Friday, February 5, 2016

4incaj01


アングリングソルト動画にレオンさんのジグヘッド単体のアジング動画がアップされているのでご案内です。
本動画の見どころは1投目からの状況の把握の仕方から、どのようにしてリグを魚に合わせていくのかというところ。
大きな群れはないけれど魚が確実に存在しているような状況で、4インチのワームを使ったり最臭兵器を投入したりという、レオンさんには珍しいワームしばりのアジングをお楽しみください。
また先日コチラでお伝えした、アブガルシアさんとこの最新リール「Revo MGX」の使用感なんかも教えてくれちゃいますんで、リールが気になってる方もどんぞ。
ちなみにロケの相棒は、近頃ブログを紹介させて頂いてる古賀さんですよん。


【バークレイ】パワーベイトSW スライダーシャッド[ネコポス:3]
by カエレバ
 

関連記事
良い動き満載! レオンさんがワームを解説
期待のワーム「スライダーシャッド」の特性をレオンさんが解説
もう一度チェックしたい レオン流アジングテク



rv37mv01


スラックジャークと聞いて思い出すのがエギングでして、意図的にラインをたるませロッドをしゃくり、エギにアクションをつけるのがこのテクニック。
今回はこのロッド操作をメバルのプラッギングでやっちゃうテクニックを紹介するんですが、ロッドアクションがちょいと大袈裟過ぎるし、そんな大きな動きで「メバルが釣れるの?」って方もいるかと思います。
僕も始めは「スラックジャーク? メバル?」って思ったんですが、今回紹介する動画を観て納得。
H.A.Lさんとこのスラックジャーク専用プラグ「レイブン37ディープ」を使った釣り方なんですが、誘い方を組み立てて釣るあたりがまさにエギングって感じで面白そうなんでピックアップしてみました。
これを観ていて思い出したのがミニマルのスパンキング
こちらもスラッグを利用した釣り方ですんで、興味がある方は一緒に試してみてくださいな。
きっとプラグの釣りの引き出しが増えることでしょう。
しかし、いろんな釣り方が存在するメバルって魚はやっぱり魅力的ですなぁ。

【ハルシオンシステム】 レイブン37 ディープ シンキング  クリアレモン
by カエレバ
 
【ハルシオンシステム】 レイブン37ディープ スローシンキング カブラグリーン
by カエレバ
 

関連記事
ハルシオンシステムから飛び・沈み・泳ぎ 三拍子揃ったRAVEN50が新登場
プラッガー必見!フックポイントに纏わる話題とライトプラッギングにおすすめのフック
黒原流トップ&水面直下のメバルプラッギング




takechanw01

僕がメバルを釣る時にメインで使っているジグヘッドはスミスさんとこの「ジグヘッド タケちゃん」でして、「勝手に掛かる」のコンセプト通りに的確に仕事をこなしてくれる素晴らしいジグヘッドです。
もし「ジグヘッドの中でどれかひとつを選べ」と言われれば、迷うことなく「タケちゃん」を選択します。
そんな言わずと知れたジグヘッドの名品に、この度大型のライトターゲット向きの「ジグヘッド タケちゃんワイド」が仲間入り!
監修はもちろん武田さんで、ようやく納得いくものが出来上がり満を持しての発売となったそうです。
信頼しているジグヘッドの姉妹品がリリースされるってのは素直に嬉しいニュースですな。
ってなワケで、「ジグヘッド タケちゃんワイド」の詳細はスミスのIKE-Pさんのブログでどんぞ。
これを機会にノーマル「タケちゃん」にも是非1.5gを追加して頂きたい!
タケちゃんに1.5gが欲しいと思っているのは僕だけではないと思うので、スミスさん何卒お願い致します。

【スミス】ジグヘッド タケちゃん[ネコポス:3](アジング/メバリング/ジグヘッド)
by カエレバ
 

関連記事

ギンギンに研ぎ澄まされた針先を持つジグヘッドを徹底的にインプレ
土肥富のodzからギンギンに超鋭い新型ジグヘッド&自作用フックが登場!
ジグヘッド約60種をドーンとまとめた便利なページ



