Thursday, November 15, 2018

shutajr001


以前コチラコチラで紹介したシマノさんの超ド遠投フロート「ウルトラシュート」。
その使い方やタックルセッティングなどを紹介した動画がアップされているのでご案内。
釣行中にストレスを感じさせないよう、おすすめのラインの太さを教えてくれているのがポイント高いですな。
動画中にはウルトラシュートな釣りにピッタリなロングロッド「S900M-S」の解説もありますんで気になる方は是非。

スポンサードリンク




シマノ/SHIMANO ソアレ ウルトラシュート SF-L22Q 03T/ナイトハンター
by カエレバ



関連記事
シマノの4フィートクラスのショートな アジングロッド「ソアレ S408ULS」が良さげな件
フォールの釣りを左右するジグヘッドのバランスとシマノのおすすめワームをテスターが紹介
フィールドテスターによるシマノの新型ワーム「モモアジ」を使ったデイアジング&製品解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

cngz001


ルアーによるチヌ釣りの歴史は「Mリグ」から始まって、それとほぼ同時期にトップでの釣りも現れて、それぞれメジャーになっていきました。
それがどれくらい前なのかと気になってGoogleで検索してみたところ、「Mリグ」というワードが引っかかるのが2005年から。
僕たちアングラーがチヌゲーを楽しみ始めてから、もう12年ほど経つんですな。
その間にメソッドが確立されチヌ用リグやプラグも進化して、今では手軽に楽しめる癒やしのターゲットとして親しまれる存在になりました。
基本的にチヌゲーは「トップで釣るか、ボトムを探るか」の釣りなんですが、ストラクチャーにつく個体を狙った玄人好みのフォールゲームもあったりして、これはこれで楽しそうです。
んで、今回はそれらの釣り方と違う「新たなチヌ釣り」を紹介してくれている、エバーグリーンのプロスタッフである木下さんのブログをご案内。
シャローな磯場に点在する岩についたチヌを拾い釣りしていくという、渓流釣りのようなスタイルでして、使うルアーはなんとバスに使う虫系のフローティングワーム「ギズモ」
岩から落ちるフナムシなどをイメージし、ここぞと思った場所にキャストしてシェイク。
反応がなければ次へというテンポの速い釣り。
読み通りに魚がヒットした時の快感はひとしおだそうです。
トッププラグの釣りが「動」ならば、こちらは「静」の釣り。
ちょっと地味な感じですが、これはこれでマニアックで楽しげですね!
(防波堤際のシェードに隠れたヤツで試してみるのも良いかもしれません)
興味のあるアングラーさんは、是非トップの釣りの合間に試してみてください。
ちなみに上記のワームの釣りとは関係ありませんが、木下さんがトップチヌで使ってるコチラのプラグはチヌがガンガン釣れちゃうみたいですよ~。
今度、使ってみよっと!


スポンサードリンク


エバーグリーン ギズモ (ブラックバスルアー)
by カエレバ


関連記事
トップでもボトムでもない黒鯛の岸壁ゲーム
まんま「フナムシやん!」的なワームが誕生
まるで専用! あつらえたようにピッタリなビーローチにオススメなジグヘッド


スポンサードリンク

スポンサードリンク

gknw001


fimoさんの動画に、月下美人の新作ワーム「ビームスティック ZERO 1.8」&「ビビビーム 1.5」の紹介動画がアップされているのでご案内です。
「ビームスティック ZERO 1.8」は定番となっているビームスティックの兄弟分という位置づけで、ビームスティックよりも微波動を発する独特のテール形状が特徴。
そして「ビビビーム」の方は超極薄の扁平テールが生命感溢れる波動を出すそうで、ナチュラルドリフトな使い方に適したワームのようです。
いずれも新素材が使われており、濃厚な集魚剤が配合されているそうです。
以下にこの2種のワームを監修したダイワテスターの辻原さんのブログへのリンクを貼っておきますので、興味のある方はあわせてご覧くださいませ。

秘密(ビビビーム)
秘密…PartⅡ(ビームスティック ZERO)

