Monday, June 25, 2018


スミスから表層付近を攻略するプラグ「AR-SSミノー」がリリースされます。
と言ってもこちらのルアーは淡水用なので、ソルトでの使用は若干のウェイトチューンやフック交換の必要があるかもしれません。が、バス用プラグでメバルに抜群の効果があるI字形ルアーといえばコチラがあるので、 この「AR-SS」もまんざらではないんじゃないかと思うんですな。
最近ソルトでも注目されているI字形ルアーですが、はじめのうちは「動かないプラグに何のメリットがあんの? 」って思ってたんですが、よくよく考えれば微波動系のストレートワームだってそれに近いモノ。なので釣れないワケがないんですね。もちろんメバリングだけでなく、シーバスなんかにも効果的だと思いますんで、気になる感じなプラッガー諸氏は要チェックなんでございます。


by カエレバ

関連記事
「動かない」ミノーの使い方をちょこっと紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク



以前コチラコチラでご紹介したTICTの新型ワーム「メタボブリリアント」と「スパイラルクロー」が発売開始となったようなんで、全国のワーミングファンにお知らせです。メタボブリリアントはブリリアントをファットにしたタイプで、コイカパターンなんかに使うと面白そうなワーム。
もう一方のスパイラルクローはテールの先端部分に細工が施され、スローフォールを実現。また、ワームのテールがフックに引っかかる ことなく集中して釣り続けることができるのも売りのひとつですな。


関連記事
新兵器「Mフロート」を松浦宏紀が実釣解説
飛距離50m ぶっ飛び過ぎな「M-FLOAT」を紹介

 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

JJマック エアーをチラリとインプレ

Posted by tomoshow On 4月 - 5 - 2013 ADD COMMENTS


以前コチラで紹介したゴールデンミーンさんとこの新作アジングロッド「JJ-MACK AIR」のインプレが、高木さんとこのブログにチラッと書かれているのでピックアップ。
今でこそ曲がって獲るライトゲームロッドが注目されていますが、ちょっと前までは「パッツンパッツンの高感度ロッドこそ至高 」的な風潮がありまして、猫も杓子もパツンパツンだったワケです。そんななかでも世の中の流れなんか物ともせずに、信じる道を行く骨のあるメーカーさんてのが若干ありまして、今回紹介するゴールデンミーンもそんななかのひとつらしいんですな。んで、この「JJ-MACK AIR」の掛けモデルなんですが、ただの「掛け重視」ではなく、その辺りのコダワリを形にしているロッドなんだそうです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日、大阪と横浜で行われたフィッシングショーのダイジェスト動画が、youtubeにアップされているので、会場に足を運べなかったアングラーの皆さんにご報告であります。さすがに参加メーカーの全てを紹介するのは無理ですが、約39分という長めの動画には、僕らライトゲーマーが日頃お世話になっているメーカーさんばかり。当サイトでも紹介できなかったアイテムもありますんで、是非チェックしてみてください。動画中で紹介しているメーカーは画像のとおりですが、表示できる画像サイズの関係でアイマ、ゼスタ、スミス、ルミカの4社さんはトリミングでカットしちゃいましたが、ちゃんと収録されていますよん。



関連記事
カリスマショップ視点で見る2013大阪FSの目玉




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


先日紹介した、ぶっ飛びロッカーを使用した新たなフロート系リグ「Fシステム」。そのリグの詳しい解説が、アルカジックジャパンのオフィシャルページにアップされていたのでご紹介。(現在ではぶっ飛びロッカーではなく、専用品のシャローフリークを使ったシステムになっています)
この「Fシステム」と、これまでのフロートリグとの違いは画像を見て頂ければ一目瞭然。その組み方は極めてユニークで、ラインシステムを組む際に今までカットしていたリーダーの余りにフロートを付けるというもの。この独特なシステムのお陰で通常のフロートリグよりも、飛距離と感度をアップさせることに成功させています。
中通しのフロートリグの欠点である感度の低下を克服したこのシステムは、遠距離でもアジングやメバリングのキモである繊細なバイトを取る喜びを体感できる「次世代フロートリグ」と言っても過言ではない、おすすめリグなのです!
ちなみにテスターを務める山城さんの「ゴロタ浜でのフロートリグ」も読むことができますよん。