87f3d041


インチクといえば我が国に古くから伝わる漁具でありまして、その実力たるや素晴らしく海底に潜む根魚から、回遊する青物までをもターゲットにしてしまう万能ぶり。
ソルト業界でもその高い集魚力と実釣性能に着目して、インチクをルアー化させたアイテムをリリースしています。
そのなかでライトゲーム向きのアイテムといえば、デュエルさんのソルティーベイトがそれにあたるアイテムですね。
今回はそんな多魚種捕獲アイテムを、メタルジグ+ワームでサクッと再現しちゃう釣りを紹介している梶本さんのブログをご案内。
シングルフック化したメタルジグにお好みのワームを刺せば、オリジナルなマイクロインチクの出来上がり。
使い方次第でアジやメバル、カサゴの他にもいろんな魚が釣れると思うので、あれこれ試してみるのも一興かと。

石井工芸 爆釣ジグ2 5g アジングSPピンクバック
by カエレバ
 

デュエル ソルティーベイト 10g
by カエレバ

関連記事
メタルジグの使い方と落下速度調節のアイデア
障害物回避に優れたタコベイトチューンルアー
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム
釣れるのに使われないカブラという逸品ルアー




8e6a388921d362b29c7c270f1e8f68c6


メバリングのリグの中で、釣れるのは分かっているんだけど好きになれないリグ「フロートリグ」。
リグるのが面倒臭いうえにトラブったり、「しっかりとバイトが取れないんじゃないか?」っていう不信感、なんとなく「スマートではない」その見た目などで未だに僕の中では出番が少ないリグなんですな。
たまに試しに使ってみるものの、上記の理由からモチベーションを維持するのが難しく、あえなくリグ交換…。
ってな感じで僕とおなじように「フロートリグが好きになれない」って人も居らっしゃるんじゃないかと思うんですね。
っつーことで今回は、しっかりと手元にバイトを感じることができるというリグシステムを紹介しているブリーデンフィールドスタッフの津田さんのブログをご案内。
フロートリグが好きな人も、イマイチ好きになれない人もご覧くださいませ。
きっとこのリグへの理解がより一層深まることでしょう。

アルカジックジャパン ぶっ飛Rocker II /フロート/飛ばしウキ/アジング/メバリング/ライトゲーム/キャロ/ぶっ飛びロッカー2/キザクラ/Arukazik Japan/
by カエレバ
 

関連記事
藤原真一郎がFシステムを実釣解説&大解剖
ピン狙う「黒原流 巻かないフロートゲーム」
「フロートリグ? 面倒くせぇ…」って方に朗報




aa2cab2c
ソルトターゲットのなかでもメバルほどルアーに対して多彩な反応を見せてくれる魚はいないと思うんですね。
水面直下でしか食わない時もあればトップオンリーの時もあったり、ほっとけメソッドの時もあればボトム放置でズドンって時もある。
上昇アクションに反応したかと思えば、動きをピタッと止めてちょっと待った後に食ってくる時だってある。
彼らがルアーアクションに見せてくれる行動は、ホント様々です。
おなじ場所、おなじ日に釣行していても、その時々によってパターンや付き場も変わりアングラー側もそのシチュエーションにアジャストしていかないと釣果に恵まれないこともしばしば。
そこにこの魚の面白さがあり、たまにびっくりするようなパターンや釣れ方を見せてくれるのもメバルの魅力です。

ってなワケで今年最後の更新は、ライトゲーム情報を締めくくるには相応しい話題をレオンさんが提供してくれているのでご案内。
おそらくこれからのメバリングのスタイル変えるであろう内容ですんで、全国のメバルを愛しやまない方はじっくりとご覧くださいませ。
ロマン溢れるビッグプラグでのメバリングですよん!

バスデイ S.P.M 75mm HF−104 クリアーチャート
by カエレバ
 

関連記事
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き
デカトッププラグで「ポチャパク」メバリング
ちょいデカペンシルがやはりメバルに有効な件




LINK50

以前コチラで紹介した34さん初のプラグ「LINK50」の紹介動画アップされていたのでご案内。
本動画は開発担当である大石さんがその特徴からカラーに至るまで徹底解説。
また下の動画ではワームとプラグを使用したデイメバルの実釣解説もされてますんで、日中にメバルをとことん楽しみたい方は是非。

デイメバプラッギングは是非ともやってみたい!


