Saturday, December 15, 2018


LureNewsTVさんがフィッシングショー大阪2014で収録した、ダイワの「タトゥーラ」の紹介動画がアップされているので、ご案内です。
アメリカで先行発売されて注目を浴びたこのリール、ショーでお披露目となったモデルは国内仕様となっており、先に発売されたアメリカモデルとは違った味付けになっているようです。
その辺りの気になる変更点が気になる方は、動画でチェックしてみてくださいな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



フィッシングショー大阪2014で収録された「イグニス Type-R」と「RCSエア スプール2」の解説動画のご案内です。
イグジストに迫る性能を持ったフロロ専用セッティングの最新リールと、最新のドラグシステムである「UTDフィネスチューン」を搭載したスプールの紹介をじっくりとご覧くださいませ。
ちなみに動画をアップしてくれているのはneoさんでして、この動画以外にも最新情報をアップされているので、是非チェックしてあげてくださいな。
あ、イグニスType-Rは淡水カテゴリーですが、海水も対応しているようですよん。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



フィッシングショー大阪2014で、モデルチェンジしたNEWステラ(14 ステラ)を村田さんが紹介する動画をLureNewsTVさんがアップしています。
「歓びが、満ちてくる」性能を満載したフラッグシップモデルの魅力を、テンポの良い語り口で紹介。
ツボを抑えた村田節で、生まれ変わったステラのキャラクターが丸分かりです。
ショーに足を運べなかった方は是非。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



フィッシングショーの楽しみのひとつに看板テスターのセミナーがあります。新製品情報よりもどちらかと言えばこちらの方がメインで、会場に足を運ぶって方も居らっしゃるかと思います。
んで、僕たちライトゲーマーの気になるメーカーと言えばブリーデン。アジングやメバリングはもちろんですが、それらに縛られないライトゲームの世界へのナビゲートや、エギングやボートゲーム業界までをも牽引する、魅力的な開発&テスター陣が生みだす釣りの世界にはいつもワクワクさせられます。
今回はそんなブリーデンが、2013横浜フィッシングショーで行ったトークLIVEの動画のご案内。各分野で活躍するスペシャリストのトークが連日アップされるようなんで、是非チェックしてみてくださいな!
これは、ホントにありがたい!


関連記事
ブリーデン 2012 大阪FSセミナーが続々とアップ
2013 大阪FSのレオンさんセミナーを紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日、大阪と横浜で行われたフィッシングショーのダイジェスト動画が、youtubeにアップされているので、会場に足を運べなかったアングラーの皆さんにご報告であります。さすがに参加メーカーの全てを紹介するのは無理ですが、約39分という長めの動画には、僕らライトゲーマーが日頃お世話になっているメーカーさんばかり。当サイトでも紹介できなかったアイテムもありますんで、是非チェックしてみてください。動画中で紹介しているメーカーは画像のとおりですが、表示できる画像サイズの関係でアイマ、ゼスタ、スミス、ルミカの4社さんはトリミングでカットしちゃいましたが、ちゃんと収録されていますよん。



関連記事
カリスマショップ視点で見る2013大阪FSの目玉




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


お手軽だけど熱くなる「ちょい投げ」を、もっとルアー的に楽しんじゃおうって感じで生まれたデコイのショアゲー。本日はそんな、ゆるゆるスタイルで楽しむライトタックルゲームの新製品を大久保幸三さんが動画で紹介。動画中にはショアゲー以外にもリニューアルした同社定番のジグヘッド「ラウンドマジック」やダート用ジグヘッドの「デルタマジック」、ジグヘッド用アシストフック「トレイラージャック」も紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。
ちなみに「デルタマジック」は、パゴスさんとこが詳しく解説してますよん。





スポンサードリンク

スポンサードリンク

ケミホタルでお馴染みのルミカから、ナイトゲームでの視認性をアップさせるアイテムがリリースされます。
今回紹介する「トランスモーション」はフロートリグ系のアイテムでして、フロート上部にあるスリットにケミホタルを装着して視認性と集魚効果をアップさせるというモノ。薄暗い釣り場や闇磯なんかで使うと、リグのトレースコースなどが確認できて便利ですな。


