Wednesday, February 3, 2016

21587371_7


日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。
今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。
こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。
行ける時に行きたい。
あーもー辛抱たまらん!
でも、各地の雪の状況は?
等々、こんな雪降る寒い時期に釣りに出掛ける理由は人それぞれ。
理由はどうあれ、行きたいんだから仕方ありませんね(笑)
んなワケで、北海道から中四国地方までの「冬の道路情報リンク集」と、全国各地のライブカメラのリンク集です。
冬場の釣行プラン、ドライブ等にご活用下さいませ。
お出かけの際は、くれぐれも無茶はしないで安全運転でお願いします。
危険を察知して引き返すのは、自然相手の遊びで最も重要なスキルです。

May the "釣果" be with you.


国土交通相道路局 冬の道路情報

ライブカメラ検索 -カメ探-

雪道の運転テクニックに関するリンク集


Woodland(ウッドランド)スノーグリップ【タイヤグリップ】【スプレー式タイヤチェーン】【スタッドレスタイヤ】【スノータイヤ】【アイスバーン】05P20Sep14
by カエレバ


GPV01


日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。
とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。
良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響をモロに受けない場所で釣りたいものです。
また、風の向きが大切ってシチュエーションもあったりするので、可能であれば数時間先の風の動向もチェックしたいって時もあると思うんですな。
しかし意外と海上や沿岸部の風の情報で無料で良い感じのサイトってのはなくて、いまでも僕はコチラの「GPV 気象予報」を使ってるんですな。
ですがここもパソコンで見る分には良いんですが、スマホ対応じゃないんでモバイル端末では見難いことこの上ない。
見る度に「もうちょっと見やすくしておくれよ…」って思っていたんですが…。

ってなワケで、僕とおなじ思いを抱いていたGPVファンのスマホユーザーに朗報です。
完全スマホ対応ではないんですが、普段見ているGPVがある程度ピンポイントで、しかもちょいと拡大されて表示される裏技がu24さんのブログで紹介されているのでご案内。
詳しいカスタマイズ方法はリンク先で読んでもらうとして、ここで少々補足を。
設置方法にある「位置x」と「位置y」の数字を変更すると表示される地図の場所を変えることができます。
デフォルトの表示エリアは大雑把なので、表示したい希望の地域がずれている場合、上記の方法で調整してみてくださいませ。
これで普段見慣れているGPVがちょいと使い勝手が良くなって、スマホで見られるようになりますよん。
あ、そうそう風向きや風速以外にも波浪情報や降水情報もありますんで、そちらもあわせてご活用ください。
なんだか痒いところに手が届いた感じです(笑)
山口県用を作ったんで、県内アングラーさんはブックマークに入れて使ってくださいな。

【送料無料】PROTREK(プロトレック) 【国内正規品】 PRW−2500T−7JF【SMTB】
by カエレバ

関連記事
日本気象協会製作の気象情報サービス「潮さん」
リアルタイムで風向きを表示するサイトが最高!
地味ながらも凄い! 国土地理院の「ウォッちず」




ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。
上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。
僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。
その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣りができるフィールドでした。
それが雑誌やメディア、ブログなどに取り上げられ始め、徐々に釣り人が多くなり、迷惑駐車やマナーの悪さが目立ち、気持良く釣りをすることができなくなりました。
結果、我慢してストレスを抱えながら釣りをすることが増え、上関で釣りをすること自体が嫌になり、現在に至ります。
もちろん、このようなことは上関だけに限ったことではなく、日本全国の釣り場で起こる可能性があることで、現実に起こっているポイントも多数あることと思います。

残念なことですが、マナーの低下というよりも、人としてのモラルの低下が招いている惨状だと言えるでしょう。
自分さえ良ければ良いという思考や、自分がやったことが周囲に与える影響などを考えることができない、そういった想像力の欠如が元凶だと思うんです。
残念ながら、やられた側の痛みが分からないダメな人間が増えているということです。

また、もうひとつの背景には、ネットなどによる情報伝達の発達が存在しています。
情報を発信する側にもいろいろな事情や思いがあることと思いますが、その情報が発信された先で起こる事態も想定して公開するべきだと僕は考えています。
一度流れた情報は消すことはできません。残り続け、流れ続け、少しづつでも広がります。
親切心で流したつもりの情報が、トラブルの発生や釣り禁止を招く原因になることだってあるんです。

