Monday, June 25, 2018

fs-682mg-t-columns1


個性的かつ釣れるカスタムプラグで知られる「ファイブコア」。
メバルプラッギングの際にはファイブコアさんちのプラグは良く使っているんですが、使いやすく優秀なアイテムが揃ってますね!
そんなファイブコアさんから、ちょいと個性的なロッド「FUNK★STAR MAGNUM(ファンクスター マグナム)」がリリースされます。
ソリッドティップと見間違えるほど極細のチューブラーティップを持ちながら、ごっついバットのこのロッド。
アンダー1gのジグヘッドの操作もこなし、豆サイズから尺オーバーのアジまでこれ1本でまかなえるっていうからビックリ。
何本も釣り場に持ち込むのがかったるい方やランガンを繰り返す方、タックルを厳選し最小限に抑えたいって方にオススメの1本。
11月下旬発売だそうなんで、気になる方は要チェケラ。


スポンサードリンク




関連記事
ファイブコア 待望のABS樹脂製プロペラ単体販売版「プラペラ」をリリース!
数々のチューンモデルをリリースするファイブコアのスタッフが語る「メバルプラッギングの魅力」
FCT ストリームドライブ45CBの魅力とカラーを動画で解説


スポンサードリンク

" target="_blank">

スポンサードリンク

hatagari


カナリューこと金丸竜児さんが起ち上げたブランド「RUDIE'S」から、いよいよ新製品がリリースされるようです。
記念すべき自社ブランド初となる製品は、ブレードの付いた直リグ系のハタゲーム用アイテム「ハタ狩り・直」とアピール力抜群のエビ系ワーム「ハタ喰い・蝦」の2つ。
ブログ上では画像とイラスト付きでそれぞれの特徴を紹介しているので、気になる方は今すぐチェック!


スポンサードリンク




関連記事
金丸竜児プロデュースのプラグ&ワームが公開! スイミング映像もあるよ!
【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説
マグバイト バサロ3兄弟を解説するPVが公開 「バサロ HD」のアイデアが画期的!


スポンサードリンク

スポンサードリンク

item


このところ仕事が忙しくなりまして、なかなかゆっくりと更新できる時間がとれません。
今回は超手抜きではありますが、溜め込んでいたタックル関係の情報などをリンク形式で貼っていきます。
もう既に「そんなのとっくにご存知だよ!」ってモノもあるかとは思いますが、どれかひとつでも嬉しいネタがあれば幸いです。
それではズラズラといきますので、お付き合いくださいませ。


スポンサードリンク



レインズさんから2種の新型プラグ「メバフロッグ」がリリース

LureNews Rさんが34(サーティーフォー)の新型ワーム「タープル1.6インチ」の紹介をしております。

モリックスさんの釣れ筋ワーム「サターワーム2.5"」&「RAシャッド2"」に新色が追加!

レガーメさんのライトゲームロッド、牙突、弧丞、烈煌そして開発中の空牙の解説動画です。

LureNews Rさんから、ジークラックさんの対ギガアジ用ジグヘッド「ギガ鯵ジグヘッド」の紹介記事です。

ジャッカルさんからはアミパターン用ワーム「アミアミ」がリリースされます。また開発中のロッドやジグヘッドもあるそうで、コチラの連載動画企画で紹介されております。

そこまでやるか!って感じの反則級豆アジングアイテムはコチラ

リトルジャックさんからは、なかなか面白そうなメタルジグ「BLNKS」と、「マジでそーゆーことしちゃうの?」って物議を醸しそうなリフレクター内蔵&フラッシャーテールの「GNITED TAIL」がリリース。
勇気ありますねぇ。フィッシュアローさん、また怒るだろうなぁ…。

尺メバルとガチで勝負できるパワーロッド「PSSS-57T ロッキーダガー」をエバーグリーンさんが11月下旬にリリースです。

アルカジックジャパンさんのブランドビルダーである木下さんが、ライトなメタルジグに良さげな「Ar.Hook Shot Assist TW」を紹介しとります。

たまに釣具屋さんで見掛けるのでどこのメーカーさんのかなと思ってたら、34さんに居られた方が起ち上げた「クリアブルー」ってメーカーさんでした。

これはズルい(笑)

百均素材でレッドライト

100均アイテムでエギを48個収納できるボックスを作っちゃおう!

