Saturday, December 15, 2018

ganpeki001
基本的なクロダイの釣りってのはトッププラグやボトムリグを使って広範囲を探っていくのが定番ですが、今回紹介するのはちょいと趣向が違う壁際の釣り。
古くから防波堤際のクロダイは「落とし込み」で楽しまれていて、これはこれでかなり奥が深そうで面白そうな釣法。
それをルアー的に楽しんじゃおうってのが今回の動画「岸壁SLK」
この釣り方は波止際の貝類や甲殻類を補食しに来ているクロダイさんがターゲットでして、岸壁ギリギリに落とし込み壁面をトレースするのがキモ。
「落とし込み」とは違い、フォールさせては巻くを繰り返すこの釣りは、今までにない新たなチヌゲー中毒者を生み出すことでしょう。
さぁ今年はみんなで、Let's 「岸チヌ」!



スポンサードリンク

スポンサードリンク


kwmblo01
アングリングソルト動画に、レオン流夏の五目ゲームの動画がアップされています。
アジやメバルの釣果がちょいと聞かれなくなる夏本番の日本列島。
そんなクソ暑い日々が続く中でも、実はライトゲームも熱くって目先や釣り方、フィールドを変えれば楽しめるターゲットは多数存在します。
食べて美味しい魚から、釣れて嬉しいターゲット、外道扱いされている魚でも目線を変えれば立派なゲームフィッシュに早変わり。
本来、ルアーフィッシングってヤツは、純粋に「釣ること」を楽しむもの。
釣る側が楽しむ&魚を慈しむ姿勢さえあれば、それがたとえどんな魚でもそこには素晴らしいゲームフィッシングが成立するんであります。
サイズがどーとか、魚種がどーとかってお話じゃないんですね。
過程なんです。そしてストーリーなんです。
ってなワケでこの夏は、ナウなヤングもヤレたミドルも、そして渋いシニアも釣れる魚を釣る「限定解除」な五目ゲームを楽しんでみたら如何かと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

archinu01

一般的にクロダイのボトムゲームっていうと、底をズルズル引きながら絶えずボトムの感触感じつつ、その中から生命感溢れるバイトを感知してフッキングするのが楽しい釣りですね。
しかし、いくらボトムをトレースする釣りといっても、場所によっては根掛かりが激しく厳しいポイントもあるはず。
そんな時は引きずるって選択は早々に諦めて、今回紹介するアルカジックさんとこのブログを参考にしてみましょう。
僕たちライトリガーが得意とするリグなので、迷うことなく使えると思いますよん。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


pktb001
アンソル動画に、ポッキンさんがまたまた新たなキジハタリグを紹介しているので、幻ファンのみんなにご案内。
今回の新型リグは、テキサスリグにクルクル&キラキラなブレードをプラスしちゃう、ちょっと欲張りな感じのもの。
ブレードを追加するに特殊なパーツが必要なようなので、ちょっと敷居が高い気もしますが、それさえクリアできちゃえば意外とお手軽。
あの手この手でキジハタを釣っちゃるって方は、お試しくださいませ。
そしてさらに動画の後半では、シマノさんとこの新型ベイトリール「ブレニアス」のインプレも収録。
2g程度のジグヘッドからキャスト可能っていう、ライトなお友達にピッタリな両軸リールなんだな。
ちなみにブレニアスのベイトロッドも追加になるので、こちらもチェック。



関連記事
基本的に食べきれる分だけキープするって考え方
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム
対キジハタリグ「フリーショットリグ」が公開
ポッキンさんが伝授するキジハタ新メソッド・AH



ブリーデンさんとこのオフィシャル動画チャンネルに、ルアー合衆国で放送されたレオンさんのボートロックゲームの動画がアップされています。
一般的に根魚相手のロックゲームはワームを使ったリグがメインですが、本動画ではブリーデンのハードルアーを使った硬いものオンリーな釣りを紹介。
発売されたばかりの「GRF-TX60MH」や開発中の「ミニマル65DEEP」、メタルマルやBeeバイブを使って、ロックなお魚を釣りまくりです。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



