Monday, June 25, 2018


慣れてみればどうって事ないんですが、ルアー初心者が最初につまずくモノに「横文字のルアー用語」がありまして、これが本当に厄介です。
ルアーフィッシングは舶来の釣り方なのでその辺りは仕方ないところもありますが、基本的にビギナーに対しては不親切で多くの雑誌やブログ、場合によってはハウツー本までもがルアー用語を理解していることが前提で話が進められます。僕も始めた頃は「日本語使えや!」ってキレつつも、ネットで検索して覚えたものです。
んで、先日ルアー初心者の友人が「トゥイッチって何? どーやんの?」って聞いてきたこともあり、タイミング良くりんたこさんとこに動画付きの解説がアップされているのでご案内。
始めたばかりのビギナーさんは、この動画で勉強しておきましょうね!


関連記事
シーバスゲームにおけるスモールプラグの有効性
スモールプラッキングのすすめ
メバルタックルで挑む ライト五目プラッキング





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ライトゲームに使われるラインにはPEにナイロン、フロロにエステルがあります。これらのラインにはそれぞれに特徴があり、それを理解していないと「釣れる魚も釣れない」という非常にもったいないことが起きるんですね。たかがラインと思う方も居らっしゃるかと思いますが、アジングやメバリングなどの繊細な釣りには、かなり重要な要素なんでキッチリと理解した方が良い事柄なんですな。もちろん、好みもあるしスタイルもあるでしょうから、これが絶対ではありません。しかし、ラインの特性を知っているのと知らないのとでは、今後の釣りライフに影響が出てきますんで、しっかりとここでお勉強しておきましょう。


雨好き仙人サミーの日記
ラインのお話、その1。
ラインのお話、その2。
ラインのお話、追加です(^ ^)

関連記事
ラインの特性を知る 「フロロとポリエステル」
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
アジングにおけるナイロンリーダーの可能性
ラインの太さのメリットとデメリットを応用する
ポリエステルライン「ピンキー」の特性を紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングやメバリングをやっていると「バイトはあるのに、のらない…」なんてことは結構あることで、ビギナーさんはそこでのひと工夫や試行錯誤が次へのステップアップに繋がるので、是非悩んで考えて釣って欲しいんですな。
んで、この繊細なライトゲームはちょっとしたことが釣果に影響を与えるってことが往々にしてありまして、その部分にいかに気を配れるかってのも重要なポイント。僕もこの釣りを始めて暫くの間は「そんな細かいこと関係無いじゃんねー」なんてやってましたが、コレが実は大きな間違えだということを身を持って体験した時、自分の浅はかさを後悔した次第であります。なのでビギナーの皆さんはその辺りを心して、釣りに挑んでもらいたいんであります。ここで紹介しているブログの記事の内容以外に、ちょっとしたラインの太さや素材の違い、フックポイントの鋭さ、微妙なトレースコースの違いなんかでも釣果に差が出るので要注意ですよん。


関連記事
「疑わしきは、全て合わせる」という極意
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
ドリフト&追従フォールで流れにつくアジを攻略



スポンサードリンク

スポンサードリンク

アジングとかメバリングを長いことやっていると、アタリの出方に結構違いがあることに気が付かされます。その原因は様々で捕食対象の種類や大きさ、魚のコンディション、使用しているタックルに左右されるなど様々です。場合によってはラインに少し何かがかすった程度の超繊細なバイトもありまして、それに気が付くかどうかで釣果に天と地ほどの差が生まれる時もあるんですな。
今回はそんな話題について書かれた0☆3★6さんとこのブログを紹介。今後のアジング&メバリングライフの運命を握ると言っても過言ではないエントリーなので、ビギナーさんから中級者の方に是非読んで頂きたいんでございます。
そんなん知ってるよんって方は、華麗にスルーの方向で。


関連記事
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
ドリフト&追従フォールで流れにつくアジを攻略



