Thursday, November 15, 2018

APIAのテスターをされているmichihiroさんとこのブログに同社のライトゲームロッド「ブルーライン」のプロト情報がアップされています。
どうやらこのロッドは、ブルーラインシリーズに欠けていた部分を補うカタチでラインナップに追加されるようで、シリーズの中では一番ハリのあるモデルになるそうです。特に瀬戸内海と日本海を行き来できる環境にいる「コアなライトゲームエンスー」が喜びそうなモノに仕上がっている模様。
サラシのなかに潜む「銀色 」好きな方には、たまらんかモデルの登場かも!

関連サイト
Keep on Keeping on WEBサイト

関連記事
APIAの尺メバ竿 LLX-80MHT ちょいとインプレ

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

なんだか「ピンキー」の宣伝みたいな感じになっちゃってますが、他社のラインでも通用するお話。(家邊さんブログなんであたりまえなんですがw)
最近はなにかと細いラインでの釣りの話題が多いんですが、太いラインの出番がないのかと言えば決してそんなことはなくって、時と場合によっては強い味方になります。そこらへんの太いラインと細いラインの性質を利用した釣りのことが書かれているので、ラインに悩むアングラーさんは是非。
釣り場の状況に臨機応変に対応できるように、替えスプール持参で釣り場に挑みたいものですな!


関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法
フィネスな釣りは「クラゲの触手」にご用心の巻





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

早いところではすでに店頭に並んでいるようですが、いよいよ34のダイヤモンドヘッドが発売されました。
異彩を放つそのフォルムは、すべてアジを釣ることを追求した究極のカタチ。集魚効果を得る、きらめきを重視したヘッド形状と「吸い込みやすく、吐き出しにくい」計算されたフック形状は、格段にフッキング率を高めるようです。開発者の家邊さん曰く、従来のジグヘッドと比べると格段にアタリを多く感じることができるそうです!
ちょっと、釣具屋行ってくる!


スポンサードリンク

スポンサードリンク

タックルハウスデザイナーの二宮さんのブログに、非常に興味深い記事がアップされているので皆さんにご紹介。
人も魚も楽して食べ物にありつこうとする部分は変わりがないようで、本能的に効率よく食べられるモノを選ぶ傾向にあるようです。そしてこの部分がベイトの偏食を起こさせ、時合いすら左右する要素になり得るというから、ちょっと驚きです。この辺のお話がどうルアーフィッシングに関係してくるのかは、読んでからのお楽しみですよ~!

関連記事
「サラシ」のお話

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

メバルシーズンの度に尺メバルをゲットされているマリアフィールドスタッフの中山さんが、ブログ上で今季の尺メバルの捕獲記事をアップされているのでご紹介。詳しい内容はブログを読んで頂くとして、掲載されている尺モノの魚体の迫力にビックリ。それもそのはず画像に収められた魚体は尺を超える大物で、その重量感が凄まじいです(笑)  記事の最後には今回使用されたタックルデータも載っているので、尺メバゲットに燃えるアングラーさんは参考にされてくださいませ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


34 開発者が語る期待のロッド「HSR-610」

Posted by tomoshow On 12月 - 4 - 2011 2 COMMENTS

先日に引き続き34の家邊さんが、リリースを控えている新ロッド「アドバンスメント HSR-610」の紹介をブログにアップされています。先に紹介したHSR-63の方はワンピースでしたが、こちらはツーピースモデル。こちらも魚とのやり取りを意識した味付けになっていて、汎用性の高いロッドになっているようですよん。

先の投稿で「63」と「630」を勘違いしておりました。
ご迷惑をお掛け致しました。


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
GyoNetBlog ランキングバナー
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

34からリリースされるアジングロッドの紹介を、家邊さんがアップしておられるのでご紹介。 「掛ける」ことのみに重きを置くのではなく、魚が掛かった後のやり取りも楽しみたいという思いで開発されたのが、この度リリースするロッドなんだそうです。今回紹介されている6.3ftのロッドは、なんとワンピース! ガイドもかなり小さなものを使用しているので、感度の方もビンビンかと存じますです。はい。

関連記事
パゴスのライトロッド「ソルブラッソ」堂々完成
TICTスタッフによる「INBITE63」の紹介

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。 にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

