Thursday, November 15, 2018

khbfaj001

アングリングソルトの動画に、ピュア・フィッシング・ジャパンのフィールドスタッフを務める林健太郎さんが最新ベイトフィネスタックルを紹介する動画がアップされているのでご案内。
動画中で紹介されているのは「エラディケーター EBFC-610ULS-TZ The"Wild Joker"」「エラディケーター EBFC-79LS-TZ The"Falcon Eye"」の2本のロッドと新型リールである「Revo ALC-BF7 」
また、以前コチラで紹介した新作ワーム「サビキー」の特徴や、スピニングタックルも紹介されているので興味のある方は是非。
ベイトタックルでも1g程度のジグヘッドが、快適にキャストできるようになったんですねぇ。
ホント、釣具が改良されていくスピードって凄いっすよね!
ちなみ動画のタイトルに「【ベイトフィネスとスピニングを使い分ける!】最新アジング必釣術!」とありますが、動画本編はほぼタックルの紹介になっています。

スポンサードリンク







スポンサードリンク

スポンサードリンク


tict68


耳の早いアングラーさんは既にご存知かと思いますが、tictさんの新製品情報になにやら熱い視線が注がれているようなんでご案内。
まずは注目のジグヘッド単体用ロッド「SRAM UTR-68-tor "The Answer"」ですが、tictさんのオフィシャルブログでロッドの特徴が紹介されています。
そしてフィッシングショーでの発表以来、僕も注目しているとっても斬新な「カセットスプールシステム」と感度重視のリールハンドル「tict オリジナル 30mmショートハンドル」の最新情報をLureNews Rさんが紹介しているのでピックアップ。
ロッドに関しては他メーカー含めいろいろあり過ぎで正直ピンと来ないんですが、リール関係のアイテムはなかなかライトゲーマーのツボを押さえており、リリースされるのが楽しみです。
「SRAM UTR-68-tor "The Answer"」と「カセットスプールシステム」の解説はコチラで動画がご覧になれますので、興味のある方は是非。



スポンサードリンク





関連記事
気になるTICT製シンキングペンシル「FLOPPER 38」の開発状況をブログで公開
【フィッシングショー速報】TICTの新作ワーム「フィジットヌード」をトミー敦が解説
【フィッシングショー速報】34の家邊社長が直々にオススメするイチ押しアイテムはこちら


スポンサードリンク

tadayoi_test


ダイワさんのアジング&メバリングブランドである月下美人に、新たに6つのルアーが仲間入り。
今回追加となるのは以前コチラに登場した岩崎林太郎さん監修の「ソードビーム」と、ダートに特化した「ダートビーム」のダウンサージングバージョンである「 ダートビーム 1.3インチ」、スパイキーなボディーと平たいテールの「クロスビーム 2.5インチ」の3種のワーム。
そして新型のメタルバイブである「小鉄」と定番のシンキングペンシルである「澪示威(レイジー)」の45mm版、そしてプラグでは珍しいやや扁平なボディーを持つ「漂(タダヨイ)40F」の3種のハードルアー
個人的に面白いなって思ったのはトップウォータープラグの「漂40F」。
この扁平ボディーがどんな使い方ができるのか、どんな釣果を見せてくれるのか、ちょいと楽しみです。


スポンサードリンク





関連記事
岩崎林太郎が実釣解説 磯場で狙う暑い時期のデイメバル
激戦区を回避してアジングを楽しむ。雨後の濁った河口は絶好の竿抜けポイント!


スポンサードリンク

bubble_reach01


バークレイさんとこのワームと言えば「シュラッグミノー」や「スライダーシャッド」、「バブルサーディン」や「マイクロクローラー」などの釣れ筋系が思い浮かびます。
近頃ではティンセルを使った「サビキー」などもリリースしてますが、秋のライトゲームシーズンを目の前に控えたこの時期にニューワームの発表がありました。
新たに発売されるのはリブ付きボコボコボディーにコブ付き扁平テールがひっついた「バブルリーチ2.5インチ」でして、アジング&メバリングワームの美味しいところ組み合わせたモノ。
発売は10月予定ということなんでライトゲームシーズンにはお目にかかれそうですな。


スポンサードリンク





関連記事
バークレーからアミパターンに効きそうなティンセル付きワーム「サビキー」が登場
良い動き満載! レオンさんがワームを解説
レオンさんがマイクロクローラーの秘密に迫る



