Thursday, November 15, 2018

869b1013


ライトゲームを嗜むアングラーさんのワームケースのなかに、必ずと言って良いほど入っているクリア系のワーム。
そしておそらくクリアのワームってのは使用率も実績も高く、好んで使われるカラーのベスト5には入ってる外せないカラーだと思うんですね。
しかし、なぜクリアという透明で存在感が薄く、そして視認性の悪い色に魚が反応しバイトしてくるのか?
孵化したばかりの稚魚の魚体が透けているからか、はたまたアミ系プランクトンたちが透明だからか?
果たして理由はそれだけでしょうか?
その答えはどうやら「光」に関係しているようで、その秘密を解き明かすヒントが書かれているのが今回紹介する健太郎さんのブログ
その観察力や考察力は相変わらずハンパなく、読んでて思わず「なんだこりゃ」って言ってしまいました(笑)
この「なんだこりゃ」は褒め言葉でして、よくもここまで考えつくなぁと感心した次第です。
流石、自らをメバルフリークと名乗るだけあって、健太郎さんはやはり「変態的思考」を持つメバルアングラーですな!
はい、これも褒め言葉(笑)
それはさておき、クリアの秘密を知りたい方は是非読んでみてくださいな。

【ブリーデン】NejiNeji(ネジネジ)50mm[ネコポス:3]
by カエレバ
 

【ブリーデン】BACHI(バチ)60mm[ネコポス:3]

関連記事
自分だけのオリカラワームを簡単かつリーズナブルに増産しちゃう荒業をこっそり伝授
ダート系ジグヘッドの特性を理解して応用しよう
このルアー、このカラーだから釣れたの真実
レオンさんがマイクロクローラーの秘密に迫る



0ae5be9b


ライトゲーマーがリール選ぶ基準として重要視しているひとつの要素に「軽さ」ってのありまして、できるだけ軽いものを選んで使うといった傾向があるようです。
ロッドにしてもリールにしても、とりあえずライトタックルは「軽さ」が追求され、最近では軽いことが良いというイメージまでもが作り上げられているような気がします。
もちろん軽いということにはいろいろなメリットがありますが、ただ「軽い」というだけすべてを選んでしまうというのはちょいと乱暴で、タックルバランスや用途、ターゲットなんかを考えてチョイスしないと道具本来の性能が発揮できず、逆に使い難くなったりすることがあるので注意が必要です。
ってなワケで今回は、ライトゲームで使うリールは「いったいどんな基準で選べば良いのか?」といった疑問を解消する手伝いをしてくれる梶本さんのブログをご案内。
今までリール選びのポイントしてあげられてきたのは「軽さ」だったり、「飛距離」だったり、「巻感度」など。
しかし、今回の記事で語られているのはそれらとは異なった切り口で、リールの知識として知っておきたい基本的で重要な部分。
ライトゲームに限らずリールを使う釣りすべてに共通する事柄なので、ルアーアングラーは一度読んでおくことをオススメします。



スポンサードリンク



送料無料 DAIWA 16 EM MS 2004 エンブレム マグシールド 2016年新製品
by カエレバ
 

関連記事
アジング&メバリング等のライトな釣りに使いたいリールの選び方
中古リールを選ぶ際の注意点を動画で紹介


スポンサードリンク

e959d39a-s


先日紹介したオフィスユーカリさんところのスプーン「ストライナラージ」。
その記事のなかでスプーンを使うメリットへのリンクを貼っていたんですが、今回はテスターの和田さんがスプーンの操作編をアップされているんでご案内。
ウィードエリアはメバリングでは積極的に狙うべき美味しいポイント。
「それは分かっているけど藻に引っかかるのがイヤだ…」って方はスプーンを使ってみたら如何かと。
僕もまだ使ってはいませんが、ジグヘッドよりも快適に釣りができそうですよん。
ちなみにコチラでは、おなじくオフィスユーカリのテスターを務めるWackyさんが同社のスプーン「ストライナラージ」、「心」、「Bug」の違いや使い所を解説されています。