スポンサードリンク



【送料無料】ダイワ(Daiwa) 17 月下美人 AIR 2003 00055915【SMTB】
by カエレバ

関連記事
伸びて千切れない耐久性抜群の「エラストマー系ワーム」の上手な刺し方を伝授
大分のショップ「ing」で行われたダイワ 岩崎林太郎さんのトークショー動画を紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク


smnnwaj001


先日コチラコチラで紹介したシマノさんのイケてるアジングタックルを実釣解説しちゃってる動画を、アングリングソルトさんがアップしてるのでご案内。
4フィートクラスのショートロッド「ソアレ S408ULS」や超ぶっ飛びのフロート「ウルトラシュート」、そしてシマノ初のエステルラインである「サイトレーザー」はもちろんのこと、ワームの操作にこだわって開発されたロッド「S608ULS」も登場。
ちなみに「S608ULS」の突っ込んだこだわりのポイントを知りたい方はコチラ丹羽さんのブログをご覧くださいませ。
近頃のシマノさんの攻め具合はなかなかのもんですな!
今後の動向に期待しちゃいましょう!!

スポンサードリンク



【9月入荷予定/予約受付中】シマノ(SHIMANO) ソアレCi4+アジングS408ULS ※入荷次第、順次発送
by カエレバ

関連記事
シマノの4フィートクラスのショートな アジングロッド「ソアレ S408ULS」が良さげな件
シマノの「ウルトラシュート」はフロートに革命を起こす最新にして最終形態なのかも!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

uc4brs4auz9r386bziyg-52c12ce3


近頃グッとくるアイテムをリリースしてくれるシマノさんから、またまた魅力的なブツが登場するそうなんでライトソルトなお友達にお知らせ。
今回「ソアレCi4+ 500S」との相性が抜群な4フィートクラスのアジングロッド「ソアレ S408ULS」を紹介してくれるのは、お馴染みのシマノの丹羽さん
基本的にショートレングスのロッドは感度重視傾向で「掛けて獲る」ことに重点を置かれたモノが多いかとお見受けしますが、シマノさんちの「S408ULS」はしっかりと魚とのファイトも楽しめる味付けになってるんだとか。
掛け重視のショートモデルとなると「曲がる」という部分は二の次にされてしまいがちのようですが、このロッドは掛ける瞬間からキャッチするまでの一連の過程を楽しめる贅沢仕様になっているようです。
ショートレングスで魚とのやりとりまでも楽しめちゃうロッドを探しているアングラーさんは、是非チェックしてみてください。
またブログでは、なにやら良さげなライトゲーム用の新型ラインもチラリと紹介されてますよん。


スポンサードリンク



(5)【送料無料】シマノ 17' ソアレ CI4+ 500S (2017年モデル) /スピニングリール/アジング/メバリング/ライトゲーム/SW/SHIMANO/Soare CI4+
by カエレバ

関連記事
シマノの「ウルトラシュート」はフロートに革命を起こす最新にして最終形態なのかも!
「Soare XTUNE Ajing S508L-S」を開発担当が直々にインプレッション
【フィッシングショー 大阪 2017 速報】シマノ「ソアレ エクスチューン アジング」を開発担当が解説



スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_9357


いつもアジング関係のタックルのインプレをアップしている矢野さんが、ラインに関する興味深いネタを書かれているのでご案内。
今回のネタは、ほぼ同じ比重のライン「オードラゴン」と「シンカーアジング」の実釣比較
どちらも懸命なアジングファンにとっては、ちょいと気になる存在ですね。
公開されているのはあくまでも個人で取ったデータや感想なので完璧なものではありませんが、新たに巻くラインに悩んでいる方はきっと参考になるはず。
これから迎える秋のシーズンに向けて、良さげなラインを物色中のアングラーさんはチェックしてみてくださいな。
また「シンカーアジング」と「オードラゴン」、それぞれのラインのインプレを読みたい方は、下の関連記事へGO!

スポンサードリンク



フジノナイロン 141シンカーアジング 100m 0.2号 L-12
by カエレバ
YGKよつあみ G−soul オードラゴンWX4F−1 SS140 150m 0.4号 ウグイスグリーン【あす楽対応】
by カエレバ