陸っぱりでもいけるかも!? ダウンショットティップラン 続1 続2 続3

ビギナーさんは必見「ダイワやシマノのリールの数字、アルファベットの意味」

クリアのプラグをお手軽ペイント。

古賀さんによる月下美人ソードビーム、サビキー等のワームのちょいインプレでやんす。


以上、超手抜きで大変申し訳なく思いますが、今後も繁忙期が続きますんでゆるゆる更新でやらせて頂きます。
アングラーの皆さん、今後もよろしくお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

prottest01


メーカーさんやテスターさんのブログを読んでいてワクワクするのが新製品の情報でして、とくに「現在開発中のプロト」なんてテキストを見るとテンションが上がっちゃいますよね!
テスト中のプラグなんかの釣果を見て胸をときめかし、発売を心待ちにするってのもまた釣りの楽しみのひとつではあるんですが、その製品の企画&開発~発売までの過程ってのは意外と詳しく表に出てこないもの。
「テスト中のプロトでの釣果」や「サンプルが出来ました!」とか、「繰り返しテストを重ね、ようやくカタチに!」など度々目にしますが、今回紹介する工藤さんのブログほど詳しく企画からプラグの出来上がりまでの過程を紹介したブログを僕は見たことがありません。
そのような話題をあまり見受けないのは、各メーカーさんの都合やテスターさんの立場などの事情もあるんでしょうから、それは仕方のないこと。
だけれども、やっぱりユーザーの立場からしてみたら「どうやって開発され、僕達の手元にやってくるのか?」ってのは知りたい部分。
ブログで紹介されているのはシーバスルアーですが、ライトゲーム用も開発方法はあまり変わらないと思いますので、それらに興味のあるプラグっ子は必見!
6回に分けて書かれているので読むのがしんどいかもしれませんが、本当に良いものを作ろうと製品に向き合う開発側の苦労や仕事の内容が綴られてます!

「真面目にやっているメーカーを生き残らせないと、将来的にろくなものが生み出されない」
それを支えるのは、ユーザーなんです。
~本文より~

苦労して開発したメーカーの製品をパクって、「自社で開発しました!」って商品は買ってはいけません。
モノづくりに真摯に向き合ってるメーカーさん、テスターさんを僕達ユーザーが支えていきましょう。
「優れたアイテムや画期的な製品」が出た直後にリリースされる「似たもの」は、おそらく紹介したブログにある「パクリ製品」の可能性が大。
マネをされるってのは優れている証ですが、それを最初に思いついた、始めた人たちをリスペクトしてこそ、「釣り文化」の繁栄があるのです。
ちなみ業界裏話が気になる方は、下の関連記事もどんぞ。

ルアー開発日記 タピオスF (その1)
ルアー開発日記 タピオスF (その2)
ルアー開発日記 タピオスF (その3)
ルアー開発日記 タピオスF (その4)
ルアー開発日記 タピオスF (その5)
ルアー開発日記 タピオスF (その6)

スポンサードリンク




関連記事
ちょっと気になる? ルアーに関する業界裏話
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察
固定観念をぶっ壊せ! 鮎竿+ルアーでシーバス


スポンサードリンク

スポンサードリンク

sttaj01jpg

「ソリッド&チューブラー」、2つのティップが交換可能というお得でナイスで画期的なアジングロッドの受注開始のお知らせが、釣りPLUSさんとこで紹介されています。
このロッドはルアマガソルト誌レジットデザインさんのコラボロッド「LMSM-LG655SUL」でして、かなりのこだわりを凝縮したマルチピースなんですな。
なんと仕舞寸が48cmという携帯にグッドなデキる子でして、バイクや電車、出張先や旅先なんかの釣行にジャストフィット!
ソリッドとチューブラーが交換可能ってとこがかなりポイントが高いこのロッド、使うリグやシチュエーション別にティップが変更できるのでタックルを最小限にしたいアングラーさんにはピッタリ。
なにやら限定っぽいんで、気になる人は急いだ方が良さそうですよん。
記憶が朧気なんで確かではないんですが、かなり前にティップ交換可能なメバルロッドがリリースされてような記憶があります。
アジングにしても、メバリングにしてもこのようなロッドがあれば、喜ぶユーザーさんがたくさんいそうな気がします。
限定にするなんて、もったいなさ過ぎだなぁなんて思うんですな。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


