Sunday, June 24, 2018

rinmeba001


アングリングソルトの動画に、岩崎林太郎さんの暑い時期のデイメバル動画がアップされているのでご案内。
水温が上昇して暑くなってくるとメバルは磯につくんだそうで、今回は磯場でのデイメバリングを実釣解説。
注目はジグヘッドとワームを変えた途端にサイズアップするところ。
また普通のジグヘッドとタングステンのジグヘッドとの違いも解説されているので、それらの使い分けを知りたい方にもオススメです。
そして動画の後半には、今回のロケで使用したダイワのニューロッド「月下美人 AIR AGS メバルモデル」の解説もされてますんで、こちらのアイテムが気になっているアングラーさんも是非。


スポンサードリンク






関連記事
酔狂なメバル師のための夏メバル攻略の勘所をレオンさんが伝授です
激戦区を回避してアジングを楽しむ。雨後の濁った河口は絶好の竿抜けポイント!
常夜灯周辺のアミつき尺メバルの狙い方を岩崎林太郎が紹介


スポンサードリンク

natsumeba001

さて日本各地で梅雨明けが発表されましたが、メバルのネタです。
ちょいと更新が遅れましたが、暑い時期でもメバルを狙いたい酔狂なメバル釣り師と自分へのメモ的な意味合いを兼ねての投稿です。
基本的にオフシーズンではありますが、条件さえ整えばまだメバル釣行が可能なエリアは存在します。
今回は水温が上がっている状態の時に、どこを狙ってどのようにすればメバルが釣れるのかを教えてくれているレオンさんの動画をご案内です。


スポンサードリンク







関連記事
季節外れとは言わせない 「夏メバル攻略動画」
金丸流 夏メバル攻略法を動画で解説


スポンサードリンク

fyn001


PEラインで厄介なのが何かの拍子に絡まって、さらに結び目ができちゃう非常にめんどくさいトラブル。
ゆるく絡まってる場合は上手くやれば解消できますが、きつい結びコブができちゃった時は道具を使わないと復旧はほぼ不可能。
そこでご登場願うのが、今回紹介するファンキー山岡さんがオススメする非常に身近な素敵アイテム。
ジャケットやタックルバッグにちょこんと着けておけば、不意のライントラブルでも安心。
切らずにPEのトラブルを解消できる可能性が格段に上がるんで、皆さんもマネされてみては如何でしょうか?


スポンサードリンク







関連記事
PEコート剤を使った絡んだPEラインのトラブル解消法を伝授
イラッとするプチトラブルを解消する小技紹介
PEのお悩みをお得にシュッと解消するスプレー

スポンサードリンク

nada_crow01

nada.さんのオフィシャル動画に以前コチラチラリと紹介したトップ用ペンシル「CROW」の紹介動画がアップされているのでご案内。
今回の動画はスケボースタイルでお馴染みの荒牧さんが実際にチヌを狙いつつ、「CROW」の特徴や使い方を紹介。
またトップチヌを楽しむために気をつけたい注意事項の説明もありますので、この釣りをやってみたいって方にもオススメ。
とにかくトップでチヌを釣りたいならば早アワセ&びっくりアワセは厳禁。
しっかりとバイトシーンを楽しんで、重みが乗ったところでフッキングしてくださいませ。


スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
メガバスのポッピングダックの特徴とトップチヌの楽しみ方を動画で解説
タフコンディションで年無しを引きずり出す そのテクニックを伝授
シマノさんちのクロダイポッパー「ライズポップ」が良さげな感じ

スポンサードリンク

ksgwd001


オンスタックルデザインさんのオフィシャル動画に、ライトワインドでのカサゴの釣り方を分かりやすく解説した動画がアップされているのでご案内。
カサゴの楽しみ方といえばテキサスリグやジグヘッドでボトムをじっくり探るというイメージですが、今回はワインドで「チャッチャッチャッ!」とやって捕食スイッチ入れ、カサゴ先輩にワームをガッツリと頬張って頂く釣り方。
使用タックルから操作法、アタリの取り方を手取り足取り教えてくれるので、ビギナーさんでも大丈夫。
アクティブでテンポの早いカサゴワインドを、是非お楽しみください。


