Friday, October 19, 2018

メバル業界屈指の尺メバルハンターである岩崎さんとこのブログに、とってもスペシャルなロッドの話題がアップされているのでご紹介です。そのスペシャルなロッドの正体は、なんと岩崎さん本人が信頼するロッドビルダーさんと作り上げた「対尺メバル用のエキスパートモデル」。どうやら岩崎さんの求める要望の数々を散りばめた珠玉のロッドの出来栄えは上々のようで、ブログの記事からもお互いの自信のほどがうかがえます。市場に出回っている「尺メバル用」と謳われるロッドの不満点を克服したというこのロッド、使い手やシチュエーションを選ぶかもしれませんが、尺を知り尽くしたアングラーが作った名刀はきっとコアなアングラーを虜にする魅力に溢れているのでしょう。
※完全受注生産ということなので、予約はお早めに!


関連サイト
蒼く光る右膝 Serendipity




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ポッキンさんとこのブログに新リグ「トルネードアンダー」の紹介がアップされているのでご報告。

動画がアップされていたのは知っていたんですが、その使い方や釣り方が紹介されていなかったのでスルーしちゃってました。すいません。おそらくアングリングソルトの誌面には詳しく載っているかと思うので、釣り方等を知りたい方はソチラをご覧下さい。どうやらこの「トルネードアンダー」というリグはポッキンさん考案の「PDシステム」の進化バージョンのようで、改良が加えられたスゴイ仕掛けのようです。また動画内では藻場を攻める「スプリットパンチャー」というリグもちょこっと紹介されているので興味の有る方は是非。


関連記事

ポッキンさん関係の記事はコチラ

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

以前コチラで紹介した岩崎林太郎さんが考案したメバルリグ「タコリグ」。その実釣シーンを収録したアングリングソルト動画がアップされているのでご紹介。今回の動画は、通常のフロート系リグよりも長さのあるタコリグのキャスト法や、操作する上での注意点が解説されています。また「誰が使っても簡単に釣れる!」と言うだけあって、投げて巻くだけでソコソコのサイズが釣れてしまう様子は圧巻。ここんとこフロート系のリグで美味しい思いをしている方々をネットでちょこちょこ見かけます。ちょっとリグるのが面倒ですが、やっぱり基本的に「釣れる」仕掛けなんですなぁ。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



日々ネットの大海で情報収集しているネットサーファーなら、知らない人は無いであろう超メジャーサイト「GIGAZINE」。およそ釣りとはかけ離れたサイトさんですが、実はアウトドア関係や便利グッズのレビューなんかもたまにやってくれちゃったりするんでちょこちょこ拝見しています。今回のエントリーはちょいと前の記事ですが、よくよく考えたら結構使えるかも!って思い出したのでピックアップしてみました。
例えばちょっとした磯場や河口付近で油断してクツが濡れちゃったとか、船が来て足に波がっ!とか結構ありますよね? はじめから長靴履いてれば良いんですが、意外と履きにくいから嫌なんですよねぇ。そんな時にこの靴下を履いていたら気にせずに釣りに集中できるし、ちょっとした雨の日の外出、とくに通勤なんかにも良いかなと思うんですね。足や靴の中が濡れるってのは思いのほか不快なもんで、冬場だったら目も当てられないアクシデント。ちょいとお値段が張るアイテムですが、試してみる価値がありそうな商品でもあります。
なので、誰か買ったらインプレお願いします。(←他力本願)


関連サイト
たき火でスマートフォンを充電できる「BioLite CampStove」

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

カルディアKIXで学ぶリールのメンテ法

Posted by tomoshow On 3月 - 27 - 2012 ADD COMMENTS

長いこと使ってるカルディアKIXがゴリゴリしてきたのでメンテに出そうかと思ったんですが、高くなると痛いうえに待たされるのがイヤなのでメンテ法を検索。したところ、分かりやく丁寧にメンテナンス方法を教えてくれているだいぞうさんとこのHPに辿り着いたので皆さんにご紹介。カルディアKIXと言えば発売当初は人気もあって、使ってる人も多かった記憶があるんですが今となっては旧タイプのリール。しかし、オークションでは今だに頻繁に取引されているし、まだ現役で使ってる方も居らっしゃると思うので、最新機を持ってらっしゃる方はご勘弁を。またリールのメンテにチャレンジしてみようって考えている、メンテビギナーの方のお役に立つかな?なんて思っています。まぁ、僕もメンテナンスは初心者なんですがね(笑)
スプールも3つ持ってるし、これであと5年は戦えるな!


