Friday, February 5, 2016

6cf78e75

「このルアーだから釣れた」、「このカラーだから釣れた」もしくは「このルアーだけしか反応しなかった」や「このカラーしか食わなかった」。
釣りをしてるとたまに目や耳にする言葉ですね。
果たして「これしか釣れない」は本当なのかどうか。
そこんところはやっぱりルアーマンとしては、真実が知りたいところ。
ってなワケで今回は、この辺りのカラクリを分かりやすく解説してくれている健太郎さんのブログをご紹介。
有名なテスターさんや釣りウマのブロガーさんなんかが上記のようなこと言ってしまうと、そりゃあもうかなりの宣伝効果が期待されちゃうわけですが、それは話半分で聞いてた方が良いかもしれません。
今回ピックアップさせて頂いたブログは、ルアーフィッシングを楽しむ人すべてに心得ていてもらいたい事柄なのです。
限られたお小遣いをムダにしないためにも、必読ですよん(笑)

ブリーデン (キラーダート)(ネジネジ)(バチ) セット 【総合計17点セット】/ジグヘッド/ワーム/ルアー/ライトゲーム/ロックフィッシュ/アジング/メバリング
by カエレバ

関連記事
怒涛の尺超えオンパレード釣行記をアップ
アクションを入れると「釣りやすい」と言うこと
食おうと思ったけど近くに餌いたからソレ食った





lflin01


ラインの品質やリールの性能が向上している現在はどうなのか分かりませんが、僕がソルトを始めた頃フロロカーボンラインを使っているとよくトラブったものです。
これは僕自身の技量の問題もあると思うんですが、当時はフロロに対して良い印象はありませんでした。
糸グセがついてるのを知らずに巻取り、キャストしてボワッとラインが放出されグチャグチャに…。
テンションだだ下がりの瞬間です。
しかしフロロラインってのはちょっと気を使うだけで断然快適に使えるようになるので、ビギナーの方はしっかりと当サイトでお勉強しましょう。
ってなワケで今回は、釣り場でできるフロロラインの簡単メンテナンス法をレオンさんが伝授。
現場について最初にやっとけば、その日の釣りは鼻歌交じりで楽しめちゃいますよん。
フロロ愛用者は是非!


クレハ(KUREHA) シーガー R18フロロリミテッド 100m 2lb クリアー【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法
イラッとするプチトラブルを解消する小技紹介
8lb以下最強!? ダブルユニノットってなんだ?




lddohs01

ライトゲームに使われているラインにはナイロン、フロロカーボン、PEとありまして、それに加えてここ最近ではアジングやメバリングにポリエステルラインが加わって釣りの幅を広げています。
ベテランクラスや中級アングラーのみなさんであれば知っていることだと思うのでスルーして頂いて構わないんですが、ビギナーさんにとってラインってのはイマイチ何が違うのか分からないものだと思うんですね。
今回はそんなビギナーさん向けのわかりやすいライン入門的動画をご案内。
ラインの特性や結束強度、強度テストなどが解説されているので、「初歩的なことを勉強したい!」って方にオススメ。


ユニチカ(UNITIKA) ナイトゲーム・ザ・メバルPEII 150m 0.2号/2lb 02275【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
強度は大丈夫? 並木敏成のお薦めノット解説
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
ラインメーカーおすすめの強いノットはこれだ!




RYU_6919

りゅうさんのブログに、34からリリースされる初心者向けロッド「GUIDEPOST LHR-62」の紹介記事がアップされているのでご案内。
ビギナー向けのエントリーモデルという位置づけのライトロッドですがなかなか優秀なロッドらしく、ベテランアングラーのサブロッドととしても使える仕上がりになっているそうです。
これから釣りを始める方、格安ロッドでの釣りを卒業して「ワンランク上のロッドに買い換えたい」ってビギナーの方はどんぞ。


”2015 New Model”34 THIRTY FOUR(サーティフォー)GUIDEPOST(ガイドポスト)LHR-62 【アジングロッド】05P04Jul15
by カエレバ