スポンサードリンク




by カエレバ


関連記事
ダウンショットアジングを動画で優しく解説
ライトワインドでカマスを狙う実釣動画を紹介
ボトムワインドで狙う サーフのマゴチ&ヒラメ


スポンサードリンク

mkhh001


LureNews Rの動画で、村上晴彦さんが一風変わったリグでアジ&メバルを釣りまくってるのでご案内。
このリグはメインラインの先にエダスの付いた仕掛けをセットしラインの先端にジグヘッドを2つ付けたリグでして、シャクリを入れると2つのジグヘッドがダブルでダートするという超ハイアピールなもの。
「ジグ単」が持て囃されているなか、ちょいと歌舞いたリグでいつもと違った釣りを楽しむのもなかなか粋なもんですな。
村上さんはソルトオンリーのアングラーと違い、時折見せるバスアングラーっぽいアプローチや解説が新鮮で、とっても参考になります。
釣りを楽しみながらもしっかりとリグやヒットした状況の説明もしてくれるので、非常にわかりやすい内容となってますんで是非。
またコチラでは現在開発中のロックなアイテムが見られますんで、ライトロックなアングラーさんはチェックですぞ!

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
issei 海太郎からライトゲームロッド「碧」~あおい~がリリース
村上さんが海太郎でボートメバリングを楽しむ
海太郎のJH&ワームをボートアジングで紹介


スポンサードリンク

gwp8wkx5x8xj48faxz9w-e4319416


以前周防大島アジング大会のシマノブースで、テスターの丹羽さんからチラリと伝えられた新型アジングワームですが、ついにその全貌が明らかになっちゃったんで、アジンガーなみんなに早速お知らせです。
今回紹介する新型ワームは「モモアジ」という、目でベイトを追うアジに効くストレートでプルプルな微波動なヤツ。
ちょいとピーチな感じのキュートなネーミングですが、名前の由来に関してはコチラを参照のこと。
んで、この「モモアジ」ですがデイゲームにも強く、明るい時間のシビアなアジでもバイトに持ち込めちゃうデキる子でして、その模様は下の動画に収録されています。
動画中には「モモアジ」と使用タックルの解説のほか、デイアジングのコツなども直々に披露。
ちょいと注目したいのが釣りをしている際の丹羽さんの立ち位置でして、魚たちにいらぬプレッシャーを与えないために2~3歩引いた所からキャストしている点。
ほかにもスラさないための配慮などもしているので、立ち振る舞いなども気にして観ると参考になる思います。
しかし、本当に楽しそうに釣りをする方ですね!
その姿を拝見しているとこっちまで楽しくなっちゃいます。
一緒に釣りに行ったら、ムッチャ楽しいでしょうなぁ。


スポンサードリンク




by カエレバ

関連記事
アミパターン特化型ワーム「スローダイバー」が今までとは違う感じで良さそうな件
テスターが教えるA-jigの素晴らしさと使い方
ワームを真っ直ぐに収納しておく裏技を伝授

スポンサードリンク


metal_madai

ポッキンさんがベイトタックルを使用したマダイのメタルゲームを紹介する動画がアップされているのでご案内です。
前半は潮の流れが把握できる日中で、この釣りの基本的なパターンを紹介。
潮上にキャストし流れに任せながらメタルジグを送り込んでいく、ベイトタックルならではの釣り方をチェックしておきましょう。
動画の後半は暗くなってからの実釣解説で、この釣り独特の「聞きアワセ」や探るような釣り方に注目。
メタルジグの釣りというとテンポの早いイメージがありますが、スローにじっくりと誘うこの釣りはアジングに通じるものがあるので、繊細な探るようなスタイルが好きな方にオススメかも。
関連記事にも過去に紹介したポッキンさんのマダイゲームのリンクを貼っておきますんで、興味のる方はあわせてご覧ください。