今回のことで思うこと、考えること、伝えたいことはたくさんありますが、 まずは皆さんがKIYOMIさんのエントリーを読んでいろいろと考えて頂けたらと思います。
僕たちアングラーの一人ひとりが常にこのことを胸に刻んで、できる範囲内で見かけたゴミは拾う、すこし離れたところに車を停めたり、仲間と一緒におなじ車で移動したりという、釣り場の環境とマナーアップを視野に入れた行動を起こさねばならない時期が来ているように感じます。

そして、忘れてはならないのは、僕たちは「釣りをさせてもらっている」ということです。

これは上関という一部地域に限った問題ではなく、日本全国の釣り場と僕らアングラー、そしてジャンルなど関係なく、釣りに関わる全ての人の問題です。
※「アジングの聖地」という表現は好きじゃありませんが、今回あえて使っています。
関連記事
ネット時代の「釣り」という趣味のあり方


アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。
新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。
さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ、日々の更新とフィッシングライフを支えて頂いているメーカーさんのオフィシャルサイトへのリンク集を作ってみました。
どれだけ需要があるかは不明ですが、とりあえず自分で欲しいなってモノを作ってみました。
表記など統一感がなくゴチャゴチャと見難いかもしれませんが、皆さんの物欲を刺激しつつ、楽しいフィッシングライフのお手伝いが出来れば幸いです。
知っている範囲でのリンク集なので、抜けや忘れているものがあるかと思いますが、その辺りはツイッターやメール、コメントなどで教えて頂ければ思います。
リンクにないメーカーさんがあれば、随時更新していきますので、おヒマな時はたまに見に来てくださいませ。
リンク集の場所は当サイトの最上段、「HOME」や「サイト紹介」、「Contact Me」のある場所です。
是非、ご活用くださいませ。


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


僕らライトリガーの定番の釣り場といえば、常夜灯のある波止場や漁港ですね。足場が良く安全で、明かりのお陰で魚も集まってくる好ポイントでもあります。潮通しが良くベイトが集まる場所は、ナイトゲームだけでなくデイゲームでもお世話になる事も多いはず。まさにそんな釣り場は僕達にとって癒しの場となります。
が、視点を変えて見てみると、漁港とその周辺は漁師さんの仕事場。時として、僕達が遊んでいるすぐそばで、お仕事をしているってことも結構多いワケです。釣りをしている側としては「あっち行かないかなぁ…」なんて思っちゃたりもしますが、それは漁師さん達だっておなじ事。場合によっては両者でトラブルが発生し、釣り禁止に向かうケースだってあるワケです。
「海はみんなのものでしょ?」って意見もあるかと思いますが、人様の職場にお邪魔して釣りをさせて頂いているということを絶対に忘れてはいけません。今回は漁師さん目線で見た、我々アングラーという切り口で書かれたく~にゃんさんとこのブログをご紹介です。ハッとさせられることもありますんで、是非ご一読してくださいませ。


関連記事
F-Evolution2 「釣的進化論 Lv.00」
ネット時代の「釣り」という趣味のあり方
大切なのは「釣りをさせてもらっている気持ち」
高級タックルより 先に手に入れるべき釣り道具


キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食味で僕達を楽しませてくれるターゲットとなりました。今回は山口県限定のローカルな話題ではありますが、そんなキジハタに捕獲の規制が掛けられるという話題です。

とかく海の魚ってのは禁漁期間などが設定されておらず獲り放題、持ち帰り放題なワケで、メバルやアオリイカなんかはその辺の影響をモロに受け、数もサイズも年々減ってきています。そんなことを繰り返していると、せっかく稚魚放流をしているキジハタも個体数は減るばかり。今回のこの動きに関しては漁業関係者だけの問題でなく、僕達アングラーにも関わってくる大事なことですので、堅苦しいお話かもしれませんが、しばしお付き合いください。

実は僕たちが釣っている魚たちは性転換する魚が多く、メバルやカサゴ、クロダイそしてスズキにしても性転換して繁殖している魚たち。キジハタもそのひとつで成長に伴いメスがオスに性転換する魚で、40cm未満は大部分がメス。約30cmになると産卵が可能になるそうで、卵が産める大きさに成長するまで捕獲禁止にして、水産資源として保護するというのが今回の規制の考え方です。
ちなみにキジハタの成長スピードは遅く、40cmになるまで10年近く掛かるそうです。同様にメバルも似たようなもので20cmになるのに5年、尺になるには10年ほど掛かるそうです。

今回の規制は漁業関係者メインのお話に聞こえるかもしれませんが、「県民全体での取組(効果的に資源管理に取り組む):キジハタは、レジャー(釣り)でも採捕されることから、漁業者だけでなく遊漁者も含めた資源管理に取り組むことにより、一層の資源管理効果の発揮を目指します」と明記されています。この採捕制限は平成25年10月1日から実施されることとなります。

