の物ってな感じなワケでして、これを夜間に使わない手はないって事なんであります。チョンとシャクるだけで発生するイレギュラーアクションはライトゲームターゲットを魅力してやまない魔性のアクション。今回はそんなアイスジグを使って美味しい思いをしている献上さんとこのブログを紹介。ナイトゲームにおける操作法なんかも書かれているので、アイスジギングをマスターしたい方は参考にされてください。
冒頭のメバルやアジのビッグベイトビッグフィッシュパターンってのも、なかなか面白そうですな!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



TICTさんとこのオフィシャルブログに、「フィッシングショー大阪 2013」で収録された製品紹介動画がアップされているのでご報告。
この度アップされている動画は、すでに発売されているメバルロッド「RALGO」「ICE CUBE」 、そして新たに開発されたカーリーテールのワーム「スパイラルクロー」の3本です。上記メバルロッドは過去記事を参考にして頂くとして、個人的の良いなと思ったのが「スパイラルクロー」。釣りをしていてワームのテールがフックに絡むのってイラッとするうえに、釣れる魚までスレさせてしまう危険性があるわけです。 そんな部分に注目して作られた、気配りのできるそんなワームなのです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]