Friday, October 19, 2018

いよいよアジングマイスター家邊さんの立ち上げたブランド「34」が動き始めるようです。
製品情報のページは今のところありませんが、イベント情報やスタッフ紹介、ブログへのリンクとブランドコンセプトが閲覧可能になっています。また「アジングコラム」の連載もあるので、こちらの更新も楽しみですね。ちなみに気になる「34」の由来はコンセプトページに 書かれていますよ~。


関連サイト
バンナイズ


リンクして頂いているひろぽんさんがライトゲーム用のPEライン 「G-soul X3」のインプレを書かれていたのでご紹介。
またコチラの記事では 月下美人 月ノ響との比較についても触れられているので、ラインの巻き替えを考えておられる方は参考にされてみては如何でしょうか?


スポンサードリンク



関連記事
世代を超えての釣り
超簡単!超速FGノットの編み込み法を伝授!!


スポンサードリンク

常夜灯と水色とデカアジの習性とは?

Posted by tomoshow On 8月 - 28 - 2011 ADD COMMENTS

「水色」と「常夜灯の色」そして「アジの習性」について、お馴染みの家邊さんがブログで解説されています。
常夜灯の色による釣果の違いっていうのは非常に気になるもの。家邊さんもそこが気になって検証してみたことがあるらしく、その辺の興味深いお話が綴られています。また「明るさ」にちなんだアジの習性にも触れられているので、釣果に伸び悩むアングラー諸氏は参考にされると良いでしょう。


関連記事
マイスターの新作ジグヘッドとフォールスピード






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


パゴスのバンダナさんが、キジハタに有効なチューンを紹介されています。
こちらのリグはフックにブレードを追加をするというもので、波動とフラッシング効果で魚を魅了しちゃおうという作戦。僕もスピンテールジグを使って良型のカサゴを連発させた経験があるので、ブレード追加のチューンはかなり期待ができるんじゃないかと思ってます。
自作派で手先が器用な方はコチラの方法が良いかもです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク




先日の「鯵HEAD 電撃 D-Type」に引き続き「尺HEAD」のアクション動画がアップされています。
最早、説明不要な定番ジグヘッドとなっていますが、使ったことがない方、購入予定の方は参考にされては如何でしょうか? 通常のジグヘッドとは異なる脅威のダートアクションをご堪能ください。


【JAZZ】尺ヘッド D(ダート)タイプ ヘビーウエイト 7g/10g[メール便:4](アジング/メバリング/ジグヘッド)
by カエレバ


関連サイト
Jazz
Jazz公式ブログ



新規ブランド「34」を立ち上げる家邊さんがfimoの方でもブログを始められたのでご紹介。
以前から書かれているブログよりもコアな話題を 発信していくようなので、「アジング命」なコアアングラーさんは必見です。始めたばかりでまだ投稿数は少ないものの新作ジグヘッドの話題や、アジングのキモであるフォールスピードのお話などライトリガーのツボをついたネタを公開しておられます。
今後の展開が楽しみなブログが始まりましたね!

関連サイト
家邊克己のアジングプレゼンテーション

関連記事
アジングマイスターが開発中のロッドを紹介
水面下で進行する期待の「34」商品開発状況!?

前回のとおるチッチさんのエントリーの中で登場している「自作エコマイザーモドキ」、こんな方法もあったのか!と思わず関心しちゃったので改めてのご紹介。自作派にはお馴染みの「収縮チューブ」、これをリールのスプールに使用して下巻きの変わりにしちゃおうって視点が斬新ですな。僕みたいに放っておけばいくらでもボケーっとしていられる人間には思いつかないアイデアです(笑)  完全に分解できるスプールじゃなくても応用できる裏技かと思います。気になる方はレッツ チャレンジの方向で!

アジングマイスターの家邊さんが立ち上げるブランド「34」。その詳細は未だ不明のままで、なんともミステリアスで期待に胸が膨らんじゃう今日この頃。そんな期待のブランドのテスト状況を「fish with a lure」のりゅうさんが日記にアップしておられるのでご報告。ジグヘッドの開発状況や、テスト当日に3桁の釣果を叩き出したワームについてもサラリと触れられています。また近いうちに「34」のサイトも開設する可能性もあるとかで、ライトリガーとしては今後の展開が非常に楽しみなブランドの近況報告になっております。
でも、いったいなんで「34」 なんだろ?