タックルメンテナンスの基礎知識(2)
by カエレバ

関連記事
中古リールを選ぶ際の注意点を動画で紹介
誰でもできる、リールメンテナンス基礎編
イグジストHCのオーバーホール
ついついメンテしたくなるリール専用ツールたち




国際フィッシングショー2012のデュエルブースに展示されたソルト系ルアーとエギの解説をしている動画をドドーンと一挙に紹介。
各動画で解説しているのは、いずれもその道の名手たち。シーバスからGT、イカや怪魚までをも魅了するハードコアシリーズの新作やプロト等、各アイテムの魅力や使い方を紹介。個人的に注目しているアイテムはEZ-QEZ-Q CAST。今までとちょっと違ったエギングが楽しめそうで要チェック。また、シーバス系ルアーが結構多いので、シーバスゲームを嗜むアングラーさんなら、観て損のない動画かと思いますよん。
















※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

メーカーサイドでは「淡水専用」とあるので、正直僕んとこで扱うのはどうかなぁ?って思ってたんですが、村田基さんが「海水での仕様も問題ありません」と言ってたらしいので思い切って取り上げてみました。ソルト業界でも徐々にベイトタックルに注目集まってきているので、気になっている方も多いはずですし、たとえ「淡水専用」でも使っちゃう人は使っちゃいますからね(笑)
てなワケで異彩を放つ銀ピカボディが印象的なこのリール、実に14年ぶりのフルモデルチェンジということで 最新機構を引っ下げて堂々のカムバックです。この近未来デザインは好みがハッキリと分かれるとは思いますが、大切なのはその性能。村田さん曰く「世界一飛んで、世界一滑らかで、世界一パワーがある。そんな世界一のリール」ということなんで、その性能たるやスゴイんだと思います。ベイトタックルファンは「日本一分かりやすく、日本一見やすく、日本一まとまっているインプレ」が得意ないまたろうさんとこのブログでチェック!
ちなみにコチラでインプレにアップされていないアンタレス内部の動画が見られますよん。


関連サイト
シマノ NEWアンタレス
潮来釣具センター 村田基オフィシャルサイト カフェフィッシング
LureNews動画 ロボ奥田がNEWアンタレスを語る
LureNews動画 NEWアンタレス-村田基ナマ解説
大阪FS村田基Newアンタレス説明1/2
大阪FS村田基Newアンタレス説明2/2

関連記事
いまたろうさんのインプレ関係記事はコチラ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

先日コチラでお伝えした、中古リールの購入のポイント。今回はもっと身近なタックル、「中古ルアー」の購入のポイントをアップされているばんぱくさんとこのブログをご紹介。
僕達アングラーが一番大好きなタックルと言えば、ルアーだと思うんですね。 誰だって釣具屋に行けば頭の中は妄想だらけで、「あのプラグで次はあーしてやろう、こーしてやろう」、「これってあんな使い方すっと面白いんじゃん?」、「やべぇ、色違いどーしよ! 釣れそう!」とか考えてるワケです。そして気が付いたらレジに行き、予定よりも大幅にお支払いしてるって感じではないかと(笑) そんな買い物をしてると財布は軽いままで、すきま風がピューピューです。ルアーったって1000円以上するのが当たり前の世の中、中古市場に足が向くのは自然の摂理ですね。そんな庶民の味方である中古ショップも、油断していると粗悪な品がチラホラと…。そんな間違ったお買い物を避けるために、最低限の事柄はチェックしておきましょうね!
※画像はイメージです。

