Saturday, February 6, 2016


ポッキンさんの新しいテクニック「ウィンチング」と、ワームの刺し方についての動画です。
「ウィンチング」についての詳しい解説はここではされておらず、アングリングソルト本誌の方で解説されていると思いますので、メソッドについてはそちらを御覧ください。と言っても、基本的な操作方法は収録してあるので、勘の良い方ならば語らずとも分かるかもしれませんね。
動画の後半は、ポッキンさんプロデュースの「バルキースクリュー」の刺し方についての解説。他社のワームでも、他のジグヘッドでも方法はあまり変わらないので、ワームを真っ直ぐ刺すのが苦手って方に見て頂きたい内容です。
つーか、OFTさんとこはもうじきフィッシングショーなんだから、製品ページくらいちゃんとやっといた方が良い気も…。



関連記事
フロートリグを越えろ!メバル超遠投釣法を伝授
開発者が語る「ティーワンブレード」の勘所
デカメバキラー「スリックジグ」に新サイズ追加



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

アングリングソルト動画から、岩崎さんの実釣解説動画をご紹介。
動画タイトルは「りんたこ流・MTフォールメバル編」となっていますが、前半15分はMTフォールでのアジングで別のアングラーさんが解説しています。岩崎さんの解説は15分を過ぎたあたりで、防波堤などの際についたメバルを攻略する動画となっています。この釣り方はビギナーさんでも簡単に釣果が得られる方法なんでオススメです。また21分過ぎからはオマケの動画になっていて、こちらは潮止まりにエサと電気ウキを使った釣りの紹介です。
タイトル通りの内容を期待していたんですが、ちょいと残念…。

関連記事
アジングで駆使される3種のフォールを解説
レンジキープ力に優れたジグヘッドを動画で紹介
岩崎林太郎 クレイジグ レンジキープをインプレ


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


TICTのフィールドスタッフである松浦さんの実釣解説動画のご紹介です。
今回の動画は、ジグヘッド単体でディープに潜むデカアジを攻略するってお題目でして、松浦さんが普段の釣行で心掛けている事や釣り方を実釣を交えつつ教えてくれちゃっています。ライトリガーの皆さんの共通の悩みであるカラーについてのお話や、反応がなくなった時の対処法、ボトムステイも解説。またロッドセレクトについてのアドバイスもありますので、参考にされてくださいませ。




関連記事
エステル系ラインの太さによる使い分けを解説
二枚潮を攻略するための工夫とアプローチ法
アジングにおけるジャストなワームサイズ選択法




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ハンドメイドルアーを製作販売しているライゼンバイトさんとこに、「ルアーのすべてがわかる」wikiページが開設されたので、皆さんにご紹介。 僕達ソルトアングラーが愛して止まない釣り道具と言えば、ルアーフィッシングの主役である「ルアー」ですね。ロッドやリールにももちろん拘りますが、このルアーがないとすべてが始まらないし、釣果を左右する超重要アイテムです。そんな愛すべき道具にもいろんなヤツがおりまして、とくにこの釣りを始めたばかりのビギナーさんなんかは、種類が多すぎて何がどんな性格を持っているのか分からず、非常に困ると思うんですな。ソルトルアーを始めてもう8年程になる僕でさえ、「ちゃんと説明して!」って言われたらかなり怪しい(笑) 本日紹介するwikiページは、ルアーの定義からその生い立ち、種類や形による特徴など、あらゆる情報が網羅されているので、ビギナーから中級者の方にオススメ。意外と知っているようで、知らないことも書いてあるので楽しめますよー。

