Friday, October 19, 2018


どんな魚でもそうですが、水が動いていない状態だと反応が悪く、総じて活性が低い。この水流こそが釣りの勘所なワケでして、それをいかに読み、感じ、攻略していくかによって釣果が違ってきます。エサにしてもルアーにしてもそうですが、この流れを上手く利用して自然にリグやルアーを魚たちの目の前にアプローチ出来ればしめたもの。あとは魚の本能に任せるのみ。って文章にすれば至って簡単ですが、実際に流れのあるエリアで釣りをするとなるとコレが意外に難しく、慣れていないとリグやルアーがどんな状態にあるのか把握できません。今回は流れに上手く乗せた時、同調させた時に、どの様にそれが手元に伝わるのかってコトが書かれている34スタッフブログを紹介致します。
つーか、「考えるな、感じろ ~ Don't think, feel. 」ってことなワケです。


関連記事
スプールから出るラインで潮流の変化を探す小技
ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう
アジを見つけるための「レンジと潮目の関係」

 






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


すでにご存知の方も多いかと思いますが、レオンさんとこのブログLureNewsのアジング動画を1本に編集したモノがアップされているのでご紹介。
LureNewsの動画ってのはブツ切りが多くて再生に手間が掛かり、イラッとすることって結構あるんですな。僕みたいに他人様のアップしたモノをコピペして記事にしちゃう横着な人には、すごく厄介なシロモノでして、ホントなんとかして欲しいです(笑)って個人的なことは置いといて、この動画はデイでの超フィネスなアジングからメタルバイブを使用した釣り、ワインドでシェード打ちなんかを解説。日中でもデッカイ奴を仕留めることが可能ってことを、バッチリと証明してくれているので、特にデイゲームファンは要チェックですよん。
上の画像のリンクの他に、コチラにも動画がアップされているので、お見逃し無きよう。


関連記事
ブリーデン 大阪FSセミナーが続々とアップ
レオンさんブログのお役立ちQ&A Vol.1~3追加


スポンサードリンク

スポンサードリンク



新型リールといえば、当サイトでは既にお馴染みとなったいまたろうさんとこのブログ。今回もまたまた注目の「12 ルビアス」のインプレッションを早速アップしてくれちゃっているので、皆さんにご紹介。本エントリーでは「11 カルディア」、「12 レアニウム」「11 ツインパワー」とのスペックがひと目で分かるように表にされており、それぞれの重量やベアリングの数、価格や生産国までをも比較しています。また気になるイグジストとの違いや、巻き心地も解説。お約束の動画も掲載されているので、リール選びに迷われている方は是非ご覧になって下さい。


関連記事
いまたろうさんのインプレ関係記事はコチラ




アングリングソルト動画より、お馴染みアジングマイスターの家邊さんの解説ムービーを紹介。
今回の動画はデイのアジングから始まり、シケた後にリフレッシュされた漁港からスタート。このような状況下では、アジがどのようにしてベイトを捕食するのか、狙うべき場所は何処なのか、大型が釣れるタイミングは何時なのかをサラリと紹介。その後とっぷりと日は暮れて、浅場のサーフでのナイトゲームに突入。ここでボトムに潜む大型に効く、ひとつのメソッドを解説。全てのシチュエーションに効果的と言うワケではありませんが、「ひとつの引き出し」として覚えておいて損のないテクニックなので、アジングにハマっている方、釣果に悩んでいる方にオススメですよん。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


プロトの段階からお伝えしてきたアブガルシアのアジングロッド、「エラディケーター アジングカスタム」がいよいよ発売されるようなので皆さんにご報告です。
「エラディケーター メバルカスタム」の兄弟分であるこのロッドは、広島の釣具店サミットの店長であるけんぼうさんが開発を担当されたロッドです。さすが数多くの釣具を手にとっている人物が手掛けたロッドだけに、拘りが凝縮されたロッドに仕上がっているようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



レオンさんのミニマルを使ったクロダイゲームの動画が、アングリングソルト動画にアップされているのでご報告。
クロダイのボトムゲームと言えば、ワームを使ったものやプラグを用いたMリグ系の釣り方がありますが 、今回の動画はミニマルがメインの内容でして、各シチュエーションに合わせた釣り方を解説しています。この動画では一般的なボトムトレースの釣り方から、スイミング、アクション&フォールを織り交ぜた方法を伝授。また、河川で釣りをする際のポイントや、ベイトタックルのコツも教えてくれちゃってますんで、これからベイトタックルに挑戦したいって方にもオススメでやんす。


【ブリーデン】ミニマル50[メール便:3](アジング/メバリング)
by カエレバ


関連記事
名店が教えるミニマルのブレードチューン
釣れる不思議系プラグminimaruの水中動画
レオン流 ワインド&プラグテクを動画で伝授
ミニマルのシークレットカラー&アクションを紹介
激しくロッドを振り下ろすミニマル新釣法とは?