スポンサードリンク

スポンサードリンク



LureNews.TVの動画から馬上憲太朗さんの実釣解説動画のご紹介です。
今回のお題目はズバリ激流メバリングでして、メバリングの基本中の基本であるジグヘッドリグや、アジングでお馴染みのキャロライナリグ、最近改めて注目されているフロートリグでの釣り方を解説。流れの激しい海峡部や島嶼部での釣りは慣れていないと難しいもの。しかし、その難しさを克服すれば激流部に潜むナイスサイズを引きずり出すことも夢ではありません。 流れに乗った魚とのファイトは、港湾部とは比較にならないほどパワフルでスリリング。さらに複雑な潮流で鍛えられているメバルやアジの美味さは別格なので、未経験の方や苦手な方はこれを観て是非チャレンジしてみてくださいな!





関連記事
春~初夏の瀬戸内メバルのベイトパターンを解説
「マイクロワインド」を馬上憲太郎が動画で解説



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ピュアフィッシングジャパンのオフィシャル動画に「アジングのデイゲーム」が追加されています。
本動画は「エラディケーター アジングカスタム」の生みの親である林健太郎さんが 、日中のアジングについてのツボの部分を解説。基本であるジグヘッド単体での釣り方から、スプリットショットリグやキャロライナリグの特徴や操作法、注意点などを初心者でも分かるように実釣を交えて説明しています。明るい時間帯のロケなので、ロッドの動かし方が非常に分かりやすくなっています。ビギナーさんはそのあたりをバッチリと確認してみてくださいな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



エビや小魚、コイカにゴカイのように「分かりやすいベイト」を捕食している時の釣りってのは、意外と悩みも少なく、捕食されているものを演出できれば、すぐに答えが返ってくるものです。しかし、1cmにも満たないような小さなプランクトンなどについている場合はちょいと厄介でございまして、レンジやアクション、カラーやルアーサイズ、ときにはその素材なんかも影響する場合があるので、見極めが難しいパターンです。このようにシビアなイメージのアミパターンですが、ある一定のお約束を守れば攻略の糸口が掴めることもしばしば。今回はそんな「お約束」を紹介している34スタッフブログのエントリーをピックアップしてみました。「アミって嫌よね…」って方は必読ですよん。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


ポッキンさんの新しいテクニック「ウィンチング」と、ワームの刺し方についての動画です。
「ウィンチング」についての詳しい解説はここではされておらず、アングリングソルト本誌の方で解説されていると思いますので、メソッドについてはそちらを御覧ください。と言っても、基本的な操作方法は収録してあるので、勘の良い方ならば語らずとも分かるかもしれませんね。
動画の後半は、ポッキンさんプロデュースの「バルキースクリュー」の刺し方についての解説。他社のワームでも、他のジグヘッドでも方法はあまり変わらないので、ワームを真っ直ぐ刺すのが苦手って方に見て頂きたい内容です。
つーか、OFTさんとこはもうじきフィッシングショーなんだから、製品ページくらいちゃんとやっといた方が良い気も…。




スポンサードリンク

スポンサードリンク



TICTのフィールドスタッフである松浦さんの実釣解説動画のご紹介です。
今回の動画は、ジグヘッド単体でディープに潜むデカアジを攻略するってお題目でして、松浦さんが普段の釣行で心掛けている事や釣り方を実釣を交えつつ教えてくれちゃっています。ライトリガーの皆さんの共通の悩みであるカラーについてのお話や、反応がなくなった時の対処法、ボトムステイも解説。またロッドセレクトについてのアドバイスもありますので、参考にされてくださいませ。