ピュア・フィッシング・ジャパンさんの公式動画に、「KR-X ベイトフィネスカスタム プラッギングスペシャル」の動画がアップされています。
本動画はトモ清水さんがプラッギングスペシャルを使用して、トップに出まくりのメッキゲームを堪能するという、ちょっぴり羨ましい内容。
その名の通りプラグの釣り向けに味付けされたロッドの解説から、ちょっとしたメッキのポッパーゲームのコツも紹介しているので、ベイトタックルでライトプラッキングを楽しみたい方は必見です。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ファイブコアさんとこのブログに、画期的なボトムリグ「ビフテキ」のクロダイチューンの話題がアップされているのでご紹介。
ジャングルジムさんちのビーフリーテキサスは本当によく考えられていて、非の打ち所がなさげな優秀なリグ。
しかし、これをクロダイのボトムゲームに使ってみると、フッキングに問題が出てくるそうなんですね。
そこで考えられたのが今回ピックアップした、クロダイチューン。
ビフテキのキャラクターを応用したアイデアで、ズル引き愛好家に是非試して頂きたい、簡単お手軽なオススメのリグです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


以前コチラで紹介したバークレイの小魚系ワーム「ホローベイビー3インチ」
リンク先でレオンさんが書いている様に、これが小魚を捕食しているスズキに激効きでして、その模様を収録した動画アップされているのでご紹介。
基本的にスズキをメバルロッドで釣ってやろうなんて酔狂な方ってのは、あまりいらっしゃらないと思いますが、 実はこれが楽しくって一時期は結構はまってやっていました。
そんな釣りを本気でやっているアングラーさんは少数派でしょうが、そんな方にオススメなのが今回ピックアップした「ホローベイビー3インチ」。
もちろんスズキに限らず、3インチ程度の小魚を食べているお魚たちには効果がありますんで、ワームの釣りをされる人はチェックしてみてくださいませ。
ちなみに動画中にチラッと紹介されるフック外しの小技は、何気に必見ですよん。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


最近ではちょこちょこと目新しいリグが出て来ていますが、キジハタゲームって言うとテキサスリグを使うのが一般的で王道ですね。
しかし、ちょいと目先を変えてみると新鮮で面白い釣りがまだまだありまして、今回は「知ってるけど意外とやらなそう」な釣りをご紹介でやんす。
そんなちょびっとマイナーな釣りを提案しているのがwackyさんでして、ライトジギングからメタルバイブ、そしてスプーンを使った新感覚?の釣り方を伝授してくれちゃいます。
とくにスプーンを使った釣り方は効果的で、キジハタ以外のロックな奴らにも効きそうな感じです。
お試しあれ。


Office eucalyptus (オフィス ユーカリ) INTERCEPT 海鷹 73 (インターセプト かいよう) 【アジングロッド】【メバルロッド】【ライトゲームロッド】〔分類:ルアーフィッシング〕
by カエレバ
Office eucalyptus (オフィス ユーカリ) INTERCEPT 海鷹 610 (インターセプト かいよう) 【アジングロッド】【メバルロッド】【ライトゲームロッド】〔分類:ルアーフィッシング〕

スポンサードリンク

スポンサードリンク



ykさんとこのブログに、試行錯誤の末に完成した自作ボトムリグ「ブライトリグ」が紹介されているので、ボトムゲームが大好きなみんなにお知らせです。

ひとつのリグを考案してカタチにするまでってのはメーカー関係者でも、一般アングラーでもその苦労は大変なものでして、それが世に出て認知され、さらに改良されて定番リグや製品となるワケです。
そのような情熱を持つアングラーさんが居るからこそ、僕たちは楽しい釣りができるんでありまして、そのような方々には常々感謝しなければなりません。
んで、今回紹介するykさんの「ブライトリグ」ですが、ことの始まりは自作Mキャロを「ぶった切ったらどうよ?」的な 発想だったらしく、それがいつしかご覧のようなボトムゆらゆら系に発展。
この一風変わったリグは、実釣しトライ&エラーを繰り返し、改良を重ねた末に完成した、ykさんの完全オリジナル。
ブログを読み進めていくと完成に辿り着くまでの過程や、苦労が伺えます。
材料費は比較的安いので興味のある方は是非試してみて、感じたことや思いついたことをykさんに教えてあげてくださいな。