ルミカ (LUMICA) トランスモーション Mサイズ [グリーン] / メバリング・アジ・カサゴ用フロート 【02P13Dec14】【RCP】
by カエレバ






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


TICTさんとこのオフィシャルブログに、「フィッシングショー大阪 2013」で収録された製品紹介動画がアップされているのでご報告。
この度アップされている動画は、すでに発売されているメバルロッド「RALGO」「ICE CUBE」 、そして新たに開発されたカーリーテールのワーム「スパイラルクロー」の3本です。上記メバルロッドは過去記事を参考にして頂くとして、個人的の良いなと思ったのが「スパイラルクロー」。釣りをしていてワームのテールがフックに絡むのってイラッとするうえに、釣れる魚までスレさせてしまう危険性があるわけです。 そんな部分に注目して作られた、気配りのできるそんなワームなのです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


パゴスさんとこのブログに「フィッシングショー大阪 2013」のレポートがアップされているので、皆さんにご紹介。
さすが会場に足を運んだ方がアップする情報は新鮮で、まだ見掛けないアイテムの画像もチラホラ。ライトゲーマー御用達のショップなだけにピックアップされたアイテム達たちはライトゲーマー心をくすぐるモノばかり。なかでも個人的に注目しているのが、ジャクソンのプランクトンシリーズ。こちらはもうすぐにでも発売して欲しいくらいの製品です。その他にもジグヘッドやロッドなどの情報もありますので、ショーに行けなかった方はチェックしてみてくださいませ。
なんかもう僕の仕事は終わったって気がしてきた…。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



ダイワからリリースされる新作アジングロッド「月下美人EX AGS AJING71.5L-S 羽弓」の紹介動画です。
この「羽弓」は既に発売されている、「EX AJING 64.5L-S 羽軸」のロングキャストモデルといった位置づけで、全長が羽軸よりも23cm長くなっています。ロッドが長くなった分、重さは多少増えるので肝心の感度への影響が気になるところですが、鈍ることなくその性能は維持されているそうです。動画の後半はこのロッドとベストマッチのリールを紹介していますが、そちらの方は、独身貴族や釣りセレブな方々向けな内容となっております…。ちなみに「羽弓」のスペックは既に製品ページに掲載されています。






スポンサードリンク

スポンサードリンク



LuerNewsのフィッシングショー動画から、ゴールデンミーンの新作アジングロッドの紹介です。
今回ピックアップした動画は同社のアジングロッド「 JJマック」の兄弟分ロッド「JJマックエアー」でして、従来の「乗せ調子」のスタイルから一変し「掛け」のスタイルに変更。またロッドのバランスにも拘って作られているので、持ち重りがなく長時間にわたって釣りに集中できる仕上がりになっているようです。





スポンサードリンク

スポンサードリンク



fimoさんとこの動画から、フィッシングショー大阪 2013のTICTブースから新製品のご案内です。
本動画にはライトゲーム用ラインの新製品である「SHINOBI」の紹介をはじめ、コチラで紹介した新型ワームや ノーシンカーフックの「V・Rフック」が取り上げられています。やはり注目すべきは「SHINOBI」でして、ブラックカラーが珍しいエキスパート向けラインだそうで、同社のジョーカーよりもしなやかで、夜間は見えないステルス系のラインのようです。ちょっと音声が悪いので聴き取りにくいのが残念ですが、興味のある方は是非!




スポンサードリンク

スポンサードリンク



フィッシングショーの前から既に話題となり、注目を集めていた「NEWメタニウム」。早速その紹介動画がLureNewsさんとこの動画にアップされているのでご報告。
今回紹介する動画は、滑らかな巻き心地とハイスピードギアがどのようなシチュエーションで威力を発揮し、どう体感できるのかってところを非常に分かりやすく解説してくれています。シマノのオフィシャルサイトにも「NEWメタニウム」の製品ページがオープンしているので、気になる方は是非。




スポンサードリンク

スポンサードリンク




LureNewsさんとこが「フィッシングショー大阪 2013」のダイワブースから、「13セルテート」の解説動画アをップしています。
今回のモデルチェンジの目玉はローター部分にザイオン素材が採用されたことと、ラインローラーのマグシールド化。個人的に嬉しいのがラインローラーの改善で、塩噛みや異物の侵入などが原因で起こる、異音や巻き心地の低下への心配がなくなったこと。ローター部分の軽量化ももちろん歓迎すべきポイントだけど、「質実剛健」、「ヘビーデューティー」といったセルテートが持つ堅牢なイメージが、どんどん薄くなっていくのはなんとも切ないですな。
「重くて硬い」旧セルテートファンとしては、ちょいフクザツな心境。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