関連記事
「あなたの握力がロッドの感度を殺す」
プロが勧める魚の最高の絞め方と保存法
超簡単!「簡易アラバマリグの作り方」


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


釣りを始めたばかりのビギナーさんに、最初に訪れる試練が「ノット」ですね。僕も始めたばかりの頃はノットが苦手で、実は固結びでジグヘッドを結びメバルを釣ってました(笑) それから徐々にクリンチノットユニノットを覚え、ラインの結束では電車結びノーネームノットと比較的な簡単なノットから覚えていきました。「ルアーとラインを結ぶ」、「ラインとラインを結ぶ」、「PEとリーダーを結ぶ」等々、結び方にも用途があって色々な種類のノットが存在します。それらを全て覚える必要はなく、自分のやりやすい結び方を覚えれば良いと思います。最初は簡単なモノから覚え、少しづつステップアップして行きましょう。今回は簡単かつ結束強度も十分な「ルアーとラインを結ぶノット」をレオンさんが紹介してくれているので、ピックアップしてみました。見やすく分かりやすいので、バッチリと練習して覚えちゃいましょう。これらを覚えたら次はFGノットにもチャレンジです! 関連記事にもFG関係のリンクがありますが、まずは基本を覚えてから応用しましょうね~。
ちなみに強風時のノットは下の「3.5ノット」がオススメです。



関連記事
超簡単!超速FGノットの編み込み法を伝授!!
慣れれば1分! 金丸流お手軽FGノットを伝授
トーナメンター御用達「速攻8の字結び」を伝授
アジングで使える簡単ノット「3.5ノット」



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー



今まで知らなかったんですが、がまかつ提供の地上波釣り番組「FISHING LIFE」ってのがありまして、実はそちらでちょこちょこと、ソルトルアー関係も放送していたんですね。んで、そんなかにLUXXEさんとこやらアルカジックさんとこでテスターを務める、藤原真一郎さんのアジング動画を発見したので皆さんにご紹介。主なフィールドは関西方面ですが、そのテクニックやシチュエーションなどは他のポイントでも通用するものが多いので、スキルアップを目指している修行中のビギナーさんにオススメ。アジングのメインフィールドである漁港、波止場、常夜灯を外しての釣りは、アジング人口が急増中の現在、かなり美味しいポイントとなるのでチャレンジしてみてくださいな。
たまには女の子とキャーキャーいう釣りも、してみたいったらしてみたい…!

フロートリグで攻略する・良型連発アジングゲーム

食うパターンを見つけ出せ!バイト連発・春のアジング

ナイトゲームでアタリ連発!大阪泉南アジングゲーム


関連記事
フロートリグでアジング その基本操作を伝授
フロートリグでのシャローアジングを動画で解説


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


丁寧で分かりやすく、雑誌の特集のようなエントリーを書かれる0☆3★6さんが、流れのあるポイントでのアジングを解説されているのでご紹介。アジだけでなくメバルでもそうなんですが、ただ投げて巻くだけでは釣果は知れたもの。常に変化ある場所を撃って行かなければ魚に辿り着きません。この辺は中級者~ベテランのアングラーさん達は既に心得ておられるのでスルーして頂くとして、ビギナーさんには絶対に抑えておいてもらいたい事柄のひとつ。視界に広がる海原、岩場や藻場等が確認できない場合、狙うべき場所は流れや潮目になります。一見何もないように思われますが、実は「流れ」は立派な第一級のストラクチャー。その水面下では無数のアジやメバルたちが潮上に向かって定位しています。その中にリグやジグヘッドを馴染ませ、釣っていくのが流れの釣り。この釣りをやっていると、いかに潮の向きが海の魚達とって重要かというのがよく分かります。アジング&メバリングのポイント選びで重要なのはズバリ、「潮が当たっている場所」なのであります。


キャストポイントとトレースコース! 其の一

キャストポイントとトレースコース 其の二 ♬


関連記事
ビギナー必見のアジング基本テクを丁寧に解説
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け