関連記事
ボトムずる引き型チヌリグ「なすカニ」を紹介
黒鯛のボトムゲームに良さ気なフックチューン
お手軽な自作のチヌリグ:マッキーリグを紹介




日中にクロダイを狙う釣りと言えばエキサイティングなトップウォーターゲームと、お手軽なボトムずる引きゲームがありますよね?
そ今回紹介する釣り方は、上記の代表的な釣り方以外に、近頃流行りのメタルバイブを使用した新メソッド。
このちょいとニューなスタイルの楽しみ方をブロビス代表の宮川さんがガッツリと動画で紹介。
メタルバイブのチューニングの仕方や操作法などがしっかりと収録されているので、ブリッブリの黒いブリームファンは必見でござんす。
ちなみにコチラではヒロセマンのズル引きゲームがご覧になれるでごんす。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



アンソル動画にポッキンさんのマダイゲームがアップされているので、ショアマダイに憧れるソルトアングラーのお友達にご案内です。
今回の動画はキャストからヒットまでの一部始終が収録されていて、ポッキンさんの独り言から実況、解説と臨場感溢れる内容。
デイゲーム&ナイトゲーム 両方の模様が収録されているので、全マダイゲーマー必見のムービーです。
そうそう、ポッキンさんが言ってるように、民家が近くにある場合は大きな声を出さないように。
良い子のお約束だよ!


スポンサードリンク




スポンサードリンク

スポンサードリンク



ピュア・フィッシング・ジャパンさんとこの動画に、シュラッグミノーを使ったレオンさんのサバゲーの模様がアップされているのでご紹介。
シュラッグミノーといえばメバリングでのワインドワームというイメージが強いですが、 ところがどっこい巻きの釣りでも大活躍でして、こと小魚を捕食しているターゲットには効果テキメンなんですな。
んで、今回紹介する動画もそんなリトリーブメインの釣りでして、そのスタイルにあった使い方をレオンさんが伝授。
釣って美味しい、おかず確保の小型回遊魚ファンは必見です。
ちなみにレオン流のシメ鯖レシピはコチラ
そうそう、忘れちゃいけないのが、巻きの釣りでのシュラッグミノーのセット方法 。
そちらに関してはコッチをご覧くださいませ。

あっ、ちなみに試しにどんなもんか良くわからないんだけど、フェイスブックでページ作ってみたので、気が向いたら「いいね!」してみてくださいな。


バークレイ Shrug Minnow(シュラッグミノー) 1.5インチ オレンジグロー【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
シュラッグミノーの泳ぎっぷりを動画でチェック
レオンさんがブレーキワインドを解説&伝授
メタルマル&シュラッグミノーでデイを楽しむ
流れに同調&ステイさせるレベルワインドを解説


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


三重テレビのルアー合衆国で放送されたminimaruオンリーのボートゲーム動画がyoutubeにアップされています。
最早ライトゲームの定番となった不思議な魅力溢れるミニマル。その威力はメバルだけでなく、シーバスをも虜にしてしまう程。
I字系の魅力とキレの良いダート、魅惑のフォールと揺らめきの魔力に満ちた、ミニマルの釣れっぷりを御覧ください。
動画後半ではサミーさんが、ブリーデンの新作ロッド「GRF-TX60MH」 と「GRF-TX-63M」してくれますよん。
ちなみにコチラではインチョーさんが、60MHのインプレをチラリと書かれています。
気になる方は、あわせてどんぞ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


僕の夏の海遊びと言えば、もうそのほとんどがトップチヌでして、どんなに猛暑が続いていようが短パンで海に入りひたすらキャストを続けているワケです。
んで、そんなお気に入りの釣りで使うルアーはポッパー&ペンシルで、両者に反応がない場合はミノーなんかを投げたりするんですな。
だいたい基本的にこの3つを使いながら釣りするんですが、ルアーケースの隅っこにいつも出番をじっと待ってるプロップ付きのルアーが居るんですね。
実はコレを使って未だに釣ったことがなく、投げてはみるんですがあまり反応がよろしくない。
ただでさえ、時合いが大事なトップの釣り。
んなもんだから、ついつい数投して実績ルアーに変えちゃうんです。
そしてプロップちゃんは本領を発揮する機会もなく、残念な2軍行きになっちゃうんですな。
そう、これってルアーは悪くない。典型的に釣り人が勝手に釣れないルアーの烙印を押しているってパターンです…。
ってなワケ今回はそんな反省も含めて、プロップ付きだって釣れるんだぜ!って動画を紹介。
動画に出てるのはH.A.L(ハルシオンシステム)さんちの飛豚73Prop♪ですが、同タイプのルアーでも釣り方は一緒。
僕と同じく、ペンシル&ポッパーしか使わないって方に、是非見ていただきたいんであります。