mbg17-1


さて、暦も11月になりまして冷え込みが増してくる時期となってまいりました。
しかし、海の中はまだ賑やかでして水温がグッと下がってくるまで、各種ターゲットが楽しませてくれることでしょう。
とはいえ既に朝夕は気温も低く、寒さを感じさせる季節です。
ライトアングラー諸氏もボチボチ冬支度を考える頃だと思いますんで、ここらでホットでぬくぬくなマグバイトさんの「ポケットウォーマー」をご紹介。
防寒対策に欠かすことが出来ないネックウォーマーに、ポケットを付けちゃったマグバイトらしい防寒アイテム。
このポケットに使い捨てカイロなんて入れた日にゃあ、ネックウォーマー+カイロに暖められた血液が頸動脈を駆け巡り、体中にお届け!
波止で! テトラで! 磯場で! その場で眠れそうな温もりを約束してくれるでしょう!(←推測)
この寒がりアングラー必須の防寒アイテムは受注が開始されているので、寒いのが苦手って方はチェックしてみてくださいな。
首、手首、足首は太い血管が走っているので、ここを冷やさないようにするのが防寒の極意。
ここを温めることによって体中に温かい血液が巡るのです。
逆に熱い時はここを冷やせばクールダウンするんです。
これマメな。

スポンサードリンク




関連記事
冬本番! 寒さに負けないアングラーのためのレイヤード術
結局どれが良いの? 主力アンダーウェアを検証
ちゃんと押さえておきたい防寒対策のキモ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

titgv01


だんだんと朝夕の気温が下がってまいりました。
もう少しすると秋も深まり寒さを感じる季節の到来です。
今回はちょいと早い気もしますが寒い時期に活躍する、ライトゲーマー向きのアイテムの紹介です。
アジング、メバリングはともに感度が重要視される釣り。
寒いからといって厚手のグローブをしてしまうと、繊細なアタリってのは取りにくいもの。
それがイヤで「あえてグローブはしない」なんて強者も居るぐらいなんですが、この度矢野さんがブログで紹介しているヤツはグローブしない派にも教えてあげたい一品。
「それって暖かいの?」って疑問が湧いてくるビジュアルですが、テスターも努めちゃうアジングにどっぷりな方がわざわざブログで教えたくなるくらいのアイテムだから何かあるはず。
「もうホカホカですよ!」ってな具合にはならないとは思いますが、感度命なライトな諸君は是非チェックしてみてちょんまげ(死語)
関連記事にあるフリーノットさんの「レイヤーテック リストウォーマー」を併用すれば、ホカホカ度アップかも!
ちなみにもっつぁんさんもこのグローブをインプレしてるんで、そちらもあわせてご覧ください。
ほかにもブリーデンさんの「ウォーミンググローブ」は寒がりなアングラーさんにオススメだし、Fin-chさんちの「Fin-ch グローブ2016」はスタイリッシュなヤツがサイコーって方にピッタリです。


スポンサードリンク






関連記事
貴方の釣りをがっつりサポートするグローブ登場
ちゃんと押さえておきたい防寒対策のキモ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ts_img_r_1479_l


先日Twitterを見ていたら、フォロワーさんが呟いてたブツがなかなか良さげだったんでピックアップ。
パズデザインさんとこの「ターポリン モバイルポーチ」です。
当サイトでは何度となく訴え続けてきたことですが、僕は野外で使用する電子機器は最低限なんらかの防水機能を付けておくべきだと思ってるんですんですね。
最近では防水の表示がなくてもそれなりに対応してしているモノもあるそうですが、それではちょいと心配ですね。
特にモバイル端末を持っているのが当たり前の世の中になってしまった現代では、防水機能は切実な願いだと思うんです。
ってなワケで今回紹介するこの「ターポリン モバイルポーチ」は、スマホを雨や飛沫から守ってくれるだけでなく、端末の保護や操作、デジカメ等の小物の収納までをも考えられて作られた逸品。
防水ではないので浸水の恐れがあるシチュエーションはムリですが、飛沫や雨程度であればスマホをチェックしながらの釣行も可能。
パカッと液晶部分が見えるようにオープンするんで、ベスト派にオススメです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

