Saturday, December 15, 2018

オガワさんのブログ「あり記」のエントリーに、簡単お手軽な錆取り方法がアップされているのでご紹介。
僕らソルトアングラーにとって、悩みのタネのひとつに「錆」の存在があります。まめにメンテナンスされている方ならばさほど気にならない現象ですが、ものぐさアングラーの代表格である僕にとっては厄介者。「後でやる~」って放置グセがあるために、気が付くと「なにこれ! 錆が浮いてるじゃん!」なんてことが結構あったりします…。
そんな「ものぐさ仲間」のアナタにこそ知って頂きたいアイテムが「木工用ボンド」。その驚きの用途と実力はオガワさんのブログでチェック!
ヨ~シ、後でや~ろぉっと!


関連記事
この時期お世話になるレインウェアのメンテ方法
ロッドメンテナンス(グリップ篇)
簡単かつ安価に「塩噛み」を解消する方法






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

僕はと言えば未だにマダイというターゲットを釣ったことがなく常に憧れの魚なのだけど、ここ最近ソルト業界でも注目されているお魚さんで釣果情報も頻繁に入ってくるようになりました。そんな人気のマダイを釣るリグに鯛ラバがあるのはもう皆さん既にご存知ですね。プラグ同様にその鯛ラバの収納もこんがらがって大変なんだとか。そんなワケで今回は「月の滴」のオークさんのお手軽自作鯛ラバ収納ケースをご紹介致します。この釣りをよく知らない僕ですら、ひと目で「こりゃあ、便利でしょ!」って思ったんだから間違いないはず。
あ、前半に綴られている親子の物語に結婚願望が再燃したのは内緒です。

※酒と釣りしか愛せない僕ですが、ダメもとで花嫁募集中 。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

以前紹介した簡単で結束強度がある「3.5ノット」。最近僕はアジング&メバリングと言えばもっぱら「3.5ノット」で、45cmのクロダイ相手でも不安なくやり取りできたので「使えるお手軽ノット」としてメインで使用しています。しかし、人間は欲が深いもんでさらに簡単で強いノットはないのかと探していたところ、オーシャンさんが今回紹介する結束方法を取り上げておいででした。
メバル、アジ相手ならば「3.5ノット」でも十分ですが、簡単な結び方なので心配な方にはこの「サージェンス+ハーフヒッチ」をオススメします。クロダイのランカークラスやシーバス等のふいな大物にも、対応できるんじゃないかなぁと思っています。まだ使っていないので、あくまでも憶測ですが(笑)

追記
以前このノットで50オーバーのチヌをキャッチしましたが、ビクともせず安心してファイトできました。
オススメのお手軽ノットですよん!


関連記事
トーナメンター御用達「速攻8の字結び」を伝授




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



スーパーフィネスラインの登場でアジングやメバリングの世界でもフロロラインをメインに使われている方が多くなったような気がします。そんな極細ラインを使う上で必要になってくるのがリーダーなんですが、今までどんな結び方が良いのかイマイチ分からず、とりあえず電車結びでいーやって感じで結んでいました。 そんな電車結びも風のある暗がりで結ぶのは、正直面倒でイライラしちゃうのも事実。そこでググって出てきたのが今回紹介する「速攻8の字結び」。グレ釣りのトーナメンターが使っているという結束方法なんで、強度も信頼度もバツグンのはず。フロロ派のアングラーさんはばっちりマスターしちゃいましょう!




関連記事
アジングで使える簡単ノット「3.5ノット」



スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近のアジング&メバリングのひとつのトレンドとして、極細フロロラインによるフィネスフィッシングがあげられます。
フロロラインや極細PEラインの扱いに慣れた方なら、あまりライントラブルに見舞われることもないかと思います。
が、ビギナーの方やフロロデビューをされた方の多くは結構ライントラブルに泣かされ、「二度と使いたくない!」って状況に陥るケースがあるかと思います。
何を隠そう僕もそうでしたから(笑)
そして先日、思いっきりフロロによるトラブルで「ムキーッ!」ってなりましたので、対処法などをアップしておきまっす!


【ブリーデン】BREADENフィネスフロロ100m巻[メール便:15]
by カエレバ

めばるing より 「ライントラブル」

 

Keep Casting. all for joy byLEONより 「リール番手、ライントラブル」

 

芥河晋:ライントラブル防止法

 

関連記事
極細フロロクエスト by LEON
極細フィネスラインの扱いについて
ガイドクラック



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

オーシャンルーラー・インストラクターの金丸竜児さんが、釣り場の開拓や調査に役立つGoogleマップの使い方を解説する動画です。パソコンが苦手な人でも分かるように丁寧に説明してくれています。GoogleマップやYahoo! のマップはかなり便利で、僕もコレでいろんな場所を開拓してきました。場所によってはGoogleで表示されない地域がYahoo!では表示されたり、またその逆もあったりするので同時に見ながら検索するがオススメ。しかし、ルート検索ができるのは知りませんでした。びっくり。