関連記事
アジングマイスターが開発中のロッドを紹介
夏アジへ近づくのためのヒントとアプローチ

鯵HEAD 電撃 D-Typeのアクション動画公開

Posted by tomoshow On 8月 - 24 - 2011 ADD COMMENTS


先日お知らせしたJazzの「鯵HEAD 電撃 D Type」のアクション動画がyoutubeにアップさされています。
Jazzさんのオフィシャルブログ に書かれた情報によりますと、本来はメーカーHPにアップするための動画のようです。しかし、ファンの多いのJazz製のジグヘッドの話題となれば気になる方も多いはず。辛抱たまらんJazzファンの方は、ひと足お先にキレの良いダート映像を御覧ください。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


FGノットと聞くと面倒くさく難しいイメージを持つ方もいるかと思います。慣れれば普通に結束できるようになりますが、やはり手間が掛かりイライラすることもしばしば…。そんなFGノットのネガティブな部分を払拭する動画をとおるチッチさんがPEラインのインプレッションともに紹介されています。指に絡めたラインを捻りながら編み込んでいくノットですが、逆の発想で行えばアッという間に出来てしまうんですね!
驚くべきスピードで完成するFGノットをとくとご覧あれ!

関連記事
トーナメンター御用達「速攻8の字結び」を伝授
3.5ノットの強化版「サージェンスノット+ハーフヒッチノット」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



アジングマイスター知られる家邊さんが立ち上げたブランド「34」。その期待のニューブランドが放つロッドの詳細が徐々に明らかになってきました。画像こそアップされていないものの、現在開発中であるアジングロッドの話題がブログに掲載されています。今まで各地でアジを釣ってこられた家邊さんのこだわりが凝縮されたロッドのようで、「釣るアジング」と言うよりも「楽しむアジング」に注目した仕上がりになっているようです。アジングファンにとって目が離せないロッドであることは間違いありませんな!

関連記事
アジングマイスターのジグヘッド必釣講座
家邊克己の一歩上行く「アジング奥の手戦略」
アジングにおけるフォールの重要性とテクニック

先日キジハタ狙いのメソッドを伝授してくれたばかりのPockinさんが、またまた異なるアプローチでの攻略法をアップされています。今回はレバーブレーキのリールを使用した釣法で、いつもと違ったマニュアルチックな楽しみがプラスされた釣り方となっています。またテストを重ねてきた対デカロック用のロッド「スモ-キ-・ギブス73」も最終テストを終え、いよいよデビュー間近のようですよ~。ビッグロックフィッシュファンは心して待て!


関連記事
キジハタの関連記事はコチラ

プライアルのファーストルアーと言うと「はぁ?」って人と、「ああ、アレね!」って言う人と反応が分かれます。基本的に525円で買えるルアーでフックは貧弱、塗装もイマイチっぽいモノが多く、店内では売り場の隅に置かれているケースが多く見られる可哀想なルアー。そんなチープなイメージが強いアイテムですが、実はこれコーモランがリリースしているちゃんとしたブランドの釣れ筋ルアーなんです。僕も去年までコーモラン製とは知らなかったんですけど(笑)  そんな愛すべき庶民の味方的プラグをばんぱくさんが紹介しておられます。
個人的にはバイブレーションとペンシルがお気入り。ペンシルはクロダイのトップゲームでは1軍で、ファーストミノーの小型はメバルの実績ありですよん!


関連記事
『ばんぱく流正しい? チープルアー運用方法』

ネットでの活躍の舞台をfimoに移したばかりのPockinさんが、ピンポイントを狙いつつテンポ良くキジハタ(アコウ)を狙うメソッドを紹介しています。
通常キジハタを釣る場合は、テキサスリグを使うのが一般的。しかし今回アップされている方法は、ジグヘッド単体でピンを攻めるワインド釣法。具体的にどの部分をどのように狙えば良いかは、ブログ中で解説されているので参考にされてください。テキサスリグのようにじっくりと誘いながら探る釣りも楽しいですが、たまにはテンポ良くガンガン攻めていく釣りも気持ち良いですよね!


