Saturday, December 15, 2018


僕たちライトリガーな人たちは「スローフォール」って聞くと、なんだか釣れそうでワクワクしちゃいますよね?
ゆっくりと沈むモノに反応しちゃうのは、人も魚も一緒のようでなんとも可笑しな話ですな。
んで、今回ご紹介するのはアジングやメバリングのお話ではなく、エギングの話題。
エギにも最近色々な種類があって、各メーカーさんがあれこれ試行錯誤して製品を開発しておられますが、自分好みの沈下速度のモノって意外となかったり。
それだったら作っちまえ!ってんで、エギのスーパースローシンキングチューンを紹介している久遠さんのブログへご案内。
久遠さんはエギをいろいろいじくりた倒しているようで、こんな面白そうなチューンもしておいでで、なかなかの強者。
エギのチューンに関して他にもアップされているので、興味のある方はいろいろご覧になってくださいな。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



基本的にロッドホルダーってやつは釣り竿を固定することさえ出来れば、どんなものでもOKだと思うんですが、やはり見た目はカッコイイ方が良いですな。
当サイトでもちょこちょこ自作のロッドホルダーを紹介していますが、今回の自作品はちょいとお値段が張りますが、機能的にも見た目もグッドなご様子で、しかも簡単に作れてしまう優れ物。
「ちゃんとしたメーカーのロッドホルダーが欲しいけど値段が…」とか「多少お金が掛かっても良いから、しっかりとしたモノが自作したい」って方は、スパイクさんとこのブログを参考にされては如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク




PEラインとリーダーを結ぶ際に避けて通れないノット。
多くのビギナーさんが悩み、苦労するのがこのライン同士の結束ですね。
まぁ僕も実はこれがイヤでイヤで、長いことPEっての使わなかったんですが、いつしか自分なりにいろいろなノットを試して覚え、なんとか結べるようになりました。
今ではFGノットはあまり使わず、強風下でも簡単で素早く結べる コチラのノットを多様しており、ライトゲームからクロダイ、エギング、ライトシーバスを楽しんでおります。
っとまぁそんなワケなんですが、youtubeでちょいと良さ気な「ヒゲなしノット」なるものを見つけたんでご紹介。
いったいどれほどの強度があるノットなのか不明ですが、コメントを見る限り、そこそこ信頼できそうな感じです。
FGノットより簡単でライトゲームで使えるノットを覚えてみたい方は試してみては如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



魚偏に参ったと書くアジですが、一説によると「味の良さに参った」ってとこから、「鯵」って書くようになったってお話があるんですが、今回はそんなウマウマなアジを刺し身で美味しく食べるための捌き方のご紹介であります。
まぁ、捌き方なんかは文章で説明するのは難しいので、動画を見てもらうのが一番なんで説明は省きますが 、この方法で捌くと身に余計な雑味が付かないので、アジ本来の味が堪能できるそうです。
鮮度抜群の魚を食べられる贅沢な趣味を持つ僕たちだからこそ、美味いものは最高の状態で食べたいっすよね?
美味いものを食べるためには、それなりの工夫とテクニックと知識が必要。
釣ったアジは是非、血抜きをして絞めて、そしてクーラーに入れてくださいな。
釣ったやつをそのままコンビニ袋に入れ、ぶら下げてたら絶対に美味しくありませんw



関連記事
ちょっと意外なメバル料理のレシピをご紹介
手っ取り早く魚を絞める万能アイテム「ハサミ」
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


僕たちアングラーの愛車に欠かせない装備としてロッドホルダーがありまして、これがあるとのないのとでは移動を繰り返す釣りなんかの快適さが違います。
しかし、ちゃんとしたロッドホルダーってのはちょいと高価なものもございまして、 気軽に買えるものじゃありませんね。
ってなワケで今回は、庶民の味方である100均アイテムで簡易ロッドホルダーを作っちゃおうって話題を提供している、ゲイリーマツモトさんとこのブログをご案内。
記事に登場している車は日産 ジュークですが、他の車種にも対応できる小技なので、ロッドホルダーにお悩みの方は試してみては如何と。