軽量なリグやルアーを使用する釣りや、ラインやロッドティップの動きでアタリを見極めるような繊細な釣りの敵と言えば、「風」ですね。
しかし、おなじ風でも釣りを有利にしてくれるヤツもあれば、単に鬱陶しい存在である場合もあるから、ちと厄介。
マクロな視点で見れば、よほど強い風でなければ味方になる場合が多く、その辺のことに関してはコチラコチラにヒントが書かれているので、レベルアップしたい方はご覧になられてくださいませ。
要するに風向きに対応したポイント選びが重要なんですな。
んで、やっぱり有利に働いてくれている風向きでも、無風時よりは釣り難いもので、そんな状況下で「いったいどーしたら釣りやすいのさ!?」って疑問に答えてくれるのが、今回の家邊さんのエントリーなんですな。風が強い方が良く釣れるってことも結構あるんで、めげずにポイントに通ってくださいませ。


関連記事
季節風と満月アジング
家邊克己が爆風時のアジング攻略法を伝授
アジを見つけるための「レンジと潮目の関係」
ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう
3時間毎、33時間後までの風波予報サービス




キジハタ(アコウ)攻略のカギとなる、ポッキンさんのテキサスリグ解説ムービーが、アングリングソルト動画にアップされているのでご紹介。
動画中ではシンカー固定型と遊動型の2タイプのテキサスリグをメインに、それぞれの違いや使い分けを解説。また根掛かり対策として覚えておきたいフックの結び方や、ビーズカラーのチョイス法なども網羅されているので幻ハンター候補生の諸君は必見の内容となっています。もちろん、ここで解説されているモノはロックフィッシュ狙い全般に通用する事柄ですので、東北&北陸そして北海道までの「北のロックハンター」にもオススメの動画なのです!

関連記事
Pockinさんのアコウ攻略動画なのです。
マルチベイトを意識して狙う夏のキジハタゲーム
テンポ良く「幻」を引き摺り出すロックワインド!
ラバージグでキジハタを狙う「キジラバ」
ちょっとした工夫でロックゲームの根掛かり回避




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー




アングリングソルト動画より、ラグゼアルカジックジャパンで活躍中の藤原慎一郎さんのアジング動画の紹介です。
本日のお題目は、フロートリグを使用したシャローポイントのアジング。シャローといえば、実はやる気満々の魚たちが回遊してくる美味しいスポット。サーフエリアやゴロタの浅場なんかは意外と釣りをするライバルなんかも居らず、快適に楽しめちゃう穴場的スポット。運が良ければ良型が連発したり、思わぬビッグワンとの遭遇も夢ではないんですな。狙い目としては沖にドン深ブレイクなんかがある場所がオススメです。ってなワケでこの動画の見所は、リグの操作からアクションの入れ方、アタリの出方やアワセについて簡潔にまとめられているところであります。フロートリグは今ひとつ苦手って方は、こちらの動画をご覧になられたら如何でしょうか?



関連サイト
アルカジックジャパン  ぶっ飛びRocker /藤原真一郎
アルカジックジャパン  ぶっ飛びRocker/山城 剛


関連記事
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ
デカアジ狙撃アイテム「シモリ玉リグ」とは?




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



アジングやメバリング用のロッドよろしく、繊細で高感度なアンテナを持っているアングラーさん達は既にご存知かと思いますが、恥ずかしながらベイトリールに疎い僕は「エクスセンスDC」の文字を目にした時、正直「???」って感じでした(笑)  そして慌てて検索して初めてシマノがこの秋にリリースするシーバス用のベイトリールだってことを知ったワケです。「ライトゲームの情報サイトです」って謳ってる割には、超へなちょこで申し訳ございません。閑話休題。ってなことで、そんな発売間近の最先端なベイトリールのインプレッションを、ポッキンさんがアップしているのでご紹介。一応シーバスゲーム向けのアイテムらしいんですが、その辺はさすが幻ハンターらしく、デカロックフィッシャー視点でインプレされています。今後を見据えてちょっと良いベイトリールを物色中の方はチェックされてみては如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