Office eucalyptus (オフィス ユーカリ) INTERCEPT 海鷹 73 (インターセプト かいよう) 【アジングロッド】【メバルロッド】【ライトゲームロッド】〔分類:ルアーフィッシング〕
by カエレバ
Office eucalyptus (オフィス ユーカリ) INTERCEPT 海鷹 610 (インターセプト かいよう) 【アジングロッド】【メバルロッド】【ライトゲームロッド】〔分類:ルアーフィッシング〕

関連記事
オフィスユーカリ ソルト用カラーのスプーンを発売
スプーンでマダイを狙う!その釣法を伝授
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム




34oy01
フィッシングショー2016の大阪会場、横浜会場で開催された34(サーティーフォー)のセミナーの様子を、fimoさんがアップしてくれているのでご案内。
横浜編では「スローアジング講座」を大阪編では「シャローアジング講座」、「メバリングトークショー」、そしてプロト製品の紹介がされています。
僕はアジングが流行り始めている前からやってますが今まで当たり前にやっていたことが、いかに思い込みであったり的を射ていなかったかってことに気付かされた部分もチラホラ。
なので、ステップアップしたい方、自分のアジングを見直したいって方は必見です。
開発中の「DFR-511」や「シンキングミノー」についての解説もありますよん。





関連記事
34&HAPYSON共同開発! ライトゲーマー用の「チェストライト」を徹底解説
【フィッシングショー速報】34の家邊社長が直々にオススメするイチ押しアイテムはこちら
【フィッシングショー速報】 ライトゲーマー注目の34(サーティーフォー)製品をドビャ!っと紹介



1935afe9

最近、僕の髪を切ってくれている美容師の健ちゃんがライトゲームを本格的に始めまして、あれやこれやと世話を焼いています。
釣り自体は昔からやってはいたもののアジやメバルを本気で釣るって釣りはやってなかったらしく、現在猛烈な勢いでハマり夜な夜な独りで出掛けては腕を磨いている様子。
そんな彼もやはりルアーフィッシングといえば「巻きの釣り」と思っていたらしく、「巻かない釣り」を教えたところ現在は釣果も伸びているようです。
実は彼にアドバイスする際にレオンさんが書いた「アジング・メバリングがある日突然が上手くなる」と「ライトゲームアカデミー」を再読したのですが、何度か読み返しているにも関わらず「そうだったんだ!」って思うところもあったり(笑)
やっぱりライトゲームのバイブルだと思った次第です。
そしてこの度、フィッシングショー2016のつり人社ブースで行われたレオンさんのセミナー動画がアップされたので、記事を加筆して再掲です。
「本当に釣りが上手くなりたい!」って思っている方はタックルよりもまず買うべきは本書。
ルアーの本質を知り、ルアーの持っているイメージを払拭し、巻きの釣りから脱却すれば、釣果は今よりも確実にアップしますよん。
(2016.2.8)


雑誌やブログ、動画なんかでも非常に分かりやすい解説をしてくれるレオンさんですが、ご自身の釣りの集大成」を凝縮した渾身の1冊「ライトゲームアカデミー」がいよいよ発売
レオンさんの釣りに関する知識やテクニック、思いの丈を可能な限り詰め込んだ本書。
しかし、悲しいかな書籍というモノにはページ数という制限がつきもの。
そのなかで伝えたいことを全て伝えるというのは、非常に難しいことです。
そこでレオンさんが採用したのが、おそらく紙媒体史上初の試みとなる驚きの方法。
このあたりは動画やリンク先を見て頂いたら、「おお! その手があったか!」って思うはず。
釣りの世界でも常に1歩も2歩も先を行ってる方ですが、書き手としても時代の流れを読み、それを取り込んで形にしてしまうところがレオンさんの凄いところ。
その釣りに対する情熱と、その素晴らしさを多くの人に伝えようとする熱意は、きっと多くのアングラーさんに届くことと思います。
発売前からすでに名著な予感がすると共に、バイブルが増える喜びでワクワクしている僕なのでした。
ちなみにアマゾンでは現在、釣りカテゴリーのなかでベストセラー1位ですよん!
レオンさん、発売前ですが、おめでとうございます!