スポンサードリンク




by カエレバ
 

オフト(OFT) シャドーシュート 6g #06 ピンクバックゴールド

関連記事
ポッキンさんのマダイゲームを一部始終公開
激流の紅いヤツを攻略!ポッキンさんの実釣動画
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!
新ジグ シャドーシュートをポッキンさんが紹介


スポンサードリンク


basaromv01


当サイトではあまりハタ系ゲームは扱わないんですが、この夏発売予定のマグバイトさんの「バサロ HD」がなかなか画期的な機構を搭載しているので、バサロ3兄弟を解説している出来立てホヤホヤのPVをご紹介。
一般的にハタ系の仲間を釣るのに使用されるリグといえばテキサスリグだと思うんですが、このバサロはスイミングさせて釣ることに特化させたリグ。
個人的にバサロは根魚アイテムというイメージが強かったんですが、実はそれ意外にもヒラメやマゴチというフラットなお魚や、シーバスや青物にも効果なんだそうです。
言われてみれば納得で、バサロは日本古来の万能漁具「インチク」を今風にルアーアレンジした製品。
そんなもんだから逆に、それらが釣れちゃって当たり前なのかも知れません。
そして「バサロ HD」ですが、これは船からの縦の釣りにも対応できる特殊な機構を搭載したとってもエクストリームなリグでして、独自のレールアイでフックが自由に移動するというユニークなもの。
僕の拙い言葉で語るよりも動画で開発に携わった伊藤さんの解説を観たり、コチラを読まれたほうがその素晴らしさが伝わると思います。
ショアからは「バサロ」、サーフは「艷バサロ」そして沖やディープを狙うならば「バサロ HD」がオススメ。
ロックなお魚からサーフな扁平系、そしてブルーなランナーまでもをターゲットとしてしまうバサロブラザーズは、とっても欲張りな現代版インチクなんですな!


そしてここで、最近注目されているグルーパーな釣りで非常に大切なことのお知らせです。
ハタ科の魚はファイトも強烈でしかも高級で美味しいため人気急上昇中の魚ですが、個体数が少なく成長も遅い希少な魚です。
僕はこの釣りを否定するワケではないのですが、ここ最近ちょっと怖さを感じています。
メバルやアオリイカ、そして最近ではアジまでもサイズ、数とも減ってきていること考えると、ハタ科の魚たちも過剰に持ち帰るとおなじ運命を辿るんじゃないかと懸念しております。
ひょっとしたら個体数が少ないために、もっと深刻な状態になるんじゃないかと感じています。
そんなワケで今回は伊藤さんがリリースとそれに関するアイテムを紹介するブログも書かれているので、あわせてご案内させて頂きます。
釣りを楽しめるのは魚が居てからこそ。
どんな釣りもそうですが過剰な捕獲は避け、食べる分だけ持ち帰り、魚たちと釣り場の回復に努めましょう。
そして、繁殖力があり大きくなる遺伝子を持つ、大きな個体。
さらに産卵前の個体や抱卵個体もリリースする気遣いも必要だと考えています。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


khchinu01

林健太郎さんがチヌのボトムドリフト釣法を解説する動画がLureNewsさんにアップされているのでご紹介。
一般的にチヌ&キビレのボトムゲームと言えば「ズル引き」ですが、今回は流れを利用したドリフトの釣りをご案内。
アブガルシアさんのベイトロッド「エラディケーター ベイトフィネスカスタムエアー EBFC-75MLS-TZ 」とスピニングロッド「ソルティースタイル STKS-782L-KR」を使い分けて、河川に入ってくるチヌやキビレを狙います。
それぞれのタックルを活かした釣り方と、使用リグである「チェックメイト」「バブルスピア」の解説も収録されていますんで、ボトムゲームを楽しみたいって方は、是非ご覧ください。