キザクラ(KIZAKURA) シャローフリーク F(フローティング) 7.5g ホワイトグロー【釣具のポイント】
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク



旅先や出張先、ツーリングやキャンプでも釣りが楽しみたい!って方は結構多いと思うんですな。基本的に地方在住のアングラーさんってのは車が基本な生活をしているので、コンパクトロッドってのはあまり縁のない存在かもしれません。しかし、車の維持費が異常に高い都会のアングラーさん達は、電車やバイクなんかで出掛ける方も居らっしゃいます。そんな方に支持されているのがコンパクトロッドなワケなんですが、これが以外と選択肢が少ない上に、本格的なモノがないんですな。んで、今回紹介するテイルウォーク「OUTBACK」は、ありそうで無かった”超マジメなスペック”を盛り込んだマルチスライダーロッド。バスやトラウト、シーバスやエギング用がラインナップされているので、選択の幅が広がるのも嬉しいですね!
っていうか、振出とかテレスコって言っちゃイヤみたいなんで、マルチスライダーってカッコ良く表記してますw


スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日紹介したTICTの新しいフロートリグ「Mフロート」。
飛距離50m超えをマークするその新兵器を、アドバイザリースタッフである松浦さんが実釣解説。
通常のフロートよりも高浮力でなので、ちょっと使い方にコツがいるようで、その辺りのリグり方のポイントや具体的な釣り方を丁寧に教えてくれちゃっています。
また動画の後半では新しくラインナップに追加された2つの新型ワームも紹介しているので、遠投系アジングや新しいワームが気になる方はチェックしてみてくださいませ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日コチラで紹介した、「モエビパウダー」のインプレが、ひろぽんさんとこのブログにアップされているのでご紹介。気になるその使用感はひろぽんさんの記事をじっくりと読んで頂くとして、「じゃあ一体このアイテムは、そもそもどんなブツなのさ?」って疑問に思う方もたくさん居らっしゃるかと思います。ってなワケでそんな方々はコチラコチラのエントリーをお読み頂いたら疑問がスッキリ晴れるかと。個人的にはワーム同士がくっつくのを防止できるってだけでゲットする価値があるアイテムなんですが、それ以外にも優れた効果を発揮する粉のようなんで、気になっちゃう感じのアングラーさんは使ってみては如何かと。

ルアーでポン!
モエビパウダー 
モエビパウダーその後
モエビパウダーその後のその後


関連記事
ケースに張り付くワームのイライラ解消テク
使えるルアーケースの仕切り版カスタム法を紹介
多種多様なワームを小分けして収納&携帯する
ちょっとの工夫でワームケースの収納性を向上!
 



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


最新リールのインプレッションでお馴染みのいまたろうさんとこのブログに、ベイトタックルファンお待ちかねのシマノ NEWメタニウムの動画付きインプレがアップされているのでご紹介。コスト面でも性能面でも前モデルを凌ぎ、さらなる進化を遂げたメタニウム。バスフィッシングだけでなく、ソルトでの使用もOKなんで、ベイトリールの購入を考えている方は是非、参考にされてくださいませ。
いまたろうさん曰く「最もとコスパの良いベイトリール」らしいですよ~。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



DUOのテトラワークスと言えば財布に優しい純国産プラグ。値段の割に丁寧に作られており、そのクオリティーは高額なルアーと比較しても引けをとらないほどです。そんなテトラワークスのなかでも、シンプルだけど異彩を放っているプラグが今回紹介する「エビッコ」。通常のシンキングペンシルとは一味違った味付けがなされていて、アングラー側が使い方を工夫して遊べるプラグなんだそうです。ってなワケで、なんだかエビッコが面白そうなので、DUOさんとこのフィールドレポートを紹介でやんす。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