国際フィッシングショー2012のデュエルブースに展示されたソルト系ルアーとエギの解説をしている動画をドドーンと一挙に紹介。
各動画で解説しているのは、いずれもその道の名手たち。シーバスからGT、イカや怪魚までをも魅了するハードコアシリーズの新作やプロト等、各アイテムの魅力や使い方を紹介。個人的に注目しているアイテムはEZ-QEZ-Q CAST。今までとちょっと違ったエギングが楽しめそうで要チェック。また、シーバス系ルアーが結構多いので、シーバスゲームを嗜むアングラーさんなら、観て損のない動画かと思いますよん。
















※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

大阪フィッシングショーで行われたブリーデンのセミナー動画がオフィシャルサイトに アップされているのは、すでに皆さんご存知かと思います。先日当サイトでお伝えしたのはメバリングやアジング、エギング界を代表するフィールドスタッフである「レオンさん」「サミーさん」「イカ先生」 のセミナーの動画情報。現在では新たに「ショア侍ジョーさん」、そして「アクターさん」「健太郎さん」の動画が追加アップされています。個人的に嬉しいのが健太郎さんのお話が聞けるというところ。右も左もわからない時からずっと、「めばるing」にはさんざんお世話になってきましたからね~! もちろん、今でも読ませて頂いておりますですよ!


関連記事
ブリーデン 2012 大阪FSセミナーが続々とアップ
2013 大阪FSのレオンさんセミナーを紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク



nullフィッシングショーで華々しくデビューを飾った「メタルマル」ですが、すでに初回出荷分が完売らしくその注目度の高さたるや凄まじいものがありますね! 今回はそんな魚種を問わないライトゲームのファイナルウェポンのキモを、レオンさんがバッチリ解説しちゃってる動画を紹介。世に存在するスピンテールジグの弱点を克服した斬新なシステムは今後スタンダートとなることは必至。っていうか特許とった方が良いんじゃないかなって思うぐらいの素晴らしいアイデアなんですな! ライトゲームっぽいイメージのあるメタルマルですが、実はメタルジグやポッパー、ペンシルなんかに反応しない小型ベイトに夢中になってる青物なんかにもオススメなんですな!






関連記事
メタルマル関連の記事はコチラ

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

熱心なライトゲーマーならば知っているはずであろう、広島のカリスマショップ「パゴス」。その名物店員であるバンダナさんは結構濃ゆい釣行記を同店のブログにアップしていて、毎回楽しみにさせてもらっております。今回はそんなバンダナさんのフィッシングショーレポートがアップされているので、皆さんにご紹介。さすが有名店スタッフさんだけに、ユーザーのツボを的確に捉えたレポート。その簡潔にまとめられた内容に一瞬でもサイト閉鎖を考えた次第でございます(笑) このブログを読めばライトゲーマーさんが知りたい情報がほぼ揃うのかな?って思います。さすがに現地入りした生の情報には勝てませんねぇ。って軽くジェラシーな当サイト管理人なのでした。
早くショーに行ける身分なりたいな!

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

広島の貴公子馬上憲太郎さんオリムピックの新作ロッド「ヌーボ フィネッツァ プロトタイプ」を動画で解説。
オリムピックのフィネッツァと言えば、ライトゲームロッドを語る上では外せない逸品ブランドですね! 今回はそんな名刀を数多くリリースする同社の2012年の注目商品をご紹介。4軸カーボンを多めに使用した贅沢仕様なロッドで、軽くて強くしかもKガイド使用で絡み難い。さらにコルクグリップを使った「響く」ロッドとくればメバルファンならずとも手にとってみたくなるはず!
しかし、相変わらず目が離せないメーカーさんですね~。





スポンサードリンク

スポンサードリンク


ジャッカルのテスターである「ナカジー」こと中島成典さんが、フィッシングショーのブースでクロダイゲームに使用するワームの使い分けを動画で解説しています。
動画中で紹介されているのは、ジャッカルのエビ系ワーム「ベビードラゴン2インチ」「ウェーバーシュリンプ2.8インチ」「カバークロー2インチ」の3タイプ。それぞれのシチュエーションに合わせた実戦投入法を紹介しているので参考にされてみては如何でしょうか? もちろんクロダイだけでなくロック系にも有効なワームですので、根魚ファンの方もどんぞ。


スポンサードリンク





スポンサードリンク

スポンサードリンク


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]