アングラーのためのデジカメ撮影術

Posted by tomoshow On 3月 - 4 - 2011 ADD COMMENTS


メモリアルフィッシュを撮影してウキウキ気分で自宅に帰り、パソコンで確認したら残念な写真だった…って経験ないですか? 元々写真がヘタッピな僕は、毎度のことなんで慣れてしまいましたが(笑)  でもやっぱり写真を上手に撮る人に憧れるし、綺麗な写真をブログなんかに載っけてみたい! そんな悩みを抱えている人って結構いると思うんです。そこで今回紹介するのは「矢七スタイル」の矢七さんの撮影術。(ブログ中では「オレンジフォトクラブ通信」としてアップされています)基本的にデジタル一眼を使っておられますが、設定がいじれるデジカメならばある程度応用できると思います。ブツ持ち写真から夜景、夕まずめの撮影、構図のことなど分かりやすく説明してくれているのでビギナーでもバッチリかと。ちなみに上の画像は、フルオートで撮った場合と設定を変えて撮影したおなじ時間の風景写真なんだそうです。 このテクニックを知りたい方は画像クリックで、今すぐアクセス! シーバスの話題もテンコ盛りですよ~。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ファスナーに塩分が固着して開閉できなくなる厄介な現象「塩噛み」。
思いのほかガッチリ固まってて、なかなか動かないのでイライラしちゃいます。
世の中には便利なモノがありまして、「塩噛みを解消するスプレー」なんかもありますが、たかだかファスナーを動かすためだけにお金を払うというのがなんか悔しいしもったいない気がしませんか?

そこで今回は僕の愛用していたタックルバッグが「塩噛み」にやられてしまったので、実際に調べて効果のあった解消方法をご紹介します。


※写真を撮り忘れちゃんたんで、画像はイメージです。


塩噛みの初期段階では、「お湯に浸ける」、「CRC(KURE556)をぶっかけてプライヤーで引っ張る」等の方法で解消される場合もあるそうですが、全くビクともしませんでした(笑)。
んで、今回僕が試してみて最も感動した方法は、おトイレ掃除の永遠のアイテム「サンポール」をかけて数分放置するという技。塩噛みがひどい場合は数回に分けて塗布すると徐々に動くようになると思います。(僕がそうだったので)
まだ固着している段階でプライヤー等で強引に引っ張ったりすると破損の恐れがあるので、徐々に力を入れて引っ張っていくことをオススメします。
解消後は固着部分にダメージがない限り、普通に開閉できるようになります。
なおサンポールは微量ながら塩酸を含んでますんで、そのままにしておくとファスナーや生地がやられちゃう可能性もあるのでキレイに洗浄しておきましょう。

「塩噛み」に悩んでおられる方は、市販のスプレーを買う前に一度試す価値アリですよ!

管理人:トモショー

2012/10/03 追記
先日、またまた塩噛みをやらかしまして、この方法を試してみたんですが、なかなか解消せず…。
ヒマな時に根気よくサンポールを塩噛み部分に流し込んでは、プライヤーで引っ張ってみる作業を繰り返すこと2日。
なんとか復活しました! まぁ、素直に専用のスプレーを買えば済むことなんですがね(笑)

2017/12/8 追記
先日、いつも携行しているスプールケースのファスナーが塩噛みしており、INX.labelのタックルエリクサーを使用したところ無事に解消しました。
ファスナーに噴霧後しばらく放置。
その後プライヤーでジワジワを引っ張るを3回繰り返したらスムーズに開閉するようになりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ロッドメンテナンス(グリップ篇)

Posted by tomoshow On 12月 - 10 - 2010 ADD COMMENTS

皆さんのロッド、グリップがテカテカになってたり、キズが入ってたりしてないですか?
恥ずかしながら僕の愛用ロッドはグリップをフナムシの群れにカジカジされてズタズタです。よっぽど美味しい出汁が染みこんでいたんでしょうねぇ(笑)
ま、それは置いといて今回はそんな傷ついたグリップ部分をリフレッシュするネタを紹介しちゃいます。
これさえ知っておけば、もうフナムシに囓られてもヘッチャラだね!


オンスタックルOFFICIAL BLOG

「ロッドメンテナンス」はコチラ!

岸組日記のスパイクさんは、相変わらずのアイデアマンですねぇ。今回は愛用のロッドにお手製のバランサーを着けて、自分好みにチューンしちゃいましょうってお話です。ちょうど僕も日本海メバル用に勢いで買ってしまった「ウォーターサイドロングホーン 106」って長い長い酔狂なロッドに、ヘビー級のダイワのブラディアなんかをチョイスすればバランスが取れるかなぁと思っていたところだったんですねぇ。今度真似して試してみようと思います。持っているロッドがイマイチしっくりこない。重たいような気がするって時、実はロッドとリールのバランスのせいかもしれません。そんなに難しいロッドチューンではないので、試してみるのも一興かと。




自作ジグヘッドを「もうひと工夫」

Posted by tomoshow On 11月 - 26 - 2010 ADD COMMENTS

基本的にアジングで使用するリグ系はほぼ自作しているんですが、基本的にモノグサな性格なので簡単&適当に作って済ませちゃうのが管理人流。ジグヘッドはガン玉をウニッとフックに挟むだけで完成です! そんなんですから、バランスなんてあったもんじゃありません。それに比べて今回ご紹介する海gの釣日記さんの自作ジグヘッドは、簡単な加工で潮を受けやすくするフォルムを実現されています。すでにご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、「ああ、その手があったなぁ」と素直に関心しちゃいました~。

海gの釣日記「ジグフック+割ビシ=ジグヘッド」はコチラ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]