新規にサイトを立ち上げられ、APIAの製品開発にも携わるようになった松尾さんが、早速ブログにて「レガシー ブルーライン」の尺メバルモデルの使用感をアップされているのでご紹介。テトラから磯、シャロー&ディープエリアで実際に使ってみた感触と、メバルという魚を釣り込ん人らしいコメントが添えられています。尺メバル用のロッド購入を考えている方は参考にされてみては如何かと。
※画像は松尾さんの過去のブログ記事より拝借しております。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アングリングソルト動画より、アジングマイスター家邊克己さんのアジング解説動画の紹介です。
例えば潮があまり動いていない場合、もしくは魚が居るのは分かっているのに釣れないシビアな状況、こんな時って誰しも経験していることだと思います。そんな時の「ひとつの考え方」を家邊さんが動画にて皆さんに伝授。港内スロープに発生する微妙な離岸流の存在、ライズがあるのに食わない時の対処法、ボトムにへばりつくアジの攻略法等、決してその時の状況下では正解ではないにしても、解決の糸口になるであろうヒントを実釣を交えつつ教えてくれるありがたい動画です。



関連記事
家邊さん関連の記事はコチラ






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

芥河晋の数釣りアジングお楽しみ講座

Posted by tomoshow On 11月 - 21 - 2011 ADD COMMENTS

アングリングソルト連動動画にてBREADENフィールドスタッフの芥河晋さんが数釣りアジングを解説されています。
群れで回遊してくる魚の醍醐味のひとつとして挙げられるのが「数釣り」ですね。ひたすら大きな獲物を求める釣りも楽しいですが、当日のパターンを見つけて掛けまくる釣り、もしくは連続ヒットする小型~中型サイズの食材確保ゲームも中毒的な楽しさがありますよね(笑) そんな数釣りアジングのテクニックを実釣を交えて教えてくれるのが、今回紹介する「お気軽ハイリターンゲームのススメ・アジング編」なのです。




関連記事
芥河晋のアジング動画配信!
ミニマルのシークレットカラー&アクションを紹介
芥河晋の「お手軽ショアジギング」(ワインド篇)





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ポッキンさんが先日アップした「メバルワインドの極意 」の続きを書かれています。
今回のエントリーは、ワインド釣法で釣れなくなった時の対処方法の紹介です。その方法がポッキンさんらしくって、さすが色々な釣法を編み出す人はいろんなアイデアを持っているなぁと思うのです。ブログ中で紹介しているラトルは、たしかOFTのものかと思うんですが、HPにそれらしきものがありませんでした。(通販サイトにはありますよ~)
実はラトルってアジにも有効だったりして!?  検証された方、ご一報を!(笑)


関連記事
メバルワインドの極意その1 「スパッシュ」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



今でこそ定番のテクニックとして知られているメバルのワインド釣法ですが、僕がメバリングの虜になって間もない頃にはそれほど知られている釣り方ではなかったと思います。今回紹介させて頂く「スパッシュ」は個人的に非常に思い出深いテクニックでDVD「メバルのるつぼ」を取り寄せ、何度も見ては釣り場に通って練習したもんです。当時、目からウロコだった「スパッシュ」の生みの親であるPockinさんが、自身のブログで「メバルワインドの極意」と称してこのテクニックを取り上げています。後半部分にはなにやら「ラトリンスパッシュ」なるものの画像も掲載されています。タイトルにも「その1」とあるので「その2」を期待して待ちましょう!(笑)


スポンサードリンク

スポンサードリンク

毎回アジングへの熱い思いとメソッドを伝えてくれる家邊さんブログに、スプリットショットリグに関する耳よりなお話がアップされています。
大抵の場合のスプリットショットリグは、飛距離を稼いだりフォールスピードやアクションを変化させたりするために、ジグヘッドよりも重いシンカーを使ってますよね? 今回の家邊さんのエントリーは、おなじスプリットでもちょっと視点と使い方が異なる「超軽量スプリットショットリグ」のお話です。ジグヘッド単体やウルトラフィネスが好きな方にオススメですよ~。

関連記事
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ
デカアジ狙撃アイテム「シモリ玉リグ」とは?