※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


つい先日のこと、単独釣行が多い僕としては久しぶりに、地元の釣友とホームグラウンドである市内の島へ釣りに行きました。普段は不快なトラブルや他の釣り人に気を使うのが嫌なので波止での釣りはしないんですが、この日は漁港内での釣りとなりました。港内はポツポツと釣り人が居る程度で、はじめのうちは平和に釣りができたのですが…。あろうことか1つのグループが焚き火を始め、それに感化されたのか少し離れたグループも現場で廃材を集め大きな焚き火を始める始末。気分が悪くて釣りどころではありませんでした。こんな輩がいるから釣り禁止のポイントが増えるし、釣り人イメージは悪くなるばかりです。悲しいですがこれが現実です。
そんな出来事があった後すぐにアップされたのが、釣友であるチバさんとこのブログ。僕もたまにですが彼のナビゲートで日本海側で釣りをさせてもらう事がありますが、案内してくれる場所はひっそりと静かな場所ばかり。また彼の釣りスタイルも忍者さながらの隠密釣法。音はさせない、影を落とさない、照らさないといったスタイルを貫いています。彼と一緒に行動していると、釣り場や釣りに対する気遣いというのがすごく伝わってきて、自分もこうあるべきだなとこっそりとお勉強させてもらっています。今回のエントリーは釣りをしていると、ついつい夢中になって忘れてしまいがちな「釣りをさせてもらっている気持ち」です。釣り場周辺の住民の方への配慮と挨拶は決して忘れてはいけないマナーです。僕達ライトゲーマーは夜の釣行が多いことと思います。くれぐれも釣り場周辺の住民の方や漁師さんに迷惑がかからないようにしなければなりません。また、人が居ない地磯やサーフ等でも「海に釣りをさせてもらっている」という感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。
この日一緒に行った釣友もチバさんも、実は釣り場での挨拶がきっかけで交流が始まりました。釣り場での挨拶は釣果よりも大きいものが得られる素晴らしい習慣。人見知りの激しい僕が言うのもなんですが、恥ずかしがらずに声を掛ければきっと良いことありますよん。
また長くなってしまいましたね…w


関連記事
全てのアングラーが心に刻むべきこと

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングの決め技と知られるフォール。もちろんのこのフォールを織り交ぜなくてもリトリーブのみで釣れるパターンも存在しますが、それは小魚達を捕食している高活性の時なんかにあることで、全てのシチュエーションに対応できる釣り方でないことはみなさん御存知の通り。現在のアジングシーンではフォールさせて食わせる方法がメインの釣り方で、それをするのとしないのとでは釣果は一目瞭然。そんな重要なフォールでもただ単にやれば効果があるのかといえばそうでもなく、その時のアジの状況に合わせた使い分けが大切だったります。今回はそんな微妙で繊細なフォールの世界をクローズアップ。尺メバルハンターとして知られるりんたこさんの実釣解説でお勉強してくださいませ。
しかし「モデレート・テンションフォール」なんて言うんですね、なんかカッコイイじゃない!




関連記事
岩崎林太郎 クレイジグ レンジキープをインプレ
岩崎林太郎 必殺リグ「タコリグ」を紹介
岩崎林太郎 「タコリグ」実釣解説動画




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



じょーじ山本さんのテクニック紹介動画が、アングリングソルトにアップされているのでご報告。
アイススジグ(ジギングラップ)といえば、昼間に大活躍するお手軽リアクションゲームというイメージが強いアイテム。ロッドをツンツンと軽くシャクり予測不能なダートアクションで魚の本能を刺激、スイッチが入った個体に口を使わせるというメソッドは釣り経験の少ない方でも楽しめるので、一時は話題になりメバルデイゲームの常識を覆す釣法となりました。しかし、一方ナイトゲームでのアイスジグはと言うとこっちの方はあまり注目されてないようで、その使い方を解説しているモノもあまりないように思います。そんなワケで今回は夜のアイスジグの使用法をピックアップ。また、じょーじさんといえば最近ではメタルジグを使ったアジングを積極的に展開されていて、その釣果も30アップ~50アップという羨ましくもけしからん内容です。そんなデカアジをキャッチしている技を惜しみなく解説されている動画もありましたんで、メタルアジングに興味がある方はそちらの方もご覧くださいませ。





関連記事
50UPを捕獲したメタルアジングテクニック公開
じょーじ山本が伝授する「金属片アジングテク」
じょーじ山本 メタルアジングを実釣親切解説

 