t_flopper38


以前コチラで紹介した、ティクトさんとこのフィネスゲーム用シンキングペンシル「FLOPPER(フロッパー) 38」の製品ページがオープンしています。
巻いてよし、落として良しなアクションでマイクロベイトを演出。
ソリッドボディーを活かしたカラーラインナップもなかなかステキで、アミパターンなんかにもピッタリ。
38mmという小粒ボディーなんで繊細なタックルでも使いやすそうですな。
ちなみウェイトは「商品詳細」に書かれてませんが、掲載画像の中にスペックがありますんでそちらで確認できます。
ちょっと探しちゃったんで、このあたりの気になるデータはやはり見てすぐわかるところに記載してもらえるとありがたいですな。
この「フロッパー38」のちょっとした使い方なんかが、オフィシャルブログの方で紹介されてますよん。


スポンサードリンク




関連記事
SRAM UTR-68-tor や新発想のカセットスプール等、tictがなにやら賑やかな件
極細ティップの「SRAM UTR-68-TOR The Answer」をトミー敦が動画で解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

zip_lip01


ジップベイツさんのオフィシャルページで公開されている「2017 ジップベイツ 新プロジェクト 始動」の第三章に、アミパターンに特化したプラグ「ZBL Zoea LIPPLE(ゾエア リップル) 45F」が紹介されているのとの情報をキャッチ。
それとほぼ同時のタイミングで、伊藤さんのブログにも同プラグの紹介記事がアップされているのを確認したのであわせてご案内です。
この「リップル45F」は独自の内部構造によって光を屈折させ水面下の魚にアピールするという特徴を持つほか、超スローリトリーブでも引波をたてることなく水面下5cmをトレースすることが可能なんだそうです。
またひとつ美味しいレンジをナチュラルに誘えるプラグが増えたってのは、ユーザーとして嬉しい限りですな!


スポンサードリンク





関連記事
本当は教えたくなかったトッププラグのシークレットフックチューンを公開
リッジ35Fはなぜ釣れる? その秘密を解説
アミパターンのメバルプラッギングで重要なトゥイッチの質とキモを解説



スポンサードリンク

スポンサードリンク

shimano_r_ment01


さて、「ダイワ病」という不名誉な名前で知られるハンドルやローターの逆回転。
これはホントにユーザーとしてなんとかして欲しいと思う現象ですが、実はシマノさんのリールにも起きることもあるそうなんですね。
僕はこの逆回転がイヤで「次回はシマノさんリールにしようかな?」なんて思っていたんで、ちょっとショック。
しかし、そのトラブルの発生率の低さと意外と簡単に自力で解消できるということが判明したんで、ホッとしているところです。
そんなワケで今回は、シマノさんのリールの逆回転の解消法と、ちょっとした裏チューンを紹介しているisaさんのブログをご案内。
このなんともけしからん逆回転に悩まされているシマノユーザーのお友達は、是非ともチェックしてみてくださいませ。
思ったより簡単にメンテナンスができそうですよん。


スポンサードリンク





関連記事
シマノのスピニングリール&ベイトリールのグリスアップをわかりやすく動画を紹介
1年間使い続けた 「'15ストラディック」のなかを開けてみる。その結果はいかに…?
イラッとする「ハンドル逆回転」を解消するために参考にしたブログをご案内



スポンサードリンク

スポンサードリンク

gracy001


以前コチラでお伝えしたマグバイトさんとこのテスト中だったプラグが、いよいよ完成形となってHPで公開になっているのでご案内。
何度もプロトタイプを作ってはテストを繰り返してきたこのミノー、ロッドを立てればメバルの美味しいレンジをトレースし、寝かせた状態でリトリーブすればさらに深い層にアピールできるという代物。
ちょいと気になるのがステイした時に「上下にブレず綺麗に静止」って部分でして、これが完璧なサスペンドを意味するのかどうか?ってところ。
ラインナップには「SS(おそらくスローシンキング)」と「SF(おそらくスローフローティング)」とあるので、「静止後はSFはジワジワ浮き、SSはゆっくり沈むけど、ステイ直後はピタッと止まりますよ~」ってことなんだと思われます。
詳細は今後またなんらかの形で詳しく解説されると思いますんで、その時にでもご紹介できればと思います。
ともあれ、マグバイトさんらしい面白そうなプラグが、¥1000というリーズナブルな価格でリリースされるってのは嬉しい限りですな!