電撃的な発表から一躍注目を浴びた新型セルテート。桜の開花とともに店頭に並びはじめ、既に手に入れた方も居るかと思います。今回は、既に名機との呼び声が高いセルテートのインプレをいまたろうさんとこのブログから紹介。アジング&メバリングのハイシーズンに向けて、購入を検討中の方は是非ご覧になってくださいませ。また、店頭で見られないなんて方には動画もアップされているので、そちらをご覧になるとさらにイメージが湧くかと思います。
カルディアKIXとセルテートのフィネスカスタムで頑張ってるけど、そろそろ新しいのが欲しくなっちまったなぁ…。


関連記事
いまたろうさんのインプレ関係記事はコチラ



スポンサードリンク

スポンサードリンク


以前紹介したTICTさんの新しいフロートリグ「Mフロート」、今回は気になるこのアイテムの詳細が新たにアップされているので、フロートリグ愛好家の皆さんにご報告です。
リンク先のブログでは実際にリグを操作している動画に加え、ちょっとした使い方も紹介。まだまだプロトの段階ですが、これが実戦投入された暁には、沖で発生するライズにジグヘッドを投入することも夢ではなくなるはず。もちろんアジやメバルだけでなく、小魚を捕食しているちょっとした青物だってジグヘッド+ワームで狙えちゃうんですな。このアイテムの登場で、ライトゲームの楽しみの幅がさらに広がりますな!



スポンサードリンク

スポンサードリンク




ブリーデンのオフィシャルページに、期待のロッド「TEシリーズ」のページがオープンしています。
今回は現在鋭意開発中の 「TE 74fortunate」の使用感をお伝えしている、同社のフィールドスタッフKAKKYさんとこのブログをご紹介。ライトゲーマーとしては74electroの2ピースバージョンが、一体どんなロッドに仕上がるのか非常に気になるところ。まだプロトの状態ではあると思いますが、その辺りのインプレをじっくりとご覧くださいませ。
74electroが欲しいなぁなんて思ってましたが、山越えとかする僕には2ピースの74fortunateがピッタリかも!


スポンサードリンク

スポンサードリンク




以前コチラの「12 アルテグラ」のオーバーホールで紹介したCOLTさんとこのブログに、ソルトにも対応しているベイトリール「ダイワ アルファス R-edition 103L」の分解から組立てまでが紹介されているのでピックアップ。僕はベイトリールをオーバーホールしたことがないので詳しくは分かりませんが、画像の点数が多く、順序良く解説されているので、作業時には大変参考になるかと思います。ソルト専用ではなく、あくまでも「対応」リールなので、こまめにメンテナンスした方が良いかもしれませんね。アルファス愛用者の方は是非。

アルファス Rエディション 103L オーバーホール 分解編

アルファス Rエディション 103L オーバーホール 組立編

ダイワ アルファス 150HL オーバーホール 分解編

ダイワ アルファス 150HL オーバーホール 組立編

関連記事
リールのメンテナンス関係はコチラ




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


当サイトでも過去に何度か取り上げたことのある「ロッドのバランス」のお話。繊細なライトゲームを徹底的に味わい尽くすのならば、知っておいた方が良い事なので何度でも取り上げちゃいます。今回は34のフィールドスタッフである、0☆3★6さんとこのブログで2回に渡ってアップされた記事を紹介。1回目のエントリーはタックルバランスの重要性と、その原理を解説。2回目は実際にタックルのバランスをとるための方法を紹介しています。「釣り道具って、軽ければ良いんじゃないの?」って方は是非試してみてくださいませ。きっと世界が変わりますから。

