Friday, October 19, 2018

僕はと言えば未だにマダイというターゲットを釣ったことがなく常に憧れの魚なのだけど、ここ最近ソルト業界でも注目されているお魚さんで釣果情報も頻繁に入ってくるようになりました。そんな人気のマダイを釣るリグに鯛ラバがあるのはもう皆さん既にご存知ですね。プラグ同様にその鯛ラバの収納もこんがらがって大変なんだとか。そんなワケで今回は「月の滴」のオークさんのお手軽自作鯛ラバ収納ケースをご紹介致します。この釣りをよく知らない僕ですら、ひと目で「こりゃあ、便利でしょ!」って思ったんだから間違いないはず。
あ、前半に綴られている親子の物語に結婚願望が再燃したのは内緒です。

※酒と釣りしか愛せない僕ですが、ダメもとで花嫁募集中 。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

釣れる方には「ソレ」が無く、釣れない方にはいつも「ソレ」があるのです…。
レオンさんのブログのこの一文を読んでドキッとするやら、こそばゆいやらで、ズバッと指摘されるとなんだか恥ずかしくもなってしまいました(笑)
実は僕にもずっと「ソレ」が あって、「ソレ」をするのが当たり前で「ソレ」をしない釣りなど考えたこともなかったのです。そのことに気付かせてくれたのが釣友のチバさんで、それ以来というものアジやメバル、時にはスズキを狙う時でもメインで使う釣り方になりました。(僕の場合それを知ったからといって釣りの方は全く上達してないのですが…笑) ここでは「ソレ」については触れませんが、重要なキーポイントであることは間違いないんだと思います。なにせ本が1冊出てしまうんですから!(笑) まだ読んでいないので詳しい内容わかりませんが、レオンさんが今までブログや雑誌、DVD等で発信していたことが凝縮されている1冊かと思います。
メバリング&アジングのバイブルと言っても過言ではない「名著」の誕生のような気がしてならないのです!

レオンさんが自身のブログでまたまた面白そうな釣りを紹介されています。
ひとつはGulp!のクリケットミノーヘッドによる釣りで、「見た目」という固定観念を覆す隠された実力を紹介。Gulp!の独創的な形状のワームを使ったマッチザベイトの釣りを御覧ください。また、改めてミニマルを使ったライトゲームの紹介もされているので、ミニマルを使いこなしたい方はご一読を。レオンさんの記事を読んで、いつのまにか勝手に自分が作ってしまっているイメージは、視野を狭くし釣りをスポイルしちゃってるんだなぁと再確認した次第です。
なにげにベイトフィネス用のプロトロッドが映っているのでファンは要チェック(笑)
ちなみに「クリケット」を使用した釣行は、ピュアフィッシングジャパンのフィールドスタッフブログにも投稿されています。 こちらの方にはベイトフィネスのことがちょこっと書かれているので、興味のある方は是非!
上記で紹介している記事は以下のリンクから~♪


Gulp! cricket(Gulp!)
夏こそminimaruフィッシング!(ミニマル)
衝撃のヒットシーン(ミニマル)

 

関連サイト
BREADEN -minimaru-
Berkeley



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

fish with a lureのりゅうさんがメタルジグのアクションをヒントに新たな釣法を発見し、その方法をブログにアップされているのでご紹介。
メタルジグではワンキャスト ワンヒット状態で、魚が確実に居るのは分かっている状況。そこをあえて反応の薄いワームで狙い打開策を見つけ、それをモノにしてしまうのは流石だなぁと思いました。釣りが上手い人というのは考え方、分析力、観察眼、集中力が格段に違うんでしょうね。
とにかくこのような発見をブログで公開してくださる方々は本当にありがたいですね。アジングやメバリングで魚の反応が悪い時に試してみたいメソッドです。文中で紹介されている「BLISS」へのリンクも参考になりますよ~!