関連記事
YGKよつあみ 注目のシンキングPE 「オードラゴン」のインプレを紹介
【強度データあり】GOSENのアジング用エステルライン「ルミナシャイン」0.3号のインプレを紹介
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

fbzdmrhfth2fwcd4ggey-40c10e91


以前からずっとフロートに対して「飛距離に拘るのに、なぜ重心移動を搭載しないのか?」という疑問や不満を抱いていたんですね。
おそらくそれには「コストや価格の問題」とか「メーカーの規模」、「そもそも必要ない」などいろいろな理由があったんだと思います。
しかし、これだけアジングやメバリングが浸透すると、さらに沖へと攻略範囲を広げたくなるのがアングラーという生き物。
やはり圧倒的な飛距離がほしくなるワケですな。
そこでこの度、満を持してのリリースとなるのがシマノさんちの「ウルトラシュート」。
今回はこの革新的かつフロートの最終形態と言っても過言ではない、素晴らしいアイテムを紹介しているシマノテスターの丹羽さんのブログをご案内
なにやら某ヒーローが放つ必殺技チックな響きのアイテムですが、これがまさに既存のフロートの不満を解消するとってもスペシャルな逸品。
AR-C重心移動システム搭載し、リグに無駄な動きをさせないリアリップを装備。
これにより今までのフロートアイテムより、さらにリグを彼方にぶっ飛ばしナチュラルに誘うということが可能となるのです。

ちなみにブログでは痒いところに手が届く、丹羽さんオススメの接続方法も紹介。
詳しくは本文を読んで頂くとして、ここでは補足説明を。
これは「編み込み」にスナップを貫通させラインに通すというもの。
「なんのこっちゃ、わからんわ!」ってご立腹の方は、丹羽さんから頂戴したコチラコチラの画像をご覧になればご理解して頂けるかと。

そうそうコチラには「ソアレ Ci4+ 500S」についての解説がチラリと書かれてますんで、気になる方はあわせてどんぞ。

スポンサードリンク



シマノ ソアレウルトラシュート 20g SF-L20Q (メバル 飛ばしウキ)
by カエレバ

関連記事
気になる「ソアレ Ci4+ 500S」の話題をアップしているブログを紹介
アジ&メバルのジグ単愛好家は必見! 状況に合わせたフック形状の使い分けのヒント
フォールの釣りを左右するジグヘッドのバランスとシマノのおすすめワームをテスターが紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_9121-768x512


YGKよつあみさんちの「オードラゴン」といえばライトリガーから熱い視線を浴びている、現在大注目のシンキングPEですね。
実は発売前からチェックはしていたんですが、当サイトで紹介するタイミングを逃してしまっていて、誰かが詳しいインプレをしてくれるのを待っていたんですね。
んで、そんなタイミングで「オードラゴン」の使用感をアップしてくれたのが、今回紹介する矢野さんのブログ
なんと嬉しいことに実際にフィールドで使った感触から新品時の強度データ、そしてアジを300匹ほど釣った後に計測したデータなども公開してますんで、このラインが気になっているアングラーさんは必見。
また気になる「糸鳴り」や「毛羽立ち」についても書かれているんで、購入時の参考にされてくださいませ。
ちなみに関連記事には、ほぼおなじ比重の編み糸である「シンカーアジング」のインプレを貼っておきますんで、興味のある方はあわせてご覧くださいませ。
果たして「オードラゴン」は、ライトゲームのニュースタンダードとなり得るのか?


スポンサードリンク




YGKよつあみ G−soul オードラゴンWX4F−1 SS140 150m 0.4号 ウグイスグリーン【あす楽対応】
by カエレバ
 

関連記事
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介
【強度データあり】GOSENのアジング用エステルライン「ルミナシャイン」0.3号のインプレを紹介
ちょいと気になるラインの話題を見掛けたので、ズバンとまとめてご紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

f7dd7f83


ルアー業界を震撼させた脅威の魚種限定解除ルアー「メタルマル」に待望のヘビーバージョンが!
このなんとも胸躍るニュースを発信しているのが「メタルマル」の生みの親であるレオンさんのブログでして、相変わらずワクワクさせる釣果写真と共に「メタルマル40」が紹介されています。
テストも好調な様子なんで、続報に期待致しましょう。
また、INX.LABELの製品開発も順調のようで、その模様はコチラコチラ、そしてコッチでご覧になれます。
ちなみ先日、山越え地磯釣行の際に愛用の「GRF-TE74 fortunateNB」のトップガイドがポロリしてしまった僕ですが、この「ロッドアーマー」に興味津々なのです。