スポンサードリンク

soarextune01


以前コチラで紹介した、シマノさん渾身のアジングロッド「Soare XTUNE Ajing (ソアレ エクスチューン アジング)」のショートレングスモデルの「S508L-S」を、テスターの丹羽喜嗣さんがブログでインプレしているのでご案内。
なんでも丹羽さんはこのロッドが「エクスチューン アジング」のなかでも思い入れがあるモノらしく、一切の妥協を許さずに拘り抜いて仕上げたんだとか。
これは実際に使ってみないと分からないことなんですが、「魚を掛けた瞬間に僕の伝えたかったコトが、カラダの隅々にフィードバックされる」そんな完成度の高い逸品なんだそうです。
テスターがそこまで言い切る自信作、ハイエンドロッドなだけになかなか手が出せませんが、使ってみたくなりますね!
「Soare XTUNE Ajingっていったいどんなコンセプトなの?」って方はコチラをどんぞ。


スポンサードリンク





関連記事
「ソアレ エクスチューン アジング」&「NEW ナスキー」登場! なんかシマノが本気出してきた件
フィールドテスターによるシマノの新型ワーム「モモアジ」を使ったデイアジング&製品解説
アミパターン特化型ワーム「スローダイバー」が今までとは違う感じで良さそうな件


スポンサードリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、スナップを補充するために某釣具店のブランドのモノが安かったので購入してみました。
ところがこれが意外と粗悪な品でして、硬くて開けにくいわ、閉めにくいわで使い難いことこの上ないんですな。
おかげでルアーチェンジの度にイラッとさせられました。
やっぱりこのような小物でも出費をケチると快適な釣りができなくなると、改めて思った次第です。
ついつい安いものに目が行ってしまうんですが、結局は「安物買いの銭失い」ってことになるんですな。
普段はどこでも手に入る良品、カルティバさんちのスナップを愛用してるのでそちらを買おうかと思ったんですが、今回はIKE-Pさんのブログに登場しているスミスさんの「SPスナップ」がなかなか良さ気な感じなんでご案内。
#000という極小サイズからのラインナップなんでライトゲームにもバッチリ!
「たかがスナップ、されどスナップ」地味な存在でも確かな製品を買ったほうが釣りが安心して快適に楽しめまっせ!


スポンサードリンク





関連記事
スナップやアクセサリー類をスマートに収納するプロアングラーの技を紹介
これは盲点! スナップケースにピッタリな「ス~ッ」とする、あのお菓子のケース
ルアーの動きに影響するスナップの使い分け


スポンサードリンク

cc21125d


リリース前からその効果のほどをSNSなどで公開してきた「タックルエリクサー」がついに発売となりました。
僕も早速購入してロッドやリールに塗り塗り拭き拭きして、そのピカピカ具合に満足しています。
しかしこのメンテナンススプレーの凄さはそれだけじゃないんですね。
このような製品ってのは、実際に使ってみないことにはその本当の良さってのは分からないものなんですが、今回はタックルエリクサーのインプレをレオンさんがまとめているのでご案内。
興味あるけど購入を思いとどまっている方、「タックルエリクサーってどうなん?」って思っている方は参考にされてくださいませ。
釣り道具以外のものにもいろいろと使えるので、一家に1本あると便利かと。
「こんなモノに使ってみたら?」、「ひょっとしてアレに使ったら効果あるかも!」って、いろいろ試してみたら思いもよらぬ効果を発揮するかもしれませんよ~。


スポンサードリンク




インクスレーベル(INX.label) タックルエリクサー 100ml【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
プラグにヒビや穴が開いた時のリペアの方法を紹介
【プラッガー必見】 バッキリ逝ったプラグをピッタリつける職人技を伝授
フックの付け根やプラグのアイが錆びる原因を解明!そしてその対処法をご紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

jade001

以前コチラで紹介したINX.labelのカスタムが施された「ジェイドINXカスタム サスペンドモデル」の詳細がついに公開となりました。
今までのプラスティックルアーにはなかった美しい塗装と魅力的なカラー、海水でピタッと浮かず沈まずのまま静止するサスペンド仕様でメバルを魅了するスペシャルなジェイド。
その詳しい情報を心待ちにしていたアングラーさんも多かったはず。
この期待に胸躍るサスペンドルアーの詳細を知りたいプラッガーな方は、是非fish-inでチェックしてみてくださいな!
僕はもう予約しちゃいましたよん。