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

家邊克己流 ・アジングアプローチ術

Posted by tomoshow On 11月 - 12 - 2011 ADD COMMENTS

34の家邊さんがブログにて、「初めての釣り場で確認しておくべきこと」と「ジグヘッド&ワーム」についての解説を書かれています。
初めてロッドを振るポイントを訪れるとワクワクするものですが、意外と「釣れるかな? 」、「魚が居るのなかな?」と不安がよぎるものですよね? そんな心配事をなくすためのちょっとしたアドバイスを家邊さんが教えてくれています。また、ジグヘッド単体でのアジングの基本的なアプローチ方法も参考になりますよ~。

関連記事
Google Mapで『釣り場を探す&調べる方法』
アジングのポイントと追従型フリーフォール
アジングマイスターのジグヘッド必釣講座

※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

家邊克己流・「ギガアジング」のツボ

Posted by tomoshow On 10月 - 31 - 2011 ADD COMMENTS

ご存知、家邊さんのブログに「ギガアジ」についてのエントリーが2日続けてアップされているのでご紹介。
1つ目のエントリーは「ギガアジのやり取り」 でフッキングと取り込みを解説されています。ここで注目すべきは、大型は根に潜るという点と、フックが口の中を滑るという驚愕の事実。2つ目のエントリーは、ギガアジを釣るためのポイント選択と考え方。ベイト絡みで攻略するのか、産卵絡みで攻略するのかによって条件が異なってくるようなので、ステップアップしたいアジンガーは要チェックですよん!


関連記事
50UPを捕獲したメタルアジングテクニック公開
常夜灯と水色とデカアジの習性とは?(リンク修正)





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


ルアーニュースTVの動画より、ヒロセマンこと広瀬達樹さんのアジングリグの解説です。
最近では脱着可能なシンカーもリリースされていますが、今回のリグはソフトタングステンマルチシンカーゼロヘッド ドリフトを使用したちょっとマニアックな内容。ゴムにタングステンを練りこんだシンカーを使うのでちぎってのウェイト調節も簡単、しかも浮力のあるジグヘッドを使うので容易にドリフトが可能。発案者曰く「怠け者のためのリグ」なんだそうですよ!


GEECRACK ジークラック ソフトタングステンマルチシンカー
by カエレバ


関連記事
デカアジ狙撃アイテム「シモリ玉リグ」とは?
アジスプマスター講座






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


毎度お馴染み「家邊さんブログ」にて、リーダーについての興味深い記述がポストされていたのでピックアップです。
個人的にアジングやメバリング等のライトゲームのリーダーはフロロカーボン一択で、ナイロンを使用するなんてことは考えてもみなかった次第です。「ナイロン=伸び」っていうイメージが出来上がり、感度が悪そうな気がして使う気になれなかったのが正直なところ。今回の家邊さんの記事を読んでから、リーダーにナイロンってありなんかなぁと思ったり。脳内で勝手に構築されたイメージってのは、よろしくないなぁと改めて思いました。


スポンサードリンク


関連記事
アジングにおけるナイロンリーダーの利点とは
これは気になる!フロロとおなじ伸び率のナイロンラインが登場


スポンサードリンク

家邊さんがが34より発売予定のニューライン「ピンキー」の特性をブログで解説されています。
アジングやメバリングでメインに使われているラインはPEライン、フロロカーボン、ナイロンですが、今回紹介する「ピンキー」はポリエステルのライン。それぞれのラインの特性はコチラ を見て頂くとして、なにやら良さげなラインの登場ですね。



スポンサードリンク

スポンサードリンク




ライトゲームファンならば知らない人は居ないと思われる人気ブログ「Keep Casting, all for joy by LEON.」。
そのMAIL BOXに寄せられた質問にレオンさんが答えられているのでご紹介します。読む楽しみがなくなるのでココでの説明は省きますが、1ピースロッドの積載についての解説は車の大きさがネックで購入に踏み切れない方への朗報となることは間違いなしです!
僕も68ストレンジがギリギリの長さでしたが、これで74エレクトロが欲しくなっちゃいましたよ!

レオンさんのQ&Aがさらにmail Boxその②mail Boxその③と追加されています。ロッドのことから偏光グラスの相談、ラインのことやちょっとしたコツ等を丁寧に解説されています。ひょっとしたら、アナタとおなじ悩みや疑問を持っている方が質問しているかもしれませんよ~! 気になる方は今すぐチェケラ!




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

「34」を立ち上げたばかりの家邊さんがアングリングソルトの動画にて、湾奥でのアジングポイントとテクニックを解説しています。漁港や防波堤での釣りとなると、どうしても先端や外洋に面しているポイントで沖目にキャストしてしまうのが心情ですね。しかし実はそんな場所より港内や湾奥部分の方が好ポイントとなるケースもあるようです。そのあたりのお話も含めつつ、アジングのテクニックも盛り込んでアジングのノウハウを家邊さんが伝授してくれちゃいます。






関連記事
アジングマイスターのジグヘッド必釣講座
家邊克己の一歩上行く「アジング奥の手戦略」

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]