【サーティフォー】34 Orbee(オービー)[ネコポス:3]
by カエレバ
 


【サーティーフォー】34 ドライバーヘッド[ネコポス:1.5]
by カエレバ


関連記事
34 の注目ロッド「FPR-55 F-tuned」&注目ワーム「Orbee 1.6インチ」を動画で解説
34 ベテランも納得の入門用ライトロッドをリリース
34のメバルロッド「SBR-64」の発売日が決定





fa49905ee35bfea43b370fe8bbf94c54


思うように釣りに行けてない日々が続いております。
しかし本来「時間」というのは作るもの。
本当に遂行したいミッションってやつは、無理してでも時間をこじ開けてコンプリートさせるもです。
ってなワケで久しぶりに「え~、その日は予定がありますんでムリです。休みます。」って感じ行ってきました、愛しの山陰、日本海方面へ。
「雪が降る前に遊びに来んさい」って言ってくれる友達を放っておくわけにもいかないし。
ところが、喜び勇んでやって来た海の状況はよろしくなく、あっちのポイントもこっちの釣り場もターンオーバーによる濁りが入っており沈黙。
どこもかしこも生命反応ナシのトホホな感じ。
「んじゃ、あそこに行ってみようよ」って、友達がターンオーバー対策で連れて行ってくれた場所は…。
ってことで、いったい僕はどんなところに案内されたかは、お友達であるチバさんのブログを見てくださいませ。
キーワードは「流れ」。
そいつがすべてを「水に流してくれる」ようです。

「っていうか、おい、ターンオーバーって何よ? カッコつけて横文字で説明すんなよ」って方は、下の関連記事をお読みになりやがってください。
ちなみにゆーすけさんとこのブログでは美味しそうな河口エリアの見つけ方が書かれているので、興味を持たれた方は参考にされてくださいな。

【モリックス】Molix サターワーム2.5インチ「NEWカラー」[ネコポス:4]
by カエレバ
 

関連記事
魚の活性に影響を与えるターンオーバーとは?
これは便利! 日本全国の河川と湖沼を分かりやすく表示する「川だけ地形図
穴場スポット「河口」でのアジ攻略を動画で紹介
河口の釣りに欠かせない「塩水くさび」って何?




ajplg001


アジングという釣りが世に現れてからメインとして使われるルアーはワームでして、定番の釣りとなった今でもその地位は揺るぎなくスタンダードとして支持されています。
アジング黎明期はスプリットショットやライトキャロライナが主な釣り方でしたが、最近ではシンプルで奥が深いジグヘッドオンリーな釣りが人気でビギナーからベテランに至るまで幅広く楽しまれています。
ジグヘッド単体の釣りは手軽にできてコストパフォーマンスも高い反面、ごまかしが効かずテクニカルで魚からのコンタクトや海の状況がダイレクトに伝わってくるのがこの釣りの魅力。
ライトゲーム好きなお友達が、ついついハマってしまうのもうなずけますね。
しかし、せっかく「疑似餌を使った魚との知恵比べ」を楽しんでいるんだから、1種類のルアーだけ使うのはもったいないと思うんですね。
あの手この手で魚たちの裏をかき、騙くらかすのがルアーフィッシングの醍醐味。
ひとつのルアーを突き詰めるのも楽しいですが、いろんなルアーを使うのもオススメなのです。

ジャクソン(Jackson) ピグミーボックス シャローミノー S 46mm CGR アカキン
by カエレバ
 

ってなワケで今回は、ワームが主人公っていうソフトなアジングは置いといて、ハードルアーで楽しむアジングを紹介している梶本さんのブログをご案内。
「メタルジグなら使ってるよ!」って方はそこそこ居らっしゃると思いますが、やはりまだメタルアジングを楽しんでいるアングラーさんは少ないんじゃないかなって感じるんですね。
つーことで興味のある方は「マイクロメタルジグによるアジングメソッド入門編。(基本操作とアタリの取り方)」をどんぞ。
※ちなみに文中にある「テンションスライド」はメタルジグのフォールに合わせてロッドティップを下げ、その動きに追従させるようなロッド操作だそうです。
そしてお次は注目の「アジのプラッギング」。
ちょいとハードルが高そうなイメージですが、読んで頂ければ「釣れる気がしてきた…!」ってなること間違いなし。
ってことでプラグで釣ってみたくなったら「アジングにおけるプラッキングゲームの魅力。(Jackson PY シャローミノーのアジングゲームでの魅力)」を是非。
きっと楽しみの幅が広がると思いますよん。

関連記事
ジグ単、キャロ、スプリット、メタルジグだけじゃない。アジングプラッギングを紹介!
アジング&メバリングのライトなナイトジギングはグロー系がおすすめ
武田さんがSHORES ストリーマーでアジング