関連記事
エステル系ラインの太さによる使い分けを解説
二枚潮を攻略するための工夫とアプローチ法
アジングにおけるジャストなワームサイズ選択法




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



釣りを始めたばかりのビギナーさんに、最初に訪れる試練が「ノット」ですね。僕も始めたばかりの頃はノットが苦手で、実は固結びでジグヘッドを結びメバルを釣ってました(笑) それから徐々にクリンチノットユニノットを覚え、ラインの結束では電車結びノーネームノットと比較的な簡単なノットから覚えていきました。「ルアーとラインを結ぶ」、「ラインとラインを結ぶ」、「PEとリーダーを結ぶ」等々、結び方にも用途があって色々な種類のノットが存在します。それらを全て覚える必要はなく、自分のやりやすい結び方を覚えれば良いと思います。最初は簡単なモノから覚え、少しづつステップアップして行きましょう。今回は簡単かつ結束強度も十分な「ルアーとラインを結ぶノット」をレオンさんが紹介してくれているので、ピックアップしてみました。見やすく分かりやすいので、バッチリと練習して覚えちゃいましょう。これらを覚えたら次はFGノットにもチャレンジです! 関連記事にもFG関係のリンクがありますが、まずは基本を覚えてから応用しましょうね~。
ちなみに強風時のノットは下の「3.5ノット」がオススメです。



関連記事
超簡単!超速FGノットの編み込み法を伝授!!
慣れれば1分! 金丸流お手軽FGノットを伝授
トーナメンター御用達「速攻8の字結び」を伝授
アジングで使える簡単ノット「3.5ノット」



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



今まで知らなかったんですが、がまかつ提供の地上波釣り番組「FISHING LIFE」ってのがありまして、実はそちらでちょこちょこと、ソルトルアー関係も放送していたんですね。んで、そんなかにLUXXEさんとこやらアルカジックさんとこでテスターを務める、藤原真一郎さんのアジング動画を発見したので皆さんにご紹介。主なフィールドは関西方面ですが、そのテクニックやシチュエーションなどは他のポイントでも通用するものが多いので、スキルアップを目指している修行中のビギナーさんにオススメ。アジングのメインフィールドである漁港、波止場、常夜灯を外しての釣りは、アジング人口が急増中の現在、かなり美味しいポイントとなるのでチャレンジしてみてくださいな。
たまには女の子とキャーキャーいう釣りも、してみたいったらしてみたい…!

フロートリグで攻略する・良型連発アジングゲーム

食うパターンを見つけ出せ!バイト連発・春のアジング

ナイトゲームでアタリ連発!大阪泉南アジングゲーム


関連記事
フロートリグでアジング その基本操作を伝授
フロートリグでのシャローアジングを動画で解説


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


丁寧で分かりやすく、雑誌の特集のようなエントリーを書かれる0☆3★6さんが、流れのあるポイントでのアジングを解説されているのでご紹介。アジだけでなくメバルでもそうなんですが、ただ投げて巻くだけでは釣果は知れたもの。常に変化ある場所を撃って行かなければ魚に辿り着きません。この辺は中級者~ベテランのアングラーさん達は既に心得ておられるのでスルーして頂くとして、ビギナーさんには絶対に抑えておいてもらいたい事柄のひとつ。視界に広がる海原、岩場や藻場等が確認できない場合、狙うべき場所は流れや潮目になります。一見何もないように思われますが、実は「流れ」は立派な第一級のストラクチャー。その水面下では無数のアジやメバルたちが潮上に向かって定位しています。その中にリグやジグヘッドを馴染ませ、釣っていくのが流れの釣り。この釣りをやっていると、いかに潮の向きが海の魚達とって重要かというのがよく分かります。アジング&メバリングのポイント選びで重要なのはズバリ、「潮が当たっている場所」なのであります。


キャストポイントとトレースコース! 其の一

キャストポイントとトレースコース 其の二 ♬


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アジングもすっかり定着しライトゲームのなかでも1、2を争うほどの人気カテゴリーと成長しました。その道具やリグの進化も目覚しく、現在でも開発され続け釣具店のルアーコーナーを賑わす主役級の釣りと言っても過言ではありません。そんなアジングでここ最近注目を浴びるようになってきたラインに「ポリエステルライン」があります。僕は最近まで知らなかったんですが、実は昔からあるラインでその歴史は古く、1971年位に誕生した釣り糸なんだそうです。その特性としてはフロロに比べて伸びが少ない分高感度、比重もフロロに次いで重くナイロンやPEよりも水に馴染みやすいという利点があります。この辺が繊細なバイトを取るアジングに適しているという理由でしょう。僕は最近までフロロとポリエステルどちらを使うべきなのか悩んでいましたが、レオンさんとこのブログを読んで自分なりに答えが出たのでご紹介。どちらのラインを使うか迷っている方にとって非常に参考になるエントリーなので、是非読んでみて下さいな。



