Friday, October 19, 2018


エビや小魚、コイカにゴカイのように「分かりやすいベイト」を捕食している時の釣りってのは、意外と悩みも少なく、捕食されているものを演出できれば、すぐに答えが返ってくるものです。しかし、1cmにも満たないような小さなプランクトンなどについている場合はちょいと厄介でございまして、レンジやアクション、カラーやルアーサイズ、ときにはその素材なんかも影響する場合があるので、見極めが難しいパターンです。このようにシビアなイメージのアミパターンですが、ある一定のお約束を守れば攻略の糸口が掴めることもしばしば。今回はそんな「お約束」を紹介している34スタッフブログのエントリーをピックアップしてみました。「アミって嫌よね…」って方は必読ですよん。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


しんどい仕事が終わり車やバイクを転がし、または自転車とか混みあった電車なんかに乗って釣り場に着くとテンションが上がります。もうワクワクが止まらないワケです。そして僕たちは目の前に広がる海原に向かってストレスを解消するかのごとくキャストし、リールの巻き心地を噛み締めながら、ラインから伝わるルアーの引き抵抗と魚信に癒されるワケです。そしていつしかキャストを繰り返していくうちに沖目のヨレや流れ、藻場や岩場に意識は向かっていきます。「もっと沖へ、遠くへ、深い場所へ」となぜか自分のいる場所から離れたポイントにキャストしまいます。しかし、ここでスイッチを切り替えて、視点を変えることを忘れちゃいけません。今回はつい忘れてしまう、見逃してしまう美味しいスポットのお話。どんな時でもチェックしておきたい、防波堤の基本のポイントです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



ゴールデンミーンから、痒いところに手が届くユニークなアイテム「GM FOOK OUT」がリリースされるのでご紹介。
アジングやメバリングなんかを楽しんでいる時に、ちょっと厄介なのがガッツリ飲まれたジグヘッド。慣れた人は人差し指を突っ込んで簡単に外していますが、僕なんかは指にフックが刺さりはしないかと思い怖くてできません(笑) そんな場合はフォーセップなんかを使って外していますが、意外と手間がかかったりして面倒なんですよね。「モタモタしてると時合が!」なんて考えていると、余計に上手く取れなかったり…。そんな状況下で威力を発揮しそうなアイテムを紹介しているのが、今回紹介する高木さんとこのブログ。パッと見は普通の針外しのようですが、実はちょっとしたアイデアが仕込まれている優れモノ。価格もリーズナブルだし、ちょっと欲しくなっちゃいましたよ~。



スポンサードリンク


Golden Mean(ゴールデンミーン) GMフックアウト ブルー
by カエレバ


関連記事
お手頃価格なエア抜き&神経絞めワイヤー
ティムコ セラミッククリッパー
「手返し上手は釣り上手」 スレッダー活用術
メバリングプラグのフックを簡単快適楽々交換!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


先日紹介したオフィスユーカリさんとこのライトゲーム用ロッド「インターセプト 海鷹」。今回もまた、その73モデルのインプレをみったんさんがアップしているので、皆さんにご紹介。インプレ記事は長所だけではなく、短所も書かれているため購入を検討している方に参考になるかと思います。また、このロッドがいかに現在主流のロッドと違うコンセプトで開発され、釣りのスタイルが異なっているのかが分かる内容となっております。
そろそろ各メーカーさんも、どんぐりの背比べ的なモノ作りはやめて、個性的で他社にはマネできない商品を真剣に作ってもらいたいもんですな。


by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



ポッキンさんの新しいテクニック「ウィンチング」と、ワームの刺し方についての動画です。
「ウィンチング」についての詳しい解説はここではされておらず、アングリングソルト本誌の方で解説されていると思いますので、メソッドについてはそちらを御覧ください。と言っても、基本的な操作方法は収録してあるので、勘の良い方ならば語らずとも分かるかもしれませんね。
動画の後半は、ポッキンさんプロデュースの「バルキースクリュー」の刺し方についての解説。他社のワームでも、他のジグヘッドでも方法はあまり変わらないので、ワームを真っ直ぐ刺すのが苦手って方に見て頂きたい内容です。
つーか、OFTさんとこはもうじきフィッシングショーなんだから、製品ページくらいちゃんとやっといた方が良い気も…。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