スポンサードリンク



by カエレバ


by カエレバ

関連記事
チェックメイトを使ったチヌのボトムゲームを林健太郎が分かりやすく解説
追加された2本のKR-X黒鯛を実釣インプレ

スポンサードリンク

shimano_ment01


シマノさんのアフターサービスページに「スピニングリール」&「ベイトリール」のグリスアップ動画がアップされているのでご案内。
実は以前コチラで分解メンテの模様を収録した動画を紹介していたのですが、大人の事情か何かで非公開となって観られなくなっていたんですね。
またベイトの分解メンテ動画もあったんですが、そちらも同様に非公開となり、非常にガッカリした記憶があります。
今回新たにアップされたのはスピニングリールのグリスアップ動画でして、こちらは分解作業の様子が収録されてはいるものの倍速再生されており、詳細をゆっくり見るのは難しくなっているのがちと残念。
しかし、どこにグリスやオイルをさすのかが良くわかるありがたい動画なので、メンテナンス方法が知りたいって方はオススメ。
このページにはほかにも、電動リールや両軸リールなどのメンテ動画もアップされてますんで、それらのリールもお持ちの方は参考にされてくださいな。
できるアングラーは道具の手入れも怠らないもの。
これを機会にリールのメンテも覚えてみては如何でしょうか?

スポンサードリンク


by カエレバ

タックルメンテナンスの基礎知識(2)

関連記事
イラッとする「ハンドル逆回転」を解消するために参考にしたブログをご案内
自分でやりたい人のちょい古リールメンテ講座
メンテのプロが教えるダイワリールの洗い方


スポンサードリンク



machinu01


チヌのボトムゲームといえば、リグを底まで落としてそのままズルズルとボトムをトレースしていくのが一般的。
この釣り方はチヌゲーというものが生まれた時からずっと受け継がれてきている基本スタイルで、今でも多くの人がこの方法で楽しんでることと思います。
底を引いてくるだけという手軽で簡単な反面、常に根掛かりの危険と隣合わせなんで好きになれない人も居るはず。
僕もそんな1人で、トップ以外のチヌ釣りはほとんどやらないんですね。
しかし、今回はそんなチヌゲーの欠点を解消する釣り方を紹介。
ボトム付近をドリフトさせる釣り方や、リグをダートさせリアクションで食わせるんで、根がかる確率は大幅にダウン。
しかもデイゲームもOKなんで気軽さも倍増!
トップに反応しない時に試してみるのも良いですな。

スポンサードリンク



by カエレバ


関連記事
ボトムバンプでバイトを掛ける! ハイテンポなチヌゲーを紹介
かち上げ式リアクションなデイチヌゲームを紹介
エビやカニ、小魚だけじゃない!? まさに雑食というチヌの偏食パターン


スポンサードリンク



leonplug01


アングリングソルトの動画に、メバリングアングラー必見のハウツー動画がアップされているのでご案内。
メバルをプラグで釣る場合「タダ巻きで釣れる」とか「ほっとけで釣れる」、「水面直下が良い」とか「トゥイッチを入れる」などいろいろと操作や食わせ方について言われますが、実際どれくらいのアクションやレンジ、スピートが良いのかが文章や写真でははっきりと分かりません。
僕もこの辺りが良く分からなくって、悶々とすることがあったんですが、この動画を観て一気に腹落ち。
自分の釣りを振り返って「あ~、動かし過ぎだったんやね…」って思い当たることもあったんで、プラグでメバルを狙っている方は必見。
なかなか釣果に恵まれないって人は「ルアーは動かすもの」ってイメージが強すぎて、それが裏目に出てるんだと思うんですね。
この動画をじっくりと観て、リーリングスピードやルアーのアクションをしっかりと覚えてくださいませ。

余談ですが最近ちょいと気になってる事柄を。
一般のアングラーさんや業界関係者さんまでもが結構「プラッキング」って言葉を使いますが、正式には「プラッギング(plugging)」が正しいと思うんですね。
ちょいと引っ掛かってたので、念のため。

スポンサードリンク



by カエレバ
 

by カエレバ

関連記事
アミパターンのメバルプラッギングで重要なトゥイッチの質とキモを解説
レオンさんが教えるメバルプラッキングの極意
釣れるメバリングプラグのリトリーブ速度を伝授