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

アジングもすっかり定着しライトゲームのなかでも1、2を争うほどの人気カテゴリーと成長しました。その道具やリグの進化も目覚しく、現在でも開発され続け釣具店のルアーコーナーを賑わす主役級の釣りと言っても過言ではありません。そんなアジングでここ最近注目を浴びるようになってきたラインに「ポリエステルライン」があります。僕は最近まで知らなかったんですが、実は昔からあるラインでその歴史は古く、1971年位に誕生した釣り糸なんだそうです。その特性としてはフロロに比べて伸びが少ない分高感度、比重もフロロに次いで重くナイロンやPEよりも水に馴染みやすいという利点があります。この辺が繊細なバイトを取るアジングに適しているという理由でしょう。僕は最近までフロロとポリエステルどちらを使うべきなのか悩んでいましたが、レオンさんとこのブログを読んで自分なりに答えが出たのでご紹介。どちらのラインを使うか迷っている方にとって非常に参考になるエントリーなので、是非読んでみて下さいな。


関連記事
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
極細フロロクエスト by LEON
極細フィネスラインの扱いについて
フロロラインのトラブル対処法と防止法

 




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



先日地元の釣具屋かめや下松店さんとこで開催されたレオンさんのセミナーに行って来ました。 相変わらず目からウロコがボロボロ剥がれ落ちてどーしようか!ってほどの濃ゆい内容でして、参加できなかった方々に伝えなければ!という使命感に燃えましたが、何から伝えて良いか分からず、内容が濃過ぎで何からお話して良いかわからなくなったので、自分の胸の内にそっとしまって置くことに決めました(笑) どうしても知りたい方はレオンさんの著書であるコチラをお買い求め下さい。今回のセミナーのテーマでもある「ルアーフィッシングであるからこその【錯覚】、【思い込み】、【ルアーフィッシングの概念からの脱却】が書かれております。ちなみに僕も買いました(笑)
ってなワケで数々の「目からウロコ話」のなかのひとつに、ベイトとワームに関するお話が ありましたのでレオンさんブログの関連記事及び@yaminomusukoさんのツイートから魚の捕食行動に関する動画をピックアップしてみたので、日々の釣行やスキルアップ、メソッド開発から妄想まで幅広くご活用くださいませ。
かめや下松店さんとこのブログに、僕がチラッと写っているのは内緒です。








関連記事
レオン流ワインドゲームを各種濃縮詰合せ解説
独創的なGulp!とミニマルによるライトゲーム
レオンさんが「Gulping!動画」を解説


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

丁寧で読みやすい0☆3★6さんとこのブログに、ラインについてのエントリーがアップされているのでご紹介。
エキスパートな方々は迷いなく確実なライン選択をされていると思いますが、ビギナーさんや中級者の方々にとってライン選びってのは迷いどころのひとつ。イメージや固定観念に惑わされて使っていたり、安さにつられて何気なく使っていたりしてませんか? 実はこの僕もこの記事を読むまで知らなかったことがありまして、考え方を改めた次第です。現在アジングやメバリング等に使われているラインは上の画像にある4種類。それぞれが一長一短あり、万能ラインは存在しません。個々の特性を理解しつつ、シチュエーションにマッチしたチョイスが好釣果への近道。「ラインの違いくらい知ってるよ~」って方も、ちょっとおさらいして欲しいなって思っちゃったエントリーなのであります。
ライトリガーは必見! 目からウロコ! 目からウロコ!

LightなLineのお話 Ⅰ (^_-)

LightなLineのお話 Ⅱ (^o^)

LightなLineのお話 Ⅲ (^_^)v

フロロとナイロンどっちがいいの? 検証終了♪

 
関連記事
ビギナー必見のアジング基本テクを丁寧に解説
ライトタックル遠投派にオススメのPEを紹介
アジングにおけるナイロンリーダーの可能性
ポリエステルライン「ピンキー」の特性を紹介
フィネスな釣りは「クラゲの触手」にご用心の巻