アングラーズリパブリック
のライトゲーム用ロッド「ピンウィール」がモデルチェンジして発売されます。
今回のモデルチェンジはアジング用、メバリング用の各ゲーム専用モデルをリリース。生まれ変わったピンウィールはアジ、メバルのそれぞれシチュエーションやリグに応じた7モデルが用意されており、使用されている素材も最新のものがチョイスされています。それぞれの詳しい解説はオフィシャルページを見て頂くとして、まずは先行発売されるアジングモデルの特徴をテスターである沼田さんのインプレでご確認くださいませ。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


アングラーのためのデジカメ選び 2012

Posted by tomoshow On 9月 - 15 - 2012 ADD COMMENTS

夏も終わりを告げ秋に突入している今日この頃、ちょっと「タイミング的に遅いだろ…」って話題なんですが、去年も、そして一昨年もやっていたネタなんで一応今年も(笑)
基本的に外で使うアイテムってのは、カメラにしても携帯やスマホ、時計なんかも防水機能が付いるのが当たり前だと思っとります。もちろん防水機能が標準装備されていないモノも多数存在しますが、それは道具として認めないのが僕の道具選び。特にアウトドアで遊ぶ人達にとってはすごく重要なことでして、不意の落下や落水なんかで簡単に壊れてもらっちゃ困るワケです。ちなみに現在、僕がお魚写真用に愛用しているのは、カシオのガラケー「G'zOne Type-X」。カメラの腕も知識を持ってない僕にはコレで十分。っていうか農作業時に田んぼに落として翌日救出したんですが、全く問題なく全ての機能が普通に使えたのには感動しました。可愛いヤツです。はい。
それではメモリアルフィッシュをバッチリ撮るための「2012年度 アングラーのためのデジカメ選び」をどんぞ。釣りブロガーのアナタも必見ですよ~!


NAVERまとめ 2012年夏、各カメラメーカー最新防水デジカメ

価格.com  防水機能付きデジタルカメラ ピックアップ

水中写真ためのデジタルカメラ比較

IT media  夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(前編)
夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(中編)
夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(後編)
夏フェスや海山 持っていきたい「アウトドアデジカメ」の選び方 




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


以前からちょこちょこ紹介しているアブガルシアのニューロッド「エラディケーター シリーズ」。そのメバル用である「メバルカスタム」の製品ページが、オフィシャルサイトに追加されたのでご紹介。このロッドの開発にはオヌマンこと小沼正弥さんが関わっており、開発に3年という月日が掛けられた逸品だそうで、「手のひらにも満たないメバルも全てフッキングに持ち込めないと気が済まない」という氏のコダワリが凝縮された製品なんだとか。ちなみに「エラディケーター」とは「根絶する者」という意味だそうで、その名前からもこのロッドのキャラクターが伺えますな。ちょっと物騒なネーミングですが、あくまでもイメージなんで小沼さんのコダワリ共々、勘違いなされぬように(笑)
ちなみに製品の画像は、ゲンキマンさんとこのブログ「八武海」からお借りしております。こちらもエラディケーターの記事ですので、ご覧になられてくださいな。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



キスのルアーゲームってやつはエサ釣り感が非常に強い釣りでして、ルアーフィッシングオンリーでやってきた方はちょっと戸惑うのかも知れません。実際この僕も今回紹介する動画を見て初めて知ったことが結構ありまして、「チョイ投げ」とは言えちょっとナメていた部分があったことを反省しております。キス釣りを長いこと楽しんでいる方には物足りない内容かと思いますが、これから始める方や、なんとなくチョイ投げしちゃってる方に見てもらいたい動画です。良型キスが潜んでいる場所や、ポイントの解説、キャスト法、ロッドのさばき方等も解説しているので是非!
キスゲー経験者も新たな発見があるかも知れませんよ~。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



アジやメバルで釣果を上げるためのコツとして、「変化」を見つけるってのがあります。まぁ一言で「変化」といってもいろんなモノがありますが、今回ピックアップする話題の「変化」はズバリ「潮流」です。基本的に海の魚釣りってヤツは「潮」が命でして、これが動いていないことにはお話になりません。潮が動く日でも、潮が緩い日でもこの潮流の変化を見つけることさえ出来ればこっちのもの。じゃあどうやって探せば良いのさ?って疑問にお答えするのが、本日紹介致します34スタッフブログなんであります。潮の流れや変化の探し方も人それぞれあるかと思いますが、暗闇の中でそれを判断するのは結構しんどいもんです。で、ラインに触れるというこの方法は、視覚に頼ること無くできる方法ですので、覚えておいて損はないかと。


関連記事
泳層? 捕食レンジ? レンジの重要性を考察
アジングにおける「レンジとフィネス」の考え方
アジを見つけるための「レンジと潮目の関係」
アジを見つけるサーチアクションを身につけよう