関連記事
ロッド1本を気軽に車内に吊り下げるアイデア品
ちょっとした移動に重宝する簡易ロッドホルダー
パーツに拘った脱着式の自作車載ロッドホルダー





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ナカムラさんとこのブログに、これはちょいと知っとくと便利よねぇって、小技がアップされているのでご紹介。
すでにご存知の方はスルーして頂きたいネタなんですが、僕は100円ショップで仕切り板が売られている のを知らなかったんですね。
んで、今回はそんな便利なアイテムを使って、手持ちのタックルボックスやルアーケースなんかを自分好みにアレンジしちゃおうってお話。
フィールドやターゲットによって使うルアーの大きさはまちまち。
市販のルアーケースなんかも、自分の好みにピッタリ合ったものなんてのは意外とないものですよね?
そんな時はこの仕切り版を使って切った貼ったすれば、ある程度は改善されるのでは?って思うんですな。
気になる方はレッツトライ。


関連記事
ワームを真っ直ぐに収納しておく裏技を伝授
ミニマル専用ケースとベイトフィネスタックル
魔法の粉「モエビパウダー」の使用感をレポート





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


リールに巻いてあるラインを回収するって作業は意外と面倒で、専用の道具があるもののちょいとそれだけのために購入となると躊躇してしまいます。
今回は電動ドライバーを持っている方限定のネタで誠に恐縮ですが、まさに「この手があったか!?」 と思わせるごんずい博士さんとこのブログを紹介。
文中には自作のライン巻取り機の話題のほかに、回収したラインを手早く塩抜きする方法もアップされているので、リールのメンテが気になる感じの方はご覧ください。
僕はリサイクラーを持ってないので、次回のライン巻き替え時は是非マネさせて頂きます!



スポンサードリンク

スポンサードリンク


ベストやベルト、バッグなんかにちょっとした小物をぶら下げて使われている方って、結構いらっしゃると思うんですね。
とくに使用頻度の高いアイテムなんてのはサッと出せて、パッとしまいたいもの。
今回はそんな「小物ぶら下げ派 」に嬉しい、お安く簡単に作れるブツを紹介しているごんずい博士さんとこのブログをご案内。
特別な技術や道具は必要なく、100円ショップやホームセンターで手に入るモノで作れるので、気になる方は参考にされてくださいませ。


関連記事
ロッド1本を気軽に車内に吊り下げるアイデア品
ちょっとした移動に重宝する簡易ロッドホルダー
手軽にロッドバランスを調節しちゃう小技





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


なんかジグヘッドが飛ばない時、ティップを見て思わず出ちゃう「あ…」。
ワクワクして投げる一投目に気がつく、虚しい「あ…」 。
リールを巻く手元に目を移した時、思わず溜息と共に漏れる「あ…」。
これら全ては初心者から上級者まで、全てのアングラーさんが度々経験する ありがちなライントラブル。
ティップの先端にくるりとラインがまとわりついていたり、ベールにラインを通し忘れていたり、スプールからラインが飛び出ていたり…。
とくに3番目のトラブルは厄介で、僕もこの状況に何度泣かされたかわかりません。
釣りを始めたばかりのビギナーさんがこのスプールの巻き乱れに見舞われると、戦意を喪失しヤル気をなくしてしまうのでご用心。
未然に防ぐにはラインローラーにラインをしっかりと通し、テンションが掛かった状態で巻き取ることです。
ライトリグを扱う時は常に上記を意識して、クセをつけましょう。


ってなワケで、今回は34フィールドガイドの米本さんとこのブログから
初心者へ送る『困ったときは!』①
初心者へ送る『困ったときは!』②
初心者へ送る『困ったときは!』③
の3つエントリーをご紹介です。

これを覚えておけば、釣り場でイライラすることはなくなりますよん。

関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法
知ってるとイラッとしないリールに関する小技





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


レオンさんとこのブログに、ミニマル専用のルアーケースとソルトベイトフィネスのリールについての話題がアップされています。
実はこのミニマル&メタルマル専用ケース、僕も気になっていた アイテムでして、その作り方が知りたいなぁって思っていた逸品。
作り方の解説はありませんが、アップされている画像を見れば自作派ならば一目瞭然。
ミニマルだけでなく他のルアーの収納なんかにも使えそうなんで、参考にどうぞ。
また、もうひとつの気になるアイテム、ベイトフィネスのリールに関しては、レオンさんが使用している2機種を紹介。
それぞれそのリールを選んだ理由や、ソルトアングラーの視点でのインプレが書かれているので、ベイトフィネスタックルに迷っている方は読んでみてくださいな。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