関連記事
知る人ぞ知る名品「プライアル ファーストルアーシリーズ」
『ばんぱく流正しい? チープルアー運用方法』
ひと手間でルアーの輝きを長持ちさせちゃおう

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アングリングソルトの動画から武田栄さんのチヌ系ムービーの紹介です。
前半はクロダイのヒットからランディングまでのシーンと、ヒットパターンの解説になっています。後半部分ではピュアフィッシングジャパンと開発している3本のクロダイ専用ロッドやルアーの紹介です。個人的に後半部分のほうがこの動画のウリなんじゃないかと思っちゃうんですが(笑) クロダイ大好きで自らブランドを立ち上げて、ロッドを販売する武田さんが携わるチヌ竿って楽しみですね。クロダイをポッパーで狙う「チヌトッパー」な僕ちゃんは、ミノーの操作に重点をおいたモデルが気になります。ちなみに発売は5月だそうですよ~





スポンサードリンク

スポンサードリンク


アングリングソルトの動画からレオンさんのメバリング動画の紹介です。
今回の動画はワインド編とプラッキング編に分かれていて、それぞれのテクニックの重要ポイントが分かりやす解説されています。ワインド編ではデイゲームとナイトゲームでの操作の違いや、ボトム付近でのワインドのキモを紹介。プラッキング編ではロケ当日の状況からサブサーフェスの釣りがメイン。いわゆるアミパターンでのプラグの釣りを解説、クリアとラメの効いたルアーの有効性がわかります。動画の後半ではメバリングの魅力についてと、撮影時のパターンを説明しています。どちらもメバリングを味わい尽くすために、覚えておいて損のないテクニックですよ~!




スポンサードリンク

スポンサードリンク



アングリングソルトの動画から、じょーじ山本さんのメバリング解説動画の紹介です。
前半はシャローエリアでのプラッキングや、魚の付き場についての説明がメインになっています。なかでも興味深かったのが、魚を釣るにはまず「明かりありきなのか、潮通しありきなのか」というお話。ここら辺にメバリングやアジングの釣果を左右するキーポイントがあるんですな。後半はテトラ帯での実釣の様子を収録。テトラポットの足元やシェード部分、またその周辺のグッドサイズを狙っています。

スポンサードリンク




スポンサードリンク

スポンサードリンク

釣りって趣味は金を掛けようと思えばいくらでも掛けられるし、節約しようと思えばそれなりにできちゃう道楽。それでもやっぱり道具にこだわっちゃうのは男の性(さが)か、アングラーとしての習性なのか。まぁ、どっちにしたって大なり小なり釣り道具にはお金がかかるモンでして、お小遣いを削られているサラリーマンアングラーには、ちと切ない社会情勢。最近では学生の仕送り金額なんかも減ってきているらしく、新品のタックルなんてそうそう買えないお父さんや学生さんも居らっしゃるワケなんですな。もちろん独身貴族なんてのも珍しくなってきている世の中であります。そんな人達の強い味方になるのが中古市場で、オークションやらタックルベリーなんかでお買い物する人も多いかと思うんですね。欲しかったタックルを友人知人から譲って貰えるなら安心ですが、見ず知らずの人が使っていたタックルに手を出すのはギャンブルみたいなもの。今回は中古リールを購入する際に気を付けたいポイントを解説した、ありがた~い動画の紹介でっす!