個人的にはこの考え方には概ね賛成で、他の海の魚も渓流の魚同様に、禁漁期や今回のような捕獲の規制が必要だと感じています。


山口県水産振興課 :キジハタ・採捕制限の概要 




関連記事
フィッシュグリップを扱う際の注意点について

 

家に帰る意志 ~釣場の安全と安全対策~

Posted by tomoshow On 4月 - 21 - 2012 ADD COMMENTS

こちらもナイトロックフィッシングのken39さんのエントリーなんですが、釣りをする上で最も重要なことなのでピックアップさせて頂きました。
基本的にアウトドアで活動する全ての人達に言えることなんですが、まず「自然」を舐めてはいけません。それが例え街から歩いてでも行ける波止場でもそうです。僕もやってしまうんですが、そんな場所はついついライジャケなんかを身に付けないで、フラフラと釣りをしてしまうんですな。が、油断こそが最大の落とし穴。「自分はそんなことない」、「いざとなったら泳げる」、「人がいるから助けて貰える」なんて考えてはいけません。もし自分の身になにか起きた時、周囲に与える影響を考えてみてください。釣りってやつは熱くなると「まだ行ける」、「まだ大丈夫」、「もっと釣りたい」と思ってムリをしてしまうのも事実。そんな時は「おかえりなさい」と声をかけてくれる人の顔を思い出してくださいな。アウトドアで遊ぶ人たちは、ちょっと臆病なぐらいがちょうど良いんだと僕は思うんですね。
そうそう「海のもしもは118番」 ですよ~!

※画像はコチラからお借りしました。

関連記事
絶対に気を付けたい夏の風物詩「雷」
もう一度確認しておきたい「釣行中の安全管理」





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

あくまでも個人的な考えですが、釣りというものは剣道や柔道など「道」がつくものに通じる部分が多々あると思うんです。
師から弟子に先輩から後輩に、ベテランからビギナーへと受け継がれるべきもの、技術と共に心のあり方を学び、大きな自然のサイクルから教えをこうものだと思っています。
いわば「釣道」ですね。
釣りは「釣ること」だけが釣りじゃないって考えてるんです。
あくまでも僕は。
しっかりとマナーを学び、技術を磨き、魚の生態から自然界のサイクルや環境を学ぶ。そんな素敵な文化だと思うんですね。
海外では立派なスポーツとしてひとつのジャンルを確立していることからも、その辺がうかがえるかと。
常々そんなことを考えていると「リリースについて」のデリケートで非常に難しい話に発展しちゃったりもします。
そこで本題、以上のことについての考えのヒントが綴られた素晴らしいエントリーをオガケンこと小川健太郎さんが書かれているのでご紹介。
万人が納得する正解を求めるからややこしくなるんだな~って、正解は考えてる人の数だけ存在するし、それで良いじゃん!って僕は感じました。
今回は釣るという技術的な話題ではなく、「釣りをすること」という話題をチョイスしてみました。

小川日記(完全版) 皆様へ:釣りで伝えたかったこと

小川日記(完全版) 皆様へ:釣りで伝えたかったこと 最終話


それともうひとつ。
以下はテスターやモニターを目指す人、目指そうとしている人は必読です。

1★テスターに求められるもの、のコツ その1

2★テスターに求められるもの、のコツ その2

3★テスターに求められるもの、のコツ その3

4★テスターに求められるもの、のコツ その4

5★テスターに求められるもの、のコツ その5

関連記事
全てのアングラーが心に刻むべきこと

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

全てのアングラーが心に刻むべきこと

Posted by tomoshow On 8月 - 5 - 2011 4 COMMENTS

最近僕のフィールドである山口県東部でも目にすることが多くなってきた「釣り禁止」。ネット上の釣りブログでもこの言葉を目にする機会が増えてきて、残念な気持ちでいっぱいになる昨今。当サイトでも右側のスペースにマナーに関する事柄を取り上げていますが、この話題が減るどころか増えている気さえします。本来楽しい釣りの情報を伝えるためのメイン記事ですが、釣りの楽しい部分だけに注目する時代ではなくなってきているようなので、今回のエントリーを書くきっかけとなったブロガーの方々の記事を掲載させて頂きます。
今回は最近増えてきている「釣り禁止」や「釣り場のマナー」の問題にあえてスポットを当ててみました。賛否両論あるかと思いますが、これを期に「マナー」についてもう一度考えて頂ければ幸いです。