01

バスデイさんとこの釣果レポートにちょいと変わった釣り方が紹介されているのでピックアップ。
通常プラグってやつは素直にラインに結んで使いますね。
これって、まぁ当たり前っちゃあ当たり前ですな。
しかし今回紹介するネタはちょっぴりその辺に手を加えた釣り方でして、いつものプラグにちょい足しでその弱点を補っちゃおうっていう小技。
人によっては「それって邪道じゃん」って思うかもしれませんが、型にハマった考え方に縛られていたら発見はありません。
釣りでもなんでも面白がって試してみることが楽しみを増やすコツですな。


関連記事
プラグの泳ぎを変える 簡単ラインアイチューン
プラグの浮力がチューンできる新感覚素材登場
ホログラム付きの粋な浮力調整シンカーを紹介





RYU_8936

以前コチラでお伝えした34さんとこの鋭意製作中プラグですが、いよいよ最終プロトが出来上がりお披露目となったので皆さんにご案内。
この嬉しい新作プラグの話題をアップしてくれているのは34の大石さんでして、記事中にはこのプラグの名前「LINK 50」の由来から仕様、特徴などが綴られてますんで楽しみにして居られた方は是非。
リトリーブによりアクションが変化するシンキングペンシルなのでメバルやセイゴ、シーバスなどのライトなプラッギングゲームにぴったりかと。
シンペン愛好家の僕ちゃんは、ちょいと期待しつつ発売を楽しみに待つことにします。


関連記事
注目のメバリングプラグ「 SHORES オルガリップレス」の特徴を解説
固定観念をぶっ壊し出来上がった拘りのプラグ「FCTストリームドライブ45CB」が誕生!
近頃ソルト業界をざわつかせているブランド「nada.」の正体が明らかに





4380aaa0


レオンさんのブログに、トリプルフックに纏わる興味深い話題がアップされているのでご案内。
レオンさんが立ち上げたFish.INで販売されているトッププラグには「赤針」が使用されていますよね。
これはしっかりとした理由があってのことでして、これらのプラグたちが持っている実釣性能を更に引き出してあげるためのチューニングなんだそうです。
そして、話題はこれだけには留まらず、国内で生産されているフックのちょっとした小ネタや、レオンさんがメバリングでオススメする「刺さりやすく、鬼掛け仕様にする」トリプルフック&スプリットリングなども紹介されているので、メバリングプラッガーの皆さんは必見。
そしてこのフックはFish.INでオリジナル大量パックとして販売するそうなんで、プラグ大好きっ子は要チェックのこと。


関連記事
注目のヘドンのプラグたちをレオンさんが紹介
トップウォーターメバリング新時代の幕開け
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き




pki8z9de8zdvvr2odz6v-58735a87


じょーじ山本さんのブログにメタルアジングについての話題がアップされているのでご案内。
まぁ普通メタルジグを使ったアジングは「専用のライトなタックルで」という感じですが、じょーじさんのスタイルはひと味違うようで、場合によっては20~60gクラスも投入することもあるそうです。
んで、アジをメタルで釣る時ってのはアクションとかベイトとかってのが重要な要素でして、その辺りのこともしっかりと書かれてますんでメタルアジングの世界にどっぷりハマりたいって方はご一読を。
お手軽イメージのアジと言えど「やっぱり青物なんだよね」って思った次第です。

【メール便可】STORM 五目ジグ 8g
by カエレバ
 

関連記事
50UPを捕獲したメタルアジングテクニック公開
じょーじ山本 メタルアジングを実釣親切解説
じょーじ山本が伝授する「金属片アジングテク」




285f500b

基本的に僕はカラーで迷うってのが好きじゃありません。
だから自分で使うカラーってのはだいたい決めてまして、持ち歩くルアーの色もそれほど多くありません。
ワームに関してはブラック、グリーン、イエロー、ピンク、クリア、クリアグリッター、ホワイト、グローくらいで、プラグはそれこそクリアとイワシ系、適当なチャート、適当に好きな色のホロ系といった具合でこだわりもなく、好きな雰囲気で選んでいます。
メーカーさんが気を利かせ豊富なカラーラインナップを展開してくれるのはありがたい話なんですが、それらをひとつひとつ試す時間もお金もないので、ほぼ見た目と「釣れそう」な感じで選んでいます。
それでも普通に釣れますし、過度なカラーバリエーションってのは正直必要ないと思っています。
大切なのはレンジや大きさ、そしてアクションでして、それらがマッチしているという条件でカラーの威力は発揮されると思っています。
色の違いによる釣果ってのは、そーゆーもんだと理解しています。
んで、今回はメタルジグのカラーのお話。
個人的にメタルジグはアクションが命だと思っていて、色がどーのってのは考えたことがなかったんですね。
それこそ適当にキラキラしててくれてればいーやとしか思ってませんでした。
しかし、ナイトゲームのことを考えれば光源が限られていたり、光線が深い場所に届かなかったりするワケで、そんな状況下でのホログラムの反射なんてどれほどの効果がるのかな?って思ったんです。
この梶本さんのエントリーを読んで。
やっぱり光が届かないエリア、届きにくいエリアでのグローの力ってのは侮れないようでして、今までほとんど使ったことのないグローのメタルジグってやつの必要性を感じた次第です。
そしてその昔、レオンさんのブログにグローのメタルジグのネタがあったのを思い出したので関連リンクに貼っておきますので、あわせてご覧くださいませ。