TICTのフィールドスタッフである松浦さんの実釣解説動画のご紹介です。
今回の動画は、ジグヘッド単体でディープに潜むデカアジを攻略するってお題目でして、松浦さんが普段の釣行で心掛けている事や釣り方を実釣を交えつつ教えてくれちゃっています。ライトリガーの皆さんの共通の悩みであるカラーについてのお話や、反応がなくなった時の対処法、ボトムステイも解説。またロッドセレクトについてのアドバイスもありますので、参考にされてくださいませ。




関連記事
エステル系ラインの太さによる使い分けを解説
二枚潮を攻略するための工夫とアプローチ法
アジングにおけるジャストなワームサイズ選択法




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



アングリングソルトのレオンさん実釣動画が、yotubeにアップされているのでご紹介。
今回のテーマは「目からウロコのアジング&メバリング術」でして、普段からレオンさんが唱えている「13VIB30」での釣りや、ボトムワインドでの釣りをダイジェストで紹介。5gのジグヘッドやメタルバイブの釣りってのは、なんとなくアジングやメバリングに向いていないようなイメージがありますが、いかにそれが思い込みであるかに気付かされる、そんな動画なんであります。
釣れる時こそ、いろいろ試してみたいもんですな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



アルカジックジャパンから新型キャロシンカー「Ar.キャロ フリーシンカー」がリリースされるらしいので、ライトゲーマーの皆さんにお知らせです。
この新型シンカーについての詳細は現在まだ不明ですが、「アングラーの発想次第で無限大のポテンシャルを発揮する」というのがウリなようです。上の画像がその製品なのか、単なるイメージなのかも分かりませんが、普通のシンカーとは一味違うモノっぽいんで、フィッシングショーの発表まで、期待して待つとしましょう。


関連記事
新発想のシンカーで姿勢も重さも自由にアレンジ
新感覚! ワーム素材のキャロシンカーが発売
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ピュアフィッシング ジャパンさんとこのブログに、ベイトフィネスでアジングやメバリングを楽しむためのコツが紹介されているのでピックアップしてみました。僕は未だに未経験の釣りなんで、詳しいこともツッコミもできないんですが、ちょっとびっくりしたのがフィネスのわりにずいぶんと太いライン使うところ。さらにびっくりなのが、そんなラインを使っても普通に釣れるという事実。太いラインを使ったら見破られるってのは、迷信だったんでしょうかねぇ? ともあれ、最近はソルトベイトフィネス対応のタックルもリリースされ始め、リーズナブルなリールも登場してきています。新たな釣りにチャレンジしたい方は、当サイトの過去記事も含めて読んでみてくださいな。
ちなみにシーバス編はコチラ


関連記事
もっと気軽にSWベイトゲームを楽しむ為のリール
レオン流ワインドゲームを各種濃縮詰合せ解説
ポッキン流 ベイトフィネスメバリングテク
ベイトで行く!! ~アジング編~


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



メバリングなどの軽いリグを扱う釣りは、総じて飛距離というものに悩まされます。僕達ライトリガーはその飛距離を稼ぐために、スプリットショットリグにしてみたり、フロートリグを使って遠くへアプローチしています。しかし、その飛距離にも限界があって、射程外でライズやボイルが発生していても立ち尽くすだけという状況に陥ることもあります。そんな状況を打破するために、今回ポッキンさんが教えてくれる秘密兵器は、伝統的なメバル釣法に使われている必釣アイテム。ウェイトがあるので通常のメバルロッドで扱うのは無理ですが、エギンロッド等であればキャストが可能。沖目でライズが発生する場所を知っているのであれば、試してみる価値アリです。メバル釣りだからといって、メバルロッドを使わないといけないルールなんてないんですな。


関連記事
フロートリグでアジング その基本操作を伝授
フロートリグでのシャローアジングを動画で解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

TICTの松浦さんとこのブログに、現在開発中の新型ワームについてのエントリーがアップっされています。
ブログで紹介されているのはUSB(ウルトラソフトマテリアルベイト)の2種類のワームで、ひとつはブリリアントのサイズとボリュームを変更したもの。もう一方は完全新作のアイテムで、アピール重視のカーリーテールを採用したモデルです。詳細については不明ですが、今年のフィッシングショーで発表される新商品ではないでしょうか?
本文中でオキアアミカラーが(臭い付き)になってるのは、おそらく狙っているものと思われますw