スポンサードリンク





関連記事
海中でピタッと止まるサスペンド仕様! INX.labelスペシャルチューンの「ジェイド」が公開
【見逃し厳禁】メバルプラッギング最大のキモをレオンさんが動画で解説!
釣れるメバリングプラグのリトリーブ速度を伝授

スポンサードリンク

IMG_5144-768x512


アジングロッドをガッツリとインプレしてくれる矢野さんが、オリムピックのアジングロッド「ヌーボコルトプロトタイプ GNCPS-612L-HS」のインプレをアップしているのでご案内。
なんでもこのロッドはライトゲームマニアの間で伝説となっている「ウエダのロッド」に似ているらしく、感度の方は申し分ない様子。
ジグヘッド単体の釣りでの使い勝手も良く、尺アジクラスの抜き上げも問題ないってことなんで、ジグ単メインでバランスの良いロッドを探している方に良いかも。
矢野さんは他にもライトロッドをインプレしているので、気になる方は下の関連記事にも目を通してみてくださいませ。



スポンサードリンク




関連記事
オリムピックのアジングロッド「ヌーボコルト プロトタイプ 612L-T」を詳しくインプレ
ソルティーセンセーション PSSS-73T ワイドレシーバーをインプレ
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介


スポンサードリンク



shimano_product

なんだか最近のシマノさんはアジング関連アイテムとリールに勢いがありまして、つい先日も新製品の公開がオフィシャルサイト上でありました。
まずアジングアイテムの方は、シマノ渾身の1本って感じの「ソアレ エクスチューン アジング(Soare XTUNE Ajing)」でして、こちらは当サイトでもお世話になっている丹羽さんが開発に携わっているロッド。
現在のアジングに必要とされているエッセンスとシマノの最新テクノロジーが惜しみなく注ぎ込まれている逸品。
繊細すぎるアジのバイトや微妙な潮流の違いを感じられる「掛け」に拘ったロッドに仕上がっているようです。

nas001a


またモデルチェンジした「NEW ナスキー(16 ナスキー)」は低価格でありながらHAGANEギアやGフリーボディー、コアプロテクトなどの最新技術が盛り込まれ、エントリーモデルとは思えないほどの造りになっています。
このコストパフォーマンスの高さは他のリールメーカーの脅威となること間違いなしで、学生アングラーやお小遣い制アングラー、ビギナーさん&サブリールが欲しい方には大本命のリールとなることでしょう。
前モデルとの変更点が知りたい方は、COLTさんのブログをご覧くださいませ。


スポンサードリンク







関連記事
フィールドテスターによるシマノの新型ワーム「モモアジ」を使ったデイアジング&製品解説
アミパターン特化型ワーム「スローダイバー」が今までとは違う感じで良さそうな件
テスターが教えるA-jigの素晴らしさと使い方


スポンサードリンク

apro8


近頃カテゴリーに縛られない自由に楽しむロッドが気になります。
「海用でもなく川用でもなく、好きな場所で好きな魚、釣れる魚を楽しむ」そんなスタイルを満喫するためのロッド。
「◯◯用」じゃなくって、「自分で釣りたい魚を釣っちゃう用」みたいなやつ。
「このロッドでアレを釣ったら、あんな釣り方したらきっと面白いはず」っていうようなノリのやつ。
どちらかといえば魚じゃなっくって、「ロッドが主役」のそんな釣りも面白いと思うんですね。
「鱒レンジャー」であえて、コイやシーバスに挑むようなそんな釣り。
それをちょいと粋で鯔背なこだわりロッドで、さり気なく嗜んじゃう大人な遊び。
もしくは子供たちと一緒に遊べるような、そんな釣り。
シチュエーションを楽しむ、そんな釣り。

20160702_2e4718
最近は有名メーカーには真似できない粋な道具や機能的なウェアを作る、小さなメーカーさんや個人ブランドの活躍が目立ち始めています。
これも個人でのビジネスが容易になった現代ならではの動きかと。
いま、個人や小規模で好きなモノ、こだわりのアイテムを作っているローカルブランドが面白いことになってきてます。
ってなワケで今回は、最近グッと来たロッドのリンクを下に貼っておきますんで、気になる方は是非!
海も川もひっくるめてメディア主導だった釣りのトレンドってやつが、デキるローカルブランドの力によって少しづつ変わり始めています。
この流れが今後は更に大きくなり、楽しみ方も変わってくると僕は感じているのです。
楽しみってやつは、自分で見つけて自分で調べながらやるのが1番ワクワクするんですな。