スポンサードリンク



ブリーデン(BREADEN) Metalmaru(メタルマル) 28g 12プラチナ紫陽花
by カエレバ

関連記事
レオンさんが教えるメタルマル基本メソッド
レオンさんがメタルマルについて補足説明
メタルマルの大物対策とタックルバランス重要性

スポンサードリンク

スポンサードリンク


hmdpaj001


LureNews.TVさんの動画に村上さんのボートアジング動画がアップされているのでご案内。
当サイトは基本的に陸っぱりの釣りを紹介しているんですが、近頃ではボートアジングを楽しまれているアングラーさんもいらっしゃるようなんでピックアップしてみました。
動画には釣りを楽しみ尽くしている村上さんが、さらなる楽しみを追求するための道具やタックルに対するこだわり等がてんこ盛り。
ボートアジング動画ですが、ショアからの釣りに役に立ちそうなリグに関するアイデアもありますんで、試行錯誤なショアアジングを楽しんでいる方も是非!
issei 「海太郎」の新型(テスト中含む)アイテムもチラリと出てますよん。


スポンサードリンク






(5)【メール便配送可】 一誠(issei) 海太郎 レベリングヘッド 太軸金針 (0.3g〜1.6g) /ジグヘッド/ロックフィッシュ/メバル/アジング/ライトゲーム/ルアー/ネコポス可
by カエレバ

関連記事
「小さいアジを美味しく食べるために釣る」 村上さんのガッツリ豆アジングを動画で紹介
否ジグ単系リグで村上晴彦がアジ&メバルを釣りまくる
村上さんが伝授するメバリングのキモと海太郎

スポンサードリンク

スポンサードリンク

spr6502


レオンさんのブログにINX.LABELの新型プラグ「スープラ65PD」に関する記事がアップされているのでご案内。
今回紹介するプラグはレオンさん曰く「一粒で3度美味しい」プラグだそうで、ペンシル、スイッシャー、ダイバーという役割をこれ1つでまかなえてしまう優れモノ。
ブログ中には、そんなマルチな才能を持つデキるやつのアクション&実釣を交えた動画も貼ってあるので、興味のある方は是非!
このプラグの使い方や紹介だけではなく、トッププラグの基本的な使い方もあわせて解説されているので、トップのプラッギングのお勉強がしたいアングラーさんにもオススメです。
美しい「超色」で仕上げられたこの「スープラ65PD」、頭部があえてクリアになっているところが気になりますな。
ちなみに発売は今秋11月末頃の予定だそうですよん。


スポンサードリンク



インクスレーベル(INX.label) リールアーマー TB340 無垢チタン
by カエレバ

関連記事
メバリングの固定観念を覆す映像は必見!「メバルプラッギングの全て・号外」配信中
【祝全国発売】 「ジェイド INXサスペンドカスタム」の動作説明&マイナーチューンを動画で解説
ジャストサスペンド!「ジェイド INX.カスタム」に秘められたプラグの楽しさに迫る


スポンサードリンク

スポンサードリンク


以前コチラで紹介した、ジャクソンさんで開発中だった子イカ型ワーム「タイニースクイッド」が今秋発売予定ってんで、テスターである梶本さんのブログで紹介されています。
ご存じない方に簡単に説明すると、ネイルシンカーを仕込むことでバックスライドが可能となり、ストラクチャーの奥の方までワームを送り込むことができるという、ソルトワームのなかで唯一無二の個性派ワーム。
もちろん巻いてもOK、ドリフトさせてもOKという普段使いにも対応した優れモノで、小イカが大好きなお魚さんにバッチリ。
ちょいと難しそうなイメージ漂うアイテムですが決してそうではなく、テクニカルな釣りを楽しみたいアングラーさんも、気軽にライトゲームを楽しみたい方でも使えるんでそこんとこはご安心を。
リトリーブ、ドリフト、バックスライドでバランスを崩さないように作られているそうなんで、普通に使っても釣れるワームってことをお忘れなく。

このワームを作るのには、メーカーさんもテスターさんもいろいろな苦労があったと思います。
どこかで見たようなルアーが続々と発売されるなかで、オリジナリティ溢れる個性的なアイテムを生み出すってのはハンパなものではありません。
このような製品を創り出すメーカーさん、テスターさんを応援しましょう。
そうそう、ちなみにブログには新型ワームっぽいブツの画像もありますよん。