Jazz(ジャズ) 爆釣JIG メバルチューン センターバランス 3g 009(オールグロー) BJ3C
by カエレバ

関連リンク
爆釣ジグの秘密?
売れないけど釣れるカラー…

関連記事
メタルジグの苦手を克服させるたった一つの名言
メタルジグの使い方と落下速度調節のアイデア
メバジギ名手の必殺技・ツーチョンメソッドとは




stcb001


僕たちの身のまわりには「これってこーゆーものだから」とか「昔からこーだったから」とか、「それであることがあまりにも普通だったから、そーゆーもんだと疑う余地がなかった」ってことが結構あるワケでして、身近にあるものほどそんな思考に囚われがち。
しかし、ちょっとしたアイデアや何かにつまずいた時のヒントってのはそんな「当たり前のこと」を疑ったり、違った視点から見た時に生まれてきたりします。
それは釣りの世界にも言えることでして固定観念や既成概念のなかだけで思考を巡らせているだけでは、突き抜けたものってのは出てこないと思うんです。
誇り高いモノ造りの精神が受け継がれている我が国の釣り具メーカーさんは、どこかで見たような製品を焼き直して我が物顔でリリースするようなことはまさかしないと思いますが、そのようなことではコピー製品をしか作れませんね。
おなじような性能をもつモノでも、何かしら独自の考えやアイデアをプラスすることができていなかったら、それはただの「コピー」ですから。

ってなワケで今回は、「手にとって納得してもらえる良い製品を作ろう!」っていう心意気が伝わってくる、そんなルアー「FCT ストリームドライブ45CB」の魅力を徹底的に解説してくれているバンダナさんのブログを紹介。
作り手の気持ちがこもった製品ってのは、使っているとその気持が伝わってくるも。
もうじき発売ということなんで、今からリリースが楽しみですね!

関連記事
メバルに効果的なストリームドライブに追加モデルが仲間入り
美味しいゾーンを狙い撃つワンダーライト50
ワンダー45ライトウェイトチューンが良さ気な件




6f1a6390

各メーカーさんから発売されているワームにはいろいろなカラーがありまして、正直どんなんが良いのか迷ってしまいます。
カラフル&キラッキラで艶っぽく妖しい光を放つカラーは本来魚を魅了するためのものですが、いつの間にか僕たちアングラー側がターゲットになっちゃうという悩ましい現象がおきちゃうほど魅力的。
んで、色に惑わされ色欲に駆られてあれこれ手を出すと財布へのダメージは蓄積し、釣り場での迷いは増すばかり。
しかし、やはり色々と揃えておきたいのがアングラーの悲しい性…。
ってな具合いで僕たちはカラーという魔物に、取り込まれちゃうワケです。

ってなワケで今回は、とりあえずクリアだけ買っとけば自分でオリジナルの色付けができちゃうんだぜって技を健太郎さんとこのブログからご紹介。
お手軽簡単に、しかもリーズナブルに自分だけのオリカラワームが作れちゃうので、欲しいカラーがないって人や少しずつカラーを揃えて試してみたいって方は必見。
いろんなパターンが作れちゃうんで、ワーム大好きっ子にオススメな小技ですよん。

ブリーデン(BREADEN) NejiNeji(ネジネジ) 50mm 01 オーロラサイダー
by カエレバ
 

関連記事
「もう迷わない!」カラーセレクトに悩まないために覚えておくと役に立つ考え方
このルアー、このカラーだから釣れたの真実
カラーローテは釣果に影響を及ぼすのかを検証

 




90485082-s

釣りやすい日を選んで釣りに行けるって人は、ホント羨ましい限りですね。
しかし大半のアングラーさんは仕事帰りとか、たまの休日、奥さんの監視や子供の行事を掻い潜ったり、強引にスケジュールをこじ開け時間を作って釣り行ってることと思います。
そんな限られた大切な時間、至福のひと時、無心になれる癒やしの空間、とっても幸せな釣りタイム…。
ってな感じではやる気持ち抑えつつ出掛けてみれば、ポイントはリグが舞い上がるほどの風、風、風!
強風に晒され立ちすくむ、時と場所が選べないサラリーマンアングラー&苦学生アングラー。
しかし、彼らに残された選択は、ただひとつ。
投げるしか無い。
投げるしか無いのだ!