スポンサードリンク








関連記事
マグバイト 現在鋭意開発中のライトゲームプラグをチラリと紹介
表層をデッドに引くためだけに開発された「ミミック」の特徴&使い方を解説
マグバイト バサロ3兄弟を解説するPVが公開 「バサロ HD」のアイデアが画期的!




スポンサードリンク

スポンサードリンク

wpid-wp-image-119822235jpg


フィッシュアローさんのオフィシャルブログにサビキとワームが融合した「フラッシャーワーム」のコンセプトを受け継いだ、長めのリングワーム「リングフラッシャー2"」がの情報がチラッと公開されているのでご案内。
アップされたブログには「鯛ラバにベストマッチ」とありますが、2インチなんでアジングなどでも使えるものだと予想されます。
フラッシャーワームでは「カツオ」や「ビンタ(キハダマグロの幼魚)」なんかも釣れちゃってるらしんで、そのDNAを受け継ぐ「リングフラッシャー」もショアからオフショア、ライトゲームからボートゲームまで大活躍しそうなんで、今から期待大ですな!


スポンサードリンク





関連記事
アングラーも魚も即バイトしちゃいそうな「見た目からして釣れそうなワーム」がいよいよ発売
リアルなフラッシュJ の実力発揮動画を紹介



スポンサードリンク

スポンサードリンク

gold1_001


このところAPIAへの移籍や自身で「RUDIE’S」というブランドを起ち上げ、今後の活躍が注目されるカナリュウさん。
そんな彼がプロデュースしたルアーの情報が2つほどチラチラとネットに上がってきているのでご案内。
ひとつはAPIAさんからリリースされるハードルアー「ゴールドワン」でして、そのスイミングアクションを確認できる動画がfimoさんとこSALTY!さんとこにアップ。
片や「2つのアクション」と言い、もう一方は「3つパターン」と言ってるのでどっちやねん!って突っ込みたくなりますが、それはフォールのアクションを入れるか入れないかの違いです。
んで、もう一方のルアーは「プロント」というワームだそうで、こちらのほうは内外出版さんが新たに起ち上げた釣り情報サイト「釣りPLUS」のネタ。
「どんなコンセプトで開発しました」ってことには触れられていないんですが、このワームのウリである部分をカナリュウさん御自らが解説されているんで、気になる方はどんぞ。
ちなみに開発中のジグヘッドもチラリと登場しております。
金丸ファン&ライトゲーマーはYOチェケラ!



スポンサードリンク











関連記事
金丸流「フォール中に確実にバイトをとるコツ」
慣れれば1分! 金丸流お手軽FGノットを伝授


スポンサードリンク

スポンサードリンク

line0001


ここんところネットでラインのネタを良く見掛けます。
今回もちょいと気になる最新ライン情報とラインのインプレがあったので皆さんにご案内。
リールに巻くライン選択にお悩みの方のお役に立てればと思います。

まずはちょいと注目したいシマノさんの高比重PE「Sephia (セフィア) G5 PE」のインプレをしてくれているCOLTさんのブログから。
PEラインといえば比重が軽いので沈みが遅いなんてことがありますが、「高比重」となればどうなのか?
その辺りを知りたい方はチェックしてみてくださいな。

んで、こっからは新製品情報。
デュエルさんから「PEラインの常識が変わる」らしい新製品「Super X-wire(スーパーXワイヤー)4&8」がリリースされるようです。
特別な熱処理で原糸を一本一本を密着させる「HI(ヒートインテグレーション)製法」が施されたPEで、耐摩耗性、真円性、感度&操作性が向上したラインだそうです。
デュエルさんって結構「常識が変わる!」系が好きですな。
詳しくは製品情報へのリンク、もしくは下の動画でどんぞ。