スポンサードリンク



ジャクソン(Jackson) ステープルフライ 2インチ KML(ケイムラメ)
by カエレバ
 

関連記事
流れのあるエリアで実力を発揮するベイトタックル使い方講座
食味がS級で三ツ星なマイナー美味魚「ムツ」を狙うべき場所と釣り方を伝授
ライトタックル ショアイサキのパターン、生態など現在検証で見えてきた事まとめ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ajcm01


アジングの主戦場といえば常夜灯の灯る防波堤などの足場の良いポイントでして、釣りやすく魚が集まる場所は常に賑わっている人気の釣り場ですね。
しかし、そのような場所は思う場所に入れなかったり、好きなポイントへキャストできなかったりとちょっとストレスを感じることもあります。
ってなワケで今回は、ビギナーさんのために「漁港の他にどんな場所でアジが狙えるのか?」、「どこをどのように攻めれば良いのか?」を優しく教えてくれている、アングラーズリパブリックさんの動画をご案内。
アジングビギナーさんやポイント開拓を始めてみたいってアングラーさんは必見ですよん。

スポンサードリンク



アングラーズリパブリック(Angler’s Republic) パームスエルア ピンウィール Ajing custom PTASS-69
by カエレバ


関連記事
激戦区を回避してアジングを楽しむ。雨後の濁った河口は絶好の竿抜けポイント!
【夏アジング】海水よりも冷たい水が流れる河口域はアジの避暑地なのかも
回遊するアジを迎え撃つ際に知っておきたい釣り場のピンとメタルジグの使い分け

スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_9100-768x512


アジングがライトソルトゲームの代名詞となり、現在ではアジングタックルも数え切れないほどリリースされるようになりました。
なかでも「ロッド」の進化には目を見張るものがあり、また「ライン」もひと昔前とは比べ物にならないほど細くて強く、さらに使いやすくなっています。
そして、それらとおなじくらい進化してきたのが「ジグヘッド」。
種類も多く形状も似通っているので、「いったいどれを選べば良いのか分からない…」という悩みを抱えている方も多いかと思います。
選択肢が多いというのは良いように思われますが、実は多すぎる選択肢はストレスの原因にもなるんですな。
ってなワケで今回は、針屋のテスターを務める矢野さんがアジングのジグヘッドの選び方をブログ上で紹介しているのでご案内。
ジグヘッドの選びや使い分けが知りたいって方、必見ですよ~。


スポンサードリンク



【odz】レンジクロスヘッド ZH-38-N[ネコポス:1]
by カエレバ
【odz】フロードライブヘッド ZH-39-F[ネコポス:1]
by カエレバ

関連記事
開発担当が伝授する「レンジクロスヘッド」&「フロードライブヘッド」の使い分け
発売前から既に「名品」の予感がする odz(土肥富)の「ラッシュヘッド」を紹介
「軽くする」は思い込み? ライズするアジに翻弄されるアナタはウェイトの罠にハマっているのかも。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

fdd332aa


レオンさんのNX.LABEL(インクスレーベル)からメバペン&メバペンマグナムのスペシャルチューニングモデルがリリース!
今回紹介するのはお馴染みの「超色」を纏い、さらに浮き姿勢にまでも配慮した特別仕様。
なにげにメバルたちはルアーの姿勢にもうるさくて、浮き姿勢やフォール姿勢が気に入らないと口を使わない神経質な一面を持っているナーバスなお魚。
彼らのそのあたりの微妙な拘りをトップでメバルを釣りまくってきたレオンさんが、メバル好みにチューニングしたのが「メバペン 超色GreenEyes」。
今回の販売は会員限定の予約制というスタイルだそうなんで、トップでのメバルプラッギングをとことん楽しみたいって方は今すぐFish-inへGO!
ちなみにデリバリーは次回の秋のメバリングシーズンだそうですよん。

スポンサードリンク



スミス(SMITH LTD) メバペン・メバルF 45mm 20(グルーヴァークリアー)
by カエレバ


関連記事
ジャストサスペンド!「ジェイド INX.カスタム」に秘められたプラグの楽しさに迫る
【祝全国発売】 「ジェイド INXサスペンドカスタム」の動作説明&マイナーチューンを動画で解説
ジグヘッドでは攻略不能な美味しい距離とレンジを狙い撃つ「インクス S.P.M&JADE 」の実釣動画