プラグの浮力をアップさせ、自分好みにチューンできる新感覚の素材がZAPPUさんとこから発売されます。
今までのプラグのウェイトチューンはシールタイプのシンカーを貼り付け調整を行ってきましたが、今回紹介する「フローティングボード」の発想はその逆で、高浮力素材を貼り付け浮力調整を可能にするというユニークなアイテム。
お気に入りのプラグをスローシンキングにしたり、サスペンドタイプにカスタムしたりと、自分好みのルアーにカスタムすることが可能。
ルアーに貼る位置によっては、微妙にアクションや姿勢も変えることができるかもしれないので、いろいろと試してみるのも一興かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



クロダイのボトムゲームで使われるルアーってのはいろいろありまして、チヌゲーの元祖であるMリグから発展していったプラグを使用するもの、ジグヘッド、ラバージグ系などいろいろとあります。
このズル引き系のリグは自作も簡単で、コストパフォーマンスも高く良く釣れるので、ズル引き愛好家の方々はアレコレ試して楽しんでおられるようです。
んで、今回はちょっと良さげな自作リグを紹介している猫ユキさんとこのブログを紹介。
全国のどんな釣具屋さんでも入手可能なナス型オモリを使用するリグなので、材料調達から加工、作製まで簡単お手軽なんで、不器用なお友達にもオススメなんでございます。
ちなみに「さるカニ」なんてリグも紹介されてますんで、合わせてお楽しみくださいませ。
レッツ ボトムノック!



スポンサードリンク

スポンサードリンク



釣り専用車をお持ちの方が、大抵付けている装備に車載ロッドホルダーがあります。車の天井にズラリと並んだタックルってのは、見た目も気分も良くしてくれるものでして、ちょっと優越感に浸れちゃう部分もあったりします。しかし、家族と共有している車となるとそうも行かず、専用のロッドホルダーなんて取り付けることも難しいかと思います。
そこで本日は、専用品ではないけれどロッドホルダーとしても使えちゃう 「シートフック」を紹介しているブログを知らせ。
コンビニとかトートバッグなどをぶら下げるフックが、簡易ロッドホルダーに早変わりしちゃうのです。


関連記事
ちょっとした移動に重宝する簡易ロッドホルダー
パーツに拘った脱着式の自作車載ロッドホルダー



スポンサードリンク

スポンサードリンク



僕はクロダイのボトムゲームってヤツをほとんどやらないので、そのフッキング率ってのがイマイチよく分からないんですが、なんだか良さ気なネタがあったので、ボトムゲーム文化圏の皆さんにご紹介。
画像はバイブレーションに対してチューニングしてますが、ラバージグにも使えるそうなんでそちらを使ってる方にもオススメできそうな感じです。やってないからなんとも言えなけど、たぶんMリグにも使えるかと思いますです。


関連記事
トップチヌに欠かせない3大要素を解説
レオンさん直伝 ミニマルのクロダイゲーム
「クロダイは神経質という噂」は本当なのか?
お手軽な自作のチヌリグ:マッキーリグを紹介






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


先日ツイッターのタイムラインをボケーっと眺めていたら、ウェーダーの補修についての耳寄りな情報がツイートされていました。その情報を元にちょいと検索しまくって、良さげなリペア方法を紹介しているブログを見つけたんで、全国の浸かりマニアな方々にご紹介。
本日のエントリーは当サイトのネタらしく、すべてホームセンターで手に入るアイテムで、お手軽簡単に補修ができちゃう裏ワザ。紹介している方法だとなんか頼りなくって心配だよね~って方は、 F.B.I.さんとこのブログのエントリーを読んで頂ければ、その効果の程がわかるかと思います。
それでは、多用途型接着剤「セメダイン スーパーX」を使用したウェーダーのリペアを公開している、山奥日報さんのエントリーを御覧くださいませ。
超速硬化・超透明タイプのゴールドもあるよ。


関連記事
簡単かつ安価に「塩噛み」を解消する方法
この時期お世話になるレインウェアのメンテ方法
自宅でも出来る 超簡単ゴアテックスのメンテ法





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


なくても釣れるんだけれども、ないと寂しいしなんとなくマヌケな感じ。でも、やっぱりバイトマーカーとしての役割もあるし、付いてないと気持ち悪いので、やっぱ付けとく!ってのがプラグにおける目ン玉、「アイ」であります。これがホントに厄介な存在でして、片方だけが残っていたりするとA型気質の僕ちゃんなんかは気になって仕方ないんですね。
今回は僕とおなじような悩みを持つ、繊細な心のアングラーさんに捧げる目ん玉製作方法であります。
もちろんメーカーから売られているものもありますが、自作の方が安価だし、少女マンガ的なキラキラお目も作れちゃうのでオススメです。アイデア次第でいろいろとオリジナルの目ン玉が作れちゃうのがポイント高しです。