スポンサードリンク





関連記事
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
極細フロロクエスト by LEON
極細フィネスラインの扱いについて
フロロラインのトラブル対処法と防止法

 



スポンサードリンク



先日地元の釣具屋かめや下松店さんとこで開催されたレオンさんのセミナーに行って来ました。 相変わらず目からウロコがボロボロ剥がれ落ちてどーしようか!ってほどの濃ゆい内容でして、参加できなかった方々に伝えなければ!という使命感に燃えましたが、何から伝えて良いか分からず、内容が濃過ぎで何からお話して良いかわからなくなったので、自分の胸の内にそっとしまって置くことに決めました(笑) どうしても知りたい方はレオンさんの著書であるコチラをお買い求め下さい。今回のセミナーのテーマでもある「ルアーフィッシングであるからこその【錯覚】、【思い込み】、【ルアーフィッシングの概念からの脱却】が書かれております。ちなみに僕も買いました(笑)
ってなワケで数々の「目からウロコ話」のなかのひとつに、ベイトとワームに関するお話が ありましたのでレオンさんブログの関連記事及び@yaminomusukoさんのツイートから魚の捕食行動に関する動画をピックアップしてみたので、日々の釣行やスキルアップ、メソッド開発から妄想まで幅広くご活用くださいませ。
かめや下松店さんとこのブログに、僕がチラッと写っているのは内緒です。








関連記事
レオン流ワインドゲームを各種濃縮詰合せ解説
独創的なGulp!とミニマルによるライトゲーム
レオンさんが「Gulping!動画」を解説


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

丁寧で読みやすい0☆3★6さんとこのブログに、ラインについてのエントリーがアップされているのでご紹介。
エキスパートな方々は迷いなく確実なライン選択をされていると思いますが、ビギナーさんや中級者の方々にとってライン選びってのは迷いどころのひとつ。イメージや固定観念に惑わされて使っていたり、安さにつられて何気なく使っていたりしてませんか? 実はこの僕もこの記事を読むまで知らなかったことがありまして、考え方を改めた次第です。現在アジングやメバリング等に使われているラインは上の画像にある4種類。それぞれが一長一短あり、万能ラインは存在しません。個々の特性を理解しつつ、シチュエーションにマッチしたチョイスが好釣果への近道。「ラインの違いくらい知ってるよ~」って方も、ちょっとおさらいして欲しいなって思っちゃったエントリーなのであります。
ライトリガーは必見! 目からウロコ! 目からウロコ!

LightなLineのお話 Ⅰ (^_-)

LightなLineのお話 Ⅱ (^o^)

LightなLineのお話 Ⅲ (^_^)v

フロロとナイロンどっちがいいの? 検証終了♪


スポンサードリンク

スポンサードリンク



アジングのメジャースポットといえば漁港や防波堤等の足場の良い場所。そして着き場といえば常夜灯の周辺が鉄板ポイントですね。んで、この辺りを潮流や風向き等を考慮に入れつつ、レンジを細かく刻んで探っていくってのが一般的な釣り方かと。しかし、アジングのポイントってのは防波堤の周辺だけでなく、サーフもあれば磯場もあるし、ゴロタっぽい浜だってあります。そういった釣り場までポイントとして入れた場合、いったい何処を狙えば効率良く魚に出会えるのか?ってのが今回の話題。その場所を知ってると知っていないとでは、釣果に差が出るしサイズだって変わって来ちゃうんですな。どうせ釣りをするならば魚の回遊ルートであり、留まりやすい場所が絡むポイントでするべきかと。もちろんアジだけでなく、他の魚種にも出会える確率がグーンと上がる美味しいスポット。良い釣り場ってのは、結構この地形が絡むケースが多いんです。ってなワケで詳しくはリンク先をご覧くださいませ!
って引っ張ってみるw