スポンサードリンク

スポンサードリンク

lmnew0


マダイを陸っぱりから、しかもルアーなんぞで釣るってのは一昔前ではわりと酔狂なアングラーさんがひっそりとストイックに楽しんでいた釣りでして、その釣果もあまり表に出てくることはありませんでした。
しかし、ここ2~3年の間ですっかりとショアからのマダイゲームがずいぶん身近になったような気がします。
その背景にはタックルの進化や探求心旺盛なアングラーさんの存在があるんですが、彼らが釣り場や釣り方を開拓し続けたきたおかげで、今日のショアマダイがあるワケです。
んで、日々メバルばかりを追いかけているこんな僕でさえマダイを狙うことがあるんですから、ショアからのマダイゲームは徐々にライトゲーマーのあいだでも浸透してきているのかな?って気がしています。
ってなワケで今回は、アングリングソルトさんの動画からレオンさん&ポッキンさんのショアマダイの動画をお届け。
紅に染まった美しい魚体をその手でゲットしたい方は、ぜひ下の動画をチェックしてみてくださいな。


スポンサードリンク




バイスライダー10 07(モリマンゴー)
by カエレバ



OFT オフトシャドーシュート 6gcolor #03 グリーンバックシルバー/ピンク
by カエレバ

関連記事
ポッキンさんがベイトタックルによるショアからのメタルマダイの楽しみ方を実釣解説
陸マダイにおける流速によるルアーの使い分け
ポッキンさんのマダイゲームを一部始終公開


スポンサードリンク

スポンサードリンク

2h5ryxik72cv43duhuun-31e2c129


以前コチラのフィッシングショー情報でお伝えした、AIPAさんのメバルロッド「Legacy’ SC STAY GOLD」の紹介記事が、オフィシャルブログにアップされているのでご案内です。
このロッドを紹介してくれるのは、本ロッドを監修した金丸竜児さんでして、サラサラっとではありますがラインナップされている3モデル「76LXS」、「86LXS」、「82ML」の特徴と使い方を説明されているので、興味のある方は是非。
メバルロッドでありながら、かなりのパワーを備えているロッドみたいなんで、メバル以外の魚種でも楽しめること間違いなし!


スポンサードリンク



【アピア】パンチライン45[ネコポス:5]
by カエレバ

関連記事
ベイトに左右されないアピアのシンキングペンシル「パンチライン45/60」を紹介
【フィッシングショー 2017速報】 アピアのイチ押しアイテムを金丸さんがザザッと紹介
スイミングアクションをお好みで変えられるジグヘッド「メババイブヘッド」&「メババイトワーム」を金丸さんが紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

sumoh001


健太郎さんのブログに、いよいよ発売となったブリーデンさんのジグヘッド「SUMO HEAD」に関するログがアップされたのでご案内。
メバリングやアジングというカテゴリーが確立されて以来、いろんなメーカーさんから多種多様なジグヘッドが発売され、最近では「アミパターン」や「ダート性能」、「掛けやすさ」などのひとつの性能に秀でた特化型の製品が数多くリリースされています。
この度ブリーデンさんからリリースされた「SUMO HEAD」は「ジグヘッドの基本性能と安定感」に重点をおいた逸品でして、ジグヘッドに求められる基本性能のクオリティーが高いモデルのようです。
見た目は平凡で地味なフォルムですが、実はこれがキモでしてスイミング、フォール、ボトムステイ、そしてスナッグレス(根掛かり難さ)効果など、全てを実現させる「奇跡のバランス」を凝縮したカタチがすばりこのヘッド形状。
そしてジグヘッドの安定した操作感だけでなく、フックにもこだわっているという抜かりのなさは流石。
特筆すべきはフックが伸されてしまいがちなライトターゲットのランカーにも負けない「太軸」の存在。
この「太軸」に関する使用上の注意も本文中に書かれているので、ライトなビッグゲームを楽しむアングラーさんはご一読を。

エクセレントな使いやすさを追求したこの「SUMO HEAD」、僕も山陰メバル&ヒラセイゴ釣行、そしてライト級ヘビーゲームのお供に使ってみたいと思います。
普段使いのノーマルタイプのジグヘッドに迷ってるなら、これで決まりかも。
環境問題が気になっているアングラーさんも要チェックですよん!