アゴプロダクツ Shoots TWITCH S56ULXF

JetSetter435 櫟(イチイ)

Fin-ch CANARIA 48 (カナリア48)



スポンサードリンク





関連記事
時代は魚種専用ロッドからリグ別&汎用ロッドへ
【剛と柔の融合】汎用ロッド「アヴェンジャー」が発売
1本で複数のターゲットが楽しめる汎用欲張りロッドが誕生



スポンサードリンク

ult8


実は先日、お気に入りの激流ポイントでの夏メバル釣行で、思わぬスペシャルゲストとして御登場仕った「紅いあんちくしょう」。
その時の簡単な釣行記はフェイスブックの方に上げているので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
「はぁ? そんなん知らんがな」って方は、是非「眼張鯵 メバラージ」のフェイスブックページに「いいね!」してみてください。
たまにサイトでご覧になれないネタにもありつけますんで。
と、まぁ宣伝はここまでにしときまして、本題へ。

陸っぱりのライトゲーム、しかも真夏の真っ昼間にそんな素晴らしい魚に出会えるのであれば、「こりゃあ狙っちゃうしかないでしょ!」ってあれこれ思案するワケです。
そこで今まであまり手を出さなかったライトタックルショアジギングって選択肢も出てきまして、「そしたらラインは今よりも強くてロングキャストに対応できるのが必要だよね」って思ってたんですね。
んで、そんなタイミングにアップされたのが、今回紹介するもっつぁんさんのPEラインのインプレッション
遠投系ライトタックルPEラインに関しては正直疎い僕ですが、このサンラインさんとこの「ソルティメイト PE EGI ULT HS8」「ソルティメイト PE EGI ULT HS4」はなかなか良さそう。
一応エギングってなってるけど、アジング&メバリングでもOK。
ラインナップも120m・180m・240mと選べるので、自分の釣りに合わせることが可能なところもグッド。
ってなワケで、PEラインの巻き替えを検討している方は、是非チェックしてみてくださいな。


スポンサードリンク





サンライン(SUNLINE) ソルティメイト PE EGI ULT HS4 240m 0.4号


関連記事
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介
塗って乾かすだけで結束部分の強度を補う「ストロングノット」がなかなか良さげ
で? ぶっちゃけ最終的にはどうなのよ?っていう「ナチュラムPEの総括」です


スポンサードリンク

inx_jade001


以前コチラのINX.labelさんのブース情報で紹介した、「INX.label スペシャルチューンのジェイド」のリリース情報がlureNews Rさんで取り上げられているのでご案内。
このスペシャルな「ジェイド」は海中で浮きもせず、沈みもせずにピタッとサスペンドしちゃうという脅威のプラグ。
この「サスペンドする」って特徴は、メバルのプラッギングにおいてものすごい武器になるそうで、この「INXスペシャル ジェイド」のその辺りの特徴はコチラのレオンさんのプラグ解説動画(5:00位から)で紹介されています。
メバリングで使われるプラグで「サスペンド」と謳われているプラグには、超スローシンキングやスローシンキングのものが多いですが、このレオンさんプロデュースのジェイドは「完璧なサスペンド」をこなす希少なプラグ。
発売はこの冬ということなんで、メバルプラッガーなアングラーさんは期待して待ちましょう!


スポンサードリンク






関連記事
【見逃し厳禁】メバルプラッギング最大のキモをレオンさんが動画で解説!
【驚愕】水面を割って出るメバルのバイトシーンをスローで捉えた動画にビックリ
飛距離約50m!小型プラグやライトリグでは攻略不可能なポイントを大型プラグで狙い撃ち



スポンサードリンク


silverwolf_chiningscouter_01_rainbowBK_2


ダイワさんとこのチヌゲーブランド「シルバーウルフ」に、新たなトッププラグ「チニングスカウター 60F」が仲間入り。
パッと見た感じ「バス用プラグ?」なんて思ってしまうほどソルトルアーでは珍しいフォルムなんですが、このカタチには秘密がありましてボディー後方にウェイトが仕込まれ、驚異的なターンを実現するフィンが装備されているため。
また首振りアクションはフックサイズを変えることで調節が可能。
絶妙なポップサウンドを発生させるウォータースルーギル構造にも注目したいところ。
スプラッシュ&ドッグウォーク、激しいクイックターンで素面炸裂を楽しみましょう!