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングのメジャースポットといえば漁港や防波堤等の足場の良い場所。そして着き場といえば常夜灯の周辺が鉄板ポイントですね。んで、この辺りを潮流や風向き等を考慮に入れつつ、レンジを細かく刻んで探っていくってのが一般的な釣り方かと。しかし、アジングのポイントってのは防波堤の周辺だけでなく、サーフもあれば磯場もあるし、ゴロタっぽい浜だってあります。そういった釣り場までポイントとして入れた場合、いったい何処を狙えば効率良く魚に出会えるのか?ってのが今回の話題。その場所を知ってると知っていないとでは、釣果に差が出るしサイズだって変わって来ちゃうんですな。どうせ釣りをするならば魚の回遊ルートであり、留まりやすい場所が絡むポイントでするべきかと。もちろんアジだけでなく、他の魚種にも出会える確率がグーンと上がる美味しいスポット。良い釣り場ってのは、結構この地形が絡むケースが多いんです。ってなワケで詳しくはリンク先をご覧くださいませ!
って引っ張ってみるw


関連記事
防波堤や地磯、サーフでもない河口という選択肢
ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


 


こんなサイトをやってて言うのもなんですが、釣りのテクニックや魚の生態、道具の使い方から自作法など、ちょっと検索するだけでゲットできるなんて、つくづく便利な時代になったなぁなんて思います。僕がメバリングを独学で始めた頃なんかは、まだまだ情報が少なく本や雑誌を買いあさり、ネットを検索しまくった記憶があります。そんな過去の経験から生まれたのが実はこのサイトなワケでして、「眼張鯵 メバラージさんとこに行けば、知りたい情報がある程度は手に入るぜ! ある程度はな!」って感じで過剰な期待をせずに見に来て頂ければ幸いです。
ってなワケで話がそれましたが、みぱぱさんとこのブログに紹介されていた0☆3★6さんとこのブログ 「 Natural Drift Ⅱin Shizuoka」のエントリーが親切で分かりやすく、時間を掛けて丁寧に作られているのに感動しちゃいましたので皆さんにご紹介。アジングにおけるリグの操作ってヤツは軽いモノを扱うケース多いので、ビギナーさんには自分が何をやってて、水中では何が起きているのか把握が難しいことと思います。0☆3★6さんのエントリーはそんな悩みを解消するため、ビジュアル的にわかりやすく図入りで解説されているので、アジングビギナーな方は必見。ココに載っているイラストを常にイメージしながら釣りをすると、少しづつ操作法やリグの動きが掴めるようになってくるはず。下に最近書かれたオススメの記事へのリンクを貼っておきますので、参考にされてくださいな~。


アジなお話(^^)/ 〜基本編〜

アジなお話Ⅱ!(^^)! 〜発展編〜

アジなお話Ⅲ(^^;) 〜水中イメージ編 その1〜

アジなお話Ⅳ(-_-;) 〜水中イメージ編 その2〜

アジなお話Ⅴ(^o^) 〜マニアック編〜

アジなお話Ⅵ(^o^) 〜ワームのお話〜




関連記事
もう一度チェックしたい レオン流アジングテク
アジング再入門 「Mキャロ」って?
アジングマイスターのジグヘッド必釣講座
家邊克己の一歩上行く「アジング奥の手戦略」





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


すでにご存知の方も多いかと思いますが、レオンさんとこのブログLureNewsのアジング動画を1本に編集したモノがアップされているのでご紹介。
LureNewsの動画ってのはブツ切りが多くて再生に手間が掛かり、イラッとすることって結構あるんですな。僕みたいに他人様のアップしたモノをコピペして記事にしちゃう横着な人には、すごく厄介なシロモノでして、ホントなんとかして欲しいです(笑)って個人的なことは置いといて、この動画はデイでの超フィネスなアジングからメタルバイブを使用した釣り、ワインドでシェード打ちなんかを解説。日中でもデッカイ奴を仕留めることが可能ってことを、バッチリと証明してくれているので、特にデイゲームファンは要チェックですよん。
上の画像のリンクの他に、コチラにも動画がアップされているので、お見逃し無きよう。