関連記事
誰でもできる、リールメンテナンス基礎編
イグジストHCのオーバーホール
ついついメンテしたくなるリール専用ツールたち





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

この時期のメバリングはプラグでの釣果が抜群に良いようで、各地ではプラッキングで美味しい思いをしている方多数って感じのようですね。その理由はいろいろあるようでして、ひとつの要因としてはベイトの存在があげられます。ひとくちにベイトといっても小魚系もあれば子イカもいる、エビ系もいれば、アミだっているワケです。メバルプラッキングのキモはその辺で、捕食しているベイトの形やサイズをあわせるだけでなく、捕食しているシチュエーションまでマッチさせなきゃならない時もあるみたいなんですな。そこが面白難しく、この釣りにハマり込む原因でもあるんですね。んで、今回紹介するのはゴールデンミーンのテスターを務める加地さんとこのブログでして、バチを捕食しているメバルをシンキングペンシルで攻略しちゃおうってお話です。紹介されているテクニックはメバルのみならず、スズキにも効果的なんでバチ抜けシーズンなんかにも試してみてくださいな~。
あんまり関係ない話ですが、南国サモアの人たちにとっては年に一度のご馳走だそうですよ。
チャレンジャーは是非(笑)


●エバーグリーン EVERGREEN コルセア65 (シンキング) 【メール便配送可】 【ts05】
by カエレバ

関連記事
加地武郎が伝授する磯の尺メバルタクティクス




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

基本的にメンテナンスが苦手な「ものぐさアングラー」の代表格である僕ですが、こんな道具が手元にあったらメンテナンスも楽しく出来るんだろうなぁと思ったのでエントリー。
今回紹介するツールたちはリールのチューンで知られるヘッジホッグスタジオ の製品で、さすがコダワリのショップだけに工具類もなかなかの逸品揃い。精度の高いレンチやドライバー、さらにベアリングの状態をチェックするアイテムや細かい箇所にグリスをさす専用ツール等をラインナップ。メンテ好きなら思わず欲しくなる工具が販売されています。
各工具の詳細は以下リンクから~♪ (リンク先の「詳細」で詳しく説明されてますよん)

●ヘッジホッグスタジオ アルケミーオイル ミディアムライト(中粘度)
by カエレバ

スプールベアリングリムーバ
スプールシャフトピン
ベアリングチェックツール
トラストレンチ
ニードルグリスディスペンサ
ベアリングストッパーリング
調整ワッシャー(シム)
PBスイス/工具

関連サイト
ISO FACTORY







「お~、おぉ~、おおお~!」って思わず声が出ちゃった動画を勢いで紹介です(笑)
メバリングやアジングをしてて、予期せぬ大物を掛けちゃった経験が皆さんにもあるかと思います。 ライトタックルでヒットする魚の王道と言えばスズキですよね?  今回紹介する動画は、それとはちょっと違うかもしれませんが、感覚的におんなじかなぁなんて思うんですね。シーバスタックルでブリが掛かっちゃたよ的な嬉しいハプニングですね。アングラーはメジャークラフトの広瀬さんで、ヒットからランディングまでの一部始終が収められています!
観ているこっちまで腕がダルくなりそうな動画を、是非ご堪能下さい(笑)


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


おそらく僕のサイトに遊びに来てくれている皆さんは「釣って楽しく、食べて美味しい」釣りをされている方が多いかと思います。魚屋さんやスーパーに並んでいる魚もそれはそれで美味しいモノもありますが、僕らアングラーが口にするものはその数倍も鮮度が良く、美味しさも比べ物にならないくらいです。いわゆる「釣り人の特権」ってヤツですな。しかし、ただ釣った魚をそのままクーラーにポンでは、本当に美味しい魚にはありつけないワケでして、多少手間でも絞めて血を抜くぐらいはやるべきかと。僕自身、刺身が大好きなんで釣った魚の絞め方や保存には気を使っているんですが、今回「そうなんだっ!」って記述のある話題を見つけたのご紹介。お魚さんは絞めて、血抜きしてキンキンに冷やすだけではダメなんですな…。
キーワードは「死後硬直」、以下リンクを読めば美味さ倍増、間違いなし!?


