Thursday, April 26, 2018

Lure News TVにてブリーデン期待のロッド「GRF-TR-85/93 PEスペシャル」の動画がアップされています。開発者であるレオンさんが直々に拘りをポイントを解説しておられます。PEに特化したこのモデルは、磯竿のようなコンセプトで開発されたとか。沖の岩場や藻場の尺オーバーをこのロッドで「おりゃあ!」って、ぶりあげキャッチしてみたい!
プラズマティクスも早くリリースされないかなぁ…!
※PEスペシャルのテスト釣行の記事はコチラをご覧ください。
GlamourRockFish TR Leon's Conceptはコチラ。


 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

ジュバリーノ

Posted by tomoshow On 1月 - 21 - 2011 ADD COMMENTS

今回は釣れ筋ルアーとして噂になっている、モリックス ジャパンのJUBARINOを紹介。
なにやら山陰に通っている人達のあいだでは、ヒラセイゴを連れてきてくれるプラグとして知られているらしく、山陰方面に行くこともある僕としても興味津々。是非手にとって使ってみたいルアーだけど、地元に置いていないのが正直残念です。本日は、そんなイタリア生まれの魅力的なルアーのインプレをKEEP ON KEEPING ONのmichihiroさんがアップされているのでご紹介です。
しかし相変わらず写真の腕前は逸品ですなぁ。

ジュバリーノ #85(ゴーストサルダ)
by カエレバ

関連記事
浮いてるヤツを拾うサターワームの実力と使い方
松尾視点でサターワームをちょこっとインプレ




シマノのオフィシャル動画「SHIMANO TV」からメバリング動画の紹介です。前半は山口県でのデイメバリング、後半は伊豆でのナイトゲームという構成になっています。日中の数釣り&夜の大型狙いと対照的な釣りですが、メバリングという釣りの醍醐味と魅力を表現している動画ですね。
つーか、伊豆に行きてぇよぅ…!

http://tv.shimano.co.jp/movie/original/tsurikibun_49/




情報元
天気が良いからビールが旨い
ゆーきさん、ありがとうございました。

アジング再入門 「Mキャロ」って?

Posted by tomoshow On 12月 - 26 - 2010 ADD COMMENTS

2010年もボチボチ終わり掛ける頃になって、なにやら熱くなり始めた極細フロロによるジグヘッド単体ゲーム。来年からはアジングのスタンダードになりそうな予感がしているのは僕だけじゃないはず。このように「できるだけ軽く、できるだけ細く」っていうウルトラフィネスゲームもなかなか楽しくもありますが、それだけじゃ通用しないのがアジングの魅力でもあります。僕としても普段はジグヘッド単体もしくはスプリットでアジングを楽しんでますが、忘れてならないのがキャロライナリグ。ピノキオさん考案の「ピノキャロ」が最も有名かつスタンダードですが、その進化改良型として代表格になったのがTICTの「Mキャロ」ですね。個人的に風が強い時、遠投したい時に出番となるリグで、今まで漠然と使っていた感がありました。そして「Mキャロ」の使い方が分からないという声も耳にしましたので、おさらいも兼ねて動画を集めてみました。















ドラマーにしてテスター、そしてGO-PHISH代表と多彩な顔を持つ武田さんが、現場で手早く簡単に組めるノット「3.5ノット」を教えてくれちゃう動画です。
個人的にPEとリーダーを結ぶ場合、余裕がある時はFGノットをメインに使い、応急的にファイヤーノットを使ってます。が、この「3.5ノット」は簡単だなぁと思っているファイヤーノットよりもお手軽そうでナイスです。覚えてしまえば、現場でイライラしながら結ばなくて済みそうですな!

追記
現在ではメバリング、アジング、ライトエギング、クロダイ等のライトゲームのメインノットとして、この「3.5ノット」を愛用しています。50cmオーバーのクロダイを掛けても安心してやり取りができたので、超オススメのノットです。とくにノットを覚える事に対して苦手意識のあるビギナーさんや女性アングラーに覚えて頂きたい簡単で強い結び方なのです。
ただ注意して頂きたいのが最近流行りの小径ガイドを使用しているロッドでの使用。ガイド径が極端に小さいので結びコブができるノットではコブがガイドに干渉し飛距離低下、最悪の場合破損につながる恐れがあります。リーダーの長さを調節するか、FGノットでの釣行をおすすめします。




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



GOMOKUゲーム&鈴なり釣法の解説動画

Posted by tomoshow On 12月 - 5 - 2010 ADD COMMENTS

「ちょっとズルい気もしちゃうけど、まぁ楽しそうだからいっか」って感じの動画をご紹介しちゃいます。
コチラの動画「漢は一本針で勝負じゃ!」とか「プラグで釣ってナンボなんじゃ!」って方には少々破廉恥なリグなのかもしれません(笑) ま、ジギングサビキの派生リグみたいなモンですね。詳細は動画をご覧になって頂くとして、ジギングラップ(アイスジグ)っていろんな用途があって楽しそうですなぁ。いやぁ、しかし楽しそうに釣りをされる方ですね!