ってシチュエーションを想定して読んで頂きたいのが、今回紹介する梶本さんのエントリー。
ある程度の強風ならば、工夫次第で釣りは成立するもの。
手を変え品を変え、冷静に対処すれば釣り難い状況だって克服できるもんです。
また強風時ってのは、思いのほか好釣果に恵まれちゃったりもするもの。
風でベイトが寄せられている場合もあるので、思い切って向かい風にキャストするのも吉。
「風が強いから釣りに行かない」ってのは意外ともったいないんで、ビギナーさんはこれを参考にしつつ経験を積んで「釣れる漢」になってくださいませ。

【ジャクソン】ステープルフライ 2インチ[ネコポス:3]
by カエレバ
 

関連記事
台風並みの爆風でも釣果をあげる秘策を伝授
厄介な「風」と上手に付き合うための心得と対策
悪天候でも地合いがくれば釣りは成立する
3時間毎、33時間後までの風波予報サービス



GSST20


じょーじ山本さんとこのブログに、ラパラさんとこのライトゲーム用ワーム「五目ソフト」の話題がアップされているのでご案内。
本製品についての詳しい解説などは書かれていませんが、製品ページ用の画像が貼られ発売の告知がなされています。
大きい画像で確認したい方は以下のリンクからどんぞ。


関連記事
五目ボトムのスイミング&ズル引きを動画で確認
五目ポッパー&ペンシルの違いと使い分けを伝授
ラパラの五目ミノーの使い方をちょいとインプレ



11145040_432606720281005_6957083437673438257_n


全国のお小遣い制&庶民派アングラーの皆さん、おはこんばんちわ。
財布に優しく汎用性が高く自由な発想な釣りを愛するなんちゃってアングラーのトモショーです。
釣りって趣味は道具に金を掛ければ掛けたなりに。
そして安く済ませようとすればそれなりに。
工夫をすればしたなりに楽しめる素晴らしい道楽です。
どんな道具を使っても釣果は得られるし、楽しみ方は人それぞれです。
しかし、どんなスタイルの釣りでも「安くて使える」アイテムは大歓迎なはず。
ってなワケで今回は、以前コチラコチラでお伝えした「ナチュラム オリジナルPE」をしばらく使ったひろぽんさんのインプレを紹介でございます。
「興味あるけどまだ使ってないよん」って方はチェックしてみてくださいな。

ナチュラム オリジナル 純日本製4本組PEライン ライトゲーム 150m 0.4号 ライトグリーン【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
次世代ライン「Armored®」に最強で最上な「Armored® F+ Pro」が追加
サンラインから2タイプのライトゲーム向き極細ラインが登場
4本編みで6lb 0.18号のラピノヴァ エックス マルチゲームに超極細が仲間入り




2c8205b1

レオンさんのブログに、バイスライダーのカラーに関する解説がアップされているのでご案内。
プラグにしてもワームにしても、そしてメタルジグにしたってルアーのカラー選択ってのはいつも頭を悩ませるもの。
1種類のルアーに対してこれまたカラーが何色も存在するんですから、迷って当たり前ですね。
アングラーとしてみれば「ズバリ釣れるカラーはこれだ!」ってのが知りたいところですが、自然相手、生き物相手のこの遊びには絶対という言葉は存在しません。
「なら、どうすれば良いのか?」
今回紹介するエントリーは、そこら辺のヒントとというか考え方が綴られているんで、カラーに悩んでいる方は読んでみてくださいませ。
ちなみにレオンさんとこのオンラインショップ「fish.IN」の完売ルアーに関するエントリーはコチラです。

バイスライダー07 05(ブルーピンク)
by カエレバ

関連記事
「もう迷わない!」カラーセレクトに悩まないために覚えておくと役に立つ考え方
このルアー、このカラーだから釣れたの真実
カラー選択でシルエットを調節するという考え方
スレていない魚には派手系カラーで勝負!?




大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]