「アジング・メバリングがある日突然上手くなる」も名著ですんで、未読の方はこちらも是非。


by カエレバ

by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


4incaj01


アングリングソルト動画にレオンさんのジグヘッド単体のアジング動画がアップされているのでご案内です。
本動画の見どころは1投目からの状況の把握の仕方から、どのようにしてリグを魚に合わせていくのかというところ。
大きな群れはないけれど魚が確実に存在しているような状況で、4インチのワームを使ったり最臭兵器を投入したりという、レオンさんには珍しいワームしばりのアジングをお楽しみください。
また先日コチラでお伝えした、アブガルシアさんとこの最新リール「Revo MGX」の使用感なんかも教えてくれちゃいますんで、リールが気になってる方もどんぞ。
ちなみにロケの相棒は、近頃ブログを紹介させて頂いてる古賀さんですよん。


【バークレイ】パワーベイトSW スライダーシャッド[ネコポス:3]
by カエレバ
 

関連記事
良い動き満載! レオンさんがワームを解説
期待のワーム「スライダーシャッド」の特性をレオンさんが解説
もう一度チェックしたい レオン流アジングテク



rv37mv01


スラックジャークと聞いて思い出すのがエギングでして、意図的にラインをたるませロッドをしゃくり、エギにアクションをつけるのがこのテクニック。
今回はこのロッド操作をメバルのプラッギングでやっちゃうテクニックを紹介するんですが、ロッドアクションがちょいと大袈裟過ぎるし、そんな大きな動きで「メバルが釣れるの?」って方もいるかと思います。
僕も始めは「スラックジャーク? メバル?」って思ったんですが、今回紹介する動画を観て納得。
H.A.Lさんとこのスラックジャーク専用プラグ「レイブン37ディープ」を使った釣り方なんですが、誘い方を組み立てて釣るあたりがまさにエギングって感じで面白そうなんでピックアップしてみました。
これを観ていて思い出したのがミニマルのスパンキング
こちらもスラッグを利用した釣り方ですんで、興味がある方は一緒に試してみてくださいな。
きっとプラグの釣りの引き出しが増えることでしょう。
しかし、いろんな釣り方が存在するメバルって魚はやっぱり魅力的ですなぁ。

【ハルシオンシステム】 レイブン37 ディープ シンキング  クリアレモン
by カエレバ
 
【ハルシオンシステム】 レイブン37ディープ スローシンキング カブラグリーン
by カエレバ
 

関連記事
ハルシオンシステムから飛び・沈み・泳ぎ 三拍子揃ったRAVEN50が新登場
プラッガー必見!フックポイントに纏わる話題とライトプラッギングにおすすめのフック
黒原流トップ&水面直下のメバルプラッギング




takechanw01

僕がメバルを釣る時にメインで使っているジグヘッドはスミスさんとこの「ジグヘッド タケちゃん」でして、「勝手に掛かる」のコンセプト通りに的確に仕事をこなしてくれる素晴らしいジグヘッドです。
もし「ジグヘッドの中でどれかひとつを選べ」と言われれば、迷うことなく「タケちゃん」を選択します。
そんな言わずと知れたジグヘッドの名品に、この度大型のライトターゲット向きの「ジグヘッド タケちゃんワイド」が仲間入り!
監修はもちろん武田さんで、ようやく納得いくものが出来上がり満を持しての発売となったそうです。
信頼しているジグヘッドの姉妹品がリリースされるってのは素直に嬉しいニュースですな。
ってなワケで、「ジグヘッド タケちゃんワイド」の詳細はスミスのIKE-Pさんのブログでどんぞ。
これを機会にノーマル「タケちゃん」にも是非1.5gを追加して頂きたい!
タケちゃんに1.5gが欲しいと思っているのは僕だけではないと思うので、スミスさん何卒お願い致します。

【スミス】ジグヘッド タケちゃん[ネコポス:3](アジング/メバリング/ジグヘッド)
by カエレバ
 

関連記事

ギンギンに研ぎ澄まされた針先を持つジグヘッドを徹底的にインプレ
土肥富のodzからギンギンに超鋭い新型ジグヘッド&自作用フックが登場!
ジグヘッド約60種をドーンとまとめた便利なページ