関連記事
防波堤や地磯、サーフでもない河口という選択肢
ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


 


すでにご存知の方も多いかと思いますが、レオンさんとこのブログLureNewsのアジング動画を1本に編集したモノがアップされているのでご紹介。
LureNewsの動画ってのはブツ切りが多くて再生に手間が掛かり、イラッとすることって結構あるんですな。僕みたいに他人様のアップしたモノをコピペして記事にしちゃう横着な人には、すごく厄介なシロモノでして、ホントなんとかして欲しいです(笑)って個人的なことは置いといて、この動画はデイでの超フィネスなアジングからメタルバイブを使用した釣り、ワインドでシェード打ちなんかを解説。日中でもデッカイ奴を仕留めることが可能ってことを、バッチリと証明してくれているので、特にデイゲームファンは要チェックですよん。
上の画像のリンクの他に、コチラにも動画がアップされているので、お見逃し無きよう。


関連記事
ブリーデン 大阪FSセミナーが続々とアップ
レオンさんブログのお役立ちQ&A Vol.1~3追加


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アングリングソルト動画より、ラグゼアルカジックジャパンで活躍中の藤原慎一郎さんのアジング動画の紹介です。
本日のお題目は、フロートリグを使用したシャローポイントのアジング。シャローといえば、実はやる気満々の魚たちが回遊してくる美味しいスポット。サーフエリアやゴロタの浅場なんかは意外と釣りをするライバルなんかも居らず、快適に楽しめちゃう穴場的スポット。運が良ければ良型が連発したり、思わぬビッグワンとの遭遇も夢ではないんですな。狙い目としては沖にドン深ブレイクなんかがある場所がオススメです。ってなワケでこの動画の見所は、リグの操作からアクションの入れ方、アタリの出方やアワセについて簡潔にまとめられているところであります。フロートリグは今ひとつ苦手って方は、こちらの動画をご覧になられたら如何でしょうか?



関連サイト
アルカジックジャパン  ぶっ飛びRocker /藤原真一郎
アルカジックジャパン  ぶっ飛びRocker/山城 剛


関連記事
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ
デカアジ狙撃アイテム「シモリ玉リグ」とは?




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



キスのルアーゲームってやつはエサ釣り感が非常に強い釣りでして、ルアーフィッシングオンリーでやってきた方はちょっと戸惑うのかも知れません。実際この僕も今回紹介する動画を見て初めて知ったことが結構ありまして、「チョイ投げ」とは言えちょっとナメていた部分があったことを反省しております。キス釣りを長いこと楽しんでいる方には物足りない内容かと思いますが、これから始める方や、なんとなくチョイ投げしちゃってる方に見てもらいたい動画です。良型キスが潜んでいる場所や、ポイントの解説、キャスト法、ロッドのさばき方等も解説しているので是非!
キスゲー経験者も新たな発見があるかも知れませんよ~。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


不意の大物や良型のターゲットが掛かった際に頼りになるドラグ。あの独特な甲高い音と共にラインが出て行く瞬間に心ときめくアングラーも多いことと思います。このドラグの滑り出しですが、通常はドラグノブで調節したり、スプールに指を添え必要に応じてブレーキをかけたりする方法がありますよね? 今回紹介する方法は、ロッドワークでドラグの滑り出しをコントロールする方法。個人的にあまり意識していなかったことなんですが、とっさの時に役に立つテクニックなんでピックアップしてみました。ロッドを立てて耐えたり、魚が走る方向と逆にさばいたりするのだけがロッドワークじゃないんですね~。


関連記事
フィネスな釣りで大切なロッドさばきとドラグ調整
「鱸竿で鰤と戦う」ある意味ライトゲームな動画



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]