関連記事
アジングにおけるジャストなワームサイズ選択法
二枚潮を攻略するための工夫とアプローチ法
エステル系ラインの太さによる使い分けを解説



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ネタ探しのサーフィン中にちょっと面白いなって思ったエントリーを見つけたんで、自作好きのお友達にご案内です。
昔からある和製漁具系ルアーの代表格であるタコベイトを使った自作モノなんですが、簡単に作れ完成度も高く、根掛かりし難い特性を持った優れものです。しかもメバルやカサゴも実際釣れているようなんで、その効果も実証済み。メバリングには好んで使われることのないタコベイトですが、その威力は色々な漁具に使われていること見れば納得できるはず。トレイラーとしても抜群の素材なんで、メタルジグにつけても良いし、いろんな釣りに試してみると面白いかもしれませんね! 詳しい作り方などは以下のたろさんとこのブログでどんぞ。


DUEL/YO-ZURI (ヨーヅリ) [HP] シラス(キ) AR 1.5号 45mm 《C154-T313》
by カエレバ

HPシラス(キ)AR リグ作り
自作タコベイト Vol.1
自作タコベイト Vol.2
HPシラス(キ)ARって何よ? 方はコチラ

関連記事
流行りの鉄板ベイト「メタルバイブ」を自作!
お手軽な自作のチヌリグ:マッキーリグを紹介
自作リグ「ネジヘッド」のご紹介




 ワームのカラーってヤツはすごく罪作りな存在でして、各社これでもかって程のカラー展開で商品を販売しています。個人的にはこのようなやり方はユーザーを翻弄し、釣りを難しくするだけのような気がして好きじゃないんですが、業界全体がそんな流れだし、メーカーも生き残らなければならないので仕方ないことだと思います。ま、選択肢が多いと言う事は良い事なんで、そーゆーことにしておきましょう。んで、今回は色の違いやアピールで魚に口を使わせるカラーチョイスのお話ではなく、色の違いによってシルエットを見やすくさせたり、ごまかしたりするってお話。常夜灯下や月夜でのカラーの選択に迷った時の参考になるかと思いますんで、カラーローテーション地獄に陥りがちな方は是非。

関連記事
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



ルアーが真っ直ぐ泳がなくなった時に、それを修正する方法として使われるのが「トゥルーチューン」ですね。ラインアイをプライヤーでエイヤッって曲げて調節するアレです。この方法で、ルアー自体の泳ぎの質を変えちゃおうぜ!ってのが今回紹介するマリアさんとこのスタッフブログのエントリー。手持ちのプラグで「もうちょっとレンジが浅かったらなぁ」とか、「泳ぎにもっとブリブリ感が欲しんだよ!」って時があると思うんです。そんな時に試してみたら良いかなぁと。リップを削ったり、シンカーを貼ってチューニングする方法もありますが、このやり方も覚えておいて損はないかもね!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



僕達ライトリガーの主な釣行時間は夜間が多く、ヘッドライトや常夜灯などの「明かり」にお世話になることが多いかと思います。常夜灯に照らされている漁港や波止なんかは比較的明るくて、ライトなどを使わなくてもリグ交換やルアーチェンジができます。しかし、それが照明の一切ない闇磯やサーフ、河口域になると、このありがたい明かりの存在がちょっと厄介になってきます。暗闇での突然のライト点灯は釣り場を潰し、魚に警戒心を与えます。魚の姿やベイトを確認するために水面に照射するなんてもってのほか。その辺を心得ているアングラー諸氏は魚に警戒されないように、リグやルアーチェンジの際の点灯時間をなるべく短くし、水面に光があたらないよう、周囲に光が漏れないように気を使っています。できることならライトなど使わずに交換したいし、使わない人もいるほどです。んで、今回紹介する自作ライトさんとこのブログの記事は、暗闇で釣りをするアングラーさん達にとって非常に興味深い内容で、今後の釣りのスタイルが変わっちゃう可能性だってあり得るほどのお話。ライトリガーだけでなく、シーバスアングラーさん達にも読んでもらいたい、ちょっとありがたいネタなのです。
薄暗い場所で水面を照らしたり、海に向かって堂々とライトをつけてリグ交換する等の行為は、釣り場で嫌われます。心当たりのあるビギナーさんは、気をつけましょうね。これもひとつのマナーですよん。