タックルのバランス 〜手元重心の重要性1〜

タックルのバランス 〜手元重心へのアプローチ〜

関連記事
手軽にロッドバランスを調節しちゃう小技
あなたのロッドに『お手軽バランサーチューン』
もう迷わない ロッドについての基礎知識

スポンサードリンク

スポンサードリンク


お手軽だけど熱くなる「ちょい投げ」を、もっとルアー的に楽しんじゃおうって感じで生まれたデコイのショアゲー。本日はそんな、ゆるゆるスタイルで楽しむライトタックルゲームの新製品を大久保幸三さんが動画で紹介。動画中にはショアゲー以外にもリニューアルした同社定番のジグヘッド「ラウンドマジック」やダート用ジグヘッドの「デルタマジック」、ジグヘッド用アシストフック「トレイラージャック」も紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。
ちなみに「デルタマジック」は、パゴスさんとこが詳しく解説してますよん。





スポンサードリンク

スポンサードリンク

以前コチラで紹介した「アングラーの発想次第で無限大のポテンシャルを発揮する」という、ものすごい強気なコピーを頂いていた「Ar.キャロフリーシンカー」。今回はその詳細が、いよいよお披露目となったので、ライトキャロライナ大好きっ子な皆さんにご報告。発表があるまでその自信満々な姿勢に「とか言ってるけど、それほど変わらないんだろねー」なんて思っていましたが、いざ発表されたソレを見てみると、思わず「なるほど、やるじゃんね!」って思ってしまう仕上がりっぷりでした。すいません。そのアイデアはここで紹介してしまうと、リンク先に飛ぶ楽しみがなくなるので言いませんが、無限大はちょっと大袈裟でしたがまさに変幻自在な感じです。おそらくシンカーを追加したり、減らしたりするタイプの最終形態が「Ar.キャロフリーシンカー」なんじゃないかと個人的には思っています。これは正直素晴らしいアイデアの製品なので、今度買ってみたいと思います。


関連記事
ルミカからライトゲーム用アシストリグが発売
新発想のシンカーで姿勢も重さも自由にアレンジ
新感覚! ワーム素材のキャロシンカーが発売
臨機応変 ソフトタングステンシンカーのドリフトアジングリグ


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

ケミホタルでお馴染みのルミカから、ナイトゲームでの視認性をアップさせるアイテムがリリースされます。
今回紹介する「トランスモーション」はフロートリグ系のアイテムでして、フロート上部にあるスリットにケミホタルを装着して視認性と集魚効果をアップさせるというモノ。薄暗い釣り場や闇磯なんかで使うと、リグのトレースコースなどが確認できて便利ですな。


ルミカ (LUMICA) トランスモーション Mサイズ [グリーン] / メバリング・アジ・カサゴ用フロート 【02P13Dec14】【RCP】
by カエレバ






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


アジングやメバリングでのアミパターンというと、非常に難しく厄介なイメージがつきまとうパターンで、苦手意識を持っている方も居らっしゃるかと思います。今回はそんなアミパターンでの釣り方を解説しているけんぼうさんとこのブログを紹介。釣りウマな方が日々愛用しているワームやジグヘッドの話などを交えつつ、アミ捕食時の攻略法を伝授。アミパターンに悩まされている方は必見でございます。
ちなみに文中で紹介されているヤリエさんとこのアジメバアーミーは、僕も使ってるお気に入りのジグヘッドであります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



TICTさんとこのオフィシャルブログに、「フィッシングショー大阪 2013」で収録された製品紹介動画がアップされているのでご報告。
この度アップされている動画は、すでに発売されているメバルロッド「RALGO」「ICE CUBE」 、そして新たに開発されたカーリーテールのワーム「スパイラルクロー」の3本です。上記メバルロッドは過去記事を参考にして頂くとして、個人的の良いなと思ったのが「スパイラルクロー」。釣りをしていてワームのテールがフックに絡むのってイラッとするうえに、釣れる魚までスレさせてしまう危険性があるわけです。 そんな部分に注目して作られた、気配りのできるそんなワームなのです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]