スポンサードリンク






関連記事
ジャクソンのチヌ釣りアイテムたちを紹介したあんな動画、こんな動画
nada.のチヌ&シーバスペンシル「CROW」の使用上のご注意&実釣動画


スポンサードリンク




IMG_4654-768x512


現在アジングやメバリングで使われているラインといえば、ナイロンにフロロカーボン、PEラインにポリエステルの4種類が主に愛用されている一般的なライン。
なかでもポリエステルラインはここ数年でいきなりアジングの定番として使われるようになったラインでして、その特性がアジングに向いているということで各メーカーさんがこぞってリリースしたという経緯がある興味深いラインです。
エステル系のラインはナイロン、フロロカーボン、PEに次ぐライトラインの第4勢力と言ってもよいラインだと思います。
そして今回紹介するフジノラインさんの「141シンカーアジング」は以前からその名前と存在は認識していたものの、賛否両論があってしかもマニアックでマイナーな存在で、しっかりとしたインプレも見当たらなかったので当サイトでは取り上げていませんでした。
しかし、矢野さんの「141シンカーアジング」のインプレを拝見して、「ひょっとして第五のライトゲームラインなのかも?」って思ったのでピックアップ。
ナイロンやフロロ、PEに比べるとポリエステルラインと同様にクセがあり扱いに慣れが必要なようですが、このラインと相性が合うアングラーさんもいるはず。
ちょいと興味が湧いてきたって方や気になっていた方は、是非ご覧ください。
ちなみにこの「ゼクシオン®」って繊維はKBセーレン㈱さんの「液晶ポリエステル繊維」をいうらしく、サンラインさんとこの鮎用ラインにも使われているようですよん。


スポンサードリンク





関連記事
ライン特性の基礎を動画で分かりやすく解説
ラインの特性を知る 「フロロとポリエステル」
エステル系ラインの太さによる使い分けを解説



スポンサードリンク


item02

梅雨が明けてからずっとここ山口県では太陽がパワー全開の日が続いておりまして、僕が住む周南市の海沿い地域ではほどんど雨が降っておりません。
たまにはザーっと夕立でも来て欲しいんですが、パラパラ程度で終わってしまいます。
無風でドピーカンってのはトップチヌには最高ですが、この日照りで家庭菜園はカラカラです…。
ってな感じで猛暑が続いておりますが、最近ため込んだ新製品情報をなどを駆け足で紹介していきますんで、冷え冷えのビールでも飲みながらご覧くださいませ。


スポンサードリンク



まず最初は今か今かと待っていた、レオンさんとこのタックルメンテ用品「タックルエリクサー」発売のお知らせ。
ロッドやリールはもちろんのこと、スプールに巻かれたラインの手入れ、フックやプライヤーなどのサビ取りに活躍する超万能のメンテナンス剤。
その用途は釣り道具に限らず、プラスティック製品、金属製品などにも使えるので、これ1本あれば大抵のものはお手入れできてしまいます。
そして、もうひとつの目玉である「食魚保存用蝋引き紙袋」は、魚の鮮度や美味さにこだわるアングラーにオススメする逸品。
築地の魚屋御用達の丈夫な紙袋でメバルやカサゴなどの鋭いトゲでも破れることがなく、水気にも強いので無駄に汚れる心配なく快適に魚をお持ち帰り。
帰宅したらそのまま冷蔵庫に保存できるのも嬉しいところ。
パッケージに印刷されたQRコードを使って、商品解説の動画に飛べるような工夫は流石ですね!
これ、他のメーカーさんも真似したほうが良いですよ~。


さて、ここからは釣り道具の話題です。
すでにご存知のモノもあると思いますが、ご容赦くださいませ。

まずアジング関係で目を引いたものはカルティバさんとこの「豆アジ弾丸」
豆アジ用ということでラインナップは0.2g~1gまでで、ひと目でウェイトがわかるようにスレッドが色分けされているのが嬉しい所。
フックの角度がやや外向きで掛け重視になっている部分も見逃せないポイント。
刺さりが良いと評判のジグヘッドシリーズなんで、どれを買ってよいのか迷うって方は「弾丸シーリズ」を選んどけば間違い無しです。