34 THIRTY FOUR(サーティフォー)ADVANCEMENT(アドバンスメント)HSR-63 Version2【アジングロッド】05P01Mar15
by カエレバ

関連記事
34の気になるドラググリスを動画でチェック
34で鋭意開発中の小型プラグをチラリ紹介
34のメバルロッド「SBR-64」の発売日が決定



stts01

フィッシングショー大阪 2015のサンラインさんのブースで行われた武田栄さんのセミナー動画をご紹介。
普段は雑誌連動ムービー系にボチボチ登場される武田さんですが、今回は珍しくフィッシングショーのセミナーです。
個人な話ですが、好きで応援しているテスターさんってのは数名いらっしゃいまして、武田さんはそのなかのお一人。
ジャズドラマーっていうことも個人的にツボなんですが、釣りの腕前、商品企画力、動画から滲み出る人柄がたまらなく好きなんですな。
ま、そっちは置いときまして、この動画はアジング&メバリングに悩むビギナーさんから中級者さん必見の動画。
その内容は、もし僕がライトゲームを始めるときにこの動画に出会っていたなら、今よりももっとたくさんの魚に出会えていただろうなぁと思うほど。
遠回りして試行錯誤するのもまた釣りの楽しみですが、最近のライトゲーム事情は細分化されすぎて、初心者には敷居が高くなっているのも事実。
せっかく釣りに興味を持って、始めたいって気持ちを萎えさせるような「小難しいあれこれ」は野暮ってもんです。
小難しいマニアな世界はある程度釣れるようになってから楽しめば良いのであって、始めたばかりの方が純粋に楽しいと感じるのは「釣れること」。
この動画はその辺りのツボというツボを押さえまくった、分かりやすくも濃い動画ですんで、アジング&メバリングに悩める方は是非! っていうか、武田さん最高!

サンラインテスターの方々のトークショーはコチラをどんぞ。
っていうか、お絵かきソフトの使い方くらいは、事前にテスターさんに説明しておいたほうが良いですよ。

SUNLINE / サンライン  SALTWATER SPECIAL SMALL GAME PE(ソルトウォータースペシャル スモールゲームPE) ライン・糸  PE ライトゲーム用ライン  0.3号 【150m】【定形外可能】◆
by カエレバ

サンライン スモールゲームFC フロロカーボンラインSmall Game FC


関連記事
武田さんオススメのカマスゲームを動画でお届け
武田栄が教える ベイトフィネスでのチヌゲーム
武田栄がトップ&ボトムのクロダイゲームを紹介




o0635047613172253030
アジングって釣りが進化していく過程で現れ、現在ではスタンダートとなっているロングワーム。
いつ頃からリリースされて、最初に出したのがどのメーカーかは覚えていませんが、長いワームを見た時は正直使う気がしませんでした。
まだアジング用ロングワームがなかった頃は、バス用ワームのサンスンなどの細長系ワームを使って釣りをされている方が結構おりまして、僕の馴染みのポイントでボコボコの釣果を上げていることに驚きを感じたのを思い出します。
んで、僕が当初長いワームに感じていた違和感だとか、「なんでそんな長いので釣れるのさ!?」って疑問を今も抱えている方もいらっしゃることと思います。
今回はその辺りの疑問を解消してくれる、けんぼうさんとこのブログをご案内。
細長ロングワームをイマイチ使う気になれないって方は、ハメられたと思って是非使ってみてくださいな!
ほら、人間だってラーメンとかソバとか、ツルってやんのが好きでしょ?
たぶんアレと一緒で、アジも喉ごしに拘るんですなw


【バークレイ】パワーベイトSW マイクロクローラー アジングカスタム 3インチ[メール便:2]
by カエレバ

関連記事
バークレイの新型ワームがすこぶる良い感じ!
レオンさんがマイクロクローラーの秘密に迫る
PFJの新作アジングアイテムをズバンと紹介





ufjyvbo8m6anyy48xwdp-1a09ae36

目の前に広がる海に目立ったストラクチャーがない場合、ルアーを投げるポイントは潮目であったり、泡の帯や流れ、そしてサラシやヨレだったりします。
ビギナーさんにはちょいと難しいかも知れませんが、だだっ広い平坦な海で魚信を求めるには、変化を見つけてそこを叩くのが常套手段。
潮の動きや風の影響、海水温の違いなどで海面に現れる変化はすべて立派なストラクチャーです。
そして、今回は海面に現れるモヤモヤポイントである「ヨレ」に注目。
このヨレの正体はもう皆さんご存かと思うので、ここで説明しませんが、目標物が乏しい場所でヨレが発生していれば積極的に狙うべきポイントですね。
しかし、いくらこの場所をダイレクトに狙っても思ったほど魚が釣れず、残念な思いをしたことがありませんか?
実はこれ、狙い方にちょっとしたコツと考え方が必要でして、馬鹿正直にモヤモヤ部を直撃すれば良いってもんじゃないんですね。
ってなワケで、その辺りの詳しいことを知りたい方は、ツボを分かりやすい図で解説している増井さんとこのブログをご一読ください。
シーバスアングラーさんですが、これはライトゲームにも共通することなんで、海で釣りをする初心者~中級者さんは必見ですよん。