バスデイ 3Dアイシール 4mm ゴールド
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



メバリングやアジングを嗜むソルトアングラーから絶大な支持を受けている汁物系ワームといえばGulp!ですね。その人気の秘密はやはりあのクッサイ汁でして、その効果は他のワームと比べるとやはり違うらしいんですな。僕はほとんど使うことがないので、その効果の程はよく分からないんですが、汁物愛好家に言わせると別格のようです。
しかし、いくら晩御飯のおかずを連れてきてくれるガルプ様でも、ひと度その汁がバッグや車の中に漏れようものなら大惨事。魚にとっては魅惑のオイニーでも人間様にとっては悪臭でしかないので最悪ですね。
今回はそんな汁物を保管・携行するためのアイテムのインプレをしているpuchitenshiさんとこのブログを紹介。ガルプの容器の他に、使用したワームの再利用法や、乾いてしまったワームの復活法なんかも紹介しているので、汁物信者や入信希望者の方は参考にされてみては如何でしょうか?
ちなみに僕は「バーサスのVS-L425」をバッグにずっと入れっぱなしにしていますが、全く漏れる気配がございません。
コレ優秀。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



現在のアジングシーンで最も熱いのがジグヘッド単体ゲームでして、その釣りに特化した専用ロッドなどもリリースされているので、繊細で奥の深い世界を楽しんでおられる方も多いかと思います。しかし、元祖アジングリグと言っても過言ではない、スプリットショットやキャロなんかも負けず劣らず活躍中でして、メインとして好んで使われる方もまだまだ居らっしゃいます。んなワケで今回は、スプリットに使用されるシンカーについての、ちょいと通好みなお話をひとつ。「遠くに飛ばしたいけど、ゆっくり沈めたい」、なんて我侭なライトゲーマーにオススメの豆知識的エントリーをえぼさんとこのブログからご紹介でやんす。


関連記事
超軽量スプリットで挑むアジングの可能性
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


海外遠征で大物を狙う「怪魚釣り師」である武石さんとこのブログに、頑丈なロッドケースの作り方がアップされているのでご紹介。
外国のみならず国内での遠征に欠かせないのがロッドケース。マイカーなんかで移動の場合はあまり気になりませんが、飛行機や電車、フェリーや渡船なんかを使う釣行では、ロッドの扱いに気を使うもの。ぶつけられたり、倒されたりする可能性もあるし、自分の手のから離れた先でどんな扱いをされているかも分かりません。せっかくスケジュールを調節し、お金を掛け楽しみにしていたのに、旅先でロッドが破損なんて目も当てられませんね。そんな事態に陥らないためにも、頑丈なロッドケースを用意しておきましょう。基本的に安価に仕上がるお手製ケースですが、見た目を気にする人はロッドカバーに拘るのも面白いかもしれません。
個人的にはビニールテープ巻いただけの方が無骨だし、ワイルドで好みです(笑)



スポンサードリンク

スポンサードリンク

デジカメの性能が年々向上し、ケータイやスマートフォンまでもが進化している昨今。誰でも手軽にキレイな写真が撮れるようになり、SNSや個人のブログが釣行写真やキャッチした魚の画像で彩られるようになりました。しかし、いつでも何処でも簡単に撮影できるようになりましたが、満足のいくモノが撮れるかどうかってのは別問題。いろいろと頑張ってはいるけれど、気に入った写真が撮れないって方は意外と多いと思います。今回はそんな写真に拘りたいアングラーさんのために、デジカメのスキルアップ講座を紹介。美麗な写真を撮り続ける2人のカメラ好きアングラーが、とっておきの撮影テクを伝授してくれちゃいます。これでアナタも、今日から残念な写真とはおさらばです。
しかし、松尾さんの写真に対するスタイルってのは素敵ですな。 タバコ禁止w


オリンパス STYLUS TG-4 Tough BLK ブラック 《5月22日発売予定》
by カエレバ



スポンサードリンク

スポンサードリンク



【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]