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

null宮川靖氏が今年立ち上げた新ブランド「ブロビス」。その新製品であるクロダイ専用ルアー「チヌクル」を、代表であるご本人自ら動画で解説しています。この「チヌクル」はシンカーをワーム素材でコーティングした独特な形状で、ボトムの質を感知し易くする機能を装備しています。動画では基本的なクロダイの誘い方を2パターン解説しているので、ビギナーの方でもクロダイのボトムゲームのイメージが掴めるかと思います。



関連記事
ナカジー流 チヌゲームのススメ
ワームで狙う 初夏のキビレデイゲーム
武田栄の根魚ボンボンチヌスペシャル基礎講座


ブリーデンから発売予定のminimaru65の動画がyoutubeにアップされています。
いろいろな魚のスイッチを入れてしまうミニマルですが、ロックフィッシュも例外ではなく思わず飛びついてしまいたくなるようです。この動画ではレオンさんがボトム着底後にステイさせてソイを釣っています。その際のミニマルの尻上がりな姿勢がキモで、微妙な揺らぎが魚にアピールしています。もちろんこの独特なアクションはミニマル50でも可能なので、休みの日は日中のゴロタでソイと戯れてみては如何でしょうか?




スポンサードリンク

スポンサードリンク


以前紹介した簡単で結束強度がある「3.5ノット」。最近僕はアジング&メバリングと言えばもっぱら「3.5ノット」で、45cmのクロダイ相手でも不安なくやり取りできたので「使えるお手軽ノット」としてメインで使用しています。しかし、人間は欲が深いもんでさらに簡単で強いノットはないのかと探していたところ、オーシャンさんが今回紹介する結束方法を取り上げておいででした。
メバル、アジ相手ならば「3.5ノット」でも十分ですが、簡単な結び方なので心配な方にはこの「サージェンス+ハーフヒッチ」をオススメします。クロダイのランカークラスやシーバス等のふいな大物にも、対応できるんじゃないかなぁと思っています。まだ使っていないので、あくまでも憶測ですが(笑)

追記
以前このノットで50オーバーのチヌをキャッチしましたが、ビクともせず安心してファイトできました。
オススメのお手軽ノットですよん!


関連記事
トーナメンター御用達「速攻8の字結び」を伝授




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



いつも参考になる話題を教えてくれるたけいさんが、この度メバルの自己記録を更新されたようで、その模様と喜びをブログにアップされているので紹介させて頂きます。文中には当日使用したルアーやタックルのデータも明記されているので、尺オーバーを狙っているメバルエンスーな方々は参考にされてみては如何でしょうか?
しかし、ホント良い顔されてますね!


自己記録更新 おめでとうございます!


関連記事
尺メバル捕獲レポート:「月明かりと尺メバル」
尺メバル釣れたよ!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



スーパーフィネスラインの登場でアジングやメバリングの世界でもフロロラインをメインに使われている方が多くなったような気がします。そんな極細ラインを使う上で必要になってくるのがリーダーなんですが、今までどんな結び方が良いのかイマイチ分からず、とりあえず電車結びでいーやって感じで結んでいました。 そんな電車結びも風のある暗がりで結ぶのは、正直面倒でイライラしちゃうのも事実。そこでググって出てきたのが今回紹介する「速攻8の字結び」。グレ釣りのトーナメンターが使っているという結束方法なんで、強度も信頼度もバツグンのはず。フロロ派のアングラーさんはばっちりマスターしちゃいましょう!




関連記事
アジングで使える簡単ノット「3.5ノット」



スポンサードリンク

スポンサードリンク

ベイトで行く!! ~アジング編~

Posted by tomoshow On 6月 - 2 - 2011 ADD COMMENTS

バス釣りの方では「ベイトフィネス」が盛り上がっているようで、最近のアジング&メバリングにおけるフィネスな釣りも、その辺からの影響もあるのかなぁなんて思っちゃったりもしています。んで、以前からソルトライトゲームにベイトタックルを持ち込んで楽しんでおられる、ゆーすけさんがベイトアジング釣行をアップされているので紹介しちゃいます。
ベイトリールを使ってのライトゲームはまだまだ特殊で、ほんの一握りのコアアングラーのみが楽しんでいるような状況かと思います。が、この御方も注目している釣りなので、今後の発展が楽しみなジャンルなのであります。


関連記事
ベイトタックルの楽しみ方♪


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]