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングの基本リグと言えばジグヘッド単体かキャロ系で、メバリングであればジグヘッドもしくはプラグってのが、今も変わらぬスタンダードな釣り方ですね。逆にその存在を意識しつつもあまり使われず、また積極的に使っている方も少ないのがメタルジグ。
いろんなターゲットに有効なのが証明されているはずなんですが、なぜか陰の薄いルアーってイメージがあるのは僕だけでしょうか?
そんなメタルジグでも使い方さえ分かれば強い武器になるそうで、とくにベテランアングラーほど好んで使っているって方が多い気がします。
今回はそんなメタルジグに光を当てたエントリーが献上さんとこのブログにアップされているのでご紹介。
基本的なアクションのさせ方やフォールの速度を落とすため工夫、そして効果がありそうなアイデアまで解説されているので、メタルジグに興味のある方はどんぞ。


オーナー針 MF−30G メバジグフック S 11700
by カエレバ

関連記事
メバジギ名手の必殺技・ツーチョンメソッドとは
ワーミングでジグの動きを~NEWメソッドの発見~





アジングやメバリングのポイントとしてまず最初に考えつくのは、灯りのついた漁港や港湾施設だと思います。そしてちょっと経験を積んだアングラーさん達は地磯やサーフへと足を向けていることと思います。しかし、昨今のライトゲーム流行りで意中の釣り場が満員だったり、先行者が居たりと、なかなか思うように釣りができないって場面に遭遇することもあると思います。そんな時はスイッチを切り替えてこんな場所で楽しむのもまた一興かと。そしてさらに未だにあまり知られていないのか、美味しい思いができるポイントが実は存在しています。その場所はズバリ「河口」。そのあたりを教えてくれているのが、今回紹介する家邊さんのエントリー。一般的にアジやメバルが河口で釣れるということは浸透して居ないのか、人も少なく楽しめるポイントが多く存在します。なぜ河口が良いのかはコチラの2番目の動画で詳しく解説されているので、気になる方はチェックしてみてください。河口でのライトゲームはゲストであるスズキやクロダイなんかもいるので飽きることがありません。そしても盲点がもうひとつ。実はアオリイカなんかも濃い目の汽水域では釣れちゃうんですな。釣り場の選択にに迷ったら、一度河口付近をチェックしてみるのも面白いですよ~。
でも、なんか河アジって美味しくないのよね…。 そう感じるのは僕だけ?


関連記事
Google Mapで『釣り場を探す&調べる方法』
地味ながらも凄い! 国土地理院の「ウォッちず」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



以前から当サイトでもちょこちょこと紹介しているアブガルシアのライトゲームロッド「エラディケーター」。そのロッドの紹介がピュアフィッシングジャパンの公式ブログにアップされているのでご紹介。このロッドのアジングバージョンはけんぼうさんがテスターを務められており、その模様はブログに日々アップされているので、気になる方はチェックしてみてください。また、このエラディケーターのメバルロッドの方はというと、実はテスターがシーバス業界で知らない人は居ないであろう「小沼正弥さん」だっていうからビックリ。ほかにもこのロッドのこだわりパーツである「コルク」についても書かれたエントリーもあるので、気になっている方は合わせて読んでみてくださいな。


関連サイト
小沼正弥オフィシャルブログ 「職業釣り師」 

関連記事
アブガルシア キス用ルアーロッドを動画で解説
チョイ投げ竿「KR-Xキスゲーム」を開発者が解説
武田さんが「KR-X黒鯛」とチヌゲーテクを解説




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー




独自の商品展開で他メーカーにはない製品を世に送り出しているオーシャンルーラー。そんなメーカーからリリースされているジグヘッドもやはり個性的で、クレイジグ波動クレイジグ波動DEEPあたりは結構面白そうなアイテムでして、ライトリガーとしてちょっとソソられるアイテムなんであります。そしてこの度発売される新型ジグヘッドはレンジキープ力に優れていそうなジグヘッドでして、単体でもキャロでも使えるオーソドックスなモノ。しかし、そこはオーシャンルーラーらしく、機能的な面もしっかりと盛り込まれているジグヘッドなのであります。
名前に「レンジキープ」ってあるからには、商品説明にそのことをしっかりと明記した方が良いと思うんだけどなぁ。


関連記事
岩崎林太郎 必殺リグ「タコリグ」を紹介
岩崎林太郎:ミニチクの秘密
金丸流「フォール中に確実にバイトをとるコツ」



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]