↓ コチラは「鈴なり釣法」の解説です。↓






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



極細フロロクエスト by LEON

Posted by tomoshow On 11月 - 29 - 2010 ADD COMMENTS

http://blog.livedoor.jp/takumikeikoyuya/archives/52603275.html

昨日極細フロロの扱い方をアップして一段落かなぁと思っていたら、流石ライトゲームの第一人者レオンさんですね! 極細ラインで釣りをする以前の準備段階からのお話をアップしておられます。読み進めているうちに思い当たる点がボツポツと…。これからラインを巻いてフィネスの世界にどっぷり浸かるんだぜ!って方は読んでおきましょう。ちなみに管理人は釣りを始めてからず~っと、両足に挟んで巻く派です。



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


極細フィネスラインの扱いについて

Posted by tomoshow On 11月 - 29 - 2010 ADD COMMENTS

ここ最近のアジング&メバリングシーンに、突如として現れたウルトラもしくはスーパーなるフィネスライン。僕も使い熟す自信がなくて手を出せない状況なんですが、ライトアングラーとして気になっていることは事実です。より細いラインを使うメリットは大きいと思う反面、デメリットだってあるのは当然のこと。その辺のデメリットっていうのはある程度使用するにあたっての注意事項を頭に入れて使えば、解消されるし心強い味方にもなるはず。メリットだけが独り歩きしている状況もあると思うので、ここらでフィネス系ラインのおさらいをしてみましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


今回はティールハントの楠本直樹氏が四国でアジング&デイメバリングに挑戦する動画です。地味な解説だけど味がある、そして楽しそうに釣りをする姿が印象的ですね(笑) スプリットシンカーが僕と似たような自作っぽいモノで、個人的にポイント高いです(笑)

※ちなみに「ただ引きプルプル」はすでに発売されていま~す。






SUPER STRIKE Vol.26「山口県でアジ、チヌ、シーバスを狙う!!」の動画の紹介です。
山口県の漁港で大久保幸三さんとスミスのテスターの林太一朗さんが爆釣アジングを皮切りに、シーバス&チヌを狙う迫力の水面炸裂デイゲームを堪能という内容になっております。ライトゲームの楽しさを凝縮した実釣動画をお楽しみください。





関連記事
ライトタックルで楽しむシーバスゲームのすすめ
メバルタックルで挑む ライト五目プラッキング
遊び心満載な小型ルアーのプラッキング動画
シーバスゲームにおけるスモールプラグの有効性



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

オンスタックルデザインの製品を愛用し、常に最新の釣果レポートを提供して頂けるモニターを募集中とのことです。会員登録後「仮モニター」となり仮メンバーの状態で、釣果レポートが6ヶ月以内に5回掲載された時点で、「正規OZモニター」になるそうです。詳しくは下記リンクにてご確認ください。

http://www.oz-tackle.jp/member/index.html

たまには趣向を変えてデイゲームのネタで。青物シーズンってことで「ワインドで青物を狙っちゃおうぜ!」ってライト派向けの動画をピックアップしてみました。ブリーデンのフィールドスタッフでお馴染みの芥河さんが、ポイントを抑えてわかりやすく解説してくれています。コレならホトバシル汗も振り絞るエネルギーも必要なし。ごっついタックルでガシガシやるのがイヤンって女子にもオヌヌメです。

http://www.youtube.com/watch?v=tgUaE9uAbJ0



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

緒方裕次郎さん「GATAPIN TV」を配信。

Posted by tomoshow On 10月 - 18 - 2010 ADD COMMENTS

ジップベイツ等で活躍している緒方裕次郎さんがyoutube上で「GATAPIN TV」なる動画を配信しています。第一弾の今回はメバルロッドをメインに「メッキ」、「コトヒキ」をトップで狙うライトゲームの様子をアップ。小さくともトップで反応してくれる魚は楽しいモノですよね!



http://www.fimosw.com/u/gatapinnsealovers/258f8MML7YusaP

Pockinさんのアコウ攻略動画なのです。

Posted by tomoshow On 10月 - 16 - 2010 ADD COMMENTS

「Pockin」でお馴染みの辻本ナツ雄さんが、自身のブログにて「アコウ攻略動画」を公開しています。ソルト業界では馴染みのない「スピナーベイト」なんかをさらりと使っちゃうあたりが、流石だなぁと思うのです。

http://blogs.yahoo.co.jp/pockin02/26150969.html

関連記事
マルチベイトを意識して狙う夏のキジハタゲーム
テンポ良く「幻」を引き摺り出すロックワインド!
ちょっとした工夫でロックゲームの根掛かり回避




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

芥河晋が教えるアジング実釣動画

Posted by tomoshow On 10月 - 16 - 2010 ADD COMMENTS

ブリーデン・フィールドスタッフの芥河晋さんによるアジングの実釣解説動画が、アップされているのでご案内。
タックル解説や釣るための方法、考え方などが紹介されているので、アジング初心者~中級者の方は是非!
独自の理論で展開されるアジングは一見の価値アリ。
アジングシーズン到来まで、今のうちにしっかりと勉強しておきましょう!
なお、重たくなるので動画の埋め込みはしないので、下記のリンクからどんぞ。


芥河 晋のB-STYLE アジング―Opening

芥河 晋のB-STYLE アジング-episode 1

芥河 晋のB-STYLE アジング-episode 2

芥河 晋のB-STYLE アジング-episode 3





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

製作部長が「ジョーカー」を解説。

Posted by tomoshow On 10月 - 7 - 2010 ADD COMMENTS

発売以来気になっている新感覚のアジングライン「JOKER」。その性格上ちょっとだけ扱いに気を配る必要があるみたいで、TICT製作部長の家邊さんが直々に解説されています。
そのコツさえ掴んでしまえば、これ以上強い味方はないそうですよ!

http://ameblo.jp/ajingu-mebaringu/entry-10669023308.html




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]