そうそう、健太郎さんブログのタイトルにある「ジグヘッド&ワーム発売開始!」の「ワーム」の件ですが、おそらく13luepearのブログにあるコチラのことと思われます。
下の関連記事にも、ちょいと目を通しておくと、いろいろ面白いかも。


スポンサードリンク



【ブリーデン】SUMO HEAD(スモウヘッド)[ネコポス:2]
by カエレバ
【ブリーデン】SUMO HEAD(スモウヘッド)「太」[ネコポス:2]
by カエレバ

関連記事
なぜフックが伸されバレるのか? その理由を解説
バーブレスってどうよ? その貫通力を数値で計測
デカメバルを確実に獲るためのフック考察を紹介
新フックの尺ヘッドDXをレオンさんが解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

CB70DFT001


レオンさんのyoutubeチャンネルに、メバルプラッギングの魅力とその釣り方を凝縮した「メバルプラッギングのすべて」の号外がアップされているのでご案内です。
本動画では主に水面付近でのメバルプラッギングに焦点を合わせ実釣解説。
標準的な大きさのメバリングプラグを使ったメバルトップゲームとは異なるプラグチョイスと釣り方で、釣果を重ねていく様は必見。
とくに「CB70 DRIFT SW(超色)」のハイギアリールによる表層早巻きでの連発劇は圧巻。
このトップペンシルでの好釣果はレオンさん本人も驚きだったらしく、「CB70 DRIFT SW(超色)」の解説文でも触れられています。
「ペンシルに出きらない時の(水面直下の皮一枚を泳ぐプラグの)巻きの釣りは、メバルプラッギングの定番になり得る」とのことなんで、プラグの釣りにどっぷりと浸かりたい方は是非!
また下の動画では「リッジ スリム60SS(超色)」「ザラパピー メバルカスタム」「シュガーミノースリム 70F(超色)」での実釣がご覧になれます。
そして、下の2番目の動画の後半部分は、ライトタックルシーバスゲームを楽しんでる方にもオススメ。
ちなみにソルト用の「CB70」には「CB70 DRIFT SW」「CB70 PEN」の2モデルが存在してまして、レオンさんが実釣で使い、「超色」としてリリースしているのは「CB70 DRIFT SW」の方なので、皆さんお間違いのなきよう。
淡水用の「CB70」も複数ラインナップされているので、興味ある方はスミスさんのHPでチェックしてみてください。
そうそう、動画中に出てくる「ミジェット」ってプラグって何?って思った方はコチラ
おそらくレオンさんが、何か楽しげなものをタップクラフトさんと企んでいるんだと思いますよん。


スポンサードリンク






スミス CB70ドリフト シェル
by カエレバ

関連記事
【見逃し厳禁】メバルプラッギング最大のキモをレオンさんが動画で解説!
レオンさんが教えるメバルプラッギングの極意
操るだけでも楽しそう! タップクラフトのイカ&エビ型プラグがとっても良い動き!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



image1-768x432


アジングで使われているラインと言えば「PEライン」に「フロロカーボン」、そして「ポリエステル(エステル)」でして、まれに「ナイロン」を使われている方もいらっしゃいます。
現在ではポリエステルラインを好んで使われている方が多いらしく、いろいろなアングラーさんのブログを見ていてもその使用率は意外と高め。
僕は自分のスタイルには合わなそうなんで使ってないんですが、感度の良さも手伝ってか最近のアジングシーンでは積極的に使わているようです。
そんなワケで今回は、GOSENさんのアジング用エステルライン「ルミナシャイン」のインプレをアジング好きでお馴染みの矢野さんがブログにアップしてくれているのでご案内。
強度データや使用感、このラインの売りである「視認性」も含めて書かれているので、「ルミナシャイン」が気になっている方は必見。
しかしこのラインの「輝く鯵糸で獲物を狙う」ってコピーは、もうちょっと捻りが欲しいところですな。
どことなく昭和の香りがするので僕は嫌いじゃないですけど、現代のナウなヤングのハートを掴むにはちとツライかと。

スポンサードリンク



ゴーセン(GOSEN) ルミナシャイン(LuminaShine) 200m 0.2号 イエロー GL198Y02
by カエレバ

関連記事
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介
ちょいと気になるラインの話題を見掛けたので、ズバンとまとめてご紹介
ラインの特性を知る 「フロロとポリエステル」


スポンサードリンク

スポンサードリンク


【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]