そしてワーム大好きっ子から絶大な支持をうけているreinsさんからは、新作のワーム「アジマタシャッド」リリースのお知らせ。
なんでもデプスさんとのコラボ製品の第5弾だそうです。
デプスコラボの「アジアダー」は一時期良く使っておりまして、なかなか良いワームでした。
しかし、今回のこれに関しては「reins製 ガルプ ミノー1インチ」感が否めません…。
が、カタチはどうあれ、ユーザーとしてはワームの選択肢が増えるのは嬉しいですな。

ジグヘッド&ワームときたら、お次はロッドです。
アングラーズリパブリックさんとこのライトゲームロッド「ピンウィール」がモデルチェンジだそうです。
動画を盛り込み、気合の入った製品ページですんで、詳しくは上記のリンクでご確認下さいませ!

さらに下のギアステーションの動画では、テイルウォークさんのアジングロッド「アジストTZ」やPEラインの強さを上回る新型ラインなども紹介されているので、こっちらも是非。



アジの次は癒やしのチヌゲー関係を。
まずはズル引きファンに嬉しいボトムゲーム専用設計のフック「リグフック チヌ」のお知らせ。
このフックの開発には武田さんも参加していたようで、十分なテストを繰り返して満を持しての発売です。
タフでシャープなこのフックは、硬いチヌの口にガッツリ掛かる頼れるヤツっぽいですな。

んで、夏のチヌといえばトップでして、チヌ好きの武田さんオリジナルチューンのトッププラグがGo-Phishからもリリースです。
浮き姿勢にこだわり、Go-Phishらしいポップで楽しげなカラーリングを纏ったタックルハウスの高性能ルアーがずらりと揃ってますんで、夏の水面炸裂野郎は是非ご覧ください。

「短パンが似合う水辺の癒やしの釣り」といえば、チヌゲー&ハゼゲー。
この両者は釣り方も似通っておりまして、ボトム付近をズル引いたり、ノックさせたりしてしてお魚を誘います。
そんなボトムゲーム用にと、DUOさんちのテトラワークスから新型マイクロクランク「クラクラ」がデビュー。
高い障害物回避性能と、ボトムの釣りに必要とされるエッセンスが盛り込まれた小粒だけどデキるヤツなのです。


夏が旬の釣りもので忘れちゃいけないのがタコですね。
最近では少しずつタコ用アイテムも進化してきており、面白そうなものが増えきていますが、今回紹介するのは昔ながらのタコテンヤにワームを付けて楽しむ、和の文化と西洋文化、伝統釣法と最新アイテムが融合したハイブリットなタコ釣り
ブログでは現在開発中の「フラッシュJ カニバージョン」を使っていますが、もちろん他のワームを使ってもOK。
タコテンヤにあなたのお好みのワームをこんな感じにセットしてお楽しみください。

そして最後は数々の釣れるルアーをリリースしているジップベイツさんが何やら企んでいる様子なので、プラグ大好きっ子のみんなは逐一その動向をチェックしておくように!

以上、個人的に気になった真夏の釣り関連の情報でした。

それでは皆さん、

「May The "釣果" Be With You.」


(釣果と共にあらんことを)


関連記事
夏はすぐそこ!梅雨明け間近にお届けする暑さに負けないホットな釣り情報
梅雨のジメジメ感を吹き飛ばす スカッと爽やかな製品情報をアナタにお届け


スポンサードリンク

20150120_1252386

ティンセル付きのワームを調べていたら、アクティブさんのオフィシャルブログにグロー(夜光)のティンセルを使ったワームの面白いカスタム法が紹介されていたのでご案内。
クリアのワームにグローのティンセルを通すだけの簡単加工で、上の画像のように妖しく光るワームの出来上がり。
ラメ入りを使えば違った感じになると思うので、お手持ちのワームでいろいろ試してみるのも楽しいですな。
また、ご存じの方も多いと思いますが、ワームのズレ防止とコア発光を兼ねたワームキーパーの追加法をコチラで紹介しているので、あわせてご覧ください。