そしてお次は「フロロを凌ぐ耐摩耗性能を持ったナイロンライン」という売り込みが見て見ぬふりをできなくさせるサンヨーナイロンさんのライン「APPLAUD Z06」
フロロより摩耗に強いうえに「プラスαLBを誇る強力!」らしんですが、イマイチ言いたいことがユーザーに伝わらない残念な製品ページです。
僕は車好きなんで気持ちはわかりますが、村田基さんの愛車どーとかってことよりももっと伝えるべきことがあるんじゃないかと思うんですね。
車に興味のない人は「ふーん」で素通りです。
「ユーザーが何を求めているか?」を考えて欲しいものです。
良いラインなのかもしれませんが、これじゃもったいないですよ!


スポンサードリンク






関連記事
ちょいと気になるラインの話題を見掛けたので、ズバンとまとめてご紹介
シマノの「ストラディック」と「ストラディックCI4+の違いって何? その疑問を分かりやすく紹介
サンラインの「ソルティメイト PE EGI ULT HS8」は、遠投系ライトゲームの強い味方かも


スポンサードリンク

スポンサードリンク

tictajr01


以前コチラでチラッと紹介したtictさんの極細ティップロッド「SRAM UTR-68-TOR The Answer」をトミー敦さんがLureNewsさんの動画で解説しているのでご案内。
0.65mmのソリッドティップ、55gという軽さ、そして贅沢に全てのガイドがトルザイトというこのロッド、興味のある方は今すぐチェック!

またtictさんでは、ちょいと小粋なショルダーバッグ「ミニマリズム ショルダーバッグ」やポーチ、フォーセップなどもリリースされたりするんで、こちらも要チェック。

そしてアジメバ好きのジグ単野郎は、「メバスタ」の存在も忘れちゃいけませんよ~。







関連記事
SRAM UTR-68-tor や新発想のカセットスプール等、tictがなにやら賑やかな件
気になるTICT製シンキングペンシル「FLOPPER 38」の開発状況をブログで公開
【フィッシングショー】 tict 金針仕様の「メバスタ」をトミー敦が動画で解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

20160916_213941


ヤホオのオークションで手頃なスプールが出てたんでサクッと入札してゲットしたんですが、落としてから何を巻こうかと考えていたんですね。
今まで手を出していなかった超極細PEを巻いて未体験ゾーンに突入してみるか、アワセ切れとかランディングに気を使うのがイヤで使っていないエステルでも巻いてみようかとか悩んでいるところに、ゾロゾロとライン関係の話題が目に止まったので一気にご案内です。

トップバッターはヤリエさんとこのアクアマイスターを紹介してくれているえぼさんのブログ
このラインの存在は知ってはいたのですが、少々お値段が張るお品なんで見て見ぬふりをしてました(笑)
すんません。
その使用感の方もコチラにさらりと書かれているので、アクアマイスターが気になる方はあわせてご覧ください。

さて、お次は以前コチラでご案内致しましたサンラインさんちの高級PE、「ソルティメイト PE-EGI ULT HS8」を紹介しているテスターの早田さんのブログ
「PE-EGI ULT HS8」の特徴を分かりやすく紹介してくれているので、ご購入を検討中のアングラーさんは上記リンクのインプレ記事とあわせてどんぞ。

そしてダイワさんからはエステルライン「月下美人 ライン TYPE-E」がリリースされるようです。
ラインの選択肢が増えるというのは素直に嬉しいんですが、記事中の「ダイワのリールはほぼATD搭載なので、強度面よりもむしろ操作性を高めたラインになります」という一文がちょっと引っかかりますな。
ATD搭載のダイワのリール使用前提なんでしょうかねぇ?
もったいないことですな。

んで、エステル使いのアジンガーさんにちょいと嬉しい耳寄りな情報を、LureNews Rさんがアップしているのでご紹介。
この記事を読めばエステルを使ってる方はちょっと気が楽になるかもですよん。

以上、近頃ネットで見掛けたラインに関する話題でした~。


スポンサードリンク






関連記事
サンラインの「ソルティメイト PE EGI ULT HS8」は、遠投系ライトゲームの強い味方かも
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介
ラインの特性を知る 「フロロとポリエステル」