ライトゲームアカデミー [ 加来匠 ]
by カエレバ

関連記事
ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう
「サラシ」のお話
河口の釣りに欠かせない「塩水くさび」って何?



ashmdg01


アングリングソルトの動画に、ヒロセマンがデイを楽しむ小ネタ的メソッドを伝授する動画アップされています。
前半はちょこっと秋イカを楽しんで、漁港の内側で小メバル戯れ釣法を紹介。
動画では小さめサイズのメバル等が釣れていますが、場合によっては意外と大きなサイズも出たりするのでちょいと侮れなくって、地味に夢中になるチョイ釣りです。
んで、この動画のメインはライトなメタルジグの操作法でして、11分を過ぎた辺りと14分50秒辺りで紹介されるメタルの釣りは必見。
メタルジグに精通しているベテランさんはスルーされても問題ないですが、ビギナーさんには是非観て頂きたい動画です。
ちなみに前半と後半には金丸竜児さんもチラッと登場してますよん。


【メール便可】メジャークラフト ジグパラ マイクロスリム 7g
by カエレバ


関連記事
ヒロセマンがデイ&ナイトの金属アジングを解説
ヒロセマンがショアティップラン&秋五目を紹介
ヒロセマンのライトショアジギ基本講座




1935afe9

雑誌やブログ、動画なんかでも非常に分かりやすい解説をしてくれるレオンさんですが、ご自身の釣りの集大成」を凝縮した渾身の1冊「ライトゲームアカデミー」がいよいよ発売となります。
釣りに関する知識やテクニック、思いの丈を可能な限り詰め込んだ本書。
しかし、悲しいかな書籍というモノにはページ数という制限がつきもの。
そのなかで伝えたいことを全て伝えるというのは、非常に難しいことです。
そこでレオンさんが採用したのが、おそらく紙媒体史上初の試みとなる驚きの方法。
このあたりはリンク先を読んで頂いたら、「おお! その手があったか!」って思うはず。
釣りの世界でも常に1歩も2歩も先を行ってる方ですが、書き手としても時代の流れを読み、それを取り込んで形にしてしまうところがレオンさんの凄いところ。
その釣りに対する情熱と、その素晴らしさを多くの人に伝えようとする熱意は、きっと多くのアングラーさんに届くことと思います。
発売前からすでに名著な予感がすると共に、バイブルが増える喜びでワクワクしている僕なのでした。
ちなみにアマゾンでは現在、釣りカテゴリーのなかでベストセラー1位ですよん!
レオンさん、発売前ですが、おめでとうございます!

「アジング・メバリングがある日突然上手くなる」も名著ですんで、未読の方はこちらも是非。


ライトゲームアカデミー
by カエレバ

アジング・メバリングがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)
by カエレバ

関連記事
アジ&メバルのバイブル ある日突然…発売!!
ライトゲームのバイブルの続編発売が決定!?
【祝】メバリングのバイブル「めばるing」復活





hmajst001
Lure Newsさんとこの動画に、ヒロセマンのメタルアジング動画がアップされているのでご案内。
陽の高い日中からのメタルアジングや、ナイトゲームでのメタルジグの釣り方とメリットを解説。
動画の終わりの方ではジグヘッドに切り替えた釣りの紹介していますが、この動画はメタルジグがメイン。
「メタルジグはちょっと…」って方に是非観て頂きたい動画です。
また、リンク先では今回の釣行に使われたタックルの紹介動画もありますんで、気になった方はどんぞ。


【メール便可】メジャークラフト ジグパラ マイクロ 7g
by カエレバ

関連記事
ヒロセマンがショアティップラン&秋五目を紹介
ヒロセマンのライトショアジギ基本講座
ヒロセマンのメバル攻略&トルザー紹介動画





hzcr01
以前コチラで紹介したハゼをミニクランクで釣るハゼゲーですが、LureNewsさんとこの動画にも実釣動画が上がっているのでお知らせ。
ハゼっていうと基本的にエサで釣るものってイメージが濃い魚だったので、プラグで釣れるってのが衝撃的だったんですが、やっぱりこの魚釣りはゆるくて楽しそうですね。
見た目が可愛いトラウト用のルアーに、とぼけた感じのハゼって組み合わせってのも、なんとなくほんわかさせられますな。
その辺の河口で日中に釣れちゃうっていうのも、お手軽な感じでなかなかよろしいです。