87f3d041


インチクといえば我が国に古くから伝わる漁具でありまして、その実力たるや素晴らしく海底に潜む根魚から、回遊する青物までをもターゲットにしてしまう万能ぶり。
ソルト業界でもその高い集魚力と実釣性能に着目して、インチクをルアー化させたアイテムをリリースしています。
そのなかでライトゲーム向きのアイテムといえば、デュエルさんのソルティーベイトがそれにあたるアイテムですね。
今回はそんな多魚種捕獲アイテムを、メタルジグ+ワームでサクッと再現しちゃう釣りを紹介している梶本さんのブログをご案内。
シングルフック化したメタルジグにお好みのワームを刺せば、オリジナルなマイクロインチクの出来上がり。
使い方次第でアジやメバル、カサゴの他にもいろんな魚が釣れると思うので、あれこれ試してみるのも一興かと。

石井工芸 爆釣ジグ2 5g アジングSPピンクバック
by カエレバ
 

デュエル ソルティーベイト 10g
by カエレバ

関連記事
メタルジグの使い方と落下速度調節のアイデア
障害物回避に優れたタコベイトチューンルアー
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム
釣れるのに使われないカブラという逸品ルアー




8e6a388921d362b29c7c270f1e8f68c6


メバリングのリグの中で、釣れるのは分かっているんだけど好きになれないリグ「フロートリグ」。
リグるのが面倒臭いうえにトラブったり、「しっかりとバイトが取れないんじゃないか?」っていう不信感、なんとなく「スマートではない」その見た目などで未だに僕の中では出番が少ないリグなんですな。
たまに試しに使ってみるものの、上記の理由からモチベーションを維持するのが難しく、あえなくリグ交換…。
ってな感じで僕とおなじように「フロートリグが好きになれない」って人も居らっしゃるんじゃないかと思うんですね。
っつーことで今回は、しっかりと手元にバイトを感じることができるというリグシステムを紹介しているブリーデンフィールドスタッフの津田さんのブログをご案内。
フロートリグが好きな人も、イマイチ好きになれない人もご覧くださいませ。
きっとこのリグへの理解がより一層深まることでしょう。

アルカジックジャパン ぶっ飛Rocker II /フロート/飛ばしウキ/アジング/メバリング/ライトゲーム/キャロ/ぶっ飛びロッカー2/キザクラ/Arukazik Japan/
by カエレバ
 

関連記事
藤原真一郎がFシステムを実釣解説&大解剖
ピン狙う「黒原流 巻かないフロートゲーム」
「フロートリグ? 面倒くせぇ…」って方に朗報




aa2cab2c
ソルトターゲットのなかでもメバルほどルアーに対して多彩な反応を見せてくれる魚はいないと思うんですね。
水面直下でしか食わない時もあればトップオンリーの時もあったり、ほっとけメソッドの時もあればボトム放置でズドンって時もある。
上昇アクションに反応したかと思えば、動きをピタッと止めてちょっと待った後に食ってくる時だってある。
彼らがルアーアクションに見せてくれる行動は、ホント様々です。
おなじ場所、おなじ日に釣行していても、その時々によってパターンや付き場も変わりアングラー側もそのシチュエーションにアジャストしていかないと釣果に恵まれないこともしばしば。
そこにこの魚の面白さがあり、たまにびっくりするようなパターンや釣れ方を見せてくれるのもメバルの魅力です。

ってなワケで今年最後の更新は、ライトゲーム情報を締めくくるには相応しい話題をレオンさんが提供してくれているのでご案内。
おそらくこれからのメバリングのスタイル変えるであろう内容ですんで、全国のメバルを愛しやまない方はじっくりとご覧くださいませ。
ロマン溢れるビッグプラグでのメバリングですよん!