スポンサードリンク

スポンサードリンク

freefintail001


久しぶりに「こりゃ斬新で面白いじゃん!」ってアイテムがあったんでプラグっ子なお友達にご案内。
今回紹介するのはハードルアーの根掛かりを大幅に軽減し、さらに強烈なアピールをプラスできる画期的なアイテム「脱着式フックフィン FREE STUCK TAIL(フリースタックテール)」
一見、ただの柔らか樹脂で出来たチープな感じのヒレですが、実はかなりデキる子でして、フックを障害物から守りさらに水を撹拌し、アクションとアピールを増大させちゃう凄いヤツ。
フックに被せるのでフッキングが悪くなるように思われますが、フックが容易に貫通する素材を使っているため、そこんとこは心配無用だそうです。
なんとなく良い事尽くめな感じがするこのアイテムですが、シングルフックしか使えないのとサイズバリエーションが少ないのが難点。
しかし、プラグ以外にメタルジグやスプーンなんかにも使えるので、中型魚~大型魚をハードルアーで相手にするアングラーさんにはピッタリかと。
いまのところ製品ページが見当たらないので、詳しくはコチラから下の動画をご覧くださいませ。


スポンサードリンク







関連記事
スタックしたルアーをレスキューする。根掛かり回収法をレオンさんが伝授!
ハードルアーの根掛かり回避をレオンさんが伝授
これは使える!? 鉛1個の簡単根掛かり回収術


bsbg002


今年の西日本釣り博で「コレ良いな!」って思ってたライトゲーム向きのタックルバッグがあったんですが、つい最近までその存在は忘却の彼方に追いやられていました。
んで、先日ジップベイツさんとこのブログを見てその記憶がフラッシュバック。
「そう言えば、こんなイカしたバッグがあったじゃない!」ってなことで、今回ピックアップとあいなったってワケ。
このタックルバッグと膨張式救命具が一体化した「BSJ-7120」は、テスターである岩崎林太郎さんのアイデアが盛り込まれているらしく、ライトゲームアングラーが快適に釣りを楽しむための機能が満載。
その詳しい機能などが知りたい方はコチラや下の動画をチェックしてみてください。
フローティングベストや膨張式のベストって意外と邪魔くさかったり、暑苦しかったりするもの。
しかしこのタックルバッグを使えば胴まわりの煩わしさから解放されちゃいますよん!


スポンサードリンク






関連記事
【要確認】 釣行時の安全対策をもう一度しっかりと見直してみよう
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介
過信は禁物! 命を奪いかねないウェーダーの盲点をしっかりと理解しておこう



スポンサードリンク

スポンサードリンク

o0480051713741875535


フェイスブックのタイムラインを眺めていたら、ちょいと気になるロッドに関するリンクを見つけたんですな。
そしてそのリンクを辿ってみたら広島の釣具買取販売であるtrunkさんのブログでして、その内容を見てにわかに心がザワついたワケです。
「umf ウエダ」とか「Pro4EX」ってキーワードに敏感に反応しちゃうアングラーさんが飛んでそ喜びそうなこの話題、その大元のソースが何処なのか掴めなくって取り上げるかどうか迷ったんですが、やはりアジングファンやウエダファンの皆さんにお伝えしたいと思いましてアップした次第です。
現在一部のロッドマニアやアジングファンの間で話題となっているこのロッドは、「モーリスグラファイトワークス」の「TFL-63S」と「4S-610S」でして、名竿と言われているufmウエダの「Pro4EX」のビルダーである安達さんが手掛けたものなんだそうです。
すでに耳の早いアングラーさんたちがこぞって予約をしている状況らしく、受注生産であるため今後の入手は困難気味になると予想されますが、気になっている方は早めのチェックを。
ネットでもビジュアル情報を含めて詳しい情報が見つけ難いため、現時点で一番このロッドのことが詳しく書かれていると思われるプロショップ桜山さんのブログのリンクを貼っておきますんで、興味のある方はご覧くださいませ。


スポンサードリンク




関連記事
オリムピックのアジングロッド「ヌーボコルトプロトタイプ GNCPS-612L-HS」をしっかりインプレ
オリムピックのアジングロッド「ヌーボコルト プロトタイプ 612L-T」を詳しくインプレ



スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]