関連記事
メバルには見えない!? レッドライトを紹介




先日ルアー合衆国で放送されたメバリングの動画が、youtubeにアップされているのでご紹介。
今回の内容は、プラグオンリーでデイからナイトまで釣ってみましょうと言うもの。瀬戸内がホームの僕にしてみれば、デイメバルの主役はワームかカブラってイメージがあるんですが、実は小型のバイブレーションでも釣れてしまうのに少々ビックリ。 またロケ当日はかなり風が強く、こんな状況下でも風裏とプラグを使えば釣りが成立するんだなぁと感心しちゃいました。
ま、僕は8m以上の強風が吹くときは行きませんけどね~!




スポンサードリンク

スポンサードリンク



ティムコから、今までにない発想のキャロシンカーがリリースされるようなんで、アジングが大好きなみんなにご報告。
今回紹介する「クオータームーン・システムアジングシンカー」は、球状のウェイトをお好みで入れ替え、自由自在にセッティングが変更できるユニークなアイテム。ケース状の本体に複数のウェイト玉をはめ込み、水平フォールタイプや、フロントヘビー仕様など、その場でラインを切ることなく臨機応変に変更できるのが最大の魅力。個人的に面白いと思ったのが、飛距離重視の重心移動タイプ。今まで有りそうでなかった重心移動式シンカーが、お手軽にできちゃうってのがなんとも嬉しい逸品です。
ボール状のシンカーなんで、すぐ無くしそうでちょっと心配ですが、ボールベアリングには「6mm」ってサイズがあるし、BB弾だって同サイズ。ってことは、後は言わなくてもわかりますな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


いよいよ発売となったSキャリーですが、今までにない発想で開発されたリグなので、使い方がイマイチ分からないという方が多いとか。今回はそんなニューアイテムの基本的な使い方を開発者である家邊さんが 伝授。せっかくの釣果倍増お助けアイテムも、ちゃんとした使い方を理解していないと、ただぶら下がっているだけの邪魔な存在になりかねません。そこんとこをしっかりと確認して、実釣に役立ててくださいませ。また別ブログで、Sキャリーにまつわるちょっぴり便利な小技も披露していますので、このリグに興味のある方はどんぞ。


関連サイト
Natural Drift Ⅱ in Shizuoka Sキャリーの可能性♪


関連記事
開発者が語る ウキ系リグ Sキャリーの使い方



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

レオンさんとこのブログに、メタルマルのチューニングについてのエントリーがアップされているのでご紹介。
魚種限定解除アイテムとして知られるメタルマルですが、元々はライトゲーム用のルアーですね。しかし、蓋を開けてみるとその威力は開発者やメーカーの予想をはるかに上回り、思わぬビッグターゲットがヒットする脅威のメタル系ルアーだったワケです。そこで今回はそんなメタルマルの強度アップのお話です。デッカイ魚にやられちゃってる人は、是非参考にしましょう!
とくに注目して欲しいのが、レオンさんの記事中に紹介されている動画。僕らライトゲーマーがデカイ魚と対峙する際に陥りがちな「落とし穴」についての大事なお話が収録されています。本来はメタルマルの大物対策についての動画ですが、全編を通してタックルバランスの重要性について教えてくれているので、小物から大物までをも相手にする海のアングラー必見の内容になっております。一見単純なパーツで構成されているルアーや、魚のパワーに合わせただけのようなロッドでも実は繊細で緻密な計算やバランスで成り立っているもんなんですな。ついつい大きな獲物を相手にする際、魚種や魚の大きさだけに注目してタックルの強さを選んでしまいがちですが、実は使うルアーやリグにタックルを合わせる方が重要なんですね。一度頭をリセットして、使うリグ前提でタックルバランスやセッティングについて考え直してみましょう!

関連サイト
加来匠・メタルマルゲーム最強マニュアル
レオン メタルマル VS サワラ
レオン メタルマル VS ハマチ.mov

関連記事
メタルマルの魚種限定解除の秘密にせまる
根魚にも効く! メタルマルの使い方講座



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]