バスデイ S.P.M 75mm HF−104 クリアーチャート
by カエレバ
 

関連記事
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き
デカトッププラグで「ポチャパク」メバリング
ちょいデカペンシルがやはりメバルに有効な件




LINK50

以前コチラで紹介した34さん初のプラグ「LINK50」の紹介動画アップされていたのでご案内。
本動画は開発担当である大石さんがその特徴からカラーに至るまで徹底解説。
また下の動画ではワームとプラグを使用したデイメバルの実釣解説もされてますんで、日中にメバルをとことん楽しみたい方は是非。

デイメバプラッギングは是非ともやってみたい!


【サーティフォー】34 Orbee(オービー)[ネコポス:3]
by カエレバ
 


【サーティーフォー】34 ドライバーヘッド[ネコポス:1.5]
by カエレバ


関連記事
34 の注目ロッド「FPR-55 F-tuned」&注目ワーム「Orbee 1.6インチ」を動画で解説
34 ベテランも納得の入門用ライトロッドをリリース
34のメバルロッド「SBR-64」の発売日が決定





ajplg001


アジングという釣りが世に現れてからメインとして使われるルアーはワームでして、定番の釣りとなった今でもその地位は揺るぎなくスタンダードとして支持されています。
アジング黎明期はスプリットショットやライトキャロライナが主な釣り方でしたが、最近ではシンプルで奥が深いジグヘッドオンリーな釣りが人気でビギナーからベテランに至るまで幅広く楽しまれています。
ジグヘッド単体の釣りは手軽にできてコストパフォーマンスも高い反面、ごまかしが効かずテクニカルで魚からのコンタクトや海の状況がダイレクトに伝わってくるのがこの釣りの魅力。
ライトゲーム好きなお友達が、ついついハマってしまうのもうなずけますね。
しかし、せっかく「疑似餌を使った魚との知恵比べ」を楽しんでいるんだから、1種類のルアーだけ使うのはもったいないと思うんですね。
あの手この手で魚たちの裏をかき、騙くらかすのがルアーフィッシングの醍醐味。
ひとつのルアーを突き詰めるのも楽しいですが、いろんなルアーを使うのもオススメなのです。

スポンサードリンク



ジャクソン(Jackson) ピグミーボックス シャローミノー S 46mm CGR アカキン
by カエレバ
 

ってなワケで今回は、ワームが主人公っていうソフトなアジングは置いといて、ハードルアーで楽しむアジングを紹介している梶本さんのブログをご案内。
「メタルジグなら使ってるよ!」って方はそこそこ居らっしゃると思いますが、やはりまだメタルアジングを楽しんでいるアングラーさんは少ないんじゃないかなって感じるんですね。
つーことで興味のある方は「マイクロメタルジグによるアジングメソッド入門編。(基本操作とアタリの取り方)」をどんぞ。
※ちなみに文中にある「テンションスライド」はメタルジグのフォールに合わせてロッドティップを下げ、その動きに追従させるようなロッド操作だそうです。
そしてお次は注目の「アジのプラッギング」。
ちょいとハードルが高そうなイメージですが、読んで頂ければ「釣れる気がしてきた…!」ってなること間違いなし。
ってことでプラグで釣ってみたくなったら「アジングにおけるプラッキングゲームの魅力。(Jackson PY シャローミノーのアジングゲームでの魅力)」を是非。
きっと楽しみの幅が広がると思いますよん。


関連記事
ジグ単、キャロ、スプリット、メタルジグだけじゃない。アジングプラッギングを紹介!
アジング&メバリングのライトなナイトジギングはグロー系がおすすめ
武田さんがSHORES ストリーマーでアジング



スポンサードリンク

01

バスデイさんとこの釣果レポートにちょいと変わった釣り方が紹介されているのでピックアップ。
通常プラグってやつは素直にラインに結んで使いますね。
これって、まぁ当たり前っちゃあ当たり前ですな。
しかし今回紹介するネタはちょっぴりその辺に手を加えた釣り方でして、いつものプラグにちょい足しでその弱点を補っちゃおうっていう小技。
人によっては「それって邪道じゃん」って思うかもしれませんが、型にハマった考え方に縛られていたら発見はありません。
釣りでもなんでも面白がって試してみることが楽しみを増やすコツですな。


