Monday, February 8, 2016

アジスプマスター講座

Posted by tomoshow On 1月 - 31 - 2011 ADD COMMENTS

アングリングソルト誌面連動動画から、スプーンでアジを狙う新感覚リグ「アジスプ」の紹介です。このアジスプはスプーンをそのまま使うのではなく、「リグ」として使う釣り方です。スプーンの形状やカラーなんかを色々と変えてパターンを見つけ出すのも面白いかもしれませんね。

下田漁具(Shimoda-Gyogu) ゼスタ ブラックスター アジスプーン 7g 44(ZL/ゼブラグロー)【釣具のポイント】
by カエレバ

これがアジスプだ!




必殺アジスプ メソッド




ティムコのアウトドアブランド「Foxfire」。そのFoxfireのWebサイトに、釣りを楽しむ女性にオススメのコーディネイトを提案するページがオープンしています。
今まではむさ苦しいイメージが濃かった釣りの世界。女性アングラーの登場がアングラーズファッションの起爆剤になって貰いたいものです。コレに負けずに男性向けアイテムも洒落たモノをリリースして欲しいものですね!
モデルは2010国際フィッシングショーで選ばれたアングラーズアイドルのAicaさんです。

http://www.foxfire.jp/blog/archives/12152?ts_template=foxfire



アジングのススメ

Posted by tomoshow On 1月 - 18 - 2011 ADD COMMENTS

今回はアジングの「HOW TO モノ動画」をご紹介します。ダイワのワーム、プラグ等を使用した「渡邊長士流のアジング」を解説。「ハードルアーのススメ」ではプリズナー、夜凪、夜叉、澪示威のスイミング映像を披露。「ソフトルアーのススメ」ではワームのカラーとアピールによるローテーションの説明がされています。

HOW TO アジング


ソフトルアーのススメ


ハードルアーのススメ


アジングのススメヒットシーン

ここんとこネット上で「釣りガール」「釣女」って単語を見かけるようになってきた。「山ガール」の次は「釣りガール」が来るなんて言われてたけど、いよいよ現実味を帯びてきた予感。
フィッシングウェアもようやくオシャレ度がアップしてきた昨今、来年にはいよいよダイワから「女性専用アイテム」が登場するそうです。
現時点で分かっているラインナップはレインコートとレインスカートだけですが、女性アングラーという将来有望な市場をメーカーが無視することはないと思うので流行り次第では続々とアイテムが投入されるかも知れません。
コレを機会に小言ばかり言われてるアングラー諸君は、奥さん、娘さん、彼女にプレゼントして一緒に行ってみるのも良いかも知れませんよ。案外、釣りに理解を示してくれるかも!

http://www.fashionsnap.com/news/2010-12-29/daiwa-tsurigirl-2011ss/



オーシャンルーラーWebサイトのコンテンツ「アジの釣り方」が更新されています。
アジの生態、ポイント、実釣解説の他に、ラインを切らずにリグがチェンジできる「マルチリグ」を金丸竜児さんが動画で説明されています。メバリングにしてもアジングにしても、リグ交換はいちいち面倒臭いですよね。その点マルチリグは非常にシステマチックで、ストレスがなさそうですな。闇磯釣行に良いかも!

http://www.tsuriken.co.jp/pc/OceanRuler/contents/howto_aji.html?p=719#more-719

アジング再入門 「Mキャロ」って?

Posted by tomoshow On 12月 - 26 - 2010 ADD COMMENTS

2010年もボチボチ終わり掛ける頃になって、なにやら熱くなり始めた極細フロロによるジグヘッド単体ゲーム。来年からはアジングのスタンダードになりそうな予感がしているのは僕だけじゃないはず。このように「できるだけ軽く、できるだけ細く」っていうウルトラフィネスゲームもなかなか楽しくもありますが、それだけじゃ通用しないのがアジングの魅力でもあります。僕としても普段はジグヘッド単体もしくはスプリットでアジングを楽しんでますが、忘れてならないのがキャロライナリグ。ピノキオさん考案の「ピノキャロ」が最も有名かつスタンダードですが、その進化改良型として代表格になったのがTICTの「Mキャロ」ですね。個人的に風が強い時、遠投したい時に出番となるリグで、今まで漠然と使っていた感がありました。そして「Mキャロ」の使い方が分からないという声も耳にしましたので、おさらいも兼ねて動画を集めてみました。
















※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ドラマーにしてテスター、そしてGO-PHISH代表と多彩な顔を持つ武田さんが、現場で手早く簡単に組めるノット「3.5ノット」を教えてくれちゃう動画です。
個人的にPEとリーダーを結ぶ場合、余裕がある時はFGノットをメインに使い、応急的にファイヤーノットを使ってます。が、この「3.5ノット」は簡単だなぁと思っているファイヤーノットよりもお手軽そうでナイスです。覚えてしまえば、現場でイライラしながら結ばなくて済みそうですな!