FCT HAZE ディープクラピーSFT BELL ゴールドクラウン【釣具のポイント】
by カエレバ



関連記事
ちょっと楽しげなハゼのクランキングを紹介
ハゼのクランキングに最適なタックルを紹介





hrmlsj01 アングリングソルトの動画に「ヒロセマン流・簡単お手軽ライトショアジギ講座」がアップされています。
アジもメバルもちょいとひと休み的なサマーシーズンですが、皆さんいかがお過しでしょうか?
夏のデイゲームとなると、暑くてとても出かける気にならないって方もいらしゃると思いますが、そこはマズメ限定で出掛ければ少しは涼しいはず。
とくにこの時期の朝マズメなんかは、短時間の釣りには持ってこい。
ってなワケで今回は、夏でも楽しめるライトショアジギ講座。
難しくないので、ビギナーさんでも楽しめるはず。

メジャークラフト ジグパラ SHORT 20g #1 イワシ
by カエレバ


関連記事
沖の獲物を狙い撃ち!ライトショアジギ操作法
芥河晋の「お手軽ショアジギング」(ワインド篇)
動画で見る メタルマルの魚種限定解除っぷり




基本的に釣り場のマナーってやつは常識的な考えを持っている方ならば、気をつける以前の問題でごく普通にできている自然な振る舞い。
「ゴミを捨てない」とか、「夜は大声を出さない」とか、「迷惑な駐車をしない」とか、自分の行動が人にどんな影響を与えるか、自分がされたらどう思うかって想像力があれば、釣り場のトラブルってのはそう起きるもんじゃありません。
「己の欲せざる所は人に施す勿れ」です。
今回はそのあたりの「人として当たり前」のマナーについてではなく、釣りを楽しむ人同士がお互いに気持ち良く釣りをするためのマナーのお話。

ルアーフィッシングは、キャストしては巻くを繰り返し広範囲を探るというその性質上、「先行者優先 」という暗黙に近いルールが存在します。
それが暗黙であるがゆえに初心者には伝わり難く、「これくらい離れてやれば問題ないし、海はみんなのもの。仲良く釣りをしよう」って一般的な考えを持つ始めたばかりのビギナーさんには気付き難いことだと思うんですね。
んで、なぜ「先行者優先」というものが存在するのかを、しっかりと教えてくれる先輩アングラーや師匠が居てくれれば良いのですが、実はこれがなかなか難しく、意外とこのような話題を扱っている本や雑誌ってのも無いように思います。(僕が知らないだけかもしれませんが)
なので、アングラーとしてのマナーやルールってのは伝わっていかないんだと考えるワケです。

そしてさらに厄介なのが、先行者を気遣って距離をおいて釣りをしているにも関わらず、実はまだ迷惑をかけているっていうケースも存在するということ。
実はコレ、僕もそこまで考えたことがなかったんですが、今回紹介するぽりけんさんのエントリーで図入りで解説して頂いて「なるほどね!」って思ったんですな。
僕もメジャーポイントなどで先行者がいる場合は、ある程度間隔をとって釣りをするんですが、ここまでまわりの事を考え、そして状況を読んで釣りをしていませんでした。
なので、「今更そんなこと言われなくたって…」って思っているアングラーさんにも是非読んで頂きたいと思います。

釣りを続け経験を積んでいくと「当然」と思っていることが、初心者や釣りをしたことがない人から見れば「知らない」 だったってこともあるワケです。
釣り場でビギナーさんらしき人に出会った時は、釣りを始めたばかりの頃を思い出してみてください。
そして目くじら立てて怒るより、やんわりと教えてあげる方が伝わると思うんです。
それによってまた、教えられた人がまた次に伝えていく。
長い目で考えれば「釣り」という文化を次世代にしっかり伝えていくには、こーゆーことが大切だなって思うんですね。

釣りは武道のように、師から弟子へ思いや技術が受け継がれていくものだと思っています。
そしてフィールドを大切にし、紳士的に楽しむあたりは、まさにスポーツ。
ってなワケで前振りが異様に長くなりましたが、今回のことに気付かせて頂いたぽりけんさんとこのエントリーを是非、御覧くださいませ!