関連記事
プラグの泳ぎを変える 簡単ラインアイチューン
プラグの浮力がチューンできる新感覚素材登場
ホログラム付きの粋な浮力調整シンカーを紹介





RYU_8936

以前コチラでお伝えした34さんとこの鋭意製作中プラグですが、いよいよ最終プロトが出来上がりお披露目となったので皆さんにご案内。
この嬉しい新作プラグの話題をアップしてくれているのは34の大石さんでして、記事中にはこのプラグの名前「LINK 50」の由来から仕様、特徴などが綴られてますんで楽しみにして居られた方は是非。
リトリーブによりアクションが変化するシンキングペンシルなのでメバルやセイゴ、シーバスなどのライトなプラッギングゲームにぴったりかと。
シンペン愛好家の僕ちゃんは、ちょいと期待しつつ発売を楽しみに待つことにします。


関連記事
注目のメバリングプラグ「 SHORES オルガリップレス」の特徴を解説
固定観念をぶっ壊し出来上がった拘りのプラグ「FCTストリームドライブ45CB」が誕生!
近頃ソルト業界をざわつかせているブランド「nada.」の正体が明らかに





4380aaa0


レオンさんのブログに、トリプルフックに纏わる興味深い話題がアップされているのでご案内。
レオンさんが立ち上げたFish.INで販売されているトッププラグには「赤針」が使用されていますよね。
これはしっかりとした理由があってのことでして、これらのプラグたちが持っている実釣性能を更に引き出してあげるためのチューニングなんだそうです。
そして、話題はこれだけには留まらず、国内で生産されているフックのちょっとした小ネタや、レオンさんがメバリングでオススメする「刺さりやすく、鬼掛け仕様にする」トリプルフック&スプリットリングなども紹介されているので、メバリングプラッガーの皆さんは必見。
そしてこのフックはFish.INでオリジナル大量パックとして販売するそうなんで、プラグ大好きっ子は要チェックのこと。


関連記事
注目のヘドンのプラグたちをレオンさんが紹介
トップウォーターメバリング新時代の幕開け
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き




pki8z9de8zdvvr2odz6v-58735a87


じょーじ山本さんのブログにメタルアジングについての話題がアップされているのでご案内。
まぁ普通メタルジグを使ったアジングは「専用のライトなタックルで」という感じですが、じょーじさんのスタイルはひと味違うようで、場合によっては20~60gクラスも投入することもあるそうです。
んで、アジをメタルで釣る時ってのはアクションとかベイトとかってのが重要な要素でして、その辺りのこともしっかりと書かれてますんでメタルアジングの世界にどっぷりハマりたいって方はご一読を。
お手軽イメージのアジと言えど「やっぱり青物なんだよね」って思った次第です。

スポンサードリンク


【メール便可】STORM 五目ジグ 8g
by カエレバ
 

スポンサードリンク

285f500b

基本的に僕はカラーで迷うってのが好きじゃありません。
だから自分で使うカラーってのはだいたい決めてまして、持ち歩くルアーの色もそれほど多くありません。
ワームに関してはブラック、グリーン、イエロー、ピンク、クリア、クリアグリッター、ホワイト、グローくらいで、プラグはそれこそクリアとイワシ系、適当なチャート、適当に好きな色のホロ系といった具合でこだわりもなく、好きな雰囲気で選んでいます。
メーカーさんが気を利かせ豊富なカラーラインナップを展開してくれるのはありがたい話なんですが、それらをひとつひとつ試す時間もお金もないので、ほぼ見た目と「釣れそう」な感じで選んでいます。
それでも普通に釣れますし、過度なカラーバリエーションってのは正直必要ないと思っています。
大切なのはレンジや大きさ、そしてアクションでして、それらがマッチしているという条件でカラーの威力は発揮されると思っています。
色の違いによる釣果ってのは、そーゆーもんだと理解しています。
んで、今回はメタルジグのカラーのお話。
個人的にメタルジグはアクションが命だと思っていて、色がどーのってのは考えたことがなかったんですね。
それこそ適当にキラキラしててくれてればいーやとしか思ってませんでした。
しかし、ナイトゲームのことを考えれば光源が限られていたり、光線が深い場所に届かなかったりするワケで、そんな状況下でのホログラムの反射なんてどれほどの効果がるのかな?って思ったんです。
この梶本さんのエントリーを読んで。
やっぱり光が届かないエリア、届きにくいエリアでのグローの力ってのは侮れないようでして、今までほとんど使ったことのないグローのメタルジグってやつの必要性を感じた次第です。
そしてその昔、レオンさんのブログにグローのメタルジグのネタがあったのを思い出したので関連リンクに貼っておきますので、あわせてご覧くださいませ。