☆<ハルシオン HALCYON> 飛豚73 Prop 【メール便OK】
by カエレバ



スポンサードリンク

スポンサードリンク


「マダイを陸から狙って釣ろう」ってのがちょいと盛り上がってきているようで、マダイのシーズンになると羨ましい釣果がブログなんかにアップされ、釣ったことない僕なんかはワクワクソワソワしちゃうワケです。
んで、毎年のように釣りたいなぁなんて思っているんですが、このサイトの更新なんかしてっといつの間にやらシーズンが終わっていて、しばし遠くを見つめては、またモニタに向かうワケです。
まぁそんなこんなで、僕にとっても憧れの赤いあんちくしょうなんですが、その攻略のヒントとなるブログがみったんさんとこのブログに紹介されているんでご案内。
そのリンク先であるワッキーさんのブログポッキンさんとこのエントリーを読んでフィールドに通えば、マダイに一歩近づけることと思います。
ってなワケで、なかなか釣りに行けない僕の代わりに、皆さんで釣ってこの釣りをもっと開拓してくださいませ。


関連記事
ポッキンさんがマダイゲームをサラリと紹介
スプリットで狙うワーミングマダイを紹介
ライトタックルで挑むショアマダイ攻略法を紹介
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


SALTY!の誌面連動動画に、ブリーデンのフィールドスタッフである芥河晋さんが教える「ライトテキサスリグの作り方」がアップされているのでご案内。
基本的にデカいロックフィッシュを狙う際のテキサスリグとあまり変わらないんですが、このリグをより快適にするためのちょっとしたコツが紹介されているので、ライトなロックゲーム愛好家にオススメ。
最近はライトタックルでの根魚ゲームを楽しむためのアイテムがポチポチ登場していますが、昔ながらの定番リグもまだまだ健在ですな。



関連記事
マグバイトの対根魚リグ バサロを動画で解説
これは美味そう! 根魚用のビフテキ出来ました
ロック野郎注目のゼロダンロックを動画で紹介
ジャングルジムの気になる根魚アイテムを紹介




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


今回紹介するテクニックはレバーブレーキ付きのリールを使ったこのなんで、はじめにご了承くださいませ。
基本的に僕もレバーブレーキ付きのリールってのはいじったことがなくて、馴染みがないリールなんですが、メバルタックル&ワームでスズキを狙うことに至上の喜びを感じている釣友はレバーブレーキで楽しんでいました。
んで、このレバーブレーキにしかできない美味しい技を紹介しているのが今回の動画。
U字ターンの美味しい部分を繰り返し行えるというこの技は、レバーブレーキ愛用者なら知っておくべきテクニックだと思うんですな。
もちろん、ライトゲームに応用できるテクなのです。




関連記事
流れに同調&ステイさせるレベルワインドを解説
最終テストとレバーブレーキで狙うキジハタ
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

寒くなると熱くなる釣りの代表格といえばメバルでして、この時期でも防寒着のフル装備で夜な夜な出掛ける方も多いかと存じます。
んで、ボトムなんかを狙っているとたまに顔を見せてくれるのが、カサゴやソイなんかの根魚族のお友達で、今回はそんなロックなお魚をメタルジグで楽しもうってお題目なんであります。
僕らライトゲーマーは根魚を狙うとなると大抵の場合ワームがメインで、テキサスリグやジグヘッドを駆使したゲームを組み立てますよね?
今回はそこをあえて小型のメタルジグを使ってロックを楽しんでおられる、アピアフィールドスタッフの内田さんのエントリーをご紹介。
釣り方を含め、どんなメリットがあるのか興味がある方は、ご覧になってくださいませ。


スポンサードリンク


by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


僕はまったくこの釣りをやったことがないうえに、やっている人も知らないので、なんともコメントし難いんですが、ライトタックルで楽しめる釣りのようなんでピックアップしてみました。
動画では基本的な操作法のほかに、フォールやトゥイッチなどを織り交ぜた ロッドワークを紹介。
ターゲットが小型のイカと言えど、思いのほかテクニカルな 釣りだということに、気付かされた次第です。
このイカが釣れるエリアの方で、まだ釣ったことがない方はチャレンジしてみては如何でしょうか?



スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]