スポンサードリンク

topmeba001

いや~、ビックリですね!
メバルがこれほど水面から割って出るとは思いもよりませんでした。
メバルのトップの出方っていうと「パシャッ!」ってイメージですが、今回紹介するレオンさんの動画ではまさしく「ドバッ!」っと出ているんですな。
なんと魚体が完全に水面から飛び出しちゃってるのが丸見えなんです。
水面のベイトにアタックを仕掛けるメバルって、実はこんなにアグレッシブだったんですね!
メバルの認識がガラリと変わっちゃう、そんな衝撃の映像です。
この動画はInx.labelからこの秋発売予定のDVD「メバルプラッギングの全て」から抜粋されているそうなんで、そちらDVDも楽しみですな。

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き
トップウォーターメバリング新時代の幕開け
デカトッププラグで「ポチャパク」メバリング


スポンサードリンク

IMG_3065 最近LureNewsさんが釣りに関する興味深い情報を発信するサイトを始めたんですが、これがウチの存在を脅かしおそうな感じなんで少々恐怖を感じております(笑)
ですが、なかなか面白そうな話題が紹介されてますんで、更新するたびにチェックさせて頂いております。
今回はその中から、秀逸な2つのスナップの収納方法をピックアップ。
泉さんバージョン村上さんバージョンを御案内です。
以下に泉さんの収納グッズを詳しく紹介している動画を貼っておきますんで、気になる方はあわせてご覧ください。
スナップ収納系の製品では「SLASH スナップフッカー SL-066」が個人的にオススメです。

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
これは盲点! スナップケースにピッタリな「ス~ッ」とする、あのお菓子のケース
「手返し上手は釣り上手」 スレッダー活用術
ルアーの動きに影響するスナップの使い分け


スポンサードリンク

ikaptnaj01


じょーじ山本さんの自画撮りアジング動画が、アンソル動画にアップされているのでご案内。
今回は8gから20gのメタルジグを使って遠投し、沖を探るアジングを紹介。
本動画の見どころは、実況解説付きでじょーじさんの多彩なアクションがじっくりと見られるところ。
魚の様子を窺いながらウェイトをチェンジし、食い気のあるヤツを釣っていきます。
予想外の大きなゲストとの緊張感走るやりとりも収録。
約13分の短い動画ながら、濃ゆい内容となっております。
下の関連記事にもメタルアジングのネタを貼っておきますんで、興味ある方はあわせてどんぞ。

スポンサードリンク


by カエレバ
 

スポンサードリンク

mjmeba001


アングリングソルトの動画に、レオンさんの堤防メバリングの動画がアップされているのでご案内。
メバリングの主戦場は何と言っても常夜灯のある防波堤。
闇磯やゴロタ、サーフなんかで釣りをするスタイルもありますが、今回は基本の明かりつきのメバルです。
しかし、明かりがあるからといってどこでも良い釣りができるってワケじゃないのがメバル釣りの難しいところ。
本動画では「釣れる防波堤」の見つけ方をレオンさんが伝授。
また、ボトムのエサを捕食しているディープなメバルを狙うためのメタルジグも解説。
センター、フロント、リアといったバランスの違うものを用意し、それぞれの特徴を紹介していきます。
そして動画の後半からは、いよいよ実際にメタルジグやちょいデカ系プラグを使って実釣開始。
風が強くシブい状況のなか、いかに魚を見つけ釣っていくかをご覧くださいませ。


スポンサードリンク


【ブリス】海楽疑似餌 メバジーFW 2g/4g[ネコポス:3]
by カエレバ
 

関連記事
使い方はアイデア次第! 可能性にあふれた異色のメタルジグ「シーライドミニ」の遊び方
バイスライダーで解説するレオン的カラーチョイス
メバジギ名手の必殺技・ツーチョンメソッドとは