Keep Casting, all for joy by LEON.
やんぬるかな…

FISH SCRATCH!
もちつけ

F-Evolution
釣り的進化論 vol.1~14

19
ザ・クリーナー

そろそろ今年のタフネスデジカメも出揃ったのかなぁと思ったので、去年に引き続きデジカメ比較ネタをアップしてみました。デジカメに限らず携帯電話もそうなんですが、最近のこのタフネスカテゴリーアイテムの進化ってのは非常に目覚しいモノがありますよね? 僕らアングラーにとってこの「防水」っていう機能は何よりも変えがたいキーワードのひとつであることは間違いないと思います。そして次に気になるのが画質であったり操作性であったりとカメラ本来の機能。「壊れない」ということは、どんな道具にも求められる最も重要かつ当たり前の性能だと思っています。(個人的に)
そんなタフなデジカメを購入される方は、下記リンクを参考にされては如何でしょうか?


防水・耐衝撃デジカメを比較する(2011年版):機能・操作性編
防水・耐衝撃デジカメを比較する(2011年版):画質編


関連サイト
水中写真のためのデジタルカメラ比較

関連記事
アングラーのためのデジカメ撮影術
デジカメの防水
「防水・耐衝撃デジカメ」選び2010
アングラーのためのデジカメ選び 2012


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

アジング再入門 「Mキャロ」って?

Posted by tomoshow On 12月 - 26 - 2010 ADD COMMENTS

2010年もボチボチ終わり掛ける頃になって、なにやら熱くなり始めた極細フロロによるジグヘッド単体ゲーム。来年からはアジングのスタンダードになりそうな予感がしているのは僕だけじゃないはず。このように「できるだけ軽く、できるだけ細く」っていうウルトラフィネスゲームもなかなか楽しくもありますが、それだけじゃ通用しないのがアジングの魅力でもあります。僕としても普段はジグヘッド単体もしくはスプリットでアジングを楽しんでますが、忘れてならないのがキャロライナリグ。ピノキオさん考案の「ピノキャロ」が最も有名かつスタンダードですが、その進化改良型として代表格になったのがTICTの「Mキャロ」ですね。個人的に風が強い時、遠投したい時に出番となるリグで、今まで漠然と使っていた感がありました。そして「Mキャロ」の使い方が分からないという声も耳にしましたので、おさらいも兼ねて動画を集めてみました。
















※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

極細フィネスラインの扱いについて

Posted by tomoshow On 11月 - 29 - 2010 ADD COMMENTS

ここ最近のアジング&メバリングシーンに、突如として現れたウルトラもしくはスーパーなるフィネスライン。僕も使い熟す自信がなくて手を出せない状況なんですが、ライトアングラーとして気になっていることは事実です。より細いラインを使うメリットは大きいと思う反面、デメリットだってあるのは当然のこと。その辺のデメリットっていうのはある程度使用するにあたっての注意事項を頭に入れて使えば、解消されるし心強い味方にもなるはず。メリットだけが独り歩きしている状況もあると思うので、ここらでフィネス系ラインのおさらいをしてみましょう!

【ブリーデン】BREADENフィネスフロロ100m巻[メール便:15]
by カエレバ

※以下、レオンさんが仰る通り、メーカー問わず細いラインの扱い方に変わりはないかと思います。
Keep Casting, all for joy by LEON.
極細フロロクエスト(極細ラインをリールに巻く際の注意点)
満月の貧果 (ラインについては後半部分に記載されています)
ラインセッティング (フィネスライン以外のセッティングも。参考までに)
Balance the Balance(フィネスなライトリグに関する疑問はコチラ。重要です!)
ウェイトとバランスと感度と(重いリールも必要だということも理解できます)




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

F-Evolution2 「釣的進化論 Lv.00」

Posted by tomoshow On 11月 - 8 - 2010 ADD COMMENTS

情報を発信する側として、F-Evolution2のHIROさんのブログに共感するモノがありましたのでご紹介致します。詳しい内容は下記のリンクで読んで頂くとして、釣りに関するマナーの向上、釣り場を取り巻く環境の問題など、コレをきっかけに考えて頂けたらなぁと思います。僕の近所の釣り場も最近「立ち入り禁止」が2箇所設定されてしまいました…。今後釣りを楽しむにあたって、決して他人事ではありません。 ※HIROさんの記事にある内容はあくまで「”お願い”や”提案”であって、強制でもないし、権利や義務」でもありません。

http://fe2005.blog48.fc2.com/blog-entry-532.html

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]