関連記事
ブリーデン 大阪FSセミナーが続々とアップ
四国FSでのレオンさんセミナーを紹介
レオンさんブログのお役立ちQ&A Vol.1~3追加




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アングリングソルト動画より、ラグゼアルカジックジャパンで活躍中の藤原慎一郎さんのアジング動画の紹介です。
本日のお題目は、フロートリグを使用したシャローポイントのアジング。シャローといえば、実はやる気満々の魚たちが回遊してくる美味しいスポット。サーフエリアやゴロタの浅場なんかは意外と釣りをするライバルなんかも居らず、快適に楽しめちゃう穴場的スポット。運が良ければ良型が連発したり、思わぬビッグワンとの遭遇も夢ではないんですな。狙い目としては沖にドン深ブレイクなんかがある場所がオススメです。ってなワケでこの動画の見所は、リグの操作からアクションの入れ方、アタリの出方やアワセについて簡潔にまとめられているところであります。フロートリグは今ひとつ苦手って方は、こちらの動画をご覧になられたら如何でしょうか?



関連サイト
アルカジックジャパン  ぶっ飛びRocker /藤原真一郎
アルカジックジャパン  ぶっ飛びRocker/山城 剛


関連記事
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ
デカアジ狙撃アイテム「シモリ玉リグ」とは?




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー




キスのルアーゲームってやつはエサ釣り感が非常に強い釣りでして、ルアーフィッシングオンリーでやってきた方はちょっと戸惑うのかも知れません。実際この僕も今回紹介する動画を見て初めて知ったことが結構ありまして、「チョイ投げ」とは言えちょっとナメていた部分があったことを反省しております。キス釣りを長いこと楽しんでいる方には物足りない内容かと思いますが、これから始める方や、なんとなくチョイ投げしちゃってる方に見てもらいたい動画です。良型キスが潜んでいる場所や、ポイントの解説、キャスト法、ロッドのさばき方等も解説しているので是非!
キスゲー経験者も新たな発見があるかも知れませんよ~。



関連記事
キスゲーファンに贈るシロギスの捕食シーン
ショアゲーで楽しむ夏の風物詩ゲームin淡路島
SUPER STRIKE Vol.45 ショアゲー(キス編)



不意の大物や良型のターゲットが掛かった際に頼りになるドラグ。あの独特な甲高い音と共にラインが出て行く瞬間に心ときめくアングラーも多いことと思います。このドラグの滑り出しですが、通常はドラグノブで調節したり、スプールに指を添え必要に応じてブレーキをかけたりする方法がありますよね? 今回紹介する方法は、ロッドワークでドラグの滑り出しをコントロールする方法。個人的にあまり意識していなかったことなんですが、とっさの時に役に立つテクニックなんでピックアップしてみました。ロッドを立てて耐えたり、魚が走る方向と逆にさばいたりするのだけがロッドワークじゃないんですね~。


関連記事
フィネスな釣りで大切なロッドさばきとドラグ調整
「鱸竿で鰤と戦う」ある意味ライトゲームな動画



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ちょっと時期が遅すぎ感がありますが、アングリングソルトが「夏メバル」の動画をアップしたのでご紹介。
メバルと言えば「春を告げる魚」であって、そのイメージは寒い時期から春にかけてが旬といった感じですね。しかしメバルを知り尽くしたメバリストならばメバルの旬は「梅雨」と答えます。味もファイトも確実に寒い時期を上回り、小さなサイズでもワンサイズ上を掛けたかのような鋭い引き。メバルという魚を100%楽しみたいなら絶対にこの時期です。一般的なメバルのシーズンでこの釣りを見切るのは非常にもったいない。むしろ産卵の時期は避けて、「梅雨メバル」を楽しむ方が良いかと。僕自身、8月の上旬にデイで20アップを連発させた経験がありますので、チャンスはまだありますよん! 潮通しが良く、流れがあり、水温が安定していて深場が近い場所ならゲットできるはず。沖磯なんかだと真夏でも釣れちゃう時があります。重要なのはテクニックよりも場所と条件。動画でもその「場所や条件」を詳しく教えるべきだと思うんだけどなぁ。















関連サイト
TICT 
オーシャンルーラー




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]