スポンサードリンク

pmx_gmx001


ギアステーションの動画に、新しくなったクレハさんのフロロカーボンショックリーダー「グランドマックス ショックリーダー」「プレミアムマックスショックリーダー」を紹介している動画がアップされているのでご案内。
細いラインで魚とやりとりをするライトゲームには、やはり細くて強いショックリーダーが必需品。
数あるリーダーのなかで抜群に強いのは、やはりクレハのシーガーシリーズだと思うんですな。
新発売のシーガーシリーズ最強を誇る「グランドマックス ショックリーダー」は耐摩耗性に優れており、さらに根ズレに強く切れにくく感度がアップ。
一方、リニューアルした「プレミアムマックス ショックリーダー」は、しなやかさと衝撃吸収を追求しノットが組みやすいという優れもの。
いずれのラインも「ギリギリまで細くしたいけれど、根ズレに強く引っ張り強度も欲しい」という矛盾を孕んだライトゲームにピッタリ。
磯場やテトラ帯では「グランドマックス」を、防波堤からの釣りには「プレミアムマックス」、というようにシチュエーションやスタイルにあわせて使ってみてくださいな。
ちなみにコチラの特集ページもなかなか面白いことが書かれてますんで、リーダーの突っ込んだお話に興味ある方は是非。


クレハ(KUREHA) シーガー プレミアムマックスショックリーダー 30m 0.8号 クリアー【あす楽対応】
by カエレバ
 
クレハ(KUREHA) シーガー グランドマックスショックリーダー 30m 1.5号 クリアー【あす楽対応】

関連記事
シーガーGroundmaxの圧倒的な強さを動画で紹介
塗って乾かすだけで結束部分の強度を補う「ストロングノット」がなかなか良さげ
ライン特性の基礎を動画で分かりやすく解説


hazesp001


ダイワさんのオフィシャルブログを見ていたら、「ハゼスプーン」なる面白そうなアイテムがあったのでピックアップです。
このハゼ用スプーンですが実は「アジングスプーン」にハゼチューンを施したした特別仕様。
気候も良くなってきて、家族と遊びに行く行楽シーズンあわせてリリースというからダイワさんも粋なことをしますな。
ハゼは昔から釣りの入門ターゲットとして知られているので、エサを使わずにできるルアーの釣りは子どもたちやビギナーさんにピッタリかも。
ハゼがどれくらいスプーンに反応するのかを撮影している動画がコチラにありますんで、興味のある方はあわせてご覧ください。
ルアーに対して高反応でサイト(見釣り)で楽しめるハゼ釣りは、思いのほか熱くなると思うんですな。
ロッド片手のお散歩フィッシングや、ゆるい釣りで楽しみたいって方オススメです。
ちなみにこの製品はアジングにも使えるんでアジにもどんぞ。
動画を見るとスイムレンジが浅いので、アミパターンのメバリングなどにも使えそうですな。
ハゼをクランクで釣る「ハゼクラ」も関連記事で紹介しているので、そちらも是非!

ダイワ(Daiwa) 月下美人 アジングスプーン 1g 蛍光緑茶唐辛子
by カエレバ

関連記事
クランクでハゼを釣る ハゼングの楽しみ方動画
巻くだけ簡単お手軽「ハゼクラゲーム」を伝授
ハゼとルアーで遊ぶ「ハゼクラ」 その時水面下では何が起こっているのか?




pckjtm001


アングリングソルトの動画にポッキンさんのメバリング動画がアップされています。
ポッキンさんと言えばリグにいろいろな工夫を施し魚を釣っていくというイメージがありますが、今回はシンプルにジグヘッド単体での釣り。
本動画では流れのある日中の沖堤防で、潮流を利用した基本的な釣り方を紹介。
またナイトゲームでは濁りの入ったコンディションのなか、じっくりと根気よく探っていく釣りを展開します。
ロケ当日はターンオーバー気味でシブい状況だったようで、メバルに出会うのに苦戦されたようですが、釣り方は変わらないと思うので参考にされてくださいませ。
「それはいーけど、ターンオーバーって何よ?」って方はコチラをどんぞ。
しかし、ターンオーバーって嫌よね…。


【オフト】スモーキー スパッシュヘッド ヘビーウエイト「5g/7g」[ネコポス:2]
by カエレバ
 

関連記事
ポッキンさんが教えるジグヘッド単体メバリング&ベイトタックルメバリング
藻場等で活躍しそうなリグをポッキンさんが伝授
ポッキンさんのメバルテク「14リップス」を解説




【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]