最後に人が多い場合は、素直に諦めることも大事です。
そんな時は自分だけのポイント探しに出掛けましょう。
それはそれで、楽しいもんですよ!


関連記事
釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介
漁師から見たアングラーのマナーについて



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

自分の釣りの歴史を振り返ってみると、影響を与えてくれたのは、まず「釣り」の楽しさを教えてくれた親父。
そして、釣りから離れていた20代の頃にフライフィッシングを教えてくれた、東京は高輪の蕎麦屋「夢呆」の大将。
さらに12年ほど前、春に実家に帰った際にあんまり釣りを知らない兄貴の「メバルがワームで釣れるらしいから、築港に行ってみようぜ」って一言。
それからソルトルアーにハマる日々が幕を開け、当時東京在住の僕は仕事が終わればお台場方面へ、週末は単車を転がして第三京浜や東名、西湘バイパスを突っ走って神奈川、伊豆方面に通っていたんですね。
それが24時間勤務明けだろうがお構いなくw

12年前、僕のまわりには釣りする人ってのは全く居なくって、 ほとんど手探りの状態でメバリングを始めたんです。
当時ってのは今ほど道具もなく、情報もなく、ライトなソルトアングラーも少なく、ネットですら発展途上だった時代です。
今でもそれほど釣りが上手くはないんですが、その頃は本当に釣れなくって、情けなくって釣り場で悔し涙を堪えるくらい釣れませんでした。
ホント、情報がなくって海に行っては、ひたすら投げるしかなかったんですね。

そんな時期が長いこと続いて、心が折れかかった時に出会ったのが健太郎さんの「めばるing」
そりゃあもう、嬉しくって毎日のようにチェックしていたのを今でも思い出します。
ちょうどそれから、レオンさんを知り、いろいろなテスターさんを知って、とにかくネットの釣り情報を集めることを始めたワケです。
今こうして僕がこのサイトを更新しているのも、「めばるing」というバイブルがあってこそ。
ソルトを始めた頃のあの「釣れなさと悔しさ」、「仲間が居ない孤独さと、教えてくれる人が居ない寂しさ」、「釣っている人が確実に存在するのに、情報の集め方が分からないもどかしさ」そんな気持ちがあったから、「眼張鯵 メバラージ」を作ろうと思ったワケです。

アジングやメバリングの情報が溢れている現在でも、 「めばるing」は色褪せることなく、ライトゲームに欠かすことができない要素を僕たちに伝えてくれています。
ソルトライトゲームを始めたくなった時、疑問を感じた時、壁にぶち当たった時、そんな時に訪れれば何かしらのヒントがある。
そんな素晴らしいサイトが、久しぶりの復活です。
読んだことある人も、見たことない人も、是非是非チェックしてみてください。
ソルトライトゲームのツボをこれほどまで抑えまくってるサイトを僕は知りません。






魚を掛けた瞬間に「ジッ…」って鳴るドラグ音、良型や大物が走る時に響く「ジィィィィィ~」っと出るドラグ音など、ドラグの音ってやつは胸をときめかす気持ちの良いサウンドですね。
しかし、このドラグってやつの設定値を僕は気にしたことがないし、いつも適当に「こんな感じでどうよ?」って決めています。
あとは魚が掛かってから、締めたり緩めたりとその辺は臨機応変にやってるんですね。
しかし、せっかく掛けた大物を逃すのはやっぱり悔しいし、ラインブレイクで魚にダメージを与えるようなことは極力したくありません。
今回はそんなドラグにまつわるお話を、ブリーデンのフィールドスタッフであるインチョーさんがアップしてくれているのでご案内。
ボートゲームでのお話が書かれていますが、ヒットした魚の最後の抵抗はショアからの釣りでもおなじこと。
最後の最後で「デカかったのに…」ってならないためにも、読んでおいた方が良いですよん。


ブリーデン(BREADEN) minimaru50 shallow 50mm
by カエレバ

関連記事
フィネスな釣りで大切なロッドさばきとドラグ調整
ロッドワークでドラグの効きを調節する方法




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


SALTY!の誌面連動動画に、ブリーデンのフィールドスタッフである芥河晋さんが教える「ライトテキサスリグの作り方」がアップされているのでご案内。
基本的にデカいロックフィッシュを狙う際のテキサスリグとあまり変わらないんですが、このリグをより快適にするためのちょっとしたコツが紹介されているので、ライトなロックゲーム愛好家にオススメ。
最近はライトタックルでの根魚ゲームを楽しむためのアイテムがポチポチ登場していますが、昔ながらの定番リグもまだまだ健在ですな。