「℃」をめぐる魚と研究者のものがたり

魚のしめ方と神経抜き

魚の保存の仕方


スポンサードリンク



関連記事
絞め道具関連の記事はコチラ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ライトゲームの発信地と言っても過言ではない広島。そんなアジングやメバリングが盛んな地域の釣りウマたちのブログに度々登場するメタルジグの達人「岩佐さん」。実はこの方コチラでオリジナルのメタルジグを製作販売しておられる方で、メタルジグオンリーでメバルをボコボコ釣ってしまうほどの腕の持ち主。僕はメタル系の釣りってヤツは大の苦手で、全く手を出すことはないんですね。しかし、今年はちょっと興味が湧いてきて手を出してみようかと思っています。んで、以前より「岩佐さんってどんな釣り方してるんだろう?」と思っていたのですが、なかなか釣り方に関する記事を見つけられなかったんですね。そこでようやく「ツーチョンメソッド」なる釣り方が載っているアングルの特集記事を発見できたので、皆さんにもご紹介です。
と、思ったらコチラの記事内でりゅうさんが紹介されていましたね(笑)
なかなか楽しい記事ですので、合わせてご覧下さいませ。
※画像は岩佐さんのブログからお借りしています。

スポンサードリンク



【ブリス】海楽疑似餌 メバジーFW 2g/4g[ネコポス:3]
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


メバルロッドなどのライトロッドで楽しめる釣りの中でも、結構なファイトで楽しませてくれるターゲットとして「ヒラセイゴ」が居ます。僕の住む瀬戸内ではお目にかかれない魚なんで、たまに日本海方面まで釣りに行きますが、コレが思うように釣れません(笑)  ガッツリと通える距離ならば攻略法を見出すことが出来るのかもしれませんが、往復で200kmです。薄給の僕ちゃんにはムリです。そんな瀬戸内アングラー憧れのヒラセイゴ。釣って良し、食べて良しの「ギンギラギンにさりげない」あんちくしょうをゲットするためのハウツーが綴られている健太郎さんとこのブログをご紹介でございます。ヒラセイゴだけでなくメバルにも効くお話も書かれているので、メバルプラッガーも必見ですぞ~!
「セイゴ」だからと言って、ナメちゃあかんターゲットなんですな。
レオンさんとこのブログでも 紹介されてますんで、合わせて読むと釣果倍増!?

ヒラセイゴ その1
ヒラセイゴ その2



スポンサードリンク

スポンサードリンク

当サイトでもたまにベイトフィネスの話題を取り上げていますが、現場での生の情報を発信してくれているのが「ゆーすけさん」でありまして、またまた新たなベイトフィネスなお話をアップされているのでちょこっと紹介。
なにやら新しくロッドを作ってもらっている様子で、ベイトフィネスジャンキー度の高さが伺えるようになってきた「ゆーすけさん」。今回はそんな彼がチョイスしたリールやPEラインの使用感、選んだ理由等が綴られています。ご本人も書かれていますが、これからベイトフィネスを始められる方、興味のある方の参考になればと思います。
まだまだタックルも情報も限られていて敷居が高いイメージがありますが、 マンネリ化しつつあるライトゲームの世界に新風を起こす存在になる可能性を秘めている釣りだと思うんですね、個人的に。

関連記事
ベイトタックルの楽しみ方♪
ベイトで行く!! ~アジング編~



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

実釣に役立つテクニックをマメに発信してくれる34スタッフブログ。今回もまたアジングに効くテクニックを、分かりやすい解説図付きで説明されているのでご紹介。
基本的にアジはフォールに反応するケースが多いのは皆さん御存知の通り。本日紹介するテクニックもその性質を利用したモノで、アクション後のどの部分でアジがバイトしてくるのかが書かれています。アジングを始めたばかりの方は、どこでどんなアクション入れ、どのようなロッド操作をしたら良いのかが理解できることと思います。もちろんココに書かれている方法はほんの一例に過ぎないので、この方法に慣れてきたら自分なりのアレンジを加え、パターンを見つけていくのも楽しみのひとつ。あとはフィールドに繰り出して、自分なりの引き出しを増やしていってくださいませ。
以下の関連記事と合わせて読めばキャッチ率アップですよん。


関連記事
金丸流「フォール中に確実にバイトをとるコツ」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]