Jazz(ジャズ) 爆釣JIG メバルチューン センターバランス 3g 009(オールグロー) BJ3C
by カエレバ

関連リンク
爆釣ジグの秘密?
売れないけど釣れるカラー…

関連記事
メタルジグの苦手を克服させるたった一つの名言
メタルジグの使い方と落下速度調節のアイデア
メバジギ名手の必殺技・ツーチョンメソッドとは




stcb001


僕たちの身のまわりには「これってこーゆーものだから」とか「昔からこーだったから」とか、「それであることがあまりにも普通だったから、そーゆーもんだと疑う余地がなかった」ってことが結構あるワケでして、身近にあるものほどそんな思考に囚われがち。
しかし、ちょっとしたアイデアや何かにつまずいた時のヒントってのはそんな「当たり前のこと」を疑ったり、違った視点から見た時に生まれてきたりします。
それは釣りの世界にも言えることでして固定観念や既成概念のなかだけで思考を巡らせているだけでは、突き抜けたものってのは出てこないと思うんです。
誇り高いモノ造りの精神が受け継がれている我が国の釣り具メーカーさんは、どこかで見たような製品を焼き直して我が物顔でリリースするようなことはまさかしないと思いますが、そのようなことではコピー製品をしか作れませんね。
おなじような性能をもつモノでも、何かしら独自の考えやアイデアをプラスすることができていなかったら、それはただの「コピー」ですから。

ってなワケで今回は、「手にとって納得してもらえる良い製品を作ろう!」っていう心意気が伝わってくる、そんなルアー「FCT ストリームドライブ45CB」の魅力を徹底的に解説してくれているバンダナさんのブログを紹介。
作り手の気持ちがこもった製品ってのは、使っているとその気持が伝わってくるも。
もうじき発売ということなんで、今からリリースが楽しみですね!

関連記事
メバルに効果的なストリームドライブに追加モデルが仲間入り
美味しいゾーンを狙い撃つワンダーライト50
ワンダー45ライトウェイトチューンが良さ気な件




6f1a6390

各メーカーさんから発売されているワームにはいろいろなカラーがありまして、正直どんなんが良いのか迷ってしまいます。
カラフル&キラッキラで艶っぽく妖しい光を放つカラーは本来魚を魅了するためのものですが、いつの間にか僕たちアングラー側がターゲットになっちゃうという悩ましい現象がおきちゃうほど魅力的。
んで、色に惑わされ色欲に駆られてあれこれ手を出すと財布へのダメージは蓄積し、釣り場での迷いは増すばかり。
しかし、やはり色々と揃えておきたいのがアングラーの悲しい性…。
ってな具合いで僕たちはカラーという魔物に、取り込まれちゃうワケです。

ってなワケで今回は、とりあえずクリアだけ買っとけば自分でオリジナルの色付けができちゃうんだぜって技を健太郎さんとこのブログからご紹介。
お手軽簡単に、しかもリーズナブルに自分だけのオリカラワームが作れちゃうので、欲しいカラーがないって人や少しずつカラーを揃えて試してみたいって方は必見。
いろんなパターンが作れちゃうんで、ワーム大好きっ子にオススメな小技ですよん。

ブリーデン(BREADEN) NejiNeji(ネジネジ) 50mm 01 オーロラサイダー
by カエレバ
 

関連記事
「もう迷わない!」カラーセレクトに悩まないために覚えておくと役に立つ考え方
このルアー、このカラーだから釣れたの真実
カラーローテは釣果に影響を及ぼすのかを検証

 




【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]