追記
現在ではメバリング、アジング、ライトエギング、クロダイ等のライトゲームのメインノットとして、この「3.5ノット」を愛用しています。50cmオーバーのクロダイを掛けても安心してやり取りができたので、超オススメのノットです。とくにノットを覚える事に対して苦手意識のあるビギナーさんや女性アングラーに覚えて頂きたい簡単で強い結び方なのです。
ただ注意して頂きたいのが最近流行りの小径ガイドを使用しているロッドでの使用。ガイド径が極端に小さいので結びコブができるノットではコブがガイドに干渉し飛距離低下、最悪の場合破損につながる恐れがあります。リーダーの長さを調節するか、FGノットでの釣行をおすすめします。




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



極細フロロクエスト by LEON

Posted by tomoshow On 11月 - 29 - 2010 ADD COMMENTS

http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/archives/52603275.html

昨日極細フロロの扱い方をアップして一段落かなぁと思っていたら、流石ライトゲームの第一人者レオンさんですね! 極細ラインで釣りをする以前の準備段階からのお話をアップしておられます。読み進めているうちに思い当たる点がボツポツと…。これからラインを巻いてフィネスの世界にどっぷり浸かるんだぜ!って方は読んでおきましょう。ちなみに管理人は釣りを始めてからず~っと、両足に挟んで巻く派です。



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


極細フィネスラインの扱いについて

Posted by tomoshow On 11月 - 29 - 2010 ADD COMMENTS

ここ最近のアジング&メバリングシーンに、突如として現れたウルトラもしくはスーパーなるフィネスライン。僕も使い熟す自信がなくて手を出せない状況なんですが、ライトアングラーとして気になっていることは事実です。より細いラインを使うメリットは大きいと思う反面、デメリットだってあるのは当然のこと。その辺のデメリットっていうのはある程度使用するにあたっての注意事項を頭に入れて使えば、解消されるし心強い味方にもなるはず。メリットだけが独り歩きしている状況もあると思うので、ここらでフィネス系ラインのおさらいをしてみましょう!

【ブリーデン】BREADENフィネスフロロ100m巻[メール便:15]
by カエレバ

※以下、レオンさんが仰る通り、メーカー問わず細いラインの扱い方に変わりはないかと思います。
Keep Casting, all for joy by LEON.
極細フロロクエスト(極細ラインをリールに巻く際の注意点)
満月の貧果 (ラインについては後半部分に記載されています)
ラインセッティング (フィネスライン以外のセッティングも。参考までに)
Balance the Balance(フィネスなライトリグに関する疑問はコチラ。重要です!)
ウェイトとバランスと感度と(重いリールも必要だということも理解できます)




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

メバリングの仕掛けを振り返る

Posted by tomoshow On 11月 - 22 - 2010 ADD COMMENTS

ボチボチあちこちからメバルの釣果が聞こえてくる季節となってまいりました。僕も先日今シーズン1発目のデイメバリングを楽しんできたばかりです。さて、これから始まる「寒いけど熱い夜」に向けてメバル系ブログのサーフィン中、メバリングの季節さんの記事「メバリングの仕掛けを振り返る」にフムフムと思ったところがありましたのでご紹介します。これからメバリングを始めたい!ってビギナーの方にもオヌヌメですよ~。

ピュア・フィッシング・ジャパンのWebサイトのコンテンツ「バークレイTV」に、アジング動画「ガルプワームローテdeアジング実釣」と、6種のガルプ!ワームの解説&水中映像がアップされています。なんと18件というボリュームなので以下のリンクからどうぞ!

http://www.purefishing.jp/purefishingtv/berkley/


また「アブガルシアTV」には、Kガイド搭載のアジングロッド「SALTY STAGE AJI」のソリッドモデル、チューブラーモデル解説動画がアップされています。




ジャッカルの中島成典さんが、現地フィールドテスターと淡路島のメバルを狙う。ジャッカルのメバル節、ペケペケ、カバークロー2inch、各種ロッドの詳しい使い分けの解説もアリ。いよいよ待ちに待ったメバルのシーズン! 初心者にもわかり易い内容になってますんで、これから始めたい方は是非!






今回はティールハントの楠本直樹氏が四国でアジング&デイメバリングに挑戦する動画です。地味な解説だけど味がある、そして楽しそうに釣りをする姿が印象的ですね(笑) スプリットシンカーが僕と似たような自作っぽいモノで、個人的にポイント高いです(笑)

※ちなみに「ただ引きプルプル」はすでに発売されていま~す。






たまには趣向を変えてデイゲームのネタで。青物シーズンってことで「ワインドで青物を狙っちゃおうぜ!」ってライト派向けの動画をピックアップしてみました。ブリーデンのフィールドスタッフでお馴染みの芥河さんが、ポイントを抑えてわかりやすく解説してくれています。コレならホトバシル汗も振り絞るエネルギーも必要なし。ごっついタックルでガシガシやるのがイヤンって女子にもオヌヌメです。

http://www.youtube.com/watch?v=tgUaE9uAbJ0



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

芥河晋が教えるアジング実釣動画

Posted by tomoshow On 10月 - 16 - 2010 ADD COMMENTS

ブリーデン・フィールドスタッフの芥河晋さんによるアジングの実釣解説動画が、アップされているのでご案内。
タックル解説や釣るための方法、考え方などが紹介されているので、アジング初心者~中級者の方は是非!
独自の理論で展開されるアジングは一見の価値アリ。
アジングシーズン到来まで、今のうちにしっかりと勉強しておきましょう!
なお、重たくなるので動画の埋め込みはしないので、下記のリンクからどんぞ。


芥河 晋のB-STYLE アジング―Opening

芥河 晋のB-STYLE アジング-episode 1

芥河 晋のB-STYLE アジング-episode 2

芥河 晋のB-STYLE アジング-episode 3





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]