関連記事
マグバイトの対根魚リグ バサロを動画で解説
これは美味そう! 根魚用のビフテキ出来ました
ロック野郎注目のゼロダンロックを動画で紹介
ジャングルジムの気になる根魚アイテムを紹介




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングがソルトライトゲームの定番になってからというものライトリグの進化が加速度的に進み、現在ではそれらのリグに使われるいろいろなアイテムがリリースされています。
リグが進化し様々なシチュエーションでの釣りが容易にそして楽しくなる反面、システムが複雑化してそれがトラブルの原因になるというデメリットも生まれてきています。
ってなワケで今回は、複雑なシステムを持つシャローフリークを使った「Fシステム」のQ&Aを紹介。
メーカーさんに寄せられる質問のなかで、問い合わせ数が多いものについて回答しているので、これを読んでいるお友達の悩みも載っているかも知れませんよ~。


関連記事
シャローフリークのFシステムでアジを狙う
アルカジックテスターが「Fシステム」を伝授
ひと工夫でフロートの使い勝手を向上させる裏技
Mフロート使用の遠距離シャロー攻略リグを紹介





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


なんかジグヘッドが飛ばない時、ティップを見て思わず出ちゃう「あ…」。
ワクワクして投げる一投目に気がつく、虚しい「あ…」 。
リールを巻く手元に目を移した時、思わず溜息と共に漏れる「あ…」。
これら全ては初心者から上級者まで、全てのアングラーさんが度々経験する ありがちなライントラブル。
ティップの先端にくるりとラインがまとわりついていたり、ベールにラインを通し忘れていたり、スプールからラインが飛び出ていたり…。
とくに3番目のトラブルは厄介で、僕もこの状況に何度泣かされたかわかりません。
釣りを始めたばかりのビギナーさんがこのスプールの巻き乱れに見舞われると、戦意を喪失しヤル気をなくしてしまうのでご用心。
未然に防ぐにはラインローラーにラインをしっかりと通し、テンションが掛かった状態で巻き取ることです。
ライトリグを扱う時は常に上記を意識して、クセをつけましょう。


ってなワケで、今回は34フィールドガイドの米本さんとこのブログから
初心者へ送る『困ったときは!』①
初心者へ送る『困ったときは!』②
初心者へ送る『困ったときは!』③
の3つエントリーをご紹介です。

これを覚えておけば、釣り場でイライラすることはなくなりますよん。

関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法
知ってるとイラッとしないリールに関する小技





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


34のオフィシャル動画をアップするチャンネルがyoutubeに開設されているので、ライトリガーの皆さんにご案内です。
今回紹介する動画はSキャリーの使い方を家邊さんが解説するというもの。
フロートリグとはちょいと違ったテイストのSキャリーを詳しく知りたい方は必見。
またリーダーとメインラインの結び方の動画も上がっているので、そちらもどんぞ。
開設したばかりのようで、まだ少ししか動画がアップされていませんが、今後はアジングに関するテクニックや製品情報などが続々とアップされるかと思いますので、気になる方は要チェックですよん。





関連記事
開発者が語る ウキ系リグ Sキャリーの使い方
開発者が語る「Sキャリー」の基本的な使い方


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ラパラルアーの伝道師じょーじさんとこに五目ペンシルに関する話題がアップされています。
メバルプラッキングの楽しみのひとつに トップゲームがあります。
クロダイやスズキなんかに比べると派手さはないものの、パシャパシャとトップに出る様は健気で可愛らしいものです。
果敢にアタックしてきますが意外とフッキングしなかったり、勢い余ってプラグが飛んだりと、微笑ましくも もどかし面白い釣りですね。
んで、五目ペンシルですがフック交換だけで浮き姿勢が調節できるようにセッティングされているらしいので、姿勢を変えて釣ってみるのも面白そうですな。
メバルに限らずセイゴやメッキにもオスス。
ちなみにじょーじさんとこでは、コチラコチラコチラで新製品に関する話題が見られますよん。

関連記事

ラパラのプラグ達を動画で紹介 プロトもあるよ
じょーじさんが綴る「五目ペンシル」開発話
メタルアジングテクと夜のアイスジグ活用法
ラパラのルアーを使ったメバリングを紹介



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]