関連サイト
ライトリガーサプリメント 「DE-S」(旧ブログ)

関連記事
キジハタの関連記事はコチラ





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

釣り好きな皆さんにピッタリなアクセサリーを見つけたのでご紹介。今回紹介するアイテムは先の大震災で被災した岩手・宮城の三陸地区の復興プロジェクトの一環として作られているもの。実はこのミサンガ、漁師さんが使っている「漁網」を元に作られているそうで、被災地の女性たちがひとつひとつ丁寧に編んだオリジナル商品。売上はこのプロジェクトに関わる人達に支払われるので、気に入った方は購入&宣伝してあげてください。ちなみにこのミサンガの名称である「環(たまき)」は、日本古来からある腕に付ける装身具の呼称なんだとか。
網から生まれたこのミサンガ、身につけることで釣果もアップするかもしれませんね!
※8/11開始しています。

ブリーデンの「めばるingかぶら」といえば、最早定番になりつつある説明不要のメバルリグ。そんなメバリングアイテムのちょっと変わった使い方を、生みの親であるレオンさんが紹介しているのでご報告。元々はレオンさんの釣友であるオークさんの発案によるもので、コレがすこぶる調子が良かったご様子でマルアジが良く釣れたとか。画像を見た限りではいまいちピンと来ないかも知れないその使い方、詳細は「Keep Casting, all for joy by LEON.」にて、どんぞ!
他にもケンサキエギングの話題もアップされていますよ~。


関連記事
13カブラの結び方(≧∇≦)
「めばるingかぶら」の使い手養成講座





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



レオンさんのブログブリーデンの社長さんのブログで紹介されていたので皆さんにご報告。
使い方もターゲットもすべてはアングラー次第。そんな未知なる可能性を秘めた不思議系プラグ「ミニマル」のアクション動画がyoutubeの[fimo ルアー研究所]にアップされています。
収録されているのはminimaru50、minimaru50 shallow、minimaru50 deepの3種で、それぞれの動きやフォールの違い等が確認できます。
またminimaruのシェイキングでの微妙な動きと微波動が確認できる動画もあったので、気になる方は合わせてご覧くださいませ!




スポンサードリンク

スポンサードリンク



この時期どんな釣りよりも夢中になるクロダイのトップゲーム。チェイスからの水面炸裂バイトが丸見えのエキサイティングな釣りですが、実はフックの消耗が激しいゲームでもあります。クロダイの噛む力の強さは絶大で、40cm後半からの大型ともなると新品のフックでも潰されることもしばしば。そんななか良いフックを物色するネットサーフィン中に、工藤さんのブログ「ターニングポイント2」の記事が興味深かったのでご紹介します。
フックポイントを光学顕微鏡で見るなんて機会はあまりないと思いますので、興味のある方はご覧くださいませ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


全てのアングラーが心に刻むべきこと

Posted by tomoshow On 8月 - 5 - 2011 4 COMMENTS

最近僕のフィールドである山口県東部でも目にすることが多くなってきた「釣り禁止」。ネット上の釣りブログでもこの言葉を目にする機会が増えてきて、残念な気持ちでいっぱいになる昨今。当サイトでも右側のスペースにマナーに関する事柄を取り上げていますが、この話題が減るどころか増えている気さえします。本来楽しい釣りの情報を伝えるためのメイン記事ですが、釣りの楽しい部分だけに注目する時代ではなくなってきているようなので、今回のエントリーを書くきっかけとなったブロガーの方々の記事を掲載させて頂きます。
今回は最近増えてきている「釣り禁止」や「釣り場のマナー」の問題にあえてスポットを当ててみました。賛否両論あるかと思いますが、これを期に「マナー」についてもう一度考えて頂ければ幸いです。

Keep Casting, all for joy by LEON.
やんぬるかな…

FISH SCRATCH!
もちつけ

F-Evolution
釣り的進化論 vol.1~14

19
ザ・クリーナー

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]