スポンサードリンク




スポンサードリンク

スポンサードリンク


Sabiky_CLSA

ピュアフィッシングジャパンさんとこのバークレーから、ティンセルのテールを持つワーム「サビキー 1.8インチ」が登場
パッと見た第一印象は「ピュアフィッシングジャパン製のフラッシャーワーム」だったんですが、ダートアクションを可能にするボディーデザイン、ボディーに深く入ったリブ、テール部分のフィンなどのオリジナル要素を盛り込み、ライバルである「フラッシャーワーム」との差別化を図っています。
ルアーの世界はひとつ優れた製品がリリースされれば、他メーカーが改良やアイデアを付け加えた製品をリリースするのが常。
ある意味、弱肉強食的な部分があって優れているものが残り、ただのコピーでしかないものは市場から淘汰されていきます。
そうやってルアーは進化し、使いやすく良く釣れるルアーが定番として生き残ります。
なかには良いルアーでありながら宣伝方法がまずかったり、時代を先取りしすぎて消えていく残念なモノもありますが…。
今までにない画期的なアイデアをカタチにした製品ってのは、非常にインパクトが大きいもの。
個人的にはオリジナリティで勝負しているピュアフィッシングジャパンさんには、「どっかで見たな?」って思うのはやってほしくなかった…てのが正直な感想。
ですが、ユーザーとしては釣れる個性的なワームが増えるのは嬉しいところ。
果たしてこの「サビキー」は、元祖ティンセル付きワームである「フラッシャーワーム」を越えられるでしょうか?



スポンサードリンク





関連記事
アングラーも魚も即バイトしちゃいそうな「見た目からして釣れそうなワーム」がいよいよ発売
「そりゃ釣れるやろ」というコードネームを持つ「そりゃ釣れる」ワームを紹介
脱着可能なティンセルが何かと面白そうな件


スポンサードリンク

xv9djpitt986j7pfaniv-cde7af07
古くから夏の釣りの風物詩といえばハゼ釣りでして、この粋な遊びを西洋文化で楽しんじゃおうってのが「ハゼクラ」と呼ばれているハゼのルアー釣り。
日本古来から伝わる釣りと舶来の釣り文化が現代で見事に融合しているってのが非常に興味深く、日本の釣り文化の懐深さを見事に表してる釣りと言えるんじゃないでしょうか?
んで、ここ1~2年でジワジワとファンを獲得してきている「ハゼクラ」に、新型ルアー登場のニュースが舞い込んできたのでご案内。

ひとつは上の画像のハゼ用クランクで、こちらはマリアさんとこの「ポケッツ ディープクランク F38(仮称)」でして、詳しい紹介がトゥーニオさんのブログにアップされているので詳細についてはそちらを。

スポンサードリンク



2pw7z4chkp9bmusjpdrg-3ba48064
そしてもうひとつは上の画像のやつで、「ハゼクラ」を世に知らしめたファイブコアさんから8月発売予定の「ハゼアンフェア 35BELL」
スローに誘えるタイプだそうなんで、クランクへの反応がイマイチな時に投入してみるのが良さそうです。

徐々にライトゲームの定番ターゲットとして知名度を上げてきているハゼゲー。
お気楽お手軽に楽しめる身近な釣りなんで、挑戦したいって方は下の関連記事も参考にしてみてくださいな!




関連記事
巻くだけ簡単お手軽「ハゼクラゲーム」を伝授
クランクでハゼを釣る ハゼングの楽しみ方動画
ハゼとルアーで遊ぶ「ハゼクラ」 その時水面下では何が起こっているのか?
ダイワ ハゼ用にチューンされたアジングスプーン「ハゼスプーン」を発売!?

スポンサードリンク

product1

シマノさんのライトゲームブランド「ソアレ」から、この夏アジング&メバリングに活躍するアイテムが大量放出!
みんな大好きソフトルアーの関連アイテムは、以前コチラで紹介した「モモアジ」やブラインシュリンプ(シーモンキー)をイミテートした「アルテミア」、フォール用ジグヘッド「スフェーラヘッド」の3アイテム。
そしてハードなメタルも外せないって方には、ブルブル泳ぐ鉄板バイブ「ソアレ メタルバイブ」と、タングステンのメタルジグ「ソアレ TGエース」、アシストフックの「ソアレ FFライトアシストフック」の3アイテムを。
TGエースとライトアシストフックは9月発売予定で、それ以外のアイテムは8月発売予定とのこと。
シマノさんちのアイテムで、夏アジ&夏メバルを狙ってみては如何でしょうか?


スポンサードリンク




関連記事
重たいジグヘッドもスローフォールさせる小粒なアミ系甲殻類ワームが登場
テスターが教えるA-jigの素晴らしさと使い方
ワームを真っ直ぐに収納しておく裏技を伝授


スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]